[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

私は今年大学2年に進級するものです。みなさんにお聞きしたいのですが、大学のテストってどんな感じでしたか??なぜ聞きたいのかというと、私の通っている大学のテストがあまりにもレベルが低いのではないかと感じるからです・・。(大学のレベルも相当低いですが・・・。)まず、すべての教科で、教科書、ノートが持ち込み可能、問題形式は空欄補充です。教科書の文をそのまま出していたり、事前にプリントで同じ問題を配ってくれたりしています。また、論文を書け、という問題でも、どんな課題を出すか教えてくれ、それをノートなどに書き込み、写すといった感じです。他の大学の友達に聞いたところ、「教科書、ノートの持ち込み可ってところがまずおかしいし、空欄補充なんてマジありえない」っていわれました。やっぱり、大学のテストってもと難しいのですか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

flower-bloomさんと同じく春から大学の2回生です。



私の受けた授業では、教科書の持込は不可でした。
科目により、参考資料・ノートの持ち込みは可能でした。
物理や物理化学といった科目で持ち込み不可だったので、テストでかなりしんどい思いをしました。

テストの内容は空欄補充は無かったですね。うらやましいです。
    • good
    • 15

大学の場合は、それこそ教官の数だけやり方があるような感じです。

教科によりさまざまでした。
まず中学高校と同じく教科書、ノート持ち込み不可で空欄補充方式。これは少数派でした。
多かったのは、ノートまたは教科書、あるいは両方持ち込み可で、論述方式。
単に知識を問うのではなく、それを使って考えることが要求されました。回答が長い文章になることもしばしばです。
テストというよりもレポートに近いですね。
どちらも持ち込み不可で論述というのももちろんあります。

あるいは、テストがなく、レポートを提出するだけのこともありました。

大学では、学生の評価の方法は教官に任されています。要は教官の評価の仕方によって試験の内容、難易度が変わってくるということでしょう。
教科書もノートも持ち込ませて試験は簡単、当然ほとんど全員がよい点数をとるから、ほとんど全員に優の成績がつくなんて教科もありました。
かと思えば、教科書もノートも不可で超難関の試験、大量に落第者が出て、かろうじて合格する学生が大半、
ごく一部の優秀な人が優、良をもらえるなんてものもありました。

中には出席してテストさえ受ければ、たとえ0点でもで合格という教科もありました。
ただしテストが満点でも、出席していなければ不可です。
全く逆に、仮に全く講義に出席していなくても、テストで合格点を取れば単位が出る教科もありました。
    • good
    • 10

やっぱり大学のレベルに応じて試験の難易度も変化するんじゃないでしょうか。


講義によってもバラツキはありますが。
私の大学は流石に教科書可はなかったです。ノート可というのは3つくらいあったかな。
ただノートあっても落ちる奴は落ちてましたね。
結局勉強してない奴は落ちるようになってました。
難しくはなかったです。高校のほうが百倍歯応えありました。
大学のテスト、基本的に文系は楽なのでは。
    • good
    • 6

教科書可という試験はなかったように記憶しています。



ノート可はありました。もちろん、コピー不可です。講義に出ていたらわかるだろという趣旨なんだと思います。
講義に出ていないことがてきめんに点数に現れる試験は当然ですが多かったです。授業中に、「これ出題する」と明言する先生もいたくらいですから。

変わったところでは、教授印が入った指定用紙に、何を書いて持ってきてもOK、その用紙は答案用紙と一緒に回収というもの。授業に出てないと用紙はもらえないわ、答案書いても用紙提出しないと授業出てないことがばれるわで、さぼっていたことがバレバレでした。

辞書持ち込み可という語学の試験もありました。
辞書のページ数が多いことをいいことに、メモを破産でもって行った人もいたようですけど、効果は上がってなかったそうです。

と、書いてるそばで、大学二次試験会場で試験官が居眠りというニュースが! なんてタイムリーな。
なさけないけど、私の出身校でした。
    • good
    • 3

私の大学(理系です)でも教科書ノート持込可のテストはありますが、持ち込み可のテストで知識を問う問題はありえません。

考える問題が中心でかつかなりの難問になります。学生の間では持ち込み可のテストの方が難関であるという認識です。

テストの難易に関しては大学に拠る部分もありますが、何よりも先生の裁量に拠る部分が最も大きいと思います。
    • good
    • 2

オープンブック(教科書など持込)は試験の手法の一つではありますが、そこから書き写すだけの問題が中心なのは……


まだ1年だから、かもしれないので先輩にどんな試験か聞いてみては?

