友人がこの度、退職しました。控除についてお尋ねします。
退職金は控除額に達していませんので税金は掛からないでしょうが、
本人の体調が悪くこの先どうなるか分らないので一時払いの養老保険を解約しました。
ところが退職金と一時払いの解約金と合わせると退職金の控除額を少し超えてしまいます、
一時所得として税金がかかると思いますが、
残債として家のローンが約5年程残っていますので、
ローンを一括返済した場合、控除の対象に成るのでしょうか?。
どなたか回答下さい、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

退職金は、他の所得とは関係なく分離課税となっていますから、課税範囲に達していなければ課税されず、他の所得があっても合算する必要はありません。



養老保険を解約した場合は、通常は、次の計算式で計算した額が一時所得となり、給与など他の所得と合算して確定申告をすることになります。
ただし、上に書いたように、分離課税の退職金は合算の必要がありません。

一時所得=(受取総額-既払保険料-特別控除額50万円)×1/2
この金額が他の所得と合算され、所得税・住民税の対象となります。 
ただし、サラリーマンで年収2000万円以下の場合、この一時所得が、他の給与以外の所得と合わせて、1年間に20万円以下のときは、申告が不要となります。

しかしながら、医療費控除などのために、確定申告をする場合は、20万円以下でも確定申告に含める必要があります。

更に、養老保家の内容と条件によっては、源泉分離課税となって、満期時受取額と払込保険料との差額に対して所得税15、住民税50%の源泉分離課税が適用される場合があります。
この場合は、分離課税ですから、一時所得として申告する必要はありません。
これに該当する場合は、保険会社から、その旨の通知があります。

最後に、ローンを一括返済した場合、税金には何の影響もなく、控除対象にはなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速回答いただき有難う御座います、まったくの素人ですので税金のことは
よく分りません、何度も読んでいる内に意味が分る様に成りました。
すぐ友人に知らせて上げます、税金の事は難しいですね、有難う御座いました。

お礼日時:2002/03/11 09:43

退職金は控除額以下なら税金はかかりません。

(退職所得の受給に関する申告書を会社に提出していれば)
それに他の所得とは合算しません。

保険金の解約金は一時所得になりますから

(解約金-掛金-50万)÷2=課税所得

という算式で計算してください。

ローンの残債を返済することで税法上の特典は残念ながらありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速回答いただき有難う御座います、初めての事で税のことは良く分りませんでしたが、何度も読んでいる内にやっと意味が分るように成りました、早速、友人に知らせて上げます、有難う御座いました。

お礼日時:2002/03/11 09:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q退職金の金額について

年齢30代、勤続6年、一般事務、女、独身、給与25万、年収380万
名目上はリストラ

退職金積立が50万円程度ありますが、妥当な退職金の金額はどれくらいでしょうか?

退職金積立50万円+1月分の給与25万で 75万位 でしょうか?
(1月前解雇予告はしています。)

Aベストアンサー

『年齢30代、勤続6年、一般事務、女、独身、給与25万、年収380万 名目上はリストラ退職金積立が50万円程度ありますが、妥当な退職金の金額はどれくらいでしょうか?退職金積立50万円+1月分の給与25万で 75万位 でしょうか?(1月前解雇予告はしています。)』

6年の勤務では、退職金が出ない場合のほうが多く、すずめの涙の3万円(最低)~18万円(最高)程度です!退職金の支払の規定では、大体15年~20年以上の勤務でないと、もらえないはずです。あなたは、ある意味ホントラッキーですね。

年金と退職金の給付方法は、確定給付型年金型ですか、確定拠出型年金ですか?また、あなたの企業は、基金型ですか、規約型ですか、適年型ですか?他、あなたの会社は年齢給ですか?実績給ですか?等他色々な種類の決まりのもとに、信託銀行等他の機関等で、退職金、年金の支給者などから、企業が年金や退職金の為に用意しなくてはいけない、責任準備金等の計算を専門にしている部門があるんです。其処での私の扱った例を話します。実績の給与は、面倒なので、年齢給の例で話をさせてください。

給与天引きの積立をしていたのであれば、退職金積立の50万円の利息なし+リストラによる、1ヵ月分の給与の25万円の支給が妥当ではないでしょうか。それに、沢山の人がリストラに遭う緊急な事態と考えて多く見積もった場合です。

ですが、企業がそれすら払えない状況に陥っている場合は、それにいくらかの、国債やら社債やらなにやらの利率等の複雑な計算のもと、退職金の金額には、1.0265(良い場合)とか、0.7986(まあまあの場合)とか等の数値を掛け算したものではないでしょうか!

リーマンの後の引きずりの場合、0.26543(最悪の場合)になる可能性もあるので、此処で素人に聞いて気を揉むよりも、聞きずらいかもしれないのですが、会社の財務部又は総務部の給与や社保の扱をしている部門の方にお聞きしたほうがよろしいのではないでしょうか。

『年齢30代、勤続6年、一般事務、女、独身、給与25万、年収380万 名目上はリストラ退職金積立が50万円程度ありますが、妥当な退職金の金額はどれくらいでしょうか?退職金積立50万円+1月分の給与25万で 75万位 でしょうか?(1月前解雇予告はしています。)』

6年の勤務では、退職金が出ない場合のほうが多く、すずめの涙の3万円(最低)~18万円(最高)程度です!退職金の支払の規定では、大体15年~20年以上の勤務でないと、もらえないはずです。あなたは、ある意味ホントラッ...続きを読む

Q退職金の税金控除について

過去ログを見たのですが、
ぴったり当てはまるものがなかったので、
質問させてください。

「退職所得の受給に関する申告書」を提出していなくて、
退職所得控除額の範囲内の退職金であった場合は、
収入金額全体に対して20%の源泉徴収されてしまうのでしょうか?

会社からは退職所得控除額の範囲内の退職金だから、
「退職所得の受給に関する申告書」を提出する必要はないと言われたのですが。

もし20%源泉徴収されるのならば、
年内中に就職する予定なので、
新しい会社の年末調整で退職所得の源泉徴収票も提出すれば、
返ってくるのでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

>退職所得の受給に関する申告書」を提出していなくて、
>退職所得控除額の範囲内の退職金であった場合は、
>収入金額全体に対して20%の源泉徴収されてしまうのでしょうか?

その通りです。

>会社からは退職所得控除額の範囲内の退職金だから、
>「退職所得の受給に関する申告書」を提出する必要はないと言われたのですが。

これは、会社の方の認識が完全に誤っています。
この提出がなければ、勤続年数等に関係なく、本来であれば無条件に20%の源泉徴収がされるべき事となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2732.htm

>もし20%源泉徴収されるのならば、
>年内中に就職する予定なので、
>新しい会社の年末調整で退職所得の源泉徴収票も提出すれば、
>返ってくるのでしょうか?

いいえ、あくまでも年末調整は、給与所得の年末調整ですので、退職所得については対象外ですので、新しい会社とは無関係のものです。

仮に20%源泉徴収されてしまったとしても、確定申告されれば、退職所得控除額は使えますので、全額が還付される事となりますので、安心されて大丈夫と思います。

>退職所得の受給に関する申告書」を提出していなくて、
>退職所得控除額の範囲内の退職金であった場合は、
>収入金額全体に対して20%の源泉徴収されてしまうのでしょうか?

その通りです。

>会社からは退職所得控除額の範囲内の退職金だから、
>「退職所得の受給に関する申告書」を提出する必要はないと言われたのですが。

これは、会社の方の認識が完全に誤っています。
この提出がなければ、勤続年数等に関係なく、本来であれば無条件に20%の源泉徴収がされるべき事となります。
http://www...続きを読む

Q退職金の税金

私は平成元年度教師として社会人になったのですが、平成19年度から神経症という病気になってしまい今年度末退職することにしました。だいたい退職金は1100万円くらいだそうです。そこで質問なのですが退職金にも税金がかかるとききました。どれくらいかかるのでしょうか。それから税金を少しでも減らす方法がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。

付け加えます。
貴方が今年、退職金以外の収入がいっさいないといことであれば、基礎控除38万円を引くことができます。
なお、今年、社会保険料(健康保険料、共済年金、国民年金など)を払えばその分も控除でき、税金がいっさいかからないということもありえますね。

所得税
控除額 800万円+70万円×(23年(勤続年数)-20年)=1010万円
(1100万円-1010万円)×1/2=450000円(課税所得)
(450000円(課税所得)-38000円(基礎控除))×5%(税率)=3500円(税額)

住民税
(450000円(課税所得)-33000円(基礎控除))×10%(税率)=12000円
12000円-(12000円×10%)=10800円(税額)

住民税の基礎控除は33万円です。

Q投資信託の税金について(解約損の、3年間の繰越控除の可否と解約請求時の購入手数料の扱い)

国内籍の公募追加型株式投資信託の税金の計算に関する質問が2つあります。
1.中途解約(=解約請求)あるいは償還による損失は、みなし譲渡損失として株や他の株式投資信託の譲渡益と通算できますが、この損失は3年間の繰越控除はできるのでしょうか?
(「上場株式等とは異なり損失の繰越控除はできない」と書いてあるものと、「繰越控除できる」と書いてあるもの両方をみたことがあります。どちらが正しいのでしょうか?)

2.解約請求時の解約益に対する課税対象額は1口あたり「解約価額-個別元本」で計算され、買取請求時と異なって購入手数料を上乗せすることはできませんが、解約損を計算する場合は上乗せしていいのでしょうか?
つまり、解約損を株や他の株式投資信託の譲渡益と通算する際の計算式として「解約価額-(個別元本+購入手数料)」としていいのでしょうか?みなし譲渡損失であることを考えるとできるような気もします。
それとも、購入手数料を含むことができるのは買取請求時のみで、解約請求時には(損益どちらの場合でも)上乗せできないのでしょうか?

どなかた詳しい方、よろしくお願いいたします。

国内籍の公募追加型株式投資信託の税金の計算に関する質問が2つあります。
1.中途解約(=解約請求)あるいは償還による損失は、みなし譲渡損失として株や他の株式投資信託の譲渡益と通算できますが、この損失は3年間の繰越控除はできるのでしょうか?
(「上場株式等とは異なり損失の繰越控除はできない」と書いてあるものと、「繰越控除できる」と書いてあるもの両方をみたことがあります。どちらが正しいのでしょうか?)

2.解約請求時の解約益に対する課税対象額は1口あたり「解約価額-個別元本」...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、下記ページちょうど中ほどの損失の繰り越しの表を^^

当然可能ですよね、

http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/service/se06_tokutei_03.html

参考URL:http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/service/se06_tokutei_03.html

Q退職金制度・退職金共済

ハローワークの求人票に退職金制度・退職金共済についての記載がありますが、これらに関してのみいい順に並べると 1.退職金制度あり・退職金共済あり
2.退職金制度あり・退職金共済なし
3.退職金制度なし・退職金共済あり
4.退職金制度なし・退職金共済なし
ですか?

Aベストアンサー

2と3は逆かな
なぜなら 退職金制度は内部積み立て等だから経営悪化の場合は出ないこともあるが、退職金共済は外部への積み立てだから 基本的に支払われる。

Q退職時の給与、退職金の税金処理

すみません、ネットでうまく探せなかったので、
教えていただけると助かります。

今年の12月末付けで、5年勤めていた会社を退職することになる予定です。
その後は、主人の扶養に入ろうと思っています。
(パートなどは一切しない前提です)

1、2012年分は今勤めている会社で年末調整の手続きを
11月上旬頃に行っており、その後退職することを決めたのですが、
退職に変更したことで、新たに再調整などが必要になったり、
個別に確定申告に行く必要があるのでしょうか?

2、退職金は、退職日以降に支払われることが多いと聞いたので、
2013年以降に支払われる前提の場合の税金処理は
以下のどれになるのでしょうか?
(退職金は勤続5年ほどなので、不要から外れる103万は超えないと思ってます。)

・個別に確定申告を2014年にする、
・主人の年末調整の扶養者の欄に退職金の金額を給与所得として書く
・『退職所得の受給に関する申告書』を退職前に会社に提出する

初めてのことで分からないことだらけで、
ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>1、2012年分は今勤めている会社で年末調整の手続きを11月上旬頃に行っており、その後退職することを決めたのですが、退職に変更したことで、新たに再調整などが必要になったり、個別に確定申告に行く必要があるのでしょうか?
いいえ。
必要ありません。
12月に給料が支給されるなら年末調整してもらえます。

>退職金は勤続5年ほどなので、不要から外れる103万は超えないと思ってます。)
103万円は給与収入の場合です。
退職金は違います。
扶養でいられる条件は「所得が38万円以下」で、給与の場合、103万円から給与所得控除(65万円)を引くと「所得が38万円」となり扶養の条件を満たします。
給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

退職金は、控除額が大きい(貴方の場合200万円)です。
なので、退職金から200万円を引いた額が「所得」で、その額が38万円以下なら扶養になれます。

>個別に確定申告を2014年にする、
いいえ。
通常、必要ありません。

>主人の年末調整の扶養者の欄に退職金の金額を給与所得として書く
いいえ。
記入の必要ありません。

>『退職所得の受給に関する申告書』を退職前に会社に提出する
そのとおりです。
それを提出してあれば、退職金の所得税も住民税もかかりません。

>1、2012年分は今勤めている会社で年末調整の手続きを11月上旬頃に行っており、その後退職することを決めたのですが、退職に変更したことで、新たに再調整などが必要になったり、個別に確定申告に行く必要があるのでしょうか?
いいえ。
必要ありません。
12月に給料が支給されるなら年末調整してもらえます。

>退職金は勤続5年ほどなので、不要から外れる103万は超えないと思ってます。)
103万円は給与収入の場合です。
退職金は違います。
扶養でいられる条件は「所得が38万円以下」で、給与の場合、...続きを読む

Q退職金

こんにちは。
退職金について質問です。

2011年2月に派遣社員として入社し
同年4月に契約社員になり、さらに同年7月に契約更新され以後1年ごとに更新され今に至ります。

2011年4月に契約社員として入社し、同年に7月に1年の契約更新をした同僚がいます。
同僚は2012年5月に退職しました。退職金は月給一月分だったといっていました。

わたしは退職を考えてます。時期をどうするか悩んでいます。
来年1月、2月、3月、4月、6月に退職するのでは退職金は変わってきますか。
変わるとしたらどれくらいでしょうか。

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

多くの会社では勤続年数で支給額が決まると思いますから、勤続年数が年を超えるタイミングが最も有利かもしれませんが、1年未満の端数月の扱いは会社の規定次第です。ただ勤続が長いほど多くなる可能性は大ですから、遅い方が少しでも多くなるかもしれません。
具体的には貴社の退職金規程をご覧になることですね。

Q住宅控除できない。退職金税金と通算はできませんか

転職したため収入が下がたっため、医療費控除、住宅借入金控除が全額処理できないず、所得税額は0になりました。
前の会社を退職したとき、税金が源泉徴収されていますが、この税金を還付してもらうことはできないでしょうか。
困っています。
教えていただけませんか。

Aベストアンサー

住宅借入金控除は「各年分の所得税額から控除するものです。」となっていますので退職金に関する所得税からも控除できるようです。

参考:http://okwave.jp/qa4409771.html

また、平成18年12月までに居住開始した住宅の場合、翌年度の住民税からも少しは控除できます。

参考:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1210_qa.htm#q7

Q退職金の額はどうやって計算すればいいのですか

4年勤めた会社を辞める際、もらえる退職金はどれくらいになるのでしょうか。
最低額などの基準の規定はあるのですか?
3年以上勤めれば退職金がでる、ということくらいしか
わかりません。
経営状態もあまりよくないようなので、
もらえる場合、最低額など知っておきたいので
教えてください!!

Aベストアンサー

皆さんがすでに回答なさっている通り、基準は会社によって全く違うのです。ちなみに私は1回目2年間で10万円。2回目2年半でゼロ。3回目4年で100万円。を経験しました。
大学院を卒業して10年間勤めた知人は「12万!」(5年以下は支払いなし)と、言っていました。
経営状態とは関係なく、規則にのっとって支払われると思いますが、早めに確認をされた方が良いと思います。

Q会社都合による退職金の前払い金にかかる税金について

このたび会社より、生命保険会社による適格退職年金契約を解約し、当社独自の後継制度に移行するとのことで、それに伴い解約払戻金が発生するとのことです、その払戻金にかかる税金について質問します。
私は、現在50歳勤続30年、今回の払戻金は概算200万円です、現行制度のまま60歳で定年退職した場合の退職金は1000万円です、この場合は税金はかからないはずですが今回の払戻金は一時所得として総合課税されるとのことです(会社より)その税金はどれくらいでしょうか、また定年退職時には発生しない税金を今回の制度改正による払戻金には課税される、この場合の税金は会社に請求できるんでしょうか。
定年退職時の退職金は今回の払戻金を引いた金額になります
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 税制適格の年金の一時金は、退職時であれば退職所得、退職前であれば一時所得となります。

 計算方法としては、受け取った額から特別控除額の50万円を引いて、所得を半分にしたうえで、給料の所得と合算して計算します。
 給与の額によって税率が違うので、税額は一概には言えません。10%か15%くらいと推測しますけれども。

 その税金負担分を会社に請求できるかと言えば、厳しいです。
 
 一時金の形で受け取る保険金というのは、基本的には一時所得です。ただ、税制適格なので退職金課税になることもありますが、普通は一時所得で課税されます。
 今回は中途での一時金ということで、税制適格がはずれ一時金となったもので、その責任が会社にあるという主張もできなくはないでしょうが、一時所得というのは本来の課税形態なので、それは本来受取人が負担すべき税額です。

 ところで、掛け金というのは誰が負担していたのでしょうか?全額ご自分?会社と折半?全額会社?もしご自分が払い込んだ額を合理的に算定できるのであれば、それを一時所得の費用として控除することもできます。それは、一時金支払の際の生命保険会社からの通知書に載っているのではないでしょうか?

 税制適格の年金の一時金は、退職時であれば退職所得、退職前であれば一時所得となります。

 計算方法としては、受け取った額から特別控除額の50万円を引いて、所得を半分にしたうえで、給料の所得と合算して計算します。
 給与の額によって税率が違うので、税額は一概には言えません。10%か15%くらいと推測しますけれども。

 その税金負担分を会社に請求できるかと言えば、厳しいです。
 
 一時金の形で受け取る保険金というのは、基本的には一時所得です。ただ、税制適格なので退職金課税にな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報