当会社の雇用関係の手続きを委託していた会計事務の方がやめてしまい、それなら委託経費節減で自分が担当するようにということになってしまいました。全くの門外漢で何もわかりません。
退社した人から離職票を督促されているのですが、どうすればよいのやら。
作成する手順や、参考となる書籍などお薦めくださいませんでしょうか。(本屋さんに出向きましたがチンプンカンプンでどこのコーナーで何を買えばよいのかわかりませんでした。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 離職票は正式には雇用保険被保険者離職票といい、退職の翌日から10日以内に事業所を管轄する職業安定所に提出する決まりになっています。

その書類の1枚目は雇用保険被保険者離職証明書となっておりまして、こちらは会社で保管してください。この離職票がないと退職された方は雇用保険の失業給付などの手続きができません。

 これには、労働者名簿や本人の印鑑の押してある出勤簿かタイムカード、念のために本人が退職願を出している場合はその退職願、窓口に赴く人の印鑑なども必要になるかと思います。

 書類には退職日や退職理由、本人の住所氏名などのほか、退職された方の印鑑を押す場所がありますので御確認下さい。

 総務の仕事は、仕事としては難しいことはありません。法律なんかの本よりコミックの「山口六平太」のほうが勉強になるくらいです。ただし、必ず守らなくてはいけないことがあります。それはどんな手続きにも、時間的期限というものがあるということです。直面してから、対応するという考えもありますが、細かい内容を勉強される前に、大まかにどの手続きをいつまでに、終わらせなくてはならないのか、まずそれを明確にすること、それが仕事の第一歩とお考え下さい。

 参考ということですが、「小さい会社の総務」という本があります。多分大きな会社にお勤めで失礼な題名かとは思いますが、全体像がつかめます。

 畑違いの仕事でたいへんかとは思います。私も総務畑出身なのでよく分かります。がんばってください。ながながと書いている間に他の方から的確な答えがはいっていると思いますが、そのときはご容赦を。
    • good
    • 0

No.5の方の補足説明です。



 退職された方が「離職票」を望んでおられる場合、失業保険申請や、国民健康
保険への切替えをしたい為に急いでおられるのだと思います。

 離職票申請に必要な書面は
1)雇用保険被保険者資格喪失届
2)雇用保険被保険者離職証明書
 この他に、失業給付を退職者が受ける為には、期間中の賃金台帳などが必要な
場合もあります。
 また解雇の場合は解雇理由書などが必要になります。

 まずは御社管轄の職業安定所にいき、必要申請書類を入手したほうが良いで
しょう。
 窓口の方に、「雇用保険被保険者資格喪失を届出たいのですが」と相談すれ
ば、必要な書類を渡してくれます。その際に、記入方法や必要添付書類を念の
ために確認しておけば、手続きはスムーズに行くと思います。

 また、雇用保険被保険者資格喪失届は、資格取得届を出した際に、喪失届が
ついてきているはずなので、それを利用すると便利です。

 なんにしても、離職された方にとっては国民健康保険等の絡みがありますの
で、早急に処理してあげてください。
    • good
    • 0

少し前にこの事務をしていたので今でも同じか分りませんが



正式の手続きとしては、
離職票そのものではなくて、「雇用保険被保険者資格喪失届」を事業所管轄の公共職業安定所に
事業主が事実のあった日の翌日から起算して10日以内に、
提出しなければならないことになっています。

また、労基法ではなくて、その規定があるのは、「雇用保険法」です。

また、資格喪失の原因が「離職」である場合に添えなければならないのが、「雇用保険被保険者離職証明書」であり、退職する本人が交付を希望する場合には必ず添えなければなりません。

事業主からこの「雇用保険被保険者資格喪失届」に「雇用保険被保険者離職証明書」を添付されて提出を受けた
公共職業安定所が、交付するものが「離職票」であり、
本人に直接公共職業安定所から「離職票」を交付することに条文上はなっていますが、

雇用保険被保険者資格を喪失した場合には、事業主を通して「離職票」が被保険者であった人に交付することもできることになっています。

なお、判例では「離職票」の交付が遅れたため、雇用保険の交付が遅れたことにより、保険金に遺失分が出た場合
(例えば1ヶ月分損をした)会社に支払命令が出されることなりますので、早く公的機関に相談して処理することをお勧めします。
    • good
    • 0

 下記URLを参照してください。

なお、今後の事務処理もありますので、一度管轄している社会保険事務所などを訪れて指導をしていただくか、地元の商工会や商工会議所でも指導をしてくれますよ。

参考URL:http://www.hokuriku.ne.jp/~hatake/roumushi/roumu …
    • good
    • 0

私も以前、社会保険を担当したときは全く始めてでさっぱり???でした。

それで参考にしていた本が自由国民社から出ている「社会保険の書式全集」です。この失業したとき、と言うところにいろいろなパターンに合わせた書式が出ています。多分、今後、離職票以外のお仕事も出てくると思いますが、そんな時にもいろいろ役に立つ本ですよ。
また、ハローワークで離職票の記入の仕方について月に何度か講習をしていたと思います。本を見ても分りづらいところが良く分って、とてもためになりました。(ハローワークによって、あるかどうか分らないのですが…)一度、ハローワークに問い合わせてみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q出向社員の事務委託料についてです。

関連会社から、社員を1名出向してもらっています。
関連会社からは毎月事務委託料として入金があります。
これはどの勘定科目で受ければいいのでしょうか。
出向社員の給料、社会保険、経費はすべて当社持ちです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

転籍されている場合
間接支給される出向者給与負担金は『経営指導料』などの営業外収益となり、消費税の課税範囲となります。

Q業務委託契約書の委託者欄は手書き?

SOHOの方にお渡しする業務委託契約書を製作しているのですが
委託者欄はパソコンで打ち込みせず、手書きにして押印した方がよいのでしょうか?
また7000円程度の契約であれば収入印紙は必要ないのでしょうか?

当方こういった業務は初めてで、基本的なこともわかっておりません。
どなたかご存知の方、ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

契約書は証拠書類としての価値を有しているところ、契約書に証拠としての意味を強く持たせるためには、契約当事者の署名または記名押印が必要です。

そして、署名は本人の自署を、記名は本人以外の者の手書きや印刷文字などを、それぞれ指します。

相手方の押印をもらう予定でいらっしゃるのならば、押印で足りますから、「パソコンで打ち込み」でも大丈夫です。


印紙の要否は、契約書の内容(契約書に記載されている文言)によります。業務委託契約書だからこうなる、というものではないため、契約書を税務署に持ち込んで見てもらうのが安全正確かつ安上がりかもしれません(税務署で判定してもらえます)。

Q出張交通費の節減について

出張する際の、交通費の低減を求められています。
新幹線での利用を考えていますが、
どのような方法がありますか?

頻度に行くわけではないので、回数券等だと有効期限内に
利用できるかどうか・・・です。

すみません、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

宿泊を伴う出張であれば、ビジネス用のツアーを利用するのはどうでしょう?
往復の新幹線+ホテルを別々に使うよりも安くなることが多いですよ。

あとは…東海道・山陽新幹線であれば、ICチケットとか、事前に日程が分かっていればチケットの早割を利用するとかですかね…?

Q注文書及び請書で収入印紙節減

現在、会社の増築や、改造、修繕をおこなうたびに、工事請負契約書を交わしています。軽微な工事から、大きい工事まで様々ですが、毎月ちょこちょこ工事がある為、その度に工事請負契約書を交わし、収入印紙を貼っている状況です。印紙代もばかになりません。
そこで、こちらから提案して印紙代を節約、作業軽減をする為に、色々調べていたのですが、『注文書及び請書による契約の締結について』http://www.pref.okayama.jp/doboku/kanri/ukesho.htm
とゆう通知文章を見つけました。これにより、施主が注文書をだし、施工会社が請書を出せば、施主は印紙を貼らなくてもよいと理解したんですが、一点引っかかるところがあります。
『しかしながら、建設業者間の実際の取引現場においては、注文書及び請書の形態により請書契約が締結されている場合が多いことを踏まえ』
上記説明の中に、建設業者間の・・・と書いてあり、これは施主、施工会社では摘要にならないのでは?と思い、ここで引っかかってしまいました。

上記件に関してどなたかご教授頂けますと助かります。

現在、会社の増築や、改造、修繕をおこなうたびに、工事請負契約書を交わしています。軽微な工事から、大きい工事まで様々ですが、毎月ちょこちょこ工事がある為、その度に工事請負契約書を交わし、収入印紙を貼っている状況です。印紙代もばかになりません。
そこで、こちらから提案して印紙代を節約、作業軽減をする為に、色々調べていたのですが、『注文書及び請書による契約の締結について』http://www.pref.okayama.jp/doboku/kanri/ukesho.htm
とゆう通知文章を見つけました。これにより、施主が注文書を...続きを読む

Aベストアンサー

契約形態については特に制限が無いかと思いますので、基本・個別の形式にしても良いのではないでしょうか。

ただ、それによって印紙代が軽減できるかどうかは、分かりません。

Q出向の仕訳

出向先の請求について、仕訳を教えてください。

弊社からA社に出向する社員がいます。
給与の支払は、弊社→社員にしていますが、
費用はA社負担となるため弊社→A社に請求しています。
その時の仕訳ですが・・・

(通常・給与支払時に費用計上しています。(保険料等省略))
給与10万円/預金10万円

(出向者の場合)
給与10万円  / 預金 10万円(弊社→社員に支払した時)
未収金10万円 / 給与 10万円(弊社→A社に請求した時)
預金10万円  / 未収金10万円(A社から入金があった時)

こんな感じでよいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして、こんにちは。

一番、シンプルな仕訳としては次のようになります。
未収金 10万円/預金 10万円(支払時)
預金 10万円/未収金 10万円(入金時)

ただし、未収金の精算をインボイス形式(御社からA社に請求書を発行して行う。)で精算したり、給与管理の面で一旦一元的に給与を把握する場合には、質問者様の仕訳の通りでよいと思います。

また、次のような方法もあります。
給与 10万円/預金 10万円(支払時)
預金 10万円/出向負担金 10万円(入金時)

以上、いずれの方法でも問題ないと思いますので、御社の社内規定や経理処理に一番見合った方法で処理するのがよいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報