諸事情により、法廷調書(合計表)がまだ提出できていません。
何かペナルティーなどあるのでしょうか?
来週中には提出しようとは思っていますが・・。

A 回答 (1件)

法定調書合計表を提出しない場合、罰則規定はあるそうですが、未提出の法人もあるそうです。

罰則規定を適用された例がないようです。

http://q.hatena.ne.jp/1165372685
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
そうだったのですね。
あせらず取り掛かろうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/02 11:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法定責任

以前から法定責任とか法定責任説(受領遅滞、担保責任)という言葉
に、しっくりこないものがありました。
といいますのは、これと対比される債務不履行責任自体が法定責任(本
当?)だと思えるからです。
正しくは、「債務不履行責任とは別個の法定責任」というのを、省略し
て「法定責任」と呼んでいるのでしょうか?

Aベストアンサー

>1.債務不履行責任は通常、契約責任とも言われますが、この契約責任とはどのような意味なのでしょうか?

契約は守られるべきであって、その契約を守らなかったことに対する責任ということでしょう。

>2.この契約責任が法定責任では矛盾するのでしょうか?

契約は守られるべきという考え方が、法律の定めたものであるという点では、法定責任であるともいえるでしょう。メタという言葉が適切かどうかは別にして、法律(ないしその理念)にその根源があるという意味では、多くは法定責任でしょう、前の回答で述べたように。

>3.この契約責任というのは、約定(法定の対語としての意味)責任を意味しているのでしょうか?

例えば瑕疵担保について言えば、法定責任説と契約責任説という分類をするときに、この瑕疵担保責任が債務不履行とは別に法律が定めた責任と位置づけるか、 債務不履行責任の一環(瑕疵担保の規定はその特則)として考えるかという違いですよね。

この両説の違いはいくつかあるのでしょうが、命名に関して言えば、私がよく参考にする教科書では、「債務不履行責任が発生しない場合に、法律が特に定めた責任という意味で、法定責任説と呼ばれる」と説明しています。

どうも、契約と法定を対語というほどには考えていないで、契約じゃないから法定とでもしておくか(少し言い過ぎかな)位のものかもしれませんね。

>1.債務不履行責任は通常、契約責任とも言われますが、この契約責任とはどのような意味なのでしょうか?

契約は守られるべきであって、その契約を守らなかったことに対する責任ということでしょう。

>2.この契約責任が法定責任では矛盾するのでしょうか?

契約は守られるべきという考え方が、法律の定めたものであるという点では、法定責任であるともいえるでしょう。メタという言葉が適切かどうかは別にして、法律(ないしその理念)にその根源があるという意味では、多くは法定責任でしょう、前...続きを読む

Q法定調書合計表に支払調書提出対象外のものは記入するのですか?

お世話になります。
混乱してるので教えて下さい。
タイトルの通りですが法定調書合計表に支払調書提出対象外のものは人数・支払金額共に記入はするのでしょうか?
例えば不動産使用料の法人に支払分(家賃)700000円、あっせん手数料の法人に支払分(仲介手数料)60000円などです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

不動産使用料、不動産のあっせん手数料とも、
A.使用料(あっせん手数料)の総額
B.Aのうち、支払調書を提出するもの

という区分がありますから、
A欄には総額を、
B欄にはそのうち支払調書提出範囲のものの額を

記入します。

Q法定追認のひとつ、強制執行について(未成年者の法律行為の追認)

法定追認の要件のひとつ、強制執行について教えてください。

(1)未成年者の法律行為の追認者は、法定代理人または成人した元未成年者です。成人した元未成年者の場合ではなく、法定代理人が強制執行によって法定追認される場合というのは具体的にどういう場合でしょうか?

なお、コンメンタールなどを見ると、法定追認とされるためには債権者として執行することを必要とし、債務者として強制執行を受けることは判例により法定追認には当てはまらないと書いてありました。
また反対に、債務者として強制執行を受けるのも、その前段で訴訟等で債務名義を取得したのだから債務者として強制執行を受けた場合も法定追認とされるという学説もあるようです。

Aベストアンサー

こんにちは

判例では、「強制執行」(125(6))は、強制執行を「受ける」場合を含みません。

ですから、法定代理人が強制執行によって法定追認される場合というのは、法定代理人が強制執行を「行った」場合をいいます。

たとえば、未成年者が売主となった売買契約があった場合、その法定代理人が(未成年者を代理して)代金債権を強制執行によって回収したときは、法定追認となるということです。

このとき、買主側からの強制執行を、元未成年者が受けようが、法定代理人が受けようが、法定追認にはなりません(学説は別でしょうけど)。

Q大至急!給与支払報告書総括表・法定調書合計表の提出先

はじめての年末調整・法定調書作成がやっと終りそうです。
ところが、今疑問に思ってしまいました。

各市区町村ごとで給与支払報告書総括表を作成しました。
法定調書合計表も作成しました。

法定調書合計表は所轄の税務署ですよね。
給与支払報告書と総括表はその市区町村へ提出ですか?

作成したのをどこにどのように提出すればよいのでしょうか

明日期限ですよね
すみません!教えてください。

Aベストアンサー

法定調書合計表は、会社の所轄税務署へ提出する事となりますが、給与支払報告書は、基本的には会社の住所地は関係なく、それぞれの従業員の住所地へ提出すべき事となりますし、総括表も、それぞれの市町村ごとに作成すべき事となります。
提出自体は郵送でも可能ですし、到着が遅れたとしても、特に問題はありません。

Q法定2年点検と車検

法定2年点検と車検とはどう違うのでしょうか?

ユーザー車検を行い、自分で陸運局に行き、車検に通せば、法定2年点検はしなくても済んでしまうのでしょうか?(法定2年点検も法定ですからしなくてはだめだということは分かります。ユーザー車検を選んだ場合は法定2年点検はどのように自分で実施すればよいのでしょうか?また実施したという証はどうすのでしょうか?)

どうも、車検と法定2年点検の関係があまりよく分りません。
車検=法定2年点検ということでもないような感じもするのですが・・・?

Aベストアンサー

>法定2年点検と車検とはどう違うのでしょうか?

点検は、異常個所が無いか調べる事。異常があれば、修理します。
検査は、公の機関で「保安基準に合っているか否かを調べる」事です。

>ユーザー車検を行い、自分で陸運局に行き、車検に通せば、法定2年点検はしなくても済んでしまうのでしょうか?

現実的には、24ヶ月点検記録簿を車検場に提出する義務はありません。
が、確実に車検に通す為に「事前に、24ヶ月点検」を行っている方が多いですね。

>ユーザー車検を選んだ場合は法定2年点検はどのように自分で実施すればよいのでしょうか?

HPから、12ヶ月24ヶ月点検整備記録用紙をダウンロード。
この点検整備記録にある点検項目を検査するだけです。
記載方法も、点検整備記録に載っています。

>また実施したという証はどうすのでしょうか?)

点検整備記録用紙に、署名・押印する事で「実施した!」という事になります。
当然、点検整備を行なっていないのに「行なった!と署名・押印」すれば罪に問われます。
(多くの場合、国勢調査と同じで実質罪に問われる事は無いです)

>車検=法定2年点検ということでもないような感じもするのですが・・・?

まったく、別物です。
車検は、強制力がある。車検を受けていない自動車は、公道を走れない。
法定点検は、強制力が無い。法定点検をしていなくても、公道を走る事が出来る。

格安車検業者の場合は、24ヶ月点検をしないで車検を受けます。
ですから、フロントガラス左側には丸いステッカー(法定点検済証)はありません。
このステッカーが無くても、公道を走る事が出来ますよ。

>法定2年点検と車検とはどう違うのでしょうか?

点検は、異常個所が無いか調べる事。異常があれば、修理します。
検査は、公の機関で「保安基準に合っているか否かを調べる」事です。

>ユーザー車検を行い、自分で陸運局に行き、車検に通せば、法定2年点検はしなくても済んでしまうのでしょうか?

現実的には、24ヶ月点検記録簿を車検場に提出する義務はありません。
が、確実に車検に通す為に「事前に、24ヶ月点検」を行っている方が多いですね。

>ユーザー車検を選んだ場合は法定2年点検はどのように...続きを読む

Q提出した法定調書合計表と・・・

年末調整の時にすでに提出した法定調書合計表と、今日出来上がった決算書の給料賃金が違うのですが・・
。法定調書に専従者給料も含まれてて、確定申告ソフトで作った決算書には『各種引当金・準備金等の繰入額等』に専従者給料が載ってるので。
この場合どうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>金額は、2万2500円程違いますが・・・。

税務調査等の際に指摘されても、単純なる計算間違いである旨を示せれば、そこまで問題ない金額とは思いますが、もし気になるのであれば出された方が良いかと思います。

>自分のずさんさが本当に嫌になります・・(泣)。

いえいえ、誰でも間違いはありますよ、これを次に生かせば良いと思います。

>法定調書合計表は国税庁ホームページからとりだせますか?

残念ながら、法定調書合計表はHPにはないんですよね~。
下記サイトの一番下を見て頂ければわかりますが、税務署でもらってくるしかないと思います。
(確定申告書提出の際にもらってきて、合計表については後で郵送で提出されても良いと思います。)

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/yousiki/soukatu/annai/23100051.htm

Q「法定休日」「法定外休日」の意味などを定めた厚生労働省の通達

通常、労働基準法第35条に定める休日を法定休日と言い、それ以外の休日を法定外休日と言うと思います。これは、恐らく厚生労働省が通達においてそのような名称を用いていることによるのではないかと思いますが、このようなこと(「法定休日」「法定外休日」の意味など)について述べた厚生労働省の通達は何でしょうか。

Aベストアンサー

そうですかね? 
私は、「法定休日」と言うのはpiyo_1986さんも言うように法律(労働基準法第35条)で定められているから「法定休日」と言うので、通達等で特別に「法定休日」とか「法定外休日」とかを定義しているとは思いません。

「法定休日」と「法定外休日」の大きな違いは、休日労働の場合の割増賃金の割増率が違うところにあります。具体的には「法定休日」(週1回の休日若しくは4週4回の変形制休日)に休まずに労働した場合の割増率は1.35倍ですが、「法定外休日」の場合は“法律で定められた休日ではない”ので週の労働時間が法定労働時間を超えた場合の割増率の1.25倍になります。

言い換えれば、法定と言う場合には「明確に法律で規定」され、それ以外は法定外として「法律の規定の外(そと)に置いて明確に峻別」する法律的技法上の定義ではないかと思うのですが如何でしょうか。

Q法定調書合計表の提出義務

個人で事業を行っていますが、会計事務所の方に個人事業者は法定調書合計表は出さなくていいですといわれましたが本当でしょうか?

Aベストアンサー

何かの間違いと思います。

個人事業主であっても、税務署からの年末調整関係の用紙には法定調書合計表の用紙も入ってきますし、提出しなければなりません。
その個人事業主が、給料も報酬等も何も支払いがないのであれば、提出しなくても良いとは思いますが。

ひょっとしたら、「不動産の使用料等の支払調書」については、個人の場合は不動産業者以外は提出する必要がないので、それと勘違いされている訳でもないですよね。

Q関西では法定点検受ける人が少ない?

お伺いします。

法定1年点検、2年点検というのがあると思います。
法定というので、法律に定めがあるのだと思います。

法定2年点検は車検時に行われる点検で、以前は2年点検を受けていないと車検を受けられませんでした。現在では車検後に2年点検を行うということでも大丈夫なようです。

ただ1年点検、2年点検とも受けないことによる罰則規定がないとのことです。

最近関西(大阪)の方と縁ができて、車検、法定点検の話になりました。

1.関西(大阪)では法定1年点検、2年点検をまともに受ける人はあまりいない。
2.関西(大阪)ではディーラーもお客さんに法定点検を受けるようにすすめることはしていない。

とのことでした。

関西(大阪)では法定点検というのをまじめに受ける、すすめる、ということはあまりないのでしょうか?

Aベストアンサー

はがきはきますね。
ただ、法定点検は毎日というか運行の時に行う必要があるので、
改まって、今日は法定点検ってチェックシート片手に行わないだけでしょう。
ま、守らなくても、お咎めもないし、乗ることができなくなるわけでもありません。
自分で車検を受けに行こうなどという人は、必ずやってる(2年間分まとめて)というのが現状では。
逆に、関西以外の人って真面目に受けているっていうのは初耳です。本当ですか?
(この回答が削除されるかでスタッフの出身がわかるかもしれませんね。楽しみです。)

Q源泉徴収票等の法定調書合計表の書き方がわかりません

お世話になります。
職場で経理事務をしております(建設業です。私自身は経理はこの職場に入って、初めて経験しております)
このたび、他の事務の方から法定調書合計表(それと小さい支払い調書の紙束)なるものをいきなり手引きとともに渡され、書くようにいわれました。(手引きをみて書いてくださいという感じで)具体的には大きく6項目ある表のうち項目3以降を書くように言われたのですが(1と2は渡した方のほうでどうやらわかるらしいので、、、それ以外はわからないから私に回ってきたようです。私が入社する前に退職された前任者がやっていたことかもしれませんが)、初めて見る書類で面食らっております(いきなりポンと机におかれても、、、って感じです)。国税庁の手引きも少し見てみたのですがいまいちまだよくわかっていないのが現状です。周りの方にも聞いていこうと思いますが、こちらでも、噛み砕いてわかりやすく書き方や記入例等を説明しているサイト等やアドバイスあれば教えていただけないでしょうか?
つたない文章ですがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは

参考URLの手引きをご覧になったということでしょうか?

これ以上噛み砕いてというとムズカシイです。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/pamph/houtei/h18/00.pdf


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報