「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

三相三線の電力計算を具体的に教えてください。
たとえば、実測で下のような値の場合・・・
22.5kW=√3・平均線地間電圧283V・平均電流46A・力率1.0
で良いのでしょうか?

線間電圧
A-B;491V
A-C;494V
B-C;493V

線地間電圧
A;284V
B;283V
C;282V

電流
A;45A
B;44A
C;48A

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>理屈は・今ひとつ・分かりませんが・・・


線電流I、中性点との電圧をEとすれば一相当たりの電力Pは
単に P=I×E・cosθで3相なら3つ分を加えるだけです。
Δ結線の平均電力は質問者の計算でいいと思います。

要は線間電圧Eと線電流Iで3相電力を求める場合は
Δ回路の場合、相電流ΔI(Δ電流)とすれば
P=E×ΔI×3となる。
しかし、一般的には線間電圧と線電流で電力を求めるのでΔIをIに変換すると
 I=ΔI/√3となり
P=√3×E×Iとなる。
 負荷がY結線の場合は
 電圧YEは
 YE=E/√3、電流はI=YIなので
 P=YE×I×3=√3・E・Iとなる。
√3云々はベクトル図を書いて見れば理解できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解りやすい解説・ありがとうございました。
丁寧・且つシンプルな説明でとても助かりました。

お礼日時:2005/09/22 12:49

質問者の線地間電圧の意味がよくわかりません。


負荷がY結線で中点と各相の電圧Eのことならば
電力Pは単に
P=Ea×Ia+Eb×Ib+Ec×Ic
 =284×45+283×44+282×48=38.768kW
になります。
 ただし力率はpf=1とする。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
線地間電圧の意味はY結線の中点と各相の電圧のことです。式に代入されていてとても分かりやすいです。助かります。


理屈は・今ひとつ・分かりませんが・・・

Yのときは
PY=Ea×Ia+Eb×Ib+Ec×Ic
 =284×45+283×44+282×48=38.768kW

Δのときは
PΔ=√3×((Eab+Eac+Ebc)/3)×(Ia+Ib+Ic)/3)
=√3×((491+494+493)/3)×(45+44+48)/3)=38.968kw

と言う計算でよいのでしょうか?

お礼日時:2005/09/18 14:05

こんにちわ!!


計算方法としては、√3を×のならば、線間電圧×電流となると思います。対地間電圧を使うならば、3倍する必要があると思います。力率については、1を×て正解かどうかは、誰にも分からないと思います。例えば、温水器など明らかに熱負荷ならば1で構わないと思います。計算では、概数は分かりますが、正確に把握するには、電圧も微妙に不平衡(この程度では、平衡電源として取り扱って問題ないと思いますが?)なので、やはり、電力計で計測するのが一番手っ取りはやいと思いますが?如何でしょうか?
と言うよりも、線間電圧が約500Vってのに興味が引かれてカキコしました。勉強のため、何の電源なんでしょうか?なんで、そんな電圧になっているのでしょうか?勉強のため、差しさわりの無い範囲で教えていただけないでしょうか?

この回答への補足

ちょっと記述に間違いがありました。
”倍の240V”が正解です。(単相2線)そのうえが480Vです。

補足日時:2005/09/17 11:24
    • good
    • 0
この回答へのお礼

先ずは、どうもありがとうございます。
大変助かります。
アドバイスに準じて、線間電圧と対地間電圧で計算してみます。あっていれば、自信あり!になりますね。できれば、理屈を教えてもらえるとありがたいです。対地間電圧に√3をかけると線間電圧相当になるので、対地間電圧に√3をかけるのが正しいと思ってました。

概算なので力率はとりあえず1にしました。
線間電圧の件ですが、通称480Vです。

実はUSAで単身赴任しておりまして・・こちらの家庭用電源は一般的に120V。
そのうえは倍の480vと言うわけです。
実際には高めの電圧のことが多いようです。日本で言う・いわゆるコンセントは115v~125Vぐらいの範囲でふらついてます。
今回は、平たく言うと節電の為の設備投資の課題の為の参考値を求める為のものです。
理屈が分かっていないと忘れてしまうので、この機会に納得しておきたいと思います。出来るだけ分かりやすい追加回答を頂けると幸いです。

お礼日時:2005/09/17 11:22

線間電圧を使います。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電力の求め方 単相3線(105V/210V)、三相3線(210V)、三

電力の求め方 単相3線(105V/210V)、三相3線(210V)、三相4線(105V)

