しょうもない質問で申し訳ありません。

私の友人が尿比重について医師(60歳くらい)に報告した際に指摘されたことで疑問が生じましたので、どなたかご存知の方がいらっしゃれば教えて下さい。

看護婦である友人が医師に尿比重を報告するのに
「比重は1,012です。」(いってん、ぜろいちに)と報告しました。
すると医師によりその報告の仕方が悪いと訂正されました。
「尿比重は、1012と言うんだ。」(せんじゅうに)

友人は比重は「いってん・・・・」と読むのが正しいと思っていたのですが、とまどっています。

医療界では、「せんじゅうに」とか「せんじゅうご」とか言うのが正しいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

個性です。

個性…

相手にしないで無視しましょう。
数値は正しく伝わっているのにあえて訂正することからもその先生の『個性』が伺われます。

私は泌尿器科医で、尿路結石の研究では比重はとっても大切なデータなのでいくつもの発表を見てきましたし、してきましたが、いっつも比重を『・・てん・・・』と言っています。これを怒られたことはありません。
『せんじゅうに』といっても通じますが(10.12はありえないからね)でもそう言うことはないです(あはははは・・・ゴホゴホ)。逆にメモする時は下2ケタだけの時だってありますし・・・。

いち泌尿器科医から。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。
専門分野の先生からの解答だけに、とても安心しました。

そうですね、「個性」ってことですね。
友人に早速伝えます。
彼女も納得(?)すると思います。

お礼日時:2001/12/12 16:18

60歳くらいなら違うんでしょうけど、もし本当の年齢がもう少し上なら、「正式」の医学部卒業で無い人も、戦争のゴタゴタにまぎれてなってしまった人もいるんです。



時々変な事(正式には)言う年上の医師がいますが、上記または、そういう先生の下についていたとかではないかと
考えて、相手にしない様にしています。"(^_^;)" 

医師も一種の職人的な人もおり、変人は多いです。
又、そうでなくても、他の一般的な社会を知らず、20歳台前半から「先生、先生」とヨイショされている事と、

医学部の凄い勉強量により、「看護婦なんか・・」とか考えてしまう人も多くいます。(本当の事がわかってくると、又はスムーズに病院内の事を運ぶには、コメディカルの人の協力が凄く重要なのがわかってくるんですけどね)
(しかし、我々も普通とは違う事言っても、訂正してくれる人がいない立場ですし、お互いにしないのが暗黙の了解ですので、怖い職業です"(^_^;)"。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>60歳くらいなら違うんでしょうけど、もし本当の年齢がもう少し上なら、
>「正式」の医学部卒業で無い人も、戦争のゴタゴタにまぎれてなってしまった人もいるんです。

そう言った医師もおいでなんですか。
ちょっと怖いですね。

確かに、医師に限らず他の職業の方でも、あまりに専門を追求されているかたは、
一般人からみれば常識がないと思われる方が散見されますね。
人間性の問題が大きいのでしょうが、もしも、非常識な言動に遭遇した場合は、あまり気にせず、考え込まないようにするのがベストなんですね。
ちょっと悲しい気もしますが。

今回は「やっぱりその先生の言っている事のほうがまともじゃない」とわかり、すっきりしました。どうもありがとうございました。

「自分自身の常識、或いは知識が間違っているのか?」と悩んでいるときに、
この「教えてgoo」のようなサイトで皆様のご意見を伺わせていただくと、
非常に参考になります。

お礼日時:2001/12/13 14:57

まず尿比重について


尿比重は、尿中に溶けている全溶質の濃度を示す指標となり、腎における尿の濃縮・希釈能を知る上で重要です。尿量と対比させ、他の定性試験の結果を参照しながら病態を判定します。
 健常人においても水分摂取量、食事の成分、運動負荷、発汗、季節などの環境因子など多くの因子により大きく変化します。
 このため、随時尿1回だけの測定値によって病態を診断することが困難であることもあり、必要に応じてFishberg濃縮試験などを行います。
基準値は 1.002~1.030 です。
我々検査課の人間はちゃんと「いってん、ぜろいちに」といいます。でも尿比重でそんなにかけ離れている人はいませんので単に「じゅうに」とか言う人もいるみたいです。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり「いってん、ぜろいちに」と言う言い方で良いわけですね。
安心しました。
省略で言われる方もあるとのこと、非常に参考になりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/12/13 14:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフェンダーにはバンパーパテ?ポリパテ?

フェンダーの爪折りで塗装が割れて凹凸もできました。
パテ埋めをするのですが、ポリエステルパテとバンパーパテのどちらを選ぶべきでしょうか?

バンパーパテはポリエステルパテの倍の金額するので出来ればポリエステルパテで埋めれたらと思っています。

Aベストアンサー

下地が鉄板なら基本ポリパテになります。
樹脂部品がバンパーパテです。

Q医師会の将来性。医師会の組織率や政治力の低下について、マスコミでも騒がれていますが、今後、医師会が解

医師会の将来性。医師会の組織率や政治力の低下について、マスコミでも騒がれていますが、今後、医師会が解散することはあるのでしょうか。また、新専門医機構などの新たな法人に取って代わることはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

都市部だと、自治体も医師会だよりなところもあるから、しばらくはなくならないんじゃないかな?
開業医は大学や病院以外にも地域の他科の開業医とのつながりもほしいわけだしね。

Qパテ研磨後にもう一度パテ

バンパー(プラスチックぽい)部の補修をしています

そこで質問があるのですが
今パテ(バンパー用ねんどパテ)を塗って明日乾いたら研磨しようと思っています

で、もし気泡等を発見したら、もう一度パテを塗って研磨しなおさなければならないらしいのですが、このとき

1「脱脂」と「バンパープライマー」をもう一度
ねんどパテの上から施さなければならないのか?
2(パテの上にパテを塗る作業なので)「バンパー用ねんどパテ」ではなく「うすづけパテ」で良いのか?

の2点を教えてください

Aベストアンサー

こんばんは。板金屋です。人によって違うと思いますが、二度目はバンパープライマーは要らないと思います。一度目も要らないと思うのですが塗っても問題ないと思います。
脱脂はよっぽど油がついた手で触らない限りは「脱脂」という意味では要らないと思います。ただ、一度目の削りかすをきれいに流す意味でやった方がいいと思います。
薄付けパテは本当に気泡などを埋めるためにしか使わない方がいいです。薄付けパテはラッカーパテといって空気と反応するため厚く塗ると乾きません。
それに痩せが起きるので後から凹んでいきます。
一度目のパテで低くなく整形でき、気泡だけなら薄付けパテでいいでしょう。
低い場合は、硬化剤を使用する2液のパテを使った方がいいと思います。(粘土パテでもOK)
頑張ってください!!

Q医師主導型臨床試験の症例報告書の保管について

医師主導型臨床試験についてお教えください。
症例報告書(原本)はカルテ内保管でいいのでしょうか。

Aベストアンサー

GCPや製薬協の治験110番などを確認してみましたが、明記されていないようですね。

ですので、意見として回答します。

症例報告書の原本をカルテ内保管することは不可と思われます。

一般的に考えまして、医師主導型臨床試験であっても、
資料を保管できる場所と資料保管管理者が必要になり、
その管理手順は手順書で定めておく必要があります。

管理するということは、症例報告書等の資料が治験に関わっている人だけが
必要な時だけ使用・閲覧でき、厳密に言えば、使用・閲覧の履歴も分っている必要がある
ということになります。

複数科を設置している病院などでは、事実上管理が無理ではないかと思います。
他科の医師、看護婦さんが閲覧できる状態になっていたら明らかにまずいです。

個人病院などで、治験に関わっている医師とスタッフだけがすべてのカルテを
使用・閲覧可能など特殊な場合に限っては可能と思われます。

Qパテを溶くとき

家は、シンナーを使用しづらいのですが、溶きパテを作りたいです。
接着剤はリモネンを使用しています。
そこで、溶きパテを作るとき、パテ(ごく普通のパテです)とリモネンで溶きパテを作ることが出来ますか?

未成年なので薄め液は買いづらいです

Aベストアンサー

接着剤で作ると 母材を侵食しますのでお勧めできません
 やはり薄め液が一番だと思います 
 タミヤの物を購入して、水性用の塗料薄め液を買うというのはどうでしょう 未成年で何か言われるのでしたら 親御さんを買いに行くと良いと思いますよ

Q訪問介護師と訪問看護師の【医師への報告内容の性質の違い】についてお教え

訪問介護師と訪問看護師の【医師への報告内容の性質の違い】についてお教え下さい。

ある現場の方から以下のようなことを教えて頂いたことがあります。

(1)訪問看護師からの医師への報告内容は、比較的、事前に定められた項目(計測した数値、所見の有無についての Tes/Noなど)を「デジタルに(回答形式で)」報告するケースが多い

(2)訪問介護師からの医師への報告内容は、訪問看護師のそれと比較して、より洞察的というか定性的というか、より「アナログ文章的な(日記のような)報告」を行うケースが多い(例:顔色はいつもと比較してやや青みがかっており、本人の歩行の意欲も弱くなってきており、家族の話によれば声かけにも今日はあまり反応しないようです・・などなど)

この違いが本当にあるとするならば、どのような背景で両者にこのようなニュアンスの違いが生まれるのでしょうか?(彼ら/彼女らに対する「指示書」への回答書式などからくる違いなのでしょうか?)
もし、現場に携わっておられる方で、この(1)(2)の違いに明るい方がいらっしゃいましたら、どうかお教え下さい。

当方、在宅と医師との間のコミュニケーションを促進させるための情報システム化の検討を行っています。宜しくお願い申し上げます。

訪問介護師と訪問看護師の【医師への報告内容の性質の違い】についてお教え下さい。

ある現場の方から以下のようなことを教えて頂いたことがあります。

(1)訪問看護師からの医師への報告内容は、比較的、事前に定められた項目(計測した数値、所見の有無についての Tes/Noなど)を「デジタルに(回答形式で)」報告するケースが多い

(2)訪問介護師からの医師への報告内容は、訪問看護師のそれと比較して、より洞察的というか定性的というか、より「アナログ文章的な(日記のような)報告」を行うケースが...続きを読む

Aベストアンサー

在宅看護の教員をしています。

訪問介護師(厳密にいうとそういう職種はなく、訪問介護業務をする訪問介護員か介護福祉士ですね。)は、医療職ではないので、基本的には症状の程度を評価したりする勉強をしていませんから、そうした表現にならざるを得ないのだと思います。

看護師は、異常があるかなと判断したら、血圧を測定したり、医師ほどでなくても体の所見を取るトレーニングを受けていますので、医師が必要とする情報を数値や有無で伝えることができると思います。

お答えになっているでしょうか?

Qカウルの穴をパテで補修して塗装したのですが、パテやせしてしまいました(’’;)

カウルの穴をパテで補修して塗装したのですが、パテやせしてしまいました。

行程としては

カウルのウインカーの部分の穴を埋めてしまう為に
Holtsの厚塗り用の2液エポキシパテで埋めました。
穴を埋めた後に、カウルの部分とパテでうめた穴の部分が平坦になるように
ペーパーで研磨しました。

その後サフェーさーを吹いて、ウレタンブラックで塗装しました。

塗装直後はきちんと平坦になっていたのですが、
1ヶ月ほどたったときにパテでもった丸い部分が
くっきりと塗装面にでるようになってしまいました。

いろいろ調べたらパテがやせてしまっているようです。

もう一度同じパテでパテもりし直そうと思うのですが、
またパテやせしない為に注意点などありましたら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

穴が開いてるとパテ打ちしてもそれが凹んだりするので、そーならないように、裏側から穴を塞ぎます。

アルミなどの金属板を2液タイプのエポキシボンドで接着してそれをベースとして、パテが裏に抜けないようにします、そしてパテを盛れば痩せる事はありません(厚塗りしたら痩せますが)

板金屋さんで変わらないのは、裏にボディの鉄板があるからですね。穴が開いてる時は必ず塞ぎます

Q医師と歯科医師はなぜ別の学部?

医師に関係する大学の学部で、医学部と歯学部はなぜ別々になっているのでしょうか。

要求される知識または技術が全く違うのでしょうか。

疑問に思ったので質問させていただきました。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

歴史や現状認識というのは人の思惑によって解釈が違うので、断言するわけには行きませんが…

古代では両方とも辛い症状を緩和するという点では同じ立場だったと思います。しかし医学は内科的に薬剤で治療するのが主でしたし、歯学は鎮痛と抜歯のような外科処置が主だったと思います。
更に呪術的要素が組み込まれて、医学は薬学中心に、歯学は外科中心に発展した段階で分かれていったのでしょう。
現代では、世界の中には医学を修得してから歯学を学ぶというシステムを採る国もあります。(ドコとどこかは古い知識なので割愛します)
日本では完全に分離していますが、歯学部の学生は基礎医学や歯科領域に症状の出る病気など歯科領域に関係する全身疾患、耳鼻科や眼科を主とした頭部中心の医学を修得します。
医学部がどれほど歯科に関して学ぶかは全く不明ですが、歯科医が以下領域の知識の多くを忘れてしまう以上に、医師は歯科領域の知識は無いでしょう(自習している人を除く)
しかし、医師のプライドの高さとそれに影響された国の政策により、医師が歯科領域の処置を行なう事に対してはかなり緩いのに対し、歯科医が医科の領域を侵すことに関しては、非常に排他的であることは明白ですし、多くの病院や研究施設において蔑視されている事も事実です。
医科・歯科併設の大学でも、両方の学問を理解する事は殆どありません。
しかしWHOが発表しているように、老人の誤嚥性肺炎の多くは口腔内常在菌ですし、簡単な話、物をしっかり噛まずに食べると胃腸に負担がかかったり、脳への血流も制限されるなど、全身的に大きな影響を及ぼす事はよく知られる事です。寝たきりの老人が食べ方を教えると自立する症例もある事は良く知られています。

「飛行機で急患が発生した場合に医者を求められ、手を上げられないのは日本人だけ」と揶揄されるように、その落差は大きいです。よって、日本でも歯科医の医学的知識の充実が望まれますが、世界中で医学修得後に歯科医資格を修得する事が義務化されても、日本ではかなり無理でしょうね。
今、60歳を越える歯医者の中には聴診や打診が医師より上手い人も、両方の資格を有する人も多いですが、今では無理でしょう。
また、事故で顎を損傷した場合、整形外科や形成外科医ではマトモに噛める再生ができず、後で口腔外科医が再手術事例も多いです。私の母校では比較的病院が近いため、その様の手術があると最初から携わる方策が出来ていました。(今は教授が変わったので判りません)
先日の対立のように、救急救命の場においても、医師会のプライドの為に、歯科医は世界に逆行する大きな制限を受けています。

私個人的には、国家試験に救命処置を含めた医学的知識を重視するべきだと思いますがね…。

歴史や現状認識というのは人の思惑によって解釈が違うので、断言するわけには行きませんが…

古代では両方とも辛い症状を緩和するという点では同じ立場だったと思います。しかし医学は内科的に薬剤で治療するのが主でしたし、歯学は鎮痛と抜歯のような外科処置が主だったと思います。
更に呪術的要素が組み込まれて、医学は薬学中心に、歯学は外科中心に発展した段階で分かれていったのでしょう。
現代では、世界の中には医学を修得してから歯学を学ぶというシステムを採る国もあります。(ドコとどこかは古い...続きを読む

Qプラサフの上にパテ盛りは出来ますか?

どうぞ よろしくお願いします。

車の下回りに削り傷をつけてしまいました。
自分でパテ埋めして塗装しても目立たない箇所なので
自分で塗装しようと思います。

やった事があるので、仕上がりの程度などはわかっています。

質門したいのは、プラサフを塗った上に再度パテ盛りをするのは可能かという件です。

パテ作業に数日かけたいと思っていますが、
車を修理作業中でも通勤に使いたいので、
雨対策として、パテの上にプラサフを吹いておきたいです。

後日にプラサフを脱脂したら剥離しなくてもパテ盛りしても大丈夫なのでしょうか。

材料はsoft99の厚づけパテ、薄づけパテ、ボデーペンホワイトプラサフを使います。

Aベストアンサー

大丈夫です。

「プラサフ」は「プライマー&サフェーサー」です。

プライマーは下地と上塗り双方の密着性を上げるものなので、上に塗料で無くパテが載っても大丈夫です。

サフェーサーは「平坦化」「均一化」「目止め」の目的なのでパテに関して特に関与しません。

作業前に脱脂を予定しているという事なのであとは心配ないかと。

「プライマー」単体では物によっては上塗り施工期間に制限があるものもあるので、今後また作業をする機会に入手する際はご注意を。

Q尿の量と尿を溜める方法について

以前にも残尿感について質問させていただきました。

30代の女です。

残尿感と頻尿の症状が気になるので、泌尿器科で検査をしてもらったのですが、
膀胱炎もなく、膀胱も腎臓もとくに問題ないと言われました。

尿意を感じても出来るだけ我慢して、300~350mlくらい溜めるようにしてください
と言われ、計量カップをもらいました。

以来、トイレに行く度に尿の量を計っているのですが、けっこう我慢してもう漏れそう
な状態で計っても150~200mlくらいしかありません。
これってかなり少ないほうなのでしょうか?

だいたい前回の排尿から2時間~3時間くらいは我慢できるのですが・・・

ただ我慢しているという状態が続くので、精神的にかなりつらいです。

また、尿を我慢しすぎるのも体には良くないと聞きますので、どれくら我慢するべきか
悩んでいます。

うまく尿を溜める方法とかあるでしょうか?

Aベストアンサー

尿意を催すのは膀胱が満杯になるだけでなく、膀胱の周りのC繊維が活性化(過敏になること)が要因だそうです。老人のトイレが近くなるのは、ほとんどがこれが原因だそうです。まだ30代とのことですが、150mlで我慢できなくなるのは不便ですね。
日常的にオシッコを我慢する癖をつけると、C繊維の活性化が抑えられて、尿意が弱まるそうです。つまり、ある程度訓練(オシッコの我慢)で尿意を押さえられるようになるのです。私の経験ではかなり効果がありました。夜中に3度ぐらいオシッコで目が覚めましたが、今は1度で済みます。どこへも出かけず、ご自宅におられるときに、少しずつ我慢する訓練(行きたくなっても10分は我慢するとか)をされたら如何でしょう。私の経験では、2~3ヶ月で効果が出てきます。


人気Q&Aランキング