最新閲覧日:

Vitali反応は生薬のスコポラミンなどのトロパンアルカロイドの呈色反応ですが、Vitali法について詳しく教えていただけませんか?反応式も兼ねて教えてくださると嬉しいです。Vitali法を行う意義みたいなものも教えてください。

A 回答 (2件)

Anisolさんの書かれたVitali法の改良法は


Freeman F,M:Analyst 80、520(1955)によっているようです。
古い薬局方(第6改正)では発煙硝酸ではなくて硝酸が使われています。これが元のVitali法ですね。
Vitali反応の名前でホルマリンの定量法もあるようです。
    • good
    • 1

日本薬局方解説書の、硫酸アトロピン、臭化水素酸スコポラミン、ロートコンなどの項目にVitali反応の変法が出ています。

トロパ酸のベンゼン環の4位のニトロ化と、水酸基の硝酸エステル化または-CH-CH2OH部分の脱水が起こるようです。Vitali法の意義はトロパンアルカロイドの定性が簡単にできる、ということでは…?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