【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

給料差し押さえがありますが、会社に迷惑がかかると聞いたことあります。どのような迷惑がかかってしまうのでしょうか?迷惑をかける責任は差し押さえする側にあるのですか? 差し押さえされた方は周りにも分かってしまうのでしょうか?よく分からないので教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

債権執行(給与差押等)の場合、申立時に、同時に第三債務者(会社)陳述催告書も同封します。

これに対して、会社は債権が有るかどうかを報告します。普通は、会社は、素直に支払いますが、たまに、払わなかったり・供託する事が有ります。この場合、債権者は自ら取り立てに行くか、取立訴訟を申立ます。こんなごたごたはあまり有りません。むしろ、素直に支払う方が多いです。そして、債務者の方が、やってられない・生活できないと会社を辞めてしまう事が殆んどです。ですから、会社としては、今までに比べ、手間暇がかかる、程度の負担です。当然、社内で債務者の話が印象をどうするかという事はあるでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

まったく迷惑がかからないわけではないと思いますが、大迷惑がかかるわけでもないと受け取ってよいでしょうか? なるべくしたくないことですが…。 回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/11 10:39

>迷惑をかける責任は差し押さえする側にあるのですか?



差し押さえるのは、司法機関(裁判所と受任執行官)ですが。
    • good
    • 0

会社にまで債権者からの督促等が頻繁に行われている状況であったなら


むしろそれらに対応しなくて良くなるので、手間が省けるともとれますがw

>どのような迷惑がかかってしまうのでしょうか?

基本的に
・給与から天引きする手間
・振込なり手渡しなりの手間
がかかる程度です。
また、No1の方が言われるように裁判所関係の書類作成の手間もありますね。

>迷惑をかける責任は差し押さえする側にあるのですか?

差し押さえされるまで支払わなかった債務者(社員)に責任があります。
返済をきちんとしていれば差し押さえを行う事はありませんから。

>差し押さえされた方は周りにも分かってしまうのでしょうか?

恐らく、経理担当者・経理責任者・直属上司あたりまではバレます。
会社の規模にもよりますが、直属上司より↑にもある程度バレるでしょう。
これは悪意によるものではなく、処理に最低限必要だからです。
経理担当者が一存で決められる物ではないので、経理責任者に聞きます。
経理責任者は本人への事実確認も必要なので直属上司へ連絡するでしょう。
上司も一存で社員の給与をいじくる訳にはいかないので、ある程度責任のある人に確認するでしょう。
あとは事実を知った人の良心・良識次第ですのでなんともいえません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q給与差押に対する会社の対応

債務者の給与を差し押さえるに際し、会社側は差押を拒否することができますか?また、債権者側は、差押手続を何を単位として行わなければなりませんか。毎月の各振込給与ごとですか?給与を複数の会社から受け取っている場合、差押は会社単位で必要ですか?さらに、転職と繰り返している場合はどうでしょうか?質問が細分化されていて申し訳ありません。

Aベストアンサー

Q 債務者の給与を差し押さえるに際し、会社側は差押を拒否することができますか?
A できないです。差し押さえるか否かの問題は、債権者の自由だからです。
その「拒絶」と言う意味が「異議の申立」だとすれば、それはできます。できますが、認められるか否かは裁判官の判断で決まります。
Q 債権者側は、差押手続を何を単位として行わなければなりませんか。
A 差押に単位などないです。「何を差し押さえるか」と言うことならば、債権者の裁量です。
給与などならば「債務者の第三債務者に対する給与請求権の差押」と言うことになります。
Q 毎月の各振込給与ごとですか?
A その「・・・ごと」と言うことがわかりませんが、給与支払いが毎月ならば、毎月差押の手続きをする必要はないです。一度の差押で、全額弁済まで続きます。
Q 給与を複数の会社から受け取っている場合、差押は会社単位で必要ですか?
A そうです。債権者は、各会社を第三債務者とします。
Q 転職と繰り返している場合はどうでしょうか?
A 転職すると言うことは、その会社は給与の支払いはできなくなりますから、第三債務者(会社)は債権者に差押額を支払うことはできなくなります。
債権者とすれば、その転職先の会社を新たに第三債務者として差し押さえる他ありません。

Q 債務者の給与を差し押さえるに際し、会社側は差押を拒否することができますか?
A できないです。差し押さえるか否かの問題は、債権者の自由だからです。
その「拒絶」と言う意味が「異議の申立」だとすれば、それはできます。できますが、認められるか否かは裁判官の判断で決まります。
Q 債権者側は、差押手続を何を単位として行わなければなりませんか。
A 差押に単位などないです。「何を差し押さえるか」と言うことならば、債権者の裁量です。
給与などならば「債務者の第三債務者に対する給与請求権の...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング