最近(1ヶ月に一度くらい。だいぶ前から。)寝起きにふくらはぎが痛くなることがあるのです。(つったみたいに。)それが、何をしても痛みが治まりません。しばらくすると治るのですが…どうしたら治るでしょうか。教えてください。(もうあの痛みはいやだ!)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

医学的にこむら返りは、脱水などの電解質の不均衡が引き金になるといわれています。

そのため、熱帯を旅行したり、マラソンで脱水したりする環境などでは起こりやすくなるんです。寝起きも軽い脱水状態ですね(どこかのCMのようだ…(笑))

予防法は『水分の十分な補給』とくにポカリスエット(言っちゃった)などです。

内容は真面目です。
専門外なので一般人としての回答です。

参考URL:http://isweb15.infoseek.co.jp/family/drug9308/LL …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

僕もHPで調べてみたところ、水分が関係あるようですね。それと、肝臓に何らかの異常がある人も、なりやすくなるようです。僕も、そのてんにきをつけてみたいとおもいます。もし、必要であれば医者に相談することも考慮したいと思います。

お礼日時:2001/12/08 22:06

こむらがえりの症状でしょうか。



こむらがえりでしたら特効薬がありますよ。漢方薬で<芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)>と言います。一日三回の服用(食前または食間)が宜しいでしょうが、症状が和らいできたら、一回夜の服用でも効果がありますよ。これはお奨めです。
    • good
    • 0

 私も時々なります。

全く痛いものです。

 筋肉が縮むので、歩き出すときや何か動作をするときに痛みが残ります。ひどいときには、2,3日痛みがあります。

 ビタミン剤が効果があるようです。ただ、これは、後の痛みを改善する効果です。

 こむらがえりは、空気の乾燥しているとき、足を常になく使ったときに起こりやすいです。たとえば、満員電車で、踏ん張った時間が長いときなどです。これらの時には、こむらがえりが起こる前にお風呂でよくマッサージをしておくと少し予防効果がありそうです。また、ズボンが雨に濡れふくらはぎにくっついているのをそのままにしていると、こむらがえりが起こりやすいです。早めにぬれた部分をふき取っておくことは、重要かと思います。
    • good
    • 0

はじめまして!!あの痛み耐えられませんよね。



この地では こむらがえり といいます。

私も経験があります、涙が出るほど痛いのです。痛いついでに、硬くなったふくらはぎを思いっきりさすります(硬いものをほぐすように)(搾り出すように)そうするとすぐに治ります。

体が疲れているときになりやすいのです。

この回答への補足

早速解答ありがとうございます。疲れが原因なのですか。ちなみに、今朝なっていまだに痛い。(少し。)つまりマッサージをすればいいということですよね。オーバーかもしれないですけど、何らかの病気などということはないですか?

補足日時:2001/12/08 00:46
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯の痛みが治らない

昔の詰め物が取れて、長い間ほったらかしにしていたので、冷たいものはもちろん、水道の水までが歯に染みて歯磨きが出来ないくらい酷くなってきたので歯医者に行きました。
かかりつけの歯医者ではなく知人の紹介の歯医者に行き、何回か通った後、かぶせものをしてくれたのですが、頓服を飲むくらい痛くなり、レーザー治療をしてもらったのですが余計痛くなったので、かぶせものを外してもらい、最初から治療する事になりました。
今では、かかりつけの歯医者さんの方に行ったほうが良かったのかな・・と後悔しています。
かかりつけの歯医者さんは治療で歯が痛くなる事は無かったのですが、噛み合せが悪かったのです。
現在の歯医者さんは噛み合せはとても良く、痛みさえなければとても良い歯医者さんだと思うのですが。
治療の度に歯が痛くなるような気がして。
今は治療のとちゅうですが、かかりつけの歯医者さんに変えようか悩んでいます。良いアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんにちはー、プロです。

まず、今治水と正露丸は絶対にやめて欲しい「民間療法」です。今治水は急性化膿性歯髄炎の一部で有効な場合がありますが、ご家庭では封鎖が難しいため、歯ぐきまで壊死させることがあります。

おそらく、#No.2さんの書かれているとおり、神経を抜かずに治療してみたのでしょう。しっかり神経を抜くと、最初は打診痛といって「触れると痛い」という症状がでる場合がありますが、いずれ治まります。

また、レーザーで歯髄切断(神経を半分だけとる方法)することはありませんし、歯髄切断の症例ではありませんので、半分だけ神経をとった可能性はほとんどありません。

さて、何度も通院しているのに痛みが治まらない場合はどうしましょうか?正当な治療を真面目にしている歯医者さんであっても、必ず「合う、合わない」っていうことがあります。100人の患者さんが「あの先生に治療してもらうと痛くない」と思っていても、一人ぐらいは「いくら治療しても痛くてダメ」ということがあるものです。

相性が悪い場合には転移されるのもよろしいかと思います。

Q寝起きだけ人格が変わる

非常に困っているので質問させて頂きます。
私には23歳の彼氏がいるのですが、
普段はすごく優しくて思いやりがあるのに、
朝だけは別人格のように、寝起きが悪いのです。
寝起きが悪いで片付けられる程度ではありません。
普段はおだやかな人なのですが…。

<寝起きの主な症状>
・口調が荒くなる(普段は穏やかで無口なほう)
・物を投げる、暴力的
・思考が自己中心的
・まったく思いやりのない暴言を吐く  などです。

「寝起きが悪い」ということで片付けてしまうのは簡単ですが、
あまりの変貌ぶりに困惑してしまっています。

彼は何かの精神疾患なのでしょうか?
それともただ単に「寝起きが悪い」で済まされて
しまうのでしょうか?

精神疾患に詳しい方や、同じような境遇の方からの返答をお待ちしております。

Aベストアンサー

それが正体なのでは?

他には、自律神経の切り替えがウマく言っていない。
血流が悪く酸素配給が悪い状態で、脳の各機能が十分に働いていない。
等などが普通でしょう。

精神科領域は専門外ですが、この方面は関係ないと思います・・・相談するなら、精神科でも良いが、とりあえずは心療内科で診察を受けさせましょう。

Q体温はいつ計ればいいですか。食後は上がりますか。寝起きは上がりますか?

体温はいつ計ればいいですか。食後は上がりますか。寝起きは上がりますか?

Aベストアンサー

>体温はいつ計ればいいですか。

どういう目的で計測するかによります。
日頃の自分の平熱を把握しておきたいという程度なら、いつでも良いです。厳密に決める必要はないです。
多くて1日1回同じ時間帯であればいつでも良いです。
毎日計測する必要も無いです。

因みに入院患者の場合、少ない方で1回/日。時間は10時頃です。


>食後は上がりますか。

少し上がります。


>寝起きは上がりますか?

若干低めです。

体温は1日のうちに変化しますが、医学的にはそれを把握しておく必要性はありません。
気になる方、知りたい方だけ計測すれば良いです。

Q今年70歳になる父の両足のふくらはぎにむくみがあります。

今年70歳になる父の両足のふくらはぎの表と裏側にむくみがあります。
お風呂に入ったときにゆっくり揉むことをすすめています。
その後、むくみもとれます。
高血圧の薬を飲んでいますが、特に心臓疾患はありません。

70歳にもなるとむくみも出てくるのかと思っていますが、
医者に行ったときにそれとなく聞いてもらった方が良いでしょうか?

ちなみに父は趣味でゴルフをやっており、1月に2回くらいはホールに出て
プレイしてきます。また、毎日30分くらいは健康のために歩いています。

詳しい方おしえてください。

Aベストアンサー

むくみは腎臓疾患や運動不足(筋力低下)などでも起こります。
心配でしたら医師に相談してみましょう。

お風呂で揉むのは良いことですね。体のリンパ節に沿ってマッサージするのも効果的です。
また、寝るときに足の先を心臓より少し高くして寝てみたり、日中も足を下げっぱなしにしないでたまに高くしてみてはどうでしょう。

お大事にして下さい。

Q食べ物でノイローゼが治るのか

4月まで半年間仕事の都合でドイツにいました。特に「食べ物、(冬場の日中の薄暗い)気候」が全く合わずにノイローゼになってしまい日本に戻って来ました。
一ヶ月程は九州の自宅で療養をしていましたが、3度のバランスのとれたおいしい食事が効いたようで、すっかり回復しました。
それからというもの、精神的に安定し、怒らない、焦らない、という感じで仕事に復帰してからは絶好調です。

食事でノイローゼって治るものなのでしょうか?
私と似たような経験をお持ちの方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

はじめました。
医療関係ではないのですが、食に関する知識がありますので いくつか・・・。
食べ物は、体のバランスをとるのにとても大切なものです。
必要な物質が吸収されなければ バランスを崩してしまいます。
栄養の吸収には、環境や精神的な事もとても関係していますので
人それぞれですが 可能性としては十分に考えられると思われます。
食べたいものや食べ慣れた物(特に郷土料理など)は
その土地で、その気候で過ごすの方が大切な栄養素が入っています。
とりにくい 大切な栄養素があったのかもしれませんね。
また、気候やお仕事のパターン、習慣なども大切です。
特に、日光に当たることで 体内時計が正常に働いたり
カルシウムを作ったりなどの 精神的に大きく作用することなども
あります。
その、環境が合わなければ どんな人もバランスを崩します。
逆に、慣れ親しんだ、大好きな環境であれば 回復も早いかと思われます。
まれに、そのまま長期間 どんな環境にいっても戻らないケースもありますので 早くに回復できてよかったですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報