突然ですが、西洋の騎士などはどうやって敵と味方を見分けていたのですか。

 この前、どこかの局でやっていた「ジャンヌダルク」を何となく見ていてそのような疑問が沸き起こりました。
 なぜなら、フランス軍とイギリス軍の見分けが自分には全くつかなかったからです。日本なら、旗指物やなにやらで見分けがつくようなものですが、少なくとも映画の中では西洋の騎士達は別に旗とかを背負っているわけでもありません。まさか敵味方の別無くただ暴れていたわけでもないでしょうから、何らかの識別方法があったのでしょうが、映画を見る限りでは全く分かりません。

 それから、題には「中国の」とも書いてますが、これは中国に関しても同時に疑問に思ったからです。確か、以前読んだ三国志の漫画では特に各軍の区別が無かったのをその時に思い出したからです。
 強いて言えば、作中では兜の形が違っていたような気もしますが、現物が手元に無いので定かではありません。

 実際には、彼らはどうやって敵と味方を区別していたんでしょうか。歴史に詳しい方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 


  どの規模の敵を見分けるのかで、答えが違って来ます。例えば、千人からなる軍隊なら、旗も当然掲げていますし、指揮官や士官級軍人の軍装や、軍事装備、武器などを見れば、どこの軍隊か、一目瞭然のはずです。無論、そういう知識のない人には分かりませんが、戦場で、まず、敵味方の区別の知識が最初に重要になります。間違って、味方同士で戦うことほど愚かなことはないからです。
 
  一番基本的な識別手段は、西欧でも中国でも、兵士の纏う「軍装」でしょう。どんな戦闘服を着ているか、どんな目印の布などを首のまわりや、飾りとして、背中にひっかけているか、どんなはちまきをしめているか、どんな武具を持っているかなどです。中国で、「黄巾の乱」というのは、叛乱を起こした叛徒たちが、互いを識別するため、黄色い布を目印に身体に纏ったからです。また「赤眉の乱」というのも、叛徒が、眉を赤く染めて、仲間を識別したので、こういう名が付いています。
 
  「黄巾の乱」や「赤眉の乱」に加わったのは、統制のない農民雑兵で、正規軍兵士ではなかったので、とりあえず、敵味方を分かり易くするため、こういう簡単な識別法を選んだのです。
 
  正規軍の場合は、制服が支給されますし、身分に応じて、その軍装が変化したり、飾りが決まっていたりしますし、武具も、或る程度、整えられた共通のものであったはずで、これは、武具も組織的に支給されたからです。また、身振りとか、戦いの時の態度のようなものも、訓練で、段々決まってきます。「忠臣蔵」で出てきますが、念のため、「合い言葉」も用意していたでしょう。
 
  西欧中世の騎士は、日本の武士と同じで、闘い方に「様式」があります。日本の武士は、「名を名乗れ」とか言って、「我こそは、どこそこの何々なる」とか叫んでいたのと同じで、騎士は、騎士同士で闘います。騎士が普通騎乗であり、その従者は徒です。騎士は、無論、自己の家紋や象徴などを、楯にも軍装にも、それと分かるように示し、従者たちも、それぞれ、騎士の従者だと分かるような印を軍装に付けています。従って、どこの誰かが分かるのです。
 
  ただ、乱戦・混戦・肉弾戦になってくると、誰が誰か分からなくなります。その場合でも、軍装や軍備などで、大体の見当を付けたのでしょうが、間違って、味方同士で闘うということも、乱戦の場合はあったでしょうし、どこの誰か、騎士であっても分からなくなったはずです。チェーザレ・ボルジアが乱戦のなか戦死した時、誰も気づかず、彼が見事な鎧を纏っていたので、戦利品として鎧を剥いで持ち帰った敵兵が、城に帰ってよく見ると、鎧に、「ヴァレンティーノ公爵チェーザレ・ボルジア」とあったので、驚いて敵の指揮官が遺体を探しに行って、夥しい戦死者のなかから、見つけたという話を、塩野七生が書いていたと思います。
 
  しかし軍事戦術的には、意図して、そうする場合は別に、乱戦・混戦になるのは、戦術の失敗です。軍を機能別グループに分け、さっと攻撃して、引かせると同時に別のグループが別の方向から攻撃し、という形で、幾何学的に、整然と軍を動かして戦うので、総攻撃=乱戦=混戦というのは、ドラマではよく出てきますが、そう簡単には行わないはずです。
 
  (「赤揃え」というのが、戦国時代にありました。武装を赤い色に揃えることで、はっきりどの軍かが分かります。大坂夏の陣で、真田幸村麾下の軍は「真田の赤揃え」で戦ったと言われています。幸村は無論、戦死覚悟で、家康の首を奪うことに一戦をかけたので、これはもう混戦覚悟ですが、そのなかで、幸村は見事に部下を統率して、家康は、辛うじて身一つで戦場を逃げ出し助かったと言います。家康を守っていた旗本もみな蹴散らされたのです)。
 
  この戦いに勝機ありと見た時、一気に敵を押しつぶすために総攻撃するか、または、最後の活路を見いだすため、総攻撃するとか、乱戦・混戦になるといくさの帰趨が分からなくなるので、それは一般に、戦術上避けるものでしょう。また、この総攻撃のタイミングの測り方の上手な武将が、勝利したのだとも云えます。
 
  中世西欧の戦争は、名前が有名な割りに、参加戦闘員が少ないということがあります(ノルマン・コンクエスト最大の戦闘は、千人ほどが戦っただけであったか、あるいは、ノルマンの征服というのは、千人ぐらいが、侵攻しただけであったという話もあります。……無論、その後、ノルマン人がかなり大勢イングランドにやって来るのですが)。
 
  日本の「関ヶ原の戦い」でも、東軍西軍で約十万づつと言われていますが、参加大名ごとで陣を敷いていて、更に、軍を小区分して分けているので、内部では、味方かどうかはよく見知っていたということです。また、戦いは、組織的に行うのであり、五十人ぐらいの兵には、小隊長とかその補佐というような、士官・下士官が付いていて、あそこを攻撃せよとか、部下に命じていたのです。「旗さしもの」は、この下士官クラスが付けていたもので、普通の兵は、そんな邪魔なものは付けていなかったし、これは指揮官の印でもあるので、勝手に付けることも許されなかったということです。この指揮官クラスの下士官や士官が戦死すると、小隊は、どう行動すれば分からなくなり、混戦・乱戦になるのです(または、こちらが多いですが、敗走です)。
 
  また、西欧も、中国も、日本も、指揮官のランクが上がると、軍装が華やかになり、敵にも味方にも、それと分かるようになるので、兵士も下士官も、そういう大物を討ち取ることを目指したのだとも云えます。逆に言うと、近代軍隊以前の軍隊は、指揮官が前線で戦いの見本を見せると、兵士たちが付いて来るのであり、また、敵の指揮官を討ち取ろうと戦闘が起こるのです。従って、有力な指揮官が討たれて戦死したりすると、軍が敗走したり、戦いにならないことがあります。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 詳しい説明ありがとうございます。

 合言葉、制服、身振り、態度、家紋に紋章……確かめる方法は結構ありますね。あの映画では、そんな細かいことまで描かれてはいなかったので。

 昔の戦争の様子がよく分かりました。

お礼日時:2002/03/04 14:27

紋章や旗印は当然です。

日本の場合は、味方の軍(それぞれの殿様の連合軍なので)合い印をつけました。これは小さな布地を肩に掛ける物です。
最も簡単な物は、「色の付いた布地をそれぞれ着ける」でしょう。
これだとが異国の傭兵やイレギュラー軍に出会っても見分けがつきます。
支配者が裕福となったときには軍隊すべてを統一規格(現代の軍隊のように軍服や、軍装など)にしてみわけがつきました。
 しかし、戦といっても規模も時代も場所も様々で、混戦状態となったとき、目前の人間がどちらの側なのか瞬時に見分ける必要が当然あります。
古い時代、つまりまだ軍隊が組織されず氏族の連合のような時代には(盾武器は自前)このような統一がなされていないので、民族衣装(スコットランドのキルトなど)や民族独特の武器、言語(かけ声)など、あるいは戦いの戦化粧などは重要だったのだと思います。
 中国の場合はかなり初期から軍隊の規律、組織といった物が重要視されていますから、軍を統一することでこの問題は解決したはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 分かりやすい説明、ありがとうございました。

 なるほど、民族衣装というのもありますね。参考になりました。

お礼日時:2002/03/07 17:18

例えば乱戦の中、他の兵士と一対一になった時、敵か味方かは視覚的に明確に判別できるようにしていた筈です。

所属不明の兵士は、たいがい敵からも味方からも問答無用で襲い掛かられることになると思います(誰何してたら自分が危ないですから)。
装備が似ている軍同士の戦争の場合、やはり旗や紋章による判別が主だったと思います。兵士が小旗を付けた槍や矛を持っている絵もよく目にしますし、騎士クラスになると盾や鎧に描かれた紋章によって個人識別も可能だったと言いますね。全面が紋章になっている盾を見たことがあると思います(もっとも、これは競技会などで自分を誇示する目的が大きいようです)。また、西洋にも戦場で使う軍団旗は当然存在します。識別というよりは軍の指揮のためでしょうけれど。
テレビや映画でこの点を注意して見たことがあまりないのですが、そのあたりが描写されてないとすれば、あまり必要性を感じていないのか手抜きなのか…小道具が使い回しにくいからとか。想像ですが。
日本の合戦について同じような質問がありましたので、そちらも参考になれば。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=226874
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 やっぱり、きちんとしていたんですね。映画ではジャンヌ以外、旗を持ってる人間なんぞほとんどいなかった上に、イギリス兵とフランス兵の鎧が似たようなものだったので、もし映画のような乱闘が起こったら絶対に区別がつかないだろうな、と思ったのがこの質問をするきっかけだったのです。

 結構な話題作なので作りこんでいるのかと思ったのですが、それほどでもないんでしょうかね。戦闘シーンには金をかけなかったとか……よく分かりませんが。

 ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/04 14:20

>突然ですが、西洋の騎士などはどうやって敵と味方を見分けていたのですか



ジャンヌダルクの場合、英対仏の場合は、英語対仏語だから叫び声でわかるのでは?あと、よろいの型、や紋章というのもあります。
 究極的には、自分を攻撃するものが敵と分かるのでは?

中国については、中国製の三国志ビデオを見ればわかりますが、各軍旗指しをもっていますし、各軍統一の服装をしています。敵と味方を間違えるのは夜戦以外ないみたいです。あと、訛りみたいのもあったような?

以上私見にて間違っていたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 言葉ですか。そういえばそうですね、考えてみれば……
 映画では吹き替えのため、両軍とも同じ言葉をしゃべってるように錯覚してました。
 中国では各軍統一した服装をしていたのですか。
 ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/04 14:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q基本的な質問ですが、中国が日本を貶める狙いは何なのでしょうか?意味が無いと思うんですが? 敵にするよ

基本的な質問ですが、中国が日本を貶める狙いは何なのでしょうか?意味が無いと思うんですが?
敵にするより味方にして、AIIB にでも参加させたほうが得なのでは?

Aベストアンサー

1,まずは戦略的な問題があります。
 世界戦略において、世界に覇を唱えようとしている
 国は、米国、ロシア、中国です。
 この三国は互いに対抗している、という関係にあります。

 日本は米国の子分です。
 その米国の子分が隣国です。
 これは、中国から見れば、のど元にナイフの
 状態です。

 そんな日本が、経済的、軍事的に強大になったら
 中国は困る訳です。



2,次は、中国の内政です。
 天安門事件を知っているでしょうか。
 市民や学生が自由を求めてデモし、数万が殺害
 された事件です。

 あの事件で、中国は敵の必要性を考えたと
 言われています。
 敵を作ることは、国民の不満を敵に向けることに
 なるし、国民の連帯意識を高めることになるからです。

 その敵に選ばれたのが日本です。
 それ以前は、中国は今のような反日政策はとって
 いませんでした。




中国陣営に引き込んで金出させたほうが賢いと思うけどなあ、
韓国みたいにタカり放題で。
  ↑
そういう政策も考えられますが、中国は国民の
不満が非常に多い国です。

暴動など年間に20万件も発生しています。
富裕層の60%は海外に脱出済みの国です。

共産党政権にとっては、体制維持が
なによりも優先するのです。

1,まずは戦略的な問題があります。
 世界戦略において、世界に覇を唱えようとしている
 国は、米国、ロシア、中国です。
 この三国は互いに対抗している、という関係にあります。

 日本は米国の子分です。
 その米国の子分が隣国です。
 これは、中国から見れば、のど元にナイフの
 状態です。

 そんな日本が、経済的、軍事的に強大になったら
 中国は困る訳です。



2,次は、中国の内政です。
 天安門事件を知っているでしょうか。
 市民や学生が自由を求めてデモし、数万が殺害
 された事件...続きを読む

Q戦国時代の敵味方の見分け方

戦国時代のテレビとかを観て疑問を感じております。何千人もの敵味方で刀等で戦いをしていた当時は、どうやって敵味方を区別したのでしょうか。よく、背中や手に○○軍という明示旗はみかけますが、実際、人間同士が「刀」等での接近戦をしている時に、興奮や精神面で究極な状態になっているわけで、適味方の区別なんか正確にはできないと思うのですが、いかがなものでしょう・・・。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

昼間の戦いでは旗指物で区別しました。 日本刀は折れやすく、曲がり易く鍔ぜり合いの激闘に耐えられるものではありません。 重い甲冑を付け刀を振り回したら10分で息が切れるゆえ、映画・テレビで見るような、刀での鍔ぜり合いというものは実際殆ど行われませんでした。 実際の戦闘では飛び道具が戦場の主役でした。 戦場の出番は、鉄砲射撃に始まり、弓矢攻撃、石などの石礫投擲、槍ぶすま攻撃でした。 
また、戦国合戦で騎馬武者が刀を振り回すような場面も有りませんでした。 実際は、馬の首が邪魔になり刀を振り回すことはできません。
上記の通り、戦国時代の戦闘において、近接戦が最初から行われることはなく、近接戦があったとしても槍対刀でした。 そういう状況下、旗指物で敵味方を区別する比較的冷静な戦闘が行われていたようです。 因みに、夜戦や霧の中での戦闘では合言葉が敵味方の区別に使われました。 

http://homepage1.nifty.com/akazonae/second/naomasa/sasimono/hata.html

Q日本が世界中を敵にまわしてまで、クジラ獲る意味

日本が世界中を敵にまわしてまで、クジラ獲る意味があるのか?
クジラなんかどうせ食べないんだし、世界と穏便にするためにも、
ムリしてクジラなんか獲らなくていいだろ?
もっと美味しい肉があるんだから・・
そう思っていませんか?
それはとんでもない間違いだ!
まず、世界中を敵にまわしているわけではない。
あくまでも欧米諸国が捕鯨に反対しているだけ。
ではなんで欧米諸国は捕鯨に反対しているのか?
反捕鯨の本当の目的は「日本潰し」である。
唯一白人さまに逆らった「大日本帝国」が憎くて仕方ないんだわ
このことをしっかり理解しないといけない。
白人は日本人を恨んでいるのだ。
東ヨーロッパ、スペイン、ポルトガル以外の白人国家は
日本を恨んでいるのだよ。

「クジラを守ろう」と謳っている反捕鯨論者の理屈は
既に支離滅裂になっている。
誰がどう考えたって、反捕鯨の論理はおかしいのに、
白人は未だに「反捕鯨」を謳っている。
なんでか?
ただ単に日本を叩きのめしたいだけなのだ。
かつての白人によるアジア植民地を台無しにした日本が憎くて仕方ないからだ。
この反捕鯨活動は日本が捕鯨をやめない限り、永遠に続くだろう。
じゃあこれ以上、外国と揉めてはいけないから、
捕鯨を全面的に辞めるか?
クジラ獲りを辞めたら、次は違う生き物の捕獲がターゲットになる。
日本は白人から永遠にターゲットにされるから、
クジラの次はマグロ、その次は‥‥、と限りなく日本が追い詰められるだけ。
中国と一緒だ。
尖閣諸島を譲ったら、次は沖縄がターゲットになるようなもの。
だから、ここは反捕鯨論者を徹底的に追い詰めるしかない。
日本が弱腰を見せたら、白人は次から次へと、難題を吹っかけてくる。
捕鯨を続けることと、尖閣諸島を守ることは
一見繋がっていないように見えるが、
本質は同じだということを日本人は知るべきではないか?
「たかがクジラ、されどクジラ」なのだ。

白人は本気で日本潰しを考えている。
かつて日本がアジアで大暴れした結果、
欧米諸国(特にイギリス)がアジア植民地を失った。
欧米諸国がどれだけの損害を被ったことか。
特にイギリスは今でも怒り狂っているのだ。
あなたがもし山○組のシノギを邪魔して、組に大損害を与えたら、
どうなると思いますか?(怖)

(蛇足)
欧米諸国が事実上支援しているシーシェパードは
他の捕鯨国にも「適当に」攻撃をしかけている。
そりゃ、日本だけを狙い撃ちにすると、差別だとか言われるから、
ノルウェーやロシアにも「申し訳程度」で攻撃する。
そんなの当たり前のこんこんちきちww

日本が世界中を敵にまわしてまで、クジラ獲る意味があるのか?
クジラなんかどうせ食べないんだし、世界と穏便にするためにも、
ムリしてクジラなんか獲らなくていいだろ?
もっと美味しい肉があるんだから・・
そう思っていませんか?
それはとんでもない間違いだ!
まず、世界中を敵にまわしているわけではない。
あくまでも欧米諸国が捕鯨に反対しているだけ。
ではなんで欧米諸国は捕鯨に反対しているのか?
反捕鯨の本当の目的は「日本潰し」である。
唯一白人さまに逆らった「大日本帝国」が憎くて仕方ない...続きを読む

Aベストアンサー

”反捕鯨の本当の目的は「日本潰し」である”
     ↑
それはあると思います。
少しでも日本の食糧自給率を下げようとして
いるのかもしれません。
少なくとも、牛肉輸入を増やす為ということは
あるように思います。


”唯一白人さまに逆らった「大日本帝国」が憎くて仕方ないんだわ”
     ↑
逆らったんじゃなくて、勝利した、からです。
日露戦争で負けたロシアは、それを根に持っている
とまで言われています。
そのため、日本に社会主義を蔓延させようとしました。
資本論が売れたのは、ソ連が一番でしたが、二番目は
なんと、日本でした。
反日日本人がこれほど多いのもその一環でしょう。

中国の某社会学者が言っておりました。
「日本はアジアの誇りである」


”クジラの次はマグロ、その次は‥‥、と限りなく日本が追い詰められるだけ。”
     ↑
その通りです。
そもそもクジラを資源問題化させたのは、鯨油のために
乱獲した欧米です。

Q関ガ原の合戦で敵味方の区別をどうやってつけたのでしょうか?

関ガ原の合戦で小早川秀秋が西軍を裏切って松尾山から1万5千の兵力を雪崩をうって西軍に向けた事は周知の事実です。
この小早川軍を迎え討ったのは大谷吉継軍でした。
その後、西軍の脇坂安治、朽木元綱、小川祐忠、赤座直保の各軍も東軍に味方しまた。
そこで敵味方入り乱れる混沌とした戦場で、戦士たちは敵味方の区別がつくのでしょうか?
勿論、軍旗、差物等の目印はあるのでしょうが・・・。

Aベストアンサー

団体戦ですから、仲間と一緒に行動しておれば敵味方は自ずと区別できます。
指揮官の号令、旗、指物、鎧の色(井伊の赤備えなど)で区別はつきます。  方言などもあります。
指揮官の号令にも特色がありお国振りがあらわれます。

それでも乱戦になれば同士討ちもかなり発生すると思われますが運次第なのでは・・・

合い言葉は夜戦などで区別のために使用しますが昼間の乱戦では使用している暇はありません。
とにかく向かって来るのは敵と考えて行動するだけです。
戦闘中は冷静に判断する事は難しいものです。 まごまごしていれば命にかかわります。

Q「私を仇と狙っての企みか」とはどういう意味でしょうか

「私を仇と狙っての企みか」ということはどういう意味でしょうか。「私を仇として狙うことを意図しているか」になるかなあ。そこの「仇」は「かたき」という読み方があると知っているけど、それでもわかりやすくならなかったんです。教えていただければ幸いですわ。

Aベストアンサー

「『私』を仇と思って、(『私』に何らかの害を与えようと)たくらんだのか?」

ということでは。

Q戦争における敵味方の区別

いわゆる白兵戦(関ヶ原の戦からやくざの出入りなど)で敵味方の区別はどう判断して戦ったのか 具体的に教えてください

Aベストアンサー

関ヶ原などの場合、のぼりを目印にして。お互いに大将首狙いですから、間違えることは少なかったはず。
大阪の陣の時は、視界が悪かったので、伊達政宗の軍が味方の小部隊に攻撃を仕掛け、証拠隠滅とばかりに、そのまま全滅させたようなこともあります。
忠臣蔵の時、お揃いの羽織に、合言葉が用いられてます。
新撰組なんかも、ドラマではお揃いの服ですね。

QEnemy of America の意味は?

Enemy of Americaという題名の映画がありました。
私は観ていません。
このタイトルの意味は、次の二つのどちらでしょう?

