人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

 この度、家を新規で建てております。工法はツーバイフォーです。上棟の直前に、台風にあい、木材が雨でかなり濡れてしまいました。この事がすごく不安になっております。この事を担当者に質問したところ、壁を塞ぐ前に含水率を計測し、JASの規格以下である事を確認して作業するので全く問題ありませんとの事でした。この回答に安心して良いのでしょうか?
教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.1さんと同じ見解です。

含水率・・・って一口に言いますが、確かに雨で濡れて湿ったというのも入ります。でも一般には、木材の細胞組織自体の割合を言いますので、雨に濡れるというのは、あくまでも表面的な含水率と言うか、水分湿気ですね。細胞単位の専門的な話しになりますが、生木(生きている木)と材料に使う木材という範囲の中で含水率の基準がある訳です。

もちろん、生きている木(原木状態)は人間の体と同じで含水率(細胞単位のレベルで)が高いので、材料としては用いるには乾燥させなければならず、それなりの段取りや時間が必要となります。話がそれてしまいましたが、豪雨などで雨に濡れる程度では細胞単位まで含水率が増えるということは聞いたことはありませんし、人間にしてもお風呂に長い時間漬かったからといって、健康に影響を及ぼす程水分割合が大幅に増えるということはありませんよね。という訳でまったくご心配なく。

ただし、表面が乾いてない状態で上からボード等の施工をしてしまうと、その微量な水分はなくなるってことはありませんからカビ等の現象で出てきます。工期を焦らず、養生期間は見てあげて下さいね。

(担当者の会社は含水率を計測する技術があるのですね、もちろん責任を持って応対していると思いますので、正確な計測方式と責任あるデーターは必ずもらって下さいね)
    • good
    • 3

建築資材の木材が雨で濡れると何がいけないのでしょうか?どうして不安なのですか?


きっとこれはご質問者様がモノを知らないことからくる不安で、ご自身の理由で施工者に嫌疑をかけては、その施工者が気の毒です。もっと施工者を信用して良好な関係を築き、よりよい家が建てられることを期待します。
    • good
    • 6

<追伸>


ここで申し上げている木材とはベニヤ合板類や集成造作材を除いております。2次的に加工されたのもです。合板類や造作材の中には著しい水分吸収が起こり、急激に乾燥させた場合、接着面の強度低下や著しい変形を伴う場合もあります。という訳で、構造体
施工部分の期間にのみ、心配はないと言うことです。

参考URL:http://www.homarewood.co.jp/gansuiritu.htm
    • good
    • 4

2×4は雨の降らないアメリカの大草原で素人が作る為に開発された工法ですから、日本では雨でびしょ濡れになることは、あきらめたほうがいいですね。



在来は、先に骨組みと屋根を葺いて工事をするのはそうしたことが理由です。

問題ないというより、2×4を選んだ瞬間、諦めるしか無いということです。恐らくかびることは無いと思います。しかし隙間に入り込んだりしたものもあるでしょうね。
    • good
    • 2

雨で濡れた程度のものは、表面が濡れているだけですから、施工しているうちに乾いて殆ど問題はありません。

含水率を量るまでのこともないぐらいのことです。
担当者が「含水率を測ります」といっているのは、本音では必要ないと思っているのでしょうが、「お客さんの不安を取り除くため」にという考えからだろうと思います。
それだけの気配りの出来る担当者であればね安心していても問題ないと思いますが・・・。

冷静に周りを見てみてください。
建築中に雨が降るのは当たり前のことです。
どこの建物も同じように施工中に濡れていても、立派に完成して支障なく使用されています。
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2×4工法で建設中の建物の基礎と雨の影響について

2×4工法で家を建設中です。
心配なことが2つあります。

文章がかなり長くなってしまいますが、どうかご了承くださいm(. .)m

まず、基礎についてです。ベタ基礎なのですが、枠が外れたコンクリートを見ると。穴がポコポコ空いている箇所があります。説明が難しいですが、下の平面部分と、壁につながる立ち上りの間にも隙間がある場所があります。
また、先日雨が降った日、先ほども言った基礎の下の平面部分に、雨がたまっていまして、それは悪いことじゃないとは分かるのですが、部屋ごとにたまった雨の深さが、明らかに違っていたので、基礎が水平ではないのではないかと心配です。

もう一つの質問は、3/21から上棟なのですが、営業担当の人は雨が降った場合も防水合板を使用するため問題ないと言っていますが、本当に大丈夫なのでしょうか?

長々と書いてしまいましたが、どうぞよろしくお願いします(^-^)

Aベストアンサー

ご心配ですよね。わかります わかります!
私も 2X4で昨年11月にたてたので、チョー心配でした。
我が家のたてた会社は 毎日 壁までふくめて家全体をブルーシートで厳重におおってくれるのを 当たり前 としてくれてたので、それは安心できました。

養生 とは で ググってみるといいかもです。
簡単に言えば 雨にかからないように保護してあげるんです。

で、2X4は SPF材という 規格品をつかっています。
おっしゃるように 松の木です。
このSPF材というのは ある1点を除けば 素晴らしくよいものです
強度もあるし、反りもすくなく 規格品であるため、精度もよいものです。品質も均一です。 よく 杉とかヒバとか ヒノキのような硬い木を使いたいという方がいますが、ヒノキとかは 反りが問題になりますし それに関して たしか ここで議論があったはずです。参考にしてみるといいかもしれません。ヒノキは ヒノキチオールという物質(ヒバも大量に含んでいます)が 蟻に効果があるとかいわれていますし 硬いからいいとかいわれますが オールヒノキでつくったら やっぱりヒノキチオールの成分が多くて 人間が気持ち悪くなります。
実は 我が家の古いほうの家は 親が オールヒノキでつくったもので・・おれ2時間もいたら 気持ち悪くて 吐き気して・・2年ぐらい 部屋にはいれませんでした・・

で SPFの弱点・・腐りやすいんです・・

なので、雨をものすごく嫌うし、家ができたあとも 内部結露を嫌います。ですが、それは在来も一緒です。
どんな木も 雨は だいっきらいです。
でも 鉄骨も 同じですよね・・鉄もさびますし
むしろ鉄のほうが タチわるいです。錆はいちどつくと、どんどん進行していって サビそのものをきれいに取り除いて塗装をして 空気と触れるのを(酸素)をシャットアウトしないと さいごは 折れます

車が 飛び石とかで 塗装がはげたら すぐにタッチペンで補修するのはそのためですよー 鉄は酸素を塗装でふれないようにしないと、すぐにダメになるんですよ


ちなみに アメリカでは2X4が主流ですが、日本より高温 多湿のカルフォルニアでも 平気で家は50年とか80年もちこたえています

日本では30年しかもたないというデータが

これってなぜだと思いますか?

実は アメリカにはDIYという文化が根付いていて、自分たちで家の壁を補修したり外壁にペンキぬったりと、こまめに手入れしているんです。それにくらべ 日本人はどうかというと・・・

手入れをしてるひとが すくないんです。

家は10年に一度 屋根および外壁の塗り替えを行えば 平気で50年は 持ちこたえます。
それをおこたって たてたらたてっぱなしというのが日本の現状なのです。

家を締め切るのもアウト・・窓をあけて 通気をよくして 毎日 換気をしてあげないと だめです

日本の古い家屋が 100年もっているのは 通気性がよいからです。
風が通り抜ける設計になっているので、木が長持ちするのです。

現代の家は 寒さ 暑さをきらい 気密性をあげたが ために結露という問題 特に 壁の中の結露が問題となっています。
壁内結露っていいます。

家の中で 炭化水素を発生させる 灯油FANヒーターはじつは あまりよくないのです できればエアコンで暖房をかけたほうが家にとってはいいのです

我が家は 内部結露で木が腐るのがこわかったので 外断熱仕様の2X4にしました。温度変化のあるところに 結露はおこります

必ず結露という現象はおこるので、それをいかに最小限にとどめるかというのが 家との付き合い方です

新居 たのしみですね! がんばってくださいね!!!!

ご心配ですよね。わかります わかります!
私も 2X4で昨年11月にたてたので、チョー心配でした。
我が家のたてた会社は 毎日 壁までふくめて家全体をブルーシートで厳重におおってくれるのを 当たり前 としてくれてたので、それは安心できました。

養生 とは で ググってみるといいかもです。
簡単に言えば 雨にかからないように保護してあげるんです。

で、2X4は SPF材という 規格品をつかっています。
おっしゃるように 松の木です。
このSPF材というのは ある1点を除...続きを読む

Qツーバイフォーで建築中ですが雨は大丈夫でしょうか?

従来工法では建前ですぐに屋根がつくので心配はないと思いますが、我が家の工法では下の方から作っていくので、屋根を葺くまでに相当の日数がかかります。この間に大雨が何回も降り、床材の合板(10mm程度)が完全に水浸しになりました。大工の話では床板(フローリング)を張るまでは時間があるから十分乾く、心配ない、と言っています。そうは言われても釘のさびがにじみ出たりしている状況を見て本当に心配しています。かびや、はがれが気になります。

Aベストアンサー

まず建築会社がきちんと養生してもなお、濡れる分はどうにもなりません。
これは2x4を選択した以上、避けられないことです。気にされる方で、2x4で建てたいという方はたとえば建築時期を雨の一番少ない時期にするなどの工夫をします。

で、全く何もかも大丈夫か?というご質問であれば、それは専門家の間でも雨の大い日本で2x4が抱える問題の一つと指摘し、否定的な人がいるように、全く影響がないわけではありません。
ただ、その程度の問題です。
家の強度に問題が出るとか、そういう深刻な影響が出るかというと、それは大工さんの言うとおり心配する必要はないでしょう。使っている部材への水の浸透は簡単には起きないので、そこまでひどくなることは普通ありません。

ただ全く濡れることの無かったものと、寸分違わず同じかと言えば、ほとんど同じ場合もあるでしょうけど、何らかの多少の影響は出ているでしょう。気分的にもあまり気持ちの良いものではありませんしね。

でもこれは日本の2x4の宿命です。ハウスメーカのプレハブ工法での2x4であれば、この問題も避けられますけど、普通に建てる以上は、影響皆無で建築すること自体が無理ですからね。

ただ結局の所最後に乾燥すれば、湿気の多い家が出来るわけでも、カビだらけの家が出来るわけでもありません。そういう重大な瑕疵につながるような深刻な影響があるわけではありません。きちんと養生している限りは。

気分的な問題と、重大ではないわずかな影響はがまんしてください。どうにもなりませんのでね。

まず建築会社がきちんと養生してもなお、濡れる分はどうにもなりません。
これは2x4を選択した以上、避けられないことです。気にされる方で、2x4で建てたいという方はたとえば建築時期を雨の一番少ない時期にするなどの工夫をします。

で、全く何もかも大丈夫か?というご質問であれば、それは専門家の間でも雨の大い日本で2x4が抱える問題の一つと指摘し、否定的な人がいるように、全く影響がないわけではありません。
ただ、その程度の問題です。
家の強度に問題が出るとか、そういう深刻な影響...続きを読む

Q2×4(ツーバイフォー)工法のデメリットについて

現在、住宅を建てることを検討中で、在来工法、2×4、鉄骨ラーメンユニットなど、各種ある工法のどれにしようかと悩んでいます。
 その中でも特に、2×4の特性について教えていただきたいと思います。
まず、2×4工法の利点の一つに、気密性が高いため、遮音性も高く室内が暖かいという点があると言われています。しかし気密性が高い反面、特に高温多湿の日本では、壁内結露を生じやすく、結果として断熱材にカビが発生し、最悪、壁が腐食する可能性が、他の工法と比較して高いと聞きます。極論としては、日本では(特に関東以西の温暖な地域)、2×4は適していない、100%カビが発生するという意見を言われる方もいます。現在では対策も進み、改良されているとは思いますが、実際のところはどのような状況でしょうか。
 次に、2×4はその構造上、1階の天井と2回の床が同じ構造体のため、2階の音や振動が1階に伝わりやすくやかましいとも言われています。確かに断面図をみると、いわゆる天井裏がなく、1階と2階の空間が狭いように思われます。そのため、完成後に電気配線等を敷設することができないとも聞きます。これらもそれなりの対策が施されているとは思いますが、他の工法と比較して、また実際に住んだ感覚としてはいかがでしょうか。
 さらに、外壁はモルタル吹き付け塗装がほとんどだと思いますが、何となく壁が薄く平面的な、のっぺりとした印象を受けます。
 加えて耐震性は強いものの、建物自体は軽量のため、国道沿いなので大型トラックやダンプが通った場合、振動するとも聞きます。
 最近は、現場見学会へ通い実物を何件も見てはいますが、営業の方は当然、そのような心配はありませんという説明をしますので、やはり実際に長年住まれた方の体験や感想をお聞きしたいと思います。もちろんメーカーや施工業者により差はあると思いますし、問題のある方、何の問題もない方もいらっしゃると思いますが、できるだけお話を聞き参考にしたいと思います。
 ちなみに2×4で建築する場合は、最大手のメーカーで検討しています。
 質問が長くなり恐縮ですが、よろしくお願いします。

現在、住宅を建てることを検討中で、在来工法、2×4、鉄骨ラーメンユニットなど、各種ある工法のどれにしようかと悩んでいます。
 その中でも特に、2×4の特性について教えていただきたいと思います。
まず、2×4工法の利点の一つに、気密性が高いため、遮音性も高く室内が暖かいという点があると言われています。しかし気密性が高い反面、特に高温多湿の日本では、壁内結露を生じやすく、結果として断熱材にカビが発生し、最悪、壁が腐食する可能性が、他の工法と比較して高いと聞きます。極論としては、日...続きを読む

Aベストアンサー

まず、在来工法は、風土に合った工法であるため、建築の雨の影響を受けなくてすみます。つまり、屋根が早くつく。
将来の増改築が非常に楽。
耐震性能は、下手なHMにやらせると、とんでもなく低い性能になります。

次に、鉄骨。耐震性能がとても高い。鉄骨の壁倍率は5倍から7倍とも言われ、高い耐震性能です。反面、最大の弱点は断熱性能が木造に比べて低いことです。

さて2×4ですが、屋根がつくのが遅いので、あまりたくさん雨の降る時期に建築するのは避けたほうが無難です。

間取りもみなさんおっしゃられるように、増改築しにくい。
耐震性能は、壁倍率5倍まで可能です。簡単すぎるわりには強度もある。
確かに音は響くでしょうね。
しかし、最近は在来でも、断熱性能を強化するために耐力壁を張る場合もあるので、内部の響きは同じように思います。

上下階の振動は、ロックウールや防振束で吸音するようにしてますので、それほどは感じないのではないでしょうか?

カビのことですが、最近は24時間換気も義務付けられ、サイディングを施工するともれなく通気工法を採用しなければならないので、カビの心配はないと思います。
もしカビるのであれば、在来もだめだし、鉄骨も細かい仕切りには木材を使うので、木で作った家はすべてダメということになります。
そんなことはありませんよ。
今は技術が進化し、木材がしけないように徹底的に改良されてます。

ただ、昔のように断熱材もところどころ入って、ガタついたアルミサッシを取り付け、アスファルトルーフィングも適当に張られたような24時間換気もない昔の2×4とか在来は、ちょっと腐ってくる水準かもですね。当然通気工法なんてないので、躯体だけでなく、雨が降ると部屋までジメジメしますよね。

今はサッシもペアとか樹脂とか高級なものがありますし、カビはないと思いますよ。
うるさいような住環境であれば、窓はいいものをつけたほうがいいですね。
壁材はなんでも使っていいですよ。2×4は。

まず、在来工法は、風土に合った工法であるため、建築の雨の影響を受けなくてすみます。つまり、屋根が早くつく。
将来の増改築が非常に楽。
耐震性能は、下手なHMにやらせると、とんでもなく低い性能になります。

次に、鉄骨。耐震性能がとても高い。鉄骨の壁倍率は5倍から7倍とも言われ、高い耐震性能です。反面、最大の弱点は断熱性能が木造に比べて低いことです。

さて2×4ですが、屋根がつくのが遅いので、あまりたくさん雨の降る時期に建築するのは避けたほうが無難です。

間取りもみなさんおっ...続きを読む

Q新築建築中の不安

木造で新築の建築中です。 先週無事に上棟式を行いましたがまだ柱と屋根及び一階、二階に断熱材と合板を引いた状態で、今週雨が降り床の合板、柱はひどく濡れてしまいました。  周りにビニールシートを巻いて雨を防ぐ工夫をすべきと思うのですが濡れっ放しの状態です。 木ですので変形する又はカビ、等完成後何らか問題が出てこないかと心配です。 建築会社にクレームをしようかと思っているのですが建築では建築中の雨に対する対応は濡れっ放しが常識なのでしょうか?  教えて頂くと助かります。

Aベストアンサー

天然の木材は、元々水分が多いもので、それを乾燥して使用しているので、多少の雨が懸かってもどうって事は無いです。
天然の木材は調湿作用といって、水分を吸収したり、また放出する能力に優れています。
最近までは材木で船・ボートを作って、無塗装で何年も使っていましたからご理解いただけますよね。

合板は、材木を紙の様に薄く剥いて、それを接着剤で張り合わせていますので、基本的には水には弱いです。
使用してる接着剤の耐水性に依存すると考えれば良いでしょう。
無塗装の合板を屋外で使えない理由はそこにあります。基本的には濡らしてはイケない。
建築後にも、壁の中に隠された合板に壁内結露により水分が付着するとそのうちズブズブになって釘が利かなくなりますが、このような住宅が、阪神淡路大震災などでは簡単に崩壊してしまいましたね。

最悪なのが、グラスウール系、ロックウール系の断熱材ですね。
この断熱材はガラス繊維の間の空気が断熱の働きをしますが、ガラス繊維の間に水分が入ると断熱効果が無くなります。
断熱効果が無くなるだけでなく、この水分がじわじわと蒸発して、高湿度状態になり、腐朽菌増殖の温床となります。
腐朽菌は木材を腐らす菌ですので、長期間掛けて柱や梁も弱くしてゆきます。

伝統的木造建築であれば、真壁と言って柱や梁が外気に触れる設計ですから、建築中に雨が降ってもあまり気にする必要が無かったのですが、合板や断熱材を多用して柱や梁を隠す(=大壁工法)最近の住宅では、昔とは異なった水分管理・湿度管理が重要になっています。

湿気は長期間経た後に現実的な問題を引き起こすのですが、最近では10年保証ということで、10年以上先の事は考えない大工が増えてきたのかもしれません。施主が大工に直接発注しておれば、大工も責任を感じるでしょうが、大工はホームメーカーの下請けとして、日当で雇われているだけですから、10年以上先の事を考えててくれないと言っても、責められないでしょう。

天然の木材は、元々水分が多いもので、それを乾燥して使用しているので、多少の雨が懸かってもどうって事は無いです。
天然の木材は調湿作用といって、水分を吸収したり、また放出する能力に優れています。
最近までは材木で船・ボートを作って、無塗装で何年も使っていましたからご理解いただけますよね。

合板は、材木を紙の様に薄く剥いて、それを接着剤で張り合わせていますので、基本的には水には弱いです。
使用してる接着剤の耐水性に依存すると考えれば良いでしょう。
無塗装の合板を屋外で使えない理由...続きを読む

Q建築中の物件、雨で大丈夫でしょうか?

埼玉に家を建てております。7月中旬に工事が始まりましたが、長雨の影響で中断しております。9月中旬には完成予定でしたが、8月に入ってから雨でほとんど進んでおりません。納期は遅れてもしっかりと建てていただければよいのですが、骨組みのまま屋根も貼れないままで降ります。先日の台風にもさらされ、よくぞ無事で!といった感じです。晴れた日を見計らって建築しておりますが、こんなに毎日濡れた状態で進めていって大丈夫なものでしょうか?完成後、家の寿命が短くなったりカビなども心配です。良いアドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

>骨組みのまま屋根も貼れないままで…
まずいでしょう。カビが発生しています。
最低限覆うべきです。

「ノンホルマリン材料」という建築が主流です。
先日のケースでは屋根壁天井が完成で、大きな窓が取り付けられる予定のスペースは開いたままで、防水シートを掛けていない状態で梅雨突入。

床材には「防水」と印があるのに水を含みカビ発生。防音シートの山をどけるとすでに腐食開始状態でした。床下(コンクリートベタ)には水溜りがあるほど。

通常はこのまま建築は進行します。そこで、ノンホルマリン(防腐剤なし)材料上ではカビはどんどん繁殖します。

断熱材や化粧版などで覆われる前に、殺菌するべきです。できれば防カビ処理することをお勧めします。
(JIS防カビ剤は効きませんので、選択時にはよく確認して下さい)

先日のケースでは、施主クレームの即日覆いを掛けました。カビ除去代はデベロッパー持ち、防カビ代は、施主持ちでした。

Q2×4での上棟式

我が家は2×4で建築中です。
上棟が来週なんですが、そもそもツーバイには、上棟なんてものが無いですよね。なので、パネルが出来てから大工さんに造作して頂いたときに、ちょっとしたお祝儀を渡そうかな?と思っていますが、
ご祝儀だけでは失礼でしょうか?

お神酒とか赤飯とはあるみたいなんですが、それも必要でしょうか?

Aベストアンサー

>ご祝儀だけでは失礼でしょうか?

失礼ではないと思います。
むしろ、最近は何も渡さない場合(在来工法の場合)が多いです。

>お神酒とか赤飯とはあるみたいなんですが、それも必要でしょうか?

営業の方や監督の方に聞いてみるといいと思います。

よくあるパターン(私の経験順位)
1 何もなし(圧倒的に多いです)
2 ご祝儀+酒等(ビール6本or日本酒2本)
3 酒類のみorご祝儀のみ
4 ご祝儀+酒等+赤飯+もち

要は気持ちです。ご祝儀のみでも全然okだとおもいます。

2×4はよくわからないのですが、パネルが出来上がってからってことは応援の職人さんがいない時に、棟梁?のみに渡すつもりならお茶菓子等や缶コーヒー1ケースなどと一緒に渡すのもありだと思います。

Q棟上で屋根ができていない状態で雨に降られて心配です。

木造軸組工法のLVL集成材で一戸建てを新築しています。
先週の26日に棟上をして、柱は立ったのですが屋根の施工中に
お隣から騒音の苦情がきて工事がストップしてしまいました。
話し合いで養生ネットをシートに変えるということで納得してもらった
との事ですが、その間にも屋根の無いまま雨に降られ土台や二階の床は水浸しです。
棟上後、一週間以上たっていますがいつ屋根が付くのか分かりません。
そして梅雨入りしてしまいました。
2×4では雨にぬれてしまうのがいやだったので、在来工法にしたのに
がっかりしています。
カビや木材への影響はどうなのでしょうか?
良い対策があればぜひ教えてくださいお願い致します。

Aベストアンサー

ロコスケです。

棟上げで苦情が来るなんて、隣家は結構うるさい人が住んでいる
見たいですね。

普通は、お隣さんとなって毎日 顔を合わすことになるんで、多少の事に
は、目をつむるものなんですが . . .

事前に挨拶に行かれましたでしょうか?

屋根に垂木を尺五寸間隔で止めてコンパネを打ってルーフィングを
敷くのは、そんなに手間を要しません。(これで雨をしのげます)

シートは防音シートを使用すると推察します。

屋根と外壁が完成すれば、極度に騒音は少なくなります。

工事が当分 ストップするのならば、垂木を若干 仮止めさして
シートを屋根に張るように言うべきでしょう。
棟と母屋があるならば、可能です。

柱や桁にビニールを巻くのも一つの方法ですが、その手間があるならば、
屋根にコンパネ貼れます。(笑)

雨に長期間さらすと、集成材は反ってくる可能性があり、最悪では
接着剤が剥離されて強度が落ちる可能性はありますが、
数日くらいでは問題ないでしょう。
それくらいではカビの問題はありません。
むしろ、乾燥が完全でない状態で施工を進める方が恐ろしいです。

業者自身も余計に手間を要しているんですから、いたずらに工期を
延ばすことはしないでしょう。

○神経質な隣家に対して

業者とは綿密に連絡をとること。
隣家に対して、シートの予定、屋根外壁の工期がいつぐらいまでなのか
改めて説明にお伺いして、それまでは特に迷惑かけると事前の了解が
必要でしょうね。

逆の立場を考えて丁寧に行動すべきです。
例えば、シートを張る作業だけでも隣家の2階の窓から中が丸見えなの
です。

隣家の窓を考慮してこちらの窓の位置を決めましたか?

台所のレンジフードの排気口の位置を考慮されてますよね。

バルコニーや庭などで目隠しの必要な個所はありませんか?

業者と相談して周到に対策を講じることが、住んでから円満な関係を
維持する重要な要素となるでしょう。

ロコスケです。

棟上げで苦情が来るなんて、隣家は結構うるさい人が住んでいる
見たいですね。

普通は、お隣さんとなって毎日 顔を合わすことになるんで、多少の事に
は、目をつむるものなんですが . . .

事前に挨拶に行かれましたでしょうか?

屋根に垂木を尺五寸間隔で止めてコンパネを打ってルーフィングを
敷くのは、そんなに手間を要しません。(これで雨をしのげます)

シートは防音シートを使用すると推察します。

屋根と外壁が完成すれば、極度に騒音は少なくなります。

工事が当...続きを読む

Q建築中(木造在来)の雨について教えてください。

建築中(木造在来)の雨について教えてください。

現在自宅新築中です。工法は木造軸組みで、ベタ基礎を採用しています。現在の状態は、筋交い等が全て入り、壁パネルが張られ、壁パネルから窓の部分が繰り抜かれています。屋根は上棟後すぐにルーフィングが施され、今は瓦を葺いている最中です(瓦のタラズ分を取り寄せているとか…)。瓦は少なめに発注して工事に入り、瓦をあらかた葺いた上で残りの必要枚数を確認して足らず分を追加発注するそうです。それが普通だそうです。本当かなぁ…。またバルコニー部分はFRP防水工事が完了しています。
この状態で本日雨が降りそうです。業者に確認したところ「問題ない」の一言でした。
私の素人考えでは、壁パネルの窓部分から雨が降りこみ、ベタ基礎の中に雨がたまったり、根太が雨に濡れたりして、決して「無問題」とは言えないのではないかと思います。せめて、ブルーシートで養生するべきではないかと思います。でも、何の問題も無いことだとしたら、素人がヘタに口出しをして「何も知らないくせにうるさい施主だ…」ということになってしまいます。
どんなものなんでしょうか?

建築中(木造在来)の雨について教えてください。

現在自宅新築中です。工法は木造軸組みで、ベタ基礎を採用しています。現在の状態は、筋交い等が全て入り、壁パネルが張られ、壁パネルから窓の部分が繰り抜かれています。屋根は上棟後すぐにルーフィングが施され、今は瓦を葺いている最中です(瓦のタラズ分を取り寄せているとか…)。瓦は少なめに発注して工事に入り、瓦をあらかた葺いた上で残りの必要枚数を確認して足らず分を追加発注するそうです。それが普通だそうです。本当かなぁ…。またバルコニー部分...続きを読む

Aベストアンサー

 大きな問題はなさそうです 乾いてからの施工でよいのですが・・・・    注文したときの価格 見積もり条件 施工業者 などで それぞれかと・・・ 一般的に 濡れた物は乾けば問題ないものがほとんどです ですから ぬれれば乾けばいいのですが  ただ 管理のしかたがすこし雑に感じます
 いろいろなものを 濡らしてしまうと 乾くまで待ったり(待ち時間) 汚れが出たり 面倒なことがあります また 雨天時に内部の仕事ができなくなったりします  全て業者しだいかと思います 
瓦については 一般的には 職人の手戻りのほうが 高くつくので 多少多めに注文して(不良も一部ではありますから) 工事するのが多いと思いますが 中には そんな方法の方もいるかもしれません 木材は ぬれても乾けば(見えないところ)だいじょうぶです  基礎の中もよほど多量の水でない限り 乾燥はすると思います 
 できあがるまで いろいろと問題や疑問点が出てくると思います  担当の方がどのような方かわかりませんが 一生に何度もないお住まいです ご自分の思いはお話されるのがいいと思います(要求という形ではなく) お互いに 話し合える中で 工事ができればより良い 納得できるお住まいになっていくと思います  

 大きな問題はなさそうです 乾いてからの施工でよいのですが・・・・    注文したときの価格 見積もり条件 施工業者 などで それぞれかと・・・ 一般的に 濡れた物は乾けば問題ないものがほとんどです ですから ぬれれば乾けばいいのですが  ただ 管理のしかたがすこし雑に感じます
 いろいろなものを 濡らしてしまうと 乾くまで待ったり(待ち時間) 汚れが出たり 面倒なことがあります また 雨天時に内部の仕事ができなくなったりします  全て業者しだいかと思います 
瓦については...続きを読む

Q2×4の工期

建築士と一緒に新築してますが、普通2×4の工期ってやっぱり4ヶ月かかりますか? 急いでもらうとまずい事って何ですか?

Aベストアンサー

>普通2×4の工期ってやっぱり4ヶ月かかりますか?
■2×4は建築日数が早い事が特徴の一つですが4カ月は標準的にかかると思います。

・本体だけであれば工場で作製した壁材を組み立てていくだけで1日で家の格好になるほどに出来ますが、基礎工事や配管基礎、電気配線、断熱、内装、什器取付、外装と順を追って進めて行くので、ここが出来ないと次の工程に取り掛かれなくなったり、各業者の日取りの都合等でどうしても遅れがちになります。このようなことで急がせても限りがあります。

・しかし規模、仕様にもよりますが2×4は4カ月以内に完工させることは十分可能です。

>急いでもらうとまずい事って何ですか?
■それを更に急がせると、やはり手の抜けるを箇所を抜いて仕上げることになってしまいます。

・建築士さんも、施主の希望で業者に急がせるので、施工工事の不都合部分にも目をつむってしまいう恐れがあります。

・急がせても工賃が安くなるわけでもありません。業者も感情的にやっつけ仕事の雰囲気になってしまいます。

・ただ、黙っていると隙を見て他の仕事に行ったりして平気で遅らせたりしてしまいますので、計画通りに進行しているかのチェックと問い合わせは必要と思います。

以上、当たり前の答えになりましたが「あわてる乞食は貰いが少ない」(良い表現ではないことをお許し下さい。)のことわざ通り、余裕を持って取り掛かって貰った方が良い結果にはなると思います。

>普通2×4の工期ってやっぱり4ヶ月かかりますか?
■2×4は建築日数が早い事が特徴の一つですが4カ月は標準的にかかると思います。

・本体だけであれば工場で作製した壁材を組み立てていくだけで1日で家の格好になるほどに出来ますが、基礎工事や配管基礎、電気配線、断熱、内装、什器取付、外装と順を追って進めて行くので、ここが出来ないと次の工程に取り掛かれなくなったり、各業者の日取りの都合等でどうしても遅れがちになります。このようなことで急がせても限りがあります。

・しかし規模、仕...続きを読む

Qツーバイフォーの建て方の日数

一般的な延床30坪程度のツーバイフォーの建て方の日数はどの程度かかりますか?
最近ではプレパネルが主流で在来とそれほど変わりませんか?
もし何日もかかるのであれば雨対策はどのようにしているのでしょうか?

Aベストアンサー

土台までが完了したとして、その後の建て方までの大まかな工程は;

1F床組・・・重機を利用して壁組パネル、床パネルを吊り上げ・・・2F床がのり 2F壁パネル載せ・・・小屋材載せ・・・野地板と呼ばれる屋根の下地合板貼り・・・ここまでで建て方完了となります。


30坪程度ですと、これを大体、1日から2日かけて組み上げます。
このやり方であれば天気の影響はあまり受けません。

ただ、雨に濡れては絶対にダメかといいますと、それはそうともいいきれません。
確かに濡れてはいけない部材もありますし、濡れることでカビなどが発生する原因にもなります。
そのために濡らさない工夫と、仮に濡れても大丈夫なような方法も確立されております。
あまり、ナーバスに考える必要はないでしょうね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング