人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

会社を退職する事になったのですが、
残りの有給休暇を消化すると、月の途中までになります。
月の途中の日付けで退職するのと、月末付けで退職するのでは、
何か有利、不利な点はあるのでしょうか?
(社会保険料等が関係あるのではと思っているのですが)
月末付けが、きりがいいというだけの話ならあまり問題ではないですが、
それ以外にも何かあるのであれば、
会社に、月末付け退職にしてほしい、と申し出てみようと思います。
よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

よくある例なのですが、切りのよい月末ではなく月末1日前の退職日というを会社側が言い出すことがあります、なぜそう言い出すのかわかりますか。


例えば7月を退職月とすると。
健康保険や厚生年金は月末在籍しているかどうかで、その月の1か月分を払うかどうか決まるのです。
つまり月末の1日前に退職すれば、会社では払わなくて済むのです、そうすれば会社は負担するはずの7月分の半額を払わずに済みます。
一方退職者が任意継続あるいは国民健康保険及び国民年金に入る場合は1日の間をおいて8月からということは出来ません、必ず7月31日からになります。
ということは7月分は会社としては払わないが退職者個人が全額支払うことになるのです。
任意継続の場合は在職中に会社が負担してくれた半額分も含めて全額ですから保険料はざっと2倍になります、国民健康保険は保険料自体が高いですから任意継続と同じか多い金額を払うようになります。
要するに結果として7月分は会社が負担分を浮かした分を、退職者個人が負担するということになってしまう、このからくりが月末の1日前の退職日です。
これはセコイ会社がよくやる、わずかな保険料をケチる常套手段です。
月末の1日前に退職すれば退職月の保険料の支払いがないという言葉に乗ってしまうと、退職後にたった1日のために高額の保険料を個人負担するようになります。
また年金も同様です。
このサイトにもそういう状態に陥って、助けを求めて質問してくる方がいますが、退職してしまっては後の祭りで、お気の毒ですがとしか言いようがありません。
ということで、上記の例は月末1日前ですが3日前でも7日前でも変わらないでしょう。

この回答への補足

とても参考になりました。
どうもありがとうございます。
まさに会社から言われたのがその通りなのです!
そういう事なら、なおさら月末付け退職にしてほしいと申し出たいのですが、
その理由として、どのように言えば了承してもらえるでしょうか?
切りがよいからだけでは弱いでしょうか?
単刀直入に、7月分社会保険料を全額負担するのは大変なのでと言ってみた方がよいものでしょうか?

補足日時:2007/07/28 15:33
    • good
    • 23

自己都合で年末(最終日28日)に退職した事がございます。

すると翌日市役所から12月分の国民年金を納付するよう通知が来ました。厚生年金は月末勤務が条件なので12月分は認定されなかったのです。1月の初旬に退職、中旬以降新会社に入社すれば厚生年金に空白は生じなかったのです。この点反省しました。
    • good
    • 9

専門家紹介

専門家プロファイル_笹木正明

職業:就職アドバイザー

私はあなたの主体性を尊重します。あなたの来し方等をお聞きすれば、長所を引き出す事が可能です。また現状の問題点を把握できれば、将来の歩み方について、より良い方向性を共に考えることが可能だと考えます。
http://profile.ne.jp/pf/m-sasaki/

詳しくはこちら

お問い合わせ先

080-2062-3966

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

>その理由として、どのように言えば了承してもらえるでしょうか?



理由は特別要らないと思いますが。
退職日を月末にしたいなら、そのように会社と交渉するしかないでしょう。
また会社がはじめからそういうセコい了見なら、どんな理由を言ってもそれを否定するような理屈を言うでしょうから。

>単刀直入に、7月分社会保険料を全額負担するのは大変なのでと言ってみた方がよいものでしょうか?

どうしても交渉がうまくいかないときは、最終的には言ってみるのもいいかもしれません。
会社もネタバレしているとわかれば、渋々でも認めるかもしれませんから。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

よく分かりました。
どうもありがとうございます。
早速、会社に言ってみます。

お礼日時:2007/07/31 14:00

8月に月の途中で退職と仮定した場合、


8月の健康保険料は引き落とされていませんので、必要です。
また、社会保険から国民健康保険に移行した場合、8月分を支払わなければなりません。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

参考になりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/07/28 15:25

月の途中で退職すると給与は1か月分でませんね。


そのくせ保険等は1ヶ月分取られるので手取りが少なくなります。

これが一番主な不利な点ですね。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

参考になりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/07/28 15:25

有給休暇を取得している期間は、まだ社員ですよ。


たとえば、8月のカレンダーに当てはめると、土、日曜日が休みだとして、その回数は8日間あります。
貴方の有給がまだ10日間残っていたなら、17日(金)から休んでも在籍は31日までありますから、8月一杯働いたことになります。
役員手当て、通勤手当、家族手当などは変わりませんし、健康保険も雇用保険もそのままです。
ただ、交代手当てなど実際に勤務しないと当たらない部分もあります。

有給を消化した結果が月途中の退職となった場合は、会社によって違ってくると思います。
私が知っている会社では、月の2/3の在職がなければ、手当ては出ないようです。
健康保険や雇用保険は日割り計算じゃないですかね。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

参考になりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/07/28 15:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q月途中の転職について

月途中の転職について

4月11日に退職し、4月12日に新しい会社に転職します。

この場合の健康保険と年金はどうなるのでしょうか?
会社にお任せしても大丈夫なのでしょうか?
社会保険庁に聞いたところ、4月分の年金は自分で支払いに行かないといけないとのこと。

やはり月末退職でないと、自分で処理をしなければならないのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>4月11日に退職し、4月12日に新しい会社に転職します
 ・共に、社会保険(健康保険、厚生年金)加入なら
 ・4/11退職の会社では、健康保険料と厚生年金保険料は3月分まで徴収(実際の徴収は4月の給与から)
  健康保険証は4/11まで使えます、厚生年金の加入日は4/11まで
 ・4/12入社の会社では、健康保険料と厚生年金保険料は4月分から発生します(徴収は5月分の給与から)
  健康保険は4/12から有効、厚生年金の加入は4/12からになります
 ・加入日、喪失日、と月の保険料は連動しません
>社会保険庁に聞いたところ、4月分の年金は自分で支払いに行かないといけないとのこと
 ・月末の時点で厚生年金に入っていない場合・・国民年金に加入になる・・4月分の保険料を支払う必要がある・・これが通常の場合
 ・月末の時点で厚生年金に加入していても、退職日と入社日の間がある場合・・その期間は、国民年金にも厚生年金にも加入していない空白期間になります(記録上の事ですが)・・一旦国民年金の加入手続きをすればその空白が国民年金の加入期間になります・・当然月末に厚生年金に加入していますから、国民年金の保険料は発生しません
  (上記はあくまで、記録上の空白期間を作らない方策です)
 ・今回の場合は、何もしなくとも問題はありません

>4月11日に退職し、4月12日に新しい会社に転職します
 ・共に、社会保険(健康保険、厚生年金)加入なら
 ・4/11退職の会社では、健康保険料と厚生年金保険料は3月分まで徴収(実際の徴収は4月の給与から)
  健康保険証は4/11まで使えます、厚生年金の加入日は4/11まで
 ・4/12入社の会社では、健康保険料と厚生年金保険料は4月分から発生します(徴収は5月分の給与から)
  健康保険は4/12から有効、厚生年金の加入は4/12からになります
 ・加入日、喪失日、と月の保険料は連動しません
>社会...続きを読む

Q月の途中に退職した場合の健康保険について

3月6日付での退職が決まっています。
3月1日~6日の間は有給休暇消化の為、
2月の末日(最終在職日)に健康保険証を返すように言われ、
返還してきました。
この場合、3月分の健康保険はどのような扱いになりますでしょうか?

3月6日までいるということで、3月分のお給料から保険料が引かれるのであれば
保険証を使って病院へ行きたいのですが・・・。
会社から返すように命ぜられた為、現在は手元にありません。
3月1日からは、国民健康保険の扱いになるのでしょうか?