1. City of Chicago (シカゴという名の町、シカゴ市)のofの使い方
  から、アメリカという名の敵、ということからアメリカが敵。

2. ofの一般的日本語訳「の」を用いて、アメリカの敵、敵はアメリカ
  以外の他の国、人物等を指す解釈。

以上どちらなのでしょうか?

Aベストアンサー

 邦題「エネミー・オブ・アメリカ」、原題"Enemy of the State"(国家の敵、敵たる国家)ですね。

 1、2のどちらの意味でもある、といった感じだと私は思っています。ただ、映画を見た印象で人それぞれの解釈があり得るでしょう。

 それは、劇中で問題の焦点として扱われる「通信の保安とプライバシー法」が、映画公開の後で成立した「米国愛国者法」を意図しているからなんですね。

 その法の正式名称は、Uniting and Strengthening America by Providing Appropriate Tools Required to Intercept and Obstruct Terrorism Act of 2001(テロリズムの阻止と回避のために必要な適切な手段を提供することによりアメリカを統合し強化する2001年の法)で、頭文字を取って"USA PATRIOT Act"です。

 劇中では、「通信の保安とプライバシー法」に反対していた下院議員が同法を成立させた政府高官の差し金で殺害され、偶然にその証拠を持たされた主人公が巻き込まれていきます。

 現実の法律名は「アメリカ愛国者の行動」と読めます。これを主犯の政府高官の殺人と受け取るなら、その敵は反対者であった下院議員であり、その下院議員殺害の主犯を立証しようとする主人公らになります。

 主犯の政府高官からすれば、国を守る法を邪魔立てする主人公らはアメリカに対する敵対者でしょう。主人公らからすれば、政府高官が敵である以上、アメリカという国家が敵に回ったも同然でしょう。

 その両方を含める意図で、ofを使ってあるのではないかと思います。

 邦題「エネミー・オブ・アメリカ」、原題"Enemy of the State"(国家の敵、敵たる国家)ですね。

 1、2のどちらの意味でもある、といった感じだと私は思っています。ただ、映画を見た印象で人それぞれの解釈があり得るでしょう。

 それは、劇中で問題の焦点として扱われる「通信の保安とプライバシー法」が、映画公開の後で成立した「米国愛国者法」を意図しているからなんですね。

 その法の正式名称は、Uniting and Strengthening America by Providing Appropriate Tools Required to Intercept and Ob...続きを読む

Q北朝鮮軍(+中国軍)vs韓国軍(+日本軍、米国援助)ではどっち勝つか?

北朝鮮軍(+中国軍)vs韓国軍(+日本軍、米国援助)ではどっち勝つでしょう?

中国は、物資や武器、資金の提供、軍事力の援護
日本は、自衛隊の援護?ただし、どれぐらい派遣できるのかは未知数ですよね。
イージス艦は派遣しそうです。
しかし、陸自、空自は派遣は難しそうですが、有り得ますかね?
(今度の総選挙で鳩山政権が与党になれば楽に?)
米国は例のごとく、武器とイラナイ紙切れ同然のドルを韓国に援助します。

この場合、韓国が勝ちそうに見えるのですが、
某所の外人の書き込みによると、
「韓国がやられ、日本が反撃する(抵抗する?)」とあります。
これは、どういう意味なのでしょうか?
実際に韓国と北朝鮮同士ならば、韓国が圧倒的差で勝つと思います。
また、この場合、中国+北朝鮮軍が日本へ攻めてくるということも有り得るのでしょうか?
しかし、結局は日本が割りと楽に防衛し、中国がやけくそになって日本へ核を撃つということは有り得ませんか?
実のところ、無いとは思いますが、中国は奥が深いので難しいです。

一応、念のために原文載せます

Try this. 2009 North Korea gets attacked by South Korea. Japan joins with SK. China joins NK. US refuses to take sides. Israel attacks Iran, EU/US refuse to help. Russia does nothing. Aussies turn on china and helps SK+Japan. USA funds Israel and SK offensive. SK is ruined, but japan keeps attacking. Israel is stuck in a long term hit-and-run war with Iran supporters. EU finally steps in to help Israel and Japan, Russia sides with China, 2011. 2012, USA official joins the Allies, war cont.

北朝鮮軍(+中国軍)vs韓国軍(+日本軍、米国援助)ではどっち勝つでしょう?

中国は、物資や武器、資金の提供、軍事力の援護
日本は、自衛隊の援護?ただし、どれぐらい派遣できるのかは未知数ですよね。
イージス艦は派遣しそうです。
しかし、陸自、空自は派遣は難しそうですが、有り得ますかね?
(今度の総選挙で鳩山政権が与党になれば楽に?)
米国は例のごとく、武器とイラナイ紙切れ同然のドルを韓国に援助します。

この場合、韓国が勝ちそうに見えるのですが、
某所の外人の書き込みに...続きを読む

Aベストアンサー

僕は中国が本気で支援したら韓国軍が負けると思います。
日本軍は役に立たないでしょう。
「韓国がやられ、日本が反撃する(抵抗する?)」
これはない気がします。
米軍が反撃しそれに巻き込まれる形で支援、
そして支援した段階で日本も標的になるってことはあるでしょう。
日本に攻めてきた場合も楽に防衛なんてことはまずないと思います。
みえる軍だけじゃなく日本には多数の中国、朝鮮の人がいます。
その人たちの一部でもテロなんか起こそうものなら。敵軍が来る前に大混乱でしょう
中国がやけくそになるぐらいの状況にならすでに日本半分ぐらいなくなってるんじゃないかな

Q『外に出たら、七人の敵がいる』と言う諺の 7人とは、どんな敵なのですか?

諺で、『外に出れば、七人の敵がいる』という言葉を小さい時に両親がよく言ってました。

未だに、オイラはその『七人の敵』がどーいう敵なのか判りません。

             教えて下さい。

検索で、「諺 七人の敵」などと探したのですが、具体的にどういう敵と捉えられる7つの敵に相当するモノがあるのか、判りませんでした。

オイラが、子供の頃から学校に行くときなどに両親が「男は外に出たなら、7人の敵がいると思え」と言ってたのですが、なんのことなのかいまだに判らないままです。

仏教の言葉で、『七難』『七災』などと言うそうですが、羅刹(らせつ)難・刀杖難・鬼難・枷鎖(かさ)難・怨賊 のそれぞれの、『羅刹』『刀杖難』『枷鎖(かさ)難』の意味も良かったら、どーいった災いなのか、教えて下さい。

以上、2つの質問なのですが、よろしくお願いします。


大きく成長したオイラは、『七人の敵』は存在せず、実は、『誰の心にも潜む、恐怖心や猜疑心、嫌悪感、判断力不足、浮かれてしまう心などのような、全て自分の心に宿り眠る総合的な、『自分が招いてしまう行動力の無さ』が、本来の意味では無いのかともこの頃思い始めました。

宜しくお願いします。

諺で、『外に出れば、七人の敵がいる』という言葉を小さい時に両親がよく言ってました。

未だに、オイラはその『七人の敵』がどーいう敵なのか判りません。

             教えて下さい。

検索で、「諺 七人の敵」などと探したのですが、具体的にどういう敵と捉えられる7つの敵に相当するモノがあるのか、判りませんでした。

オイラが、子供の頃から学校に行くときなどに両親が「男は外に出たなら、7人の敵がいると思え」と言ってたのですが、なんのことなのかいまだに判らないままで...続きを読む

Aベストアンサー

一説には石田三成が、豊臣恩顧の臣7人から襲撃を
受けかけたことがあり、それが語源ではないかと言われて
います。この時三成は政敵の徳川家康の元へ身を
寄せて難を逃れました。

七難については、以下のサイトに乗ってました。
私も勉強になったんで感謝します!

参考URL:http://homepage3.nifty.com/myrrha/soul/66.htm#七難

Q西洋の騎士

日本だと、歴史上もっとも強い剣豪は誰なんだろうとか、三国志登場人物で最も強いのはいう議論がありますが、西洋の場合(剣豪=騎士?)この人だ!という人はいるのでしょうか。
何かそれを裏付けるエピソードなどもあるのでしょうか。

Aベストアンサー

たくさんいますよ
有名なのは
鉄腕ゲッツことゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン
喧嘩が三度の飯より好きという人物で、ある時右手を切り落とされたため鉄製の義手をして戦った騎士です。義手は現存しています。

それからルイ13世直轄の近衛銃士隊隊長を1640年から1648年まで指揮し、リシュリーと共にフランス全盛期を築いた名隊長・ダルタニヤン

ガーター騎士団の名隊長・ウィリアム

ロビン・フッド、ウィリアム・ウォレスも有名では


人気Q&Aランキング

おすすめ情報