3月半ばより調剤薬局で調剤補助と医療事務員として
正社員で働いています。毎日楽しく勤務しています。

今の私の職務内容は主に
・レセコンへ処方箋の入力
・窓口業務
・レセプトの作成
などです。

無事に4月分のレセプトは提出できました。

しかし、気になることがあります。

今まで生保と精神(現・自立支援)の公費併用の場合、
例えば4月は神経科の受診がなかった、となると
当然精神保健の公費は使わないので生保単独の保険に
入れ替えて保険請求してました。
神経科だけ、あるいは神経科と他科受診の場合は併用で
請求してました。

が、4月から自立支援法が適応され、患者負担が5%→10%、
そして、患者負担上限額が決まりましたよね。

で、生保と精神の二つの公費を持ってて4月に神経科しか
受けなかった患者さんの生保の受給券が送られてこなかったので
(受給券は市町村から薬局に月下旬に送られてきます)
問い合わせたところ、『神経科しかかからなかった場合は
生保の受給券は発券しません』と言われました。

そもそも、本来の姿なら患者さんに毎月受給券を発券し
各医療機関で提示するのがいいんだろうけど、まぁ仕方ないとして
とある市役所の説明では『生保の人はどちらにせよ負担額が
0円だから、自立支援(21)に100%請求する』と
言われました。

私の認識不足かもしれませんが、生保でない一般の人は
・自己負担1割(上限額まで)
・残りの9割を保険請求
と思っていたので、生保の人は自己負担分を自治体が
負担してるんだと思ってました。

でも、説明によると、自治体の負担はなく21公費で
100%負担になる、と。

みなさんはどうですか?
結局、生保12と自立支援21の併用の場合は
神経科しかかからない場合21の公費単独でレセプトを
提出しました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

精神科診療所医事の者です。


>生保でない一般の人は
 ・自己負担1割(上限額まで)
 ・残りの9割を保険請求
より正確に言うと、まず健康保険負担分があり、1割が患者さんの負担で、
病状と世帯所得により設定された上限がありますね。
さらに区市町村国保や国保組合などの一部に給付金制度もあります。

:10割-健康保険負担分-上限までの患者負担1割分(給付金含む):
これが21負担分です。
そして生活保護受給者はこの「上限額」が0円です。
つまり、10割-健康保険(なし)-患者負担(0円)=10割です。
なので21単独です。この場合、調剤券も不要です。

ただ、処方の中に21対象外があれば、それは12単独なので
21単独のものと12単独のものが1枚のレセに載ります。
単独同士なので合計点数の記載は有りません。

細かい点で地域差がありますので、地元の審査支払基金や保健福祉局に
問い合わせたほうが宜しいかとも思いますが、ほかに気になることがあれば
またお尋ねくださいね。

下記URLは日精診のもので、ここの精神保健福祉関連資料室にたくさん
資料があります。

また、
http://www.webspace.ne.jp/rental/icon_tree_bbs/b …
ここは調剤薬局で働く人の情報交換BBSです。同様の内容もあります。
(私も書き込んでいますが‥)

参考URL:http://www.japc.or.jp/
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q逆ザヤ保険の更新について

91年に加入した、いわゆる逆ザヤの保険が15年目の更新を迎えました。
当時23歳だった私は保険のことが良く分からず、言われるまま入院日額5000円、死亡時3000万円(定期2800万円+終身200万円)の保険に加入いたしました。また、当時のパンフレットを見ると「変動することもある」とは書いてあるものの、60歳時に400万円近い配当がもらえると書いてあります。

今、保険会社の方に一部を残す形で、新たな保険への切り替えを強く勧められております。
保険会社の方のお話では

【逆ザヤについて】
1.逆ザヤは終身200万円の部分だけである。
2.今回更新される入院日額や2800万円の死亡保障分は逆ザヤとは無関係。
3.なので、終身の200万円分だけを残して、今回更新される入院日額や死亡保障分は新しい保険に切り替えても損はない。

