大学病院で早期の乳癌と診断された40代前半の者です。しこりの大きさは、2cm弱でリンパへの転移もないそうですが、人気のある病院なので入院待ちの人が多く、あと1ヶ月は手術を受けられません。乳癌は進行がゆっくりなので数週間で突然大きくなったりはしないそうですが、まだ若いので転移などを心配しています。この1ヶ月の間、なるべく気をつけて生活していこうと思うのですが、乳癌(癌一般でもいいです)の進行、転移を抑える食べ物、生活について、テレビなどでご覧になった方、ご自分の体験からご存知の方、いろいろアドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

がんと言うのは現在三人に一人の時代になり、もはや一般的な病気と言ってもよいと思います。

以前から、がんにはACEと言われるようにビタミンA・C・Eの大量投与をすると効果があると言う事がわかってました。しかし、最近になってさらにすばらしい事がわかってきました。WHO(世界保健機関)の世界調査で大豆タンパクの中のイソフラボンが、がん細胞の増殖を押さえると言う事が、明らかになったのです。がん細胞は細胞自身が血管を張り巡らせ、他の細胞から栄養分を吸収し増殖しますがそこに関わりを持つのが、エストロゲンと言う女性ホルモンです。そのエストロゲンとがん細胞の結びつきを阻止するのが、イソフラボンなのです。簡単に説明しましたが、しっかり大豆食品を摂取してください、今の状況では質の良い大豆プロテインを補助食として摂取する事をお勧めします。元々日本人のがん患者は少なかったのです、ところが増加してきたのは洋食に傾き、その結果、大豆食品の摂取が減ってきたからです、世界各国で大豆食が見直されています、肉などの動物性タンパクは身長や体重などの体格に寄与します、一方大豆に代表される、植物性タンパクは持久力、耐久力、免疫力などに寄与します。私は大豆業者ではありません。しかし大豆タンパクの、すばらしさはよく理解しています。最後に、老婆心ながらおせっかいを言わせて頂くと、今がんになって、大変苦しみ、悩んでらっしゃると思います、しかしがんは、移る病気ではありません、ご自身が自分で作られた病気です。ですから、治すことも大切です、しかし治すだけでは再発する可能性もあります、これを良い機会に、なぜ御自分ががんになられたかの、原因追求をなさってみてください。とりあえず1ヶ月の間、大豆プロテイン(三基商事、のはすばらしいと聞いた事があります)とビタミンCをしっかり摂取してみては如何でしょうか。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

心のこもったアドバイスをありがとうございます。No.1の方の健康食品と合わせて、日常の食事でなるべくビタミンと大豆製品を摂るようにし、サプリメントも必要に応じて摂っています。確かに、がんは自分が作った病気という気がしています。急に気弱になった時期に思いがけず発病しましたから。これからは、病院での治療とともに日常の精神面と栄養面も気をつけていこうと思います。

お礼日時:2002/06/16 18:48

医学的に効果が証明されたものはないと思います。

健康食品などのすべてに効果がないと言い切るわけではありませんが、身体に取り込む場合は慎重になさるべきだと思いますよ。
    • good
    • 0

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

いろいろとご不安だと思います。



私も父をガンで亡くしました。
原因は胃ガンから肺へ転移していました。

そのとき、色々と調べてみた事があります。
健康食品の部類に入るのですが、
タヒボ茶、キレート水、アガリスク、プロポリス、核酸等です。
それぞれに効果があったという話は聞きました。
私は、その中でもタヒボ茶が良いのではないかと思います。
上に挙げたものの中で、唯一タヒボ茶だけがアメリカですが、
ガン治療に効果があると特許を取っています。
私の父も、発見が遅く末期ガンでしたが
タヒボ茶、アガリスク、キレート水、プロポリス
を飲ませていました。
その結果、医者も驚くくらいに”痛み”を感じなかったみたいです。
それでも父の場合は、やはり全てが遅かった様でした。
これは、あくまでアドバイスとして受け取ってください。
もし、どんな事でも可能性を追求したいとお思いならば、
タヒボ茶を始め、各健康食品をネットで調べてみてください。
サーチエンジンで検索できます。
最後に、健康食品には身体への適正に個人差がある様です。
ですから、どれがご自身の身体に合うものかは試してみないと分かりません。
それでも、抗ガン剤の副作用の緩和、ガンの進行阻止等の効果はあると思います。
くれぐれも、希望を捨てずにがんばってください。
生きようとする気持ちを捨てない事が最も大事な事だと思います。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ありがとうございます。お礼が遅くなって申し訳有りません。さっそく、タヒボ茶とアガリクスを買って飲んでいます。タヒボ茶は薬臭くいかにも効きそうな味。アガリクスは干し椎茸の戻し汁のような味で、どちらも結構美味しく飲めますので、続けられそうです。私はかなりpositiveというよりoptimisticなので希望はたくさん持っています。これが何よりの薬かもしれませんね。