建物内の分電盤ごとに大体の電力量(kWh)を求めたいと思っております。
負荷は24時間安定していますので、電力を出せば大体の電力量を求められると思っています。

分電盤に電流計があり、その値を拾って求めたいのですが計算方法がわかりません。
力率=100%

例:1φ3W(105V/210V)の分電盤の電流値 
R相:20A N相:0A T相:20A
P(W)=(105×20)+(105×20)
でよろしいのでしょうか。

さらに、分電盤の3次側?で200Vを使用していようがしていまいが掛けるのは105Vでよろしいのでしょうか。

また、平衡負荷でなく電流値が下記の場合
R相:5A N相:10A T相:15A
である場合は、N相(中性線)は計算しなくてよろしいのでしょうか。

さらに、配電方式が違って三相3線(210V)、三相4線(105V)もあります。
こちらについても計算方法を教えてください。

色々とWEBをみて見ましたが自身がありません。
よろしくお願いいたします。

電力の求め方 単相3線(105V/210V)、三相3線(210V)、三相4線(105V)

建物内の分電盤ごとに大体の電力量(kWh)を求めたいと思っております。
負荷は24時間安定していますので、電力を出せば大体の電力量を求められると思っています。

分電盤に電流計があり、その値を拾って求めたいのですが計算方法がわかりません。
力率=100%

例:1φ3W(105V/210V)の分電盤の電流値 
R相:20A N相:0A T相:20A
P(W)=(105×20)+(105×20)
でよろしいのでしょうか。

さらに、分電盤の3次側?で200Vを使用していようがしていま...続きを読む

Aベストアンサー

例:1φ3W(105V/210V)の分電盤の電流値 
R相:20A N相:0A T相:20A
P(W)=(105×20)+(105×20)
でよろしいのでしょうか。
>>この計算で良いです。ただし力率は100%とします。
考え方… 電流はR相からN相へ流れる電流成分(この例では20A)とN相からT相へ流れる電流成分とがあると考えます。N相(中性線)の電流はR相電流とT相電流との差で決まりますからこの例ではゼロになりますね。
電流の前者の成分は20A、後者の成分も20A。R相とN相間の電圧およびN相とT相間の電圧の大きさは105Vなので上記の計算式となります

平衡負荷でなく電流値が下記の場合
R相:5A N相:10A T相:15A
である場合は、N相(中性線)は計算しなくてよろしいのでしょうか
>>上記の考え方を適用すればよいです。この場合はP(W)=(105×5)+(105×15)となります。

三相3線(210V)
>>負荷は一般に平衡負荷なので、RST各相の電流は同じで、それが例えば20Aの場合はP(W)=√3×(210×20)となります。ただし力率は100%とします。

三相4線(105V)
>>電圧が、RST各相とN相間が105Vの場合については
P(W)=(105×R相の電流)+(105×S相の電流)+(105×T相の電流)となります。
ただし力率は100%とします。考え方は1φ3W(105V/210V)で述べたのをT相にも適用すればよいです。
なおこの配電方式は主に工場内で用いられており、RST各相間の電圧は√3×105Vになっています。
<注意> 配電線の三相4線は、RST各相間の電圧が210Vで、RS各相(ST各相やTR各相の場合もある)とN相間が105Vとなっており、P(W)の計算式は違います。

例:1φ3W(105V/210V)の分電盤の電流値 
R相:20A N相:0A T相:20A
P(W)=(105×20)+(105×20)
でよろしいのでしょうか。
>>この計算で良いです。ただし力率は100%とします。
考え方… 電流はR相からN相へ流れる電流成分(この例では20A)とN相からT相へ流れる電流成分とがあると考えます。N相(中性線)の電流はR相電流とT相電流との差で決まりますからこの例ではゼロになりますね。
電流の前者の成分は20A、後者の成分も20A。R相とN相間の電圧およびN相とT相間の電圧の大きさは105Vなので上記の計算式となります

...続きを読む

Q3相電動機の消費電力の求め方

3相電動機の消費電力の求め方について質問です。

定格電圧 200V
定格電流  15A
出力   3.7KW

上記の電動機ですが実際の電流計指示値は10Aです。
この場合の消費電力の求め方は
√3*200*15=5.1KW
3.7/5.1*=0.72
√3*200*10*0.72=2.4KW
消費電力 2.4KW

このような計算で大丈夫でしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

出力は軸動力を表しているので、消費電力はそれを効率で割る必要があるかと思います。
概算で出してみると、定格での効率が85%程度と仮定すると、定格時の消費電力は3.7/0.85=4.4kW程度になります。
この時の一次皮相電力は、5.1kVAで、無効電力Qnは√(5.1^2-4.4^2)=2.6kVar程度になります。

この無効電力は励磁電流が支配的でしょうから、負荷によらず変わらないとすると、軽負荷時に線電流が10Aになったときの皮相電力は√3*200*10 で3.5kVAで、このときの有効電力は√(3.5^2-2.6^2)=2.3 kW という具合になりそうに思います。

Q単相3線、3相3線の電流値について

1、単相3線で100vでpcなど、200vで蛍光灯を使用してます。現状をクランプメータで計ったところ
赤:34A、白:0、黒:29Aでした、この総電流は単純に足せばよろしいのでしょうか教えてください。
2、3相3線でエアコンを使用してます、これも現状をクランプメータで計ったところ、赤:21.7A、白:
21.7A、黒:17.8Aありました、この総電流は、単純に足せばよろしいのでしょうか教えてください。
愚問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

No.3 です。
済みません、消費電力ですね。

単相3線式の場合は、200V回路を考えると不平衡になるのでややこしくなります。
その為、100Vを2回路として考えます。
消費電力は、力率を 0.9 とすると、
W11 = V・I・cosθ
 = 100・34・0.9
 = 3060 (W)
W12 = 100・29・0.9
 = 2610 (W)
単相3線式の消費電力合計は、
W1 = W11 + W12
 = 3060 + 2610
 = 5670 (W)

三相3線式は、力率を 0.8 とすると、
W33 = √3・V・I・cosθ
 = √3・200・17.8・0.8
 = 4933 (W)
これには単相回路が含まれているので、その為に三本の電流値が違います。
この単相回路分を力率 0.9 として計算すると
W31 = V・I・cosθ
 = 200・(21.7 - 17.8)・0.9
 = 702 (W)
三相3線式の消費電力合計は、
W3 = W33 + W31
 = 4933 + 702
 = 5635 (W)

この辺りになろうかと思います。
ただ力率は仮定して計算してますので、多めの数値で見積もりたいのであれば、力率の部分を外して計算してください。

No.3 です。
済みません、消費電力ですね。

単相3線式の場合は、200V回路を考えると不平衡になるのでややこしくなります。
その為、100Vを2回路として考えます。
消費電力は、力率を 0.9 とすると、
W11 = V・I・cosθ
 = 100・34・0.9
 = 3060 (W)
W12 = 100・29・0.9
 = 2610 (W)
単相3線式の消費電力合計は、
W1 = W11 + W12
 = 3060 + 2610
 = 5670 (W)

三相3線式は、力率を 0.8 とすると、
W33 = √3・V・I・cosθ
 = √3・200・17.8・0.8
 = 4933 (W)
これには単相回路が含まれているので...続きを読む

Q3相3線式回路の全消費電力について

お世話になります。
3相3線式回路の全消費電力の問題です。
図のような回路があり

答えとしては1相のインピーダンスが
√64+36=10A

抵抗6Ωに流れる電流がI=V/Z=20A
抵抗6Ωで消費電力PはP=I×I×R=3200W
まではわかるのですが、
自分の解いている問題の解説では
ここから全消費電力P(抵抗8Ω3個の所の電力は)
 P=3P=3×3200=9600W
で9.6kW
とあるのですが、コイルと抵抗の消費電力がどうなっていきなり
P=3Pとなり9.6kWになるのかわかりません。
実際の消費状態の考え方が自分が理解できていないと思うのですが
どういう状況なのでしょうか?

説明下手ですみません。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

※雑記

無効電力について
コイルでは(1/2)LI^2、コンデンサでは(1/2)CV^2というエネルギーが蓄積され、交流であるために時間的に蓄積されるエネルギーが変化する。
コイルやコンデンサに蓄積されたエネルギーは、それらからエネルギーが解放された際(供給電力に対して蓄積エネルギーが上回っている時間だけ)に電源側へ電流の形で送り返される。
これが無効電力。
その際、線抵抗に無効電力分の電流が流れるために、RI^2のロスが発生する。そのため、送電路は高圧にして流す電流を減らしている。

進相コンデンサは、エネルギーのやりとりをコンデンサとコイル(変圧器やモーターのリアクタンス成分)の間でエネルギーをやりとりさせるため、電源側に無効電力を返さないようにしているという意味がある。


消費電力とは、回路から熱エネルギーをどれだけの割合で放出するかを表しているため、エネルギーを蓄積させるコイルやコンデンサは該当しない。純粋に抵抗成分のみで発生する電力が消費電力を表している。

Q三相200Vを単相200Vで使用したい

三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。
三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。

以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。

Aベストアンサー

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。
(b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

(a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。

【4】 電力会社との契約種別。
(a) 低圧。
(b) 高圧または特別高圧。

(a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バ...続きを読む

Q電源 200V単相と3相の違い

電源 200V単相と3相の違いについて教えてください。
どう違うのでしょうか?
電気のことはぜんぜん分からないので詳しくお願いします。

あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとるとどうなりますか?(家庭用電源ではなく、会社の電源です)

200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?

Aベストアンサー

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。

> あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとると…

前項の問題がクリヤしたとして、次に、質問者さんの会社が、低圧受電か高圧受電かによって、この答えは変わってきます。
電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。
6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。
高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。事前に十分な技術的検討が必要です。

> 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとると…

200Vで30Aということは、6kVAの容量といいます。200V50A(三相)は、17.3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。単相の電源盤からとるとしても、同じです。余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。
どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。
経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

Qモーターの定格電流の出し方

三相200v5.5kw定格電流22Aのモーターなんですが全負荷運転で22Aの電流が流れるって事で良いのでしょうか?
ちなみに定格電流が分からないモーターの電流値の出し方は5500/200×√3なのでしょうか?
そうすると定格電流が違ってくるので・・・
勝手な考えなんですが力率を70%って考えればよいのでしょうか?
調べていくうちにだんだん分からなくなってきちゃいました
もし宜しければ教えていただきたいのですが

Aベストアンサー

・全負荷運転で22Aの電流が流れる
で、OKです。

・定格電流が分からないモーターの電流値
5.5kWは軸出力なので、電気入力(有効電力)に換算するために、効率で割る必要があります。
次に、皮相電力に換算するために力率で割る必要があります。
結果、
{出力/(力率*効率)}/(√3*電圧)
ということになります。

モータの力率や効率が不明の場合には、
JISC4203 一般用単相誘導電動機
JISC4210 一般用低圧三相かご形誘導電動機
JISC4212 高効率低圧三相かご形誘導電動機
で規定されている効率や力率を使うことになるかと。
(これらの規格には、各容量について電流が参考値として記載されていますが)

Q3相電流値の計算方法

どうぞご教授願います。
工作機械の実際に使用する電流値を測定したいと思っています。
その際に幾つか疑問が有ります。
1.3相モーターの電流値をクランプメーターで測定する際に
 各相の電流値を測定したらそれがモーターの定格電流値以内であればOKでしょうか?
 (モーターの定格が19.5Aに対し、各相がU=14.5A,V=14A,W=13Aです)
2.装置全体の電流値を一次側で測定した際も同様に
 各相の電流値がブレーカーの定格以内であればOKでしょうか?
 (ブレーカーの定格が60Aに対し各相がR=20A,S=18A,T=19.7Aです)

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

> U=14.5A,V=14A,W=13A

ちょっと不平衡ですね。各線間の電圧はどうですか。モーターの発熱状態はどうですか。

> ブレーカーの定格が60Aに対し各相がR=20A,S=18A,T=19.7A

ここもちょっと不平衡ですね。その装置には、ヒーターなどの単相負荷が含まれていますか。ブレーカーは機械に付いているものですか。ブレーカーの定格より少なければならないことは当然ですが、それより、その機械装置全体の定格電流を上回らないことの方が重要です。

Q電流値の計算方法

よく電気室や機械室等の動力盤に電流計が盤の扉に付いていますが、電流値は定格電流の値が正常だと思うんですが計算方法がわかりません。たとえば200Vの三相三線式モーター5.5kwではどうなりますでしょうか?素人なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>200Vの三相三線式モーター5.5kwではどうなりますでしょうか…

少々専門的になりますが、これだけの情報では定格電流までは分からないのです。
「5.5kW」というのは、モーターから出る力の大きさです。「出力」なのです。

電気エネルギーを機械エネルギーや運動エネルギーに変換するとき、必ず損失があります。
「出力」に「損失」を加えたものが「入力」で、入力と出力の比が「効率」です。

その上、交流の電気には「力率」というものも影響してきます。
したがって、出力のほかに効率と力率が分からないと、電流の計算はできません。

これらが分かれば、
【電流】=【出力】÷【効率】÷【力率】÷【電圧】÷【√3】
で計算できます。

概数でよければ、5.5kWの効率は 0.8~0.85、 力率は 0.75~0.8、定格電流が 24A程度です。


人気Q&Aランキング