会社の社長に問い合わせても、
在職時より 普通の話の通じる方ではなかった為、
まともな返答が得られない状況になっています。。
(中小企業の為、そういったことの担当は全て社長です)

詳しい方がいらっしゃったらご教示いただけると助かります(>_<)
どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

厚生年金も健康保険も
入社月は控除されますが退職月は控除されません。
国保も国民年金も加入月は支払いがあります。
ダブって支払うことにはなりません。
月払いなので1日でも15日でも同じです。
健康保険の資格喪失日は退職の翌日です。
無保険になることはできないので
任意継続の手続きをするか国保の加入手続きをしてください。
どちらが安いかは計算してみないとわかりません。
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/iryo06.htm
http://allabout.co.jp/career/clerk/closeup/CU20050906A/index.htm

Q月の途中での退職時における、社会保険、年金の手続きについて教えて下さい。

3月20日に退職→4月1日新しい職場へ就職するとします。

この間の11日間に「国民健康保険」「国民年金」の資格を取得
することになりますよね。ここで質問なのですが、

(1)(市役所で)何も手続きをしないまま新しい職場に就職した場合、
 保障を得られないということの他に、不都合なことがありましたら、
 教えて下さい。

(2)また、職場を変えた場合、このことを市役所へ報告する必要は
 あるのでしょうか? それとも会社がすることになるのでしょうか?
 というのも、この11日間の「国民健康保険」「国民年金」の請求は
 何を元にしてされるのでしょうか(自分の転職をどうやって知るので
 しょうか)? 住民税との関係でしょうか?

(3)社会保険と年金、共にその月末の時点で取得していた資格のものの
 請求を受ける(例:3月30日まで健康保険、31日から国民健康保険
 の場合、3月分は国民健康保険から請求が来る)という理解で間違って
 いませんでしょうか?

 というのも、ある本に「厚生年金は月単位の加入、健康保険は日単位の
 加入」とあったので、これだと健康保険も「月単位」のような気がする
 のですが…。

曖昧な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします<(_ _)>。 

3月20日に退職→4月1日新しい職場へ就職するとします。

この間の11日間に「国民健康保険」「国民年金」の資格を取得
することになりますよね。ここで質問なのですが、

(1)(市役所で)何も手続きをしないまま新しい職場に就職した場合、
 保障を得られないということの他に、不都合なことがありましたら、
 教えて下さい。

(2)また、職場を変えた場合、このことを市役所へ報告する必要は
 あるのでしょうか? それとも会社がすることになるのでしょうか?
 というのも、この11日間の「...続きを読む

Aベストアンサー

大まかな流れ
3月21日
  健康保険・厚生年金保険の被保険者資格を喪失
  (健保法18条・厚年法14条第2項)。
  退職の場合は翌日喪失

  国民健康保険の被保険者資格の取得(国保7条)
  国民年金の第1号被保険者へ種別変更

4月1日
  国保被保険者資格の喪失(就職の場合はその日)
  国年1号から2号への種別変更(法律上当然に)

  健康保険の資格取得(健保17条)
  厚生年金の資格取得(厚年13条)


医療保険
 期間
  3月20日まで健保
  3月21日から3月31日まで国保
  4月1日から健保
 保険料
  健保は3月、4月に被保険者であったので、
  3月までは前の会社、4月からは新しい会社にそれぞれの
  標準報酬月額に基づいて支払う義務があります。
  
  国保は3月に被保険者であったので
  3月分の保険料(保険税)を納める必要があります。  
3月分は重複して保険料が徴収されるというイメージがある。
(これが日単位という意味)
(3)は半分あっている3月分は健保・国保ともに請求がくる。

年金
 期間
  厚年19条の被保険者期間の算定方法(国年も連動)により
  2月まで厚年(国年2号)
  3月国年1号
  4月より厚年(国年2号)
 保険料
  2月まで厚年(前の会社)
  3月のみ国年
  4月より厚年(次の会社)

  を納付することになります。
(これが月単位)

(参考)厚生年金保険法
第十九条 被保険者期間を計算する場合には、月によるものとし、被保険者の資格を取得
 した月からその資格を喪失した月の前月までをこれに算入する

(2)の質問に関して
法律上、連絡する規定ありませんので
(社会保険事務所と市町村はそれぞれ管轄がちがうため)
医療保険については「健康保険資格取得・喪失連絡票」という
法律に規定されていない事務上の書類がありそれを、
辞めた前の会社作成してもらい(専用の用紙がある)それを持って
市町村の国保窓口に行くことで行っています。
11日の取り扱いについては
医療保険(多分ばれない)
年金(社会保険庁の年金原簿(スパコン)
   で厚生年金の会社の資格取得・喪失届により管理)

故に、
何もしなかった場合、
医療保険上は医療をその期間受けなければ
実際の不利益はないでしょう。
(法律上は保険料の納付義務があり違法行為)

年金上は、3月分の保険料が納付されていないので
未納期間となり(スパコンが管理しているので逃れるのは無理)
将来の老齢基礎年金等の受給金額・資格に影響がでます。

大まかな流れ
3月21日
  健康保険・厚生年金保険の被保険者資格を喪失
  (健保法18条・厚年法14条第2項)。
  退職の場合は翌日喪失

  国民健康保険の被保険者資格の取得(国保7条)
  国民年金の第1号被保険者へ種別変更

4月1日
  国保被保険者資格の喪失(就職の場合はその日)
  国年1号から2号への種別変更(法律上当然に)

  健康保険の資格取得(健保17条)
  厚生年金の資格取得(厚年13条)


医療保険
 期間
  3月20日まで健保
  ...続きを読む

Q退職日を月末にするか?それとも締め日にするか?

重複している質問かもしれませんが、ご回答よろしくお願いします。

今年年内で、退職しようと思ってるのですが、退職日を月末にするか?それとも、給料締め日にするか、どちらがいいか迷ってます。
(締め日は毎月15日締め、25日支払いです)
12月15日退職か12月31日(仕事納めは26日)にするかです。
仕事は26日で終わりですが、退職日付は31日でいいんですよね?
年末調整等の問題もあるようなので、申し訳ないですが、ご回答いただければと思います。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

よくある例なのですが、切りのよい月末ではなく月末1日前の退職日というを会社側が言い出すことがあります。
健康保険や厚生年金は月末在籍しているかどうかで、その月の1か月分を払うかどうか決まるのです。
例えば8月で辞める場合に月末の1日前に退職すれば、会社では払わなくて済むのです、そうすれば会社は負担するはずの8月分の半額を払わずに済みます。
一方退職者が任意継続や国民年金に入る場合は1日の間をおいて9月からということは出来ません、必ず8月31日からになります。
ということは8月分は会社としては払わないが退職者個人が全額支払うことになるのです。
任意継続の場合は在職中に会社が負担してくれた半額分も含めて全額ですから保険料はざっと2倍になります、国民健康保険は保険料自体が高いですから任意継続と同じか多い金額を払うようになります。
要するに結果として8月分は会社が負担分を浮かした分を、退職者個人が負担するということになってしまう、このからくりが月末1日前の退職日です。
これはセコイ会社がよくやる、わずかな保険料をケチる常套手段です。
月末1日前に退職すれば退職月の保険料の支払いがないという言葉に乗ってしまうと、退職後にたった1日のために高額の保険料を個人負担するようになります。
また年金も同様です。
このサイトにもそういう状態に陥って、助けを求めて質問してくる方がいますが、退職してしまっては後の祭りで、お気の毒ですがとしか言いようがありません。
例えば上記のように月末1日前で辞めると、健康保険料が引かれずに得だと会社に言われてそのとおりにして、退職後に健保に行って任意継続(あるいは市区町村の役所で国民健康保険)の手続きをしたらたった1日なのに先月分を丸々払わされておかしいという質問がこのサイトでもありますが、言葉は悪いですが上記の説明で会社に騙されていたことが初めてわかるケースが多いようです。

ですから退職日は月末にしたほうがいいと思います、退職すると余計お金が貴重です、それを考えれば例え1か月分でも会社と折半なのか全額自己負担か相当違うと思いますが。

>仕事は26日で終わりですが、退職日付は31日でいいんですよね?

