「ソフトウェア」のことを「ソフトウエア」(ェではなくエ)と書いたり話したりする人をしばしば見かけますが、なぜなんでしょう?

「ソフトウエア」が正しい表記だと信じているから?
(実際、「ウェア」と発音できない人もいるようですが)

それとも、単にFEPで「ウェ」または「ェ」の出し方を知らないから?

「私、あなたのフアンなんです」というのと同じ類なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

「ソフトウェア」ですよね


>「ウェ」または「ェ」の出し方を知らないから?
>なんかそうしたくなるときがある
>変化をつけたいだけ
わたしの個人的意見ですが、どれもあると思います。

出し方を知らないから・・のひともいらっしゃるでしょうし、知ってるけどなんとなく、変化をつけたい。

難しいですね。
私のところはちなみに「コンピュータ」です「コンピューター」ではないですよ。
ーの出し方を知らないわけではない。ただ、独自性なんでしょうか。理由はわかりませんが。
また、センターという呼び方もしません「センタ」です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「コンピュータ」「センタ」の件は、独自性云々といったものではなく、1991年に、文部省が国語審議会の答申を受けて「外来語の表記」というものの中で公表(内閣告示)してるそうです。長音だけでなく、撥音・促音などについても定められています。

私の会社でも、技術用語として使う時には「コンピュータ」「センタ」です。でも、「○○研修センターに行く」という時は伸ばしますし、そこの玄関の看板もそうなっています。こういう固有名詞まで「センタ」とすると、いかにも滑稽ですね。

でも、これはあくまでも仕事の世界での話であって、日常生活ではあまりお目にかからないですよね。「ピッチャが投げてバッタが打つ」…いくらなんでも、これはちょっと受け入れられません。^^)

お礼日時:2001/12/07 13:00

正しいかどうかは、知らないですが、私はときどき


わざと「ソフトウエア」と書いたり話したりします。

理由は、なんかそうしたくなるときがあるのです。

ほかに「ソフトウェヤ」と言ったり、「フワン」と言ったりします。
また、変なとこで、「いかがでせふ」とか、「ごきげんよろしう」などど書いたりしています。

変化をつけたいだけのような気がしまふ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

変化をつけたいためにわざと、というのならわかるんですよ。他にも「ソフトヱア」なんてのも見たことありますし。こういう類のは、私も時々やりますよ。

そうではなく、普段必ず「ソフトウエア」と書く人はどういう意識なのかな、と思ったもので…

お礼日時:2001/12/07 12:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単に、「性格が暗い」のと、「頭脳派」は、やはり別物ですか?それとも何だかんだ言って、やっぱりイコール

単に、「性格が暗い」のと、「頭脳派」は、やはり別物ですか?それとも何だかんだ言って、やっぱりイコールになりますか?


ここでですが。

文武両道な人は、寧ろ頭脳派・インテリになると思います。
やはり、スポーツ選手でも、上の方へ行けば頭の良い人が多いですね。
身体とかをしっかり効率良く鍛えるのも一つの立派な科学ですね。
やはり、頭が良いから、上手な身体の鍛え方やテクニックの磨き方をよく分かってらっしゃるんだと思います。
イチローさんや古田敦也さんや落合博満さんや角田信朗さんや福原愛さんや、ボブサップ氏とかを見ていても分かります。

また、文武両道で優秀な人に、いつもクールで非社交的な人や、根暗な感じの人が多いのは、それは世の中の色々な事をあまりにも悟り過ぎて馬鹿馬鹿しくなっているからだと思います。
が、如何でしょうか?

Aベストアンサー

ウーン、なぜイコールと考えてしまうのかわかりません。

暗いという言葉のあなたの観念がどういう事になっているのかわかりませんが、賢明なひと、あるいは聡明な人は常に何かを無意識に考えていると思います。

器用で柔軟で融通の利くひと、常に全体が見れてリードできる人、勉強してて知識がたくさんある人、

それらすべて、私の中で賢明で、聡明と言えます。

3つの事柄すべて自分の努力や経験、持って生まれた才能と言えるでしょう。

暗いとは性格という観点から見た、人の評価だから、イコールとは程遠いと思われます。

Q数学「I」II「II」「III」「A」「B」「C」の違いについて

数学には、「I」「II」「III」「A」「B」「C」というような
いろんな種類がありますが、そもそもどうしてこのように
分かれているのでしょうか?

Aベストアンサー

文部科学省が「学習指導要領」で決めています。

指導要領が変わると、「I」「II」「III」「A」「B」「C」の区分も変わったりして、迷惑な話です。

参考URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301/03122603.htm

Q「き」と「ち」 「し」と「ひ」の発音の違い

この言葉の発音の違いが分からないのです。
何度「き」と「ち」は違うよ、「し」と「ひ」の発音もごっちゃになってるよ、と注意されてもどれだけ聞いても違いが分からないのです。
違いが分からないのだからもちろん正しく発音できるわけもなく陰で笑われて恥ずかしい思いをしています。
私の聴力は正常、とは言えないのですが高音が聞こえづらいだけで普通の高さの音は正常な人と同じに聞こえてます。日常生活にはほとんど影響はありません。

また、今は矯正して直したのですが小学5年生の頃まで歯のかみ合わせが上下逆になっていてこのため、他の言葉も含めて全体的に発音がおかしかったようです。

何が原因なのかわからないのですがとにかく発音の違いが聞きとれないのです。
一般に人から聞いても「き」と「ち」、「ひ」と「し」の違いは分かりにくいものなのでしょうか?
人の反応からして「き」と「し」は何とか正しく発音できているようです。

このような問題を抱えている人は他にもいらっしゃるのでしょうか?
正しく発音できる方法などがあれば教えてください。
人前で話すのがとても苦痛なのです。

この言葉の発音の違いが分からないのです。
何度「き」と「ち」は違うよ、「し」と「ひ」の発音もごっちゃになってるよ、と注意されてもどれだけ聞いても違いが分からないのです。
違いが分からないのだからもちろん正しく発音できるわけもなく陰で笑われて恥ずかしい思いをしています。
私の聴力は正常、とは言えないのですが高音が聞こえづらいだけで普通の高さの音は正常な人と同じに聞こえてます。日常生活にはほとんど影響はありません。

また、今は矯正して直したのですが小学5年生の頃まで歯のかみ合...続きを読む

Aベストアンサー

確かに高音部が聴きづらいと,「き・ち」「し・ひ」の違いは判りづらいですね。
普通の聴力をお持ちの方でしたら両耳を塞いだ状態でそれぞれを発音すると,
menuetoさんの気持ちが(少しは)わかるかと思います。

さて,「ひ・し」をそれぞれローマ字になおせば,
「hi・si」になります。menuetoさんの場合,
(あくまでも仮定ですが)歯のかみ合わせの強制を受けていたことを考慮に入れると,
「h」の音と「s」の音が同じように聞こえる原因としては,
「h」の音を出すために必要な,のどから音ではなく,下の方の指摘のとおり,
「s」の音を出すために必要な,舌を歯につけて音を消すことが難しいかと思います。
同様に,「き・ち」(ki・ti)の場合も,
「t」の音を出すのに必要な舌を歯につけて音を消すことが難しいかと思われます。

k,sは「歯音・歯茎音」と呼ばれ,歯・歯茎と舌を擦らせて音を出します。
k,sの音を発音するときは,意識的に歯・歯茎を舌と擦らせて発音する練習をすれば,
ある程度は向上するかと思います。

また,「きちゅう(忌中)」と「ちきゅう(地球)」など,
アクセントの違いで意味が違う単語の場合は,
そのアクセントの位置を明確にわかる発音方をすれば,
より聞き取りやすくなります。

いずれにしろ,menuetoさんの口の中の様子や,
実際の発音を聴いて見ないと確かなことは何ともいえないのですんで,
一度話し方教室の先生に見てもらうのはいかがでしょうかな?

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/ISOP/onsou/hononsou.htm

確かに高音部が聴きづらいと,「き・ち」「し・ひ」の違いは判りづらいですね。
普通の聴力をお持ちの方でしたら両耳を塞いだ状態でそれぞれを発音すると,
menuetoさんの気持ちが(少しは)わかるかと思います。

さて,「ひ・し」をそれぞれローマ字になおせば,
「hi・si」になります。menuetoさんの場合,
(あくまでも仮定ですが)歯のかみ合わせの強制を受けていたことを考慮に入れると,
「h」の音と「s」の音が同じように聞こえる原因としては,
「h」の音を出すために必要...続きを読む

Q「さびしい」と「さみしい」。「寂しい」と「淋しい」

gooの辞書によると「さびしい」の方が元からあった言語らしいのですが、「さびしい」と「さみしい」に使い分けってあるんでしょうか?
それと同様に「寂しい」と「淋しい」にも使い分けがあるのでしょうか?
gooの辞書ではどちらで検索しても同じ内容の答えが
出てきました…

ご存知の方、お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

ご覧になった辞書の通り『さびしい』が元で『さみしい』はその崩れた形ですので、比較すれば『さびしい』の方が書き言葉的、男言葉的、『さみしい』の方が話し言葉的、女言葉的という傾向になると思います
『寂』と『淋』は、寂しい(寂れた)山村、淋しい心持ち、といったように、客観的な静けさ、人気の無さにウェイトを置くときに『寂』、心細い、物足りないといった感情にウェイトを置くときに『淋』が使われることが多いと思いますが、『淋』は常用外ですので区別せずに全部『寂』で済ますケースも増えてきているのではないでしょうか

Q「ひだり」が「ひらり」、「しゅくだい」が「しゅくらい」になってしまう

こんにちは。

小学1年生の娘さんのいる方から相談されました。
話すときも書くときも「だぢづでど」が「らりるれろ」になってしまうらしく、
「宿題できたよ」と書くつもりが「しゅくらい れきたよ」となるそうです。

どのようにしたら正しく発音したり書いたりできるようになるのでしょうか。

教育、言語学、ご自身の体験など、どのような視点からでもいいのでアドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たぶん気にしなくても大丈夫だと思いますよ。自然に正しくなるはずです。

ダ行とラ行は、発音のときの口や舌の動かし方が似ているため、発育時の子供は混同して発音してしまいがちです。ジローシャ、とか、ダジオ、とか。
文字は当然似ていないわけですが、おそらく発音に引きづられて自分が発音しているとおりに書いているためにまちがいを起こしているのでしょう。

つまり、発音が正確になれば文字も同時に正しくなっていくと思います。
どのくらいの年齢までこの発音まちがいが起こるのが標準的なのかは調べていませんが、小学一年生が大人と同じように正確な発音でしゃべっていた記憶はあまりないので、わざわざ矯正する時期ではないと思います。

さりげなく訂正してあげれば、大人の言葉を聞いて、自分で学習するはずですよ。たとえば、「しゅくらい れきたよー」と言って話しかけてきたら、「そう。もう宿題できたの。えらいねー」と返事をしてあげるような。子供は音の違いを聞き分けて自分で訂正する能力を持っています。母国語というのはこの繰り返しで習得されます。子供全員が生まれつき備えている能力と言ってもいいでしょう。
無理やり言い直させたり、まちがえをきつく叱ったりすれば、自分から話したがらなくなる可能性もありますし、そうなると大人の正しい発音を聞くことも、自分の発音を耳からフィードバックして訂正していくこともなくなりますので、かえって学習の機会を奪うことになるのではないかと思います。
やさしく、さりげなく、訂正してあげてください。

たぶん気にしなくても大丈夫だと思いますよ。自然に正しくなるはずです。

ダ行とラ行は、発音のときの口や舌の動かし方が似ているため、発育時の子供は混同して発音してしまいがちです。ジローシャ、とか、ダジオ、とか。
文字は当然似ていないわけですが、おそらく発音に引きづられて自分が発音しているとおりに書いているためにまちがいを起こしているのでしょう。

つまり、発音が正確になれば文字も同時に正しくなっていくと思います。
どのくらいの年齢までこの発音まちがいが起こるのが標準的なのか...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報