最新閲覧日:

よく保険制度の中で「償還払い」という言葉を耳にします。一旦、各医療機関の窓口で料金を支払い、その後、申請をしてその料金をもらう。という概要だけはわかったのですが、どういう申請をして、どこでもらうのかがよくわかりません。また、お金の回り方がどうもややこしい感じがします。
「償還払い」をするメリットについてもあれば教えていただければ、と思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 償還払いの申請は、加入している保険者に対して行いますので、国民健康保険であれば市町村役場の国民健康保険担当課、社会保険であれば勤務している事業所を経由して社会保険事務所、健康保険組合であれば勤務している事業所を経由して健康保険組合、などのように加入している保険者に領収書を添付して請求することになります。

申請後、審査を経て償還される金額は、直接請求者に現金か口座払いで支払われます。保険者が医療機関に医療費を支払うのと同じように、被保険者に医療費を支払うものです。

 メリットについては、本来であれば保険給付を適用させて、自己負担割合に応じた額(医療費の2・3割)を支払えばそれで終わりなのですが、制度上保険給付の適用が受けられない場合に、いったん全額を支払い、償還払いによって保険適用後の自己負担額の負担と同様にすることになります。

 請求方法は、いったん医療費の全額を支払いますので、その領収書と印鑑を持参して、保険者に請求します。償還払いの種類は、コルセットや治療用補装具代、保険証を持たず診療を受けた場合、入院時の食事代が減額になった場合の差額、などがあります。いずれも、制度上保険適用が出来ませんので、償還払いによって保険適用をさせた形に自己負担額を清算するものです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

迅速な回答、ありがとうございました。
今後の参考とさせていただきます。

お礼日時:2002/01/10 10:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