創業したばかりの小企業です。
3年後の目標資金を必達させるために役員報酬をもらわずに、自分の貯金を取り崩して生活しています。しかし、税務上、役員報酬を受け取ったほうがいいとも聞きました。実際生活はら楽ではありません。どうしたらいいかアドバイスをいただきたいです。よろしくお願いします。(まだ、税理士さんとの付き合いはありませんで)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

役員報酬を0にしていけないことは有りませんが、税務署としては、何か裏金で生活しているのではないかと勘ぐる場合もあります。


又、会社が利益がでているのでしたら、役員報酬を取って所得税を納めて、会社の利益を少なくした方が、年間400万円位までは法人税の税率よりも、所得税の税率が低いので、トータルで考えたら税金が少なくなります。
ただし、役員賞与は経費になりませんから、役員報酬で取りましょう。

また、その結果、会社の資金繰りが苦しくなったら、個人から会社に現金を貸して、会社では「借入金」として受け入れればよいでしょう。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
アドバイス助かります。
早速対応いたします。

お礼日時:2001/12/19 09:18

 以前にも同じ様なご質問がありました。



 どんなに赤字でも生活に必要な最低限の給料位は貰って、会社のお金が無くなったら自分の預金や、個人の借入金から会社に貸すと言う方法が良いと思います。

 その際銀行の口座は会社用と個人用を明確に区別して、口座を介して入れたり出したりし、振込手数料分は勿体ないですが、実際にお金を動かして下さい。
 すると、税務署に細かい説明がいりませんし、会社の真の実力が見えてきます。
 創業から16年たっていますが、未だにお金の出し入れは出来るだけ銀行の口座に頼っています。

 実際の生活と、企業の帳簿上の収益または、損失は社長のバランス感覚しか無いでしょうが、後日利益さえ出せられればその時は、堂々と回収できます。

 16年前の無い無い尽くしでも、希望に溢れていた頃を思い出します。 頑張って下さい。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=169523
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
私金と公金をわけて収支管理をする。
大事ですよね。
税務署対策として使わせていただきます。
感謝します。

お礼日時:2001/12/19 09:20

サッチーの脱税でも「架空の役員報酬」がありました。


報酬として支払ったぶんは、税金の対象ではありませんから、税務署にもっていかれるぐらいなら、堂々と報酬を受け取ったらいかがでしょう。そのぶんの所得税のほうが少ないはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>税務署にもっていかれるぐらいなら、堂々と報酬を受け取ったらいかがでしょう。
まったくそのとおりですネ。
ちょっと考えてみます♪

お礼日時:2001/12/19 09:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業の 確定申告の やり方が よくわかりません どのように したら よいですか

個人事業の 確定申告の やり方が よくわかりません どのように したら よいですか

Aベストアンサー

勉強すれば分かります。
誰でもやってる事だから。


確定申告とは?初めての方に1から分かりやすく説明
http://biz-owner.net/kakutei/hajimete

白色申告での帳簿づけの方法
http://biz-owner.net/shiro/yarukoto

国税庁>…>事業主と税金
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto316.htm

頑張って下さい。v(^^;

Q創業時の役員報酬について

ソフトウェアを作成し、サービスを提供しようと考えてます。
作成には1年かかり、1年後から利益が出る予定です。
初年度は全く利益が出ません。

[質問]
初年度は税金面を考え役員報酬を決定したいのですが、
役員報酬を初年度8万、源泉税ゼロにするのは問題ありますでしょうか?
次年度は60万程度にする予定です。

過去の投稿を参考させていただいたのですが、
安すぎると労働基準法に引っかかることがあるとの話でした。

Aベストアンサー

法人の役員は、下記の使用者の意義における事業の経営担当者に該当し、
労働基準法上の労働者に該当しないので、同法の保護の対象にはならない
でしょう。


労働基準法
第十条 この法律で使用者とは、事業主又は事業の経営担当者その他
その事業の労働者に関する事項について、事業主のために行為をする
すべての者をいう。

Q副業での個人事業の場合、屋号名義と個人名義で2種類確定申告が必要ですか?

