3月半ばより調剤薬局で調剤補助と医療事務員として
正社員で働いています。毎日楽しく勤務しています。

今の私の職務内容は主に
・レセコンへ処方箋の入力
・窓口業務
・レセプトの作成
などです。

無事に4月分のレセプトは提出できました。

しかし、気になることがあります。

今まで生保と精神(現・自立支援)の公費併用の場合、
例えば4月は神経科の受診がなかった、となると
当然精神保健の公費は使わないので生保単独の保険に
入れ替えて保険請求してました。
神経科だけ、あるいは神経科と他科受診の場合は併用で
請求してました。

が、4月から自立支援法が適応され、患者負担が5%→10%、
そして、患者負担上限額が決まりましたよね。

で、生保と精神の二つの公費を持ってて4月に神経科しか
受けなかった患者さんの生保の受給券が送られてこなかったので
(受給券は市町村から薬局に月下旬に送られてきます)
問い合わせたところ、『神経科しかかからなかった場合は
生保の受給券は発券しません』と言われました。

そもそも、本来の姿なら患者さんに毎月受給券を発券し
各医療機関で提示するのがいいんだろうけど、まぁ仕方ないとして
とある市役所の説明では『生保の人はどちらにせよ負担額が
0円だから、自立支援(21)に100%請求する』と
言われました。

私の認識不足かもしれませんが、生保でない一般の人は
・自己負担1割(上限額まで)
・残りの9割を保険請求
と思っていたので、生保の人は自己負担分を自治体が
負担してるんだと思ってました。

でも、説明によると、自治体の負担はなく21公費で
100%負担になる、と。

みなさんはどうですか?
結局、生保12と自立支援21の併用の場合は
神経科しかかからない場合21の公費単独でレセプトを
提出しました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

精神科診療所医事の者です。


>生保でない一般の人は
 ・自己負担1割(上限額まで)
 ・残りの9割を保険請求
より正確に言うと、まず健康保険負担分があり、1割が患者さんの負担で、
病状と世帯所得により設定された上限がありますね。
さらに区市町村国保や国保組合などの一部に給付金制度もあります。

:10割-健康保険負担分-上限までの患者負担1割分(給付金含む):
これが21負担分です。
そして生活保護受給者はこの「上限額」が0円です。
つまり、10割-健康保険(なし)-患者負担(0円)=10割です。
なので21単独です。この場合、調剤券も不要です。

ただ、処方の中に21対象外があれば、それは12単独なので
21単独のものと12単独のものが1枚のレセに載ります。
単独同士なので合計点数の記載は有りません。

細かい点で地域差がありますので、地元の審査支払基金や保健福祉局に
問い合わせたほうが宜しいかとも思いますが、ほかに気になることがあれば
またお尋ねくださいね。

下記URLは日精診のもので、ここの精神保健福祉関連資料室にたくさん
資料があります。

また、
http://www.webspace.ne.jp/rental/icon_tree_bbs/b …
ここは調剤薬局で働く人の情報交換BBSです。同様の内容もあります。
(私も書き込んでいますが‥)

参考URL:http://www.japc.or.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q精神神経科の医師から「(患者が)個人的には、死にたいと思うなら死んでもいいと思ってる。」という発言

 昨年の7月から抑鬱症の為に、地元のクリニックに通っていました。
真剣に治したいという思いから、地元のクリニックから紹介状を書いてもらい、神奈川県の某大学病院の精神神経科に昨年末から通い始めました。MRI・脳波・心理検査をして貰い、根本的な原因を知って、ちゃんと治していきたかったのです。その某大学病院で、女性医師を紹介され2週間に一度の割合で、昨年12月から通院をしています。現在、MRI・脳波検査まで終了しています。異常は無いといわれました。
 その担当医に今日カウセリングで、「休職中で、傷病手当金を貰って生活をしています。金銭的にも、将来的にも、死にたくなる位不安があります」と伝えたら、「死にたいと思うなら死んでもいいと思ってる。医者だから止めなさいとはいうけどね。あなたは、甘えてるだけなんだ。今度背中を丸めて来たら、診てやらないし、傷病手当も書いてやらないからね。」と言われ、とてもショックを受けました。心理検査用の用紙を提出するはずだったのですが、ショックから提出できませんでしたず。その某大学病院のシステムに疑問と恐怖を感じたのです。
 自分からその恐怖に対する苦情を、某大学病院に伝えることは出来ず、第三者から苦情を伝えて貰いました。某大学病院の精神神経科の責任者が出て、次回のカクセリングから、担当医を変えるということで話は落ち着きましたが、疑問が消えません。精神神経科医に、カウセリングとして、金銭的な面も含め、全てを話してはいけなかったのでしょうか?また、私は抑鬱症の根本的な原因を知る為に、治す為にわざわざ通っています。が、「心理検査は、病院の研究の為にしか使いません。」とその担当医に言われました。それでは何の為に心理検査の費用を払うのか解りません。何も伝えて貰えないのに、休職中で金銭的な面にも余裕があるわけではないので、無駄としか思えません。

 昨年の7月から抑鬱症の為に、地元のクリニックに通っていました。
真剣に治したいという思いから、地元のクリニックから紹介状を書いてもらい、神奈川県の某大学病院の精神神経科に昨年末から通い始めました。MRI・脳波・心理検査をして貰い、根本的な原因を知って、ちゃんと治していきたかったのです。その某大学病院で、女性医師を紹介され2週間に一度の割合で、昨年12月から通院をしています。現在、MRI・脳波検査まで終了しています。異常は無いといわれました。
 その担当医に今日カウセリングで、「休...続きを読む

Aベストアンサー

私も鬱病で精神科に長期間通院していましたので、その経験から。
「甘えている」と言われるのは正直キツいです。本人が一番それを感じているのですから。
「精神病だなんて、自分が弱いからじゃないか、甘えているからじゃないか?」から「自分はダメな人間なんだ」になって自己否定のスパイラル状態。
そんな精神状態になることぐらい、精神科の医師を名乗るならわかってそうなものですが。
ご質問を拝見する限り、この医師はあなたの病気を悪化させたいのかと思ってしまいます。

「全てを話してはいけなかったのでしょうか?」というご質問については、精神科の診察はほとんどが会話で進行するものだと思いますので、患者が具体的に何に不安を抱いているのかを聞けるのは、医師にとって診察の参考になることはあっても邪魔になるはずはありません。従って、あなたに落ち度はありません。

あと、「死にたいと思うなら云々」という風に思うのはその医師の自由ですから、それ自体は批判しません。
しかし、いくらそう思っていても口に出して良い時と悪い時があります。その判断ができないのは、医師としてというより人間として如何なものかと私は思います。

私も鬱病で精神科に長期間通院していましたので、その経験から。
「甘えている」と言われるのは正直キツいです。本人が一番それを感じているのですから。
「精神病だなんて、自分が弱いからじゃないか、甘えているからじゃないか?」から「自分はダメな人間なんだ」になって自己否定のスパイラル状態。
そんな精神状態になることぐらい、精神科の医師を名乗るならわかってそうなものですが。
ご質問を拝見する限り、この医師はあなたの病気を悪化させたいのかと思ってしまいます。

「全てを話してはいけな...続きを読む

Q公費負担番号について

公費負担番号(43なら母子家庭)など載っているサイトをご存じないでしょうか?

74はなんでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

No2ですが、地方公費について面白いものを見つけましたので
紹介しておきます。
http://www.orca.med.or.jp/receipt/tec/chihoukouhi/kk.rhtml
ORCAの都道府県公費対応資料として出ていますので、ほぼ正確だと
思います。

Qぜんそくに公費負担はありますか

知人がぜんそくで、日常生活や仕事に支障をきたすレベルにあります。
しかし、重度とよべるほどではありません。
公費負担制度はないのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

喘息は、特定疾患になっていませんので、残念ですが公費負担はないと思います。

Q公費負担制度について

こんばんは。
調剤事務で働いています。
公費負担制度についての質問です。
お恥ずかしいことながら公費負担について無知に近いので患者さんのためにも自分自身のためにも少しででも知識をつけたいと思っています。
公費負担制度についてわかりやすく説明してあるサイトや説明をしていただける方いらっしゃったらぜひお願いします!
公費がどのくらいの種類があるのか、患者負担がどのくらいなるのかなど知りたいです。
よろしくお願いします。
あと、本でいいのがあったら教えてください。

Aベストアンサー

医療費は、国保や健保などの社会保険からまかなうのが原則で、それぞれ30%の自己負担金が生じます。

その例外が、公費負担制度で、公費、つまり税金などから医療費がまかなわれる制度です。

公費医療には、国の法律で定められたものから、市町村などの地方自治体が、条例で定めているものまでたくさんの種類があり、医療機関の窓口で医療費を支払わなくても良いものから、一旦支払い、役所に申請すると後日、そのお金が還付されるものまで、さまざまです。

国の制度としては、「結核患者の医療費公費負担制度」、「感染症患者の医療費公費負担制度」いわゆる、難病を対象にした、「特定疾患患者の医療費公費負担制度」、「精神障害者の医療費公費負担制度」「原爆被爆者の一般疾病医療費公費負担制度」など、があります。

地方自治体の独自の制度としては、特にいわゆる革新系の市町村長がおられるところでは、一定年齢に達しないお子さんの医療費を無料にしたりなど、さまざまな制度を定めていて、「ばらまき行政」などと批判されたりもしています。

国の制度は、たびたび改定ということはありませんが、自治体の制度は、市長が変わるたびに改定があったり、税収が不足すると廃止されたりなど、いつも改定がなされていて、全国の状況を把握できる体制にはなっていません。

従って、お勤めの調剤薬局のある市町村役場の、医療保険、社会保険などの窓口をおたづねになって、一覧表をもらってくるというのが近道になります。国の制度なども一覧表になっていますので、あなたのお住まいの地区の公費がすべてわかります。

また、お勤め先に、レセプトを作成するレセコンが導入されていると思いますが、レセコンのメーカーにおたづねになるのも、良い方法です。レセプトには公費を表示しなければなりませんので、メーカーの営業担当者は、すべての公費を把握しているはずです。

医療費は、国保や健保などの社会保険からまかなうのが原則で、それぞれ30%の自己負担金が生じます。

その例外が、公費負担制度で、公費、つまり税金などから医療費がまかなわれる制度です。

公費医療には、国の法律で定められたものから、市町村などの地方自治体が、条例で定めているものまでたくさんの種類があり、医療機関の窓口で医療費を支払わなくても良いものから、一旦支払い、役所に申請すると後日、そのお金が還付されるものまで、さまざまです。

国の制度としては、「結核患者の医療費公費...続きを読む

Q藤沢市あるいは川崎市宮前区で 精神科 神経科を 探しています。

ストレス性の心身症で 悩んでいます。カウンセリングに定評のあるドクターを 御存知のかた、お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
藤沢市にある『THPメディカルクリニック』は
いかがでしょうか?
常に混んでいますので、予約が取りにくいところが
難点ですが。。。
URL載せておきますので、参考になさってみて
ください。

参考URL:http://www.fureai-g.or.jp/THP/Thptop.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報