司法書士という資格に興味をもっています。
資格取得後の話ですが、40台での就職(それも地方!)状況はどうなのでしょうか?
独立開業は考えておらず、法律関係の事務所勤務希望です。
今までのQ&Aには目を通したつもりです。
とりあえず、合格して地元の司法書士会に履歴書を送れば、法律事務所から連絡がきて何とかなる!という意見があったのですが、それにしても年齢や性別(女)で、難しかったりするものなのでしょうか?
自分の強みとしては、英語がそこそこできる(TOEIC800点)くらいなのですが、これも地方だと余り関係ないものなのでしょうか?
まずは合格するのが先なのですが、資格だけとっても・・・となることは避けたく、情報を求めています。
予備校の説明は、ちょっとバラ色すぎるようで。
実務関係者の正直ベースでのご回答、どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>>少なし・・・で、それでも仕事を選ばなければ、なんとか食べてはいける・・・ということなのかな?と。


>>地裁の書記官をやっている友人も、試験の大変さのワリには仕事内容や報酬が報われないという意味
>>で、余りオススメではないと言ってました。

そうですね。
新人は、司法書士の中の資格内資格である簡易裁判所代理権の資格を取って、訴訟やそういう面倒な
債務処理をやる事で活路を見出しています。
ベテランの司法書士は、登記をやった方が効率がいいから、あまりやりたがらない。
低額ねぇ。地域にもよるでしょうが、自己破産で1件20万円前後じゃないですかね。
弁護士が40万円前後でしょうから、まあ半分くらいでしょう。
非効率といっても、近頃はそれ専用のいいソフトもあるし、慣れればどういう事はないみたいですよ。
これからも多重債務や破産は増えるでしょうから、そういう面を開拓していけば、食いっぱぐれはないでしょう。
新人でも1年目から事務員を雇って、羽振りのいいのはいる(^^;)


>>Uターン就職の選択肢として考えているのが甘いんだろうなとは思ってます。

地方というのがどの位の人口の都市かわかりませんが、合格したら開業するのが前提として考えた方がいいでしょう。
質問者さんは女性という事なので、地方では女性司法書士は少ないから、開業してもその点は有利でしょう。
大都市でないのなら、土地家屋調査士・行政書士の資格は取っておいた方がいい。
その資格があれば、登記関係は全部引き受けられますからねぇ。
土地家屋調査士の仕事が来れば、司法書士の1件の単価とは1桁違いますからスポットで来ればボーナス気分になります。


>>司法書士という仕事の喜びややりがいなど、教えていただけたら幸いです。

登記は、誰がやっても結果は同じ。金額が高いか安いかだけ。
依頼者が金を払って、司法書士が当然の報酬をもらうビジネスライクの関係です。

やはり、困っている人を助ける事が喜びになるでしょう。
例えば、法律に無知な人で、悪徳商法にかかってる人を救うとか。
クーリングオフの文章は行政書士でも書けますが、折衝や訴訟は司法書士の分野になります。
簡易裁判所の範囲(140万円迄)の事案は、報酬の関係で弁護士はなかなか引き受けないのでねぇ。
多重債務者も、ワラにもすがりたい気持ちですから、救ってくれた人間には感謝をしますよ。
そういう面では、司法書士の仕事はやりがいがあるでしょう。

後、本当に司法書士に合格しようと思ったら、司法書士の受験指導校は慎重に選ばなければいけません。
勉強をした1年間の時間を損をします。(私の過去ログも参照)
難しくなってますし、合格者の年齢層も若くなってますからね。

いずれにしても、よく考えて結論を出して下さい。
頑張って下さい。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

重ね重ねの丁寧なご回答ありがとうございます。
ひょっとして弁護士さん?

お礼が遅くなりすみません。

クレサラなどに関係するのは、仕事とはいえ怖い気もしますが、大丈夫なのでしょうか?

仕事に窮すると悪徳業者の手先になる可能性もあるような・・・?

自分次第なのかもしれませんね。
そのあたり、ご存知でしたら、教えてください。

いずれにしてもよ~く考えて決めることにいたします。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/13 18:54

私も脱サラだけど、もうサラリーマン時代より倍以上、司法書士をやってますねぇ。

思えば歳を取ったものだ。(^^;)


>>クレサラなどに関係するのは、仕事とはいえ怖い気もしますが、大丈夫なのでしょうか?

クレサラ業者は、金融庁から通達が出ている為、司法書士が受任すると本人に対する請求は止めます。
債務者は一応督促が止むから、ほっとして感謝しますわね。(^^)
まあ、止まってからが本当の仕事になります。
過払い請求があれば過払い金を返還してもらうようにして整理しますし、任意整理・自己破産・個人再生等の一番いい方法を取る訳です。
クレサラ問題は、司法書士が昔から率先してやっていますし、女性司法書士も多く活躍しています。


>>仕事に窮すると悪徳業者の手先になる可能性もあるような・・・?
>>自分次第なのかもしれませんね。

それは、どこの世界のどういう資格者にもあります。
弁護士の懲戒や司法書士の懲戒処分も、年間に数多くありますからね。
職業倫理がありますから、それを守るのは当然でしょう。
「士(さむらい)」業は、言葉どおり、武士は食わねど高楊枝といった面があります。

40歳を過ぎて、司法書士の資格を取ろうとするのだと、もう時間がないですよ。
一般的に言えば、老化によって物覚えが悪くなるし、急いで勉強した方がいいです。
「司法書士 勉強」とかで検索すれば、色々な司法書士受験関連のHPが出ますから、そういう掲示板を見てみるのも参考になるでしょう。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなりすみません。
具体的かつ親身なご回答ありがとうございます。
法律には元々興味はあったのですが、試験の難しさ+仕事内容にもやっていけるものかどうかという点で、迷っています。
迷ってる時間もないのですが。

まずは現状の仕事を頑張りながら、もうすこし情報収集したいと思います。

ありがとうございました!

お礼日時:2005/10/20 09:45

>>とりあえず、合格して地元の司法書士会に履歴書を送れば、法律事務所から連絡がきて何とかなる!という意見があったのですが・・・



私は、そのアドバイスは知りませんが、人を惑わすような意見は困りますねぇ。
常識から考えても、資格を取って待っていたら向こうから連絡が来る・・・なんてはずがないじゃないですか。(^^;)

確かに司法書士会に履歴書を送れば、名簿には載せてくれます。
補助者を募集している事務所は、司法書士会に問合せたりします。
そういう事では何とかなるのかも知れませんが「合格してから」というのは、逆効果になると思いますよ。
つまり、合格している人は、独立開業の準備として仕事を覚える為に自分の事務所に勤めたいのだな?と司法書士は疑います。
仕事を覚えられてその地域で独立されれば、客も少なからず持って逃げられるでしょう。
経営者としては、そういう人を雇いたいと思いますか?
大都市の大きな事務所ならともかく、地方都市ではそういう考え方の事務所が多いはずです。


>>それにしても年齢や性別(女)で、難しかったりするものなのでしょうか?

年齢的には若い方がいいし、性別は女性の方がいい。
なぜなら、給料の面があるから。
当然ながら経営者としては、給料は安くすむ方がいいでしょう。
男性で妻子がいると、生活がかかってるから給料も高くする必要がありますからねぇ。

司法書士(=経営者)の身勝手な論理(=正直な話)では、頭が良くて、若くて給料をあまり払わなくてすみ、司法書士試験を受けても合格しない人がいい訳です。
合格して開業されると、弟子の方が流行って先生の事務所が没落するというのはよくある事です。


>>自分の強みとしては、英語がそこそこできる(TOEIC800点)くらいなのですが、これも地方だと余り関係ないものなのでしょうか?

地方でというより、司法書士業務には英語は関係ありません。
まあ、アメリカの公証人の文書を訳す位だけど、そういうのも辞書を引けばわかるし、面倒なやつは翻訳会社に出せば事足ります。
英語を活用するのなら、司法書士事務所でなくて、国際関係の仕事を扱っている弁護士事務所又は弁理士事務所に勤めた方がいいでしょう。
もっともそういう所は縁故が多いでしょうが。。。


>>予備校の説明は、ちょっとバラ色すぎるようで。

予備校の説明が一概に嘘とは言えないでしょうが、うまい話には気をつけましょう。(^^)
開業する気がないのなら、多額の授業料を払って苦労してまで取得する資格ではありませんね。
基本的に、司法書士は独立開業の資格です。
又、個人差はありますが、開業しても軌道に乗せるまでに4~5年は苦労しますよ。

他に聞きたい事があれば補足に書いて下さい。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
合格すれば云々というのは、就職の斡旋みたいなこともやってくれる予備校もある・・・という話だったかも・・・
あいまいですみません。

不安なのは、試験の難しさもさることながら、開業後の苦労です。
自分の性格的な面もありますが、仕事内容も一言で言えば、多重債務処理や低額訴訟など、弁護士が避けがちな?労多くして実り少なし・・・で、それでも仕事を選ばなければ、なんとか食べてはいける・・・ということなのかな?と。

英語云々については、開業にあたって、得意分野を持って地道に活動という中で、たとえば、外国人がらみの手続き等などで、活路を見出すこともできるのでは?というアドバイスがあったからです。
しかし首都圏ならともかく、地方ではどうなのかな?と。

地裁の書記官をやっている友人も、試験の大変さのワリには仕事内容や報酬が報われないという意味で、余りオススメではないと言ってました。

本当になりたければ、人がなんと言おうがやるハズなのですが、そこまでのモチベーションが自分にまだないにもかかわらず、Uターン就職の選択肢として考えているのが
甘いんだろうなとは思ってます。

すみません。実際に司法書士の方が読まれたら不快かもしれませんね。
司法書士という仕事の喜びややりがいなど、教えていただけたら幸いです。

補足日時:2005/10/09 23:44
    • good
    • 9

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q司法書士への報酬費用

何度かアドバイス頂き、先日「司法書士の無料相談会」に行って来ました。
最終的には司法書士を通じての債務整理の方向で進めようかと思っています。

そこで質問なのですが司法書士への報酬費用の相場を教えて下さい。
無料相談で相談した司法書士曰く、
「1社につき@40,000/減額実績の20%」との事でした。

少しでも「安くて信頼できる」司法書士にお願いしたいと思います。
上記金額は平均的な相場なのでしょうか?

都内でお薦めの司法書士等いらっしゃれば併せて紹介頂ければ幸いです。
(23区内であれば場所は問いません)

Aベストアンサー

1社につき42000円(税込み)はどこも大体同じです。
減額成功報酬20%は高いですね。
ない所もある位です。

さくら中央法律事務所(四谷)
あゆみ法務司法書士事務所(高田馬場)

ネットで調べて見て下さい。
電話相談は無料ですから先に「減額成功報酬」をとるのかどうか聞いてみて下さい。

2つとも電車の広告に出てますので、怪しくはないと思いますよ。

Q資格試験について。 当方債務整理を主に司法書士事務所で働く事務員です。主に書類の作成や債権者との和解

資格試験について。

当方債務整理を主に司法書士事務所で働く事務員です。主に書類の作成や債権者との和解交渉などをしています。

実務に触れ、司法書士資格をやはり取得しようかと考え中です。

以前、裁判所事務官を目指していましたが失敗し、公務員試験用のテキストがほぼ真っ白の状態で手元にあるのですが、こちらで司法書士の勉強はできるものでしょうか?それとももう全く別物でしょうか?

自信をつけるために行政書士資格から改めて勉強しようかとも検討しています。公務員試験テキスト、問題集の他に、大学生の時に使用していた伊藤真先生の試験対策講座シリーズも手元にあります。

とりあえず法律関係のお仕事はしたいと思っていますが、司法書士や行政書士のほかにも、いまあるテキストでとれる資格などはあるでしょうか?また、勉強方法などもご教示いただければ大変励みになります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

サラリーマン時代に取った資格は宅建士、ビジネス実務法務検定、行政書士でした。
行政書士の試験勉強をした時には、行政書士の過去問題集の他に司法書士や公務員試験の問題集も数多くやってみました。ブックオフで100円で売っているものでも役に立ちました。
社労士の勉強をしていた時には、ビックリするくらいにキレイなテキストが100円で売られているのを大喜びで買ったものです。
これは、人それぞれだとは思いますが、私の場合は出来そうもない目標は立てられないモノの、一旦決めた目標に対しては努力を重ねるのを惜しまないタイプなのだと自己分析しています。

なので、難しい司法書士試験に当たる前に、難易度の低い他の試験を当座の目標にするというお考えとは少し違うな、と思いました。私の場合は行政書士試験対策時に参考の為にやってみた司法書士試験の過去問をやった段階で、これは無理筋だなぁと感じました。
今、6月になったばかりですから、これから行政書士試験の勉強をして一発合格するレベルの人であれば、今年は無理でも来年の司法書士試験に照準を絞れば、或いは可能性があるのではないかと思います。

最終目標を司法書士としての独立開業と置くならば、それ以前に取る資格については『〇〇に強い司法書士』『〇〇も出来る司法書士』となる為のモノ、と考えられても良いのかな?と思いました。

どちらにせよ、働きながら勉強時間を確保するのはナカナカ難しいものはあるでしょう。以前いた会社の先輩で、一発で司法書士に合格した人がいましたが、会社を退職して半年勉強漬けの日々を送ったそうです。合格できたから良かったものの、2度3度の受験で合格する人も多いのですから、そういった期間中の生活についても考えなければなりませんよね。

サラリーマン時代に取った資格は宅建士、ビジネス実務法務検定、行政書士でした。
行政書士の試験勉強をした時には、行政書士の過去問題集の他に司法書士や公務員試験の問題集も数多くやってみました。ブックオフで100円で売っているものでも役に立ちました。
社労士の勉強をしていた時には、ビックリするくらいにキレイなテキストが100円で売られているのを大喜びで買ったものです。
これは、人それぞれだとは思いますが、私の場合は出来そうもない目標は立てられないモノの、一旦決めた目標に対しては努力を重ね...続きを読む

Q司法書士への報酬は

私の土地の 十分の一を長男に 十分の一を長女に

贈与して登記する場合の 司法書士への 報酬と

私の土地の 十分の二を 長男に 贈与して登記する場合の司法書士への

報酬とで 差は あるでしょうか。

Aベストアンサー

現在司法書士の報酬は定められた報酬の上限額以内であればいくらにしても良いこととなっているそうです。
つまり応談ということです。

質問の主旨とは異なりますが、もし相続税対策や贈与の控除内で持分を少しずつ分けていこうとされるなら、これは将来大変むつかしいことを発生させる要因になることがありますので書かせていただきます。

まず子供さんたちが未成年の場合・・権利の変動(登記を要する)がある場合には裁判所で特別代理人の選定が必要になります。

成人の場合・・たとえば嫁いだ長女さんの担保提供がなければ、長男さんは住宅ローンは組めません。また長女さんは長男さんの連帯保証人を求められる場合も発生します。お互いに連帯責任が生じるため家が建たないということもあります。

 次に相続発生の三年前まではさかのぼって贈与分が相続財産に加算されることはご存知でしょう。円満に相続分割できれば良いのですが、一物を複数が所有することのデメリットは計り知れません。

短い文面からでもこのような杞憂でないことをおもいました。

Q司法書士と社労士→行政職(事務職)の地方公務員が持っていると高評価なのはどちら?

行政職(事務職)の地方公務員が持っていると
職場でより高く評価される資格は、
司法書士と社会保険労務士のどちらでしょうか?

Aベストアンサー

正直にいえば、資格が公務員の仕事振りに直接作用する可能性は低い
です。そもそも、公務員は独立開業して兼業出来ませんので。ですが、
自己啓発意識という査定項目があれば、まあ、どちらも高い評価が付
くとは思います。あくまで、副次的な評価要因ではないでしょうか。

Q司法書士さんの報酬について

お世話になります。
司法書士さんの報酬について質問なんですが、
中古マンションを購入する場合、金額は3,500万円でローンなしだとすると所有権移転登記のみだと思うのですが(間違っていたらすみません)
この場合の司法書士さんの報酬はいくらぐらいになるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

不動産屋ですので司法書士を使うことは多いですが、請求される金額は司法書士によって色々です。地域によっても違ったりします。
おっしゃる通り、仕事としては所有権移転だけですが、所有権移転の報酬だけ請求してくる人もいれば、所有権移転の報酬の他に、日当、立会料、交通費などたくさんの項目で請求してくる人もいます。登記事項証明書を取る手数料を請求してくる人もいます。また、我々のようなプロ相手の場合と一般の方を相手の場合とでは、請求の内容が違う人もいます。
安い時で数万円、高い人は10数万円というのを聞いた事もあります。(登録免許税は除いてです)
あまり回答になってませんが、長年この商売をやっていても司法書士の報酬についてはいまだによくわかりません。

Q司法書士試験に合格された方に質問があります。司法書士試験に合格したときの感覚を呼び戻して、再現して頂

司法書士試験に合格された方に質問があります。司法書士試験に合格したときの感覚を呼び戻して、再現して頂けますか?
①何が見えましたか?
②何が聞こえましたか?
③身体の状態はどんな感じでしたか?
④どんな味がしましたか?
⑤どんな匂いがしましたか?

答えにくいものについてはスルーして頂いて結構です。合格したときがどのような感覚なのが知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

行政書士共々頼りない資格でした!今もそうですが。銀行や不動産屋の小判鮫ですから!とりあえず簡単なので取ってみたって感じです。司法試験から比べれば月とすっぽんですから!今も民事の法廷ではカッコ悪いだけの資格です。

Q司法書士への報酬について

司法書士に対して不動産登記の報酬を支払いました。
請求書には

      登録税・印紙税等    報酬
所有権移転  262,200  25,000
消費税              1,250
源泉税              1,500
となっています。

仕訳は
支払手数料  26,250/現金286,950
租税公課  262,200/預り金1,500

支払手数料  288,450/現金286,950
              /預り金1,500
どちらが正しいのでしょうか

また
支払調書に記載する司法書士への報酬の金額は
26,250円か288,450円のどちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

前者(租税公課の出てくるほう)の仕訳が正しいです。
登記印紙代の262,200円は司法書士への報酬ではなく法務局(国)に支払う手数料ですので司法書士への報酬額は26,250円です。

Q司法書士を法律知識ほぼ無しから合格できますか?

社会保険労務士はどうですか?

東京で働きながら学習をしてそれぞれ何年くらいで(通常)合格できますか。

法学部出ではありませんが可能ですか?

法律事務所などの法人で何でもいいので働き口を得て

専門、夜間などに通いながら目指すのは現実的でしょうか?

Aベストアンサー

人による。それしか言えないです。

友人は社労士は2ヶ月で受かりました。でも1日10時間近く勉強したそうです。
通常は6ヶ月ぐらい勉強します。受験者の質は高く無いので週20-30時間をコンスタントに勉強すれば6ヶ月以内では受かると思います。

司法書士は司法試験崩れが受験することが多いのですが、意外とモタつく事が多いです。
ただ大学生とかでも受かっており、3年ぐらい真面目に勉強すれば受かることが多いです。
もちろん永遠に受からない人もいます。

両方とも合格者いますが普通に働けてますよ。司法書士は過払い請求バブルで年収数千万~数億も行く人が増えました。
あまり欲を出さずに通常の業務をやってる人なんかは年収500万前後と聞いたことがあります。
また今後は分かりません。
僕の感覚で言えば「普通に難しい」試験です。真面目にやれば受かると思うんですが片手間でやってれば中々受からないと思いますよ。

社労士は市役所や予備校で定期的にアルバイト出来ますし、事務所も大都市にはたくさんあるので年収などの不満を言わなければ言うほど困りません。
僕の知り合いも普通に大手に雇われて働いてました。他にいきなり起業して月40万ぐらい稼いでた人もいます。
ただ彼らはいわゆる脱サラで営業経験があり、基本マナーは出来ていました。年齢も20代後半です。資格取得後の絵空図も取得前に持てていたようです。
 これは推測も入るのですが行政書士や社労士はどうしても「人と人の」関わりの仕事です。そのトラブルから逃げればそれだけビジネスチャンスも逃げるし、またそこそこ学力の高い主婦や中高年が取得するケースが多いようです。それで「デン」と構えていても仕事は舞い込んで来ませんよね。
でも受験者の質的にとにかく「先生」をやりたいだけの人が多いのかなあと言う感じです。
それでお金を稼ぐにはちょっと難しいのかもしれません。


合格率はそれぞれ5%ぐらいなので独学で受かる人もいますが、予備校かよいの人の方が合格者は多いです。これは先生が優れていると言うよりも勉強習慣とかの面が大きいでしょうね。
法学部を出る必要はありません。
事務所事務から合格を目指す人はたくさんいますよ。

法律事務はパラリーガルと呼ばれ、社会的地位は低いですが、経験を積んで評価をされれば当然評価は上がります。左官職人や大工みたいなもんですかね。高給を貰って会社から会社に渡り歩いてるパラリーガル派遣社員の人とかいますよ。

年齢や性格は大事です。前職でのコネや経験も生きる事もあるでしょう。
ちなみに僕の知り合いは司法崩れや前職経験から「いけるんじゃね?」と思っての起業が多かったです。それで成功してますね。

人による。それしか言えないです。

友人は社労士は2ヶ月で受かりました。でも1日10時間近く勉強したそうです。
通常は6ヶ月ぐらい勉強します。受験者の質は高く無いので週20-30時間をコンスタントに勉強すれば6ヶ月以内では受かると思います。

司法書士は司法試験崩れが受験することが多いのですが、意外とモタつく事が多いです。
ただ大学生とかでも受かっており、3年ぐらい真面目に勉強すれば受かることが多いです。
もちろん永遠に受からない人もいます。

両方とも合格者いますが普通に働けてますよ。司法書...続きを読む

Q司法書士報酬について

過払い金請求の司法書士報酬について。実家が会社経営をしていて5年ほど前、資金繰りに困って3社の金融会社から150万ほど借りたそうです。無事完済しましたが、過払い金を請求できることを知り親戚に紹介された司法書士事務所に相談にいきました。すると180万ほど戻ってくることになり、とても喜んだのですが…

司法書士報酬として25万ほど差し引かれることになりました。もちろん司法書士さんがいなければ1円も戻ってこなかったし、私たち素人にはできないことをしてもらったので言われた通り払うつもりです。でも、そこのホームページの料金表には26,500~と記載されており、明確な金額も事前に言われなかったので25万と言われたときは驚いてしまいました。3社もあるし、金額的にも180万と高額なので妥当なのでしょうか?25万払ったとしても155万は戻ってくることですし、司法書士の方に不満をもっているわけではありません。むしろ感謝しています。ただ金額的にどうなのか聞いてみたいだけです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

26,500~というのは最低金額で
返還される金額によって20%程度の金額を支払うこことになっています
契約時に必ず説明されたか契約書に記載が有るはず
それが司法書士のもうけになります
弁護士でも同じ
報酬が歩合なのでがんばって仕事してくれる訳ですよ

Q司法書士の試験合格から事務所に勤めるまで

お世話になります。

現在、司法書士の勉強をしている28♂(神奈川)です。
まだ受かってはいませんが、受かるまで頑張るつもりです。
働いてますが、勉強時間はわりと取れてるので、可能性は
多少は有ると思います。
今回、合格後の研修や会費について疑問が生じましたので、
質問させていただきます。

(1)日本司法書士会連合会のページに、新人研修として、I中央研修、
IIブロック研修、III配属研修とありますが、これを受けるのは法的
義務なのでしょうか。受けないと登録できないんでしょうか?

(2)その他、簡裁訴訟代理関係業務の為の特別研修もあります。(1)の
研修と合わせて受けた場合に、土日祝が休みの人は、一体何日くら
い会社を休むことになるのでしょうか。皆会社辞めて行くのですか?

(3)司法書士会の会費が東京は約170,000円/年なのに、神奈川は
25,000円/月でした。これって差が有り過ぎておかしくないですか?

(4)試験後、何年か経ってから研修を受けて登録しても問題ないという
事は調べて解りました。では研修をすべて終えて、10年後に登録
というのも問題ないでしょうか?

(5)『司法書士会員には年間12単位以上の研修単位を取得すること
が義務づけられているほか、一定年次ごとに司法書士の職業倫理につ
いて学ぶ年次制研修の受講が義務づけられています。』と書いてあり
ます。これを受けないと欠格事由になりますか?ちなみに年間12日
は研修に出ないといけないと言うことですか?

(6)司法書士事務所の求人に、会費の負担について特に書いていな
い場合、事務所負担になるのが普通ですか?それとも自己負担ですか?

以上です。わかる箇所だけでもよいので、宜しくお願い申し上げます。

お世話になります。

現在、司法書士の勉強をしている28♂(神奈川)です。
まだ受かってはいませんが、受かるまで頑張るつもりです。
働いてますが、勉強時間はわりと取れてるので、可能性は
多少は有ると思います。
今回、合格後の研修や会費について疑問が生じましたので、
質問させていただきます。

(1)日本司法書士会連合会のページに、新人研修として、I中央研修、
IIブロック研修、III配属研修とありますが、これを受けるのは法的
義務なのでしょうか。受けないと登録できないんでしょうか?

...続きを読む

Aベストアンサー

私の住んでる地域は質問者さんが住んでおられる都会ではないので大型司法書士法人はなくほとんどが一人か身内の補助者をつけてるような形態の先生がほとんどです。このような場合、資格者を雇うという事はまずありません。それと司法書士法人であっても資格者が足りないという業界ではないので雇う側からすると他の業種と同じく直ぐに仕事が出来る実務経験者かかえって実務経験はなくても若い人を雇うと思います。今のお仕事は司法書士の先生と仕事をしたりとか近い職業ではないのでしょうか。そこでコネや人脈があるのなら雇われじゃなく一人で独立する予定はないのでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報