今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

ディーゼル発電機を構内に設置するとします。軽油の場合200リットルを超えると(1000リットルの5分の1)少量危険物貯蔵取扱届出書を出さなければならないとあります。そこで以下の質問です。
(1)発電機の燃料タンク容量が100リットルでこれが5台あったとしたら少量危険物の取扱い届けが必要ですか?
(2)発電機の燃料タンク容量が250リットルの場合少量危険物の取扱い届けが必要ですか?
(3)構内で発電機を移動した場合、届けを書き換えなければならないのでしょうか?
(4)届出を済ませた後、消防による現地検査等はあるのでしょうか?
以上、何かご存知の方、ご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

#1です。



>消防法には24hでの使用量と明記されているのでしょう
 か?

これまでの経験からです。
消防法に書いてあるかは分かりません。

空調機器や温水洗浄機を設置したり、販売した時に消防署に計算書を提出しましたが、24時間計算で提出し受理してもらいました。
これは意図を超えて、連続運転してしまった場合の最大量として計算するわけですが、2・3日間気づかずに連続運転したりとかすることもあるわけで、なぜ24時間なのかは分かりません。

それとその計算式には負荷率をかけるべきで、その点が
間違ってました。
通常は60%を掛けます。
ですから、数式は50×24×0.6となり、720Lとなります。


私が言いたかったのはむやみに少量危険物施設にしない方がいいですよ、ということです。
貯蔵所だけならまだ楽ですが、取扱い所になってしまうと、電源は防爆仕様、屋根は吹き飛ぶ構造にするなど
お金もかかりますし、第一やっかいです。
小規模の施設であるなら、ポリタンクで必要量をいれるなどして、少量危険物未満にしておいた方がよいと思います。(それなら火災予防条例だけしか該当しません。
火を使うときは可燃物をそばに置かないなど当たり前のことしか書いてない。)

それと貯蔵所の場合、タンクの下には防油堤が必要です。たしかタンク容量の1.5倍です。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

実体験からの数々のアドバイスありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/03/03 15:41

まず少量危険物に該当するか否かは、この場合、発電機を一般取扱所として考え、その使用量で判断します。



例えば1時間に50Lの軽油を使用する場合、50L×24Hで1200L使用することが可能となり、危険物施設となります。

反対に1時間に5Lの軽油しか使わない仕様の場合、120Lとなり少量危険物施設にも該当しません。

但し、燃料タンクが200L以上の場合は、少量危険物貯蔵所となります。


(1)同一箇所に100Lタンクを5台置いても、500Lタンクを
  1個置いたのと同様にみなされるため少量危険物に
  該当します。

(2)もちろん少量危険物に該当します。

(3)届の変更が必要です。

(4)必ず見に来ます。
  きちんと対応しないと、けっこううるさいことを言い
  ますよ。
  少なくとも、次のことはやっておきましょう。

  ・タンクと発電機の間隔を2m以上空けて設置する。
   無理な場合は間に障壁を設ける。
  ・少量危険物貯蔵取扱所などの必要な看板を取り付
   ける。(H1500)
  ・消火器を設置する。


それ以前に、少量危険物の施設に該当した場合、危険物施設に準じるため、建て屋の構造が不燃で、甲種もしくは乙種防火戸であり、排風装置が必要など結構やっかいになりますよ。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。冒頭に
>例えば1時間に50Lの軽油を使用する場合、50L×24Hで1200L使用することが可能となり、危険物施設となります。
とありますが、消防法には24hでの使用量と明記されているのでしょうか?ご回答いただければ幸いです。

補足日時:2006/03/02 16:56
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事業所にある灯油の保管について

事業所内での灯油の保管についてご質問します。

事業所の場合、危険物の資格や貯蔵庫がないと200リットルまでの貯蔵しか許可されていないと思いますが、灯油のみを貯蔵する場合、ホームタンクを設置すると油漏れ防止の基礎と囲いが必要と言われました。

経費削減の折りそこまで費用をかけられないので、屋内用の90リットルタンクを二つ置いて対応しようと思いましたが、そちらも結構高額でした。

一番安価な方法として、20リットルポリタンク10個に振り分けてとか、ドラム缶ごと保管しようと考えたのですが、これは消防法に違反するのでしょうか?

保管場所は屋根がついているところを検討しています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 少量危険物取扱所になります。

 小さく入れ物をを分ければ良いというのではなく、同一場所(事業所)に200リットル以上の保管をしてはいけないと言うことです。

 こちらの質問も参考になさってみてはいかがでしょうか。 
  http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1999539.html

 ドラム缶は通常200リットルなので、規制対象になってしまったと思います。
 20リットルのポリタンクを9個・・・と言うのが現実的でしょうか。

Q【危険物法令】灯油は何リットルから取扱所になるのですか?

