最新閲覧日:

電気工事関係の資格がいろいろありますが、電気工事施工管理技士の資格はどんな時に必要ですか?
また、資格を取るメリットなどあったら教えて下さい。

A 回答 (2件)

電気工事施工管理技士は建設業界において有効です。

ビルや工場などの建設の際に電気工事を受注する業者(会社)は有資格者をおかなければなりません。公共事業では勿論です。
下記URLを参照してください。また、gooなどでも検索すればかなりヒットすると思います。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~jk2m-mrt/sekoukanri. …
    • good
    • 2

この資格は「建設業法」によって定められています。


要は、施工技術だけでなく品質管理・工程管理等を行うことにより信頼性の向上と施工者の向上を図る目的で定められたものです。
つまり、電気の安全の側面より、施工上の部分を目的としています。

特に、官庁系の工事では「現場代理人」にこの資格者が必要とされます。
個人で見てみると、工事において責任者となれません。

一般の、百万以下の電気工事では特に問題が生ずることは無いと思いますが。
どのような業務に就いているのか解りませんが、電気工事を生業にしているので有れば、調べてください。
その他にも、施工に関連した資格も有ります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報