論文に関しては、試験前に課題を出して試験の日=提出日という講義がありました。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

大学 テスト」に関するQ&A: logとln

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学一年生です。 大学の期末テストが今のうちから不安で仕方ありません。 高校の頃は難易度的にも簡単で

大学一年生です。
大学の期末テストが今のうちから不安で仕方ありません。
高校の頃は難易度的にも簡単でしたし、出題範囲・傾向もわかりやすかったですが、大学ではどうなのか...。
普通に出席して普通に勉強してれば単位を落とすような内容ではないのでしょうか?
できれば年代が近い方がいいのですが、期末テストにどのような思いを持っていたか、日頃どういった勉強をしていたか、実際終わってみるとどうだったか、といった体験を教えていただけると嬉しいです。また、テスト前に教授がヒントをくれたりもするんでしょうか?過去問は入手しておけというのはよく耳にしますが...。

Aベストアンサー

No.2です。二つ目の補足を読みました。
「期末のみ」「期末にかなり重点を置いている」授業でも、きちんと出席して授業を理解していれば、大丈夫ですよ。
出席を取らない、小テストや課題がない、期末試験のみ、という授業だと、中には「出席を取らないなら授業はサボってもいいってことだ」「小テストや課題もないから楽でいいや」と解釈して、本当に授業にほとんど出なかったり睡眠時間にしてしまう学生が出てくるのです。No.3さんが言っているのはそういう危惧です。
そういう学生は、「試験は過去問をもらえば大丈夫だろう」で試験に臨んだら、さっぱり解けなくて(授業を聞いていれば書かないような的外れな解答を書いて)不合格、というパターンになるのです。

また、大学では試験で「持ち込み可」となっていることがあります。これは指定された範囲で、教科書・辞書・参考書を試験中に持ち込んで使用して良い、という意味なのですが、これを「持ち込みできるなら、試験中にそれを見ればいいから、試験勉強しなくていいや」と考える学生がいます。
が、それは間違いです。
「持ち込み可」=「資料には書いていない答えを導き出す思考力を問う」「資料を見ればわかるような暗記内容は問わない」試験だと考えるべきです。
つまり「持ち込み可」のほうが、試験問題そのものとしては難しいことが多いのです。
たとえ授業ノートの持ち込み可で、授業に即した出題だとしても、短い試験時間中に「ノートのどこに、問題の答えやヒントが書いてあるか」を探すのに手間取ってしまい、問題に即した解答を考えて書き終える前に時間切れになってしまう人もいます(友人の実話)。持ち込みのノートは確認のための参考程度で、ノートなしでも大まかな答えが導き出せるように勉強しておけ!ってことですね。

……とまあ、大学ならではの出題形式を、甘いほうに都合良く解釈するナメた発想から出席や普段の勉強をサボるようなことをしなければ、期末試験一発で成績が決まるような授業でも、普通は合格します。
あまり心配しすぎるのも、普段の勉強に差し支えますよ。

No.2です。二つ目の補足を読みました。
「期末のみ」「期末にかなり重点を置いている」授業でも、きちんと出席して授業を理解していれば、大丈夫ですよ。
出席を取らない、小テストや課題がない、期末試験のみ、という授業だと、中には「出席を取らないなら授業はサボってもいいってことだ」「小テストや課題もないから楽でいいや」と解釈して、本当に授業にほとんど出なかったり睡眠時間にしてしまう学生が出てくるのです。No.3さんが言っているのはそういう危惧です。
そういう学生は、「試験は過去問をもらえば...続きを読む

Q大学の定期テストは過去問がなくてもどうにかなりますか? 定期テストが心配だという趣旨の質問をしたら、

大学の定期テストは過去問がなくてもどうにかなりますか?
定期テストが心配だという趣旨の質問をしたら、過去問さえやればとかいう回答がやたら多く、そんなに過去問とは大事なのかと驚いています。
大学とは自分で学ぶ場だと聞いていたんですが、人脈を作って過去問を入手しそれを丸覚えみたいなのが正解ルートなんだったらなんてあほくさいんだと思います。もちろん人脈作りも大事なのでしょうが。

Aベストアンサー

個人的な見解ですが,別に過去問がなくても勉強していれば,大体はどうにかなるのではないでしょうか.
過去問があったところで勉強する事には違いないし.

