私の身内(叔母)の事でご相談します。
現状:
今年、疎遠だった叔父が孤独死し、発見は死後3ヶ月という状況でした。
突然死でしたが、親族は叔父の姉妹4人だけだったので、全ての手配は彼女達がしました。

遺産は、叔父の土地建物だけでしたので、法定相続人は叔父の姉妹で相続し、現金化するため不動産会社を通して売却しました。売却益は4人で均等に分割しました。
この金額の場合は相続税はゼロで、長期譲渡所得に伴う税金を各人が確定申告して納税することは理解しています。

質問は:
来年の確定申告時に、控除される諸費用のことです。

以下の姉妹が払った諸費用は、控除として認められるのでしょうか?

また領収書が無いものがある場合は認められませんか?

1.葬儀社への支払いやお寺の読経料など

2.火葬場での心付け(霊柩車・火葬場の担当者へ)

3・火葬場~お寺間のタクシー代

4.法要時、祭壇へのお供え物代
  
5.法要後のお清めの食事代

6.納骨の際の心付け(石材会社へ)

7.お寺での法要代・戒名料・塔婆料・位牌料・お経料
  
8.叔父の自宅へ入る際の合鍵作成代

9.検死・死亡診断書代
 (警察が指定医を手配してくれました)

10.突然死で発見が遅れた状況から、叔父の自宅の清掃   が必要だったので、清掃会社(葬儀社が手配)に依   頼した清掃および残材処理費用

11.警察・役所・葬儀社など関係先移動時の交通費

12.叔父自宅の隣人宅への挨拶として渡した品物の代金  (商品券など)

13.叔父が生前滞納していたため、姉妹が支払った叔父   の固定資産税

こんな事は初めての経験なので、解らないことばかりです。どうぞよろしくお願いします。
  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

譲渡所得の計算というのは、売却価額から取得費と譲渡費用を差し引いて計算します。

つまり、

課税長期譲渡所得金額=譲渡価額-(取得費+譲渡費用)-特別控除

ところで、書きだしておられる費用のほとんどは、本来相続税の計算で差し引くべきものです。お葬式に関連するすべての費用は、譲渡とは無関係なので、これを譲渡所得の費用とすることはできません。

参考URLにあるようなものが、譲渡費用になりますから、滞納の固定資産も、相続税の計算で債務控除として取り扱われる性格のものとなります。清掃残材処理費ぐらいが費用として認められるかどうかと言うところではないでしょうか。
国税局にある国税相談所だと専門の相談官がいます。市町村で行われる無料の税務相談を利用されていいと思います。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/3208.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
高齢の私の叔母たちが、大変な勘違いをしていたことが
よく解りました(そして私も!)。
土地売却の時には、大手の不動産会社に相続であること等を事情説明の上で、お願いしたので安心していたようです。
叔母たちには、税務署の相談窓口を利用するように
話します。

本当にありがとうございました!

お礼日時:2001/12/02 17:27

土地や建物などの譲渡所得について



 長期譲渡所得と短期譲渡所得は売った土地や建物の所有期間で区分します。
売った年の1月1日現在で所有期間が5年を超えている場合は長期譲渡所得になり、5年以下の場合は短期譲渡所得になります。

取得した日……買った土地や建物は引渡しを受けた日ですが、売買契約の効力発生日を取得日とすることも認められます。建築した建物は建築が完了して引渡しを受けた日が取得日です。

譲渡した日……相手方に引渡した日ですが、売買契約の効力発生日(通常、契約の日)を譲渡日とすることも認められます。

 相続や贈与でもらった土地や建物は、原則として被相続人や贈与した人が取得した日から所有期間を計算します。

従いまして、被相続人の方が、その土地や建物を5年を越えて所有している場合は、相続人が、相続直後に譲渡しても、特別な例外を除き、長期譲渡所得になるのが通例です。

例外としましては、たとえば『居住用財産の買換え特例』を受けて取得した資産などは、取得額は引き継ぎますが、取得日は引き継ぎません。

これらの点は、詳細な事実関係が分からないと正確な判断はできませんから、国税相談所や税理士等の専門家へご相談されることをお薦めします。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

jun95様、
追ってのご回答を本当にありがとうございました。

叔父が生前居住していた土地建物は彼が所有してから
20年でしたが、叔母達は叔父の死の半年後に土地を
売却したので、別のかたがお答え下さった「短期譲渡の
可能性」という事も大いに有り得るんだな、と思いました。

>被相続人の方が、その土地や建物を5年を越えて
>所有している場合は、相続人が、相続直後に
>譲渡しても、特別な例外を除き、長期譲渡所得に
>なるのが通例です。

では、故人は5年以上所有してましたので、叔母達は
長期譲渡所得でも大丈夫かもしれませんね。「特別な
例外」がどのような事か不明ですが、関係書類は準備
しましたので、ともあれ税務署に相談に行って、
しっかり聞いてきます。(高齢の叔母達はとにかく
のんびりしてますので、今回は私がサッサと聞いて
くることにします!)

この度は私がすぐ質問を締め切ってしまい、
jun95にはお手数をかけて申し訳ありませんでした、
と共に、質問も控除される経費にばかりに目が向いた
内容でしたので、「肝心な!」譲渡所得税について
皆様からも色々ご指摘いただき感謝しています。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/05 11:34

回答はほぼ出ているのでしょうが、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


この中で#1で紹介したサイトでも質問されては如何でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=60237
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えて頂いた参考URLを見ました。
ありがとうございます。
やはり、他の皆様もアドバイス下さったように、専門家や税務経理110番に事情を説明しようと思います。
高齢の叔母達が「解ったつもり」でやっていたことが
実は違った方向を向いていたことが、よく解りました。
専門家に任せたら?と叔母たちに関わらずにきた私も、
今回の件で大いに勉強・反省の機会を得ました。

それにしても、皆様からこのような質問に速攻でご回答頂けて、驚くと共に、感謝の気持ちで一杯です。

お礼日時:2001/12/02 17:49

 譲渡所得は、売買価格(譲渡価格)から取得価格と経費を差し引いた額が、譲渡所得となります。

この場合の差し引く額ですが、取得価格はご理解いただけると思います。その他経費は、今回の場合は売却にかかる経費程度でしょう。

 実際の課税計算ですが、相続による取得ですので売買をしたわけではありませんから、相続による所有権移転登記の経費と、売買にかかる経費が該当すると思われます。したがって、ご質問の葬儀に関わる経費は、譲渡には関係がありませんので、控除対象経費とはなりません。

 また、相続による所得後すぐに売却するのであれば、所有者は5年以上所有していませんので、長期譲渡所得ではなく短期譲渡所得に該当し、特別控除額は50万円となります。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/3202.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
相続と、相続した土地売却は全く別のもの、という意識が欠けていたと痛感しています。
また、相続した土地が、短期譲渡所得に該当することにも気がつきませんでした(当然、短期ですよね!)。
私は叔母たちの今回の件には極力関わらなかったのですが、(私も含めて)こんなに勘違い人間の集まりだったことを不覚に思います。
専門家に相談するよう早速話します。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/12/02 17:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイト代の源泉徴収について

お世話になります。

現在、バイト代が1100円なのですが、所得税として10%引かれて
990円もらっています。
年間所得が103万円以下だったらお金が戻ってくると聞いたのですが、
所得税分の10%が全て戻ってくるのでしょうか?

例えば
1年間 時給:1100円×100時間=11万円
    所得税として、1万1千円引かれる
    手元にもらえるのは、9万9千円の場合、
源泉徴収で申請をしたら
 1万1千円がまるまる戻ってくるのでしょうか?

もし、上記の内容が載っているサイトありましたら
それも教えて頂ければと思いますのでよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>現在、バイト代が1100円なのですが、所得税として10%引かれて990円もらっています。
え、そんなに引かれますか?
普通のバイトですよね。
それが「報酬」扱いなら10%引かれますが、「給与」の場合ありえません。


>年間所得が103万円以下だったらお金が戻ってくると聞いたのですが、所得税分の10%が全て戻ってくるのでしょうか?
「給与」の場合で年収103万円以下なら、所得税はかかりません。
来年、確定申告すれば全額還付されます。
来年になったら、バイト先からもらう源泉徴収票、印鑑、通帳を持って税務署に行けばいいです。

Q残業代の所得税を安くするには?

たとえば10万円分残業した場合1ヶ月に10万円でつけるよりも、2ヶ月で5万円ずつつけたほうが所得税は低く抑えられますか?

Aベストアンサー

 こんにちは。税金の仕事をしています。

・サラリーマンの方は、所得税をとりあえず計算し、毎月、「源泉徴収」されます。
 そして、最終的には月収や賞与を合算して年収にして、年収から各種控除をした上で、最終的な年間の所得税確定します。ご存知かと思いますが、これを「年末調整」といいます。

・つまり、年収が変わらないと、税金の額は変わりませんから、月にまたがって分割しても同じことになります。

・税金が変わる可能性があるのは、12月に発生した残業代を翌年の1月に分割した場合です。
 所得税の計算は、1~12月の年収で計算しますから、上記の事をすると、課税される年が変わります。そして、年収330万円と900万円で税率が変わりますから、繰り越した年の年収が下がり、税率が変わると(税率が下がると)安くなることはありえます。年収が下がるのはありがたいことではないですが…

http://www.taxanswer.nta.go.jp/2260.htm

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/2260.htm

 こんにちは。税金の仕事をしています。

・サラリーマンの方は、所得税をとりあえず計算し、毎月、「源泉徴収」されます。
 そして、最終的には月収や賞与を合算して年収にして、年収から各種控除をした上で、最終的な年間の所得税確定します。ご存知かと思いますが、これを「年末調整」といいます。

・つまり、年収が変わらないと、税金の額は変わりませんから、月にまたがって分割しても同じことになります。

・税金が変わる可能性があるのは、12月に発生した残業代を翌年の1月に分割した場合です。...続きを読む

Q終電がなくなってからのタクシー代の税金

所得税を今年から納め始めたものです。

終電が終わってから終業し、タクシーで帰宅しなければいけない日が週に3度あります。
タクシー代は2000円くらいです。

会社から何も言われてなかったので今まで自腹で領収書ももらわず払ってきたのですが、やっぱり出費が厳しいのと、年末調整や確定申告の際に領収書が必要になるのでは?
と思っていますがよくわかりません。

ちなみに会社から給料明細に交通費などの支給は書いていません。

この場合は会社に言えば経費になるのでしょうか?
もし自腹をきらなければいけない場合非課税の対象にはなるのでしょうか?

アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

どうしてもタクシーで帰る以外に無い場合は会社に請求すべきです。
サラリーマンにも特定支出控除といって認められる控除もありますが当てはまらない気がします。
(1)一般の通勤者として通常必要であると認められる通勤のための支出
(2)転勤に伴う転居のために通常必要であると認められる支出のうち一定のもの
(3)職務に直接必要な技術や知識を得ることを目的として研修を受けるための支出
(4)職務に直接必要な資格を取得するための支出
(5)単身赴任などの場合で、勤務地と自宅の間の旅行のために通常必要な支出のうち一定のもの

仕事をしていて必要なお金は会社に相談しましょう。

Qバイト代の源泉徴収税還付の事

アルバイト先より届いた源泉徴収票により、18年度源泉徴収税額が2千円足らずでしたが、還付申告をするものなのでしょうか?雇用先では年末調整(所得税清算)は行っていません。学生で他に収入はありません。

Aベストアンサー

他に所得ないのでしたらすれば、二千円戻ってくる可能性大です。
それだけのしんこまならば、驚くほどに簡単ですのでやってみる良い機会です。
その経験が、その後の人生の貴重な経験になるでしょう。

Q昨年分の残業代の過払い請求がありました

昨年9月に、勤務表の提出が遅れてしまい、
給料は残業代抜きの基本給のみ支払われました。
10月分に昨月分も合わせて支給されたのですが、
人事部がその計算方法を間違ってしまったようです。

今になって、払い戻し(給与から天引き)を打診されました。
金額は30万円弱で、返還には異存はなく、一括返済でもOKです。
ただ、10月分は所得税や雇用保険料もほかの月とは
比べ物にならないほど支払っており、会社からのメールには
そちらについての記述は一切ありませんでした。
すでに、年末調整も終わっており、1月からは税金の計算方法なども
変わっていると聞いたのですが、それらの調整は誰がやってくれるのでしょう?
自分で確定申告するしかないのでしょうか?
それとも、返還すれば会社が適当にやってくれるのでしょうか。

Aベストアンサー

まず、給与から天引きで払い戻されるとのことですので、
雇用保険料は問題ないでしょう。
たいてい、その月の支給額×雇用保険料率で計算されますので、
天引きが「支給項目」にマイナス30万円弱で入っていれば、
控除項目である雇用保険料もその分少なくなるはずです。
念のため給与明細で確認してください。

問題は所得税です。
確かに、18年と19年では税率や定率減税について変更があります。その調整はおそらく確定申告では行えません(所得税は支給日ベースで考えるので)。質問者様に所得税で損が生じる場合、給与計算ミスをした会社に請求するしかないと思われます。会社がそこまで現段階で考慮しているかは、確認してみないとわかりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報