等吸収点が何故存在するか?
という根本的なことがわかりません。
ランベルトベールの法則からわかると説明をうけたのですが
いくら考えてもさっぱりわかりません。
どうかお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

rei00 です。



> ランベルトベールの法則を理解したら、この法則から
> なぜ等吸収点が起こるのかがわかるはず

 この表現でしたらわかります。nantyatte さんは「ランベルトベールの法則」はわかりますか。入射光の強度 I0 と透過光の強度 I との比の対数が吸収物質の厚さ d に比例することを表わす「ランベルトの法則」と,溶液による光の吸収係数が濃度 c に依存する(chill さんがお書きの「吸光度は濃度に比例する」)ことを表わす「ベールの法則」を合わせたものです。つまり,log(I0/I) = εcd です。

 今,混合物中の化合物 A の混合比と吸光係数を α,εとし,化合物 B の混合比と吸光係数を β,ε' とし,全モル数を c,体積を v とすると,

  log(I0/I) = ε(αc/v)d + ε'(βc/v)d

 α + β = 1 ですから,
  log(I0/I) = (εα + ε'β)(c/v)d

 ここで『よく似た物質の場合』は,ε = ε' と考えられますから,
  log(I0/I) = (εα + εβ)(c/v)d
      = ε(α + β)(c/v)d
       = ε(c/v)d

 つまり,ト-タルでのモル濃度が変わらなければ,混合比に関係なく吸光度は一定になる事が示されました。

 いかがでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど!!!
すっごくよくわかりました!!丁寧にありがとうございました(>_<)
法則の意味はわかっても、使い方、応用の仕方がさっぱりわかってませんでした
これで、前に進めます。ありがとうございました!!

お礼日時:2001/11/08 01:44

rei00さん、どうも!


MiJunです。

小生も少し勘違いしているかもしれませんが、これは何かの反応過程でのスペクトル変化(経時変化)を追跡している場合の話と解釈したのですが・・・?

nantyatteさん、補足お願いします。

この回答への補足

みなさん、ありがとうございます(>_<)
等吸収点は二つの物質をまぜてスペクトル分析したら、
よく似た物質の場合起こるとだけ説明されました。
その二つの物質の混合比をいくら変えても、
かわらない点があると。
そして、ランベルトベールの法則を理解したら、この法則から
なぜ等吸収点が起こるのかがわかるはず
と言われたのです。
例としてあげられた、二つの物質は
アデニンとウラシルの混合溶液(クロロホルム溶液)の
紫外吸収スペクトルでした

補足日時:2001/11/07 16:32
    • good
    • 0

 本当に「等吸収点が何故存在するか?」が「ランベルトベールの法則からわかる」と説明されたのでしょうか? 「等吸収点」の意味から考えると「等吸収点が何故存在するか?」と「ランベルトベールの法則」とは関係ないように思いますが。



 簡単に言うと,「等吸収点」は2つの化合物のモル吸光係数が等しい波長です。ですので,これが何故存在するかは「ランベルトベールの法則」とは関係ありません。

 何か勘違いされていませんか? 補足下さい。
    • good
    • 0

>chillさんの回答で


「等吸収点があるということは、ある物質が別の物質に変化していることを表す」
恐らく説明不足だと思いますが・・・?
「ある物質が別の物質に変化」しても「等吸収点」を持たない場合がありますよね・・・?
    • good
    • 0

回答になるかわからないのですが、卒論で吸光分析やってました。


そこで学んだことは「等吸収点があるということは、ある物質が別の物質に変化していることを表す」ということでした。
ランバートベールの法則は、吸光度は濃度に比例するってやつですよね。
そうすると、Aという物質からBという物質が生成しているとすると、
Bができると、Aが減りますよね。
で、Aの吸収がだんだんへっていくのと、Bの吸収がだんだん増えていくと
クロスする点(等吸収点)がでる場合がある(吸収ピークが重なる部分がある場合のみですが)のですよ。
私の貧弱な記憶だと、こんなものなんです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2次元平面における2点間の平均距離

xy座標平面上の(0,0),(a,0),(0,b),(a,b)の4点からなる平面AB.

その平面ABに含まれる2点を任意に選んだ時


その2点間の距離をa,bを使って表したいです.


お願いします.

Aベストアンサー

任意の2点をrr1=(x1, y1), rr2=(x2, y2)とする。この2点間の距離は
r12 = √([x1 - x2]^2 + [y1 - y2]^2)
これを、0 < x1, x2 < a, 0 < y1, y2 < b という範囲で平均したらよろし。つまり、
r12 dx1 dy1 dx2 dy2
を上の範囲で積分し、ABの面積の二乗でわったらよろし。

Qランベルトベールの法則

ランベルトベールの法則は中性子線やガンマ線、電磁波や音波でも成り立つのですか。

Aベストアンサー

結論から言いますと、もちろん全て同様に電磁波なので
ランベルトベールの法則は成り立ちます。

だたし、音波のみ空気振動ですのでその他の電磁波(中性子線・γ線・可視光など)とは性質が異なりますので成り立ちません。もともとランベルトベールは波長の吸収に関するものですので、ものが違います。ただし、壁が薄いほうが隣の騒音は伝わりますけどねwwそういう意味では同様な法則があるかもしれませんね。

Q3次元での点群に対する最小二乗法での平面の算出について(点と平面の距離

3次元での点群に対する最小二乗法での平面の算出について(点と平面の距離。残差ではない。)

--

点と平面のZ軸方向の距離(残差)の二乗和を最小とする場合には、
平面をax+by+c=zとして、Σ(ax+by+c-z)^2をa,b,cのそれぞれで偏微分して
それを=0とした連立方程式を解くことで解を得ることが出来ました。
また、式の形も、ある点のxとyを平面の式へ代入した際の値と、点のz値の差分を見ており、
簡単に納得のできるものとなりました。

これに対して、点と平面の距離(空間的な最小距離)の二乗和を最小とする場合には、
どのような流れで計算すれば良いのでしょうか?
点と平面の距離は|Ax+By+Cz+D| (A,B,Cは単位ベクトル)として求まりますが、
これをどう使うのかが分かりません。
Σ(Ax+By+Cz+D)^2をA,B,C,Dのそれぞれで偏微分して=0としても、
定数項が無いため、連立方程式の解がすべてゼロとなってしまいます。
強引に、Σ(A'x+B'y+C'z+1)^2として変形させて解いてみましたが、
得られたA',B',C'からA,B,C,Dに戻すと、Dがきちんと出ませんでした。(他についても怪しい。)

こういった状況に迷い込んでしまい、どう考えるのが良いのか分からなくなってしまいました。
指南いただけませんでしょうか?

3次元での点群に対する最小二乗法での平面の算出について(点と平面の距離。残差ではない。)

--

点と平面のZ軸方向の距離(残差)の二乗和を最小とする場合には、
平面をax+by+c=zとして、Σ(ax+by+c-z)^2をa,b,cのそれぞれで偏微分して
それを=0とした連立方程式を解くことで解を得ることが出来ました。
また、式の形も、ある点のxとyを平面の式へ代入した際の値と、点のz値の差分を見ており、
簡単に納得のできるものとなりました。

これに対して、点と平面の距離(空間的な最小距離)の二乗和を最小とする場合に...続きを読む

Aベストアンサー

平面の式は、単に Ax+By+Cz+D=0 としたのでは、一意に決まりません。
同じ平面が、 2Ax+2By+2Cz+2D=0 とでも 3Ax+3By+3Cz+3D=0 とでも
書けるからです。
そのために、「(A,B,C) は単位ベクトル」としたのではありませんか?
だから、Σ(Ax+By+Cz+D)^2 を最小化するときに、単なる最小値でなく、
A^2+B^2+C^2=1 という制約下での最小値を探せばよいのです。
ラグランジュの未定乗数法が使えます。

あるいは、制約なしで、Σ(Ax+By+Cz+D)^2/√(A^2+B^2+C^2) を最小化
してもよいのだけれど。

Qランベルトベールの法則の問題

ランベルトベールの法則の問題があるのですがどうしても答えが出せません。
問題:ランベルトベールの法則に従う物質についてセル長1[cm]のとき、透過率が80%であった。ではセル長を倍にした場合透過率が等しくなる濃度は?
このような問題なのですが・・・
以下は自分が考えたことです。

吸光度A=-logT=εcl (T:透過率 ε:モル吸光係数 c:濃度 l:セル長)より
l=2[cm]のときにT=0.8となる濃度を求めればよいので代入して
-log0.8=2εcとなり、c=-(log0.8)/(2ε)となると思いました。
しかしモル吸光係数が与えられていないため濃度が求まらずどうすればよいのか分かりません。もしかして問題の作成ミスなのかとも思ってみたりするのですが・・・。
どなたかお分かりになる方、ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

透過率で惑わされているだけかと。
実際は透過率はいくつでもいいんです。

ある透過率のときのOD値をaとします。

a=-logT=ecl。l=2 cmのときの濃度をc、
l'=1cmのときの濃度をc'とすれば、
同じ透過率=同じ吸光度ですから

a=-logT=ec'l'。

ecl=ec'l' したがって、cl=c'l'。
l=2cm, l'=1cmなんだから

c x 2 = c' * 1

1cm時の濃度 c' = 2c

Q点と平面の距離の算出

仕事の関係で急に空間図形の処理をしなければ
いけなくなりました。

点(xf,yf,zf)が乗っている平面F(ax+by+cz+d=0)があり、
点M(xm,ym,zm)の方向余弦が(l,m,n)だった場合、
平面Fと点Mの距離を求めるためにはどうしたら
いいのでしょうか?

単純に点Mと平面Fとの最短距離を求めるだけなら
垂線をひっぱって内積の関係を使ったりすれば
できるかもしれませんが、方向余弦がからんでくると
もうよくわかりません…
簡単な問題なのかもしれませんが、
数学から離れてずいぶんたちますので
どなたかお力を貸してくださると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

横から失礼します。

(x0,y0,z0)を通り、方向ベクトル(a,b,c)な直線の方程式は、
(x-x0)/a=(y-y0)/b=(z-z0)/cと表すことができます。
なので、この直線と平面の交点を出して、(x0,y0,z0)とその点の距離を求めてやれば良いと思います。

Qヘンリーの法則の説明方法について

ヘンリーの法則の説明として,液体の溶ける気体の体積は一定である.
従って,溶ける量(質量)は,圧力に比例するという説明をよく見かけます.

液体中で,気体が微少な気泡として存在しているのならこの説明でよいと思いますが,溶液中では気体は分子レベルで分散していると思います.

液体に気体を溶かすと体積が増えますが,この増えた分(わずかですが)が気体の体積と見なせないこともないですが,圧力による液体の体積変化は無視できるでしょうから(単なる推測です),最初の説明に矛盾があるように思います.

ヘンリーの法則について,どのように説明したらよいでしょうか.お教えください.

Aベストアンサー

まず一度は、初歩的な熱力学の式によって理解される事をお勧めしますが、概念的理解を助けるものとして少し述べさせて頂きます。(部分的には熱力学的な意味と一致しない部分がありますので、あくまで理解の補助とお考え下さい。)
ご質問の系において、気体が液体にどれだけ溶解するかを決めるのは、液体中にどれだけ“すき間”があるかではありません。旨くすき間に潜り込めた酸素なども、溶液や酸素自体が振動している為、ある一定の確率で溶液中から追い出されてしまいます。溶解している濃度が二倍になれば、時間当たりに追い出される酸素量も倍になります。
 圧力が倍ということは、液面にぶつかる酸素の数が倍になります(温度は同じものとします)。旨く“すき間”にもぐりこめる数も、倍になります。
 溶液中から“追い出される”数とすき間に“潜り込む”量がバランスした状態が平衡となります。
 では、“すき間”の広さは考えなくていいのでしょうか。本件を理解する上では、“すき間”は充分に広いと考えてください。気泡として存在しているのではなく、個々の分子として存在しています。
 窒素と酸素では溶解量に約二倍程度の差はありますが、一気圧下にて溶解度は水で10^-3mol/dm3、一般的な有機溶媒で10^-2mol/dm3 程度です。重量濃度にすると、より僅かである事がわかると思います。鍋いっぱいの水に塩を一つまみ、程度です。コーヒーに砂糖を入れる状態を考えれば、気体の溶解で使っている“すき間”など僅かなものなのです。
 圧力をどんどん上げていけば、やがては“すき間”の減少が無視できなくなり、例えば圧力を1000倍にしても、比例した量だけ溶解しないことは容易に理解できるかと存じます。
 ご参考までに。/

まず一度は、初歩的な熱力学の式によって理解される事をお勧めしますが、概念的理解を助けるものとして少し述べさせて頂きます。(部分的には熱力学的な意味と一致しない部分がありますので、あくまで理解の補助とお考え下さい。)
ご質問の系において、気体が液体にどれだけ溶解するかを決めるのは、液体中にどれだけ“すき間”があるかではありません。旨くすき間に潜り込めた酸素なども、溶液や酸素自体が振動している為、ある一定の確率で溶液中から追い出されてしまいます。溶解している濃度が二倍になれば、...続きを読む

Q点と仮想平面の距離(例題)

以前、3D(X、Y、Z)で3点の点が存在する時に、
3点の座標を含む仮想平面の求め方と、別の点(4点目)と仮想平面との距離を教えてもらいました。
自分なりにエクセルで計算式を組んだのですが、それがあっているのかどうかわかりません。
どなたか良い問題を教えてください。
計算途中の式はなくてもかまいません。

Aベストアンサー

答えを考えやすいように、立方体の8つの頂点から適当に
4点選んだ場合に、正しい数値になっているか確認されてはどうでしょうか?

例えば、立方体の頂点を(±1,±1,±1)のようにとって
(1,1,-1),(1,-1,1),(-1,1,1)の三点で決まる平面x+y+z=1と
(1,1,1)との距離は2/√3

Q教えてください!全く根本からわかりません!

教えてください!全く根本からわかりません!
サリチル酸33.1gを無水酢酸とともに加熱すると31.1gのアセチルサリチル酸が生成した。
アセチルサリチル酸の質量はこの化学反応による理論値の何%ですか。

Aベストアンサー

おそらく「化学反応の理論値」の意味がわからないのではないかと思いますが。いかがでしょうか?
この問題では、「もし、サリチル酸が完全に反応したとした場合の生成量」を指します。
つまりサリチル酸の式量は138ですから、サリチル酸は最初33.1/138 = 0.2398molあります。
無水酢酸については何も書いていないので十分量あると仮定すると、「理論上」アセチルサリチル酸は0.2398molできるはずですが、実際には31.1g(0.1728mol)しかできていないのです。
なので0.1728mol/0.2398mol = 0.721より71%となります。
化学反応は基本的に100%進むことは少ないのでこのようなことが起こります。こういうパーセンテージを収率と言います。

Q慶應経済入試で、点と平面の距離を求める問題です

座標空間の原点O(0,0,0) と3点A(1,0,0)、B(1/2,√3/4,3/4)、C(1/2,-√3/6,1/2) があるとき
△OABを含む平面をαとするとき、点Cから平面αへ下ろした垂線とαの交点をHとするとき、線分CHの長さはいくらか求める問題です


解法を見ると、法線ベクトル(a,b,c)=(0,√3,-1)を出して点と平面の距離の公式に当てはめているようなのですが、
|0×1/2+√3×(-√3/6)-1×(1/2)| / 全体にかかる√  0の2乗+√3の2乗+(-1)の2乗
となっていますが、分子のほうに
平面αの方程式 ax+by+cz+d=0 の dの部分がないように思えるのですが
よくわかりませんのでお教えお願いします

Aベストアンサー

No.2です。

ANo.2の補足の質問について

>この問題では、まずは法線ベクトルを求めて、それから点と平面の距離の公式に当てはめて解くのが一番妥当でしょうか?

その通りでしょうね。
一番スマートで、計算も楽な解答です。言い換えれば、計算も簡単で短く、それゆえ計算間違いも起こりにくく短時間で解けるということです。

時間制限や計算ミスが問題になるテストや受験では、計算ミスが少なく短時間で解ける解法が望まれます。

時間が十分ある場合は、他の解法と比較してみることも大切でしょう。色々な解法を知っていれば応用力がつくでしょうから…。

Qランベルトベールの公式についての質問なのですが、「A=εCl」という式

ランベルトベールの公式についての質問なのですが、「A=εCl」という式から吸光分析の際に感度をよくするにはどうしたらいいか検討せよ、という問いがいまいちわかりません。
感度をあげるということは強度をあげかつノイズを減らすということですよね・・?
高濃度にし、光路長を長くすれば強度は上がるんですよね、でもランベルトの公式は希薄溶液にしかあてはまらないんですよね??
と、混乱してしまいました。。。どなたかよろしくお願い致しますm(__)m

Aベストアンサー

>高濃度にし、光路長を長くすれば強度は上がるんですよね、でもランベルトの公式は希薄溶液にしかあてはまらないんですよね
実際には、かなりの範囲でこの式は用いることが可能です。
濃度が高い場合は光路長を下げるために1.00mmセルを用いたり、濃度が低い場合には100mmセルを用いたりします。
前者の場合には10.0mm長セルに9.0mm石英板を挿入したりします。

ノイズのほとんどは「迷光」なので、完全密閉型測定部を用います。
また二重モノクロメータも良く用いられます。入射光と透過光の両者をモノクロメータにかけるのです。

つまらないことですがセル表面を清浄にすることも非常に重要で、洗浄のために大昔は二クロム酸、硫酸混合液を用いていましたが現在は過酸化カリウム硫酸系が主だと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報