強いて言うならどちらにもメリット・デメリットがあるという事です.
過去問を見て対策するという事は勉強する範囲に偏りが出るかもしれないという事.それによって一部の勉強内容が身に付かないかもしれないという事がデメリットでしょうか.
一方でメリットがあるとすれば,良い成績が得られるかもしれない,勉強時間を短くできるといったところでしょう.

例えば奨学金が必要な学生なら良い成績は取りたいでしょうし,学費を払うためにバイトをしている学生も少なくありません.そういう場合には少しでも時間に余裕を持ちたいでしょうから,そういう意味では過去問がある事にメリットはあります.

けれども質問者さんが思うところがあるように,それで碌に勉強しないのであれば,(就職などの問題は置いといて)態々大学で勉強する必要ないのではとも思います.

結局は人それぞれなんですよね.別に"正解ルート"みたいなのは無いと思います.

Q大学の期末試験 ― 過去問がないとAは無理?

現在大学一年生で、期末試験が間近に迫っています。
授業はまじめに出てノートも取っているんですが、最近、大学の期末試験で好成績をとるには過去問が必要だという話を耳にしました。
さらに、過去問は入手できないが毎日予習復習をして試験に挑む人よりも、一夜漬けで過去問を勉強するだけの人の方が成績が良いと聞きました。というのも、一般教養の試験の場合、教員は毎年ほぼ同じ問題を出すかららしいです。
私は他の大学への編入を目指しているので、どうしても良い成績を取らねばならないのですが、友達はおらず、過去問を入手できません。
過去問なしにオールAに近い成績を取るにはどうすれば良いでしょうか。過去問なしで良い成績を取っている方がいたら、どのように勉強したか教えて下さい。
本当に過去問を持っているか否かによってそんなにも成績が左右されるなら、こんな理不尽な世界から逃げ出したいです・・・。

Aベストアンサー

No.2です。早速のお礼、ありがとうございました。勉強方法のご質問もありましたね。失礼しました。補足として、私の勉強方法をお書きしておきますね。通用するかどうかは分かりませんが、ご参考までに…

・授業は全て出席
・ノートは先生の発言まで取る
・授業で不明な点を残さない
・先生への質問はこまめに(気に入られるためとかではなくて)
・先生が授業中に強調していた部分は要チェック
・予習、復習は欠かさない
・試験勉強は「読む」のではなく「書いて」覚える
・論文形式の試験対策は結論とその根拠を明確にしておく
・自分なりの試験科目の優先順位を決める(私の場合は暗記は早めに手をつけてました)
・日ごろから試験勉強に役立つようにノートをまとておく

…ぐらいでしょうか。似たような試験が出るのであれば過去問を持っていれば確かに有利です。けれど、授業の内容が身について、臨機応変な回答ができるのはきちんと勉強をしてきた人間だと思いますよ。

試験には運もありますし、オールAに近い成績を目指すのであれば並大抵でない努力が必要となると思います。私も毎日の勉強を結構頑張ったほうですが、さすがにオールA近くの成績を取るのは無理でした。確かBがいくつかと、Cが一つありました(大事な部分のポイントがずれていた、ど忘れ、蛇足が多すぎて時間切れなどが原因)。

過去問なしの努力なしでは好成績は無理です。でもポイントをきちんと押さえて(これが意外と重要だけど難しい)努力をすれば、過去問なしでも報われる可能性は高いと思いますよ(絶対とは言い切れませんが…)。

10年近くも前に大学を卒業しているので今の大学がどのようなものなのかちょっとよくわかりませんが、質問者様の努力が報われるような大学だといいですね。試験勉強大変かと思いますが、頑張ってください。

No.2です。早速のお礼、ありがとうございました。勉強方法のご質問もありましたね。失礼しました。補足として、私の勉強方法をお書きしておきますね。通用するかどうかは分かりませんが、ご参考までに…

・授業は全て出席
・ノートは先生の発言まで取る
・授業で不明な点を残さない
・先生への質問はこまめに(気に入られるためとかではなくて)
・先生が授業中に強調していた部分は要チェック
・予習、復習は欠かさない
・試験勉強は「読む」のではなく「書いて」覚える
・論文形式の試験対策は結論とそ...続きを読む

Q大学のテスト期間

大学にもテスト期間とかってありますか??

Aベストアンサー

 beautyjpさん こんばんは

 教授等によってはテストをせず、休み期間中にレポートを書かせてその内容で成績を決める方式を採用している方もいますが、多くはテスト期間中にテストをする場合が多いかと思います。

 ほぼ全ての大学は2期制を採用している、それぞれの期末にテスト期間が有ります。前期の場合は7月第二週位までが授業期間で、その後テスト期間になります。しかしここには2種類存在し、授業終了後1週間後からがテスト期間の大学・前期授業終了後翌日から夏休みになり9月半ばからテスト期間と言う大学に概ね別けられます。
 後期の場合は12月半ば位まで授業がありその後1/10位までは冬休みで、それから1週間位授業があってその後1週間後位からがテスト期間と言うのが一般的です。

 以上が一般的な大学のテスト期間なんですが、細かくは大学によって違いますから確認する必要が有ります。

Q大学の春休み?は何日から何日までですか?

厳格に決まっていない場合はざっとで結構です。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 私の場合、2月21日~4月6日です。春休みが始まる日は人によって違います。私の場合、2月20日がレポートの締切日なので、私次第で数日は延ばせます。
 大学に行くのは何時までかという質問なら、2月6日までです。この日が最後の試験日だからです。
 最後の授業日となると、1月31日です。私の受講している授業に休講の多いものがあったので、補講が重なってこの日になります。

 ここまで読めば察しが付くと思いますが、学期の終わりは個人によって違います。学期の始まりや学期中の長期休暇(冬休み等)は揃えられますが、学期の終わりについては受講している授業の評価方法や締め切りで変わるので、学校によるのではなく、個人によります。

Q大学の定期試験の再試験って意味あるの?

★alamoana★と申します。

大学には,定期試験で合格できなかった学生を対象に
「再試験」という制度が設けられている場合があります
(病欠者に受けさせるいわゆる「追試験」のことではありません)。

この「再試験」を実施することの是非について,
みなさんの率直なご意見をお聞かせください。

たとえば,次の2つの立場があるかもしれません:

A.  再試験は意味がない。
理由:たとえ再試験で優秀な成績を取ったとしても,
   それは,他の学生よりも習得に時間がかかったということだ。
   定期試験までに必要な学力を身につけるのに失敗したということは,
   実社会で言えば,〆切までに業務が遂行できなかったのに等しい。
   結局,再試験の結果如何によらず,定期試験に不合格だったという評価は,
   そのままで妥当である。

B.  再試験には意味がある。
理由:定期試験に不合格となるには,様々な理由と事情とがあるはずだ。
   「一度は失敗しても次は頑張るぞ」と努力する態度を育てるべきだ。
   また,「大器晩成」という言葉もある。

みなさん,どう思われますか?
   
   

★alamoana★と申します。

大学には,定期試験で合格できなかった学生を対象に
「再試験」という制度が設けられている場合があります
(病欠者に受けさせるいわゆる「追試験」のことではありません)。

この「再試験」を実施することの是非について,
みなさんの率直なご意見をお聞かせください。

たとえば,次の2つの立場があるかもしれません:

A.  再試験は意味がない。
理由:たとえ再試験で優秀な成績を取ったとしても,
   それは,他の学生よりも習得に時間がかかったということだ。
...続きを読む

Aベストアンサー

お礼の言葉ありがとうございます。
再試験の意味がないっていった理由は、
きちんと理解しやすい授業、適正な試験さえ行われれば、
再試験などする必要はないということで、そのような制度が存在すること
自体が、その大学の制度の試験実施システムの甘さをあらわ
しているようであると思うからです。
ようは、試験は適切な方法できちんとやっていれば1回で済むんです(追試は別)。
たとえば、再試験での合格を認めるならば、最初の試験で合格した人の
立場は? 最初の試験で頑張った人は頑張り損ですよね。
ですから公平なのは、1回といえます。

今回のalamoanaさんのような不当な評価と思われる事態への対処は、再試験という方法では結局すまないし、根本的には方法の見直しでしょう。

大学的に再試験やらざるを得ないのは、皆さん予測されるとおり、大学の事情なども含めよい理由ではありませんね。そういった大学は改善されるといいですね。

ただ、実際やらずに済んでる大学も多いと思います。
自分の出身大学も全然やっていないし。それですんでいるし。

Qノート持ち込みって?

今年、大学に入学した者です。試験用のノートについて教えてください。
もうすぐ試験があるのですが、
先生が「ノートは持ち込んでいいけど、ルーズリーフはダメ!」と言っていました。

配ったプリントを挟めるから、というのが理由だそうですが、
生徒の90%はルーズリーフで授業を受けていますが…?試験の時はどうするのでしょう?

友人は「ルーズリーフを大学ノートにノリで貼りつける!」と言っていましたが、
プリントも貼れると思うのですが?

私は授業中はいつも殴り書きなので、家に帰ったら清書するのですが、(復習も兼ねて)
清書を大学ノートにすれば良いのでしょうか?
でも何かと便利なので、ルーズリーフにしたいのです。
もしくは試験が終わったらルーズリーフに復旧させたい!
みなさんは、どうしているのでしょう?

Aベストアンサー

再度の登場です。

う~ん、誤解というよりも、この手の発言はクラス全体よりも
まじめに授業を受けない学生に対する意味合いが強いんですよ。
教員には「まじめな学生を中心に講義を展開する」方と
「不真面目な学生を中心に講義を展開する」方がおられます。

後者の場合は「なんとか全員に講義内容を理解してもらおう」
という気概が良いのですが、たいていaw-katuさんのように
板書も復習もしっかりする学生がワリを喰うはめになります。

なので、先生の意図はあくまでも
板書をせずにテスト前にコピーで望む者や
復習をいっさいしない者が対象だと思います。
こうして単位が危うい学生を救ってあげようという
気持ちなんですね。

Q大学の試験を欠席すると不可ですか?

大学の専門科目なのですが、
期末試験を欠席してしまうと
やはり単位は取得できないのでしょうか。
(無条件で不可になるのでしょうか。)
それとも、正当な理由があれば、再試験をしてくれて
それによって評価してもらえるのでしょうか。
自分一人のために、別の試験を作成までしてくれないような気がするのですが。

もちろん、大学によって、また先生によっても違うとは思いますが、同じような経験をした方や詳しい方など、参考までに教えてください。
できれば国立大学の専門科目についてお願いします。

このようなことは大学に直接聞くべきですが、
既に大学の事務は閉まっており、
今知りたくて気になっているので
とりあえずここで質問させていただきます。

Aベストアンサー

大学の教員です。
No.5さんもお書きのように,大きく分けて,(1)公式の追試と,(2)非公式の救済措置があります。

1)
通常,大学には追試の制度がありますね。
「正当な事由」(大学ごとに多少異なりますが,病気や忌引きはたいてい認められます)がある場合は,しかるべき書類(正当な事由を証明するものと,追試受験願,というのが一般的)を,定められた期限内に提出して,認められれば受験できる,というものです。
細かいところではいろいろと差があり,「受けてもいいけれど最高点は80点止まり,それがいやなら,今年は履修しなかったことにしてあげるから,来年度もう一回最初から取り直しましょう」なんてところもありました。

>自分一人のために、別の試験を作成までしてくれないような気がするのですが。
とご心配のようですが,上で述べた「公式の追試」であれば,たとえ一人であっても,教員は別の試験を作らなくてはなりません。
そういう制度なのですから,追試も職務の内です。
実際,一人のために問題を作って採点したことは何度もあります。

2)
欠席した理由が「正当な事由」にあてはまらないような場合は,直接担当教官にお願いして,たとえばレポートの課題を出してもらう等,何らかの救済措置を講じていただくしかありません。
これは先生次第ですので,そういった対応はできないという先生もいるでしょう。

