私は2つの会社から収入があります。
うち1つは今年4月からです。
バイトではなく社員扱いになって、他所に派遣されていますが、社会保険がありません。
で、もう1つの会社には、昨年7月から行っていますが
「他所でも働いていて、そこの月収が10万を超えている場合、
源泉徴収はできない。で、確定申告を自分でしなくてはいけない」
と言われました。
ああいうのは金持ちがするもんだと思っていたので、それだけで驚きですが
もうひとつ心配事が。
私はいまだ主人の扶養家族になっています。
年収はおそらく9月くらいに扶養範囲を超えているはずですが、
丁度引越しの予定があり、違う市に移るので、
扶養をはずれて国保に入るのはその後でと、放っておいてしまいました。
で、引越し後役所の窓口で、国保に入るべきか聞いてみました。
それは役所ではなく社会保険事務所に行ってくださいとのこと。
もしこのまま入らなかったらあとで請求がくるのですか。と訪ねても
「とにかく入ってください」と言うばかりで、請求がくるとは言いませんでした。
(役場の人もよく解っていなかったような感じです)

で、心配事は
・確定申告というのは具体的にどのような事をするのか。
(会社からそれ用の書類を用意します。とは言われましたが・・・)
・国保に入らなくてはいけないのは解っているが、
 年収が超えた時点からさかのぼって請求されるのか。
・それはいつからで、収入の何パーセントくらい請求されるのか。

こういった税金の事は、「何よりも」と言えるくらい苦手で
名前など間違っている箇所もあるかもしれませんが、補足などありましたら要求ください。
(蛇足ですが、国民年金と国民保険の違いもよくわかりません・・・)
因みに主人の年収は400万くらいですが、それとも関係があるのでしょうか?
解りづらくてすみませんが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 確定申告は、1月から12月までの収入を合計して所得を確定し、各種控除をして所得税を確定します。

この申告によって所得税が確定しますので、すでに給料から収めている所得税があれば、確定した税額との過不足を清算します。申告には、2社からの給料を支払った明細書である源泉徴収票を証拠書類として添付し、医療保険や年金の支払額が控除されますので、それらの領収書も添付します。2月中旬から3月中旬にかけて、役所で受付をします。

 国保への加入の件ですが、国保は他の医療保険に加入できない人が加入する保険ですので、御主人の会社の保険事務担当者に奥さんの収入の件を相談し、扶養の認定が外れた日から国保に加入することになります。御主人の会社で加入している保険者が、いつまで扶養としてくれるかによります。

 国保税は、前年の所得によって計算されますので、年収が150万円程度でしたら年間で7~10万程度かと思います。市町村によって料・率が異なりますので、なんともいえません。国保税の計算には、御主人の所得と奥さんの所得を合わせて33万円以下であれば、国保税が割引になる制度がありますが、400万の年収でしたらその制度は適用になりませんので、関係はありません。

 年金には、国民年金と厚生年金があり、老後に年金として受給できる制度です。会社員は、厚生年金に加入し社会保険に加入します。自営業者などは、社会保険に加入できませんので、国民健康保険と国民年金に加入します。国民は、いずれかの医療保険に一生加入する法律になっていますし、年金は20歳から60歳まで国民年金に加入し、厚生年金は会社勤務の期間に加入し、医療保険同様にいずれかの年金に加入することになっています。
    • good
    • 0

まず、「源泉徴収が出来ない」と云った、のでは無く、「2ヶ所分の年末調整が出来ないから、自分で確定申告をしてください」と会社が云ったはずです。


このように、2ヶ所から給料をもらっている場合は、自分で確定申告をする必要があります。

確定申告とは、1月から12月までの収入に対する所得税を精算するための作業で、2ヶ所以上から給料をもらっている人や、高額所得者で年末調整が出来ない人が、対象となります。
確定申告の時期は、翌年の2月16日から3月15日までの間です。
場所は原則は税務署ですが、3月になると市役所でも税務署員等か派遣されて来て受付を行ないます。

確定申告は各々の会社が用意してくれる「源泉徴収票」を使って行ないますから、印鑑と「源泉徴収票」を持っていけば教えてもらえます。
この時に、医療費控除や生命保険料の控除をも受けるのでしたら、医療費の領収書や保険料控除の証明書を持参します。
ただ、混んでいる時期は待たされますから、ご自分で申告書の用紙をもらってきて、説明書を読めば記入も出来ます。

健康保険については、早速、ご主人の会社で、「収入が増えたから健康保険の扶養を外して欲しい」と云って、外れる手続をして貰い、その証明書を持って市役所に行って、ご自分で国民健康保険に加入の手続をします。
そうすれば、その時点からの保険料を支払うことになります。
保険料は、前年の所得で計算されます。

又、年金も、ご主人の会社で、3号被保険者として加入しているはずですから、市役所で国民健康保険の手続をするときに、一緒に年金の一号被保険者へ変更の手続をして、今後は、月額13300円の保険料を支払うことになります。

もう一つ、所得税の扶養(配偶者控除)も年間の収入が103万円を超えると、適用されなくなりますから、ご主人に会社で手続をして貰ってください。

>国民年金と国民保険の違いもよくわかりません・・・)
国民年金は、いわゆる老後の生活を支えるための年金制度で、20歳以上の国民が全員加入する「基礎年金」部分と、サラリーマンなどが加入する、「報酬比例年金」部分とがあります。
以前は、国民年金・厚生年金と別れていましたが、数年前の年金制度の改正で「国民年金」に統一されました。
「基礎年金」は、学生・自営業者・主婦などが加入し、以前は国民年金と云っていました。
「報酬比例年金」は、給料に応じて負担額も受給額も変わるもので、以前は厚生年金と云っていました。

国民保険とは、国民健康保険ことを云っているのでしょうか。
それなら、これは病気などの時に治療費などを給付する「医療保険」のことで、学生・自営業者・主婦などが加入します。
おなじ医療保険で、サラリーマンが加入するのが「健康保険」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみませんまとめてお礼させていただきます。
理解力の悪い私にこんなに詳しく教えていただいて、感謝しています。
頑張ってみます。ありがとうございました。
ポイントは先着順ということでご理解くださいませ。

お礼日時:2001/11/21 12:01

合計所得が130万円未満なら、まず、保険はご主人と一緒に出来ます。


個人ではいる必要はないです。
それを越えた場合は、自分で保険に加入することになります。

扶養が完全に外れるのは140万を越えたとき。

万一うそを付いて、越えてないとご主人の扶養の届けに記入しても、会社から申告されるので(norizowさんが働いているそれぞれの会社)ばれます。ほとんどの場合。

国民年金は老後にもらう年金。厚生年金と同じ考え。
国民保険は病気の時に病院で使う、国民健康保険、社会保険と同じ、保険証のことです。

私が聞いた限り、さかのぼって払ったと聞いていますが、実際そこまでしているかどうか・・不明です。

確定申告は、申告書があります。それに、源泉徴収にかかれていることを記入します。
保険や、医療費も一緒に控除できます。
http://www.jusnet.co.jp/kakutei/k-index.htm
ご参考まで
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qご注文の方を繰り返します・・・

ご注文を繰り返します、ではなくて、ご注文の方を繰り返します、という言い方・・・
皆さん、聞いたことがありませんか?
この言い方って、どんな印象を持ちますか?
この「方」って何?と思ってしまいます。

Aベストアンサー

はーい、よく耳にしますよー。ファミレスに限らず、最近は割りとまともそーなレストランでも、けっこーへーきで使ってたりしますねー。

どんな印象か?といわれると、んー、「バイトだなー」って感じですねー。正社員でその仕事に誇りを持ってる人、とゆー感じはしないですねー。「こうしろといわれたからしてますがなにか?」ぐらいの感じなのかなー、と。バイトの子に、それ以上を望むのは無理かー、と。

ただ、割とこの種のことには寛大なんですねー。あきらめ、ともちょっと違うかー。「お前が日本語変だからだろ」とかゆー突っ込みは、ちょっとあっちに置いといてー。

たとえば「こちらきつねうどんになります」ってゆー日本語ありますねー。あれも気持ち悪いなー、いーかげんにせーよ、と思ってたんですが、「問題な日本語」って本を読んでたら、あれは「(あなたの想像とは違うかも知れませんが、こちらが)きつねうどんになります」とゆーニュアンスをこめた表現ではないか、という指摘がされていて、なるほどー!と思ったんですよー。

つまりですねー、どんなへんてこりんな日本語であれ、それはおそらく「そうなるべくしてそうなった」とゆー理由があるはずなんですねー。それがろくでもない理由かどうかはともかく、おそらく「こういう理由でこういう表現が生まれたのか」ということがあったはずなんですよー。

そー考えると、案外とどんなにへんてこりんと感じる日本語でも、突き詰めれば「なるほど、そーゆーことかー!」とゆー新たな発見があるのかもなー、と思ったんですねー。なので、へんてこりんな日本語も、頭から「変!却下!以上」としないで、「これはなんでそーなったんだろー」と思うよーになってしまいましたー。そーすると、あんまり気にならないんですねー。意外と「あれ?こっちのほーが、表現としては便利かも?」と思うこともあったりしてねー。意外と「変な日本語」って、今の時代に便利にできてるのかもー? だからそーゆーのが生まれたんでしょーねー。

はーい、よく耳にしますよー。ファミレスに限らず、最近は割りとまともそーなレストランでも、けっこーへーきで使ってたりしますねー。

どんな印象か?といわれると、んー、「バイトだなー」って感じですねー。正社員でその仕事に誇りを持ってる人、とゆー感じはしないですねー。「こうしろといわれたからしてますがなにか?」ぐらいの感じなのかなー、と。バイトの子に、それ以上を望むのは無理かー、と。

ただ、割とこの種のことには寛大なんですねー。あきらめ、ともちょっと違うかー。「お前が日本語変...続きを読む

Q扶養控除の質問です。去年まではパート年収103万円以下で旦那の扶養になっていましたが、今年1月8

扶養控除の質問です。

去年まではパート年収103万円以下で旦那の扶養になっていましたが、今年1月8万円、2月12万円(見込み)で130万円も越えてしまう感じになってしまいました。
調整はできると思うので103万円以上130万円未満にすることは可能です。
そこで…
質問1→ 103万円以下から130万円未満での扶養控除に変わった場合の手続きなどは必要でしょうか?税金の支払いなど。
質問2→例えば収入が150万円になっても子供の学資保険(契約者は私で年額13万円×2人)の支払いなどを引いて130万円未満と出来るのでしょうか?
質問3→若干損した感があっても無理に調整せずに、扶養を抜けて国保と年金を支払った方が良いのでしょうか?(自治体によっても変わると思いますが月額いくらくらいになるでしょうか?140万円位として。)
長文、わかりづらくて申し訳ありませんがご回答お願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)であることが必要です。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

>質問1→103万円以下から130万円未満での扶養控除に変わった場合の手続きなどは必要でしょうか?
もちろんです。
ご主人が今年の年末調整の際、会社から「平成27年分」の「扶養控除等申告書」をもらい、「控除対象配偶者」の欄に記入してある貴方の名前を削除します。
そして、「保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書」の「配偶者特別控除申告書」に貴方の氏名や所得を記入し提出します。

>質問2→例えば収入が150万円になっても子供の学資保険(契約者は私で年額13万円×2人)の支払いなどを引いて130万円未満と出来るのでしょうか?
それは、健康保険の扶養ですね。
いいえ。
前に書いたとおりです。
なお、貴方の会社の従業員が500人を超えるなら、今年の10月からは年収106万円(月収88000円)以上なら、ご主人の扶養からはずれ社会保険に加入しなくてはいけなくなります。

>質問3→若干損した感があっても無理に調整せずに、扶養を抜けて国保と年金を支払った方が良いのでしょうか?(自治体によっても変わると思いますが月額いくらくらいになるでしょうか?140万円位として。)
いいえ。
140万円なら損です。
130万円未満に抑えるべきです。
通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。
国保の保険料は市によって大きく違うこともあるので何とも言えません。

なお、国保に加入ではなく、社会保険に加入したほうが得でしょう。
1日の労働時間や1か月の労働日数が正社員のおおむね3/4以上あれば、会社は貴方を社会保険に加入させる義務があります。

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)であることが必要です。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」...続きを読む

Qアニメご注文はうさぎですかは2期までですか?それともまだ、ありますか?

アニメご注文はうさぎですかは2期までですか?それともまだ、ありますか?

Aベストアンサー

うわさでは・・・
ご注文はうさぎですか?3期製作決定!
2017年秋より放送開始予定

だそうです。

Q今年からパート勤務をしていますが、年収が103万を超えました。

今年からパート勤務をしていますが、年収が103万を超えました。
所得税はいつ・どこに支払えばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

#3です。再び失礼いたします。

ああああああああ、ちょっと矛盾したような内容を書くことになります(汗)
質問者さんの場合、確定申告した方がいいと思います。
ただし、元の質問の「所得税は、いつ、どこに支払えばいいのでしょうか?」については、「所得税の負担は無いので、払う必要は無い」に変わりはありません。

と言うのは。
質問者さんが、年末調整をされていない状態で、収入が104万円で、源泉徴収はされていないんですよね。
生命保険控除を含めて年末調整され、さらに他に控除ネタがあれば、何もする必要はないです。控除ネタを申告したところで、税金を払うことにはなりませんから。もし源泉徴収票の上では所得税を払っていて、まだ控除ネタがあるから、税金が還付される!って場合も、それは還付申告する権利はありますが、義務ではありません。

でも、質問者さんの場合、いくら生命保険控除があるとは言っても、税務署側はそのことを知らないので、「給与収入104万円=給与所得39万円=課税対象額1万円」と認識する段階で止まっています。
生命保険控除証明書を、税金の計算に入れてもらわなければいけません。しつこいようですが、自己申告制度のため、会社の給与担当者なり、税務署なりに、自分で提出する必要があるんです。

生命保険の保険料は、全額が控除金額になるわけじゃないので、控除証明書の金額を確認してみてください。10万円以上の支払なら、1万円くらいの控除は出来ると思いますが。

#3です。再び失礼いたします。

ああああああああ、ちょっと矛盾したような内容を書くことになります(汗)
質問者さんの場合、確定申告した方がいいと思います。
ただし、元の質問の「所得税は、いつ、どこに支払えばいいのでしょうか?」については、「所得税の負担は無いので、払う必要は無い」に変わりはありません。

と言うのは。
質問者さんが、年末調整をされていない状態で、収入が104万円で、源泉徴収はされていないんですよね。
生命保険控除を含めて年末調整され、さらに他に控除ネタが...続きを読む

Q消費税代金引換でのご注文が3月で到着が4月1日以降

消費税増税の件で教えて下さい。
代金引換でのご注文が3月で到着が4月1日以降の場合は何パーセントでしょうか
注文は3月で支払うのが4月になるのですが‥‥
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

売買契約が成立した時点での税率になりますので、5%とするのが基本です。

ただ、具体的な取扱いは業者により異なり、注文受付時点を以て売買成立とする事業者と、宅配業者引き渡し時点を以て売買成立とする事業者があります。これにより扱いも変わってきます。

中には、発送にかかる日数を見込んで27日頃で切ってしまい、以降の受付を8%で扱う例もあります。

このため、質問者のケースがどうなるかは、あらかじめ販売事業者のホームページ等で確認するひつようがあります。

Q学生で年収130万を超える

同じような質問がたくさんあるのですが、なかなか理解ができません。
申し訳ないのですが教えてください。
現在学生でバイトをしていて、6月分までで年収は80万円でした。
このままだと間違いなく130万を超えます。
バイトしてる会社で調整しながら働いたほうがいいんじゃない?と言われました。
超えた場合、払わなきゃいけないものとその額を教えていただきたいです。
あと扶養から外れた場合に親にかかる負担のほうも教えてください。

Aベストアンサー

補足有難う御座います。
内容変更しました。

1.扶養者(親)の所得税
 年の所得が103万を超えると親の税金が上がります。税金なので親の収入次第です。貴方一人分の扶養控除額は38万円*親の税率です。
後、会社から扶養者補助が出ている場合があります。うちの会社なら扶養者補助月額1.2万円+税金2万円程度なので年額16万位収入が減ります。

2.健康保険の加入先
 月の所得が概ね11万を超える(後述)と自分で健康保険に入らないといけなくなります。
 現在越えているのに親の扶養に入っているということは大変問題になります。すぐに親の保険者に扶養者異動届を出し、自身の加入に切り替えましょう。
 遡って異動届を出した期間に(貴方が)保険を利用していたら大問題になりますのでご注意を。
(保険者=国保なら自治体、社保なら組合または社会保険庁)
 また、正社員相当の勤務(正社員の3/4)を行っている場合、社会保険に強制適用されます。この場合は給与天引き(記載は健康保険)されます。
金額は月収13万で5500円くらいです。

3.年金の加入先
 国民年金に強制加入ですが学生特例を利用していますね。注意が必要なのは支払期限を10年延ばすと共に、被保険者期間として認定するだけです。国庫からの支出が無いので合算対象期間(通称カラ期間)と同等です。将来の年金額は追納しない限り加算0です。追納が2年を超える場合は加算金が余計に掛かるので払えるときに払うのが得策でしょう。こちらも健康保険と同様に正社員相当の勤務を行っている場合、厚生年金に強制適用(ランクup)され、給与天引き(記載は社会保険)となります。
月収13万(80万/6ヶ月)なら9300円です。9300円の掛け金で国民年金を支払った事+厚生年金分の上乗せをもらえます。免除してもらってる場合ではないのがおわかりですね?月収(標準報酬月額)が違う場合、参考リンクを見てください。

4.自身の所得税
 勤労学生控除があるので130万を超えた場合に所得税は発生します。既に給与明細状には所得税が計算されてませんか?所得税が計算されていて年結果が130万以内なら来年の確定申告で税金が戻ってきます。逆に引かれていなくて源泉徴収もされなかった場合、確定申告で税金を納める必要があります。


補足で必要なこと
1.親の保険の種類=年金の種類
2.貴方のお勤め先の規模(正社員相当5人以上か?)
2.貴方の勤務実態(正社員相当かどうか)
3.給与明細上に所得税が計算されているか?

御質問者の場合、
・税金の扶養から抜けることは確実です。
・収入が多く月収が108千円を超えているので健康保険の扶養からも外れています。
・貴方が厚生年金被保険者権利を有す場合(*1)、厚生年金、社会保険の加入権利があります。上記計算の様に低所得は言うまでもなく高所得の方も満遍なく良い制度となっています。

*1:厚生年金適用事業所(*2)に雇用される社員もしくは社員の3/4相当の日数、時間で雇用される者
*2:個人事業主で且つ5人以上の従業員(*3)を雇用する事業所もしくは法人事業所
*3:正社員の3/4時間&3/4日以上働くもの

参考URL:http://www.sia.go.jp/seido/iryo/ryogakuhyo.xls

補足有難う御座います。
内容変更しました。

1.扶養者(親)の所得税
 年の所得が103万を超えると親の税金が上がります。税金なので親の収入次第です。貴方一人分の扶養控除額は38万円*親の税率です。
後、会社から扶養者補助が出ている場合があります。うちの会社なら扶養者補助月額1.2万円+税金2万円程度なので年額16万位収入が減ります。

2.健康保険の加入先
 月の所得が概ね11万を超える(後述)と自分で健康保険に入らないといけなくなります。
 現在越えているのに親の扶養に入っ...続きを読む

Q居酒屋で働いてるのですが、最近飲み放題を導入して何名様かご注文いただき粗利率が、大体65~75%ぐら

居酒屋で働いてるのですが、最近飲み放題を導入して何名様かご注文いただき粗利率が、大体65~75%ぐらいです。この数値って少ないですか?そんなものなんでしょうか?
ぜひ飲食店の経営者さまや従業員さん、経営コンサルの立場からご意見お聞かせ下さい。
ルールと致しましては、90分で1680円(税込)。
30分前にラストオーダー。
延長料金は1時間550円
2名様からご注文OKです。
少人数で来店される方が多いので、2か3人が平均人数です。

Aベストアンサー

原価率30%以下なら望ましい経営が成り立つのが、大体の飲食業。
粗利率70%以上

65~75%の粗利率なら望ましい。

人件費が大きな割合を占める業種(IT、派遣業)なんかでは、粗利率20%以上でも難しい。

Q年収が103万を超えた時の年末調整について

初歩的な質問で申し訳ありませんが教えていただけますか?
ネットでいろいろ調べているうちによくわからなくなってしまいました。

夫の扶養内でパートをしています。

昨年まで年収は103万円以内だったので、パート先で提出する年末調整には特に記載することはなく提出していました。
しかし、今年の年収はおそらく120万になる予定です。

今年1年間の毎月の収入は10万を超えることはなく9万~98000円でした。
所得税も住民税も引かれたことはなかったですが何故引かれなかったのかも知りたいです。

質問ですが、

(1)年末調整後に1月の給料にて今年の税金が徴収されるのでしょうか?

(2)それとも来年の給与から今年の年収に対しての税金が引かれ、来年末に年末調整をするということでしょうか?

もし、(1)の場合であれば、今年の年末調整に私が払っている生命保険の控除申告をする必要があるのではないかと思っています。

主人の会社の年末調整には配偶者控除ではなく配偶者特別控除として申告しました。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>所得税も住民税も引かれたことはなかったですが何故引かれなかったのかも知りたいです。
その月収で所得税が引かれないのはおかしいですね。
雇用契約の条件がどうであれ、扶養親族がいない場合88000円(正確には雇用保険料を引かれていれば、その保険料を引いた額)越えれば、会社は源泉徴収票しなくてはいけません。
残業だからとかは関係ありません。
会社のミスなのか、あえて源泉徴収していないのかはわかりません。
会社で確認されることをおすすめします。
なお、障害者だとその額は119000円になります。

住民税は前年の所得に対して6月から翌年5月課税ですので、来年度課税です。
なお、所得税と違いパートだと給料からの天引きではなく、役所からの納付書により自分で納めるという会社も多いです。

>(1)年末調整後に1月の給料にて今年の税金が徴収されるのでしょうか?
通常、12月の給料で精算されますが、会社によっては1月の給料ということもありますね。

>(2)それとも来年の給与から今年の年収に対しての税金が引かれ、来年末に年末調整をするということでしょうか?
いいえ。
前に書いたとおりです。

>(1)の場合であれば、今年の年末調整に私が払っている生命保険の控除申告をする必要があるのではないかと思っています
そうですね。
「保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書」に記入して提出したほうがいいです。

>主人の会社の年末調整には配偶者控除ではなく配偶者特別控除として申告しました
それでいいです。

>所得税も住民税も引かれたことはなかったですが何故引かれなかったのかも知りたいです。
その月収で所得税が引かれないのはおかしいですね。
雇用契約の条件がどうであれ、扶養親族がいない場合88000円(正確には雇用保険料を引かれていれば、その保険料を引いた額)越えれば、会社は源泉徴収票しなくてはいけません。
残業だからとかは関係ありません。
会社のミスなのか、あえて源泉徴収していないのかはわかりません。
会社で確認されることをおすすめします。
なお、障害者だとその額は119000円...続きを読む

Q普通、一ご注文につき送料・代引き手数料として・・・といと??

●一ご注文につき送料・代引き手数料として全国一律735円を頂戴いたします。

・・・というと、1回の注文でいくつ買っても735円?
それとも、買った商品の数につき735円がかかるということですか??
例えば2つ買ったら735円×2・・・?

いまいち読解できません。
よろしくお願い致します。
ちなみに自分は後者と思ったのですが・・・・><

Aベストアンサー

この場合は前者でしょう。
「一ご注文」というのは「1回のご注文」という意味で、
一回の注文の中には5つの商品があってもよく、
hana0521さんが考えた後者の場合には
「一商品につき」というふうにかかれると思います。

いくつか欲しい商品があるのなら、一度に頼んでしまえば
送料は735円で済む、ということになると思います。

いいお買い物を!

Q子の年収が103万を超えた場合、親の所得税について

21歳の大学生です。
今年の年間所得が103万を超えて、105万円になってしまいました。
103万~130万の所得なら、親の所得税は増えるけれど、自分の給料に所得税は係らないということ、
また親の年収が仮に1000万円だとした場合は、最低控除額の63万×20%=12.6万円が親の負担として増えるということもわかります。
しかし、この場合の12万円(増額分)は月々払っていくものか、年間12万円であるのかがわかりません。

ほかにも会社規定の扶養手当てが外されるということも知ったのですが、
この扶養手当とは大体平均して年間いくらほどなのでしょうか?
父の会社のホームページにあるかと思って調べてみたのですが、載ってませんでした。
契約書のようなものに書いてあるのでしょうか。

親の負担になる分は自分の責任なので、自分で払いたいと思うのですが学生バイトの身でも払える額か否かも教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>63万×20%=12.6万円が親の負担として増えるということも…

今年に限っていえば、定率減税 20%があります。
10万 800円となります。

>この場合の12万円(増額分)は月々払っていくものか…

年額です。
年末調整に反映されますので、12月に支給される給料が例年より約 10万円少なくなります。

>扶養手当とは大体平均して年間いくらほどなのでしょうか…

それは、それぞれの会社によって違います。

>契約書のようなものに書いてあるのでしょうか…

給与に関する規程には載っているでしょう。

>親の負担になる分は自分の責任なので…

そんな他人じみたことは言わないでおきましょう。
きっとお父様も、
「しょうがないヤツだなあー」
と舌打ちするだけで、矛を収めてしまいますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報