教えて下さい。 昨年、週末副業で個人事業を始めました。これまでの給与所得者(不動産収入ありで毎年確定申告)としての個人名義での確定申告と、開業時に届け出た屋号名義での確定申告の、2通(種類)の「確定申告書B」を提出する必要があるのでしょうか? それとも、合算してひとつの「確定申告書B」を提出すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

確定申告は個人名で行うので、確定申告書は1通です。
所得額は、個人の所得全てを合算して計算するので、事業単位に決算書を作成して、確定申告書に所得額(給与・不動産・副業)を記入し、合算して算出します。

Q役員退職金規程で創業者以外の役員に退職金を支払わないことは可能ですか

退職金規程は役員のものと一般社員のものがあります。
当社は役員に退職金を払う余裕はありませんが、創業者だけ敬意を表し退職金を払いたいと思いますが、
このようなある意味では不平等な規程は作成可能でしょうか。

Aベストアンサー

規定ではできませんが、支給については、他の役員の合意がありまた、株主総会の決定もあれば可能です。

Q個人事業の確定申告とその事業主の確定申告

初めて質問させて頂きます。ご回答よろしくお願い致します。
■今年春より個人開業したいと思いますが、確定申告についてお尋ねします。事業所得と個人所得があると聞きましたが・・・。

■確定申告は、その個人事業所の「事業所得についての確定申告」とその個人事業所より給与をもらっている「個人(開業者本人)の確定申告」をしなければならないのでしょうか。

■年間売上が何千万となる可能性はなく、数百万でもどうか・・といったところです。したがって事業所得から従事者個人(開業者本人1名)の給与を経費として差し引くと事業所得はほとんど残らないことになりますが・・・。

■それであれば、事業所得の確定申告は不要で、その個人所得のみを確定申告すれば良いのでしょうか?それとも個人事業所はその開業者個人と一体と見なし、個人所得の確定申告だけで良い・・ということなのでしょうか?ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>事業所得と個人所得があると聞きましたが…

誰に聞きましたか。
そのような考え方はありません。

>その個人事業所の「事業所得についての確定申告」とその個人事業所より給与をもらっている「個人(開業者本人)の確定申告」を…

そのようなことはありません。

>事業所得から従事者個人(開業者本人1名)の給与を経費として差し引くと…

自分で自分に給与を払うことはありません。
事業で得たお金を生活費に回すことは「事業主貸」と言い、給与ではありません。

>それとも個人事業所はその開業者個人と一体と見なし、個人所得の確定申告だけで良い…

そういうことです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q役員賞与、役員報酬の分類項目

(1)
(a)損益計算書
(b)貸借対照表
(c)株主資本等変動計算書
においては、役員報酬、役員賞与は何という項目に含まれるのでしょうか。全くの素人のため、例えば繰越利益剰余金に含まれる場合であれば、「利益剰余金に含まれる」だはなく「利益剰余金の中の繰越利益剰余金に含まれる」のように大区分とできるだけ詳しい小区分をを教えていただけると有り難いのですが。

(2)上記(1)のことは、会社計算規則に書かれているのでしょうか。書かれている場合、第何条に書かれているのでしょうか。

Aベストアンサー

>役員報酬、役員賞与は、貸借対照表には計上しないということでしょうか。
複式簿記の原理からして、計上し得ません。
この質問はあまりに強烈過ぎます。あなたの知識がこのような質問をするレベル(会計の前提が全く分かっていない)では、自力で決算を組むのは絶対に無理です。専門家に依頼すべきです。

Q個人での確定申告・・・

派遣で働いているものですが、派遣会社へ期限内に確定申告書を送付することが出来ませんでした。
その場合、来年一月下旬に個人で確定申告をすることになっています。
個人での確定申告って難しいものですか?
経験された方の経験だどお教えください。

Aベストアンサー

個人での確定申告は簡単です。

通常は以下のURLからパソコンで書類作成をクリック後、書面提出をクリックして、『既にご利用環境を確認済みの場合、こちらのチェックボックスから全ての項目に一括でチェックを入れることができます。』の下の以下のチェックボックスにチェックを入れ、

□このパソコンの環境における、下記のチェック項目については、全て確認済みです。

書類を作って印刷し、役所へ持っていくだけです。

https://www.keisan.nta.go.jp/h24/ta_top.htm

Q役員報酬の増額・役員賞与について

法人の役員報酬・役員賞与の関係で教えて下さい。3月決算の会社で、事業年度が平成18年4月1日から平成19年3月31日の会計期間について教えて下さい。法人税法が改正されたことに伴い、役員報酬の取り扱いが定期同額給与へ変更されたとお聞きしました。例えば、期中で利益がでているので、11月分から役員報酬の金額を増額するといったことは、全く認められないという考え方でよろしいのでしょうか。もし役員報酬の金額を変更するのであれば、平成19年3月31日の決算終了後、3ヶ月以内(平成19年の7月分の報酬から金額を変更)に変更するしか、方法はないのでしょうか。
また、事前に税務署へ届出書を提出すれば、役員賞与を損金に計上することが出来るということですが、この会社の場合の届出書の提出期限は、平成18年の6月30日になるので、今期の役員賞与はもう計上出来ないのでしょうか。
まだ、よく分かっていないので、お分かりになる方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

>例えば、期中で利益がでているので、11月分から役員報酬の金額を増額するといったことは、全く認められないという考え方でよろしいのでしょうか。

増額すること自体は可能ですが、定期同額給与に該当しないため、増額部分は損金不算入となります。定期同額給与という面で見れば「認められない」ということになります。
http://www.tax01.com/modules/tinyd6/index.php?id=16

>届出書の提出期限は、平成18年の6月30日になるので、今期の役員賞与はもう計上出来ないのでしょうか。

支給することはできますが、税務上の損金算入要件(定期同額給与、事前確定届出給与、利益連動給与)を満たさないので、全額損金不算入です。

Q個人事業主で給与所得者の確定申告について

現在給与所得者にして、個人事業も行っているものです。
税務署に青色申告の申し出は行ってあります。
この場合、確定申告に必要なのは確定申告書Bのみでいいのでしょうか?

市販の確定申告ソフト(やよい)を使用したところ、給与所得に対応する入力が見つからなかったので、多少困惑しています…。

よろしくご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

>確定申告に必要なのは確定申告書Bのみでいいのでしょうか…

「青色申告決算書」が必用です。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/13.pdf

あと、給与の「源泉徴収票」や、生保などを掛けているならその「控除証明書」なども。

>市販の確定申告ソフト(やよい)を使用したところ、給与所得に対応する入力が見つからなかったので…

それは、「青色申告決算書」を作成する過程でしょう。
事業所得と給与所得とは、青色申告決算書ではなく「確定申告書 B」で合算します。

Q報酬未払いの場合「未払役員報酬」で仕訳しないと駄目?

色々判らない事があって質問が多くてすみません…。

昨年10月に営業開始した株式会社です。
役員報酬を月末締め、翌月末払いで行っています。
相手先から売上金が入るのが12月に入ってからだった為にお金が無く、10月分の役員報酬は12月10日になってからでした。

検索してみると、多くの方が月末締めの時点で「未払役員報酬」として処理されている様だったのですが、締めの時点で未払い処理するのが普通のやり方なんですか?
交通費も10月の分を11月末に払うという後払い形式です。

例えば下記の様なやり方は間違いですか?
(1)月末締め→仕訳なし、翌月末→未払金100/未払役員報酬90
                     /未払旅費交通費10
  支払い時→未払役員報酬90 /未払金100
       未払旅費交通費10/
       役員報酬90/普通預金90
       交通費10 /預り金10
(2)月末締め→仕訳なし、翌月末→仕訳なし
  支払い時→役員報酬90/普通預金90
       交通費10/預り金10

色々判らない事があって質問が多くてすみません…。

昨年10月に営業開始した株式会社です。
役員報酬を月末締め、翌月末払いで行っています。
相手先から売上金が入るのが12月に入ってからだった為にお金が無く、10月分の役員報酬は12月10日になってからでした。

検索してみると、多くの方が月末締めの時点で「未払役員報酬」として処理されている様だったのですが、締めの時点で未払い処理するのが普通のやり方なんですか?
交通費も10月の分を11月末に払うという後払い形式です。

例えば下記の様なや...続きを読む

Aベストアンサー

>例えば下記の様なやり方は間違いですか?

間違いです。

◇発生主義経理の場合:(4月分役員報酬について)

(1)4月30日
〔借方〕役員報酬90/〔貸方〕未払費用100
〔借方〕旅費交通費10/

(2)5月31日
仕訳なし。

(3)6月20日(支払の日)
〔借方〕未払費用100/〔貸方〕普通預金90
〔借方〕……{空欄}…/〔貸方〕預り金10

※未払費用:未払役員報酬でもよい。

◇現金主義経理の場合:(4月分役員報酬について)

(1)4月30日
仕訳なし。

(2)5月31日
仕訳なし。

(3)6月20日(支払の日)
〔借方〕役員報酬90/〔貸方〕普通預金90
〔借方〕旅費交通費10/〔貸方〕預り金10


人気Q&Aランキング

おすすめ情報