コレステリン結晶の出来る機序を出来るだけ詳しく教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

 ご質問の「機序」がどこまでの事をおっしゃっているのかが分からないので,自信なしですが。



 コレステリン=コレステロ-ルは,最も代表的なステロールの1つで,「理化学辞典 第5版」(岩波)には,『水,アルカリ,酸に不溶,有機溶媒には溶けるが,石油エーテル,冷アセトン,冷アルコールには溶けにくい』とあります。つまり,元々結晶化しやすい化合物です。

 いかがでしょうか。必要なら補足下さい。
    • good
    • 0

正しいかは、分かりませんが、結晶というくらいですから、血漿中に


溶けきれなくなったコレステロールが結晶化したのではないですか?

 推測ですみません。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抗精神病薬の機序について

統合失調症の原因は脳内のドーパミンの過剰なんですよね。
この統合失調症の治療薬として、D2受容体遮断薬があるのですが、
このD2受容体はGiタンパク質と共役してアデニル酸シクラーゼを抑制して、ドーパミン遊離を抑制するんですよね。
そのD2受容体を遮断したら、抑制系を抑制するということで、かえってドーパミンの放出を促進してしまうと思うのですが、
いったいどういうことなのでしょうか。どなたか御教授願います。

Aベストアンサー

こんにちは。

>このD2受容体はGiタンパク質と共役してアデニル酸シクラーゼを抑制して、ドーパミン遊離を抑制するんですよね。

二つの話がごちゃ混ぜになっていませんか。
D2受容体の役割はDA(ドーパミン)の遊離を抑制することではないです。
「D2受容体はアデニル酸シクラーゼを抑制し、カリウムイオンチャネルを活性化、カルシウムイオンチャネルを抑制する」です。
このため、D2受容体を持つ神経細胞がDAの投射を受けますと、その機能が抑制されます。

DAの遊離が抑制されるのは、黒質緻密部などDA生産ニューロン自体がD2受容体を持つ「自己抑制回路(オート・レセプター)」の話です。ここで遊離されるDAはDAニューロン自身のD2にも投射されており、「DAの遊離機能を抑制」します。ですから、ここでD2遮断薬を使いますとDAの分泌は増えます。
D2遮断薬でDAの分泌は増えますが、黒質・線条体路など他の標的ではDAの作用が一様に抑制されますので、統合失調症の症状は改善されます。

Qラパマイシンの作用機序

ラパマイシンの免疫抑制効果はどの機序によるものか教えて下さい。
mTORの抑制による、p70S6 kinaseの阻害と考えてよいのでしょうか。
それとも、その他の複合的な作用によるのでしょうか。

Aベストアンサー

 チョット前の記憶なので勘違いがあるかもしれませんが・・・・。

 免疫抑制剤の作用機序の研究は Harvard University の Stuart L. Schreiber 教授達が始めたものだったと思います。

 という事で,Schreiber 教授のページをあげておきます。「Research Results」や「Publications」を御覧になれば,参考になりそうな論文もあがっていると思います。

参考URL:http://www-schreiber.chem.harvard.edu/index.html

Q生理活性ペプチドの作用機序

血圧降下作用などの生理作用を持つペプチドが多数見つかっています。

これらのペプチドはトランスポーターを介して、腸の吸収上皮細胞に吸収されますが、その後は吸収上皮細胞内のペプチターゼによって、アミノ酸にまで分解されてしまうと認識しています。

しかしアミノ酸にまで分解されてしまうと、生理作用が失われてしまうと思うのですが、生理活性ペプチドは、生体に対してどのように作用するのでしょうか。
アミノ酸にまで分解されずに血中に入り、それぞれの受容体に結合するのでしょうか。

詳しい方、ぜひ教えていただきたいです。

Aベストアンサー

なぜそのペプチドが「経口投与」されると考えるのですか?
>血圧降下作用などの生理作用を持つペプチドが多数見つかっています。
これらの多くは体内で見つかっており、安定化されて医薬として売られているものは、点滴に加えられて、直接血流に流し込まれます。

Q褐色細胞腫の発汗過多の機序

学生です。褐色細胞腫に関して疑問がありまして、ご存知の方いらっしゃいましたらご教授下さい。

褐色細胞腫の5徴といえば5H
Hypertension---高血圧
Hypermetabolism---代謝亢進
Hyperglycemia---高血糖
Headache ---頭痛
Hyperhydrosis---発汗過多

ということになると思うのですが、この発汗過多が起こる理由がわかりません。
交感神経節後線維の終末は基本的にはNAを放出しますが、例外的に汗腺の神経終末ではAChが放出され、これがムスカリン受容体に結合して発汗が起こっていたと思います。

ですから、褐色細胞腫はカテコラミンを産生するので、汗腺以外の臓器・器官に作用し、発汗以外の症状を起こすのは解りますが、いったいどういった機序で発汗が起こるのかが解らないんです。

もし解る方いらっしゃればよろしくお願いします。解りにくい文章ですいませんm(_ _)m

Aベストアンサー

もっとシンプルに考えていいみたいですよ。

発汗は代謝亢進に伴う体温上昇の代償と考えられます。

Qタミフルの予防投与でウイルスが耐性をもつ機序って?

抗ウイルス薬の予防投与によって、ウイルスが薬剤耐性を持つという話があります。

新型インフルエンザについては、薬剤耐性への懸念からタミフルの予防投与は控えるべきとの見解があるとか。

一方でヘルペスウイルスの場合は、アシクロビルの予防投与を行う治療もそれなりにエビデンスがあるようで、保険適応されているとの話もあります(口唇ヘルペスだとダメみたいですが)。

私は素人なので、予防投与によってなぜウイルスが耐性をもつのか、その機序を知りたいのです。
どなたか解説をいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ウイルスに暴露されていない状態で抗ウイルス薬を予防投与しても、当然ながら耐性ウイルスが発生することはありません。
WHOが9/25に発表したbriefing note 12で触れられているのはウイルスに暴露された後で予防投与を受け、にも関わらず発症した場合は耐性ウイルスが増殖している可能性が高いということです。いくつかの報道を見ましたがいずれも翻訳が不適切(不十分)に感じました。日本感染症学会が医療従事者への予防投与を推奨していますが、WHOにしろアメリカのCDCにしろこれは否定していません。
尚、ウイルスは非常に変異のスピードが速いため抗ウイルス薬を治療に用いると一定割合で耐性ウイルスが発生します。機序としては一般的な選択圧による耐性獲得と同じです。ただし、このメカニズムで発生したタミフル耐性のインフルエンザウイルスは一般に感染力が弱く、自然に消滅するため大きな問題にはなりません。逆に言えば、耐性ウイルスの発現は避けようがないため、それが強い感染力を持たないように抗ウイルス薬はデザインされています。昨シーズンから蔓延している季節性のタミフル耐性インフルエンザウイルスについては、タミフル使用による選択圧で発生したものではなく、通常の突然変異で偶然に耐性を獲得したものであることが確認されています。
WHOもCDCも抗ウイルス薬の予防投与を推奨はしていませんが、Webページで公開されている原文を読む限り耐性ウイルスの危険が理由というわけではありません。アメリカを含め多くの国、地域では治療用にも十分な抗ウイルス薬の備蓄がなく、無駄遣いはできないという事情もあるのだと思います。

ウイルスに暴露されていない状態で抗ウイルス薬を予防投与しても、当然ながら耐性ウイルスが発生することはありません。
WHOが9/25に発表したbriefing note 12で触れられているのはウイルスに暴露された後で予防投与を受け、にも関わらず発症した場合は耐性ウイルスが増殖している可能性が高いということです。いくつかの報道を見ましたがいずれも翻訳が不適切(不十分)に感じました。日本感染症学会が医療従事者への予防投与を推奨していますが、WHOにしろアメリカのCDCにしろこれは否定していません。
尚、ウ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報