平成13年3月末に「木造3階建(準耐火造り)」一戸建て(二世帯住宅)を新築いたしました。
 新築住宅は,固定資産税の軽減措置がございますが,その年数について教えてください。床面積の要件は,満たしています。

 3階建ての「中高層耐火建築住宅」は5年間,2分の1減額だそうですが,役場の税務課が我が家(準耐火)の検査訪問時に「3年間ですね」とおっしゃられました。
「準耐火」は「中高層耐火」に含まれず,5年間は適用されないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 準耐火構造の3階建ては、120m2までは5年間1/2に減額されることになります。

役場の税務課の固定資産担当者の勘違いかと思いますので、再度確認をされてみてはいかがでしょう。担当者も変わったばかりだと、全てを把握していない場合があります。

参考URL:http://www.city.mitaka.tokyo.jp/living/669.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 有難うございます。固定資産税評価の時に,町役場の税務課から3人がやってきて,こちらは「準耐火住宅」と言っているのに,3人が口を揃えて「準耐火の減額は3年間」と言っていました。
 
 ある市の市役所でも問い合わせたところ,「準耐火も5年間」との回答を得,その旨を伝えたところ町役場の職員もあわて「早急に調べ直します」と言って昨日連絡がありました。結果,やはり5年間減額で「前例がなかったので…」とか「こちらに届いていた書類に準耐火を示す書類がなかった」とか苦しい言い訳でした。

 役所の職員のレベルもこんなもんです。彼らは専門家ではありません。一定の年数の異動によって各部署に配属されるため,すべての分野に精通しているはずもありませんが。また,法律もコロコロ変わるということもありますけれど,もう少ししっかりして欲しいものです。

お礼日時:2002/03/19 09:42

新築住宅の固定資産税は、価格・床面積の要件を満たす場合120平方メートル相当部分まで3年間、3階建て以上の中高層耐火住宅・準耐火住宅は5年間に限り、2分の1に減額される事になっています。



税務課に問い合わせてみたらいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事有難うございます。
中高層耐火住宅の中に,準耐火も含まれると思うのですが町役場だけではなく,県の税務課に問い合わせてみます。

お礼日時:2002/03/18 16:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新築住宅購入に係る不動産取得税について

建築条件付き宅地2,680万円の土地を購入し、住宅を建てる予定なのですが、建物がおよそ2000万円前後を予定しています。ハウスメーカーの営業マンに聞いてみたのですが、不動産取得税はかからないと言われました。不動産取得税は取得した土地・建物に対し、長期優良住宅の場合固定資産課税台帳の価格から1,300円の控除後3%の課税と記憶しているのですが、本当に取得税はかからないのでしょうか?

Aベストアンサー

 まず、不動産取得税は、土地と家屋が別々に課税されます。

 土地については、原則として市町村の固定資産課税台帳に登録されている価格×3%の不動産取得税が課税されます(平成17年4月1日から平成24年3月31日までの間に取得した宅地評価土地については、価格が2分の1になる特例などがあります)。
 ただし、取得した土地の価格(台帳登録価格)が10万円未満の場合には課税されません(免税点)。
 ご質問にある土地については、客観的に見て明らかに免税点を超えますので、所有権移転登記後数ヶ月して不動産取得税の納税通知書が届きます。

 一方、家屋に係る不動産取得税も、不動産の価格(下記※参照)の3%ですが、一戸の床面積が50平方メートル以上240平方メートル以下のものであれば、1200万円(長期優良住宅は1300万円)が不動産の価格から控除される制度があります。

 家屋については、「建築価格」ではなく「国が定めた基準による評価額」が課税標準額となり、この評価額は、一般的にはハウスメーカーと交わした契約書の契約金額よりも低くなりますので、営業マンの経験上、評価額よりも上記控除額が上回るものと見込んだ上での発言と思われます。

 200年住宅の認定を受けている家屋で、評価された価格が1300万円以下であれば、営業マンが説明するとおり、「家屋分の不動産取得税納税通知書は来ない」ということになります。

※不動産の価格は、原則として市町村の固定資産課税台帳に登録されている価格によりますが、新築住宅などで価格が登録されていない場合は、固定資産評価基準により評価した価格(市役所税務担当職員が 「家屋調査」に来て評価した価格)によります。

 まず、不動産取得税は、土地と家屋が別々に課税されます。

 土地については、原則として市町村の固定資産課税台帳に登録されている価格×3%の不動産取得税が課税されます(平成17年4月1日から平成24年3月31日までの間に取得した宅地評価土地については、価格が2分の1になる特例などがあります)。
 ただし、取得した土地の価格(台帳登録価格)が10万円未満の場合には課税されません(免税点)。
 ご質問にある土地については、客観的に見て明らかに免税点を超えますので、所有権移転登記後数ヶ月して不動...続きを読む

Q子供の住宅新築時における支払方法について

子供が一戸建ての家を新築しょうとしています。建築時期は消費税増税後の4月以降になりそうです。
ある程度、親からの補助がないと新築するのは無理な様なので、一定額を親が支払うのも、やむなしと考えています。

そこで、親の権利もある程度確保でき、しかも消費税対策と相続(贈与)の問題も含め、どの様に対応するのが有利かをお教えいただければと思います。

建築する家について、便宜的に、土地代=2000万円、建物代=3000万円と仮定し、
親からの補助額を例えば1000~2000万円程度と仮定します。

その場合、次の方法が考えられると思います。

(1)親から子供に、1000~2000万円を、完全に(生前)贈与する。
(⇒「住宅取得のための相続税」として、非課税になる?)

(2)子供に、1000~2000万円を貸し、定期的に子供から親に返済してもらう。
(⇒「住宅ローン減税」の対象にはならない? また返済の保障が無い?)

(3)子供に一定の金額を渡し、その金額分を親の名義として(分割)登記する。
例えば、わかりやすくする為に、土地代=2000万円は親が出し、土地の名義(登記)は親とする。
(⇒親が死亡時に、相続税の対象となる?)

(4)その他

等々の方法が考えられると思いますが、どの方法がおすすめでしょうか。

尚、親が負担した残りの金額(3000万円)について、子供夫婦は共働きてあるので、夫婦それぞれで、1500万円ずつローンを組むことを考えているようです。(「住宅ローン減税」の対象となる?)

以上、当方が不勉強で申し訳ありませんが、よろしくお教え願います。

子供が一戸建ての家を新築しょうとしています。建築時期は消費税増税後の4月以降になりそうです。
ある程度、親からの補助がないと新築するのは無理な様なので、一定額を親が支払うのも、やむなしと考えています。

そこで、親の権利もある程度確保でき、しかも消費税対策と相続(贈与)の問題も含め、どの様に対応するのが有利かをお教えいただければと思います。

建築する家について、便宜的に、土地代=2000万円、建物代=3000万円と仮定し、
親からの補助額を例えば1000~2000万円程度と仮定します。

その場...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。追加質問があったので追加回答します。

親と子の持分のことでが、分っていたのですが、あえて前回には返答しませんでした。それは、子の兄弟との関係が分らなかったからです。親が土地を所有することは、相続時に親のものですから兄弟は分けてもらえる権利が残るのです。実際に土地を分けることが出来ないので兄弟にそれなりのお金で納得してもらうことになります。すなわち、親が土地を所有することは親の資産が固定されているのです。

次に最も節税になるのは、親が建物を所有して子が土地を所有する方法です。出資比率で完璧にならなくても子の土地所有比率をできるだけ高めておくのです。年数が経つと建物価値ばドンドンと低下して20年後はほとんどゼロになります。もはや相続税の対象にはならないのです。この方法は親の資産が無くなるので、兄弟の納得が必要です。うまくやらなければ、将来の家族間不和に繋がるので返答しなかったのです。

相続税節税の要否は親の総資産額とも関係するし、親が兄弟間に差をつけるのかも判断の別れ目です。

Q固定資産税発生のタイミングについて教えてください。 現在戸建新築中です。 土地+住宅共に銀行ローン

固定資産税発生のタイミングについて教えてください。

現在戸建新築中です。
土地+住宅共に銀行ローン。
現在繋ぎ融資契約済み。
完成予定日2017年1月末頃。
引き渡し予定日2017年2月。

2017年1月1日時点は完成できない状況です。

契約時の諸費用には
いくらかの固定資産税が含まれていました。

お聞きしたい事は、
先日国土交通省土地鑑定委員会事務局から
アンケート依頼が送られてきました。

そこには「登記原因日」が9月30日と書かれており、2017年2月に新居に引っ越しても2016年分から固定資産税がかかるのでしょうか?

インターネットで固定資産税を自分なりに調べてはみたのですが
1月1日時点で建物が完成していない場合は翌年から発生…とたくさんのサイトで書いていました。

登記原因日とは何でしょうか?

Aベストアンサー

建物はまだでも、土地の所有権はありますよね。
おそらく「9月30日」は土地の権利が質問者様に移転した日だと思います。
ということで、2017年1月1日現在で土地をお持ちなので、土地の分の固定資産税は課税されるかと。
建物はまだ建ってないですから、建物分は2018年分からですね。

で、これまでの諸費用に固定資産税が含まれていたというのは、日割り計算されて請求されたものと思われます。
要するに年の途中で所有権を譲ったため、その期間に応じた固定資産税相当額を負担してください、ってことです。
これは法律で決まっていることではなく、慣例ですので義務ではありません。

Q住宅用相続時精算課税制度を利用して贈与を受けた場合の住宅ローン控除金額について

住宅ローン控除と住宅用生前贈与(相続時清算課税)が重なった場合。
昨年中古住宅を購入したのですが、借入残額と贈与額の合計が取得代金(売買契約代金)を超過しています。
この場合、
(1)住宅ローン控除の控除金額に制約がでるのでしょうか(源泉徴収額の影響を除きます)?
(2)取得の対価に仲介手数料登記費用を加えることは可能でしょうか?
(3)贈与の目的を住宅のみ→一般に変更すれば対応可能でしょうか?どちらの清算課税を適用できる条件を満たしています。

Aベストアンサー

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/06/21.htm
住宅取得等資金の贈与に係る相続時精算課税の特例を受けた場合の住宅借入金等特別控除の対象となる住宅借入金等の範囲

(1) 制約があります。
(2) 仲介手数料・登記費用などの付随費用は含みません。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/shotoku/sochiho/801226/sinkoku/57/41/01.htm#a-24
租税特別措置法に関する所得税の取扱いについて41-24以下を参考にしてください。
(3) 変更すれば相続時精算課税についての資金使途は不問になるので全額対象となります。

以上参考としてください。

Q準確定申告

被相続人が死亡した場合、死亡後4ヶ月以内に準確定申告をしなければなりませんが、この時の準確定申告の付表の記載方法について教えてください。
現在、遺産分割協議は進んでおらず話し合い中です
ので、この付表の「相続分」の欄には何も書きようがありません。また、この欄は説明を読んでみると「法定」と「指定」の2つしか想定してないようですので、遺産分割協議で分割が決定したような場合にも書きようがありません。
もうそろそろ申告期限ですのがいまだ未分割のままです。準確定申告による納税額もかなり出ます。どのように記載すれば良いのでしょうか?表現方法を教えてください。
また、参考までに分割協議が決定している場合にはどのように記載すべきなのでしょうか?もちろん、法定相続分以外の割合で分割協議が決定したケースです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと今手元にこの付表がないのですが、基本的にこの付表の目的は
還付金がある場合の、相続人と法定相続分、放棄をしたか否か、
を見るためのものであり、そんなに気を使わなくても大丈夫です。
(他にも目的はありますが)

還付金がある場合でも、全員署名により一人の方の口座へ還付してもらう
ことは可能ですし(別紙依頼書作成)、納付がある場合には相続人全員が
署名押印しておけば、相続分などの記入できない部分は無視して構いません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報