【配当金について】
4.逆ザヤの保険なので運用益があがらず10年ほど無配当である。
5.今後、急激な景気上昇があれば配当も望めるが、少子高齢化社会を考えるとほとんど望み薄。
6.無配当から配当再開する決定権は保険会社にあり、逆ザヤ以外の顧客とのバランスを考えると、配当が再会されるとは思えない。
7.現在までの配当金の累計は30万円ほど。この先は無配と思われるので60歳になっても配当金は400万円ではなく30万円のまま。

との事です。
逆ザヤ保険解消のため、今まで何度も強引なセールスを受けてきたので、保険会社の方の話をにわかには信じられなくなってしまっております。

この方の発言は信用しても大丈夫なのでしょうか?。配当金400万円というのは本当に絵に描いた餅なのでしょうか?。配当金が本当に出ないのであれば、入院5日目からしか保険がおりない今の保険より、入院初日から保険がおりる新たな保険に魅力を感じております。

どうかよきアドバイスをお願いいたします。

91年に加入した、いわゆる逆ザヤの保険が15年目の更新を迎えました。
当時23歳だった私は保険のことが良く分からず、言われるまま入院日額5000円、死亡時3000万円(定期2800万円+終身200万円)の保険に加入いたしました。また、当時のパンフレットを見ると「変動することもある」とは書いてあるものの、60歳時に400万円近い配当がもらえると書いてあります。

今、保険会社の方に一部を残す形で、新たな保険への切り替えを強く勧められております。
保険会社の方のお話では

【逆...続きを読む

Aベストアンサー

逆ザヤと言われているのは、予定利率と実際の運用利率が逆転している(会社にとって損)の状態といって良いかもしれません。
バブル当時の保険の予定利率は5.5%でしたがご存知のようにその後の金利の低下や株価の低落・土地などの資産価値の低下によって、会社が期待していたような運用利率が出せなくなりました。
ところで、予定利率というのは(簡単に言ってしまえば)これから先にこのくらいの運用利率が見込まれるので予め保険料を割引しますよといったことです。同じ商品を購入するのに、予定利率が高ければ購入資金は安くなりますし、予定利率が低ければ(割引が少なくなるので)高くなります。
保険は予定利率の他に死亡の危険度等によっても保険料は変わります。終身保険や養老保険のような貯蓄性の高いものは予定利率の影響を受けやすく、定期保険などの死亡保障性の高いものはあまり予定利率の影響を受けにくいです。まして定期保険部分の更新保険料は更新時の年齢が大きく関わってくる部分です。

なので1~7までの説明は信用されても良いと思います。
配当金については予定利率とは関係ありません。過去に無配当の時期があったので、契約当時に見積書に記載されていた配当金の数字になる見込みはすでになくなっていると言っても良いかもしれません。今年辺りから配当が再開されている会社もありますが、今お持ちの契約に配当が付くのはまだ期待できませんし、以前の配当金の水準にまでいつ頃回復するかも全然予想出来ないのが現状かと思います。配当金は元々剰余金の還元といった性質のものですから確実に出ないとも言い切れませんが期待は薄いです。
保障を求めるなら時代に合ったものにしてはいかがですか?

逆ザヤと言われているのは、予定利率と実際の運用利率が逆転している(会社にとって損)の状態といって良いかもしれません。
バブル当時の保険の予定利率は5.5%でしたがご存知のようにその後の金利の低下や株価の低落・土地などの資産価値の低下によって、会社が期待していたような運用利率が出せなくなりました。
ところで、予定利率というのは(簡単に言ってしまえば)これから先にこのくらいの運用利率が見込まれるので予め保険料を割引しますよといったことです。同じ商品を購入するのに、予定利率が高...続きを読む

Q調剤薬局のレセプトについて教えてください(どういった部分に気をつけてチェックしているのか)

今日から調剤薬局で働き出した者です。
今まではずっと病院で働いていたので医科しか経験がありません。
今はちょうどレセプト中。
私は調剤が全く初めてなのでちらっと目にするレセプトを見て、
どういった部分に気をつけてチェックしてるのかなと気になりました。
医科では保険証の記号番号や、薬や検査などに対する病名があるかなどを重点的にチェックしてきました。
でないと返戻の大部分が病名漏れや適応外などだったからです。
調剤ではどういったことに気をつけてチェックしているのですか?
また返戻はどういったものが多いのでしょうか?
調剤の現場で働いている方のご意見をお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ
元 審査支払機関で働いていました。

何点か注意点を!
(レセ基本)
1.保険医氏名記載漏れ
2.1500点以上なのに写しが添付されていない。
3.実日数と処方回数の不一致 等
4.旧総合病院等の処方箋で複数診療科の調剤で
 三枚の処方箋のうち一枚分の保険医氏名の入力を
 漏らしている 等
5.生保等の公費分 受給者番号記載漏れ 等

(高額レセ等)
1.1500点以上の処方箋写しを添付するレセは
 処方回数などが写しの処方箋と一致しているかどうか?
2.マル長などの特記事項記載漏れ

(総括)
1.高額レセ(写し)の記載枚数と現物のレセプト枚数の確認

などでしょうか?

Q裁定残高・逆ザヤ・メジャーSQ

タイトルについて、わからないことがあります。

1:今週はTOPIXと先物の逆ザヤ状態が続いていましたが、今週の逆ザヤは裁定解消売りを誘発させる目的があるのでしょうか?外資が売り崩そうとしているとよく書かれているのですが、野村等、大手の国内企業が加担していることはないのでしょうか?(国内企業でも利益の為なら自国の相場を崩す?)

2:TOPIXとTOPIX先物が下がっている状態の逆ザヤ状態は「先物売り」にて逆ザヤ状態が維持しているのでしょうか?先物は現物よりも高い状態を維持しているのが一般的(理想的?)なのでしょうか?

3:12月のSQを迎えるにあたり、4兆6千億ものの裁定残高のうち、解消に伴う現物売りがかなり出るような恐怖があるので、2週間前から現物ノーポジションにて事なきを得たのですが、テクニカル的に今日現物購入をしてしまいました。つなぎ売りをした場合は、日経平均をどれくらいの日数で上下の流れを判断すればいいでしょうか?

4:そもそも「(日経・TOPIX)先物」は証券会社のための博打場なのでしょうか?(こんなのに振り回される現物の個人は迷惑ですよね)

5:外資証券会社の決算日は何月が一般的なのでしょうか?国内証券会社と外資系証券会社の先物に関する取引金額は比率的にどれぐらいのものなのでしょうか?(外資の影響力はどれくらい?)

タイトルについて、わからないことがあります。

1:今週はTOPIXと先物の逆ザヤ状態が続いていましたが、今週の逆ザヤは裁定解消売りを誘発させる目的があるのでしょうか?外資が売り崩そうとしているとよく書かれているのですが、野村等、大手の国内企業が加担していることはないのでしょうか?(国内企業でも利益の為なら自国の相場を崩す?)

2:TOPIXとTOPIX先物が下がっている状態の逆ザヤ状態は「先物売り」にて逆ザヤ状態が維持しているのでしょうか?先物は現物よりも高い状態を維持しているのが一...続きを読む

Aベストアンサー

一部について、一般論でお答えします。

理論的には、株式先物は、配当がない分、現物よりも安くなり、購入資金の金利が不要な分、現物よりも高くなります。今は、短期金利が非常に低い時期なので、金利の影響は少なく、先物の満期までに配当が確定するのであれば、先物と現物の理論的な乖離幅はマイナスになります。(つまり先物の方が安くなって当然、という事。)典型的なのは、3月末をまたぐ先物です。反対に配当が確定する銘柄がほとんど無い時期であれば、低いとはいえ金利の影響が勝って、理論的な乖離幅はプラスになります。
理論値に収斂させるのは、まさに裁定取引(&その解消)が入ってくるからですが、現物の板が薄くて、実際にバスケットの売買をすると「見た目」と違う乖離幅になってしまう場合や、裁定取引業者が、将来もっと有利な乖離幅になると予想していれば、多少の乖離では裁定取引が出てこない事は考えられます。勿論、裁定のポジションがなくなってしまったので、解消売りが出てこない、売り裁定は借株のコストがかかり簡単ではない、という状況も、理屈上はありですが、今は違いますね。

しかし、こういう事情は、幅広い現物の板を見ていられない個人が知るのは無理です。また、「外資が売り崩そうとしている」としても、これも実際に売り崩そうとしている本人しかわかりません。いくら考えてもわからないものは、考えないほうがいいです。(例えば、大量の売りが、顧客からの委託注文か自己売買かも外部からはわからない)

但し、外資が「売り崩す」とか「解消売りを誘発する」という噂の裏には、下がったら利喰いの買戻しを入れようとしている売りポジションが想像されますが、売り崩しに失敗したり、解消売りが出てこないうちに、好材料がでてきたら、売りポジションを持っていた外資系証券は、当然損をします。まっとうな証券会社(=主要外資は皆そう)であれば、トレーダーのポジションを管理していますから、多額の売りポジションを積み上げる事はごく例外です。万が一そうしているのなら、かなりのリスクをとって下げる方にかけている事になりますが、しょっちゅうできるものではありません。地合が悪ければ、結果的にそうなってしまう事はあるでしょうが…。国内証券でも、全く同じことです。
おそらく間違いないのは、「売り崩しとかから儲けるのは、かなりのリスクをとらなくてはならない」という事を感覚的に理解していない人が、知ったかぶりをしてその手の噂を流しているのが、かなりの部分を占めている、という事でしょう。

一日のうちに裁定取引だけで日経平均が300円下がったら、それは指数としては結構な下げですが、日経平均16千円の時の300円は、2%弱です。個別銘柄に中長期で投資している人が、1000円の銘柄が980円になって、そんなにショックを受けるでしょうか?個人であっても、薄い利鞘
を狙って短期売買をしている人には、2%の下落は大きいでしょうが、それは元々薄い鞘を狙う取引をしているからです。先物が博打かどうかはこの際横に置いて、薄い利鞘を狙うのなら、同じように薄い利鞘を狙っている内外証券会社の自己売買部門と、「同じ土俵で勝負する以上、同じように考えるしかない」です。これは、個々人の投資スタンスによります。

尚、先物のせいで、現物の変動率が高くなった(いわゆる「先物悪玉論」)というのは、実証的には「ウソ」あるいは「俗説」です。↓
http://www.mof.go.jp/jouhou/soken/kenkyu/zk067_5.pdf
裁定解消は、相場を大きく崩すきっかけにはなりうるものですが、元々皆が下がると思っているから、解消売りで大きく下がっても、買い手が出てこないだけで、下がる原因は先物ではありません。1989年末の日経平均4万円からの長期下落では、先物悪玉論がはやりましたが、需給で言えば、買い手が引っ込んで売りがずっと出てきたからで、先物が潰したのではありません。
長期スタンスにたつのであれば、「外資が売り崩す」式のガセネタを悩む時間が勿体無いです。SQは、経験的には相場を崩壊させた事はないと思います。

先物における各証券会社の手口は発表されていますから、外資系の証券会社の比率はそれを見て下さい。
http://www.traders.co.jp/investment/tool/futures/futures_top.asp

一部について、一般論でお答えします。

理論的には、株式先物は、配当がない分、現物よりも安くなり、購入資金の金利が不要な分、現物よりも高くなります。今は、短期金利が非常に低い時期なので、金利の影響は少なく、先物の満期までに配当が確定するのであれば、先物と現物の理論的な乖離幅はマイナスになります。(つまり先物の方が安くなって当然、という事。)典型的なのは、3月末をまたぐ先物です。反対に配当が確定する銘柄がほとんど無い時期であれば、低いとはいえ金利の影響が勝って、理論的な乖離幅...続きを読む

Q調剤薬局

北海道旭川市周辺で配達してくれる薬局はありませんか?

