在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

文禄・慶長の役に関する質問です。

天下統一を成し遂げた秀吉はその勢いで朝鮮半島に兵を送り、日本軍は連戦連勝で李氏朝鮮の首都漢城を陥落させるなど目覚ましい働きをしています。
派兵されたのは毛利、島津、加藤、宇喜田、黒田、小早川など戦国のヒーロー達で、明の大軍と日中韓三国入り乱れて戦う様子は戦国のオールスターが外国と戦う、エキサイティングでスリリングなもの(近世以前の戦争はありふれた政治手段なので近代以降のように”悲惨”という枠で捉えてはいけないと思います。そうなればチンギスハンは極悪人ということになってしまいます。)だったと思うのですが、ほとんどテレビで取り上げられたことはなく、高校の歴史教科書でも秀吉が朝鮮半島に出兵し秀吉の死とともに引き揚げたと書いてあるだけで、普通の人はあまり知識がないと思います。NHKの「その時歴史が動いた」にも取り上げられたことがありませんし。

この戦国の”夢のオールスター”文禄・慶長の役はなぜテレビで取り上げられてこなかったのでしょうか?(日本が中国・韓国に迷惑をかけたからだとしたら、日中戦争の方が遥かに生々しいのによく取り上げられています)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

個人的には、文禄・慶長の役の大河ドラマ化は、日韓関係で問題が多い今の情勢では難しいと思います。



大河ドラマの場合、作成するのはNHKです。
国民から視聴料を取る公共放送というのが建前ですが、外国から見れば日本政府の代弁者みたいなものです。
たとえエンターテイメント作品とはいえ、作品中で述べられた史観が日本政府もしくは日本国民の公式見解だと受け止められかねません。

元寇のように、歴史的な評価もかなり定まり(さすがに神風うんぬんは、戦後数十年経った今、一般国民は誰も信じなくなりました)、またクレームをつける国も無ければ別ですが、文禄・慶長の役についてはまだ隣の国から多くの文句が飛んできそうです。

しかし、かつての文禄・慶長の役(韓国では壬申倭乱)については、韓国側でも自国の問題点についてそれなりに問題点は認識してますし(基本的には国の政治・軍備に不備があり過ぎた)、日本でも豊臣秀吉の暴走という見方がそれなりに定着してますので、イデオロギー色の少ない識者を選抜すれば、割と客観的なドラマ作りは可能かと思っています。


余談ですが、嫌韓論の広まりからか、李舜臣について奇妙な評価が広まっているようです。
客観的に見れば、李舜臣は十分名将ですよ。
限られた兵力を有効に活用するには、ゲリラ戦をせざるを得ません。
李舜臣を批判する人は、同じくゲリラ戦を活用して奮戦した楠木正成も批判しなければ、公平とは言えないでしょう。
また、遠征軍の補給を絶つという戦い方は、戦略的に見ても非常に有効な手段です。(理解できない人は、ナポレオンのロシア遠征で、ロシア側がとった焦土戦術を勉強されたし)
参考:『焦土戦術』http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A6%E5%9C%9F% …

さらに重要な会戦には、正面から挑んで戦術的な勝利を収めています。
(参考:『鳴梁海戦』http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%B4%E6%A2%81% …

戦死した露梁海戦(参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%B2%E6%A2%81% …)についてはさすがに疑問を感じますが、仮に生き残ったとしても、宮廷の政争に巻き込まれて失脚するか死を賜ることになったでしょうから、討ち死にして名誉を残したことは、かえって本人にとって良かったかもしれません。

ついでに言えば、李舜臣が自国の国民から略奪したという史実は記憶にないのですが。(清野の計といって、李王朝が政策的にそうしたことは、知っています)


文禄・慶長の役は結果としては日本の負け戦ですけど、局地戦を見ればすごい戦いも幾つかあります。
特に『泗川の戦い』http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%97%E5%B7%9D% …は、「島津すんげーえっ!」の一言です。国内の戦いで、この時の島津軍以上の戦果を上げた戦いは、他には無いんじゃないかと思います。

今すぐは無理でしょうが、私も文禄・慶長の役の大河ドラマ化(もしくは四時間くらいの長さで映画化)を期待します。
    • good
    • 6

● 朝鮮出兵が大河ドラマに取り上げられない理由



個人的には、興味はあります。 しかし、朝鮮出兵、動機が悪過ぎます。 論功行賞の不満を解消する目的だったと聞いた事があります。 明国征伐をして、その領土を部下に与えようというもの。 こんな動機の不純な戦争を題材にしても、視聴率は期待出来ません。 

NHKが対象としているのは、中年女性です。 女性に受ける歴史上の人物といえば、 細川ガラシア、 北条時子、 お市の方、寧々、淀君、出雲の阿国と限られてしまいます。 『荒唐無稽』を絵にしたようなドラマを、賢い女性が喜ぶはずがありません。

良く考えて見ると、先の大戦も似たようなもので、秀吉の明国遠征と大差ありません。 日清、日露、第一次世界大戦と勝ち戦さが続き、奢り高ぶってしまった軍幹部たち。 

『天皇を中心とした神国ニッポン』の妄信は、戦後60有余年経った今なお絶滅してはおらず、保守派の政治家の口から、漏れ伝わって来ます。 だから、戦争を経験した我々世代に課せられた『歴史の証人』としての責任は大きいと感じています。
    • good
    • 1

良識ある日本人ならば、この戦争が秀吉の憂さ晴らし的な感情から始まったもので朝鮮半島への一方的な侵略戦争であるものと理解していると思います。

この一件だけでも秀吉は対外的にとても褒められた人物ではなく、個人的な意見を言わせてもらえば日本人の恥であると私は考えます。そんなヤツの一番みっともないエピソードなんか、誰もドラマ化なんかしたくないんじゃないですかね。

この回答への補足

秀吉が行ったことを侵略戦争というのなら、スペインやポルトガルが同時期に新大陸やフィリピンで行ったことは何というのでしょうか。非人道的虐殺行為かホロコーストか人類の恥か・・・

補足日時:2006/07/13 21:28
    • good
    • 4

 No.10です。

極めて蛇足情報ながら。

 御指摘の通り「黄金の日々」は昔の放送でしたが、最近CS/CATVチャンネルの「時代劇専門チャンネル」で放送されました。内容を覚えていたのもそのおかげです。
 一度放送した後、またスタートしていたようですので、今後も時折再放送される可能性はあります。
    • good
    • 0

私も黄金の日々は、ネットで調べると松本幸四郎の名前をみつけ、当時親が大河ドラマファンだったので、映像もなんとなく覚えています。

まだこの頃の韓国の新聞には、漢字もけっこうつかわれていましたが、その後次第に消えていきました。
この時代からほんの10年くらい前までは、いまほど反日は強くなく、他の時代物の映像でも、ストーリーの最後の最後に「秀吉が朝鮮を目指した」というコメントともに、秀吉が逝く映像と兵が朝鮮に渡っている映像を少しだけ流して終わる、そんな時代劇もいくつか見た記憶があります。

現在反日が強いため、映像としてこれをやってしまうと、それを録画しているであろう韓国や朝鮮側に、歴史認識や教育方針の違いなどの証拠品として繰り返し取り上げられてしまう可能性があります。
単なる朝鮮半島側への配慮だけではなく、そんなことをされてはたまらないという日本側の都合もあるのかもしれませんね。
    • good
    • 0

他の方々が詳しい回答をされているので、軽くまとめを。



・両戦役に、日本にとっての戦略的意味はない(極めて薄い)
・中、韓国への配慮
・李舜臣の非人道的な(面もあった)戦術を映像化できない
・だからといって、全く放送されなかったわけではない

しかし、最大の要因は媚中媚韓のテレビ局体勢にあるのではないでしょうか。
新聞だと、まだ中韓に対してマトモな事を書く社がありますが、
ことテレビ局に関する限り、中韓に対して毅然たる態度で
放送する局を、少なくとも私は知りません。
質問者さんが#2さんへの回答で「敗戦国はガマンしろという事か?」と
疑問を呈されていますが、それをいうなら当時の朝鮮も敗戦国であり
(当時は大日本帝国朝鮮地方)、仮に放送して抗議をしてきても、
それはイチャモン以外の何物でもありません。
そんな簡単な論理が分からない、あるいは分かっていても出来ないのが
現在のテレビ業界なのです。

それと、余計なツッコミで恐縮ですが、文禄・慶長の役は
日中"韓"3国の戦いではありません。日中"朝"です。
文禄・慶長の役の当時、韓国という国家は存在しないのですから。
    • good
    • 6

 大河ドラマ「黄金の日々」では文禄・慶長の役が後半の重要な舞台となっていましたし、主人公も朝鮮に渡って活躍しています。



 ただ、この戦いはどの国にとっても最終的な利益のない無駄な戦いでした。終わり方を含めてどうにもすっきりとしないテーマをドラマとしては取り上げ難いとは思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。でも「黄金の日日」って古いですよね?僕の生まれる前です。

お礼日時:2006/07/11 21:44

朝鮮出兵の目的が不明だからでしょう。


目的が不明である以上、これをメインとするドラマを作っても説得力に欠けるし、時代考証も難しい。
    • good
    • 0

壬申倭乱という韓国のドラマがありますが?



李朝の無能ぶりなどかなり丁寧に描いていた記憶があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

韓国ではドラマ化されていても日本ではされていないという事でしょうか?

お礼日時:2006/07/11 21:42

李舜臣という英雄は日本軍が来る前に、


半島の村民から略奪をして焦土作戦を敢行したというのは放送できないでしょう。
英雄は実は海賊のボスで李朝のバックアップを得て暴れまわっていた。
なんて出来ませんよ。
しかもゲリラ戦でひたすら補給部隊である非戦闘員相手しか狙わなかった。

一応、日本は占領を目的として侵攻して来ました。
だが、そこには朝鮮の大英雄とやらに飢えさせられた奴隷しか居なかった。
そんな飢えた奴隷を抱えたまま日本軍も飢えた。
国家が平気で民衆を盾にした戦争は映像化できませんよ。

近代国家である日本と、奴隷社会である中世国家の朝鮮じゃ最初から勝敗の帰趨は決まっていたと思います。
第一奴隷兵がまともな戦力になるとも思えません。
こちらは金で雇った傭兵集団ですよ。
しかも装備はかなり最先端。

いくら近代軍隊とはいえ、飢えた民衆の保護と、補給と戦線の長さで撤退せざるをえませんでしたがね。花々しさなんか無かったと思いますよ。
非戦闘員を抱えるということはえらく大変なんですよ。

頭の良い大名は撤退時に特定の文化人を亡命させて自国の文化発展に貢献させましたがね。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q韓国人が一発で黙る歴史の真実

東アジアでは昔から「王」は「皇帝」の家来です。
従って朝鮮王と名のることは中国皇帝の家来ですと宣言することです。(日本は天皇がいた。)
このことを韓国人に教えてあげれば韓国人は黙るしか無いと思いますがどうでしょうか?

Aベストアンサー

失礼な表現、記載、誤記等ありましたら済みません。

>このことを韓国人に教えてあげれば韓国人は黙るしか無いと思いますがどうでしょうか?

