先日信号待ちをしているところに後ろの車が追突してきて、私はむちうち症になり、通院をしました。内容は11月1日より12月24日の間に整形外科1日・接骨院45日です。私の仕事は自営業です。仕事は休業はしませんでしたが、接骨院に通っているときには1日約1時間その間仕事が出来なくなりました。交通費ですが車で毎日通いました(往復2キロ位)。使用する保険は自分で加入しております人身傷害保険です。どうぞ算定よろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

慰謝料は自賠責から支出されます。



4100円/日×46日=188,600円

交通費については
(例)燃費10キロ/リットルとして
2キロ×46日=92キロ
92キロ÷10キロ=9.2リットル
9.2リットル×100円/リットル=920円

簡単ですが以上のような計算になると思います。

休業損害は通院により逸失利益があったかどうかが焦点になると思います。
仕事を完全に休んでいた場合は問題なく休業損害も支出されます。
なお、慰謝料と休業損害はどちらも自賠責から支出され、
慰謝料と休業損害の両方の補償等を得ることができます。
    • good
    • 0

手元にある「交通事故損害額算定基準=日弁連」の慰謝料欄によりますと、通院1ヶ月で16万円から29万円、2ヶ月で31万円から57万円と書いてあります。

相当のハバがあります。実際の裁判所の判断はこれより安くなっています。
    • good
    • 0

慰謝料という名目ではなく、休業損害の補填という形で支払われるはずです。


それを算定する基準は、前年の確定申告によって計算されるはずですよ。
そして通院46日分(最大46日休業)として計算されるはずです。
また、前年が赤字申告であれば、所得は主婦業で換算されるはずです。
あれ?相手の車は無保険?

この回答への補足

相手は自賠責保険しかかにゅうしていませんでした。

補足日時:2002/01/10 23:31
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q研修時の交通費は課税?非課税?

給与時の交通費の考え方(課税、非課税)について質問です。

通常通勤交通費(車通勤)は、往復距離×@15円で出勤日数を計算し、支給しています。
片道6.5kmの場合、非課税交通費限度額は4,100円になると思います。

例えば15日出勤したとすると、15日×(6.5×2)×15=2,925円の支給となります。
この15日の他に、別の場所で研修があり、その分の交通費=電車代が別途3,000円かかったとします。

この場合、交通費を給与で支払うとすれば、2,925円+3,000円=5,925円となり、
4,100円非課税+1,825円課税、となるのでしょうか。
それとも、2,925円非課税+3,000円非課税=5,925円全部非課税となるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

研修に伴う交通費は通勤手当ではありません。経費処理される旅費交通費に該当します。通勤交通費2,925円は非課税限度内ですので、全額非課税になります。

通勤手当は各企業が独自に設定できますが、非課税限度額を越えた分は課税処理となります。

Q一週間に2日間だけ仕事をしていました。週30時間以上仕事をしないと、5

一週間に2日間だけ仕事をしていました。週30時間以上仕事をしないと、50万の給料を出すのは違法だと言われて、早く辞めてくれと言われました。労働基準局から、指摘されるので一日も早く辞めろと言われましたが、これは本当なのでしょうか?私は、社長の妻です。

Aベストアンサー

週に2日の勤務で月に50万円の報酬ということですが、役員でしょうか?

役員ならばなんら問題にはなりません。

従業員なら、まして代表者の妻という立場なら違法とは言えませんが
税務署から過大報酬、またはそれで経費扱いしていたことを
経費と認められなくて税金の追加徴収ということになる可能性は強いと思います。

でも、代表者の妻ならもっと話し合えば済む問題ですね。
身内の痴話げんかのような話ですね(^_^;

Q年末調整 非課税交通費の記入

給与明細には非課税交通費として交通費を記載しています。
年末調整の源泉徴収簿の総支給額には非課税交通費も合わせた金額を記載するのでしょうか。

Aベストアンサー

源泉徴収簿の総支給額の欄には非課税交通費を除いた金額を記載します。源泉徴収票の「支払金額」の欄にも非課税交通費を除いた金額の合計額を記載します。

Q労働時間が1時間不足で有給1日減

子供の給与明細で、有給が1日使われたことになっています。

新卒入社で、毎日真面目に通勤しているので不思議に思い聞いたところ、年間の就業時間に決まりがあり、
それをおおよそ12で割った時間に就業時間が満たない月があると、有給休暇使ったことになってしまうのだそうです。
その月は1時間不足してしまったとのことでした。

別にサボったわけではなく、現場の上司の指示で就業していた結果がそうなてしまったのだそうです。

仕事場の関係で、就業時間が長くなる日もあれば、なにもなくて早く終わってしまう日が続く時もあり、計算しながら不足しそうな月はのったり居残れば良いのだが、仕事先が建物を締めてしまうこともあり、今後も休暇が消えることはあり得るそうです。

月単位の計算で、1時間の不足でも休暇が1日消されてしまう仕組みはなんだか納得しかねるのですが、これって、労働基準法的には合法なのでしょうか?

Aベストアンサー

業務命令がありました。有給の消化に振り替えるのは違法です。

Q交通費の非課税上限について

交通費の非課税上限について
電車・バスなどを利用する場合の交通費非課税の上限は1ヶ月あたり10万円と言うことですが、以下の場合は課税か非課税か教えてください。
・1ヶ月分の交通費は3万円であるが、6ヶ月分がまとめて支給されるため、支給月には18万円が交通費として支給される。よって、支給月だけを見ると非課税上限の10万円を超えている。
 「1ヶ月あたりの上限」の意味が支給した月単位で考えるのか、年間を通して1ヶ月あたりの平均として考えてよいのか分かりません。
 以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> ヶ月分の交通費は3万円であるが、6ヶ月分がまとめて支給されるため、
> 支給月には18万円が交通費として支給される。
> よって、支給月だけを見ると非課税上限の10万円を超えている。
> 「1ヶ月あたりの上限」の意味が支給した月単位で考えるのか、
> 年間を通して1ヶ月あたりの平均として考えてよいのか分かり
> ません。
↓このように計算してください。
支給した額18万円 ÷ 対象月数6 = 1箇月当たり3万円

Qある接骨院での話。

骨折をしたので治療をうけ、接骨院でギブスをしていただきましたが、不注意で灯油を床にこぼしてしまい、ギブスをぬらしてしまいました。
そこの接骨院の方針は、何かあったら、すぐ連絡をいれろ、でしたので、
夜の10時でしたが、電話をかけ、灯油をこぼしたことをいいました。
すると、先生の奥さんが電話にでられ、「明日の朝9時にきて」ということでした。
私は、ギブスにビニール袋をまいて、寝たのですが、
朝4時半、痛みで目ガさめました。
救急病院へ行くことを考えましたが、
勝手な行動をとったら、許してもらえないので、許可を得ようと朝の4時半という非常識な時間ではあったけれど、電話をいれました。ところがどうしても許してもらえません。
結局、8時に接骨院へいって待合室でまち、9時の1番に診察をしてもらいましたが、
ギブスの上部を電動のこぎりであけただけで、
中の足をくるんでいるガーゼやわたを取ることもせず、
見ようともせず、足をギブスからだしてももらえず、もちろん灯油でぬれている足をあらってもらうこともなく、
「灯油のにおいなどしない」などといい、
そのうえから、また包帯でぐるぐる巻きにされてしまいました。

「先生足の皮膚がいたむんです」と訴えましたが
よこから奥さんから「自分でギブスの中にものさしでもつっこんで傷をつくったんでしょ!」と言葉をはさまれました。
「そんなこと私はしません!!」とにらみ返しましたが、
むかついて、そのまま私は救急病院へいきました。そして包帯をとってもらい、足をとりだしてもらい灯油まみれでただれた足をあらってもらいました。
まず、皮膚を直さないとならないので、しばらくギブスができない状態となりました。
法律でこの接骨院を訴えることはできますか?

骨折をしたので治療をうけ、接骨院でギブスをしていただきましたが、不注意で灯油を床にこぼしてしまい、ギブスをぬらしてしまいました。
そこの接骨院の方針は、何かあったら、すぐ連絡をいれろ、でしたので、
夜の10時でしたが、電話をかけ、灯油をこぼしたことをいいました。
すると、先生の奥さんが電話にでられ、「明日の朝9時にきて」ということでした。
私は、ギブスにビニール袋をまいて、寝たのですが、
朝4時半、痛みで目ガさめました。
救急病院へ行くことを考えましたが、
勝手な行動をと...続きを読む

Aベストアンサー

法律に関しては素人ですが。

『衛生上害を生ずる恐れのある時に厚生労働大臣又は都道府県知事がする業務に関する指示に違反した者』は柔道整復師法27-1、2によって20万円以下の罰金に処されるという記述があります。

参考になるかどうかはわかりませんが。

Q派遣のバイトしています。 交通費が給料所得になり、課税される派遣会社と、交通費として非課税の派遣会社

派遣のバイトしています。
交通費が給料所得になり、課税される派遣会社と、交通費として非課税の派遣会社があるようですが、これで税金の額に違いがあるのは合法なんでしょうか?
派遣会社に交通費は非課税にして分けて欲しいとお願いできるのでしょうか?