Aベストアンサー

こんにちわ。

調剤薬局にもいろいろケアワーカーがいたりと在宅介護ケアにあたった薬局があります。北海道薬剤師会が道内の薬局の指導等をうけもっています。下記のアドレスをクリックすると旭川にある薬局の一覧があります。おうちの近くや病院の近くの薬局があって希望が叶えられるといいの医ですが…

参考URL:http://www.doyaku.or.jp/kijyunPH/asahikawa.htm

Q生保の担当者選びはどうすればいいのでしょうか?

保険の見直しをしたいと思っています。日○生命の不誠実さに呆れて、他社に変更しようと思います。ネットでの通販、地元生保会社の契約などありますが、通販だとわかりにくいし、生保社員だといい人、よくない人がいて当たり外れが大きいので困ります。実際に今の担当者には呆れ果てました。苦情を責任者に言っても責任者でもままならず。生保ってあんなものなのでしょうか?素晴らしい生保社員と契約したいものです。どうすればいい生保社員と契約できるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
良き担当と知り合うのは依然偶然に左右されています。
ただ、生保会社の社員ではなく、「代理店」と言う種類の人間の方がご要望のセールスを見つける確率は高まると思います。
生保会社の社員(外務員)は一つの会社に所属しているため、基本的に自社商品中心に保険を組み立てるわけですが、一定の基準を満たした代理店は複数の保険会社の保険商品を取り扱います。
複数社組み合わせて設計することで、コスト(保険料)的にも内容的にも1社だけでは出来上がらない保険設計も可能となります。(同じ代理店であれば請求の窓口は一つ。)
1社専属の人間は自社商品しか売れませんから同様の設計は不可能ですし、代理店は基本的に保険会社とは異なる事業体のため、保険会社の推奨銘柄的な保険を売る義務は無いので、契約者の意向に沿った設計を心がける物です。
複数(3社以上)の保険会社を取扱う代理店で、外資系や損保系など毛色の異なる保険会社を扱っているところに相談してみてください。(MDRT正会員なら尚良い)
下記に各代理店の紹介があります。(各取扱い外社も分かります。)

参考URL:http://www.hat.hi-ho.ne.jp/agency/

こんにちは。
良き担当と知り合うのは依然偶然に左右されています。
ただ、生保会社の社員ではなく、「代理店」と言う種類の人間の方がご要望のセールスを見つける確率は高まると思います。
生保会社の社員(外務員)は一つの会社に所属しているため、基本的に自社商品中心に保険を組み立てるわけですが、一定の基準を満たした代理店は複数の保険会社の保険商品を取り扱います。
複数社組み合わせて設計することで、コスト(保険料)的にも内容的にも1社だけでは出来上がらない保険設計も可能となります。(...続きを読む

Q調剤薬局事務の薬の配達

今は高齢化が進み薬も配達する時代になりましたがある条件をクリアしていれば事務の配達もOKという事で、私の働いている薬局は在宅を扱っていない薬局ですが自宅介護をして居る健康な患者さん(介護で目が離せない)達のお願いでFAXにて処方箋を受け薬剤師さんが監査した後、前回と同一処方であった時だけ事務が無償で配達をしています。残念ながら同一処方でない時はお電話をしてご用意出来次第電話連絡にて取りにみえて頂いています。ある患者さんからFAXが届き薬剤師さんが監査終了後、(何年も同じ目薬3種類)事務が配達予定してたのですが、患者さん本人が来客して来れました。丁度タイミング悪く薬剤師さんは電話で手が話せずお待ちして頂く事になりましたが、事務が配達予定していた薬は来局したら薬剤師のみのお渡しになるのでしょうか?患者さんを待たせて申し訳なくて…今後の参考に教えて下さい。

Aベストアンサー

お疲れ様です。今後も薬の配達の需要は高まると思います。
さて、私の記憶が正しければ。多分、10年以上前だと思うのですが、日経DIの記事に、前回と同内容の処方であれば、薬剤師以外のスタッフの配達は、可能との記事がありました。そのルールが現状もありなのかは、不明です。後は、どこまで算定しているかと、薬剤師のフォーローの問題ではないかと思います。

Q一度生保を廃止した方がいい?

ケースワーカーに相談したところ、やっぱり一度生保を抜け出さないと県営住宅に申し込んでも引っ越せないみたいです。
やっぱり申し込むだけ申し込んで、当たったら生保廃止の手続きをして、新しく在住する市で生保申請した方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

駄目です。
県営住宅への申し込みが可能であれば抽選に通ってから後に、生保手続きをしないと困るでしょう。

生保の審査は厳しくなっています。
当たれば先に新地で受給できるか”しっかり”確かめてからです。
慌てて廃止手続きしないで下さい。

以上、ご参考までに。

Q調剤薬局の診療報酬

ご教示をお願い致します。

 調剤薬局の事務を手伝っております。今度近くに内科の個人医院が開業するのですが、今まで内科の処方箋を応需したことがありません。事業計画を作成するに当たり、処方箋1枚当りの平均点数が分からなく、計画が立てられません。厚生労働省のホームページに資料があるかとアクセスしたのですが、探せませんでした。申し訳ありませんが、どなたか教えて下さい。具体的な数値でなく、データが掲載されているページでも結構です。
以上、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

医院によって傾向が異なるので一概にはいえませんが、内科の開業医であれば平均単価600点~700点には収まると思います。
100点くらいの幅は出てしまってます。

基準調剤なし、特指少ない、14日処方が多い、そういった条件だと600点を少し下回るところもあります。

以上、身の回りの傾向による数字でした。

事業計画がどのくらいの精度を求められるのか不明ですが、新規開業は枚数も読めないですよね・・・。
開業したばかりだと単価も低そうなイメージあります。(自信なし)
とりあえず、低めの600点あたりで計画してみるとか・・・。

数値見るなら、国保・社保のサイトがいいのかも。
それぞれで単価違ってくるでしょうが、国保の統計・医療費速報のワード文書に一応金額は載ってました。(バラバラで参考にならないかも)

参考URL:http://www.kokuho.or.jp/

Q今回の金融危機で生保だけが影響を受ける理由

現在、世界の金融が混乱していますが、保険会社に目を向けると生保は混乱していますが、損保に関してはあまり影響を受けていないように思います。
(AIGに関しても売却リストの中に損保会社は入っていません)

「顧客の保険料を運用する」という業務は生保、損保のどちらにもあるので、なぜ生保だけが影響を受けるのだろうかという疑問がわきました。
生保と損保では運用方法に違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081010-00000157-mai-bus_all
高リスクの金融商品への突出した投資が破綻(はたん)に直結した

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081010-00000320-reu-bus_all
高コストの保険事業を高利回りの有価証券の運用で補てんするという「特異な収益構造」で、他の保険会社と状況が異なる



大和生命の倒産についての質問と思いますが、
上記サイトにあるように、他の生保、損保とは違いリスクを承知で運用していたことが原因です。
AIGも同じです。

Q社会保険と生活保護の併用レセプト

月の途中で生活保護の被保護者が社会保険の被保険者となった場合
(生保単独→生保・社保併用)
月の途中で生活保護の被保護者が社会保険を喪失した場合
(生保・社保併用→生保単独)
どちらの場合もその月のレセプトは2枚ではなく1枚でいいのでしょうか?

もし、根拠もご存じであればあわせてご教示ください。

Aベストアンサー

保険情報が変わるので、どちらもレセプトは2枚必要だと思います。
社保の総括表を見るとわかりやすいと思いますが、
生保・社保併用のレセプトは社保の公費併用としてカウントされ、
生保単独のレセプトは公費単独としてカウントされてます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報