私も激しくなる事はあっても黙らないと思います。
まず、李氏朝鮮は古くは明、後に清に冊封していた事は明らかです。
韓国でどういう歴史を教えているか知りませんが
嘘の多い韓国の大河ドラマですが「チャングムの誓い」「イ・サン」「トンイ」で世子(セジャ・次期朝鮮王)、世孫(セソン)を世継ぎとして明や清に認めてもらうと言う場面が多々あります。
少なくとも、李氏朝鮮は明や清に朝貢、冊封していた事は認めています。
もし、そう言う認識が韓国に無いのならばこのドラマを作った監督は韓国マスコミや民衆に袋叩きになっていると思います。

中国に対しても韓国5000年の歴史と大統領が発言したりして中国より歴史があると言ったりしています。歴史観でほんの少しでも日本寄りの発言をすると韓国メディアや国民から袋叩きにあって社会的に抹殺されます。
それがソウル大学の教授でもですよ!
まだ、社会的な抹殺で殺人でないだけ良いですが…
(添付YouTubeを見てください)

韓国の有識者は日本併合(植民地)時代の本当の歴史等を知っているとは思いますが全体としては臨時政府などと言い方を変えたり、テロリストを反日であれば英雄にしてしまうように都合のいい歴史観にしています。
考古学的に何の検証もしていない神話レベルの話で韓国5000年の歴史と大統領が発言してもはばからない国です。
現在は日本は、歴史は歴史で神話とは別というのが日本人の共通認識のはずですが韓国人がどこまで区別しているのか、全く分かりません。

何せ、韓国では日本は悪でなくてはならない国であり、韓国は常に正義であり善であると教えている国です。
今の韓国には日本人が何を言っても逆なでする事はあっても肯定する人はなく無駄な気がします。
多少の隠れ親日派は作れるかもしれませんが公に口にする人はいないと思います。
韓国で権威のある歴史学者、大学の教授の発言でも親日でなくとも日本を少しでも擁護する内容であれば叩かれます。

李氏朝鮮末期の記録は欧米の記録や写真などが多少なりとも存在しています。
そう言った物、資料を直視する韓国人は少ないのです。
今の韓国と日本で歴史観を埋めようとしても一方的に韓国の歴史観を押し付けられるだけです。
今のうちに、そう言った客観的な資料を集めておくとか、日本、中国の文献を集めておくとか準備しておくくらいしかないと思います。
あまり人の事を言える立場では無いですが慰安婦問題なら「韓国軍のベトナム人大虐殺」「米軍慰安婦」とかで対応するしかない。

添付YouTubeでも言っているように
韓国とは暫く距離を置いて付き合うのが無難だと思います。

【日韓問題】 韓国人から見ても異常な…韓国人ブロガー・シンシアリー氏 .
↓↓(YouTube)

https://www.youtube.com/watch?v=cluHbI5i7gU

失礼な表現、記載、誤記等ありましたら済みません。

>このことを韓国人に教えてあげれば韓国人は黙るしか無いと思いますがどうでしょうか?

私も激しくなる事はあっても黙らないと思います。
まず、李氏朝鮮は古くは明、後に清に冊封していた事は明らかです。
韓国でどういう歴史を教えているか知りませんが
嘘の多い韓国の大河ドラマですが「チャングムの誓い」「イ・サン」「トンイ」で世子(セジャ・次期朝鮮王)、世孫(セソン)を世継ぎとして明や清に認めてもらうと言う場面が多々あります。
少なくとも、...続きを読む

Q何で日本は戦国時代に植民地にされなかったんですか?

大航海時代(日本では戦国乱世の時代あたりですよね?)、何で日本はポルトガルやスペインあたりの植民地にされずに済んだのですか?

すいません、もう一つ。

幕末の黒船来航の時は外圧に負けて開港させられ、不平等条約まで結ばされましたが、他のアジア諸国のように植民地にまではされなかったのはなぜなんですか?

私はまるで歴史ド素人なので恥ずかしい質問ですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>大航海時代(日本では戦国乱世の時代あたりですよね?)、何で日本はポルトガルやスペインあたりの植民地にされずに済んだのですか?

イスパニア(現スペイン)とポルトガルは当時、世界で植民地獲得競争を繰り広げていた。

1539 年には、ポルトガル国王ジョアン三世の要請を受けて、キリスト教イエズス会のF.ザヴィエルらがアジアでの布教を始めた。目的は植民地支配である。最初から武力を行使すると味方に多数の犠牲者が出るので、先ず先兵として宗教者を送り込み、現地の人々の心を支配しておけば、植民地支配が容易になる、という目論見でした。この方法は成功しました。ザヴィエルらは、日本においても布教を行うべく1549年に来日し、布教を始めました。

ザヴィエルらが日本へ来て知ったのは、ほかのアジア諸国の人民に比べて日本の人民は教養が高く、さらに戦が強いことでした。

1467年に始まった応仁の乱以後、日本国内は乱れに乱れ、内乱時代(戦国時代)でした。戦国の時代は、武器の発達が進みます。さらに武士たちの武闘能力も向上し、剣術や砲術の力が向上します。戦国時代の日本は、世界で最強の軍事大国だったという学者もいます。

そうした事情を知ったザヴィエルらキリスト教関係者が、本国の王へ「日本を植民地にするのは非常に困難です」といった報告をしたものと思われます。

織田信長はキリスト教を公認しましたが、豊臣秀吉はキリスト教を禁止し、キリスト教関係者を国外追放しました。イスパニア王フェリペ二世の日本征服の野望を知ったからです。

徳川政権もキリスト教を禁止しました。その上、鎖国しました。西洋人は日本を征服するチャンスを失ったのです。


>幕末の黒船来航の時は外圧に負けて開港させられ、不平等条約まで結ばされましたが、他のアジア諸国のように植民地にまではされなかったのはなぜなんですか?

日本も植民地にされ、列強によって分割される危険がありました。それを避けられたのは、

(1)人民の教養が高かったから。西洋の外交官は、江戸の町の本屋の店頭で、女や子供が立ち読みするのを見て、日本は植民地にすることはできないとあきらめました。多くの人が文章を読めたのです。(日本よりも西洋の方が文盲率が高かった。)

(1)武士階級が支配していたからです。清(中国)は科挙に合格した文官が支配する国でした。西洋列強の手が隣国に及んできても危険を感じませんでした。しかし日本の支配層は武官(武士)ですから、清が英国との戦争で負けて香港を割譲したことを知り、さっそく日本もやばいぞと危機感を抱きました。武士の仕事は戦争ですから、国の危機には敏感なのです。

(2)徳川幕府の外交が巧みだったからです。大政奉還と王政復古の直後の慶応3年12月16日(1868年1月10日)、15代将軍徳川慶喜が大坂城に6カ国の公使を招いて接見し、「朝廷は王政復古を宣言したが、朝廷側に内部事情があり、依然として徳川幕府が主権者である」と説明し、政権承認の確認を求め、さらに内政不干渉を約束させました。欧米諸国の目にも、この段階では、三職をトップとする新政府の実力は甚だ脆弱であり、国際社会の承認に値する政権とは見えなかったはずです。しかし徳川慶喜が各国に内政不干渉の約束を取り付けた結果、その後の内戦(戊辰戦争)では外国の介入を招きませんでした。慶喜の側近に国際法を理解していた人材が豊富だったからこその成果と言えます。徳川幕府の大手柄と思います。

>大航海時代(日本では戦国乱世の時代あたりですよね?)、何で日本はポルトガルやスペインあたりの植民地にされずに済んだのですか?

イスパニア(現スペイン)とポルトガルは当時、世界で植民地獲得競争を繰り広げていた。

1539 年には、ポルトガル国王ジョアン三世の要請を受けて、キリスト教イエズス会のF.ザヴィエルらがアジアでの布教を始めた。目的は植民地支配である。最初から武力を行使すると味方に多数の犠牲者が出るので、先ず先兵として宗教者を送り込み、現地の人々の心を支配しておけば、植民地...続きを読む

Qモンゴル帝国の滅亡について

チンギスハンが興したモンゴル帝国はなぜあんな大きな帝国ができたのですか。その当時の国はどうして対抗できず滅んだのですか。また、これは教科書にもなかったのですが、なぜあんな巨大帝国が後に滅んだのですか。滅んだ過程がわかる方ぜひともお願いしますむ。中学や高校の教科書で断片的な知識しかなく、ぜひともお願いします。

Aベストアンサー

それは、やはりモンゴルが遊牧騎馬民族であることが大きいです。

歴史的に見ていくと、古代~中世世界において遊牧騎馬民族というのは反則的に強いのです。フン族に襲われ大混乱になったヨーロッパしかり、万里の長城を作って必至に防ごうとしたにもかかわらず北方を幾度となく奪われた中国など、敗北例は山ほどあります。

基本的に兵は全部騎馬(普通、農耕民の軍隊でこれはまずありえません)で、しかもほかの民族には難しい騎射(馬の上で弓を撃つ)という戦法をすべての騎馬が可能(他の国はこれができるのは精鋭くらいなもので、精鋭であっても錬度の面で馬上で生まれ馬上で死ぬ遊牧騎馬民族にはとてもかなわない)です。
また、都市という概念がないので食料とかもすべて(生きた状態で)持って移動していますから、「補給」という軍隊において最も重要で最も面倒くさく最も維持しにくいものを維持する必要がないため、桁外れの機動力を持ち合わせていました。
また、その機動力を余すことなく使用する戦術(代表的なものは偽装撤退。城攻めの必勝戦術でもありまして、相手に撤退すると見せかけて追い討ちさせ、それを迎え撃つという戦法です)を保有していました。
そのため、どんな強国でも優秀な指揮のもとで統制された遊牧騎馬民族にはかなわず、ホラズム(この国はモンゴル帝国の侵攻直前まで領土を拡張し続けており、決して弱い国ではないのです)や金も、敗北しています。ちなみに、この強弱関係がひっくり返るのは火器が積極的に導入されてからです。

しかし、滅びたのもまた遊牧騎馬民族である面が大きい、ともいえます。
遊牧騎馬民族というのは、都市の概念がないですから、そもそも「国」という概念が希薄です。
それをかなり変えたのはやはりチンギスなのですが、それでもモンゴルの伝統である末子相続(つまり末っ子が遺産を引き継ぐ)、そして後継はクリルタイという族長会議で決定(ただ、このクリルタイ、モンゴル帝国では2年くらいかかるんです・・・なにせ、あの広い領地から集まってくる上、このクリルタイも半分宴会みたいなものでして・・)というのがありました。
そのため、チンギスは生前に嫡子4人に領地を分配します。長男であるジュチ家(後のキプチャクハン国)、次男であるチャガタイ家、三男であるオゴタイ家、そして四男であり、モンゴル高原を直接的に保有するトゥルイ家です
そして、三男のオゴタイが継ぎました。しかし、その次が問題でして、グユクというのは酒癖も悪く評判が悪かったのですが、母親の根回しもありハーンとなりました。しかし、これを一番嫌ったのが長男家の当主で一族の長老であったバトゥ(また、四男家も、譲歩したとはいえ面白くはなかったようです。逆にグユクの側にいたのが次男家)。グユクは彼に暗殺されたとも言われています。
その後、トゥルイ家のモンケが継ぐのですが、これが面白くなかったのがチャガタイ家とオゴタイ家。このあたりから兄弟家の間での不和が表面化します。
そして、日本でも有名なフビライの代で分裂は決定的になります。彼は、いままでの方針を破って、全族を集めないで(支持者だけを集めて)クリルタイを行った上で即位、また即位を宣言した弟を倒して、ハーンとなりました。これが気に食わなかったのが長男、次男、三男の家。とくに三男の家当主であるハイドゥとは軍事衝突に発展しています。
そうなると、もうあとは各地の地方政権ですから、ほかの歴史上の国と同様、隣国、兄弟家同士でたたきあったり(オゴタイハン国はチャガタイハン国に叩かれて消滅)、支配民族が反乱を起こしたり、ほかの異民族に倒されたりで、消滅していきました。

また、モンゴルの政権といってもほとんどその妻は現地人のため、代を重ねるにつれどんどんモンゴル人から離れていって、しまいにはハーンがイスラム教徒になってハーン位を捨てたり、はてまたキリスト教に染まったり・・
そういう具合に、自然とその地に溶け込んで、消滅していったのです。

それは、やはりモンゴルが遊牧騎馬民族であることが大きいです。

歴史的に見ていくと、古代~中世世界において遊牧騎馬民族というのは反則的に強いのです。フン族に襲われ大混乱になったヨーロッパしかり、万里の長城を作って必至に防ごうとしたにもかかわらず北方を幾度となく奪われた中国など、敗北例は山ほどあります。

基本的に兵は全部騎馬(普通、農耕民の軍隊でこれはまずありえません)で、しかもほかの民族には難しい騎射(馬の上で弓を撃つ)という戦法をすべての騎馬が可能(他の国はこれができ...続きを読む

Q戦国時代における戦での遺体の取り扱いって?

近年の戦争の映画で戦死者の遺体を棺に収め、国旗などでくるんで本国に移送するという場面を見たことがあるのですが、日本の戦国時代はどうしていたのでしょうか?
大きな戦では大量の遺体が発生すると思うのですが、そのまま放置されたのでしょうか?それとも組織的に回収されたのでしょうか?
また、海外(中世の欧州など)でどうだったのかも分かれば教えてほしいです。

ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現代の山の中の道を走っていると、タヌキなどの小動物が車に轢かれて死んでいるのを目にするのが珍しくありません。周りに人家もないようなところだと、近所の人が見かねて死体を処理することもないでしょう。保健所などの行政当局が通報(誰の?)を受けて死体を処理するのか?

実際は、タヌキの死体は直ちに他の動物(例:カラス)が寄って来て綺麗に食べてしまうそうです。
参考文献:カラスはどれほど賢いか 都市鳥の適応戦略 中公文庫
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31131995
山の中であれば、通行するクルマ以外に邪魔者はいません。効率よく死体処理(カラス等の食事)が進むでしょう。

ご質問ですが、戦国時代の戦いでの戦死者の遺体は、下記の経過を辿ったと思われます。

1. 戦死者は、首を取られた状態で戦場に残されている。
よほど大きな合戦、例えば武田信玄が徳川家康を完敗させた三方ヶ原の合戦でも、徳川軍の戦死者は1000人行かない計算のようですから、そんなに大きな数ではありません。普通の合戦なら「戦死者10人」とかの単位です。

2. 戦闘が終わって両軍が引き上げると、既に回答されているように農民たちが「戦場狩り」を行います。これは、「田畑を荒らしたことに対する補償」の意味も含まれていたようです。
この際は、我々の眼から見て価値がある鎧、刀、槍などはもちろん、着ているものもフンドシに至るまで全て剥ぎ取られます。戦国時代の日本は、今の北朝鮮のような「使えるものは全て使う」社会ですから、例えば「戦死者がつけていた、血に染まったフンドシ」でも洗えば価値があるので剥ぎ取られました。地位のある武士が着ていた服は、農民から見れば「超豪華な織物」ですから、血や泥を落として分解すれば高値で売れました。(和服は、縫った部分をほどけば長い反物に戻ります)

3. 農民が徹底的に戦場狩りを行った後、戦死体は、全て丸裸になったでしょう。即ち、冒頭で説明した「クルマに轢かれたタヌキ」と同じ状態です。この状態であれば、後は野生動物が死体を処理してくれたと想像できます。実際、合戦の後の戦場をカラスが徘徊している様子が、当時の手紙か何かで描写されている例があったと思います。

4. 現在も痕跡が残るように、地元の僧侶が穴を掘って死体を埋め、供養したと言う例もあったでしょう。これは、「戦場狩りで大儲けした農民たちが、罪滅ぼしの気持ちで供養を依頼」ということが多かったのではと思われます。

現代の山の中の道を走っていると、タヌキなどの小動物が車に轢かれて死んでいるのを目にするのが珍しくありません。周りに人家もないようなところだと、近所の人が見かねて死体を処理することもないでしょう。保健所などの行政当局が通報(誰の?)を受けて死体を処理するのか?

実際は、タヌキの死体は直ちに他の動物(例:カラス)が寄って来て綺麗に食べてしまうそうです。
参考文献:カラスはどれほど賢いか 都市鳥の適応戦略 中公文庫
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31131995
山の中であれば、...続きを読む

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q日本のミサイル防衛にTHAADが無いのは何故?

【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm
一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。
日本の場合THAADは無くても良いのですか?


 

Aベストアンサー

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km にある化学圏) に突入してきた最終段階での弾道弾を撃墜する Missile です。

一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 (Standard Missile 3) 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=Clny6teU5ik&feature=youtu.be

最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=A6CIu9fRk3k

地上発射型で射程が 200km しかない THAAD では幅数百km 長さ 2000km 余りの日本列島に数十基の発射機を配置しなければならず、何時 Terrorism だの過激な反対運動の前に壊されるか判ったものではないのに比べ、SM3 は部外者など近付けない Aegis 艦の中にありますし、相手国の Missle 発射機から 400km 以内の海域に派遣すれば 1 隻で事足ります。

相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km ...続きを読む

Q韓国人がよく日本人に対し「正しい歴史認識をしろ!」

事ある毎に、韓国人は日本人に対して、
「正しい歴史認識をしろ!」
と言いますが・・・・

では、韓国人の言う「正しい歴史認識」とは、
どう言うものなのでしょうか?

Aベストアンサー

今夜の報道ステーションで 日韓外相会談が中止されたとの報道が有りました。 靖国神社の春の例大祭に麻生副総理初めとする現職閣僚が参拝し、安部総理が供え物を贈った事に抗議しての事です。

韓国が言う正しい歴史認識とは

(1)竹島はもとより対馬も元々韓国領とする領土問題。
(2)明治末から太平洋戦争終結迄の日本軍による韓国侵略。
(3)日本による韓国統治時代の韓国人慰安婦強制問題。
(4)A級戦犯が合祀される靖国神社への日本政府閣僚の参拝問題。

だいたい上記の3つが代表的な韓国が主張する正しい歴史認識問題です。
(1)については、竹島を領土として編入した当時の明治政府は、国際法に沿った正式な手続きを経て アメリカを初めとする世界各国の承認を得ています。

(2)については、自国の文明や経済力のレベルが低すぎて国家運営に窮した当時の韓国政府より日本に併合してほしいとの要請に基づき併合されたので侵略ではないでしょう。韓国併合時代にあった王朝の国王や王妃を準皇室扱いにして敬っていたし、当初100校そこそこしか無かった小学校を終戦迄に大小4000校以上に増やしています。
併合前の韓国は外敵からの侵攻を恐れて道路網が殆ど整備される事がなく、それが経済発展の大きな妨げになっていたので主要道路網の整備だけではなく、終戦迄に5000kmにも及ぶ鉄道網をも整備しました。
また、地方から中央に限らず 政治を行う議員の80%以上が韓国人でした。この事実をもってしても侵略ではないでしょう。

(3)については、元々韓国にはキーセンという性的接待を主とする職業の人達が多くいました。戦線が東南アジアへ拡大するにつれて兵隊が原住民の女をレイプする事件が多発して、それを憂慮した軍部の要請で韓国のみならず日本内地からも慰安婦が大々的に募集され、民間の慰安所が各地に設立されました。日本人経営者の慰安所では慰安婦の給料は兵隊達の約10倍、現在の価値に換算すると130万円位と言われています。つまり慰安所は大繁盛してた訳です。但し、韓国人が経営者の慰安所の待遇は劣悪で給料は安く、日常的な暴力も有ったようです。当然、逃げ出す者や病死する者も多く その供給を図るため日本官憲を装った韓国人裏組織による韓国人子女の誘拐が多発しました。当時の韓国内の朝鮮朝日新聞などにそれらの取締りや検挙の報道が残っている。軍部や警察も非道な行為を許すまじと各種取締り令を出していたのです。これが軍部による強制連行と言えるでしょうか?

(4)については、中国は仕方ないが韓国はある意味日本国で有った訳ですから日本と戦争していません。ですから太平洋戦争におけるA級戦犯合祀云々、また日本政府閣僚が靖国神社に参拝する事に異議や抗議するのは妥当性に欠ける。

韓国併合(私は合邦が正しいと思ってる)による文明開化による現在の韓国社会の基礎を築いて貰っておきながら、またその後も大戦で破壊し尽くされた我日本国から様々な理屈をつけて まるで無限ATMがごときに金を引き出して来た。日本人の戦争に対する加害者意識に乗じてである。

日本国や日本人に対して文句が有るのなら 終戦当時、韓国内に残して来た日本人の民間所有分の財産の全額返還をしてから言ってこいって言いたい♪

以上が韓国や韓国人が言う正しい歴史認識に対する私の持論です

今夜の報道ステーションで 日韓外相会談が中止されたとの報道が有りました。 靖国神社の春の例大祭に麻生副総理初めとする現職閣僚が参拝し、安部総理が供え物を贈った事に抗議しての事です。

韓国が言う正しい歴史認識とは

(1)竹島はもとより対馬も元々韓国領とする領土問題。
(2)明治末から太平洋戦争終結迄の日本軍による韓国侵略。
(3)日本による韓国統治時代の韓国人慰安婦強制問題。
(4)A級戦犯が合祀される靖国神社への日本政府閣僚の参拝問題。

だいたい上記の3つが代表的な韓国が主張す...続きを読む

Q在日韓国・朝鮮人はなぜ帰化したくないの?

仕事で韓国と交流を持つようになって約20年になります。 現地では親友も多くいます。

ただ、在日の人とは縁がなく実態はよく知りませんでした。

漠然と強制連行で無理やり連れて来られた人たちと、その子孫というイメージを持っていたのですが、全くのウソだったようです。 私の質問 NO. 973587 をご覧頂けるでしょうか。

本国にいる韓国人の在日に対するイメージは、実は極めて悪い事を知って驚きました。  つまり 「在日の人間は韓国人を名乗りながら、戦争の時にも兵役が免除され日本でヌクヌクと生活していた。 それに本国政府に税金などビタ一文も納めず全く国家に貢献していない。 何が僑胞か」 ともらしていました。

また在日の人で、韓国語を話せる人は本当に数少ないようです。  そのうえ在日の人が本国を旅行すると日本人と同じような態度で接するとか言っていました。  結構、感情のギャップを第三者として感じました。

そこで質問なのですが、外国に居住して本国には永遠に戻るつもりがなければ、その国の国籍を取得するのが普通ですよね。  いわゆる移民というものになると思います。  選挙権も取得できますよね。

ところが日本国内で在日韓国・朝鮮人の人口は65万人にもなるのに、依然として本国の国籍にこだわるそうですが、なぜでしょうか?  帰化しない事に何かメリットはあるのでしょうか?  

ただ素行不良などで帰化が許可されない人は別ですが ・・・

アイデンティティーが大事と言うのであれば、本名を名乗り、最低、本国の言葉くらいは話せて、日韓の架け橋になるくらいの意気込みがあって当然と思いますが、どうも違うような気がします。 

何となく在日である事は隠しながら生活しているのに、逆に韓国・朝鮮籍にこだわっているような矛盾と言うか、感じます。

あと、本名を名乗ると何か 「法的・公的」 な差別がまだあるのでしょうか?

仕事で韓国と交流を持つようになって約20年になります。 現地では親友も多くいます。

ただ、在日の人とは縁がなく実態はよく知りませんでした。

漠然と強制連行で無理やり連れて来られた人たちと、その子孫というイメージを持っていたのですが、全くのウソだったようです。 私の質問 NO. 973587 をご覧頂けるでしょうか。

本国にいる韓国人の在日に対するイメージは、実は極めて悪い事を知って驚きました。  つまり 「在日の人間は韓国人を名乗りながら、戦争の時にも兵役が免除され日本でヌクヌク...続きを読む

Aベストアンサー

まず、民族的アイデンテティーは強い理由です。その強い民族主義を構築しているのが民族教育です。在日コリアンは在日韓国人より在日朝鮮人が圧倒的に多いです。在日朝鮮人は朝鮮総連=北朝鮮系で、今でも子供のときから朝鮮人学校で強力な民族教育を行っています。それは、大変特殊で強力なもので、他のインターナショナルスクールのように日本の学制に於ける小・中・高校への編入が認められないほどのものです。

また、生活環境も理由の一つです。そのようにして学校を卒業した後は在日朝鮮人のネットワークを利用しながら様々なビジネスの機会が開かれています。日本人に帰化しない事により、日本人社会のサービスと朝鮮人特有のネットワークの双方がストレス無く利用できるわけです。それであまり、わざわざ日本国籍を取得するメリットは無いかもしれません。

また、在日朝鮮人は歴史的経緯のために今でも他の外国人に比べると特権的な待遇がなされており、今後、強力に働きかけている民族学校の日本の学制上の小・中・高校への認定や選挙権が認められればなおさら帰化する理由は少なくなります。

在日韓国系は日本においては余り韓国人ネットワークが朝鮮系ほど強力ではなかったのでメリットが少なく、帰化するケースは比較的に多いと聞いています。

確かに在日韓国人は祖国へ兵役の免除や納税の免除と言う特権を受けているので、ladybegoodさんの言うような非難的感情を持っている人はいるようです。在日朝鮮人の場合は北朝鮮を財政的に支えるなくてはならない立場にいるので、少し状況は異なるかもしれません。

まず、民族的アイデンテティーは強い理由です。その強い民族主義を構築しているのが民族教育です。在日コリアンは在日韓国人より在日朝鮮人が圧倒的に多いです。在日朝鮮人は朝鮮総連=北朝鮮系で、今でも子供のときから朝鮮人学校で強力な民族教育を行っています。それは、大変特殊で強力なもので、他のインターナショナルスクールのように日本の学制に於ける小・中・高校への編入が認められないほどのものです。

また、生活環境も理由の一つです。そのようにして学校を卒業した後は在日朝鮮人のネットワーク...続きを読む

Q卑弥呼と天皇の関係

邪馬台国が北九州にあったのなら疑問はないのですが、もし畿内にあった場合は
当時、奈良か大阪にいた天皇勢力とはどんな関係だったのでしょうか?
当時の天皇勢力の範囲も限られていたため、邪馬台国とは共栄共存という感じでしょうか?

Aベストアンサー

邪馬台国は、畿内とは言っても、京都、兵庫、大坂の地域に分布した国です。一方、原大和朝廷(天皇勢力)は大和盆地(奈良盆地)にあった国です。両者は棲み分けていました。魏志倭人伝に登場する狗奴国が原大和朝廷のことです。(邪馬台国が畿内にあったのはほぼ間違いありません。)

また魏志倭人伝にある通り、邪馬台国の領袖は女であり、狗奴国の領袖は男(天皇)でした。

両者は国境を接して小競り合いを続け、対立を繰り返し、決して友好な関係ではありませんでした。しかし、邪馬台国が魏朝と晋朝の冊封体制下にある間は、中華皇帝の威光を背景とする邪馬台国の勢力が優っておりました。

武帝が死去して恵帝の時代になると晋朝の内部崩壊が始まり、八王の乱に至って晋朝の権威は地に堕ちました。中華皇帝の威光の凋落は日本にも大きな影響を与えました。邪馬台国の勢力は弱体化し、この時期に原大和朝廷が邪馬台国を制して西日本の統一へ動き出したと見られます。(第八代孝元天皇から第十代崇神天皇のころ)

Q竹島(獨島)について (私は韓国人です)

皆さんこんばんわ。

私は竹島(獨島)の問題について皆さんの意見が聞きたいためこうやって質問します。
皆さんももう知た通り、日韓両國は竹島をお互い自分の土だと主張しています。また、各々の国民もそんな風に教えられて育てきました。

私がnaver(韓国の検索サイト)で竹島(獨島)を検索すると、百なら百全部竹島は韓国の土だと主張しますしまたgoo(日本の検索サイト)でも同じ質問をすれば上と逆な答えが出ます。

真理は一つなのに何故こんなようになるんでしょう。。

私は韓国も日本も大好きなのでこんな風に喧嘩になるのは嫌ですけど、両國の主張を整理すると竹島(獨島)はやっばり韓国の土じゃないかな?な思いがでます。

でも、韓国も問題が、まず韓国のwebで獨島じゃなくて竹島だと書くと"お前は売国奴だ"と呼ばれる雰囲気がなり、まじめな意見を聞くことが難しいです。

それで、私は日本の皆さんのご意見が聞きたいです。皆さんはどんな考えでしょうか?

韓国のnetizenの考えはこうなります。(私は翻訳だけしました。)(http://kin.naver.com/qna/detail.nhn?d1id=6&dirId=611&docId=123237446&qb=64+F64+E&enc=utf8&section=kin&rank=1&search_sort=0&spq=1より)

1.竹島(獨島)は新羅(신라)時代に鬱陵島(울릉도)と一緒に于山国(우산국)を形成したし、于山国は新羅(신라)智證王(지증왕)13年 (512年)新羅に帰順して来た. その後ずっと高麗と朝鮮を経って現在までも韓国の管理の下にある。

2.朝鮮の公道政策は日本の侵奪によった明らかな '政策'だったので実效支配を諦めたのではない。

3.図解兔許は外国地に越境して漁撈活動をしても良いという許可書なので日本自ら竹島(獨島)が外国の地というのを認めたこと載せる。

4.韓国の領土である鬱陵島から竹島(獨島)までの距離は 48海里なのに, 日本銀器もではこの距
離(通り)の約 2倍である 82海里だ。したがって地政学的に近くの韓国に含まれなければならない。

5.ポツダム宣言の"カイロ宣言"を見れば暴力と強要によって取得したすべての領土を返すという句節があり、日本はポツダム宣言を通じてカイロ宣言を全面的に収容するということを宣言したので、暴力と強要によって奪われた竹島(獨島)を日本は諦めなければならない。

6.歴史的に韓国は 6世紀以来独島の存在を認識して来まった。しかし日本が独島を認識し始めたことは 17世紀以後です.また自国の領土ではないことを認める日本の史料や、古地図が多数確認されています。


皆さんはどうでしょうか。是非ご意見お願いします。


追加>>
私は2月27日にTokyoへ旅行に行きます~もしお勧め場所や食べ物があれば是非教えて下さい!! >_<

追加2>>
もし誤た所があるなら教えて下さい。

ごきげにょう

皆さんこんばんわ。

私は竹島(獨島)の問題について皆さんの意見が聞きたいためこうやって質問します。
皆さんももう知た通り、日韓両國は竹島をお互い自分の土だと主張しています。また、各々の国民もそんな風に教えられて育てきました。

私がnaver(韓国の検索サイト)で竹島(獨島)を検索すると、百なら百全部竹島は韓国の土だと主張しますしまたgoo(日本の検索サイト)でも同じ質問をすれば上と逆な答えが出ます。

真理は一つなのに何故こんなようになるんでしょう。。

私は韓国も日本も大好きなのでこんな風に...続きを読む

Aベストアンサー

まずは質問者様の卓見・学識と、日韓の領土問題に対し、日韓で考える場を提供なさったこと等に、敬意を表します。

私は正直に申しまして、貴国に対する感情は半々です。
外交姿勢等では非常に毅然としており、それらには敬意も有るし、尊敬する人も沢山居ます。
日本と同様、勤勉で非常に優秀な国民性であり、貴国と日本は、アジア人の優秀さを世界に示す、良きパートナー,真のパートナーにならねばならないと思っています。

一方では、貴国民は自国に対する思い入れが強過ぎるせいか、他国に対し自国優位性等を主張し過ぎる傾向を感じています。
それらが貴国にとってプラスになる部分より、マイナス影響の方が大きいのではないかと、残念に思うと共に、その様な部分に対しては、貴国における反日感情と同種の感情を持ってしまいます。

これは教育などの影響が大と考えています。
歴史は各国固有の文化の一つであり、必ずしも共有化が好ましいとは思いません。
しかし質問者様の様に、日韓の国民が相互にもっと行き来して、自国の教育のみでは無く、お互いの歴史観や文化を個人的に学び・知り、自国の歴史観や教育にも、もっと疑問を持たねばならないと思っています。

本題の竹島(独島、以下、申し訳ないですが、日本人の立場から竹島とします。)の領土問題に関しても、そもそも自国文化である歴史観など、両国で別個の観念で解決しようとする限り、永久に平行線かと思います。
共有化可能な認識に基づかないと、解決出来ません。

また、そもそも領土問題を歴史に関連付けて考えようと言う試み自体にやや困難があります。
歴史に関連付けると、最終的に「どちらが古いか?」となりますが、例えばご質問文の中でも「6世紀」などと書かれていますが、千年以上遡る歴史を持ち出すと事実かどうかの検証しようが有りませんし、当時の朝鮮半島における当事国は、貴国(大韓民国)では有りません。
極論ですが、その様な歴史的な言い合いになれば、「紀元前の日本は中国(当時は漢)であった」などとされてしまいます。
歴史的な言い合いには、余り有意性は有りません。

竹島問題に関して共有可能な認識は、2つの観点と考えます。
先に結論を申せば、この2つの観点で竹島は韓国領です。

一つは、現在、誰が支配しているか?と言う点で、それは言うまでも無く貴国です。
領土とは「過去、誰のものであったか?」と言う歴史認識には、余り意味が無い上、解決策になり得ない点は、既に申し述べた通りです。

そもそも領土は、話し合いで獲得するものでは無いのです。
領有権を主張する国家が、血を流すことなども含めた努力の末に獲得するものです。
日本は韓国が竹島を実効支配した時点で、奪回する努力を怠った点は、挽回しようがない日本側の失点です。

もう一つは、司法的な解決です。
これについては、日本が韓国に国際司法裁判所での問題解決を複数回提案していますし、第三国(アメリカ)も韓国に提案していますが、韓国側がこれを拒否しています。
道義的には、正々堂々と司法決着に応じない韓国側に非がある様にも感じられます。
しかし現在の国際司法裁判のルールでは、当事国の一方でもが応じなければ、国際審判は得られません。
これがルールであり、韓国側に法的な瑕疵は有りません。

そもそも領土問題は話し合いで解決し得るものでは無い上、特に竹島問題については、歴史認識の差等からも困難で、その上、司法的な解決も現在のルールでは、韓国が応じない限り不能です。
従い、韓国が竹島の実効支配を続ける限り、竹島は韓国領土であり、日本は自国領土と主張しているだけの存在です。

日韓で武力衝突など全く望む意図は有りません。
しかし日本が竹島を自国領とするためには、最終的には武力侵攻を辞さない覚悟が必要であり、それ以外に奪還 又は 韓国を国際司法裁判の場に引っ張り出すコトは出来ません。
でも武力侵攻を辞さない覚悟をする上では、日本は憲法改正等、国内の法整備を行わねばなりません。

言い換えますと、まず日本が憲法改正等に着手しない限り、竹島は韓国の実効支配下の領土です。

まずは質問者様の卓見・学識と、日韓の領土問題に対し、日韓で考える場を提供なさったこと等に、敬意を表します。

私は正直に申しまして、貴国に対する感情は半々です。
外交姿勢等では非常に毅然としており、それらには敬意も有るし、尊敬する人も沢山居ます。
日本と同様、勤勉で非常に優秀な国民性であり、貴国と日本は、アジア人の優秀さを世界に示す、良きパートナー,真のパートナーにならねばならないと思っています。

一方では、貴国民は自国に対する思い入れが強過ぎるせいか、他国に対し自国優位性等...続きを読む


人気Q&Aランキング