私は今年からネットで自作の洋服を売る仕事をしています。今年は収入もあまり見込めそうに無かったので、開業届け等は出さず、確定申告も白色で行う予定です。

そこで直前に慌てなくて済むよういくつかお聞きしたい事があります。

1.取引相手は個人で領収証等は発行しておりません。支払いは銀行・現金書留で、今後は郵便振替も導入する予定です。ここで、収入を計上する場合、何か入金の証拠になるようなものは必要でしょうか?通帳などは記帳してありますが、プライベートな引き落としなどと一緒になってます。

2.経費の件ですが、仕事の性質上どこまでが経費になりますか?布地代等はなるのは分かりますが、参考図書などは何の本を買ったかで違いますか?また、材料を買いに行く為の交通費なども計上されますか?この場合領収証等が無いのですが、実費と行った日にちが分かればOKでしょうか。それが遠距離(飛行機を使うようなとこ)でもOKですか?ネットに繋ぐお金などは経費になりますか?ちなみに電話代は同居の親持ち、プロバイダは自分もちです。

3.上記経費の件ですが、レシートしか取ってません。確定申告をする際はきちんとした領収書が必要ですか?また内訳などは必要でしょうか?(何をいくらとか)

4.自宅の1室を作業場として使ってます。家賃・光熱費等は計上されるのでしょうか。ちなみに家は賃貸で、家賃は親が払っています。

5.私自身は母子家庭で、子供が一人おりますが、何かそのことは関わってきますか?ちなみに親と同居はしてますが、世帯は別で、私は世帯主になってます。所得が児童扶養手当の給付制限にも関わってくるので、きちんと今のうちに知っておきたいです。

ちなみに青色申告にする予定は今のところありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

1について、ご利用になっている通帳で「収入」が記帳されていれば、それを収入の根拠とすることはできます。

が、個人の分と事業の分が混在していますと、仕訳が混乱したりしますので、できたら別々の通帳にすると明確になると思います。

2について、自分が負担をした経費については、軽費として計上する事が出来ますが、個別の事例については税務署の判断になると思います。交通費の場合には、領収書がなくても料金は決まっていますので、月日と金額がわかれば問題はありません。その他、経費として認められるかどうかは、事業を実施するに当って客観的に判断をして経費と認められるかどうかと言う事になりますので、個々の事例に対しては税務署の判断をいただいてください。領収書だけは、保管をして置いてください。

3について、領収書が望ましいのですが、レシートでもかまいません。明細がなくて合計金額のみの記載の場合には、メモ書きでもよいので内訳を記載しておくと説明が出来ます。

4について、あなたが負担をしている分については、作業場として使っている面積で按分するなどの方法によって、光熱水費などの経費を計上する事が出来ます。

5について、事業とは直接関係がありませんが、所得額(税)算出に当たり母子家庭の控除額があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

明確なご回答ありがとうございます。

やはり銀行口座は分けたほうが良いですね。今からでも大丈夫なのでしょうか・・・。
経費の件は税務署の判断で違うのですね。領収書(レシート)はとにかく全部取ってあるので良かったです。
早く整理しておかないと確定申告時期が大変そうですね・・・。

お礼日時:2002/08/01 12:04

 こんにちは。

私は米国の会計、税務、監査、検査などの分野の専門家です。質問に回答しようと思ったのですが、内容から判断すると大変規模の小さい事業のように思いました。果たして几帳面に申告する必要があるかどうか疑問です。もう少し事業が拡大してからでも良いと思います。本格的なオフィスや事業場をもっていながら、事業届も申告書も出していらっしゃらない経営者の方はたくさんいらっしゃいます。当局にとって最も回収できない税はその事業の存在が明らかでない(つまり無申告)の場合です。なお、徴収しようと思ったらその収入などの証明義務は当局にあります。そのため領収書などがないのなら当局は課税できません。もし、減価償却費(個人使用資産の)などでもっての他からの高額の収入をオフセットしたいとかいう税務テクニックを使うというような意図がないのであれば申告するメリットはないと思われます。デメリットにしても日本の税務署レベルではこういった零細な事業体をどうこうしようとは思わないでしょう。日本はアメリカとは違い、個人申告の制度をとっておらず、アメリカ人のようにみなが何らかの自営業所得を有するわけではないからです。他に大きな事業や巨額の収入源をおもちであれば別ですよ。高額納税の実績のあるかたはあらかじめマークされていますので慎重に。専門のプランナーが必要でしょう。
 最後に日本の税法では無申告について刑事罰はありません。そしてもしそれを摘発して追徴しようと思えば、上に述べた通り書類などからの証明義務は当局にあります。まあ、割に合わない作業です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

おっしゃる通りかなり規模の小さい仕事です。内職に毛が生えた程度です(苦笑)。回りもやはり「申告してもどうせ小額なんだからしなくていんじゃない?」と言うのですが、私の仕事がメディアに取り上げられた(本に掲載されました)ので、きちんとやらないと突っ込まれるような気がして。この辺はどうなんでしょう?今私がやってるような仕事も確定申告をしてない人が多く、業種的にマークされてるとも聞きましたので・・・。

また子供の保育料、児童扶養手当等の受給資格等の為どちらにせよ所得の申告はしないといけません。その時無収入と言う事だと「その間どうやって生活してたのか」とか「どうして働いてないのか」とか聞かれるので、ちょっと嫌な思いをするんで・・・。(去年までは実際無収入だったのですが)

多分どちらにせよ税金が掛かるほどの収入にはならないと思います(苦笑)。ざっと計算したところ、収入が今までで50万ほど、経費として計上できるものがそのうち7割くらいあるようです。実質の所得としては15万前後くらいのようです。もっと稼ぎたいですね~。

お礼日時:2002/08/02 20:47

 No1です。

銀行口座については、絶対別々にしなければならないと言う事ではありません。ただ、個人分と事業分を分ける事によって、事業用の収入・支出が明確になりますので、お勧めをします。もちろん、「思い立ったが吉日」で、今から分けても問題はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ありがとうございます。

よかった、今からでも大丈夫なのですね。
早速週明けにでも行って口座開いてこようと思います。

お礼日時:2002/08/02 20:27

#2の追加です。



経費の件については、家賃・光熱費・電話料など、お母さんの名義で契約されているものだけが経費計上できないのです。
その他の経費については、事業に関連するものであれば、問題はありません。

家賃・光熱費などは、あなたが契約することは出来ないのでしょうか。
そうなれば、使用面積の割合で按分して、事業用の一室ぶんを経費として処理できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ありがとうございます。

母名義だとダメなんですね・・・。住居は私では契約できないので、仕方ないですね。光熱費は電化製品を使っているので私名義にしてもいいかもしれないですね。この辺は私一人では決められないので相談してみようと思います。

お礼日時:2002/08/02 20:26

1.入金の証拠になるようなものは、通帳に記帳されている数字を基に売上計上できます。


ただ、事業と個人の収支が1つの口座で行なわれていると、収支計算が煩雑になり、税務調査の際にも個人の収支まで見られますから、口座を事業用と個人用に分けた方がよろしいでしょう。

2.経費は、原則として収入を得るためにかかった費用は、全て経費として処理できます。
参考図書や飛行機代も事業に関連する図書なら問題ありません。
交通費などは、月日・訪問先・訪問目的などを記録して、事業に関連することを証明できるようにしておけば、領収書が無くても大丈夫です。
ただし、親が加入している電話料については、経費と出来ません。ご自分名義であれば大丈夫です。
プロバイダ費用は経費として処理できます。

3.レシートでも大丈夫です。
品名などが書かれていない場合は、余白に記入しておきます。

4.大家との契約がお母さんになっている場合、家賃・光熱費をを按分して経費とすることは出来ません。
賃貸契約が、お母さんとあなたと二人になっていれば、経費として処理できます。

5.所得が発生して、児童扶養手当の給付制限にも関わる件については、市の方で確認してください。
所得税では問題はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
個人の収支まで見られるというのはイヤですね・・・(苦笑)。ということは確定申告の時、通帳を持参しないといけないんですよね!?早速口座を分けて作りたいと思います。
経費の件、電話は親の名義です。残念ながら・・・。プロバイダ代が費用になるだけでも随分違いますが。家も賃貸契約は母のみですので無理そうですね。でもそうなるとかなりの割合で経費となる可能性があるのですが大丈夫なのでしょか。恐らく7,8割が材料費・参考資料・交通費なので・・・。
あとは税務署の判断次第と言う事でしょかね。とにかくレシートは全て取って置きます!

