はじめまして。困ってます教えてください!
私の父は建設関係業の下請けとして20年以上やっています。
4年前から私が専従者として入った事で青色申告に切り替えました。
長男も専従者扱いですが一人親方です。父も職人として現場で作業してます(元請会社で一人親方保険と傷害保険に入っています。)今まで従業員と言う形でわなくて、一人親方として何人も雇ってきました(申告の時には外注として扱っています)
でも人の良すぎる父は、一切経費負担もさせず、高い単価を支払い、うちにはほとんど儲けがない状態で借入金もかなりかさんでいます。その上、経費となるものも少なく、毎年税金はガッポリ持ってかれ、手間受けとなるらしく、仕入れが全くない状態なので、毎年消費税もとんでもない金額で(泣)私も父も専門的な知識が全く無い為、節税の仕方もわからず、、、お手上げです(泣泣)そこでこれから新たな人間を従業員としてもっと安い単価で雇おうと思っています。その場合、まずやらなければならないことは何ですか?あと、外注としてでわなくて、従業員として雇う場合、うちは税金面でメリットあるのでしょうか?困ってます、教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、従業員給与か外注のどちらが得かというと、外注の方だと思います。

(給与になれば、所得税の源泉徴収、社会保険料等の負担も増えます。)ただ、公共工事等へ入札参加する場合は社員数によって経審点数が大きく△影響しますので注意して下さい。

儲かっていないのに税金が持って行かれると言うのは???です。事業所得(収入-経費)から税金を計算するわけで、それが少なければ当然、税金も少なくなります。個人事業の場合、接待交際費の枠もありませんので、きっちり領収書を貰っておけば、かなり節税出来ると思います。ただ、この場合も赤字になれば、税金は払わなくて済みますが融資の条件等が厳しくなります。

最後に消費税について、年間の売上げが5,000万円までなら簡易課税を選択する方法もあります。建設業であれば課税売上高の70%が控除できます。単純計算で、税込み1,050万円の売上であれば、消費税の納税額は50万円×30%=15万円となります。

やはり、良心的な税の専門家に相談するのが良いかと思います。(評判等、たくさんの人の意見を聞いて決めると間違いないと思います。)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

わかりやすく回答いただきありがとうございます。
社会保険料の負担を考えたら現状維持の方がよさそうですね。
公共工事入札等は直接やることはないので大丈夫です。
儲けが少ないのは事実です。事業主本人が他の子達と全く同じ作業をしているので、本人がした作業で貰える単価で何とかやっています。
現状経費で落ちるものが少ないため苦労しています。
消費税の件ですが、うちの場合仕入れがありませんので、控除は60%で第4種となります。年により異なりますが、年間売り上げは大体4.000万以上7.000万以下です。
専門家への相談も考慮して色々考えてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/20 21:50

借入するほど儲けがほとんどないのに 税金はガッポリっていうのが


わかりません(^^;;
もしかして、間違えて申請とかしてませんか?

あと従業員を安い単価で雇うとのことですが 安いとは
どのくらいにもよります。
一般相場より安ければ 求人をかけても応募に来ないし
来ても 腕が良くない人とかで結局一人で出来るところを
二人かかっていては人件費が多くなります。
あと、従業員だと 合間に仕事がない時期でも月給は絶対に
保証しないといけないので それだけの仕事量がずっと確保できるか。
保険など、会社負担分も考えてみて下さい。
1年トータルで 仕事量、給料、保険負担、従業員にかかる経費などを
考えてみて 一人親方と比べてみてはいかがでしょうか?

まずは現状を把握するのが必要だと思います。
じゃないと 一人親方の今のやり方が悪いのか 事務処理が悪いのか、。
知識がないとのことなので 専門家に相談するのも良いでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご親切にありがとうございます。
儲けがほとんど無いと言うのは本当です。
ただ事業主自体が一人親方として毎日現場で他の子達と同じ作業をしていますので、自分が作業した分の単価があるだけの事です。
申告を間違えている訳ではありません。
従業員として雇っていないので、福利厚生費としては落とせないものも多いためいろいろ考えていました。
仕事が無い時期は有りません。
アドバイス頂いた通り、一度年間トータルして考えてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/20 21:36

従業員として雇う場合のメリットは特にありません。


消費税の課税仕入にもならないし、こちらで年末調整をしなければならない等の事務的負担も増えます。
税金面のだけなら外注のほうが良いです。

節税は一度税理士の無料相談などに行き、良い人かどうかあたりをつけてから後日相談すると良いと思います。顧問契約しなくても(有料になりますが)相談は承りますので。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

教えていただいてありがとうございます。
専門家のほうも検討してます

お礼日時:2007/11/20 21:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建設業の一人親方です。これは外注費?給料?

建設業で請負の仕事を始めました。
個人事業主(一人親方)ですが、規模の大きい現場などは
知り合いの職人(屋号を持つ一人親方)などに一日16000円等で手伝ってもらいます。
長くかかれば半年ほど続けて来てもらい、支払は月末締めの翌月払いで日当×日数分をまとめて払います。
現金での支払いの場合は領収書をもらい、振込みの場合は振込明細をその代わりとしています。
お互いが仕事を手伝ってもらった日数を把握しているので請求書、支払明細はやり交わしていません。(日当は消費税込みの金額です。)
この費用は外注費として計上して良いのでしょうか?
また頑張ってもらって利益が多くでた時には日当と別に10万ほど謝礼?寸志?として渡す事もあるのですが(いわば日当+出来高という感じです)それも経費になりますか?

Aベストアンサー

>知り合いの職人(屋号を持つ一人親方)などに一日16000円等で手伝って…

その 16,000円が純粋に労務費だけなら、税務署は「給与」と判断するでしょう。
給与となれば源泉徴収の必用が出てきますし、消費税は不課税です。

16,000円に道具の持ち込み料や細かい材料代などが含まれているなら、「外注費」でかまいません。
消費税は課税取引になり、源泉徴収義務もありません。

>頑張ってもらって利益が多くでた時には日当と別に10万ほど謝礼?寸志?として…

実態は謝礼や寸志であっても、経理上は外注費の残業分とでも装うほうが利口です。
謝礼だの寸志だのは、税務署からあらぬ詮索を受けるおそれがあります。

Q同居の親族を専従者ではなく従業員として雇いたい場合

同居の親族を専従者ではなく従業員として雇いたい場合


個人事業主です。
姉夫婦と同居ですが、姉の夫を従業員として雇いたいと考えています。

専従者の場合は『生計を一にする』とありますが生活費はそれぞれ別です。
できれば一般の従業員として雇いたいんですが、
同居の場合は『あきらかに生活が別であることを証明できれば』とどこかで読みました

1.この『あきらかに』とは具体的にはどのようなことでしょうか
住民票の世帯が別だとかそんなことではないですよね?

2.親族であることを隠して赤の他人として従業員で雇った場合、ばれますか?
姉の夫なので戸籍を調べたとしても私の戸籍には載っていませんよね?
何かちがうものでわかるんでしょうか

3.専従者ではなく一般の従業員として雇う方法はありますか?
別居するしかないんでしょうか

Aベストアンサー

>1.この『あきらかに』とは具体的にはどのようなことでしょうか…

例えば、電気やガス水道などが独立して支払われていることです。
まあ普通の一軒家ではこれらを分離することは通常できませんが、母屋と離れというような形だと別々に契約することもできる場合があります。

>住民票の世帯が別だとかそんなことではないですよね…

はい、あくまでも生活の実態を見ます。

>2.親族であることを隠して赤の他人として従業員で雇った場合、ばれますか…

ばれるばれないの問題ではなく、税法の定めるところにしたがって正直に申告するのが確定申告の基本。

>何かちがうものでわかるんでしょうか…

給与支払い報告書等に記入する住所が同位置であれば、税務署はとうぜん関心を持つでしょう。

Q子供に給与としてお金を出そうと思いますが、専従者給与なのか従業員給与なのか判断ができず困っています。

美容室を個人経営しています。今まで、自宅で経営していましたが息子夫婦と一緒にすることになり、自宅での経営を辞め、新しく店舗を作ることにしました。店舗の名義は私名義で、半分を店舗、半分を息子夫婦の住居としています。その場合、息子夫婦に渡す給与は専従者給与になるのでしょうか?それとも、従業員給与になるのでしょうか?生計は事実上別としていますが、私名義の店舗兼住居に息子夫婦が住んでいますので判断がつけにくいです。確定申告の提出期限も近く、専従者給与となるならば、届出もしないといけません。その場合、給与としては申告できません。どうか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>生計は事実上別としていますが…

「生計が一」とは、必ずしも一つ屋根の下に寝泊まりすることを言うのではありません。
お母様 (お父様?) と一緒に仕事をする以上、生計は一と考えられるでしょう。
専従者給与です。

>確定申告の提出期限も近く、専従者給与となるならば、届出もしないといけません…

月曜日はもう 2月 25日です。
年末ぎりぎりに専従者となったのでない限り、昨年分の申告に、今から専従者の届け出は間に合いませんけど。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2075.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q専従者として雇うべき?

青色申告の個人事業主です。
今年の売上が900~1,000万円、経費が100万程になる予想です。
妻を専従者として雇うべきか迷っています。妻も手伝いとして働いていますが、私の社会保険(2年間限定の任意継続)の扶養に入っている為、専従者にはしていません。
専従者として雇って給料を経費にした場合と、雇わないで扶養控除を受けた場合とでは払う税金にどれくらいの差が出るのでしょうか?
また、専従者として雇う場合、給料は毎月いくら払うのが節税になるのでしょうか?
上記の場合の収入だったと仮定して具体的に節税対策を教えていただけると大変ありがたいです。

Aベストアンサー

>社会保険(2年間限定の任意継続)の扶養に入っている為、専従者にはしていません…

税と社保とは全く別物です。
相互に因果関係はありません。

>雇わないで扶養控除を受けた場合とでは…

「扶養控除」は絶対に受けられません。
扶養控除は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>どれくらいの差が出るのでしょうか…

妻が障害者とか高齢者とかでなければ、配偶者控除は 38万円です。
これより多く専従者給与を払えば、それだけ「課税所得」は下がります。

>専従者として雇う場合、給料は毎月いくら払うのが節税になるのでしょうか…

専従者給与は、そういう観点から決めるのではなく、赤の他人を雇ったらいくら払うかが一つの目安です。
もちろん、赤の他人の場合より少なくしか払わないのはかまいませんが、多く払うのはいけません。

>今年の売上が900~1,000万円、経費が100万程…

「課税所得」はいくらほどと皮算用しているのですか。
自分の所得の一部を妻に移すことによって、税率が 1ランク下がれば、大きな節税となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

妻に移された所得は、妻の「給与所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
および基礎控除をはじめとする種々の「所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
を超えるまで、納税額は発生しません。

>具体的に節税対策を教えていただけると…

お書きの条件だけで具体的な数字までは出せません。
青色申告をしている方なら、それくらいご自分で試算できるでしょ。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>社会保険(2年間限定の任意継続)の扶養に入っている為、専従者にはしていません…

税と社保とは全く別物です。
相互に因果関係はありません。

>雇わないで扶養控除を受けた場合とでは…

「扶養控除」は絶対に受けられません。
扶養控除は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>どれくらいの差が出るのでしょうか…

妻が...続きを読む

Q弊社は関係会社を外注業者として取引しており、毎月外注費の支払いを行って

弊社は関係会社を外注業者として取引しており、毎月外注費の支払いを行っています。
その外注業者へ今後毎月30万円 「片付け清掃荷卸手伝い」 として支払うこととなりました。
その際、勘定科目は雑費がいいのかなと思っていますが、もっと適切な科目があれば
ご教授いただければと思います。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「雑費」は、一般的に営業外費用として計上されます。

質問では、外注費の「片付け清掃荷卸手伝い」が本業にどの程度関連しているのかはわかりません。

本業と関連があるとすれば、「一般管理費」に計上したほうがいいでしょう。


本業と関連がある場合とは、小売店など、清潔さがお客さんの購買意欲に結びつく場合などが考えられます。
また、工場などでの清掃荷卸は、製造間接費として「製品原価」に含めることにもなるでしょう。


結論として、「片付け清掃荷卸手伝い」を雑費に計上するのは不適当かもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報