Aベストアンサー

おじさんです。
多くの派遣会社は 時給のほかに 交通費を支給することはあっても 実際の金額に拘らず定額です。徒歩で通勤できる人にも 月3万円かかる人にも 一律5千円くらいです。その場合は、通勤手当ではなく給料とみなされ課税対象です。
人によって 通勤手当を計算するなんて 面倒くさいし 派遣先に請求できませんから する会社は極めてまれです。
お願いしても 基本的に認められません。派遣のシステムは そういうのなのでする。

Q接骨(整骨)院の保険金不正請求

以前勤務していた接骨院での事ですが、
保険請求の時に使用する書類に患者自身が記入する署名欄があるのですが、
その署名欄に私は記入しておらず、院長が勝手に記入して保険請求していました。
(勤務当初は治療を受けた事もあったので最初の2ヶ月だけは私自身が署名しましたが、それ以降は署名していません)

しかも出勤した日全て治療も受けてないのに治療した事になっていました。

治療もせず保険請求するのは不正であると思うのですが、
勝手に書類を作成するのは偽造にならないのでしょうか?

この様な行為をしていた院長を許す事が出来ません。
何か処分を下す方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

保険請求先に不正があったことを通報すれば調査が入ります。
貴方は勤めている間は失業の危険があったので隠していましたと言えば許されます。
警察沙汰になると詐欺罪の適用があります。
保険請求の資格が取り消されることになると思います。

Q交通費の非課税限度額と課税額について

会社で給与計算の担当になって1ヶ月の者です。
給与と一緒に支払われるマイカー通勤の場合の
交通費の非課税限度額について質問なのですが、
決められた非課税限度額以上の額の交通費を
非課税交通費として支払っていた場合、
罰則を科せられることはありますか?

例えば、自宅から会社までの通勤距離が3kmで
会社が支給する交通費が6,000円
そのすべてを非課税交通費として支給していた場合です。

前任の担当者が1年未満でコロコロと変わっており、
どうしてそうなったかまでは把握できていないのですが、
どうぞお力をかしてください。

Aベストアンサー

 支給した通勤手当から非課税分を引いた差額に掛かる
毎月の源泉徴収税額が過少であったということで、
厳密にはその部分につき不納付加算税等が課せられる
ことにはなります。
 ただ国税通則法の規定により、早めに税務署に事情を説明し
て不足分につき納付することで、ペナルティの税金を軽減あるいは
なしにできる場合がありますので、所轄税務署にご相談されること
をお勧めします。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2585.htm

Q接骨院で診療拒否したら訴えると言われた

友人の接骨院の先生が困っています。

普段から一言ある患者さんで、平均待ち時間40分程度の接骨院なのですが、その待ち時間に不満があるのでしょうか、待たせ方にも一言あり、待ち時間に他の患者さんの報酬額を覗き見したりして、他の患者さんからクレームがきたことがあったそうです。また、日ごろから整形外科にかかったら接骨院では保険診療はできないと説明していても、ご高齢で理解できないのか、何度も整形外科で注射をしてから来てしまい、それをお断りしても不平を言われて困っていたそうです。

今日は、空いているベッドに入れて欲しいといわれ、前回ベッドでうつぶせで待っていてもらったら、胸が痛いと言われたそうなので「この前は胸が痛くなりましたよね?」と答えたところ「そんなことは言ってない!」と怒り出してしまったので、日ごろのこともあり「今日はお帰りください。もう来なくても結構です」と言ってしまったそうです。

居合わせた患者さんも、いつもその方の一言ある状況を見ている方たちだったので、苦笑いをしていたそうです。ですので、威圧的な言い方ではなかったと推察できますが、数時間して「弁護士に相談して訴える」と言ってきたそうで、先生も困っています。強気に出るだけ、特殊な団体との繋がりでもあるのかもしれません。

お医者さんの場合は、診療拒否は義務違反とのことですが、この業界ではどうなのでしょうか? ちなみに、患者さんの症状は特殊なものではなく、数十メートル先に同業者もありますし、症状から考えても通院可能な距離だそうです。

また、弁護士さんにこのような相談が持ち込まれた場合、訴訟までもって行くものなのでしょうか? 費用対効果を考えると、割が合わないと思うのですが。

職業柄、ご高齢の方に接する機会の多い先生なのですが、さすがに今回の件では謝罪する意志はないようなので、訴訟になったら全面対決になってしまいます。訴訟になったら敗訴/勝訴、どちらの可能性が高いのでしょうか。

ご返答、よろしくお願い申し上げます。

友人の接骨院の先生が困っています。

普段から一言ある患者さんで、平均待ち時間40分程度の接骨院なのですが、その待ち時間に不満があるのでしょうか、待たせ方にも一言あり、待ち時間に他の患者さんの報酬額を覗き見したりして、他の患者さんからクレームがきたことがあったそうです。また、日ごろから整形外科にかかったら接骨院では保険診療はできないと説明していても、ご高齢で理解できないのか、何度も整形外科で注射をしてから来てしまい、それをお断りしても不平を言われて困っていたそうです。

今...続きを読む

Aベストアンサー

接骨医は、柔道整復師という名称で、医師ではありません。したがって医師法の規制は受けませんから、診療義務は課せられてはいません。診療拒否してもそれを罰する法律はありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報