危険物法令に関して、灯油は何リットルから取扱所になるのでしょうか?

またそのあたりの事が分かりやすく記載されているサイトがあれば教えて下さい。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

灯油は危険物第4類第二石油類非水溶性なので、指定数量は1000Lです。

消防法では1000L以上で危険物取扱所になります。
またこれより少なくても、各自治体の条例で少量危険物取扱所として申請しなければなりません。一般的には指定数量の1/5なので200Lです。

Q少量危険物貯蔵庫の防油堤について

屋内にて少量危険物貯蔵庫を作り、そこに灯油や塗料など指定数量以下の危険物を保管しようと考えて某大手ゼネコンに建築依頼をしたところ、消防の指導により防油堤を作らなければならないので入口に20cmほどの壁を作りましたと言われました。

貯蔵庫は7m×3mの部屋で自動閉防火扉2か所、床はコンクリートで防爆蛍光灯に防爆換気扇、ためます等作りました、壁も耐火性です、しかし灯油を入れたドラム缶(200L)をカートで運んでも20cmの防油堤で中に入れません。

ゼネコンに言っても消防法での決まりだからと言われます。

すでに防油堤のついた貯蔵庫は完成しており、手に持てる塗料しか中に入れられない状態です。

本当にこんな法律があるのでしょうか?
ドラム缶を入れられる貯蔵庫はどうすれば出来るのでしょうか?

直接、地元消防に話を聞く前にご意見をいただければ助かります。


よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>本当にこんな法律があるのでしょうか?
少量危険物だと市町村による条例による物なので内容が若干違いますので、何とも言えませんが保管容量の110%以上の防油堤が必要なのが最近は一般的です。

私の所の油脂庫は設置したのがかなり昔の為に防油堤はありませんでしたが特に注意されたことはありませでしたが、先の震災で工場内の沈下で奥の方(油脂庫のある方)が20cmほど下がってしまったので、工場内に床を水平にするためにをコンクリートを流す事になったのですが、当初は油脂庫も工場と平らにしてもらいたいと言った所、やはり防油堤が必要という事で油脂庫の床はそのままで工場内だけカサ増ししました。

私の所はまたぐ形でなく、1段低くなっているだけなのでドラムは床を板などで養生して落とし入れています、出す時にはドラムは空になるので思ったほど不便ではありませんでした。


>ドラム缶を入れられる貯蔵庫はどうすれば出来るのでしょうか?

防油堤は何で出来ているのでしょうか、ブロック等であれば一度そこにのせての移動も可能だと思いますが、頻繁にだと大変ですよね。

貯蔵庫入口はスロープにして、倉庫内は防油堤と同じ高さにグレーチングを敷くとか、四方に隙間を空けて鉄板を敷くとかして、防油槽を床下にするという形ではどうでしょう、もちろん消防に確認してからだとは思いますが。

>本当にこんな法律があるのでしょうか?
少量危険物だと市町村による条例による物なので内容が若干違いますので、何とも言えませんが保管容量の110%以上の防油堤が必要なのが最近は一般的です。

私の所の油脂庫は設置したのがかなり昔の為に防油堤はありませんでしたが特に注意されたことはありませでしたが、先の震災で工場内の沈下で奥の方(油脂庫のある方)が20cmほど下がってしまったので、工場内に床を水平にするためにをコンクリートを流す事になったのですが、当初は油脂庫も工場と平らにしてもらい...続きを読む

Q指定数量未満(少量危険物)での危険物取扱者資格

いくつかの乙4の教本では、指定数量未満(少量危険物貯蔵取扱所)での危険物取扱でも乙以上の有資格者の立会いが必要と記載しています。消防署で確認したところ、望ましいが法的義務ではないようです。
ネットでも多くは指定数量以上の場合は、有資格者の立会い(丙種の直接取り扱いを含む)が必要だが未満では不要というニュアンスの記載がほとんどです。市町村火災予防条例は記載の仕方に少々違いはあるようですが調べた範囲、そのような義務は見当たりません。

どれが正しいのか、現実に消防署の指導をお受けになられた方などのアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

それは、立ち会う必要はないが、万一、その取扱事業所で事故が起き
た場合には対処する事が可能な有資格者が必要であるからと考えられ
ます。無資格者だけではどうしたらいいか分かりませんし、適切な処
置も難しいでしょうから。と考えますが。

Q機械設備内の潤滑油等は指定危険物容量に入れる?

消防法で危険物には区分けや指定数量が設けられていますが、

1.使用済み廃油は、その指定数量に含まれるか?
2.機械設備内で現在使用中の潤滑油等は、その指定数量に含まれるか?
3.消防法上は、廃油であろうと「保管している状態の危険物」が
対象なのか?

要するに、指定数量とはどこまでの範囲を言うのかを知りたいのです。
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「危険物の規制に関する政令」で、下記の6.8.あたりに相当するものだと解釈しております。

(一般取扱所の基準)
第19条 第9条第1項の規定は、一般取扱所の位置、構造及び設備の技術上の基準について準用する。2 次に掲げる一般取扱所のうち総務省令で定めるものについては、総務省令で、前項に掲げる基準の特例を定めることができる。
1.吹付塗装作業を行う一般取扱所その他これに類する一般取扱所
1の2.洗浄の作業を行う一般取扱所その他これに現する一般取扱所
2.焼入れ作業を行う一般取扱所その他これに類する一般取扱所
3.ボイラー又はバーナーで危険物を消費する一般取扱所その他これに類する一般取扱所
4.車両に固定されたタンクに危険物を注入する一般取扱所その他これに類する一般取扱所
5.容器に危険物を詰め替える一般取扱所
6.危険物を用いた油圧装置又は潤滑油循環装置を設置する一般取扱所その他これに類する一般取扱所
7.切削油として危険物を用いた切削装置又は研剤装置を設置する一般取扱所その他これに類する一般取扱所
8.危険物以外の物を加熱するため危険物を用いた熱媒体油循環装置を設置する一般取扱所その他これに類する一般取扱所

「危険物の規制に関する政令」で、下記の6.8.あたりに相当するものだと解釈しております。

(一般取扱所の基準)
第19条 第9条第1項の規定は、一般取扱所の位置、構造及び設備の技術上の基準について準用する。2 次に掲げる一般取扱所のうち総務省令で定めるものについては、総務省令で、前項に掲げる基準の特例を定めることができる。
1.吹付塗装作業を行う一般取扱所その他これに類する一般取扱所
1の2.洗浄の作業を行う一般取扱所その他これに現する一般取扱所
2.焼入れ作業を行う一般取扱...続きを読む

Q危険物取扱いの「貯蔵」と「取扱い」の違い

危険物に関する消防法によると、施設の分類は「製造所」「貯蔵所」「取扱所」に分けられると本で読みました。

この「貯蔵所」と「取扱所」の違いがはっきりとわからずもやもやしています。
というのも、危険物取扱いの解説書を読むと「屋内貯蔵所とは、屋内で指定数量以上の危険物を貯蔵、取り扱う施設である」とあります。ということは、「貯蔵所」と届け出ていても、ただ単に危険物倉庫に危険物を貯蔵するだけではなく、例えばそこから取り出してストーブや車の燃料として使う(取り扱う)ことが出来るということですよね?

貯蔵所でも取り扱うことが出来るので、わざわざ取扱所と区別していることがよくわからないのです。
「貯蔵所」と「取扱所」の違いについて具体的に教えていただけないでしょうか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

お礼の中の補足について
私の先の回答を良く読んで下さい。
大きく違うところがあるでしょう。
<販売>ですよ。
関係者以外の第三者に販売する場所が、取扱所となります。


塗装業で、塗料を第三者に販売すれば、取扱所申請、
仕入れた塗料を社員で使う場合は、貯蔵所申請となります。

指定数量以下の場合は、少量危険物の申請となります。
少量危険物の届出は、各市町村の火災予防条例で定められています。
指定数量以上の届出は、消防法及び危険物に関する取扱規則に定められています。

以上

Q消防法における指定可燃物について

消防法9条の3において指定可燃物の取り扱いについての記述があり、火災予防条例別表第八にその品名と指定数量の記述がありますが、それぞれが具体的にどのようなものを指すのでしょうか?
例えばダンボールや書類は『ぼろ及び紙くず』に当たるのでしょうか?
『これは該当するのかどうか?』と悩んだとき、どうすれば調べることが出来るのでしょうか?
分かりにくい質問だと思うのですが、指定可燃物の規制全般について詳しい方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください。

Aベストアンサー

防災の専門家です。

お住まいの地域は分かりませんが、#1さんがおっしゃるように、指定可燃物は市町村条例で決めています。

指定可燃物は、条例で定める指定数量を超えていれば、指定可燃物となります。

ダンボールや書類は、古紙回収に出した後や、出す前に倉庫などに積み上げた状態、つまり書類やダンボールとしての機能を失い、単にゴミの状態になったとき(管理が変わった時)から古布・紙くずになります。
(書類の状態で指定可燃物なら、国会図書館は危険物施設です。)

これは、ゴミの扱いになる紙くずやカンナクズなどが、可燃性の高い危険なものであるのに、ゴミとして処理されるため、管理が行き届かなくなることを防ぐために法制化されています。
だだし、石炭・木炭、可燃性液体類などは普通にしようする場合でも、数量が超えれば指定可燃物として管理する必要があります。

また、数量が超えるという場合は、ひとつの場所にまとまった場合を言います。
このとき、条例によって違いはありますが、同一の部屋の中、露天ならそれぞれが3M以内に集積している場合などが、1の数量単位になります。
もっとも、部屋と言っても耐火壁で区切られているかどうかとか、露天なら敷地の広さとか色々な条件がありますので、具体的なことは所轄の消防とご相談することをお勧めします。

防災の専門家です。

お住まいの地域は分かりませんが、#1さんがおっしゃるように、指定可燃物は市町村条例で決めています。

指定可燃物は、条例で定める指定数量を超えていれば、指定可燃物となります。

ダンボールや書類は、古紙回収に出した後や、出す前に倉庫などに積み上げた状態、つまり書類やダンボールとしての機能を失い、単にゴミの状態になったとき(管理が変わった時)から古布・紙くずになります。
(書類の状態で指定可燃物なら、国会図書館は危険物施設です。)

これは、ゴミの扱い...続きを読む

Q電力の単位KWとKVAの違いと換算方法

単位KWとKVAの違いが分かりません。どっちも電圧E×電流Iじゃないんですか?換算方法とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

KWはその装置の消費する本当のエネルギーで有効電力と呼ばれます。
KVAはその装置にかかる電圧の実効値と電流の実効値を
かけたもので皮相電力と呼ばれています。

皮相電力[kVA]から(有効)電力[kW]への換算は、
有効電力=皮相電力*力率 
でこの力率は電流の位相と電圧の位相が完璧に一致している抵抗のような負荷の場合は1になります。
逆に,コイルやコンデンサ成分のあるような負荷(モータなど)は位相がずれるためにこれより小さく(普通0.8くらい)になります。
なぜこのような2通りの表現があるかというと,皮相電力が規定してあると電流絶対値が決まりますので,必要なブレーカの容量,電線の太さなどが決まります。
電力だけだと,決まりません。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q消防法の「指定数量」の区切りの単位は?

消防法9条の3や10条にある「指定数量」の区切りの単位は、どのように定義されているのでしょうか?
敷地単位・建築物単位・防火区画単位・部屋単位のどれかだと思うのですが、私の持ってる解説書やネットで検索しても明文化されていないようで結局よくわかりません。申し訳ありませんが根拠と共に回答お願いします。

Aベストアンサー

再々お礼の補足について
>法の解釈の仕方ていう不思議な言葉で「部屋単位」で0.2以下にして申請しないのが正解ということでいいですか?
貼り付けURLを見させていただきました。
火災予防条例の範囲ですね。
それによる判定は
貴研究施設では
0.2以上で少量危険物貯蔵所の届出が必要となります。
0.2未満の時は必要無しと判断します。

>これだけ調べて明記がないのはぶっちゃけるとみんなあいまいにしておきたいということなのだということなんでしょうか?
あんまり厳しくすると、一般の方の生活上困るからでしょう。
北国においては、雪降る前に地元の消防署員さんが各屋やを訪問してストーブの置いている部屋に灯油缶を3つ(60リットル)置いていた方にしかめっ面して置き場所を指導して帰ったという話を聞いています。
屋外の灯油タンクでも容量の大きな物については、防油堤の設備を指導されます。
ちなみに
一般住宅における危険物取扱主任技術者の資格はいりませんが、容量400リットルの屋外タンク場合は、少量危険物貯蔵所の届出しなくてはならないのです。
と私の地元の火災予防条例には書いています。
ご参考まで

再々お礼の補足について
>法の解釈の仕方ていう不思議な言葉で「部屋単位」で0.2以下にして申請しないのが正解ということでいいですか?
貼り付けURLを見させていただきました。
火災予防条例の範囲ですね。
それによる判定は
貴研究施設では
0.2以上で少量危険物貯蔵所の届出が必要となります。
0.2未満の時は必要無しと判断します。

>これだけ調べて明記がないのはぶっちゃけるとみんなあいまいにしておきたいということなのだということなんでしょうか?
あんまり厳しくすると、一般の方...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング