ディーゼル発電機を構内に設置するとします。軽油の場合200リットルを超えると(1000リットルの5分の1)少量危険物貯蔵取扱届出書を出さなければならないとあります。そこで以下の質問です。
(1)発電機の燃料タンク容量が100リットルでこれが5台あったとしたら少量危険物の取扱い届けが必要ですか?
(2)発電機の燃料タンク容量が250リットルの場合少量危険物の取扱い届けが必要ですか?
(3)構内で発電機を移動した場合、届けを書き換えなければならないのでしょうか?
(4)届出を済ませた後、消防による現地検査等はあるのでしょうか?
以上、何かご存知の方、ご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

#1です。



>消防法には24hでの使用量と明記されているのでしょう
 か?

これまでの経験からです。
消防法に書いてあるかは分かりません。

空調機器や温水洗浄機を設置したり、販売した時に消防署に計算書を提出しましたが、24時間計算で提出し受理してもらいました。
これは意図を超えて、連続運転してしまった場合の最大量として計算するわけですが、2・3日間気づかずに連続運転したりとかすることもあるわけで、なぜ24時間なのかは分かりません。

それとその計算式には負荷率をかけるべきで、その点が
間違ってました。
通常は60%を掛けます。
ですから、数式は50×24×0.6となり、720Lとなります。


私が言いたかったのはむやみに少量危険物施設にしない方がいいですよ、ということです。
貯蔵所だけならまだ楽ですが、取扱い所になってしまうと、電源は防爆仕様、屋根は吹き飛ぶ構造にするなど
お金もかかりますし、第一やっかいです。
小規模の施設であるなら、ポリタンクで必要量をいれるなどして、少量危険物未満にしておいた方がよいと思います。(それなら火災予防条例だけしか該当しません。
火を使うときは可燃物をそばに置かないなど当たり前のことしか書いてない。)

それと貯蔵所の場合、タンクの下には防油堤が必要です。たしかタンク容量の1.5倍です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

実体験からの数々のアドバイスありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/03/03 15:41

まず少量危険物に該当するか否かは、この場合、発電機を一般取扱所として考え、その使用量で判断します。



例えば1時間に50Lの軽油を使用する場合、50L×24Hで1200L使用することが可能となり、危険物施設となります。

反対に1時間に5Lの軽油しか使わない仕様の場合、120Lとなり少量危険物施設にも該当しません。

但し、燃料タンクが200L以上の場合は、少量危険物貯蔵所となります。


(1)同一箇所に100Lタンクを5台置いても、500Lタンクを
  1個置いたのと同様にみなされるため少量危険物に
  該当します。

(2)もちろん少量危険物に該当します。

(3)届の変更が必要です。

(4)必ず見に来ます。
  きちんと対応しないと、けっこううるさいことを言い
  ますよ。
  少なくとも、次のことはやっておきましょう。

  ・タンクと発電機の間隔を2m以上空けて設置する。
   無理な場合は間に障壁を設ける。
  ・少量危険物貯蔵取扱所などの必要な看板を取り付
   ける。(H1500)
  ・消火器を設置する。


それ以前に、少量危険物の施設に該当した場合、危険物施設に準じるため、建て屋の構造が不燃で、甲種もしくは乙種防火戸であり、排風装置が必要など結構やっかいになりますよ。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。冒頭に
>例えば1時間に50Lの軽油を使用する場合、50L×24Hで1200L使用することが可能となり、危険物施設となります。
とありますが、消防法には24hでの使用量と明記されているのでしょうか?ご回答いただければ幸いです。

補足日時:2006/03/02 16:56
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自家発電設備の燃料について

ディーゼルエンジンで燃料がA重油タイプのエンジンに
軽油を混ぜる事は可能だったと思うのですが
記憶が曖昧で、ご存じの方教えて下さい。
それと、軽油のタイプのエンジンにA重油を混ぜる事は可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

軽油・A重油 とかかれたエンジン発電機で、
価格の問題から、軽油からA重油に変更した時、
エンジンメーカーから、
「変更は構いませんが、混ぜて使用しないでください」
といわれたことが、ありました。

タンク内で完全に混合しないため、速度調整がうまく機能しなくなるそうです。

Q使用済み燃料棒での発電 

 原子炉から取り出して10年ぐらい?は発熱し続けるらしいですが、なぜその熱を発電に利用しないのでしょうか?
発電とは畑違いのとある工場ですら廃熱を有効利用して発電しています。
電力会社なのですから、技術的には可能なはずです。
プールに沈めておいても維持管理費がかかりますから、発電に利用した方がよっぽど良いと思います。
10年だと発熱量が足りなくなるというのならば、最初の2~3年だけ利用して新品と交換するという手もあります。
もしかして知らないだけですでに発電に利用されているのでしょうか?
よろしくお願いします。
  

Aベストアンサー

熱だけなら利用しようとすると何とかなるんですが...

核分裂を始める前のウラン燃料は放射線をほとんどだしていませんが、商業的に(お金的に)使うことが難しくなったときは有害な放射線が大量に出ています。10年交換なしで使えるならいろいろ考えるかも知れませんが、ウラン燃料の使用期間は2年弱です。でも、今は原子炉内の冷却プールで3年冷やしているようなのでもっと長く使っているのかも知れません。
裸の燃料棒に数メートル以内に近づいたら死んでしまうほどの強い放射線です。こんなおっかない物体をもったいないからと別の使い道を考えている余裕はないと思いますよ。使い終わった燃料はさっさと安全に運び出したい が本音でしょう。

原子力発電では1機40万kw~100万kWですが、出力の落ちた原子炉からの水蒸気ではこのでっかいタービンの発電機はとても回せません。小分けすればいいと思うかもしれませんが、原子炉出力は調整できないので少しでもトラブルがあると全部止まるので小分けするのは無意味です。


唯一できるのは青森県六ヶ所村にある使用済み燃料貯蔵施設です。このヤバイ使用済み燃料が地下プールに膨大な数があって冷却塔で冷やされた水で冷やされ続けています。50年間冷やし続けるそうです。
大きなビルの屋上にエアコンのデッカイ室外機がありますがあれより巨大な室外機が数百台白煙(水蒸気)をモウモウとあげて冷却し続けています。
施設全体があまりに巨大なので発電などにも使っているのかもしれません。今回の地震で青森県全体が停電しても何の影響も無かったようです。

原子力はスイッチひとつでぽんぽん回路を切り替えるわけにはいかないんですよ。核分裂が止まっても冷却できなければ爆発してしまいます。再臨界がどうのといっている専門家もいますが、日本人に原子の臨界爆発を定量的に計測した学者はいません。実験したことないですから。フランスやアメリカから続々と専門家がくるのはそのためです。

東京電力が福島県に第一原発の増設を打診したそうです。完全に狂った組織なんですね。一度決めたことは変えられない質の悪い官僚組織そのものです。

東北電力と北海道 新潟各電力会社は3500人以上の技術者を東北太平洋沿岸に復旧に向けて送りました。東京電力は何万人の東電職員を福島第一原子力発電所に行かせたのですか。職員ですか?技術者ですか?下請けですか?人請ですか?全部でなんにんいるのですか?

全くつたわってきません。またいつものように隠蔽しているんでしょ? か まったくわかっていないかでしょ?記者発表報道を見ると間違いなく後者ですね。目が泳ぎまくってます。

こんな会社の電気を使っている東京都民もそうですが、こんな会社の発電所を建てた福島県はもっと不幸です。

熱だけなら利用しようとすると何とかなるんですが...

核分裂を始める前のウラン燃料は放射線をほとんどだしていませんが、商業的に(お金的に)使うことが難しくなったときは有害な放射線が大量に出ています。10年交換なしで使えるならいろいろ考えるかも知れませんが、ウラン燃料の使用期間は2年弱です。でも、今は原子炉内の冷却プールで3年冷やしているようなのでもっと長く使っているのかも知れません。
裸の燃料棒に数メートル以内に近づいたら死んでしまうほどの強い放射線です。こんなおっかない物体...続きを読む

Q発電も含む化石燃料の猶予

震災における日本の原発停止における多くの火力発電所
再稼動や、自家発電の急増、
また、それによる節電による電気使用からガス使用へのシフト

その他、途上発展国の急成長等や、日本等を除く
世界的な人口増加による各種化石燃料
(石炭、石油、天然ガス、及び近年利用検討されている
 メタンハイドレートや、シェールガス)の使用猶予は
どれぐらいになるでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

化石燃料の埋蔵量には色々な種類があり、発見されている全ての量を言う究極埋蔵量と、現在の売買価格と技術を合わせ考えて採取可能と考える量の可採埋蔵量が良く使われます。
可採埋蔵量はエネルギー価格が上がると増えるので、使用猶予と言う事からは究極埋蔵量が対象になるかも知れません。
2008年時点の可採埋蔵量と一次エネルギー全消費量で計算した寿命は66年、究極埋蔵量では918年と言う計算結果がある様です。
この場合の一次エネルギーには化石燃料以外も含まれるので、その計算はもう少し長くなるのですが、その後シェールガス開発と言う大きな変化が発生しました。

天然ガスについて新しい採取法でガスが得られる新田が、2009年の一部地域の調査だけで今までの世界中の埋蔵量以上に発見されたのです。
また海底油田もメキシコ湾の事故以降も新しく発見が続き、石油埋蔵量自体も可採で5割増は下らないとされています。

ですから化石燃料寿命の計算はもっと伸びて、無くなる事を気にするレベルではありません。


勿論、人口増や開発途上国の一人当たりのエネルギー使用増は、そのまま続けば資源寿命を減らす要因ではありますが、需要が増えればエネルギー価格が上昇し、既に可採埋蔵量に算入され始めたオイルサンドだけでなく、オリノコ原油やオイルシェールと言った採取コストが掛かる新資源も「埋蔵量」に追加されるので、燃やすものが無くなる事はないでしょう。

むしろ燃やし続ける影響の方が、人類存続にとっては問題になると思います。

化石燃料の埋蔵量には色々な種類があり、発見されている全ての量を言う究極埋蔵量と、現在の売買価格と技術を合わせ考えて採取可能と考える量の可採埋蔵量が良く使われます。
可採埋蔵量はエネルギー価格が上がると増えるので、使用猶予と言う事からは究極埋蔵量が対象になるかも知れません。
2008年時点の可採埋蔵量と一次エネルギー全消費量で計算した寿命は66年、究極埋蔵量では918年と言う計算結果がある様です。
この場合の一次エネルギーには化石燃料以外も含まれるので、その計算はもう少し長くなるのです...続きを読む

Q太陽光発電 発電容量の違いによる発電量の差異

太陽光発電を行うに際し、発電容量の違いにより発電量はどのくらい差異が出るものでしょうか?

一般的に「3kW」を目安に設置するということらしいですが、
これが「2kW」しか設置できなかった場合、単純に発電量が2/3に
なるということなのでしょうか?
つまり、売電による収入も2/3になるということでしょうか?

Aベストアンサー

今度実施される買い取り価格制度は「余剰電力に対して」通常のほぼ倍になるという仕組みです。
つまり、自家消費が3kWタイプで賄えない(=余剰が無い)場合は単純に1.5倍になるだけです。(想定クラスの発電量が単純にクラス値に比例すると仮定。クラスとはnkWタイプの"n")
逆に2kWタイプでも賄えるような電力利用状況であれば、3kWタイプにすると余剰が増えるため、大幅に収入(売電)が増えることになります。

という事で、
> つまり、売電による収入も2/3になるということでしょうか?
これは、質問者さんの使用電力量によって変わるということになります。

一般的には3kWタイプで年間の総発電量が3000kWh強位だと思います。

Q原子力発電所の燃料は液体? 固体?

原子力発電所の燃料はどんな形態をしていますか?
固体と聞いたことがありますが、どれぐらい大きいのでしょうか?
それを燃やすのですか? 例えば、裁断して燃やすのか、そのまま火をつけるのか・・・

Aベストアンサー

現存する日本の原子炉は固形燃料です。
直系1センチ、長さ4メートルの筒に、ペレット状の二酸化ウランなどが350個詰められたものが燃料棒として使われます。

参考URL:http://sta-atm.jst.go.jp:8080/dic_0661_01.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報