よく電気室や機械室等の動力盤に電流計が盤の扉に付いていますが、電流値は定格電流の値が正常だと思うんですが計算方法がわかりません。たとえば200Vの三相三線式モーター5.5kwではどうなりますでしょうか?素人なのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>200Vの三相三線式モーター5.5kwではどうなりますでしょうか…



少々専門的になりますが、これだけの情報では定格電流までは分からないのです。
「5.5kW」というのは、モーターから出る力の大きさです。「出力」なのです。

電気エネルギーを機械エネルギーや運動エネルギーに変換するとき、必ず損失があります。
「出力」に「損失」を加えたものが「入力」で、入力と出力の比が「効率」です。

その上、交流の電気には「力率」というものも影響してきます。
したがって、出力のほかに効率と力率が分からないと、電流の計算はできません。

これらが分かれば、
【電流】=【出力】÷【効率】÷【力率】÷【電圧】÷【√3】
で計算できます。

概数でよければ、5.5kWの効率は 0.8~0.85、 力率は 0.75~0.8、定格電流が 24A程度です。
    • good
    • 19
この回答へのお礼

効率と力率が分からないと計算ができないんですね。ありがとうございます。参考になりました又、機会があれば教えて下さい。

お礼日時:2006/05/07 22:15

● 定格とは、決められた条件での使用限界です。



● 決められた条件とは、電圧、周波数、気温、連続使用可能時間などがあります。

● 5.5kwのモーターも荷が掛からなければ電流は少なく、何時も定格電流が流れるとは限りません。電流は負荷の大きさに関係します。

●5.5kwで3相200Vのモーターの定格電流は概ね24Aです。

●概ねとは、モーターの性能(効率、力率)などで異なります。
    • good
    • 8

> 電流値は定格電流の値が正常だと思うんですが



ここだけ補足します。
定格電流と言うのは定格出力で運転したときの入力電流です。
定格出力と言うのはその設備を連続運転しても良い出力です。
連続定格と短時間定格が有ります。
殆どは発熱で決まります。

だから定格電流よりも低くてもおかしいわけではありません。
160km/Hで走れる車を60km/Hで運転してもいいのと同じです。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電流がI=dQ/dtやI=-dQ/dtと表わしてある意味がわかりません

電流がI=dQ/dtやI=-dQ/dtと表わしてある意味がわかりません。
物理で、抵抗R、コンデンサC、スイッチSが閉じる回路があり、コンデンサCの両極に±Qの電荷がある。
このとき、スイッチを閉じ抵抗Rを通じて放電するときの電流の時間変化を求める問題において、I=-dQ/dtとして、微分方程式を立てて解くことみたいです。そのとき、なぜ、電流をI=-dQ/dtとするのがわかりません。下記のページ↓を見ても、なぜこの問題においてI=-dQ/dtとするのかわかりません。わかりやすく教えてください(+o+) お願いします。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1222281602

Aベストアンサー

コンデンサーにたまっていた電荷が放電する場合ですからそれに合わせて考える必要があります。
#2に場面の説明と図があります。(抵抗Rを入れておく方が分かりやすいでしょう。)
その図で言うと電流の向きは反時計回りです。
この向きは+Qのある極板(Aとします)から-Qのある極板(Bとします)に向かって電荷が移動するということで決まります。逆は起こりません。電流が流れれば極板の上の電荷は減少します。
I=-dQ/dtです。
この式の中でのQは一般的な電荷の意味ではありません。極板Aの上の電荷の意味です。
だからこの式は方程式なのです。(定義式ではありません。)
(この場面でI=dQ/dtは出てきません。電荷が増加する方向に電流が流れるということが起こらないからです。起こるとしたら電池を接続しての充電の場合です。#2の図でいえばスイッチの入っている方向が違うのです。1つの場面に両方の式が出てくるということはありません。)

極板に電荷がたまっていればQ=CVで決まる電位差が存在します。
電流Iはこの電位差とも関係します。I=V/Rです。
I=Q/(CR)ですから微分方程式は Q/(CR)=-dQ/dtになります。
変数分離で解くと初期値をQoとして
Q=Qoexp(-t/(CR))

放電によって電荷が(指数関数で)減少するという結果が出てきました。
-をつけた式で考えたので矛盾のない結果になったのです。

充電の場合でしたら
I=dQ/dt
Q=CV
I=(E-V)/R  ・・・  (Eは電池の起電力)

t=0でQ=0という条件で解くと
Q=CE(1-exp(-t/(CR)))

t→∞でQ=CEです。
充電できました。

コンデンサーにたまっていた電荷が放電する場合ですからそれに合わせて考える必要があります。
#2に場面の説明と図があります。(抵抗Rを入れておく方が分かりやすいでしょう。)
その図で言うと電流の向きは反時計回りです。
この向きは+Qのある極板(Aとします)から-Qのある極板(Bとします)に向かって電荷が移動するということで決まります。逆は起こりません。電流が流れれば極板の上の電荷は減少します。
I=-dQ/dtです。
この式の中でのQは一般的な電荷の意味ではありません。極板Aの上...続きを読む

Q柱上トランスの定格電流値について

現在同一電柱に設置されている柱上トランスより、以下の内容で配線がなされております。
柱上トランス30kVA:主開閉器225A(単相3線)
柱上トランス5kVA:主開閉器30A(三相3線)
(電灯・動力共にほかの引込みは無し)

現在、動力を50A(主開閉器契約17kW)に容量変更を計画しておりますが、
この場合、柱上トランスの置き換えは必要になりますでしょうか?
(柱上トランスの定格電流算出方法と併せて教えていただければ幸いです)

Aベストアンサー

動力を50A(主開閉器契約17kW)なら動力電圧は200Vでしょうから力率・効率を0.85と仮定すれば

17/0.85/0.85≒25kVAとなり直近上位の30kVAぐらいとなるでしょうね。

しかしNO.1の方も言われていますが、柱上TRは電力のもので質問者さまのためだけにあるのではなく、他の需要家にも供給することがあるため30kVAは参考値です。

Q【電気】I=VR これの意味することは 仮説1 電流が高くなると電圧も高くなる 仮説2 電流が高くな

【電気】I=VR

これの意味することは

仮説1
電流が高くなると電圧も高くなる

仮説2
電流が高くなると抵抗が高くなる


どっちですか?

電流が高くなると電圧が上がるんですか?抵抗が上がって等しくなるんですか?

どっちかが上がって等しくなるのではなく両方上がって等しくなるんでしょうか。

Aベストアンサー

ってゆうか
I=V/RまたはV=IRじゃなかったかな
電流が多くなるとまたは大きくなるともいうのかな、でも電流が高くなるとは言わないような

Q動力電源のボール盤を改造して電気的に変速したい

どのカテが適切か分からないのですが、ひとまずこちらへ質問させて頂きました。

ボール盤は3相200V用でタッピング作業が出来ます。
タップ作業時は、タッチスイッチによって正転・逆転が切り替わります。
多段プーリーのベルトの架け位置を変えて変速する一般的な物です。
モーターは350W、「4ポール」と書いてありました。
補足:製造からおよそ25年は経過した代物だと思われます。

色々な工程で回転数を変更する為、その都度ベルトの架け替えをする必要があります。
そこで作業効率を上げる為、ベルトの掛け直しをせずに回転数を変えたいのです。
私には電気の専門的知識が無いのですが、調べた結果、
どうやら「インバーター」を使えば可能なのではないかという結論に達しました。
しかし調べていくうちモーターにも色々な種類がある事を知り、もちろんインバーター然りの模様。
いまいち「コレを用意して、こうすればいい」といった確信に至りません。
そこで、電気関係・工作機械関係に明るい方へ質問です。

1 そもそも私のやろうとしている事は可能なのか。
2 可能であるとして、電気にほぼ素人レベルで対応出来る改造(?)なのか。
3 インバーターの選定条件、その他に、必要・準備すべき事・物は何か。
4 いざ着手する際の注意点は何か。
5 作業手順・内容(結線方法など)
6 無事に目的の改造を果たしたとして、稼動中の注意点は何か。
 (使い方によっては危険な事。例えばモーターの発熱)
7 費用はおよそどのくらいになりそうなのか。
 (なにぶん予算があまりありません。対応可能なら中古で検討)

もしその他にも、電気関係・工作機械に関してや質問文の中から気付かれた事など、
小さな事でもアドバイスがありましたら嬉しいです。
以上が質問事項です。細かい質問で恐縮ですが宜しくお願いします。

どのカテが適切か分からないのですが、ひとまずこちらへ質問させて頂きました。

ボール盤は3相200V用でタッピング作業が出来ます。
タップ作業時は、タッチスイッチによって正転・逆転が切り替わります。
多段プーリーのベルトの架け位置を変えて変速する一般的な物です。
モーターは350W、「4ポール」と書いてありました。
補足:製造からおよそ25年は経過した代物だと思われます。

色々な工程で回転数を変更する為、その都度ベルトの架け替えをする必要があります。
そこで作業効率を上...続きを読む

Aベストアンサー

長文です。すみません。
まず、電気工事士法について
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%93%64%8b%43%8d%48%8e%96&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S35SE260&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1
電気工事士法施行令
(軽微な工事)
第一条  電気工事士法 (以下「法」という。)第二条第三項 ただし書の政令で定める軽微な工事は、次のとおりとする。
一  電圧六百ボルト以下で使用する差込み接続器、ねじ込み接続器、ソケット、ローゼットその他の接続器又は電圧六百ボルト以下で使用するナイフスイッチ、カットアウトスイッチ、スナップスイッチその他の開閉器にコード又はキャブタイヤケーブルを接続する工事
二  電圧六百ボルト以下で使用する電気機器(配線器具を除く。以下同じ。)又は電圧六百ボルト以下で使用する蓄電池の端子に電線(コード、キャブタイヤケーブル及びケーブルを含む。以下同じ。)をねじ止めする工事
三  電圧六百ボルト以下で使用する電力量計若しくは電流制限器又はヒューズを取り付け、又は取り外す工事
四  電鈴、インターホーン、火災感知器、豆電球その他これらに類する施設に使用する小型変圧器(二次電圧が三十六ボルト以下のものに限る。)の二次側の配線工事
五  電線を支持する柱、腕木その他これらに類する工作物を設置し、又は変更する工事
六  地中電線用の暗渠又は管を設置し、又は変更する工事
-------------------------------
次に電気工作物にボール盤が含まれるかですが、電気用品になるのではないでしょうか
電気工作物に接続して使用する、洗濯機やテレビと同じくくりの電気用品になると思うのです。(ただし、電気用品が電気工作物の部品となっている場合は電気工作物)
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%93%64%8b%43%97%70%95%69&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S37SE324&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1
電気用品安全法施行令 別表1
九 電動力応用機械器具であって、次に掲げるもの(定格電圧が一〇〇ボルト以上三〇〇ボルト以下及び定格周波数が五〇ヘルツ又は六〇ヘルツのものであって、交流の電路に使用するものに限る。)
(一) から(八)まで省略
(九) 電気グラインダー、電気ドリル、電気かんな、電気のこぎり、電気スクリュードライバーその他の電動工具(定格消費電力が一キロワット以下のものに限る。)
-----------------------------------
400Wだそうですから、電気工作物のくくりではなく、電気用品のくくりではないかと思います。(自信なし)
銘盤に▽(または○)の中に〒が書いたマークがついていませんか?
すみません電気用品を改造してよいかどうかがわからないのです。

