ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

小さいながらもビジネスとして仕事をしていますが領袖しか欠いたことがありません。

WEBの制作が主ですが、
商品を受け渡しした際、実際には何が必要なのでしょうか?
納品書?明細書?請求書?

請求書は振込みのときだけ書いていました(振込先がわかるため)実際はその場の取引でもいるのでしょうか?

仕事をきちんとしていく上で今後、行っていきたいと思っています。
回答宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

お仕事の流れとしては



1・仕事の依頼が来る。

2・見積もり・スケジュールを出す
(金額・納期がはじめから決まっていれば4へ)

3.金額決定・スケジュール決定

4.クライアントから発注書を出してもらう
フリーランスの場合は業務委託契約書を結ぶ場合もあります。
(発注書が必要ない場合もあります。信頼関係があって確実に金額を払ってもらえる場合とか)

5.お仕事開始

6.納品

7・納品書を出す
(納品書が要らない場合は8へ)

8・請求書を出す

9・入金

という形が基本だと思います。
クライアントや制作物の規模にもよるので
絶対に発注書、業務委託契約書、納品書が必要だとは言い切れません。
製作途中で、ボリュームや期間が増える場合もあり料金に変動が出てくる場合もあるので、最初の発注書で金額が決定しないこともあると思います。

ただ、お金は甘く見てると痛い目にあう可能性もあるので
(お金払わずに逃げられたとか。)
確実に金額を証明した書類はかならず必要ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういえば以前逃げられたことがあるような、、、

回答いただけたおかげで入金までの流れが頭に入りました。
わかりやすく教えてくださり、ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/11 03:56

支払条件によります。


末締めでしたら、商品を納品した際に納品書を渡し、月末に請求書を渡します。
ただし単発の仕事の場合は納品書兼請求書を納品時に渡せばいいでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

時と場合ということですね!
ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/11 03:53

相手の事情に合わせるのが一般的と思いますよ。


相手の伝票処理の方法が都度現金払いや月締めだったり 経理と仕入れが分かれていたり 納品書と都度請求がいるとか 月締めの請求が要るとかあります。
契約する時に相手に取引条件を書いてもらうのが一番簡単です
なるべく簡単に記入できる フォームを用意するほうが良いですね
振込み手数料は売り手負担が多いです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃるとおりですね!
お客様の都合に合わせるのが一番ですね。

お礼日時:2006/02/11 03:52

ウェブ制作で、納品書を催促してくる会社ってそんなに無いと思うのですが、


納品書兼請求書ってタイトルで、納品日・納品形式なども記載して
最後に請求額と内訳を記載すれば良いかと思います。

この回答への補足

兼用で十分かもしれないですね。
一連の流れ的には、、

仕事の依頼が来る

見積書を出す

金額に折り合えがつけば製作開始

何度か校正し、完成WEBをクライアントに最終確認

納品書兼請求書を渡す。

現金もしくは振込みにて入金

領収を切る

という流れが自然でしょうか??

補足日時:2006/02/10 04:43
    • good
    • 0

納品書 : 物品、労働、作業等を行ったことを相手に知らせるために渡す書類。



請求書 : 上記の物品、労働、作業等の対価(お金)を相手に請求する時に渡す書類。

WEBの制作であれば、依頼されたものができた段階で、商品に納品書及び明細書を添付して渡し、受領書をもらう。
その後、月末などに請求書を送るのが普通ではないでしょうか。(納品と同時に請求書を渡してもかまいませんが)

この回答への補足

普段の一連の流れ的には、、

仕事の依頼が来る

見積書を出す

金額に折り合えがつけば製作開始

何度か校正し、完成WEBをクライアントに最終確認

現金もしくは振込みにて入金

領収を切る

という流れがいままででした。
しかし、いったん納品し後日請求書を郵送するのが一般的なのでしょうか?
その際支払期限は何時までとすればいいのでしょうか?
郵送するということは相手様が振り込むということですよね?
振り込み手数料も考慮した方がいいのでしょうか?

どうか、回答宜しくお願いいたします。

補足日時:2006/02/10 04:51
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q納付書と払込書の違い・指定管理者からの収納金を受けるときはどっち?

詳しい方教えてください。
この両者ってどう違うのでしょうか。
わかっているようでわかりません。

また指定管理者から収納金等を受けるときは
納付書、払込書どちらによるべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

納付書は調定額を納入義務者に通知するもの(=納入通知書)で、払込書は窓口で現金収納したものを出納員が指定金融機関に払込む際に使用するものです。
つまり、納めてもらう段階で調定がすんでいるかいないか、払込むのが納入義務者本人か徴収の担当者かの違いです。

指定管理者については詳しくありませんが、当該業務に係る徴収・収納業務についても当該管理者に委託する場合は、以上のことから払込書によると考えられます。

Q仕切書って、具体的にどういうときに使うものなのですか?

タイトルどおりなのですが、仕切書って、どういうもので、
具体的にどういうときに使うものなのか教えていただきたいのですが・・・。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1の追加です。

仕切書としてだけなく、空白に文字を入れることで納品書・請求書・受領書など、用途に応じて自由に使えます。
複写式の場合は、1組で納品書・請求書、納品書・受領書などの組み合わせも出来ます。

Q▲△帳簿に書く時どっちがマイナスでしたっけ?

▲と△ですが、どっちがプラスかマイナスか教えてください。

Aベストアンサー

マイナスを表記するときだけ、△を使うケースがあります。確定申告書がそうです。
どちらか一方の場合は、プラスには無表記、マイナスには△か▲、両方使うときはプラスで△、マイナスで▲でしょうか。

Q「ご質問があります」「ご回答いたします」 この「ご」はいるの?

先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。」という一文がありました。相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。
自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか?
また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか?
仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。

ちなみに私は下記のようにしています。
質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」
回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。

Aベストアンサー

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと用法的には全く一緒です。

でも、感覚的な問題で「ご質問致します」「ご回答致します」は敬語の使い方としておかしい!と思っている方も多いですから、seven_heavenさんの仰る通り、「ご質問いたします」と書いてくる相手には「ご回答いたします」、そうでない相手には「ご」無しが無難だと思います(^^。

私の場合、質問があるときには、seven_heavenの書かれている例の他、
「いくつかおうかがいしたい点がございます」
も使ったりします。
回答の場合は、(「ご回答」を避けるために)
「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」
と書いたりします。


ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^;

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと...続きを読む

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Qエクセルでセル内に斜線を引くには

Excel97です。表を作成し、いくつかのセル内で斜線を引きたいのですが、どういう操作をしたらいいですか、ご教示ください。

Aベストアンサー

下記のURLを参照してください。
写真いりでわかりやすくなっています。

参考URL:http://www.excel-jiten.net/cell_format/ruled_line_change_slash.html

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q領収書と納品書の違いについて教えてください

よろしくお願いします。
領収書と納品書の違いがよくわかりません。
この二つはどういった状況で必要になるのでしょうか?

・領収書は金銭と商品(サービス)の交換があったときは必ず発行されるもの。コンビニのレシートなど
・納品書は?

すいませんが教えてください。

Aベストアンサー

【納品書】
物品等を納品したときに添付する明細書。納品書は現金の授受とは関係なく、掛けの仕入れでも発行される。
「日付」、「品名」、「型式・サイズ等」、「数量」「納品者(社)名」が必須。
ほかに、「納品先名」、「単価」、「合計金額」、「伝票番号」その他が書かれることもある。


【領収証】
現金または有価証券等を受け取ったことの証拠書類。
「日付」、「あて名」、「領収者(社)名」、「金額」、「現金、約手等の種別」が必須。消費税に関する記述があることもある。
納品書や請求書と複写式伝票として作られる場合は、「品名」や「数量」等が書かれることもある。

Q納付の意味とは

期が3/1~2月末の企業に努めています。

先週末、経理の人が「昨日納付が完了しました」と言っていたのを
聞いたのですが、これは帳簿をしめて税務署に提出したという意味
なのでしょうか? それとも法人税などを収めた、という意味に
なるんでしょうか?

本来なら経理の人に聞けばいいだけなんですが、何というか人間的に
問題のある方で、それがあなたにどう関係あるの? と怒られそうなので
聞くことができません。

ご存知の方、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

1番の人に補足しますと
法人の納付とは、法人税・事業税・都道府県民税・市長村民税そして消費税などです。
源泉所得税でございますが、こちらは毎月10日が納付期限となっています。

納付 とは
『税金を収める』という意味ですので、必ずしも決算確定後の税務申告納付だとは限りません。
(一般的にはそう考えますが・・・)

例えば私くしの会社では12月末が決算期となっていますが、税務署(都道府県民税事務所など)に『納期の延長の特例の申請』をしていますので 法人などの納期限は2月末まで、 ところが決算の確定するのが3月31日ですので
2月末までに、『予定納付』(若しくは見込み納付)を行い決算が確定する3月31日に、確定納付(還付請求)しています。
大きな会社(私は小さな会社ですが)の場合このような納付方法をされている会社が多いです。

したがって、<これは帳簿をしめて税務署に提出したという意味
なのでしょうか?>
これは一概にそうです ともいえませんですね。

Q消費税の計算方法(小数点以下)について

とても無知な質問でスミマセン…(汗)
今まで気にしていなかったのですが、仕事で急遽知りたくて質問させていただきます。

消費税の計算をした場合に小数点以下の部分は四捨五入なのか切り捨てになるのかどちらなのでしょう?
少し検索してみたのですが、決定的なものが見当たらず(焦っているので見つけれないだけかもしれませんが…)

これは必ずしもどちらかに決まっていないのでしょうか?
もし決まっていないとしたら普通はどちらが多いのですか?

ご存知の方、教えて下さい!!

Aベストアンサー

取引のときということでいいのでしょうか。それとも申告書の書き方?
申告の場合は端数はそれぞれの箇所で切捨てに関する規定があって、基本は切り捨てみたいですが、端数処理しないというところもあります。

参考URLは消費者向けの価格表示に関するものですが、
> なお、総額表示の義務付けに伴い税込価格の設定を行う場合において、 1円未満の端数が生じるときは、当該端数を四捨五入、切捨て又は切上げのいずれの方法により処理しても差し支えなく、また、当該端数処理を行わず、円未満の端数を表示する場合であっても、税込価格が表示されていれば、総額表示の義務付けに反するものではないことに留意する。

となっています。これは事業者向けでも同じだろうと思います。

普通はどうかといわれると、あくまで個人的な感触ですが、普通は切捨てじゃないかと・・・。そうあってほしい。
ただ、EXCELなどで請求書を作ると、端数処理せず、端数の表示もしない設定だと、自動的に四捨五入した数値が表示されるので、四捨五入の場合も結構あるのではないかと思います。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kobetu/syouhi/2323/01.htm

取引のときということでいいのでしょうか。それとも申告書の書き方?
申告の場合は端数はそれぞれの箇所で切捨てに関する規定があって、基本は切り捨てみたいですが、端数処理しないというところもあります。

参考URLは消費者向けの価格表示に関するものですが、
> なお、総額表示の義務付けに伴い税込価格の設定を行う場合において、 1円未満の端数が生じるときは、当該端数を四捨五入、切捨て又は切上げのいずれの方法により処理しても差し支えなく、また、当該端数処理を行わず、円未満の端数を表示する...続きを読む


人気Q&Aランキング