貿易財の購買力平価(PurchasingPowerParity)の計算式知っていたら
教えてください。

A 回答 (2件)

下記のページで参考になりませんか。



参考URL:http://pweb.sophia.ac.jp/~t-dejima/handout/souro …
    • good
    • 0

図書館の参考棚にあるような辞書類の山の中で、経済学に関する事典を繰れば、乗っていると思うのですが……。



なければ、補足を下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q購買力平価、理論値、実質為替レートの問題

購買力平価、理論値、実質為替レートの問題


こんにちは。興味本位で勉強を始めた経済学ですが、センスが無いのか本を読んでもよく分からないため、この問題の答えを詳しい方に解説をして頂けると助かります。

初級レベルの問題で申し訳ありません。

問題:

1973年平均の円ドル為替レートは1ドル260円で適性レートと考えられた。その後2003年1月までに日・米の両国の消費物価指数がそれぞれ2.5倍、6.5倍に上昇した。
だが2003年1月平均の名目為替レートは1ドル118円である。
問題(1)2003年1月現在の購買力平価に基づく為替レート(理論値)はいくらか
  (2)2003年1月現在の実質為替レートはいくつか。これは円の過大評価か、過小評価か。
  (3)この状態は日本の財の貿易にいかなる影響を与えるか

以上の3問です。この問題の回答とその解説をして頂けたら大変助かります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私も初心者なんですが回答してみますね.(しかも購買力平価とか実質為替レートって十分上級な内容な気がしますが…)


◎購買力平価
物価があまり上がっていない国→通貨高状態で輸入に有利になったのが理由→通貨高と考えられる
物価が上がった国→通貨安状態で輸入に不利になったのが理由→通貨安と考えられる

スーパー単純にいえば,長期的にインフレ傾向が続く国は通貨安・デフレ傾向が続く国は通貨高と判断するのが購買力平価説かと.(間違ってたらすんません…)

問題(1)
基準時点の為替レート×日本の物価指数÷米国の物価指数=購買力平価
260×2.5÷6.5=100


◎実質為替レート
1ドル=110円のとき,アメリカで1ドルのコーラを買いたい時は110円が必要ですね.もしそこから1ドル=100円になれば1ドルのコーラを買うのに100円だけで済むわけです.(ようは為替レートが円高になれば購買力が上がるということ)

短期的にはこれでいいんですが,長期的に考えると物価水準も考えなくてはなりません.

上の事例でその1ドルのコーラが20%の物価上昇によって1.2ドルになってしまったらどうでしょう.100円ではそのコーラは買うことはできなくなり,それどころか以前の110円よりもっと払わなければならない事態(120円払わなければならない)になってしまうのです.
このように物価上昇は実質的にその国の通貨高と同じ働きをいたします.通常の為替レートに物価指数を加味した指標が「実質為替レート」になるわけです.


問題(2)現在の為替レート÷基準時点の為替レート×米国の物価指数÷日本の物価指数×100=実質為替レート
118÷260×6.5÷2.5×100=118


この事例では「本来の」実力と考える購買力平価のレートが1ドル100円,「現状の」実力と考えられる実質為替レートが1ドル118円なので,円は現状では過小評価されていると考えられます.(つまり円安状態)

過小評価(円安)されているならば,貿易に関しては輸入に不利で輸出に有利ということになりますかね.

以上の回答を作成するのに使ったページ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%BC%E8%B2%B7%E5%8A%9B%E5%B9%B3%E4%BE%A1%E8%AA%AC
http://www.nomura.co.jp/terms/japan/si/jissitu_kr.html






これだけだと回答としてつまらないので,購買力平価を用いて「実践的な経済」を少々.(回答とは少し脱線するので,関係ないと思ったらスルー推奨)

購買力平価といえば「ビッグマック指数」が有名ですね.上の事例では2国間の比較のみでしたが,ビッグマック指数は世界全体の購買力を量ることができます.

ビッグマック指数
http://www.oanda.com/currency/big-mac-index

Implied PPP rate + が購買力平価での為替レート.Valuation against the USDが現状過大評価(+)か過小評価(-)かという判断基準になります.

これを見ると軒並み「北欧諸国」(デンマークとかスウェーデン)が過大評価されているのがわかりますね.過大評価されている国は将来的に是正されることで,為替の暴落の危険がある訳です.(現に過大評価されていたユーロがリーマンショック以降かなり評価を下げました)
北欧諸国全体が過大評価されているってことは,北欧諸国がクレジットイベント(大企業の破綻・ソブリンデフォルトなど)に巻き込まれたら一気に為替レートが暴落する危険があると考えられます.