以上が前振りです。
#4さまがおっしゃるようにインバーターのみ電源とボール盤の間に接続して電源接続は軽微な電気工事で電気工事士省略 だだし、ねじ止めでコードも固定してはいけません。
(電線を支持物に固定するのは電気工事士の資格が必要)
たぶん、キャブタイヤケーブルでころがしになっており、実害はないと推測します。
インバーターはボール盤でも建物でもお好きなところにつければよいと思います。
こうしておけば、もしもインバーターが故障しても配線変更で今までどおり使用できますし。

資格はおいておいて見積もりや運用の参考に
インバーターで正転、逆転、速度も制御するのでボール盤のSWは不要になると思います。不要といっても撤去せずに正転で固定し誰も触れないようにしておけばいいのではないかと思います。
http://www.inverter.co.jp/product/inv/idx_21.htm
そのほか、このページのカタログも読んでみてください。

参考URL:http://www.inverter.co.jp/product/inv/idx_21.htm

長文です。すみません。
まず、電気工事士法について
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%93%64%8b%43%8d%48%8e%96&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S35SE260&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1
電気工事士法施行令
(軽微な工事)
第一条  電気工事士法 (以下「法」という。)第二条第三項 ただし書の政令で定める軽微な工事は、次のとおりとする。
一  電圧六百ボルト以下で使用する差込み接続器、ねじ込み接...続きを読む

Qこの変圧器に流れる電流で、 無負荷時はI3(励磁電流)のみ流れています。 そして負荷を接続すると流

この変圧器に流れる電流で、
無負荷時はI3(励磁電流)のみ流れています。

そして負荷を接続すると流れる一次電流I1、二次電流I2はE1、E2と同相(0度)だそうです。

I1、I2共にコイルを通っているにも関わらず位相が遅れない理由はなぜでしょうか?
電圧、電流発生のメカニズムは何とか分かるのですが位相が0度の点がどうしても分からないです

Aベストアンサー

>I2=(N1/N2)I1はどう計算したのでしょうか?

N1・I1 - N2・I2 = Rmφ≒0
から直ちに出てきます。

Q交流電流値と直流電流値について

何度もすいません。
発電機のリード線(赤、白)で、赤とアース間の電圧を測ってみますとテスターの交流レンジで25Vありました。
そこで単純なダイオードレクチファイヤ(整流器)を赤とアース間に入れて電圧をテスターの直流レンジで測ると12Vしかありませんでした。
なぜ半減されるのでしょうか?
詳しい方、教授ください。

Aベストアンサー

No2&3です。補足質問に気付くのが遅れまして失礼しました。
コンデンサーの記号は普通は┫┣のように矢印は入りませんが、そのように表しても分かります。
電解コンデンサーは、電極間に斜線を何本か入れて極性を+と入れる事が多いです。
大型電極コンデンサーはボディーがマイナスで端子がプラスになってる物が多いです。
±極性を間違えますと破裂する事がありますから、取り扱いに注意願います。

Q変圧器の二次側電流についてですが、 一次側の電圧をV1、電流をI1 二次側の電圧をV2、電流をI2

変圧器の二次側電流についてですが、

一次側の電圧をV1、電流をI1
二次側の電圧をV2、電流をI2
容量を1000VA

とすると1000V/100Vの変圧器の場合二次側電流I2はV1I1=V2I2より10Aとなります

電圧は巻き数比によって固定、電流は(まだ負荷をつけてませんので流れませんが)V1I1=V2I2より固定なのでかわらずですが
ここに100Ωの抵抗をつけた場合電圧100V、抵抗100Ωなのでオームの法則から計算すると1Aなのに皮相容量一定の考えからだと10A流れなければおかしい事になります

これはどう考えたらよいのでしょうか

Aベストアンサー

No2です(^^)
発電所から流れ出る電流は変化する事になります(`・ェ・´ノ)ノ
発電所では、もちろん電磁誘導を利用して電気を起こしていますが、
発電機に電流が流れれば流れるほど、発電機は”重く”なります(◎◎!)
これは、電磁力が発電機の変化(つまり回転)を妨げるように働く事によります(-_-)
ですから、負荷に大きな電流を流すためには、発電機に大きな力を加えて発電させる必要があります。
負荷での消費電力が大きければ、発電機を回すためのエネルギーも大きくなる・・・エネルギー保存則を考えなければ、当然と言えば当然ですね(^^)

参考になれば幸いです(^^v)

Q3相交流で負荷が停止している時、電流計に値が出るのは何故?

電流計は1相しか計測していませんが、かなりの電流値を示しています。
いくつか負荷は繋がっていますが、全て停止している筈です。消費電力は8時間経っても零のままです。

Aベストアンサー

>この間(前日の17時から9時までを含めて)当フィーダにある電力計は同じ値を示したままでした。

これは「電力計」ではなく「電力量計(積算電力計)」のことですね。正確な名称を使用しないと混乱します。電力計や力率計は無いのでしょうか。もし有るならその指示値はどうなのでしょうか。

電力量計の指示値が変化しないのに電流計がかなり振れているということで、計器類の故障でなければ通常考えられる理由はふたつ有ります。(特別な状況、例えば連系発電機が存在する場合はまた違います。)

1.電流計と電力量計は別の回路を計測している。(電力量計が特定の系統専用である。)

2.400V系統に力率改善用コンデンサが接続されている。(書かれている内容から推測するとタイマーを使ったプログラム制御である可能性が高い。変電設備内ではなく別置きの可能性もあります。)

詳しくは、やはり図面を見ないとわからないですね。

Q電気の電流の話の続きです。 V I=- R コイル 2πfL コンデンサ 1 - 2πfL コイルは

電気の電流の話の続きです。
V
I=-
R

コイル 2πfL

コンデンサ

1
-
2πfL

コイルは100V、50Ωだと2Aの電流が流れる。

60Ωになると1.6Aで電流が減少する。

コンデンサは2πfLの逆数だから100V*50Ωとなる。

するとコンデンサの電流は500Aになる。

60Hzになると600Aになる。

同じ抵抗値のコイルとコンデンサでコイルは2Aでコンデンサは500Aになるって本当に合ってるんですか?

500Aって凄すぎませんか?

コンデンサだと電流は50Hzから60Hzになると電流は増加するっていうのが答えですか?

でも本にはコンデンサは電流は60Hzになると減少するって書いてて意味が分からない。

結局答えは

コイルは電流が減少してコンデンサは電流が増加するで良いんですか?

Aベストアンサー

基礎のお勉強(知識)が無いと、お話しは難しいでしょう。

> コイルは電流が減少してコンデンサは電流が増加するで良いんですか?
直列に接続されていれば、周波数が上がるとそうなります。
コイルLのインピーダンスZLは、ZL=j*2*pi*F*L
コンデンサーCのインピーダンスZCは、ZC=1/(J*2*pi*F*C)になります。

V*I=-R …これは意味不明
V*I は、一般的には電力です。

Q計器用変流器の二次側に繋ぐ電流計の切換について

計器用変流器の二次側に繋ぐ電流計の切換について

お世話になります。
計器用変流器がいくつかあり、それらの二次側を1つの電流計で切り換えて測定したいと思っています。
切り換えにはメカニカルリレーを使って、シーケンサからの制御で行うつもりです。その際、変流器の二次側は開放厳禁とのことなのですが、こういった場合に使う専用のリレーまたは、リレーシーケンスを組む上でのノウハウなどあればお教えいただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずCT2次の5Aや1Aの電流計切換スイッチは以下のURLのP21&22のようなものです。
http://www.fujidk.co.jp/userfiles/file/b,bh%281%29.pdf

まずこれをリレーで構成することは不可能に近い技術です。

ではどうするかですが「電流トランスデューサ」で直流電流・電圧に変換してリレーで切換えます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報