ある新聞に、激しい運動をしない限りは、熱中症予防にはスポーツドリンクを倍程度に薄めた方が吸収されやすいというスポーツドクターによる記事が書かれていました。果たして本当なのでしょうか。一般的な熱中症対策には薄めて飲んだ方が吸収されやすいのでしょうか。教えてください。ちなみに、私の好きな某ロックバンドのボーカルがMCの時に、ライブ中に飲んでいるペットボトルの中身について、「ポカリを水で薄めたものを飲んでいる」と言っていましたが、ライブくらいのハードさでも薄めても効果がるようです・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

運動時の「水分の吸収力」は研究しているスポーツドリンク販売元の規定量の方が吸収されると思います。


ただ運動時の消費する糖質の量にあわせて「大量に糖質」が含まれている製品がありますので「熱中症予防」程度の激しい運動時の補給でなければ「倍程度に薄めた」スポーツドリンクが良いのではないかという話かと思います。
大量の糖質を含んでいると 飲んですぐまた喉が乾きますのでライブでは水もしくは水に何かしらの味が多少ついている程度を好む人は多いかと思います。
なお、最近は「スポーツドリンク」といっても以前ほど大量に糖質を含んでいないものも増えてきましたので一概には言えないかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/17 13:16

「アイソトニック ハイポトニック」のキーワードで検索すると詳しい記事がたくさん見つかります。

普通のスポーツドリンクはアイソトニック、薄めたものがハイポトニックというのが大まかなところ(今では標準でハイポトニックの製品も多数ありますが)。

 簡単にいうと、アイソトニックは含まれている成分の吸収がよく、ハイポトニックは水分の吸収がいいということのようです。具体的には、汗をかく前ならアイソトニック、汗をかいたらハイポトニックという使い分けがいいということです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/17 13:15

スポーツドリンクには、吸収を良くするため少量の「砂糖」が入れてあります、薄めると逆に吸収が悪くなると思います。

    • good
    • 0

浸透圧の問題ではないでしょうか??



濃度の濃いものと薄いものが接すると、濃いもののほうに水分が移動し、溶けているイオン成分などは薄いものに移動しやすいという理論です。
ナメクジに塩をかけるとナメクジの体内の水分が塩のほうに移動するような感じです。
    • good
    • 1

私たち素人が専門家であるスポーツドクターの意見を覆すのは無理だと思います


ただ、味は確実にまずくなるでしょう。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【化学・熱中症予防】熱中症予防に水道水にカルシウムを砕いて入れて飲むと熱中症予防になりますか? 水だ

【化学・熱中症予防】熱中症予防に水道水にカルシウムを砕いて入れて飲むと熱中症予防になりますか?

水だけだと熱中症予防にはならないらしいので。

Aベストアンサー

なりません。電解質のバランスが崩れると熱中症になります。
特定の電解質をとっても効果はありません。

Q熱中症経験者が熱中症にかかりやすいのは何故ですか?

女性です。熱中症で、過去3回ぐらい倒れたことがあります(完全に意識喪失)。
30年ぐらい前で、小学~高校にかけて、いずれも授業中でした。
当時は水分摂取が推奨されていなかったかもしれませんが、何故か決まって私だけが倒れていました。

社会人になってから現在に至るまで、主に自転車で行動してます。
「帽子・首を冷やすスカーフ・塩分・水分補給」を心がけている為、それからは倒れたことはありませんが、やはり学生時代のトラウマが強く残っています。

我が家には車が1台しかなく家族が日中仕事で使いますので、私は自転車移動になります。
学生時代は皆の前で倒れていたので、クラスメイトや教師が処置をしてくれていましたが、
社会人の今は、独りの時に倒れたら…と思うと怖いです。

熱中症にかかりやすい人の中に「熱中症経験者」と書いてありましたが、これはなぜですか?
1)1回経験すると、熱中症になりやすい体質になる
2)もともと、熱中症になりやすい体質である
3)「また熱中症になるかも…」という恐怖が熱中症を引き起こす
4)そのほかの原因

いずれのうち、どれでしょうか?

それと、私は自転車といっても15分こぐだけですが、長距離を走る方は、どのような対策をなさっているのでしょうか?

女性です。熱中症で、過去3回ぐらい倒れたことがあります(完全に意識喪失)。
30年ぐらい前で、小学~高校にかけて、いずれも授業中でした。
当時は水分摂取が推奨されていなかったかもしれませんが、何故か決まって私だけが倒れていました。

社会人になってから現在に至るまで、主に自転車で行動してます。
「帽子・首を冷やすスカーフ・塩分・水分補給」を心がけている為、それからは倒れたことはありませんが、やはり学生時代のトラウマが強く残っています。

我が家には車が1台しかなく家族が日中仕事で使い...続きを読む

Aベストアンサー

>熱中症にかかりやすい人の中に「熱中症経験者」と書いてありましたが、これはなぜですか?

2)もともと、熱中症になりやすい体質である

だと思います。

熱中症が重篤化しやすい遺伝子が発見されています。日本人では十数%の人が保有しているとされているのでそれほど珍しいことではありません。

ただし質問者様の学生時代の症状が本当に熱中症であったかどうかは誰にも分かりませんし、質問者様が熱中症にかかりやすい体質かどうかは分かりません。

すでに心がけている「帽子・首を冷やすスカーフ・塩分・水分補給」のほかに付け足すとすれば、

暑すぎるときに外出しない

というのが挙げられるかもしれません。

Qスポーツドリンク飲んだら酒飲んでも頭がすっきりする理由?

宴会の翌日、スポーツドリンクを飲むと頭がすっきりするという事を聞きました。腎臓が毒素を分解するとありますが、この根拠はあっているのでしょうか?
ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

アルコールを摂取すると、体の中ではアルコールを分解するためにたくさんの水分が使われます。よって、スポーツドリンクのような吸収のよいものは、脱水を防ぐ意味でも必要です。
また、分解の過程で精製されるアセトアルデヒド(猛毒)これは分解酵素の働きで無毒化されますが、人によってまちまちです。
これが、頭痛の原因です。これを早く体外へ排出するには尿が一番ですので水分を取ることにより尿量も増え一石二鳥です。
ただ、気を付けて欲しいのはカロリーの高いスポーツドリンクがありますのでこれらは取りすぎに注意してください。
とにかく、アルコールの摂取量を減らすのが一番ですが。

Q熱中症を起こしやすい部屋と、サウナ室って、おなじ?

【質問】熱中症を起こしやすい部屋と、サウナ室って、おなじなんではないか?

【経緯】熱中症を引き起こしやすい状況のひとつとして、
●湿度が高く、室温が高い部屋。
→汗が出にくくなって体温調節やいろいろな機能が低下して熱中症になりやすい・・・
と先日TVで放送していました。※番組は忘れました。

ですが、その論法で行くと、サウナも同じなんではないかと考えまして。
室温はめっさ高いわ、湿度もほぼ100%じゃないですか。
それでは熱中症になるために入ってるようなもんじゃないですか~

・・・ですが実際はどっさり汗かいて、水風呂どっぽーんと入って 超気持ちいいですよね。

TVで放送していたのがガセなんでしょうか?

Aベストアンサー

サウナというよりも「低温サウナ」ですね。
どちらも老廃物を排出するために、短時間の利用は、健康的です。
ただし、熱中症は、それの何倍もの時間となるので、体内に熱が蓄積されて、異常を引き起こします。

なので、「ガセ」ではなく、何にでも「限界」があると言うことです。

過ぎたるは猶及ばざるが如し
http://kotowaza-allguide.com/su/sugitaruwaoyobazaru.html

熱中症は、正にこれなんですよ。

Q子供のスポーツ時の熱中症予防法を教えてください

4歳の男の子です。
この春から週に一回のスポーツ教室に通っています。
暑さが増してきた最近の2回は
練習後 体温が38度台まで上がり だるそうで
エアコンや冷却枕等で体を冷やして
なんとか翌日には体温も下がり
元気になっている状態で
軽い熱中症のようです。

これからもっと暑さが増してきます
何かよい予防法がありましたら
お教えください。

練習は屋外で9時から12時まで
子供相手ですので先生方もご配慮いただき
15~30分ごとに休憩をとらせてくださいます。
ユニフォームなので着るものは変えられません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、運動前に十分水分補給をさせておいてください。体格にもよりますが、最低コップ1杯は必要です。

通常ならただの水でいいのですが、この時期は発汗によるミネラルの流出が激しいので、2倍程度に薄めたスポーツドリンクや水100mlあたり、0.1~0.2%(40~80mg)程度の塩と適度な蜂蜜(好みでレモン)を混ぜたものが最適です。

無論、同じものを運動中はこまめに(休憩ごとに必ず)、運動後も十分に摂らせます。3時間も屋外にいて運動するなら最低1リットル以上準備すべきです。

なお、あまり冷たすぎるとお腹を壊しますが、ぬるすぎても体温を下げる効果が薄れます。少し冷たい程度にしましょう。

それからパックの保冷材をいくつか凍らせて、タオルでくるんだものを渡しておいて、休憩中および運動後に首筋や頭、手足に当ててもらうようにして、ほてりをさますと体温を下げるのに非常に効果的です。

ただし、やりすぎると体がだるくなったりするので、あくまで軽くやるようにアドバイスしてください。

練習から帰ってきたら、ぬるめ~少し冷たいシャワーをざっと浴びさせ、お昼のご飯はわざと味付けを少し濃い目にして、塩分を補給。あわせてミネラルの豊富な緑黄色野菜や海藻類を摂らせて、その後は適度な温度(26~28度)の部屋でお昼寝させてください。

ただしあまり温度を下げすぎる(=冷やしすぎる)とかえって熱が体内にこもったり、バテやすくなります。また、風に直接当たらないようにすることも大事です。

とにかくまめに冷やすことと塩分・ミネラルを補給すること、十分な休息を取らせることを重視してください。

まず、運動前に十分水分補給をさせておいてください。体格にもよりますが、最低コップ1杯は必要です。

通常ならただの水でいいのですが、この時期は発汗によるミネラルの流出が激しいので、2倍程度に薄めたスポーツドリンクや水100mlあたり、0.1~0.2%(40~80mg)程度の塩と適度な蜂蜜(好みでレモン)を混ぜたものが最適です。

無論、同じものを運動中はこまめに(休憩ごとに必ず)、運動後も十分に摂らせます。3時間も屋外にいて運動するなら最低1リットル以上準備すべきです。

なお、あまり冷た...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報