お礼日時:2002/06/16 18:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q早期の乳がんでステージ4ってありえますか?

先日母が乳がん健診でステージ4と診断され、
詳しく検査した結果「早期の乳がん」と
お医者さんからいわれたそうです。
最初に母から聞いたのがステージ4と聞いていたので
驚いて私がネットでいろいろしらべたら、
ステージ4は早期ではないことをしりました。

1.お医者さんの告知でステージ4の患者を
「早期の乳がん」と告知することはありますか?

それとも母が健診の結果を間違えてるのでしょうか。
私は会社勤めではないので、
検診の結果がどうやって記されているのか
わかりません。

2.会社での乳がん健診の結果は
 ステージでしるされているのでしょうか?

こちらの質問事項をみていたらカテゴリーという言葉も
出てきていましたが、

3.カテゴリーとはなんですか?
 
以上、答えて頂けたら本当に嬉しい限りです。
みなさん、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

早期の癌は1期から2期までのものを言いますので、4期は進行癌という事になります。したがって、早期がんで4期というのはありえません。健康診断くらいで進行具合まではわかりません。癌と聞いて気が動転し、お母様が勘違いしたのではないかと思います。
 今は正しい病期を伝えるはずですが、病院によっては気を使って、本人には正しく言わないところがあるのかも知れません。ご家族が付き添って、今の主治医に確認するのがいいと思います。
 カテゴリーというのは1から5まであって、1は、ほぼ良性であろう腫瘍、2から5になるまで段階的に悪性の可能性が増し、5はほぼ100パーセント悪性という分類です。
 どうぞお大事に。

Q乳癌で、手術をするか否かについての選択。 2016年春に、乳癌ステージⅣ 肝臓転移とリンパ節転移あり

乳癌で、手術をするか否かについての選択。

2016年春に、乳癌ステージⅣ 肝臓転移とリンパ節転移ありの診断を受けました。her2陽性、ホルモン陰性です。

1年間の抗がん剤と分子標的薬投与の結果、petCT上、肝転移とリンパ節の転移が消失しました。現在、原発巣である乳癌のみ残存しています。(1.8センチ程度)

担当医より、原発巣である乳癌を取るか否かについての説明がありました。
ステージⅣであったため、原発巣をとることが完治したわけではないとのことです。しかし、再度再燃した時に、花咲き乳癌や乳癌からの出血などのリスクを考えると、今取っておくのも悪くはないそうです。そして、摘出するのであればサイズが小さい今が取りどきでもあると話がありました。また、リンパ節カクセイすることで腕のむくみが改善できるかもしれないともいわれました。(片腕が現在かなり浮腫んでいます。)


主治医からも、何が正しい選択なのかははっきりと言えないとのことを言われます。
他、原発乳癌を摘出することでのメリット、デメリットはあるでしょうか?
決めきれずに悩んでおります。

以上は母の話になります。ご意見ありましたら何なりとお願いいたします。

乳癌で、手術をするか否かについての選択。

2016年春に、乳癌ステージⅣ 肝臓転移とリンパ節転移ありの診断を受けました。her2陽性、ホルモン陰性です。

1年間の抗がん剤と分子標的薬投与の結果、petCT上、肝転移とリンパ節の転移が消失しました。現在、原発巣である乳癌のみ残存しています。(1.8センチ程度)

担当医より、原発巣である乳癌を取るか否かについての説明がありました。
ステージⅣであったため、原発巣をとることが完治したわけではないとのことです。しかし、再度再燃した時に、花咲き乳癌や乳癌...続きを読む

Aベストアンサー

年齢が若いので
他の場所へ転移したら
手術ができなくなります
また
結果的にも手術をしなかった方が良かったとは
なりません
したがって
言い方は悪いですが
チャンスに掛けます
早い機会に手術に踏み切るのが
正解と思われます

Q乳がんで、ステージ4。 何でもいいので情報ください

45歳、乳がんで、見つかった時にはもうリンパと肝臓に転移していて、ステージ4と言われました。

転移があるため手術はできない。
そのため、根治はなくて、治療の目的は延命だといわれました。
ここ数か月のいきなりの出来事でパニックです。



去年の乳腺専門病院での乳がん検診では異常なしと言われたのですが、
1年でステージ4まで行くものなのでしょうか?



免疫療法や温熱療法など、いろいろなものがあるようで、詳しいことが知りたいです。

治療された方、詳しいことを知って見える方、その他どんな情報でもいいので教えてください。
よろしくお願いします。



抗がん剤の治療は今月から始めたばかりで、
今は、エンドキサンとファルモルビシンを投与しています。

Aベストアンサー

4月に乳がんの告知を受け、5月に全摘出手術、現在ホルモン治療中です。
質問者さまのさぞお辛い気持ち、本当によくわかります。私も最近になってようやく、普通の精神状態になりましたが、しこりを見つけた3月から治療が始まる7月くらいまでは、何を見ても悲しく、テレビもを見ることも本も読むこともできずに泣いてばかりで、精神科にも通いました。

同じ病気にかかり、転移再発したという人にも出会い、ネットのブログでもよく見かけますが、私は転移再発しても、乳がんは10年以上延命できる時代になっているように感じています。
ですので、再発の不安と恐怖に悩まされながも、「うまく治療すれば大丈夫・・・」なんて、考え方を変えるようにしています。先生も「乳がんにはいい薬がたくさんある」とおっしゃっていました。

>去年の乳腺専門病院での乳がん検診では異常なしと言われたのですが、
1年でステージ4まで行くものなのでしょうか?

トリプルネガティブとか、特殊な悪性度の強いがんなのでしょうか?
専門家なのでわかりませんが、私も2年に一度、マンモの検診を受けていましたが、結局自分で見つけるまでわかりませんでした。(ステージは違いますが・・・)
最後までマンモグラフィーに私のがんは写らず、結果的には
「検診=無効=自分にとってかえってマイナスだった」(ただの被ばくにすぎなかった)ことになりました。
ピンクリボン運動とか、「乳がんは早期発見が大事です。検診を受けましょう。」とかきくと、腹立ちさえ感じます。
啓蒙の言葉を変えない限り、私はそのような運動にはこれからも参加しないつもりです。
検診を受けたために結果が不正確で発見が遅れた人を無視していますよね・・・。少数派だから・・・というのは悲しい考え方です。

治療は、検診を受けた病院ではないと推測していますが、経済的に可能なら、他病院でのセカンドオピニオンを受けることをお勧めします。
私は手術後の病理診断結果に不安をいだき、セカンドオピニオンを求めたところ、大きく診断結果が変わり、それによって治療方法まで変わってしまいました。
命にかかわることですし、遠慮せずにセカンドオピニオンを求めた方がいいと思います。
世間で言われる症例数の多い有名な病院、イコール絶対ではない、という教訓も得ました。

また、心配や不安、疑問は、無料のネット相談を利用しました。
例えば「神奈川乳がん相談室」や「ティームオンコロジ―」などの掲示板などです。ここでは専門的なことが質問できます。
ちょっとした乳がん以外の相談なら「アスクドクターズ」(月ごとに安価だったと思います)などでも相談できます。他にもいろいろ出てくると思いますから、情報化社会を存分に利用していただきたいです。

抗がん剤の副作用など、これから辛い治療が続くと思いますが、乳がんは治療法も豊富で、長く生き延びることのできるがんですから、あきらめない、粘り強い精神力と、自分にとって最善の治療方法を見つけることが大切だと思います。
精神的に辛い時は、精神腫瘍科なども利用すると心が楽になると思います。

どうかあきらめずに、前向きな気持ちでがんばっていきましょう。
私たちの死亡率は、がんでない人も等しく、100%ですからね。

4月に乳がんの告知を受け、5月に全摘出手術、現在ホルモン治療中です。
質問者さまのさぞお辛い気持ち、本当によくわかります。私も最近になってようやく、普通の精神状態になりましたが、しこりを見つけた3月から治療が始まる7月くらいまでは、何を見ても悲しく、テレビもを見ることも本も読むこともできずに泣いてばかりで、精神科にも通いました。

同じ病気にかかり、転移再発したという人にも出会い、ネットのブログでもよく見かけますが、私は転移再発しても、乳がんは10年以上延命できる時代になって...続きを読む

Q乳癌のリンパ転移について

友人なのですが、20代前半でしこり、血のような液が出てくる症状から診察してもらったところ乳癌でした。聞くところによるとペットという検査と骨に転移がないかなどの検査をして転移は無かったとの結果でした。がその後、リンパに二つ転移がある事が発覚しました…。乳房をなるべく残すために抗がん剤治療をして今やっと手術を受ける段階に辿りつきました。抗がん剤がきいているのか、リンパの癌はエコーでは相当小さくなっているらしいのです。皆、リンパに転移があれば危ない危ないと言います。でも私は知識なくそこあたりが本当に危険なのかわかりません。リンパ転移があれば危険なのでしょうか?ペットでも大丈夫、上半身も大丈夫だと言われてるのであればとりあえずはリンパ転移はそこでとどまっていると思って良いのでしょうか?知識がなさすぎて不安です。

Aベストアンサー

リンパに転移は危険ではありません、リンパ節に癌細胞をとどめて免疫力のNK細胞で癌細胞を処理するところなのです、手術でリンパ節を取られると、後々の後遺症が大変ですよ、体温を上げて免疫力を強くしてください、抗癌剤は毒なので身体はだいぶ弱っているはずなので注意してください、手術はしなくても癌細胞は消えます、癌細胞はあまり刺激しないでほっといたほうがいいという人もいます
体温を36.5度から37度を保つようにしてください、癌細胞は消えます。

Q乳がんステージ4,肺に多発性転移があります。トリプルネガティブでした。半年前から、アバスチン、パクリ

乳がんステージ4,肺に多発性転移があります。トリプルネガティブでした。半年前から、アバスチン、パクリタクセルの抗がん剤治療をしていますが、足の痺れの副作用がひどいと医師に言うと、50%減量して治療しましょう、と言われ、2ヶ月になりました。副作用で抜けた髪の毛がまた生えてきました。50%減量して、効果があるのでしょうか?

Aベストアンサー

トリプルネガティブ乳がん患者会「ふくろうの会」 tnbc.fukurounokai@gmail.com
こちらに入会されるのもよろしいかと思います。

Q早期胃癌 リンパ節転移の有無を問わないのは何故ですか?

勉強中の看護学生です。

テキストに、
早期胃癌は癌湿潤が粘膜内または粘膜下層までに限局するもので、癌の大きさやリンパ節転移の有無は問わない。

とありました。
拙い私の知識では、リンパ節転移の有無や癌の大きさは、遠隔転移のリスクが上がり危険性は増すと感じています。

それなのに、早期胃癌?となんだか引っかかったので、早期胃癌にリンパ節転移の有無を問わない明確な理由などがあったら教えて頂きたいです。

よろしくお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

早期胃がんのリンパ節転移が有っても早期胃癌という理由

初期の胃がんは転移しにくいと言われていますが、
言われるように
粘膜下層までに限局したものを
早期胃がんといい、それであってもリンパ節に転移がみられることがあるそうです。

普通のリンパ節は小豆の粒くらいの大きさですが、
転移していると少し大きくなって丸く腫れてしまいますから、
すぐに見つけることができます。

その場合、胃の近くのリンパ節に転移していることがほとんどで、
胃の病巣と一緒に手術で取り除くことができ、完治する可能性が高いものです。

従って粘膜下層までが条件でリンパ節に転移があっても取ってしまえば
無いと同じという医学的分類の表現です

QVERY(雑誌)に載っていた乳がん治療法について

だいぶ前(おそらく2005年12月号)のVERYという雑誌の中で、乳がんの治療についての記事がありました。
たしか、アルファベット4文字くらいの治療法で聞いたことのないものだったのですが、雑誌を捨ててしまい、思い出せません。
ネットで調べても詳細が出ないので、どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、その治療法名と病院名など教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

回答ではありませんが、おそらく2005年12月号)のVERYと
解っているのでしたら、公共の図書館でお探しになると、
手にはいると思います。
その図書館になくてもネットワークで入手できると思います。

但し、がんの治療は日進月歩です。2005年に一般雑誌に
書かれていた治療が今も最善とは思えません。
また、病期や治療される方の様々な背景がありますから、
考えておられる治療が最善とも思えませんし、専門医は
お薦めしない治療かもしれません。

乳がんの治療でしたら、専門の治療機関で、良くお話しを聞かれ、
納得した上で、治療を受けられる事をお薦めします。

お大事に。

Q先日乳癌の宣告を受けました。リンパ節転移なし。MRIで今後の治療法を決

先日乳癌の宣告を受けました。リンパ節転移なし。MRIで今後の治療法を決めていくのですが それまでの間に転移しないか そんな悪い事ばかり考えてしまいます。
先生のお言葉を信じていればいいのですが 不安で
今は前向きに頑張っていく勇気が欲しいです。
乳癌で前向きになれるご意見があれば お聞かせください。
気分だけでも前向きになり 頑張って治していきたいです。
転移を防ぐ方法や 我侭ですが 前向きなご意見お願いいたします。

Aベストアンサー

還暦を過ぎた年寄りです。昨年は家内の浸潤性乳管癌IIa。 3年前は家内の妹が2度目(最初は20数年前)の乳癌、今回は硬癌でIIa。同時期に家内の姪が、子宮癌、そして、昨年・今年と膀胱癌再発と大忙しでした。今、3人とも前向きに明るく過ごしています。

夜中、別室で仕事をしていると家内が胸を肌蹴たまま、飛び込んできた。お父さん、私、乳癌が出来たみたい!・・・顔色をみて深刻さを理解した。
少しパニックになっている家内をどう落ち着かせようか、思案しながら、10分ほどリビングに待たせました。
病気のことを少し学んでいる私は、癌ではない可能性も説明して、また、癌であった場合の検査、診察、治療の流れは・・・と話を進めた。そして次に、癌の成り立ち、性質、手術後の治療法等々を説明し終えた。家内は、私は死ぬの?? まだ死にたくない! とナーバスになっていて、話の中身を変えなくていけない、家内になら言っても良い、と想い意を決して本音の話を続けた。

余り生にしがみ付くな。其処に執着すればするほど、心が苦しくなるから・・・。心が苦しくなるだけではなく、助かりたいが為に体を酷く痛めつける治療も選択するようになる。それだけでは不安になり、あっちの治療も・こっちの治療も、と切り裂き・焼き尽くす治療も選ぶようになる。その結果は心だけではなく、体も今より苦しくなるのだから、と説明した。

それに、不安に慄けば慄くほど、体を痛めつければ痛めつけるほど、喜ぶのは癌細胞だけなんだよ。この心身のストレスは、癌が成長するお手伝いをするのと同じなんだ。
自分の癌は治ると信じよう。その為には、今日を明るく・明日は楽しく・明後日は笑い転げて、毎日美味しいもの食べて、時には旅行しよう。そう心掛けよう。  そうして癌から元気を奪い取り、年月が過ぎて気が付いてみたら・・・あれまぁ・・平均寿命まで生きちゃったね♪   きっと、そんな日が来る。

それから、癌が一番嫌いなものは何か知っているか? 癌は栄養に満ち足りた健康な体を嫌うんだ。
その証拠に、癌患者が末期に近づくと「悪液質」と云う状態に陥る。悪液質とは、体液が悪くなるという意味ではない。全身の栄養状態が悪くなり、痩せ細って、免疫力が低下して、やがて感染症に苦しむ。感染症を治療しようと薬漬けになり、更に体の苦しみが増す。
そうして、何をやっても亡くなる時がやがてやって来る。それが癌治療と、亡くなる癌患者のあらましなのだ。

癌患者は癌で死ぬのではなく、栄養状態が悪化して感染症に罹り、やがて多臓器不全になって死に至る。
だとしたら、絶対に栄養状態は最良を維持することだ。癌は栄養で大きくなるから、栄養を摂ってはいけない、と云う医師もいるが、それは間違いだ。

何故なら、癌と気が付かずに末期に至り痩せ細ってしまうことがある。食べなくては、と一所懸命食べるのだがやがて食べることも出来なくなる。食べられなくなって痩せ細った癌患者の癌は、口からの栄養補給を断たれても、それでも癌は成長を続ける。
つまり、癌は食べた栄養で成長するのではなく、体のタンパク質を壊して糖を作り出し、その糖を栄養にして成長を続ける。だから、痩せ細るのだ。

栄養状態だけはどんな時でも低下させちゃ駄目だよ。お前に必要な栄養分(タンパク質・ビタミン類・ミネラル)は全て私が用意する。安心しなさい。死なない。治るよ!

一年経った今、家内は言う。「お父さんのお陰で欝にもならず元気で居られる。来月の伊豆旅行が楽しみだよ」・・・って。

治療前から家内が心配していたことは、抗癌剤治療と放射線治療の副作用でした。家内はその二つを嫌がり、私も同意、そして、柔らかい抗癌剤「ハーセプチン」とエストロゲン感受性を調べて頂き、家内には適応である「ホルモン治療」を選択している。何故なら、更年期を過ぎた家内には、ホルモン療法の副作用が現れないだろう、との予測がたったからです。

ただ、ホルモン療法で懸念するのが、骨粗鬆症を進行させること。その副作用には医師からの説明は一切なかったが、家内共々その副作用には、体の機能と生化学的効果を学びながら対処をしている。

未だに主治医から薦められている抗癌剤・放射線治療の功罪を、此処で記すのは許されるものではない、と理解していますので書き込みすること、憚らせて頂きます。
・・・・私と家内の対話を記しました。

貴女様なりに、癌、そして、癌治療を学びながら心置きなく寿命を全うしてくださることを祈ります。

貴女様の完全寛解をお祈りします。

還暦を過ぎた年寄りです。昨年は家内の浸潤性乳管癌IIa。 3年前は家内の妹が2度目(最初は20数年前)の乳癌、今回は硬癌でIIa。同時期に家内の姪が、子宮癌、そして、昨年・今年と膀胱癌再発と大忙しでした。今、3人とも前向きに明るく過ごしています。

夜中、別室で仕事をしていると家内が胸を肌蹴たまま、飛び込んできた。お父さん、私、乳癌が出来たみたい!・・・顔色をみて深刻さを理解した。
少しパニックになっている家内をどう落ち着かせようか、思案しながら、10分ほどリビングに待たせました。
病気のこ...続きを読む

Q乳がんの治療法の選択について困っています。体験意見をお聞かせ下さい

 先日、私の母が乳がんと診断されました。腫瘍の大きさは1.2センチで、リンパ節転移はなしでした。癌自体は手術で除去をしたのですが、癌の核変異度が3だったらしく、再発率が低 中 高のうち中なのだそうです。
 医師から今日二通りの治療法のうちのどちらかを選んで下さいといわれたそうです。
 1, 抗がん剤+抗女性ホルモン剤の投与
 2,抗女性ホルモン剤の投与
の二つです。
 医師いうにはこの二つの治療法の内どちらのほうがより有効なのかは解らないそうです。どちらの選択をとるかを来週までに決めてくれと言われたのですが母はどちらが有効とも解らないなら2を取りたいと言っています。
 母と同じようなケースでこの二つの治療法の選択を迫られた方がおられれば是非どちらの選択肢を取られたのか、またその予後はどうなのかを教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

1でも再発しました
さらに薬を変えて よくなってきたように見えて遠隔転移しました
ホルモン療法も薬を変えて あとは延命治療です

やれることをやったと思っても転移するときはします

後悔しないように。
患者にその覚悟があるのなら 思ったようにすれば…

Qリンパ節にガンが転移している患者へのリンパマッサージ

肝臓のガンがリンパ節に転移している父に何かしてあげたいと思い、
リンパマッサージをおぼえて、してあげようと思うのですが、余計に
ガンを刺激させてしまったりしないか心配です。
ガンはどんな拍子で、他の臓器や骨に転移するか、こればかりは、誰にもわからないということはわかってはいるのですが、できれば体によくないことはさけたいので、やってはならないことがあれば教えてください。

Aベストアンサー

リンパマッサージって、リンパの流れをよくするものですから、流れを良くしたら・・・。リンパ節癌になってしまって大変だと思います。切除できて他に転移しないといいですね。お大事に。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報