教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

 音響関係や、電話の伝送ラインは殆どが600Ωで伝送しています。
 なぜ10kオームや200Ωでなくて600Ωが多いのでしょうか?
 参考になるURLでも結構です。
 どなたか教えて頂けませんか?

A 回答 (3件)

音響関係の600Ωは、電話線の600Ωを受け継いでいるようです。


http://ottotto.com/sound/09/imp.htm
では、なぜ電話線が600Ωかと言えば、電話線の太さが0.65mmで1kHz(音声周波数帯域)の時の特性インピーダンスが600Ωだからだそうです。
http://miyasan.serio.jp/series2/noise061.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 良いサイトを教えて頂きありがとうございました。
 特に宮崎技術研究所のサイトは、気になっていた反射の事も書かれていたので、大変役に立ちそうです。
 後輩の指導の参考にさせて頂きます。
 以下は別質問にする方が良いでしょうか?
 出力インピーダンスの事ですが、アンプには多量の負帰還が掛けてあるので、例えば600Ωの伝送系で送り手側の出力インピーダンスが600Ωと云う事はあり得ないと思うのですが?
 宜しければご教授願いますか?
 

お礼日時:2006/10/30 20:30

No.1に付いて


今では出力段はプッシュプルですからインピーダンスは低い
(安全の為に50Ω程度にしてあります)ですが、
昔はバランストランスを使っていましたから出力インピーダンスも600Ωでした。

この回答への補足

 例えばパワーアンプの出力に8Ω:100Ωのトランスをつけるとします。
 通常パワーアンプの出力インピーダンスは、小数点以下何桁かの小さい出力インピーダンスですよねぇ。
 このときトランスを介したパワーアンプの出力インピーダンスは100Ωなんでしょうか?
 又、安全のために50Ω程度にしてあるという事は、出力段からシリーズに50Ωの抵抗を介して出力されているという事でしょうか?

補足日時:2006/10/31 21:05
    • good
    • 3

では、どうして600Ωにしたのかですが


信号を送る側からはインピーダンスが高い方が電流を多く流さなくてすむので良いのですが
逆にインピーダンスが高いと途中でノイズを拾いやすくなります。
ですから、送り側にあまり負荷とならずにできるだけ低いインピーダンスとして決定されています。
音響関係のLINEレベルでは短い伝送なのでインピーダンス10KΩが普通です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
 音響関係のLINEレベルのインピーダンスは殆どが600Ωです。
 但し、業務用機器ですが。
 確かに、近距離と云うより、ステレオというか、一カ所に集中して設置する事を想定された機器のインピーダンスは殊更600Ωにはしていないですね。
 余程の事がない限り、ノイズ等の影響も受けないですし。

お礼日時:2006/10/30 20:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング