高齢者の生活の相談に乗るために、役に立つと思われる資格はありますか?
 例えば、年金のアドバイスをしたり、あるいはレクリエーションなどの余暇の過ごし方を提案したりするといったことを考えています。その他にも、私が気付いていない方面で、こういう勉強をしておくと、高齢者の生活の相談に乗れやすいのではないかと考えられる資格試験があったら教えてください。福祉住環境コーディネーターは取得しました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

すみません、質問を読んで以前聞いたことあるなぁ、と調べただけなもので認知度など詳しいことはわかりませんが、誰か補足してください。



余暇生活開発士
シニアライフアドバイザー(年齢制限ありみたいですがoborodukiyoさんの年齢がわからないので一応書いておきます。)

などがあります。
私はgoo!で余暇 資格って検索しました。
前に余暇の使い方をコーディネートする資格があると聞いたことがあったので、
調べてみました。
私は福祉住環境コーディネーター今度めざしています。


http://www.sumitomotrust.co.jp/BP/retail/sinta/t …

参考URL:http://www.sumitomotrust.co.jp/BP/retail/sinta/t …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報ありがとうございます。両方とも初耳の資格です。早速詳細を調べてみようと思います。

お礼日時:2002/02/10 00:18

年金などのお金の問題についてはFPや税理士の資格が役に立つとは思います。

それと、最近高齢者の方を狙った悪徳商法というか詐欺があるので、法律的な相談に乗れるとしたら、行政書士や弁護士の資格が役に立つと思います。
 もっとも、そういった資格を今から取られるというより、上記の資格をお持ちの方で高齢者の方々に役に立ちたいと思っている方とネットワークを作られるのがよろしいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/10 00:23

福祉住環境コーディネーターを取得しているのでしたら、一歩すすめて、ホームヘルパー2級はいかがでしょうか。

身体介護中心ではありますが、高齢者の生活全般をとらえるようなカリキュラムでの講習会になっています。レクリエーションの単元や、介護保険の単元もありますので、要介護の高齢者はもとより、元気な高齢者に対しての情報提供にも事欠かないと思います。
ホームヘルパーの講習会は、市区町村行政や社会福祉協議会ほか民間教育機関などで実施されています。
さらに、ホームヘルパーの経験年数によっては、介護福祉士やケアマネジャーの資格取得も可能になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ホームヘルパー2級取得を考えてみたいと思います。

お礼日時:2002/02/10 00:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雇用保険の資格取得について

資格取得届の提出が所定の期限を相当期間経過して行われた場合、資格取得日が被保険者資格取得の確認が行われた日の2年前の日より前であるとき(遡及適用の特例に該当しない場合)は、被保険者期間を計算する場合、資格取得の確認が行われた日の2年前の日が、その者の被保険者の資格取得日として取り扱われる。

↑上記の解釈として・・・

2年であれば、遡れり資格取得ができる。しかし、2年を1日でも過ぎれば資格取得できない。という解釈で問題ないですか?

他に、問題ありますでしょうか?

Aベストアンサー

社労士の勉強ですか?

> 2年であれば、遡れり資格取得ができる。
本来の資格取得日までさかのぼって記録が修正可能ですね。

> しかし、2年を1日でも過ぎれば資格取得できない。という解釈で問題ないですか?
解釈が間違っています。
本来の資格取得日までさかのぼってはくれませんが、2年前の日を資格取得日として取り扱います。
よって、実際には5年前に雇用保険の被保険者となる要件を備えていた者が、離職に際して本条文に基づき2年前が資格取得日と認定され場合、失業等給付の日数を決めるための期間は2年となりますね。


なお、「雇用保険法の一部改正」により、現在は2年を越えて資格取得日を認定することもできます[条件に合致していることが必要]。
 http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/51784979.html
 http://www.hoshina-sr.jp/article/13822902.html

Q公務員試験を考え、資格の学校にいこうと思います。

公務員試験を考え、資格の学校にいこうと思います。
TとかLとかOとか学校がいっぱいありますが、
お勧めの学校ってありますか? 
独学では、続かないという事がわかりました。

Aベストアンサー

以前、資格取得のためにこの手の専門学校を利用したことがあります。
まずTですが、ここの創設者で現社長は公認会計士です。ですからTはもともと会計士や特に税理士、簿記などの税務会計分野に実績があります。
ただTは最近M&AでWを買収しました。このWが公務員養成で有名だった気が…。つまり今はTにも公務員講座があるはずですが、利用するならまずWについて調べるべきでしょう。
またOはその名の通りでTに近いと考えるべきですが、3つの中でたぶんここだけが学校法人で多角的にいろいろ講座があり、2社にはないメリットがあるかもしれません。
逆にLは司法試験、司法書士などの法律分野に力を入れている学校です。
この3つなら強いて言えばLかな、とも思いますが、何よりもまずアクセスを第一に考えるべきではないでしょうか? かなりのコマ数でしょうし、交通費や移動時間もバカになりません。
参考になれば幸いです。(誤りがございましたらご容赦ください)

Q資格取得について

現在、国の省庁の地方出先機関に勤めているものですが、資格取得を考えています。既取得は簿記3級と宅建です。
資格取得後すぐに転職等とは考えてはいませんが、収入や勉強内容からみてお奨めの資格はありますか?
また、資格取得にかかる高収入度ランキングはどんなものでしょうか?

Aベストアンサー

資格は取ればいいと言うものではなく、実務ではそれをいかに活用できるかということが大切です。

今までの自分の職務経験、スキルを活用できるものを取得すればいいのではないでしょうか??

高収入度でいけば、医師免許がいいと思います。大学に6年通う必要はありますが、卒業時(資格取得時)では職務経験からくるスキルは全員ほぼ横一線ですので、お勧めです。仮にスキルが劣っていても、高度な医療は全く行わず、風邪だけを診る専門医となれば、食べるにこまることはありません。

また、司法試験もお勧めです。職務スキルは資格取得時に大きな差はありますが、高度な案件は取り扱わない、少額自己破産専門の事務所を開設すれば、食べるに困らないと思います。

Q技術士(機械)の資格を取得したいと考えていますが、どこの受験指導講座がよいですか。

技術士(機械)の資格を取得したいと考えていますが、やはりどこかの指導講座をとった方が良いと考えています。どこの受験講座が良いか教えてください。住まいは、東京都です。1次試験からのスタートになります。機械工学学士は保有しています。実務は、30年程大手の機械製造メーカーで、設計開発に携わってきました。
今から準備して、秋の1次試験、来夏の2次試験の合格の可能性はどのくらいあるのでしょうか。(個人の能力によりますが、目安として)
また、どのような準備計画をしたら良いかも教えていただけたらと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

合格の可能性は、経験論文を如何に書けるかで大きく変わります。書き方についてはノウハウがあるので、ので、論文を添削してくれる先輩技術士が身近にいるかどうか出大きく変わります。
確か来年当たりから2次試験の試験内容が変更になるので、来年の試験の何度・合格率についてはよくわかりません。

おすすめのサイトは技術士全般なら技術士会のホームページの他、

http://morihaya.net/pejp/index.htm
http://www.pejp.net/pe/
http://www2u.biglobe.ne.jp/~miken/#m01

機械部門については
http://www.geocities.jp/taka_kobe/
http://www.tamatele.ne.jp/~hara0418/
http://www.katch.ne.jp/~t-adachi/
等です。

2次試験については、機械部門は情報が少ないので大変ですが頑張ってください。

Q児童指導員の資格取得について

児童指導員の資格について最近知りました。
私は、教員免許(中・高)は、取得しています。児童指導員の資格はどのようにしたら取得できるのか教えて下さい
 また、児童指導員の資格を取得された方で、取得してどのような職業に就職されたか教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

児童指導員は任用資格です。
養成校と認定されている学校を卒業されていなければ、あとは就職する際の雇用先が判断することになります。

就職する際、雇用先へ例えば大学時代の成績証明書を提出し、大学時代にこういう勉強をしてきたから児童指導員として任用するにふさわしい、と雇用先が判断すれば資格を有しますし、判断してもらえないければ、資格はないということになります
都道府県によっては、心理学士・教育学士であれば成績証明書の提出まで求めないところもありますし、教員免許を取得していても、具体的な成績証明書や当時の授業の講義要綱の提出を求めることもあります。

参考のホームページにも、教員免許取得者は都道府県知事が適当と認定したものは資格を有する、となっていますので、一度お住まいの県庁に問い合わせてみたらいいと思います。

参考URL:http://www.infoaomori.ne.jp/aosyakyo/si/si02/sikaku/gi-n.html

Q障害年金・生活保護を取り扱う資格は?

障害年金や生活保護を取り扱う資格を教えてください。  社会保険労務士? ファイナンシャル・プランナー?      社会福祉士・精神保健福祉士は、取得しても、あまり意味の無い資格(と、ベテラン・ケアマネジャーさんがおっしゃってました。)

Aベストアンサー

 社会福祉士は、それを持っていないとできない仕事はないという実態はあるものの、両方の制度について一番熟知している国家資格であり、相談にのる人としては最も適しています。

 精神保健福祉士の方は、精神科病院関連の職場に勤務する場合は必須の資格です。精神障害者の場合、両方の制度を利用する人は多いです。

 生活保護を公務員として福祉事務所の窓口で担当する場合は、社会福祉主事という資格が必要で、こちらは大学または短大で社会福祉関係選択科目を3科目履修していれば取得できます。

Q放送大学で看護師資格取得用の科目を履修できますか?

放送大学で看護師資格取得用の科目を履修できますか?

当方、看護師資格を目指していません。
試験日が合わないので看護師資格取得用の科目の方を履修したいんですが、可能でしょうか?
選科履修生として出願しようと思います。

入学金、授業料以外に看護師資格取得用の科目を履修するとお金かかるでしょうか?
そもそも看護師資格取得用の科目を履修できるでしょうか?

Aベストアンサー

放送大学では、

<生活と福祉コース専門科目>

在宅看護論、看護学概説、基礎看護学、疾病の成立と回復促進、疾病の回復を促進する薬、
人体の構造と機能、感染症と生体防御、がんの健康科学、リハビリテーション論、公衆衛生

<夏季集中科目>

成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、

・・・といった科目を用意していますね。



>試験日が合わないので看護師資格取得用の科目の方を履修したいんですが、可能でしょうか?
>入学金、授業料以外に看護師資格取得用の科目を履修するとお金かかるでしょうか?
>そもそも看護師資格取得用の科目を履修できるでしょうか?

こういった詳しいことは、

放送大学お問い合わせ窓口 043-276-5111
受付時間・・・月~金 9:00~18:00

へ電話をかけてきいてみるというのが確実だと思います。

参考URL:http://www.u-air.ac.jp/hp/nyugaku/new/suguwakaru.html

Q資格が職に直結しやすい資格

医師免許や薬剤師免許などの理系資格ではなく、主に文系の方がとる資格で(数字や計算をのぞくわけではありません)、司法試験と公認会計士以外の資格で職に結びつきやすい資格って何があると思いますか?

この資格を持っていれば働き口があるだろうというものです。

また、その中で年齢も気にする事無く採用してもらいやすい資格はありますか?

お願いします。

Aベストアンサー

どんな難易度の高い資格であっても、その資格は仕事をするうえでの最低限の知識を証明するだけの資格です。

司法試験合格であっても、判事任用試験などで採用とならなければ、判事などになれないことでしょう。弁護士となったとしても、飽和状態ですし、弁護士の求人の最低条件が司法試験合格でしょうから、有利になるものでもないことでしょう。

公認会計士も監査法人の求人が飽和していることでしょう。会計士試験合格だけでは公認会計士登録できませんので、試験合格者程度になってしまいます。民間企業の一事務員の採用試験であれば、い事務員と同じ雇用条件でよければ優遇されることにはなるでしょう。

ほとんどの資格試験で採用されやすい、などというものはないと思います。応募条件を満たす為か、多様の有利になる程度でしょう。

私の知っている弁護士は、弁護士事務所開業者ではあるが弁護士業で食べていけず、事務所を維持できず、大学部の法学の講師(法学講師に弁護士資格は必須ではない)を副業で行っているような人もいます。

私の知っている公認会計士兼税理士の人は、ベテランなのに顧客がほとんど0になってしまったため、経験で税理士法人に雇用してもらいました。雇用されるのには税理士資格が必須ではありましたが、あくまでも経験の評価による採用でしたね。

私の知っている司法書士は、過払い利息のブームが終わりかけ始めたときから法律関係職にこだわらない転職を考えていますね。

独立開業が難しいとなれば雇用を求めるが、同様の人も多く、経験者から売れて飽和もしているような状態でしょう。

私の知っていり資格で唯一働き口が見つかりやすいのは、理系かもしれませんが看護師ではないですかね。知っている看護師は、気に入らない職場は簡単にやめますが、すぐに新しいところが見つかっていますね。ただ、総合病院・救急病院の経験のある看護師ですので、大概の科でこなせるからかもしれませんがね。

ですので、資格だけで通用することは難しく、資格+経験などのような形でなければ厳しいと思います。そして経験の積みやすい業界かも重要な事柄でしょう。

どんな難易度の高い資格であっても、その資格は仕事をするうえでの最低限の知識を証明するだけの資格です。

司法試験合格であっても、判事任用試験などで採用とならなければ、判事などになれないことでしょう。弁護士となったとしても、飽和状態ですし、弁護士の求人の最低条件が司法試験合格でしょうから、有利になるものでもないことでしょう。

公認会計士も監査法人の求人が飽和していることでしょう。会計士試験合格だけでは公認会計士登録できませんので、試験合格者程度になってしまいます。民間企業の一...続きを読む

Q簿記会計の資格を極めるかそれとも別資格を取得するか

いつもお世話になっております。

自分は今、日商簿記2級の資格を持っています。
持っていますとは言っても取得したのは約3年前ですが…(汗)

現在勤めている会社の仕事にも慣れ、余裕ができてきたので、
空いた時間で新たに資格を取得しようかと考えているところです。

そこで簿記会計の資格を極めるか、それとも別資格を取得するか悩んでいます。

極めるというのは“建築業経理検定”などの日商以外の簿記経理資格や
税理関係の資格を取得するということです。

別資格というのは何も簿記とは正反対の資格ということではなく、
直接は関係ないが、少し知識があると良いという社会保険労務士や
FP(ファイナンシャルプランナー)などの資格を取得するということです。

できれば転職に役立つほうを優先して取得したいとも考えております。
と言っても資格はお飾りのようなもので実際は資格がなくても経験者のほうが
就職、転職には有利なのでしょうが…(泣)

それでも資格の勉強をして知識を増やしていきたいと思っています!!

取り留めのない文章になってしまいましたが、お暇なときで構いません。
回答をよろしくお願いいたします。

いつもお世話になっております。

自分は今、日商簿記2級の資格を持っています。
持っていますとは言っても取得したのは約3年前ですが…(汗)

現在勤めている会社の仕事にも慣れ、余裕ができてきたので、
空いた時間で新たに資格を取得しようかと考えているところです。

そこで簿記会計の資格を極めるか、それとも別資格を取得するか悩んでいます。

極めるというのは“建築業経理検定”などの日商以外の簿記経理資格や
税理関係の資格を取得するということです。

別資格というのは何も簿記とは正反対の資格とい...続きを読む

Aベストアンサー

> 極めるというのは“建築業経理検定”などの日商以外の簿記経理資格や
> 税理関係の資格を取得するということです。
こちらの方向へ進むのであれば、日商簿記1級、全計上級、税理士、公認会計士を目指した方がいいですね。あと、ビジネスキャリア検定の『経理1級』『財務管理1級』もいいかも知れません。
 http://www.javada.or.jp/bc/career/guideline.html
一方、建設業簿記ですが、現在お勤めの会社で建設業簿記を必要としていないのであれば、それは「趣味の世界」となってしまいます。


> 別資格というのは何も簿記とは正反対の資格ということではなく、
> 直接は関係ないが、少し知識があると良いという社会保険労務士や
> FP(ファイナンシャルプランナー)などの資格を取得するということです。
偶々、例示された資格は両方所持していますが、現在の仕事で使用しないのであれば「趣味の世界」。特に社会保険労務士は勉強に要する時間と金額を考えると、安易に選択しない方がいいです。

> できれば転職に役立つほうを優先して取得したいとも考えております。
> と言っても資格はお飾りのようなもので実際は資格がなくても経験者のほうが
> 就職、転職には有利なのでしょうが…(泣)
現時点で経理のお仕事をなされているとの事ですから、簿記のほうを選んだ方が有利と考えます。
 ⇒取得した上級資格に対応する実務経験が無いとしても、現在行っている業務に対する
  理解が深まりますし、予め作業準備に取り掛かれたりします。
一方、社労士やFPは『独立開業のための資格』と言う正確が色濃く、特定の業種でなければ資格者を優先的に採用いたしません。又、過半数の方が最初に目指していると思われる「3級FP技能士」は、チョット気にしている人間であれば持ち合わせている日常生活での知識程度と考えておりますので、FPを取得するのであれば国際資格であるCFPにつながる、日本FP協会認定のAFPの勉強から始めた方がよいです。因みに、AFPの認定講座を修了してFP試験に合格すると、2級fp技能士とAFPの両方の資格が自動的に取得できます。

> 極めるというのは“建築業経理検定”などの日商以外の簿記経理資格や
> 税理関係の資格を取得するということです。
こちらの方向へ進むのであれば、日商簿記1級、全計上級、税理士、公認会計士を目指した方がいいですね。あと、ビジネスキャリア検定の『経理1級』『財務管理1級』もいいかも知れません。
 http://www.javada.or.jp/bc/career/guideline.html
一方、建設業簿記ですが、現在お勤めの会社で建設業簿記を必要としていないのであれば、それは「趣味の世界」となってしまいます。


> 別資格というのは...続きを読む

Q廃れていく資格と栄えていく資格を分類したい

これからの時代を見極めたいと思っているのですが・・・そのために廃れていく資格と栄えていく資格を分類したいです。例えば、廃れていく資格にはソロバンとか習字とかはだんだん10~20年前よりも需要がなくなっていると思います(もうソロバンは使わないようになってきてますし・・・)。あと栄えていく資格としては情報処理系の資格とかですよね。例えば基本情報処理検定。あとは介護関係かもしれませんが・・・ホームヘルパー2級とかでしょうか!?このように何となく分類していきたいのですが・・・。だいたい現在はどういった傾向のものが廃れて、どういったものが栄えていますか?あと今後はどういったものが廃れ、どういったものが栄えますか(何となくこういう理由で・・・という感じで教えてください。)?いろいろと参考にしたいのでアドバイスを教えてください。

Aベストアンサー

下記サイトを参照すれば分かるように、世の中には沢山の資格があります。
また、いわゆる資格ビジネス(資格を付与すること、そのための試験や講習をビジネスとしているもの)が氾濫していて新しい資格もどんどん出来てきていますから、あまり「資格」を気にしすぎないことです。
大切なのは資格よりも「仕事の実力」をつけることです。

もし、気にするのであれば、「国家資格」だけを注視しておくようにしましょう。

参考URL:http://www.shikakude.com/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報