お礼日時:2002/08/01 12:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネットショップを開業しています。しかし、商品を1ページに対して1商品しか掲載できないレンタル会社です

ネットショップを開業しています。しかし、商品を1ページに対して1商品しか掲載できないレンタル会社です。ホームページのスペースを借りている会社名はFC2と言うレンタル会社です。商品を1ページに対して2、3枚掲載できて、なおかつホームページのスペースをレンタルしてくれる会社はありませんか?(自分で1から10までホームページを作れたらこんな心配はしなくて良いんですけどね・・)ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

http://sample.cart.fc2.com/?sort=&ca=&word=
FC2のサンプルを見ると 商品数を選ぶこともできそうですが
できないのでしょうか
どんな設定なのでしょうか 
どんなページにしたいのでしょうか
よければ教えてください

Q経費計上時、旅費・宿泊費等の領収書の必要性

例えば、新幹線・飛行機等を使用して出張した場合、領収書は必要でしょうか?
その他宿泊費はどうでしょうか?

領収書がなくても、税務署で通るかどうかを教えてください

Aベストアンサー

>新幹線・飛行機等を使用して出張した場合、領収書は必要でしょうか?

公共交通機関の運賃は一律が原則でしたが、現在はかなり異なっています。
 ○航空運賃の場合は、早割等、早期に予約をするとかなり割引されます。
 ○自分のマイレージを使って無料で航空券を手に入れる事ができます。
 ○JR東海のExpress予約は、正規運賃よりお得になっています。
などなど、同一路線でも料金がかなり異なります。

よって、
 ○乗車券、航空券等は会社で手配
 ○領収書を要求(在来線の場合は領収書が発行されませんが、新幹線等
  ですと自動発券機で購入しても領収書が発行されます)
 ○公共交通機関は領収書を要求しない。(管理業務の煩雑化を避けるため)

と、会社によって対応は異なります。

>その他宿泊費はどうでしょうか?

一般的には、宿泊費はホテル(旅館)のグレードによって宿泊費が大幅に異なり
ますから、領収書の添付は必須と思われます。
(会社規則によって、宿泊費は一律○千円と決められている場合は、領収書の
 添付の必要がない場合がありますが、あまり多くはないと思われます)
※会社規則に従ってください。

>領収書がなくても、税務署で通るかどうかを教えてください

公共交通機関の場合は、一般的には当該地区への出張を証明(出張報告書等)
できれば領収書なしでも問題が無いと思われます。

宿泊に関しては、
 ○一般的な金額である事(高級ホテルの場合は領収書があっても否認される
  可能性があります)
 ○当該出張地までの距離が長く、宿泊が一般的と思われる場合。
  (あまり近い地域で、宿泊は”嘘”と看做される場合があります)
 ○当該出張を証明(出張報告書等)できる事
上記の要件を満たしていれば、税務的にも損金として認容される可能性が高く
なります。
 ※一般論ですので、具体的には税務署・税理士へお尋ねください。

>新幹線・飛行機等を使用して出張した場合、領収書は必要でしょうか?

公共交通機関の運賃は一律が原則でしたが、現在はかなり異なっています。
 ○航空運賃の場合は、早割等、早期に予約をするとかなり割引されます。
 ○自分のマイレージを使って無料で航空券を手に入れる事ができます。
 ○JR東海のExpress予約は、正規運賃よりお得になっています。
などなど、同一路線でも料金がかなり異なります。

よって、
 ○乗車券、航空券等は会社で手配
 ○領収書を要求(在来線の場合は領収書が発行されま...続きを読む

Qホームページビルダー(ネットショップ開業)

ホームページビルダー(ネットショップ開業)を使ってショップを開業しようと思うのですが、1つのビルダーで複数の全く違うサイト(責任者も異なるネットショップ)を作成することはできますか?

Aベストアンサー

>>1つのビルダーで複数の全く違うサイト(責任者も異なるネットショップ)を作成することはできますか?


できますよ。

できますけど、知識つけてからじゃないとできないと思いますよ。。。残念ながら。

ただ、ホームページ作って、これを販売します~。希望者はメールください~。
だったら、ホームページを作る技術と、販売に関しての知識をつければいいのでそこまで苦労はしないかもしれませんが、インターネットショッピングの有名なサイトみたいに、ショッピングカートをつけて、客のログインとかの認証を行ってとか。。。まぁ、凝れば凝るほど難しくなりますよ。

もし、そういう本格的(?)なのを考えているのでしたら、インターネットショッピングを開設できるようなブログサービスがあるので、そういうのを使うのをオススメしますよ。

Q経費の計上は領収書の日付?それとも領収書をもってきた日付?

事務歴ウン年、今更ながら聞くのが憚られるのでお聞きいたします。

経費の計上日は
■領収書の発行日(=店側への支払日)
ですか?それとも、
□領収書をもってきた日
ですか?
領収書を持ってくるのが月をまたいでしまうことが多い上に
領収書はまとめて精算しているので、どうしても領収書発行日と同日に弊社の現金が出ているわけではありません。

Aベストアンサー

青色申告で「現金主義」を届け出てある場合を除いて、どちらでもありません。

支払義務が確定した日、平たくいえば買い物をした日です。
いつお金を払ったかではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Qネットショップ開業にあたって

現在、独自ドメインにてネットショップを開業していますが、リスティング広告やSEO対策など、全く宣伝をしていないため、集客がなく困っています。そこで、新規にネットショップをリニューアルするために、ネットショップ開業サービス会社をいろいろと調べています。
現在、Eストアー、make shop、くるねっとに問合せ中です。定期機能があり、集客アップを期待するのであれば、どこがオススメでしょうか?
この業界に詳しい方がいらっしゃいましたらアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

SEO対策込みのサイト制作会社を運営しています。
皆、誤解されているというか、SEO業者に煽られてる部分が多いですが、SEOはお金をかけずにできます。お金をかける=業者に頼む(高い)、無料でやる=勉強して知識を付ける
という図式が成り立つのが、SEOなんです。

リスティング広告なんて全く必要ありませんよ。
あんなもの、すぐにクリック数がマックスに達して、お金だけふんだくられます。購入にまで至ってもらってナンボならわかりますが、ただサイトに入ってきただけでお金取られますから。

SEOの知識をつけるべく、講習会に参加したり、本を読んだりして私は知識を身につけ、確実に1ページ目に表示されるノウハウを身につけ、結果、現在ホームページ制作会社を運営し、安定して顧客がいます。

Q領収書のない費用は経費計上できますか?

小さな会社を経営しています。
経理関係等については初心者なのでご質問させていただきます。
領収書のない従業員への自販機購入による飲料代等は、経費計上が出来るということがわかったのですが、
そのほか、忘年会会費、その二次会費用、割り勘時の費用などは領収書がありません。
そういう費用は経費にできるのでしょうか?
また、経費に出来る自販機購入の飲料代を含め、経費にするには、出納帳などに記載するだけでいいのでしょうか?
それとも、支払い証明書などを作成して、他の領収書と一緒に保管しておく必要などはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>事前に「会社を経営」されていると言うことで法人とみなしてご回答いたします。
>問題点の一番目に「会社の経費となるかどうか」だと思います。
あくまでもご自分の会社を繁栄させる為に会社を経営なさっているわけですから、ご自分の個人的費用まで会社に負担させるのは、税金の問題以前のことと思います。
また、あくまでも確定申告は法人の代表者の責任において正しい申告をすることが義務であるとされており、「知らなかった」「聞いてなかった」ではすまないわけです。(税法上の質問に答えるのも税務署や税理士の役割ですから疑問があったら聞いてみればいいのです)、ですから他の多くの納税者が会社の正確な経理及び税法の認識不足を補うために税理士に関与してもらっているのではないでしょうか。

>忘年会は誰と行ったかが問題になります。
取引先など貴会社と関係のある人か、会社と取引の無い友人知人なのかで判断できるかと思います。

>金額にもよりますが、取引先等の貴会社と関係があり経費と認められる場合、通常は1次会まで交際費として認められると思います。

>法人税は「実質課税」ですので、行われた事実があれば収入も費用も計上すべきです。(領収書がすべてではないのです)
ですので、領収書や請求書がなくても「いつ、どこで(何の店で)、だれと(だれに)、何を、どれだけ、金額」が確認できればよろしいと思います。(取引先等の会食が行われた事実、例えば忘年会の案内状とかも証拠書類となるわけです。)
 もし何も無ければ、忘年会の行われた年月日時間、どこの会社の誰とどこで、会費はいくらでを明記した「支払証明書」を作成されるとよろしいのではないでしょうか。
 また、帳簿や証拠書類は税務申告のためにだけ作成保存するものではないことをご理解ください。

>この「支払明細書」には「いつ(なるべく詳しい時間まで)」「どこで(どこの店で、どこの自販機で)」「何を」「どれだけ」「何のために(誰に渡したか氏名等も必要)」、「金額」を明記し、支出した本人に記載させて署名捺印させ他の証拠書類(領収書等)と一緒に保管するのが通常です。(「支払証明書」はなるべく無いほうが好ましいですが)

>日本国内で法人を経営されている以上、日本の法律を守っていくのが義務だと思いますし、経営者は基本的にその大切さを知った上で、経理手段や申告の手段(税理士に関与を依頼する等)決定されるのだと思います。

>厳しい説明で申し訳ありませんが、ANo.1さんのおっしゃられたとおりhanasanが行われ税務調査等で修正申告を多く出すことになった場合、税法上の付帯税(加算税や延滞税のペナルティー)もそうですが、万が一金融機関に借入等を申し込んだときにも不利になり得ると思いますので、あえてこのような回答をさせていただきました。

>また、税理士も税理士法と言う法律によって資格を取得しています。税理士が一般的に認められない経費を経費として計上させた場合、それなりの処罰もありうるわけです。一概に「税務署側の味方」と言うわけではありませんし「税務署が敵」とみるのもどうかと思います。

>関与税理士がいらっしゃるようですので、まずは税理士に納得のいくまでご相談されてはいかがでしょうか?それでも納得できない場合、所轄の税務署にだめもとで質問されてはいかがでしょうか。

>事前に「会社を経営」されていると言うことで法人とみなしてご回答いたします。
>問題点の一番目に「会社の経費となるかどうか」だと思います。
あくまでもご自分の会社を繁栄させる為に会社を経営なさっているわけですから、ご自分の個人的費用まで会社に負担させるのは、税金の問題以前のことと思います。
また、あくまでも確定申告は法人の代表者の責任において正しい申告をすることが義務であるとされており、「知らなかった」「聞いてなかった」ではすまないわけです。(税法上の質問に答えるのも税務署...続きを読む

Qショッピングカート導入、ネットショップ開業について

ネットショップを開業しようと考えています。
小さい会社ですが、1事業部門として立ち上げを考えています。
ネットショップについて知識があまりなく作成方法、システムなどを教えていただきたいと思います。

1.法人でネットショップを開業する際、Yahooオークションなどは利用せず独自にHPを作成し出店する場合、何をおこなえばいいでしょうか?(ネットショップは開業したことはないですが、HPの作成技術はあります。)

2.ネットショップから商品を選んで購入できクレジット決済、コンビニ決済をしようする場合、どのような手続きが必要でしょうか?
(ショッピングカートを導入すれば付属でクレジット決済機能も使えるのでしょうか?)

3.企業で作成する場合で最も手軽で料金のかからない導入方法を教えてください。

以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

ネットショップのやり方ですが
既存の機能を使わない場合

1、ドメインを取得し、サーバーを借ります。
2、ショッピングサイトを作成(カート付き)
3、クレジット決済代行会社(コンビニも可)と契約
(審査があります。約1カ月かかります)
4、決済システムの導入

以上の手順でオープンはできます。

問題になるのはサイト作成のところぐらいかと思います。
フリーのショッピングカートのツールもありますので
探してみてはいかがでしょうか?
クレジット決済の導入ができるかどうかに気おつけて探してください。

Q領収書 経費計上について

個人事業主として 仕事をしています。 経理初心者です。
私はよく仕事で パーキングを利用するのですが、 元請会社より
「パーキング代は うちで持ってあげるから 請求の際、一緒に請求して。 その領収書も一緒に 送って下さい。」
と言われており その様にしています。
今まで単に 領収書が手元にないからと この分を『経費』として計上していませんでした。
しかし最近 『経費』として計上するのでは? 計上しても良いのではないか?
と思い始めたのですが・・・

工事代金 30万円  パーキング代 1万円  の請求だとした場合

< 経費として計上しなかったら >
『売上金額 31万円』 = 『所得金額 31万円』

< 経費として計上した場合 >
『売上金額 31万円』 - 『経費 1万円』 = 『所得金額 30万円』
パーキング代は 元請持ちなので 『工事代金 30万円』が 私の『所得金額』 になると思うので
経費として計上するのでは? と思いました。

もし経費計上するのであれば、今年の確定申告時より 計上しようと思っています。
初歩的な質問ですが よろしくお願い致します。 

個人事業主として 仕事をしています。 経理初心者です。
私はよく仕事で パーキングを利用するのですが、 元請会社より
「パーキング代は うちで持ってあげるから 請求の際、一緒に請求して。 その領収書も一緒に 送って下さい。」
と言われており その様にしています。
今まで単に 領収書が手元にないからと この分を『経費』として計上していませんでした。
しかし最近 『経費』として計上するのでは? 計上しても良いのではないか?
と思い始めたのですが・・・

工事代金 30万円  ...続きを読む

Aベストアンサー

>請求書を書く際、 『パーキング代の備考欄』に 『立替金』と記入し、
この パーキング代には 消費税をかけないで 合計を出す。
>帳簿には 『入金金額 31万円』 『売上金額 30万円』 『立替金 1万円』 と記入。
確定申告の 収支内訳書の 『売上(収入)金額 30万円』と記入。

それでいいと思います。
ただし
>この会社には 請求の際、消費税はかけていないのですが・

これはいただけません。もしあなたが課税事業者でなければまあいいでしょうけれど、課税事業者なら計算が厄介になります。

なお、支払調書の件は気にしなくていいです。
もともと支払調書は貰わないのが本則ですし、その前にこの取引は支払調書作成の前提である源泉徴収の対象でない可能性が極めて高いですから。またもし源泉徴収されていて、あなたが貰うか否かを問わず作成された支払調書に、「支払額31万円』としてあっても、それは支払調書のほうが間違ってるのですからあなたには関係ありません。源泉徴収額だけ間違いなくチェックしていればよろしい。

Qネットショップ開業資金

こんにちわ!
以前から自分の彼女がオークション等で服を転売したり近くのお店で安い服を買って流したりしていました。
つい最近「ネットショップの開業」という言葉がでてきました。
理由は問屋から卸したりするほうが断然安いからです。
そのためには自宅を登録してネットで探した問屋から卸して販売したいのですが開業資金が気になりました。
ここで検索してもショップの開業資金等は書いてあったんですがネットショップの開業資金はそれぞれでよくわかりませんでした。
アドバイスよろしくお願いします。
ちなみに自分はアパートでPC・インターネット等の装備は万全です。

Aベストアンサー

>会社を立ち上げる資金・・・
株式会社であれば、設立費用は30万円程度ですので、この金額が最低必要な資金ということになります。
現実的に考えればせめて50万円ぐらいは準備する必要があるでしょう。

Q明細なし領収書の経費計上について質問です。

明細なし領収書の経費計上について質問です。
会社で経理を担当しています。
量販店等における主に消耗品の購入には、明細書なしの領収書の添付のみの清算(購入した品目は口頭で申告すれば良い)で会社が許可をしており、これは想像でしかないのですが、社員は明細が必要ないのをいいことに、黙って申告以外の物品も購入しているのではないかと少し疑っています。
せいぜい1回につき1~2万円以下の清算がほとんどで、回数も年間を通して数十回もあるものではないので特別追及もしてませんが、例えば税務調査が入った場合、この程度の額で目を付けられ、反面調査等追及されることはあり得るでしょうか?
特別申告された品目と領収額に整合性を欠くものもありません。
どうぞ、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>税務調査が入った場合、この程度の額で目を付けられ、反面調査等追及されることはあり得るでしょうか?

これは税務調査に来る調査官次第でしょう。
細かいことまで見る調査官ならありえるでしょうが、あくまで私の感覚ではその程度の金額で、領収書があって物品名が手書きでも領収書及び総勘定元帳に記載されて損金処理されていれば、購入した物品が事実と相違なければ何の問題にもならないでしょう。

ただ、言い方は悪いですが明細書をもらわない、口頭での報告のメモ書きという胡散臭さはあるので、何か他にもやましいことをしているのではないかというあらぬ疑いを調査官にもたれることは少なからずあると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報