大学の事務は閉まっているかも知れませんが,大学のホームページは開いています(多分)。
最近はかなり多くの大学が,学則の類をホームページで公開していますので,まずはそちらで確認してみてください。
また,ネットだけでなく紙の書類でも,「学生便覧」のような冊子をもらっているはずですので,見てみましょう。

大学の教員です。
No.5さんもお書きのように,大きく分けて,(1)公式の追試と,(2)非公式の救済措置があります。

1)
通常,大学には追試の制度がありますね。
「正当な事由」(大学ごとに多少異なりますが,病気や忌引きはたいてい認められます)がある場合は,しかるべき書類(正当な事由を証明するものと,追試受験願,というのが一般的)を,定められた期限内に提出して,認められれば受験できる,というものです。
細かいところではいろいろと差があり,「受けてもいいけれど最高点は80点止まり,それ...続きを読む

Q4年間で何単位取りました?

大学の4年間で全部で何単位取りましたか?自分の取ってる単位数がとても少ないような気がしてきたので教えて下さい。

Aベストアンサー

いわゆる必要単位数が124単位(実際には必修etcの必要条件多数あり)の大学でした。
成績証明書が手元に無いので正確ではないですが、160単位くらい取ったと思います。
「余り単位」の多くは、1年の理系科目(理学部が担当、2年進学時の条件ですが、専門単位とは別計算)、また主に3年後期の専門科目ですね。

実験定員もあり、学科ごとに事実上「時間割」が決まっていました。とりあえず好き嫌いなく(?)取っていたら、卒業単位は3年前期時点で、卒論単位を除いて、あと1単位(?)あればOKになったと思います。
ということで、3年後期はほとんど履修しなくてOKだったのですが、「諸般の思惑
」により普通に(全部)取りました。割合忙しかったような。
3年後期は、これまであまりやっていない分野の講義もあったので得るものは多かったです。

ちなみに同じような単位取得法の人は結構多かったです。


最後は個々人の価値観ですが、せっかくなのでいろいろな分野を(大学講義なのでなかば受動的ですが)知っておくのはいいことだと思います。将来どこかで役立つ、かな?
たとえば出身学科の場合、材料工学,音響工学や高電圧工学は、この時期履修しないと全く素人のまま卒業しちゃいます。曲がりなりにも(電気系)エンジニアとしてそれはいかがなものかと..。
幸いにも私の大学は「授業を多く履修した努力に報いるシステム」だそうで上位科目**単位平均で評価したので、多く履修してもマイナス面はなかったです。

いわゆる必要単位数が124単位(実際には必修etcの必要条件多数あり)の大学でした。
成績証明書が手元に無いので正確ではないですが、160単位くらい取ったと思います。
「余り単位」の多くは、1年の理系科目(理学部が担当、2年進学時の条件ですが、専門単位とは別計算)、また主に3年後期の専門科目ですね。

実験定員もあり、学科ごとに事実上「時間割」が決まっていました。とりあえず好き嫌いなく(?)取っていたら、卒業単位は3年前期時点で、卒論単位を除いて、あと1単位(?)あればOKになったと思い...続きを読む

Q大学の試験のことで

中高生の中間・期末試験にあたるものは、大学ではどんな日程で行われるのでしょうか?
具体的に、×月の後半から×日間くらい××試験が実施されて――という感じ教えてもらえれば助かります。

Aベストアンサー

公立大学に通ってます。
うちの大学では
前期試験:7月の最後の2週間
後期試験:2/1から2週間
#1の方もおっしゃるように中間試験は行うものと行わないものがあります。
通常、大学で単位を取得するには60点以上が目安になりますが科目によってはほとんどの学生がクリアできないものもあります。
全員不合格を防ぐために先生の配慮で中間+期末=60点以上なら合格となる場合がほとんどです。
なかには出欠確認だけの場合もあります。また高校や中学のように出席を評価することはほとんどなく全く出席しなくても試験に受かればそれでよいとされる教科も多くあります。
レポートのみで評価したり出欠だけで単位が取れる教科もありますが特に理系ではそれが少ないです。

日程は私立と国公立では違う場合もあり夏休み明けに前期試験を行う学校もあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング