電気工事関係の資格がいろいろありますが、電気工事施工管理技士の資格はどんな時に必要ですか?
また、資格を取るメリットなどあったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

この資格は「建設業法」によって定められています。


要は、施工技術だけでなく品質管理・工程管理等を行うことにより信頼性の向上と施工者の向上を図る目的で定められたものです。
つまり、電気の安全の側面より、施工上の部分を目的としています。

特に、官庁系の工事では「現場代理人」にこの資格者が必要とされます。
個人で見てみると、工事において責任者となれません。

一般の、百万以下の電気工事では特に問題が生ずることは無いと思いますが。
どのような業務に就いているのか解りませんが、電気工事を生業にしているので有れば、調べてください。
その他にも、施工に関連した資格も有ります。
    • good
    • 0

電気工事施工管理技士は建設業界において有効です。

ビルや工場などの建設の際に電気工事を受注する業者(会社)は有資格者をおかなければなりません。公共事業では勿論です。
下記URLを参照してください。また、gooなどでも検索すればかなりヒットすると思います。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~jk2m-mrt/sekoukanri. …
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1級電気工事施工管理技士の実地試験の施工体験とは?

 私は、現在、第一種電気工事士の免許は持っていますが、キャリアアップの為に、1級電気工事施工管理技士を受験したいのですが、施工体験記述をどの様に書けばいいのかわかりません。
一種を持っているとは形だけで、実際している工事は、太陽光発電の工事や、一般家庭のオール電化等、低圧ばかりで、高圧の工事は経験したことがありません。
 1級と言うとやはり高圧の工事の現場責任者ぐらいの経験談を書かないと、受からないんじゃないかと思います。でも嘘を書いてもすぐにばれてしまうとおもいますが、低圧工事の経験でもいいのでしょうか?試験内容はあまりそこまでは書いてありません。
 こんな私では無理でしょうか?
 

Aベストアンサー

一級電気工事施工管理技士に合格した場合、どういった工事に従事できるかを考えれば答えは出てきます。

一級を持っている場合、請負金額が3000万円以上の工事管理ができます。
そして同じく3000万円以上の金額で、下請け発注ができます。
つまりこれがなければ、大型の公共工事はもとより、大規模民間施設の受注は出来ません。
これが、2級と1級との違いです。
低圧と高圧は、全く関係ありません。

要するに、工事経験の中からなるべく大型の工事で、かつ最近のものについて、記述する方が良い答えになると言われています。
勿論、記述内容の方が重要ですので、問われている事に対しては的を得てなくてはなりません。
安全なのか、工程なのか、品質なのか、施工計画なのか、いずれかの管理をどういった方法で成し遂げたのかを記述すれば、良いと思います。
特に難しく記述することはありません。
「高所足場より転落の恐れがあった。セーフティロープ付の安全帯を使用させた」というように簡単に記述すれば良いと思います。
ここで重要なのは、管理の資格なので、管理した経験を記述する事です。
実際は自分が作業員だったとしても、自分が気を付けた事をさせたように記述する必要があります。
それに加え、工事件名、工事場所、請負金額なども記入する必要がありますので、どの工事について記述するのか、予め決めておきましょう。

この他に、2次試験にはやっかいな問題が出てきます。
電気設備について記述する問題です。
太陽光発電についてや誘導電動機についてなど、多くから7つを選択し、それについて何かしらを2つ記述するものです。
7×2=14も記述する必要がありますので、意外と苦労させられます。
浅くても良いので、普段の仕事範囲以外の事も、少しは頭に入れておきましょう。

一級電気工事施工管理技士に合格した場合、どういった工事に従事できるかを考えれば答えは出てきます。

一級を持っている場合、請負金額が3000万円以上の工事管理ができます。
そして同じく3000万円以上の金額で、下請け発注ができます。
つまりこれがなければ、大型の公共工事はもとより、大規模民間施設の受注は出来ません。
これが、2級と1級との違いです。
低圧と高圧は、全く関係ありません。

要するに、工事経験の中からなるべく大型の工事で、かつ最近のものについて、記述する方が良い答えに...続きを読む

Q三相200v交流の相間電圧と対地電圧について

三相200v交流において相間電圧が200v、位相が120度で総和がゼロになるのはわかるのですが、対地とをテスターで計るとどうなるのか?先日計ったら180v位でした。なぜそうなるのかがわかりません。教えていただけますか?

Aベストアンサー

6kV/200Vの変圧器の低圧側の接地方法は3種類に大別されます。
接地の目的は高低圧の混触が起こった場合低圧側の対地電圧抑制のためです。(B種接地と呼びます)
○中性点接地
変圧器の2次側コイルをスター結線とし、中性点を接地します。
あまり用いられないと思いますが対地電圧を下げる等の目的で使用されることがあります。
対地電圧は三相とも115Vとなります。(200/√3)
○一線接地
変圧器の2次側コイルをΔ結線とし、三相のうち一線を接地します。
一般的な三相変圧器の2次側がΔ結線となっておりビルや工場の三相200Vでよく使用されてい
ます。
対地電圧は一相のみが0V、残り2相は200Vとなります。
○V結線の電灯側中線接地(三相4線式灯動共用方式)
これは単相変圧器を2台をV結線にして1台の中間点を接地する方法です。
2台の変圧器をV結線で接続し単相100/200V、三相200Vを同時に供給する方法です。
1台の変圧器の中間点で接地を取ります。需要変動への取替え対応や電柱上の限られたスペースへ
の対応等が容易なことから電力会社の配電設備で最も多く採用されています。
対地電圧は一相のみ173V残り2相は100Vとなります。(√3/2×200V)

おそらくyasutamaさんが計ったのは上記の173Vかと思います。
電力会社からの配電電圧は三相200Vでは202V±20Vの範囲になっていますので、仮に
208Vとなっていれば3線のうち1本の対地電圧は約180Vとなります。

6kV/200Vの変圧器の低圧側の接地方法は3種類に大別されます。
接地の目的は高低圧の混触が起こった場合低圧側の対地電圧抑制のためです。(B種接地と呼びます)
○中性点接地
変圧器の2次側コイルをスター結線とし、中性点を接地します。
あまり用いられないと思いますが対地電圧を下げる等の目的で使用されることがあります。
対地電圧は三相とも115Vとなります。(200/√3)
○一線接地
変圧器の2次側コイルをΔ結線とし、三相のうち一線を接地します。
一般的な三相変圧器の2次側がΔ...続きを読む

Q電気通信の管理技術者の資格について

こんにちは、
電気工事の管理技術者の資格は、試験に合格して取得しておりますが、電気通信の管理技術者の資格は、実務経験があれば申請をすれば取得できるのでしょうか?

また、電気通信の管理技術者の資格は、試験を受けて取得することも可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

#3ですが追補させていただきます。
実務経験が大卒3年以上、高卒5年以上と記しましたが、これは指定学科を履修した者のみとなります。
指定学科では無い者は通算10年以上の実務経験が必要となります。
尚#2の方も書かれているとおり、本年4月から電気通信主任技術者の資格があれば、取得後5年の実務経験で監理技術者証の申請が出来るようになりました。
また以前ろくに審査もしていないと問題になってからは実務経験審査が非常に厳格になり、電気通信の監理技術者資格は取得しにくくなり、また試験では取得出来ないこともあり、今のところ建設業界では希少価値があると言われております。

Q管工事施工管理技士の1級と2級の難易度の差

転職先で、管工事施工管理技士の資格が必要になりました。
2級を受けようと思っていましたが、難易度にそれほど差がないのなら、いきなり1級を受けようかとも考えています。
1級と2級の難易度はどれ位違うのでしょうか?
勉強量はどれ位必要ですか?
実務経験は、住宅やアパートの施工管理位しかありません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どちらを取得しても、業務に支障がないなら簡単な2級を
受験してみたらいかがですか。
全く経験のない方が1級をいきなり受けて、
不合格になり、1年間受験を待つリスクとの兼ね合いと思います。
ところで1級の受験資格はあるのでしょうね?
難易度では、学科は2級が4択のところ1級が5択になるような
感じと思います。
しかし、その裏には計算の根拠がないと理解できないような問題が
多くなったり、法規も管理面の問題が多くなるような気がします。
実技1級は相当難易度が上がります。実務経験のない方が
あてづっぽで受かるようなことはないと思います。
工事の経験を記述する問題や、工程を詰めるチャートの問題など
理解が深くないと難しいと思います。
2級は数年前までは試験を受けなくても、3日間の講習のあとで、終了試験をうければ、もらえるようなレベルでした。
1級の合格率は2割程度と思われます。そうとう現場を経験した方が
受けてもこの程度です。
わたしは1級を1回で合格しましたが、
学科は過去の問題10年分をパーフエクトにできるまで、
繰り返しやりました。出題はほとんどが過去問の類似ですので
過去問を繰り返しやるのが効果的です。
実技の記述は、どのような問題がでるかわからないので、
想定されるすべてを全く暗記できるまで何度も書いて覚えました。
どのような問題傾向かは、業者が行なう講習会を受けるのが、
よいと思います。ネットで管工事、講習とでも引っ掛ければ
引っかかるとおもいます。これ受講するのが一番合格に近いと思います。
勉強の時間は、その人の物理、化学、数学など理系の素養次第と思います。
建設業法や労働安全の知識などは文系の素養も必要です。
8月が学科試験ですので、正月から始めて、半年くらいは
すべての余暇を勉強につぎ込む「覚悟」が必要と思います。
今から(5月)では遅いのかな?
あくまで“覚悟”です。自分を追い込むためには覚悟をしなければ
なりません。
私は1級電気施工管理技士も持っていますので、管工事の専門以外の
学科は、経験がありましたが、それでも半年は、昼休み、自宅での自由時間、休日、正月、盆休みなどすべての時間を過去問題に費やしました。
過去問10年分は完璧に計算根拠まですべて数値を変えられても
出来るまで理解しました。
今思えば、学科は6割出来れば合格ですので、そこそこの勉強でも
良かったのですが、気概は大切だと思います。
それでも過去問にない問題も出ますし、もはや現場ではありえない、
過去の技術(例えば蒸気の暖房、蒸気配管や木製のタンクなど)も試験ゆえに出題されます。
実務ではだれも知らないような過去の技術でも出ることがあります。
このような問題は捨てることになりますので、過去問で点数を
稼いでおく必要があります。
ですから、勉強はやりすぎるということはありません。
受かったあとで「簡単だったな」と思えるほど勉強はしたほうが
よいと思います。落ちてから、もっとやっておけばよかった・・では
いけません。

どちらを取得しても、業務に支障がないなら簡単な2級を
受験してみたらいかがですか。
全く経験のない方が1級をいきなり受けて、
不合格になり、1年間受験を待つリスクとの兼ね合いと思います。
ところで1級の受験資格はあるのでしょうね?
難易度では、学科は2級が4択のところ1級が5択になるような
感じと思います。
しかし、その裏には計算の根拠がないと理解できないような問題が
多くなったり、法規も管理面の問題が多くなるような気がします。
実技1級は相当難易度が上がります。実務経験の...続きを読む

Q【電気】「第1種電気工事士」と「第1級電気工事施工管理技士」だとどちらの方が難しいですか? 両者の違

【電気】「第1種電気工事士」と「第1級電気工事施工管理技士」だとどちらの方が難しいですか?

両者の違いって何ですか?

Aベストアンサー

電気工事士は、一般電気工作物の工事に従事する為に必要な資格で、施工管理技士は、特定建設業で、主任技術者や監理技術者として選任される為に必要な資格です。
どちらが難しいかと言っても、試験の内容も業務の内容も違います。(電気工事士の場合は、施工の為の実技試験があります)
なお、第一種電気工事士免許を所持している場合は、実務経験年数を問わず、一級電気工事施工管理技術検定を受験できます。(それ以外は、出身学校、資格により、一定の実務経験が必要です)
なお、第一種電気工事士の場合は、検定試験の受験資格要件はありません。(ただし、免許交付の為には、学歴に応じた実務経験年数が必要です)


人気Q&Aランキング