人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

株や競馬などの一時所得で儲けると、所得税や住民税に課税されますが、そうするとサラリーマンの人は会社に給料以外の収入がバレてしまうのでしょうか?
個人株式をやっている人はかなり多いと思いますが、そのへんは皆さんはどう対処されているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

既に他の方がお書きになられている通りですが、具体的に書いてみます。



住民税を普通徴収にすれば、という部分ですが、住民税については、給与所得以外の所得の分については、所得税の確定申告書第二表の下の方の「住民税に関する事項」の中の「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」という欄で、「自分で納付(普通徴収)」にチェックを入れれば、住民税の内、給与分については会社で天引きになったとしても、一時所得分については、ご自宅に納付書が届きますので、住民税から会社にばれる心配はない事となります。

給与について年末に在職していれば、年末調整されると思いますが、それは普通通りで問題ありません。
いずれにしても確定申告はされるのでしょうから、その際に上記の通りの処理をすれば良い事となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的なご説明ありがとうございます。
現在おこなっている確定申告と変わらないですね。

お礼日時:2005/11/18 04:06

株式投資の場合、「特定口座・源泉徴収あり」で取引すると、利益が出たとき税金10%(所得税7%、住民税3%)を徴収されますが、確定申告不要です。


従って、会社にバレることがありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確定申告をしなければバレないのですね。
で、競馬だけがバレるのですね・・・。

お礼日時:2005/11/18 04:08

1の回答の方と同様確定申告の際、住民税を普通徴収にすれば問題はありません。

なお、株式の場合は、分離課税が選択できるので、かなりの方はそちらを選択しています。やり方は、株式を扱う証券会社の担当者が知っているはずです。知らないと云えば、その担当者は不勉強です。別の証券会社に変えちゃいましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

株式は大丈夫なのですね。私の会社でも株をやっている正社員の方がたくさんいるので大丈夫だと思います。
ただ、競馬も1年に100万~200万ほどの利益が出るので、一時所得として申告しておりました。

私は現在は契約社員なので会社とは契約料以外の拘束は一切ないので自分で確定申告しておりますが、来年に正社員になったときにどうしたらいいのかわかりません・・・。

お礼日時:2005/11/16 01:37

自分で確定申告して、住民税を普通徴収にすればよいのだと思いますが。



忘れたころに、市役所から振込用紙送ってきます。

参考URL:http://allabout.co.jp/finance/tax/closeup/CU2005 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。収入が増えると、そのほかにも社会保険や所得税なども変わってしまいます。
天引きされるので計算が合わなくなると思うのですが・・・。

ちなみに私は現在は契約社員のため、会社からは契約料しか支払われておりません。なので自分で確定申告を毎年やっている状況です。
しかし来年に正社員に登用してもらおうと思うのですが、数と競馬の儲け分が会社にわかってしまうのか不安なのです。

お礼日時:2005/11/16 01:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一時所得はいくらまで申告不要か?

いわゆる「競馬必勝男」の脱税裁判で、2月8日付日刊スポーツでは

競馬等公営ギャンブルの払い戻しは、税法上の「一時所得」にあたるとされます。
配当から当たり馬券の購入金額のみを差し引いた金額が
“年間90万円以上”
となった場合は、確定申告して納税しなければなりません。

と報じている。
以前“年間20万円以上”は申告必要と聞いた事がある。
申告不要の本当の上限はいくらなのだろうか?

Aベストアンサー

>配当から当たり馬券の購入金額のみを差し引いた金額が…
>“年間90万円以上”…

その新聞は不正確です。
というか、単純に年間90万円以上と決めつけることは間違っています。

{ [配当] - [当たり馬券の購入金額] } - 50万 = [一時所得]
で、これを確定申告をなければならないかどうかは、その人が給与など他の所得があるのかどうかにより異なってきます。

確定申告しなければならない場合は、上の式で求めた数字をさらに 2で割ります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

>以前“年間20万円以上”は申告必要と聞いた…

20万以下申告無用というのは、本業がサラリーマンで、年末調整を受け、かつ、医療費控除その他の要因による確定申告の必要性も一切ない場合限定の話です。
これに合致するなら、「 [一時所得]÷2」が 20万以下ならたしかに申告しなくてかまいません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

競馬以外に無職無収入なら、20万ではなく、少なくとも 38万円以上にならない限り、申告の必要はありません。

税金について詳しくは国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>配当から当たり馬券の購入金額のみを差し引いた金額が…
>“年間90万円以上”…

その新聞は不正確です。
というか、単純に年間90万円以上と決めつけることは間違っています。

{ [配当] - [当たり馬券の購入金額] } - 50万 = [一時所得]
で、これを確定申告をなければならないかどうかは、その人が給与など他の所得があるのかどうかにより異なってきます。

確定申告しなければならない場合は、上の式で求めた数字をさらに 2で割ります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

>以前“年間20万円以上...続きを読む

Q一時所得金の税金はいくら?

この7月より就職しました。
8月に、400万円の一時所得が入りますが、いつ、どのように税金の申告をしたらいいのでしょうか?
また、支払う税金はいくらくらいになるのでしょうか?
ちなみに、月額給与は、月税込み30万程度となります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

◇一時所得の課税標準
・所得税法の「一時所得」に当たるのでしたら,「課税標準」は,

 総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額

となります。

・不謹慎な例かもしれませんが,分かりやすい例で,競馬で万馬券が当たったとしますと…

 馬券代 100円
 払戻金 100万円 の場合

 100万円-100円-50万円=49万9,900円
について所得税が課税されます。

◇総合課税
・給与所得と一時所得(源泉分離課税されるものは除きます。)は総合課税されますから,合算して確定申告することになります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2220.htm

◇サラリーマンで確定申告が必要な方
・サラリーマンで,主たる給与所得以外に20万円以上の収入がある場合は,確定申告が必要です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

◇所得税
・所得税は「課税標準」に応じて税率が違います。その方にどのような控除があるかによって,「課税標準」が変わりますので,それが分からないと正確な税率がわかりません。
 一応税率は,下記のサイトのとおりです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

-----------------
 以上から,ご質問についてですが,

>8月に、400万円の一時所得が入りますが、いつ、どのように税金の申告をしたらいいのでしょうか?

・来年の確定申告時期に,確定申告をしてください。
 なお,源泉分離課税される一時所得でしたら,すでに納税していますので申告の必要はないです。

>また、支払う税金はいくらくらいになるのでしょうか?
ちなみに、月額給与は、月税込み30万程度となります。

・賞与の有無が分かりませんので,以下,それは省略して年収で360万円としてシュミレーションして見ます。

-----------------------
 給与所得については,
 360万円-給与所得控除65万円-基礎控除38万円-その他控除(?)=課税標準…(a)

 一時所得については,
 400万円-収入を得るために支出した金額-50万円=課税標準…(b)

 合計して,
 [(a)+(b)-控除額]×税率=所得税

となります。
 税率は「20%」ぐらいでしょうか,多分…
--------------------------

 こんにちは。

◇一時所得の課税標準
・所得税法の「一時所得」に当たるのでしたら,「課税標準」は,

 総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額

となります。

・不謹慎な例かもしれませんが,分かりやすい例で,競馬で万馬券が当たったとしますと…

 馬券代 100円
 払戻金 100万円 の場合

 100万円-100円-50万円=49万9,900円
について所得税が課税されます。

◇総合課税
・給与所得と一時所得(源泉分離課税されるものは除きます。)は総...続きを読む

Q今年度一時所得に対する来年度の所得税、住民税額について

今年会社の退職金制度が変わり、今までに積み立てた
金額を一時所得として受け取る予定です。
一時所得金としては1166万円です。
この金額は来年確定申告を行う予定ですが
心配なのは来年度の所得税と住民税です。
今の年収約950万円+1166万円が給与所得とみなされ課税されるでしょうか?
もし増税される場合にどの程度の金額になるのでしょうか?
私には妻と小学生の子どもが2人います。
宜しくお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

所得控除の金額が不明のため、税額はかなり概算になります。
来年度の所得税、住民税とありますが、所得税は当年分を確定
申告時に一時納付、住民税は6月より翌年5月までの分割納付
(特別徴収:一般の給与所得者の場合)となります。

給与所得
950万×90%-120万=735万円
一時所得
1160万-50万=1110万円(ここでは1/2しない)
総所得金額
735万+(1110万×1/2)=1290万円

以下は長くなるので中略します。
ご希望であれば、記載しますが。
なお、定率減税はまだあります。
社会保険料控除を100万円程と仮定した場合には、
一時所得分として所得税で120~130万円程、住民
税として70~80万円程、課税されるのでは。
この一時所得に対して源泉をいくら引かれるのか不明
のため、確定申告時の納税額は分かりません。
住民税は月6,7万程、多く課税されるのでは。

Q競馬にかかる税金と時効について

宝くじは無税ですが、
競馬で得た配当金は税金はかかるのでしょうか?
もしかかるとした場合、時効とかはあるのでしょうか?
また競馬で得たお金から税金を払っている人なんているのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんばんは。

◇一時所得

・競馬の払戻金は,所得の区分で言いますと「一時所得」に当ります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

・「一時所得」にも課税されるものと非課税のものがあります。
(課税となるもの)
・懸賞の賞金品,福引の当選金品
・競馬の馬券の払戻金,競輪の車券の払戻金等
・借家人が受ける立退き料   など
(非課税のもの)
・宝くじの当選金
・学資に充てるための費用や扶養義務者相互間における扶養費
・ノーベル賞の賞金,学術奨励金等  など

◇「一時所得」の計算方法
 
・競馬の払戻金のように「一時所得」に該当した場合どのように課税されるのかを説明しますと…

 一時所得の金額=(総収入金額-その収入を得るために支出した金額-特別控除50万円)×1/2

 つまり,特別控除50万円があるため,50万円以上の儲けがある場合に課税されることとなります。ただし,ハズレ馬券は必要経費とは認めてはくれないので注意してください。

・例えば,1万円で馬券を買って81万円の払い戻しがあったとしますと。
{(81万円-1万円←当たり馬券代)-50万円}×1/2=15万円が一時所得の金額となり,税率20%とすると納税額が3万円となります。
 同じレースで,別の馬券を買って5万円負けていたら,この5万円もなんとなく必要経費に入れてくれてもいいような気がするところですが,先述したようにハズレ馬券は必要経費には算入できないこととなっています。何となく,損したような気もしますね。
一時所得は,その収入と直接関係のある支出しか控除できない上に,株式売買のような一年間の損益通算もありませんから,特別控除も年間で50万円あるのみで,儲かったら税金払いましょう,損したら我慢しましょう,という仕組になっているんですね。

◇申告納税

・ここで,重要なことは競馬の払戻金を受け取るとき,源泉徴収(所得税の天引き)がされていないことです。

・わが国では,所得税は納税者が自ら税金を計算して申告する「申告納税方式」が採用されており,あくまでも納税者の自主申告をもとに課税しています。果たして,どれだけの人が申告するかは別問題としてその内容を確認するために,税務署の調査というものが存在しています。
-------------------------------

>宝くじは無税ですが,競馬で得た配当金は税金はかかるのでしょうか?

・両方とも「一時所得」ですが,宝くじは非課税で,配当金(払戻金)は課税されます。

>もしかかるとした場合,時効とかはあるのでしょうか?

・「一時所得」に直接課税されるのは,所得税ですが,所得税にも時効があります。
 具体的には,国(税務署)が,5年間課税権を行使しないと時効となります。ただし,悪質で脱税とみなされた場合は7年間です。

>また競馬で得たお金から税金を払っている人なんているのでしょうか?

・そもそも,課税されるものと思われている方は少ないように思います。

・ただし,上記のとおり,どれだけの方が申告するかは別として,税務調査があります。勿論,全員が税務調査の対象にはなりません。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

 こんばんは。

◇一時所得

・競馬の払戻金は,所得の区分で言いますと「一時所得」に当ります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

・「一時所得」にも課税されるものと非課税のものがあります。
(課税となるもの)
・懸賞の賞金品,福引の当選金品
・競馬の馬券の払戻金,競輪の車券の払戻金等
・借家人が受ける立退き料   など
(非課税のもの)
・宝くじの当選金
・学資に充てるための費用や扶養義務者相互間における扶養費
・ノーベル賞の賞金,学術奨励金等  など

◇...続きを読む

Q競馬での一時所得付いて教えてください。

どなたか教えてください。
私は馬券購入はPCで行ってます。まだ一度も高額馬券当てた事は
ありませんが、(当ててみたい!)たとえば1000万円以上当てた場合口座名とか解ってますよね。税金(一時所得税?)税務署から支払うよう手紙等くるのですか?知らん顔してるとどうなるのですか?
どなたか1000万円以上PC購入で当てた方いらしたら教えてください。おまけに買い目なんかも教えてくださちゃったりして下さると大変嬉しいのですが・・・

Aベストアンサー

馬券の配当は一時所得として課税されます。
下記のサイトを見てください。

http://homepage2.nifty.com/akahori/new_page_101.htm

>税金(一時所得税?)税務署から支払うよう手紙等くるのですか?知らん顔してるとどうなるのですか?

PATの口座の入金記録と残高は個人情報です、例えば本物の税務署員が身分証明書を持って銀行へ行って見せろといっても見せません、警察でも見せません。
もしそんなに簡単に税務署や警察に銀行が個人情報を明かしたことが公になったら大問題です、マスコミの総攻撃を受けるし、お詫びの記者会見で謝り続けなければならないし、頭取のクビが飛ぶこともあるかもしれません。
その銀行は雪印や不二家並みにダメージを受けるでしょうね。
ではそれを見るためにはどうするかというと、裁判所命令を取ることです、裁判所命令を取れば銀行も見せると思いますよ。
では裁判所命令をとればいいだけの話じゃないかと思うでしょうが、この裁判所命令はそう簡単には取れません、役場で住民票を取るのとは訳が違います。
似たようなものに警察の捜査令状があります。
テレビで違法風俗店のガサ入れなどをよくやりますが、あれも何ヶ月も内偵をしているのです。
そして色々な事実を積み上げて、やっと裁判官が令状を発行するのです。
ですからPATも同じようやるとするとある特定の人物を何ヶ月もマークして、その人物の友人や会社の同僚あるいはよく飲みに行くバーのママとか色々な周りの人間から証言を集めて、確かにこの人物は競馬で大金を当てたという状況証拠をそろえなければ、裁判所命令は出ません。
PATの会員は何十万いるかわかりませんが、そんなこと一々やっていたら日本人全員が税務署員になっても足りません。
ですから厳密に言えば脱税ですが、現実にはそれを税務署が摘発するなどということは不可能です。
ただ一般人でも高配当を当てたということでにマスコミに出てしまうと、当然ピンポイントで税務署にマークされるということはあると思いますよ。
昔はよく大穴で大金を取ると一般の人でもスポーツ新聞に名前入りで出たけど、今は若いフリーターとか中年の男としか書かれない。
あれはみんな税金対策、名前がわかればピンポイントで税務署に捕捉されるからです。
名前もわかって自ら大金を手にしたといっているのだから、調べやすいわけです。
税務署もそういうやつを狙えば競馬の収入も脱税になるという抑止効果のいい宣伝になりますから。
ですから以前大穴で大金を手にした人が税務署から申告修正を受けた話が週刊誌に載ってちょっと話題になりましたよ(でも上記のように今は名前を出さないからこれも起こらない)。
でもあれは大穴で大金を手にしたから週刊誌も取り挙げて宣伝効果があるわけで、一般のPAT会員を捕まえても週刊誌は洟も引っ掛けないから、労多くして宣伝効果も薄いので、税務署もやりません。
他に本業で脱税をやっていれば、その線で手入れを受ければ全ての口座がチェック対象になりますから、PATの口座もチェックされます。
そのときに高額配当を受け取ったことがバレれば、行きがけの駄賃でその分も追徴課税されることもあります。
つまり一般の人が通常に高額配当を当てても、税務署に補足されることはありません、税務署はそれほど時間も人もないということです。
また爆笑問題の田中などの芸能人ですと税務署としても絶好のマスコミへのアピールの為の宣伝材料になりますからきちんと捕捉しますよ。
例えば麻薬事件などでタレントが捕まるのは、警察としてはマスコミへのアピールの為の絶好の宣伝材料になるからです、まあそれと発想は似てますね。
また爆笑問題の田中の場合はこれを公表したのは、恐らく百万ぐらい税金を取られてもこれが話題になって色々な番組からお呼びが掛かればすぐに元は取れるという副次的効果の計算があると思いますよ。
芸能人は転んでもタダは起きませんから。

馬券の配当は一時所得として課税されます。
下記のサイトを見てください。

http://homepage2.nifty.com/akahori/new_page_101.htm

>税金(一時所得税?)税務署から支払うよう手紙等くるのですか?知らん顔してるとどうなるのですか?

PATの口座の入金記録と残高は個人情報です、例えば本物の税務署員が身分証明書を持って銀行へ行って見せろといっても見せません、警察でも見せません。
もしそんなに簡単に税務署や警察に銀行が個人情報を明かしたことが公になったら大問題です、マスコミの総攻撃...続きを読む

Q給与所得以外の一時所得がある場合の年末調整と定率減税

当方は、サラリーマンですが、今年勤務先で企業年金制度を廃止したために、年金の解約返戻金が一時所得として約200万円支給されました。勤務先ならびに幹事生命保険会社の説明では、退職所得ではないので、一時所得として確定申告をする必要があるとのことです。
その場合、給与所得は年末調整で申告し、解約返戻金のみ確定申告すべきなのか、年末調整は行なわずに、給与所得と解約返戻金の合計額で確定申告をすべきなのでしょうか。
定率減税を受けられるかどうかについても教えてください。
ちなみに年収は約450万円です。

Aベストアンサー

勤務先で年末調整を行ないますから、年末調整後の「源泉徴収票」を添付して、翌年の2が16日から3月15日の間に税務署で、給与所得と解約返戻金の合計額で確定申告をすることになります。
又、この期間中は市役所でも確定申告を受け付けていますから、税務署が遠い場合は市役所でも申告できます。

定率減税については、その各年分の所得税額からその所得税額の20%相当額(最高25万円)を控除するもので、適用を受けられます。

参考URL:http://www2p.biglobe.ne.jp/~aozora/syotoku.html

Qギャンブルで得た利益の税金は?

競馬などで得た利益の税金はどうなるのでしょうか?
かりに電話投票用の口座に払戻金が増えていったとしたら、
税務署などから目をつけられますか?
ご教示よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

他の方のお答えどおり、申告義務はあります。
一時所得となります。
(収入金額-必要経費-50万円)×1/2
で申告しますが、必要経費は的中した馬券の購入額しか認められません。

つまり、1千円の5点買い計5千円購入し、5倍的中で払戻し5千円の場合、普通はプラマイ0ですが、税法では4千円の利益となります。

おかしな話ですが、赤字の人・プラマイ0の人でも、税法どおりに計算すると黒字になり申告義務が発生する人もでてきます。

電話投票・窓口にかかわらず、1度に100万円以上の払戻しがあると、支払調書というものが税務署にいきます。それには支払額・住所・氏名が書かれているので、高額払戻しの人は、税務署に把握されており、申告しないと税務署から呼び出しされます。

Q一時所得の住民税について教えて頂きたいです

195万円以下の給与所得者で、去年一時所得約80万円でした。
税務署には電話してたずねたら、一時所得にあたるため、80万円なら控除率を計算すると税金はかからないと回答されたので確定申告にいきませんでしたが、

今年20万円以下の雑所得と一時所得の住民税申告について市役所に質問したら33万円までは控除されますが申告義務は免除されないとの回答でした。

去年は住民税が給与から引かれていると思っており、一時所得申告には行きませんでしたが、今からでも申告しないと一時所得80万円の無申告加算税が発生し続けるのでしょうか?

Aベストアンサー

「質問サイトではなく直接問い合わせるしかないでしょうか?」
それが良いと思います。

質問サイトって限界がありますよね。
「わからないことが、わからない」状態で、変に専門用語を使っていれば「この人はどの程度の専門用語を使っていいのだろうか?」という探りを入れながらの回答になります。
非常に効率が悪いです。
例えば、微積分だ因数分解だの質問があれば、誰でも九九はマスターしてると思うのが当たりまえなのですが、話を進めるうちに「あのう、4×8はいくつでしょうか」と聞かれたら「おいおい、今更そんなこと言い出すような質問内容じゃないぞ」となります。
前回、ご質問者に大変失礼なことを申し上げたのは、この点です。

お疲れ様でした。

Q競馬、競輪等の税金について

最近インターネット投票で競馬、競輪を買っています。ここの質問で
全て見てはいないのですが配当金-購入金額=50万円以上の払い戻しに対して税金が掛るのを知りました。そこで質問ですけど、

1 1レースで50万円以上の配当が当たった。
2 少しずつ当てて年間50万円以上当たった。

1は払わなければいけないとわかったのですが

2の今日は1万円。次に3万円。っていう風に当たっていって年間トータル50万円以上の払い戻しがあったらやっぱり税金を払わなければいけないのですか?

そして、もしネット投票で50万円以上勝ったとして知らんフリしてたら税務署から申告の通知が来るのですか?

そこら辺がよく分からなかったので(質問内容も分かりにくいと思いますけど)良ければ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは。

◇一時所得

・競馬の払戻金は,所得の区分で言いますと「一時所得」に当ります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

・「一時所得」にも課税されるものと非課税のものがあります。
(課税となるもの)
・懸賞の賞金品,福引の当選金品
・競馬の馬券の払戻金,競輪の車券の払戻金等
・借家人が受ける立退き料   など
(非課税のもの)
・宝くじの当選金
・学資に充てるための費用や扶養義務者相互間における扶養費
・ノーベル賞の賞金,学術奨励金等  など

◇「一時所得」の計算方法
 
・競馬の払戻金のように「一時所得」に該当した場合どのように課税されるのかを説明しますと…

 一時所得の金額=(総収入金額-その収入を得るために支出した金額-特別控除50万円)×1/2

 つまり,特別控除50万円があるため,50万円以上の儲けがある場合に課税されることとなります。ただし,ハズレ馬券は必要経費とは認めてはくれないので注意してください。

・例えば,1万円で馬券を買って81万円の払い戻しがあったとしますと。
{(81万円-1万円←当たり馬券代)-50万円}×1/2=15万円が一時所得の金額となり,税率20%とすると納税額が3万円となります。
 同じレースで,別の馬券を買って5万円負けていたら,この5万円もなんとなく必要経費に入れてくれてもいいような気がするところですが,先述したようにハズレ馬券は必要経費には算入できないこととなっています。何となく,損したような気もしますね。
 一時所得は,その収入と直接関係のある支出しか控除できない上に,株式売買のような一年間の損益通算もありませんから,特別控除も年間で50万円あるのみで,儲かったら税金払いましょう,損したら我慢しましょう,という仕組になっているんですね。

◇申告納税

・ここで,重要なことは競馬の払戻金を受け取るとき,源泉徴収(所得税の天引き)がされていないことです。

・わが国では,所得税は納税者が自ら税金を計算して申告する「申告納税方式」が採用されており,あくまでも納税者の自主申告をもとに課税しています。果たして,どれだけの人が申告するかは別問題としてその内容を確認するために,税務署の調査というものが存在しています。

-------------
 以上から,

>2の今日は1万円。次に3万円。っていう風に当たっていって年間トータル50万円以上の払い戻しがあったらやっぱり税金を払わなければいけないのですか?

・「払い戻し金額-当たり馬券代<50万円」でしたら課税されませんし,「払い戻し金額-当たり馬券代>50万円」でしたら課税されます。

>そして、もしネット投票で50万円以上勝ったとして知らんフリしてたら税務署から申告の通知が来るのですか?

・所得税は申告納税ですから,原則として本人が申告して納税します。
 税務署が,納税漏れを見つけたら,ペナルティーが課されます。
 見つかるかどうかは,何ともいえないです。勿論,納税しないことをお勧めしているわけではありません。

・なお,一時所得は,給与所得と合算(合計)して課税されます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2220.htm

 こんばんは。

◇一時所得

・競馬の払戻金は,所得の区分で言いますと「一時所得」に当ります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

・「一時所得」にも課税されるものと非課税のものがあります。
(課税となるもの)
・懸賞の賞金品,福引の当選金品
・競馬の馬券の払戻金,競輪の車券の払戻金等
・借家人が受ける立退き料   など
(非課税のもの)
・宝くじの当選金
・学資に充てるための費用や扶養義務者相互間における扶養費
・ノーベル賞の賞金,学術奨励金等  など

◇「...続きを読む

Q馬券の払い戻しと確定申告について

競馬初心者です。よく競馬情報サイトなどで200万円超の的中例などが報告されています。高額馬券が的中した場合、競馬場やウインズで払い戻しを受けるときは本人確認しないのでそのまま持ち帰ることができると思いますが、パソコンで購入した場合JRAから税務署へ報告があり、一時所得として確定申告しないと追徴があるのか教えてください。WIN5で高額馬券が的中した方はどうされているのでしょうか?

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>パソコンで購入した場合JRAから税務署へ報告があり…

結論から申し上げますと、法律で決まった「報告」はありません。

「税務署」に報告が義務付けられているのは、以下のような「法定調書」と呼ばれるものです。
この中に「勝馬の払戻金」は含まれていません。

『法定調書関係』(税務署に提出される調書)
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/mokuji.htm

しかし、「国(国税庁・税務署)」が、「(脱税の)税務調査」のためにJRAに情報開示を求めることはできます。その場合は、個人情報は保護されません。

以下は、詳しい理由です。

-----
「所得税」を含む「国税」は、国民の【自己申告】によって納税することになっています。(申告納税制度)

『申告と納税』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/06_1.htm
>>国の税金は、納税者が自ら税務署へ所得等の申告を行うことにより税額が確定し、この確定した税額を自ら納付することになっています。これを「申告納税制度」といいます。

ですから、「国(国税庁・税務署)」は、「確定申告していない国民」の所得(≒収入)は、原則、把握できません。

しかし、そうなると当然ですが、「税金を納めたくない」→「申告しない」国民ばかりになってしまいますので、上記のような「法定調書」や「公益通報(いわゆる密告)」などの情報を元に、「申告漏れ」「所得隠し」を行なっている者に対して、「確定申告」「修正申告」を求めたり、「更正の決定」によって強制的に税金を徴収したりします。

また、「所得を得る」ということは、「お金を支払った者」が必ずいますので、そこから「申告漏れ」「所得隠し」が分かることもあります。

なお、「どういう人が、どういう場合に調査対象になるのか?」について、「国税庁・税務署」が外部に漏らすことはありません。(漏らしてしまったら脱税を促すことになります。)
世間で語られるのは、あくまでも「経験則」です。

『国税庁の公益通報の受付・相談窓口』
http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/koekitsuho/madoguchi/02.htm
『え?俺が脱税?逮捕・罰金!?』
http://www.kaikei-ryoukin.com/datsuzei02.html

ちなみに、「申告しなくてはいけないことを知らなかった」場合も、「追加の税金」は納めなくてはなりません。
「悪質な所得隠し(脱税)」とみなされると、追加の税金も高くなりますし、「刑罰」を科すこともできます。

『重加算税』
http://www.exbuzzwords.com/static/keyword_652.html
『脱税』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B1%E7%A8%8E

-----
というのが、教科書的な回答ですが、そもそも、「競馬」は、投票権を購入しただけで国に10%以上の税金を納めることになります。

しかも、「ハズレ馬券」の購入費用は「必要経費」として申告することも認められていないので、税法が「実態」とマッチしていない典型的な例でもあります。

『国庫納付金』
http://www.jra.go.jp/kouza/yougo/w414.html

ですから、「国税庁・税務署」も「(ただせさえ割の合わない)庶民の楽しみ」に厳しい税務調査を行うことはほぼありません。
しかし、以下のような「理不尽な現実」があるのも事実です。

『競馬をめぐる羨ましくも可哀想な話』
http://diamond.jp/articles/-/28888

(参考)

『申告納税制度』
http://kotobank.jp/word/%E7%94%B3%E5%91%8A%E7%B4%8D%E7%A8%8E%E5%88%B6%E5%BA%A6
『クロヨン』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%A8%E3%83%B3

『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/index.htm
※税務相談はいつでも可能ですが、「2/16~3/15」は非常に混雑します。
『不服申立ての手続』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/fufuku/huhuku3.htm
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm

『税務署が親切』
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『確定申告は早い目にやると、かなり親切に教えていただけます。』
http://kanata731.sakura.ne.jp/blog/403.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します

長いですがよろしければご覧ください。

>パソコンで購入した場合JRAから税務署へ報告があり…

結論から申し上げますと、法律で決まった「報告」はありません。

「税務署」に報告が義務付けられているのは、以下のような「法定調書」と呼ばれるものです。
この中に「勝馬の払戻金」は含まれていません。

『法定調書関係』(税務署に提出される調書)
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/mokuji.htm

しかし、「国(国税庁・税務署)」が、「(脱税の)税務調査」のためにJRAに情報開示を求...続きを読む


人気Q&Aランキング