そしてもっとヤバイのはスイス….現状スイスは為替介入をしており,通貨安にしようとがんばっているのですが,ビッグマック指数ではものすごく過大評価….これはスイスフランバブルと考えられます.しかしもしUBS(スイスの大銀行,現状危ないとも言われていますね)のようなリスクを抱える大企業に暗雲が立ちこめるとどうなることやら.将来的なスイスフランの暴落の可能性は非常に高いと思われますね.

私も初心者なんですが回答してみますね.(しかも購買力平価とか実質為替レートって十分上級な内容な気がしますが…)


◎購買力平価
物価があまり上がっていない国→通貨高状態で輸入に有利になったのが理由→通貨高と考えられる
物価が上がった国→通貨安状態で輸入に不利になったのが理由→通貨安と考えられる

スーパー単純にいえば,長期的にインフレ傾向が続く国は通貨安・デフレ傾向が続く国は通貨高と判断するのが購買力平価説かと.(間違ってたらすんません…)

問題(1)
基準時点の為替レート×日本の物価指数...続きを読む

Q購買力平価を一言でいえば

購買力平価について調べていますが、
もともと経済知識がないので、よく分かりません。

たとえば
2012年の日本とインドを比較すると、
購買力平価 インド3位
         日本 4位

名目?GDP  インド 1500弱 USドル
         日本 47000弱 USドル

貧富の差が激しいとは言っても、GDPの差から見ると
インドは低所得途上国ととらえることが出来ると思います。

ですが、購買力平価はインドが3位というのは
小学生でもわかる言い方をすれば、
所得は低いが、物価も低いので、
物を買うことができる能力は、世界第3位ということでしょうか?

よろしくご教授下さい。

Aベストアンサー

至極乱暴に説明すれば、物の値段に照らし合わせた購買力のことです。肉1キロを買う経済力はインドの方が高いと言うことです。肉の値段は日本の数十分の1ですが。

Q購買力平価ベースで労働者の平均所得が日韓逆転。

9月のニュースだと思うのですが、去年も逆転したとか言っていませんでしたか。
(1)古いニュースの検索方法を教えて下さい。
(2)ネットの掲示板では、韓国の評価を上げないために、「インフレだろ」などと書き込まれていますが、インフレだとドル換算した平均所得や購買力平価ベースの平均所得も上がりますか。
(3)日本は円高なので高めに換算されてしまうという事で宜しいでしょうか。その円高の日本を抜く韓国は否定できない平均所得の伸びがあるのではありませんか。韓国人はここ20年でグングン豊かになってきている証拠として。
(4)何でそんなに成長してんですかね。環境がいいんでしょうか。

以上、ご教授ください。

Aベストアンサー

(1)古いニュースの検索方法を教えて下さい。

  Google以外は、過去のニュースは無料では解放していません。ニュースを提供する側にメリットがないですから。
  過去ニュースの検索で昔から有名な有料コンテンツには日経テレコンがあります。
http://t21.nikkei.co.jp/index.html

(2)インフレだとドル換算した平均所得や購買力平価ベースの平均所得も上がりますか。

  いいえ。インフレして、かつ、ドルとの為替レートがさほど動かない場合に、その現象が起きます。

(3)日本は円高なので高めに換算されてしまうという事で宜しいでしょうか。その円高の日本を抜く韓国は否定できない平均所得の伸びがあるのではありませんか。韓国人はここ20年でグングン豊かになってきている証拠として。

  ドル基準での比較の場合には、そうなります。

(4)何でそんなに成長してんですかね。環境がいいんでしょうか。

  おそらくですが、日本の平均所得は、バブル崩壊後から大きな傾向として20年以上下がり続けています。生活ベースでみたときの経済が20年以上上がっていないわけで、理由の大半は、日本にあるのでは?

(1)古いニュースの検索方法を教えて下さい。

  Google以外は、過去のニュースは無料では解放していません。ニュースを提供する側にメリットがないですから。
  過去ニュースの検索で昔から有名な有料コンテンツには日経テレコンがあります。
http://t21.nikkei.co.jp/index.html

(2)インフレだとドル換算した平均所得や購買力平価ベースの平均所得も上がりますか。

  いいえ。インフレして、かつ、ドルとの為替レートがさほど動かない場合に、その現象が起きます。

(3)日本は円高なので高めに...続きを読む

Q購買力平価とビッグマック指数

購買力平価とビッグマック指数を、
なるだけ分かり易く、高卒レベルで教えてもらえませんか?

コーラとスタバと比べると、ビッグマックの方が指標として精度が高いのですか?
購買力平価の方がいまひとつイメージがつかめません。

Aベストアンサー

ビッグマック指数は、その名の通りビッグマックの値段を比較します。
 ビッグマックの価格には、パン、牛肉、野菜、人権費、運送費など様々な費用が含まれますので、物価を反映しているといえます。算出方法が単純な割に指数に意味があるということです。

それに対して購買力平価は、ビッグマックより多くの商品、サービスを含めますので、より指数として適当であろうということです。もちろん算出するのにコストと手間がかかります。

コーラ指数を作ったとしても、原液と水とを混ぜたものですから、牛肉や野菜の値段は入りません。従って精度は低くなります。

またスタバ指数も、コーヒーだけだとコーラと同じことになります。ミラノサンド(ドトール?)や他の商品で比較すれば、ビッグマックと同じことになるのでしょうが、マクドナルドと比べ国際展開していないので、国際指標としては有用性が低いでしょう。
人件費、運送費

Q一人当り購買力平価について教えて下さい

GDPなどの指標について質問があります。

国内総生産(GDP)が世界第3位で、一人当たりの国内総生産
(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%9B%BD%E5%86%85%E7%B7%8F%E7%94%9F%E7%94%A3%E9%A0%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88_%28%E4%B8%80%E4%BA%BA%E5%BD%93%E3%82%8A%E7%82%BA%E6%9B%BF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%29)
が日本が低いのは、老人国家なため分かるのですが、

一人当り購買力平価
(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%9B%BD%E5%86%85%E7%B7%8F%E7%94%9F%E7%94%A3%E9%A0%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88_%28%E4%B8%80%E4%BA%BA%E5%BD%93%E3%82%8A%E8%B3%BC%E8%B2%B7%E5%8A%9B%E5%B9%B3%E4%BE%A1%29)
が日本がかなり低いのはどういう理由なのでしょうか?
この指標の意味が自分には良く分からないのですが、
購買力という事は簡単に考えて、国民がどの位消費をするかの指標だと思うのですが、
平均月収が日本よりも低いシンガポール(http://www.777money.com/torivia/torivia4_4.htm)が世界3位というのがあまり良く分かりません。

日本は「物に溢れて買うものが無い」、「金を持っているのは老人が殆どで、使う事が無いので消費力が無い」、
「シンガポールなどの発展中の国はそもそも今まで持っていなかったものを購入するので購買意欲が大きい」
などが考えられますが、このような理由なのでしょうか?

NHKでは2020年までには日本は韓国などにも追い越され、20年間停滞とか言われていました。
良く分からなかったので質問させていただきました。
アドバイス頂ければ幸いです。

GDPなどの指標について質問があります。

国内総生産(GDP)が世界第3位で、一人当たりの国内総生産
(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%9B%BD%E5%86%85%E7%B7%8F%E7%94%9F%E7%94%A3%E9%A0%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88_%28%E4%B8%80%E4%BA%BA%E5%BD%93%E3%82%8A%E7%82%BA%E6%9B%BF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%29)
が日本が低いのは、老人国家なため分かるのですが、

一人当り購買力平価
(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%9B%BD%E5%86%85%E7%B7%8F%E7%94%9F%E7%94%A3%E9%...続きを読む

Aベストアンサー

> 購買力という事は簡単に考えて、国民がどの位消費をするかの指標だと思うのですが、

少し違います。
購買力というのは、簡単に言えば物価(の逆数)です。
他の方の回答でも触れられていますが、例えばリンゴ1個100円のA国と50円のB国があったとき、同じ1000円の所得でも、A国では10個買えますが、B国では20個買えます。なので、同じ1000円の所得でもB国はA国の2倍買える=2倍使える、という考えが根底にあります。

日本は、世界的に有数の物価が高い地域です。
例えば2011年の世界の高物価都市に、東京と大阪がtop10入りし、名古屋が11位と、調査対象となった日本の全ての都市が上位層にいます。


> シンガポールが世界3位というのがあまり良く分かりません。

シンガポールは都市国家なので、丁度東京だけを取り出してきたようなものです。

また、GDPは「その土地で生産されたもの」なので、例えばシンガポールのように日帰りの出稼ぎが多くいるような場合には分母が過少になる(生産している労働者の一部は国外の人なのでカウントされない)ため、一人当たりGDPは高くなることが知られています。

この辺りも統計上のマジックですね。

> 購買力という事は簡単に考えて、国民がどの位消費をするかの指標だと思うのですが、

少し違います。
購買力というのは、簡単に言えば物価(の逆数)です。
他の方の回答でも触れられていますが、例えばリンゴ1個100円のA国と50円のB国があったとき、同じ1000円の所得でも、A国では10個買えますが、B国では20個買えます。なので、同じ1000円の所得でもB国はA国の2倍買える=2倍使える、という考えが根底にあります。

日本は、世界的に有数の物価が高い地域です。
例えば2011年の世界の高物価都市に、東京と大阪...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報