当然仕事納めの日と退職日は別ですのでそれでよいでしょう。

>年末調整等の問題もあるようなので、

12月16日から26日までの分は翌年の1月25日に支払われますから、翌年の収入になります。
その分については源泉徴収票をもらって、翌年に次に就職した会社へ提出すれば合計して年末調整をしてくれます。

よくある例なのですが、切りのよい月末ではなく月末1日前の退職日というを会社側が言い出すことがあります。
健康保険や厚生年金は月末在籍しているかどうかで、その月の1か月分を払うかどうか決まるのです。
例えば8月で辞める場合に月末の1日前に退職すれば、会社では払わなくて済むのです、そうすれば会社は負担するはずの8月分の半額を払わずに済みます。
一方退職者が任意継続や国民年金に入る場合は1日の間をおいて9月からということは出来ません、必ず8月31日からになります。
ということは...続きを読む

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

Q退社日と入社日は近いほうがいい?離れたほうがいい?

こんばんは。

転職活動の末、内定通知をいただきました。
すぐにでも退職の交渉をしようと思うのですが、退職日を何時にしたら良いか困っています。

・転職先では、4/1から働きたい。
・いまの会社の勤怠締め日は月末である。
・いまの会社の就業規定では、退職願は一ヶ月前に提出する必要がある。

近日中に退職願を受理してもらえれば、4/1から新しい会社で働けると考えています。
月末が締め日ですし、3/31まで勤務して退職するのが、きれいな形だと思っています。
でも、色々な手続きを考えると、退職日を3/20くらいにしたほうがよいのでしょうか??(入社日までのあいだに手続きを終えたい)
それとも、3/31まで働いても、転職にともなう手続きはきちんと出来ますでしょうか??

今回、はじめて転職をするため、どちらがよいのか判断ができないです・・・。
退社日と入社日が近くて困ったこと、遠くて困ったことなど、ご経験された方がいらっしゃいましたら、アドバイスをいただけたら嬉しいです。

なお、転職による引越しなどはありません。
私の友達は、転職の際に、半月ほど「無職」状態になりましたが、
「病気さえしなければ平気だよ」と言っていました。
保険証のことを言っていたのだと思います。

宜しくお願いいたします。

こんばんは。

転職活動の末、内定通知をいただきました。
すぐにでも退職の交渉をしようと思うのですが、退職日を何時にしたら良いか困っています。

・転職先では、4/1から働きたい。
・いまの会社の勤怠締め日は月末である。
・いまの会社の就業規定では、退職願は一ヶ月前に提出する必要がある。

近日中に退職願を受理してもらえれば、4/1から新しい会社で働けると考えています。
月末が締め日ですし、3/31まで勤務して退職するのが、きれいな形だと思っています。
でも、色々な手続きを考えると...続きを読む

Aベストアンサー

採用日も退職日も,労働契約によるものですから,契約の一方で
ある質問者さんが良ければ良いので,特に正解はないと思います
が,私の考えでは,わざわざ空白期間を作る必要はないと思いま
す。
質問者さんの今後の人生,すなわち,次の将来に書くかもしれな
い履歴書には,その採用日・退職日がついて回るわけで,採用日
の前日に退職日が来れば,すっきりしているかなと思います。

現在の(退職予定の)会社では,退職日までにいくらか有給休暇
が取れるでしょうから,役所等の手続きが必要であれば,その間
にすれば良い話で,わざわざ無職になる必要はありません。

Q退職願い提出後に賞与は支給されるのでしょうか。

あつかましいご質問で失礼いたします。

今、転職を考えており1社内定がいただけそうな状況です。面接の際には、なるべく早く退職手続きを取ってほしいと言われています。

現職では、公に退職を受理されているわけではなく、
6月末日には賞与が支給される予定です。

さて本題です。仮に内定が6月初めにでれば、6月もしくは7月の退職となると思うのですが、退職願い提出後に賞与は支給されるものなのでしょうか。

私個人の勝手な解釈では、1-6月の査定による賞与なので支給されてしかるべきと考えるのですが、企業経営者の立場であれば、会社を去る人間に無駄なお金を払うわけにはいかないと考えるはずです。

いろいろな解釈ができるかと思いますが、皆様の率直なご意見をお聞かせいただければ幸いです。

Aベストアンサー

あくまで、私の経験です。(複数の民間会社です)
支給日に在籍していれば、賞与は貰えました。
退職願いを提出→受理される→業務引継ぎ→有給消化
有給を消化した後、退職日となります。
この退職日までに支給日があれば、全額支給されました。

>1-6月の査定による賞与なので支給されてしかるべきと考える

おっしゃる通りかと思います。

>企業経営者の立場であれば、会社を去る人間に無駄なお金を払うわけにはいかないと考える

それはそうでしょうが、筋道を立てて退職を申し出た人に
取るべき対応ではないと思います。
現在いらっしゃる社員の方々の愛社精神・会社への帰属意識に多大な悪影響を与えるでありましょう。
堂々と主張・請求されてしかるべきかと思います。

まだ、支給されないと決まった訳ではありませんよね?
案外、すっと支給されるかもしれませんし、支給され
なかった場合の参考とされて下さい。

Q月初めに退職は現実的でしょうか

 こんにちは。アドバイスをいただけると嬉しいです。

 タイミングを見計らって、現在働いている会社を退職しようと思ってます。
 12月の頭、2、3、4日ごろに辞めようと思っているのですが、普通は「○月いっぱいで辞めさせて下さい」と言うのが定番ですよね。
 月初めに退職したいと申し出る場合、雇っている会社からすれば、12月の頭からではなく、11月いっぱいでやめてくれと言われたりしないでしょうか?
 保険や手続きのことを考えると、月初めの退職は、断られたり、迷惑になりますか?

 また、次の職場では、月末から通いたいと申し出る際に、29、30日から働きたいとお願いしても、やはり、月付けが変わってから出勤してくれと言われるでしょうか?

 アドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

一般的なことはわかりませんが、
うちの会社の場合は25日でやめるようにって感じです。
なんか手続きがめんどくさいらしいです。

Q失業給付をもらうのに月の途中で辞めたら損?

近々、業務縮小の為、会社都合で退職します。
退職日は1ヶ月内で自分で設定できるのですが
失業保険は
「過去6ヶ月の賃金を基本にして算出する」と
説明を受けました。できるだけ早く退職したいと
思っているのですが月の途中で辞めた場合、
失業給付の額が減ってしまのでしょうか。
ご存知の方がいらしたら教えて下さい!

Aベストアンサー

過去6ケ月間の賃金を計算するときに、勤務日数かが14日以下の月は除外され、14日以上の勤務日数のある6ケ月間で計算されますからね問題ありません。

Q月末付けの退職と月途中の退職はどちらがよいのでしょう?

1年契約(4月1日~3月31日まで)で働いています。毎年更新してくれるので、特に問題はありません。

このたび3月で退職することになりました。結婚に伴う転居のため、通勤不可能になることからの退職です。
退職願いには「一身上の都合」になるんだと思います。

3月12日から25日まで有給消化に入ります。その後30日頃引越します。

ここで疑問なのですが、新しい土地で仕事が見つかるまで失業手当を受給しようと考えています。
4月から国民健康保険に加入しようと思いますが、
今現在は職場で社会保険に加入し、給料天引きとなっています。

離職票をなるべく早くもらいたいので3月26日付けで退職しようかと思いましたが、過去ログを見てみると『月末以外での退職はその月の保険料を自己負担しなくてはならない」とありました。

とすると、私が26日つけで退職した場合は、3月分の国民健康保険料を支払わなくてはならないのでしょうか?
もしそうなら31日付けでの退職の方がよいのでしょうか?

保険のことが全くわからないので、教えてください。

Aベストアンサー

今までの社会保険にしても、国民健康保険にしても、月単位での支払となります。

3月26日で退職した場合の3月分の保険料と言うのは、新たに加入された健康保険制度で支払うことになります。
ちなみに、今までの健康保険の3月分の保険料(健康保険料・厚生年金保険料)については、支払う必要がありませんが、社会保険料自体が1つ気後れで支払うことになっているため、一般的には2月分の保険料を3月に支払うようになっています。

退職後の健康保険制度ですが、二通りの選択肢があります。

1.国民健康保険
市区町村の窓口にて、「資格喪失通知書」や「資格喪失等連絡票」などと、印鑑を持参して手続きします。
国民健康保険料は、主に前年の収入を元に算出されますので、いくらくらいになるかを先に聞いておいたほうがよろしいでしょう。

2.任意継続被保険者
任意継続とは今までの健康保険制度を継続して、最大2年間加入できると言う制度です。
健康保険料については、今まで支払っていた健康保険料のほぼ倍であるとお考えください。ただし、その健康保険料には上限があり、社会保険事務所の健康保険の場合(保険証に○○社会保険事務局と記載されています。)は、今年度に退職した場合を対象とすると22,960円が上限となっていて、介護保険料(被保険者が40歳以上65歳未満の場合該当)は2,492円が上限となっています。 (年度によって違う場合があります。)
国民健康保険の保険料と比べて、安いほうを選択するのも一つの手です。

なお、健康保険組合の保険証の場合(保険証に○○健康保険組合と記載されています。)は、その健康保険組合により、保険料の上限も保険料率も異なっていますので、退職の直前に直接健康保険組合にお問い合わせください。

それと任意継続被保険者となるには、退職後20日以内に手続をとらなければなりませんので、申し添えておきます。

また、任意継続被保険者は2年間やめることができません。やめるには下記の条件が必要となります。

ア.新たに就職し、社会保険の資格を得た場合。
イ.保険料を納期までに納付できなかった場合。
ウ.死亡した場合。

のいずれかとなります。
ですから、途中で任意継続をやめ、国民健康保険に加入するか、どなたかの扶養に入る場合は、「イ」の方法を選択すると納期日の翌日で自動的に資格が喪失しますから、その後に国民健康保険に入るなり、どなたかの扶養に入る手続きをとることとなります。

ただし、途中でやめたくない場合でも納期日を過ぎてしまうと任意継続の資格が喪失してしまうので、健康保険料の納付を忘れないようにしてください。
健康保険料などを前納する制度もありますから、納め忘れのないこちらをお勧めいたします。

2年を経過したら、「1.」の通り、国民健康保険に加入することとなりますが、国民健康保険料が前年の収入を元に算出されるため、次の年には安くなっている場合がありますので、安くなっていたら「2.」の方法をとり、任意継続を喪失して国民健康保険に加入することもできますので、申し添えておきます。

もうひとつの選択肢として、だんなさんとなる方の扶養者となるという方法があります。
だんなさんの保険証が社会保険や組合保険の場合は、失業給付が日額3,612円未満である場合に、扶養となることができるわけですが、日額が3,612円以上である場合は扶養となることはできません。
この場合とだんなさんの保険証が国民健康保険の場合は、上記1または2の健康保険制度を選択するしかありません。
だんなさんの健康保険が社会保険か組合保険である場合は、失業給付(日額3,612円以上)を受け終わってから扶養に入るようにしましょう。
なお、扶養となることができれば、健康保険料を支払う必要はありません。

上記1・2および扶養になるかのいずれの方法をとっても、医療費の負担割合は3割ですから、これもあまりメリットはありません。
でも、任意継続をしておくと、医師が労務不能(働くことができない)と認めてくれれば、休業補償として健康保険から傷病手当金が支給されます。
任意継続のメリットとしてはこれくらいでしょうか。

年金関係については、退職後は厚生年金ではなく、国民年金に加入することとなります。
手続きとしては、お住まいの市区町村役場の国民年金の窓口に、「資格喪失通知書」または「資格喪失連絡票」と、年金手帳および印鑑を持参して手続きをすることとなります。
ちなみに国民年金保険料は、今現在は月額13,300円/人 となっています。
ただし、あなたがご結婚されてだんなさんの社会保険または組合保険の扶養となる場合は、この国民年金保険料は支払う必要がありません。(国民年金の第3号被保険者となるため。)

ちょっと、回答がとりとめもなくなってしまいましたが、参考にしてください。

今までの社会保険にしても、国民健康保険にしても、月単位での支払となります。

3月26日で退職した場合の3月分の保険料と言うのは、新たに加入された健康保険制度で支払うことになります。
ちなみに、今までの健康保険の3月分の保険料(健康保険料・厚生年金保険料)については、支払う必要がありませんが、社会保険料自体が1つ気後れで支払うことになっているため、一般的には2月分の保険料を3月に支払うようになっています。

退職後の健康保険制度ですが、二通りの選択肢があります。

1.国民健康保...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング