最新閲覧日:

満漢全席のメニューについて教えて欲しいです。
何品でてくるとか料理の名前とか分かる方
よろしくお願いします。

A 回答 (6件)

中国、北京、北海公園の中に、満漢全席の専門店があります。

清の時代の大型宴席料理。電話、北京64042573です。ここの1食目は、到奉香茶、から始まり33品でます。2食目は34品という風に、大体、30品越えで6食目まで、この店では出るようです。ここに、パンフレットとメニューリストはありますが、中国語なので、日本語に無い漢字もあり、また、労力的に、ここに書ききれませんが、北京へ行き、予約を入れれば、少なくとも180品以上は、この店では、出てきますね。大体、20人で、2テーブルで、ちょうどいいというか、日本人では、残ること、朝、昼、晩と中華料理がOKなら、どうぞ、電話して予約されては、いかがでしょうか?

日本や、台湾では、180品は、出してもらえないと思いますが。。。

住所は、Beihai Garden Beijing ,China
FAX
は、64041184です。
    • good
    • 2

メニューについては、多すぎて書けません。


北京で、満州族が経営している満州と漢族の全部の料理ということで、食べに行きました。当時は、正大后のために、300品目くらい作り、朝昼晩と作り続け、5日ぐらいで、コースが
終わると言う物で、大后は、多いときで、30品くらいしか、食べないというか、目もくれないという状態だったそうですね。

で、今でも、中国は料理をたくさん残すくらい接待するのが、美徳とされている文化(日本と正反対)なので、残っても構わないのですが、今日、その店(満漢全席の専門店で、中国一の店です)で、夕食で20品くらいは、最低出ていたと思います。数え方にもよるけど、30くらいあったかもしれない(1皿に、オードブルのようにいろいろ載ってきたときは、1と数えるのか5品載っていれば、5と数えるのか???で、5と数えるなら、30は、楽に越えますね。

なお、調理方法も時代とともに、変わってきておりますので、どのメニューが、正統派か?現実には、不明です。

蟻のだんごとか、さそりのからあげとか、何でも在りですね。

ただ、日本人が、食べるには、味としては、釣魚台国賓館の方が、絶対おいしいというか、現代的です。

つまり、何品出てくるかではなく、何品出してほしいか?と、相手(店)に聞かれますけど、16人で、20-30品は、半分も食べられませんでした。。。

多分、5日も続けて、中華料理を食べ続けることが楽しく出来る日本人は、少ないと思うけど。。。で、300品注文すれば、出てきますよ。料金もすごいけど。。。。
    • good
    • 0

[ミニ満漢全席]メニューの紹介



開催場所:銅鑼湾[美心皇宮大酒楼:マキシムズ・パレス]
開 催 日:1992年4月5日[日曜日](バブル崩壊寸前)

[満漢華筵]

=菜   譜=   (?)内は筆者註。

加 官 晋 爵・・・(スライス法螺貝のソテー、鶏のトサカ添え)
SAUTEED SLICED SEA CONCH with CHICKEN COMB
 
[虫豪]皇網 鮑・・・(スライス鮑のオイスターソース照り煮)
SIMMERED SLICED ABALONE IN OYSTER SAUCE

鳳 呑 排 翅・・・(古鶏の腹にフカヒレを詰めて土鍋ごと「湯煎」にしたもの)
DOUBLE-BOILED SUPREME SHARK'S FIN STAFFED IN WHOLE CHICKEN

哈 兒 巴 肥・・・(野生の豚の片足の丸焼き)
ROAST WILD BOAR LEG

梅 花 北 鹿・・・(満州鹿のソテー:黄[δ京:獣偏に京]ウォンケンと言う鹿の柳肉「フィレ」の料理)
SAUTEED VENISON with VEGETABLE

麒 麟 駝 蹄・・・(ラクダのクルブシの照り煮)
SIMMERED SLICED CAMEL'S HOOF with BLACK MASHROOM & YUNNAN HAM

[敏/魚]肚仙鶴・・・(???鶴のスープ、魚の乾燥浮き袋入り)
DOUBLE-BOILED WHITE CRANE with FISH MAU

玉 板 時 鮮・・・(一般に「清蒸~魚」と書く魚の広東風蒸し物)
STEAMED KING FISH

荷 香 珍 珠 鶏・・・(蓮の葉で包んだ鶏飯蒸し物)
MINI-RICE DUMPLING WRAPPED IN LOTUS LEAVES

蟹 肉 蝦 子 麺・・・(蝦の卵入り麺、蟹スープ)
NOODLE with CRAB-MEAT IN SOUP

抜 絲 香 蕉・・・(バナナフリッター飴糸絡め)
BANANA FRITTER

御 用 美 點・・・(中国のお菓子、点心)
CHINESE PETITS FOURS

合 時 果 盆・・・(季節の果物)
SEASONAL FRUIT PLATTER

[お詫び]所々、先日紹介の文と記憶違いがありました。
    • good
    • 1

[ミニ満願全席参加顛末記]


 JIMI氏紹介のURLに元香港観協会(HKTA)会長の荒川一郎氏の文があり、満漢全席の概略、1980頃の作られたブームの様子が伺えて面白い。(故、荻正弘氏たちが始めた)

 荒川氏の文にある通り、HKTAではバブル全盛の1987年頃二度ほど、香港のフードフェスティバルの目玉商品として「ミニ満願全席」を主催し、日本でも参加者を募った事がある。

 一度目は10人一卓が四卓用意され、参加費用は一人25000円で、日本人の席が二卓、HK中国人席が二卓、皆好奇心から来ている様子であった。

 値段から想像できる通り、とても「熊の手」までは無理なのであるが「駱駝のコブ」、カササギ又は蓮鶴(レンカク)と思われる嘴のついた「鶴のスープ」 変わったものと言えばその程度、、、期待はしていなかったが他の料理は現代料理で野豚の丸焼き、老鼠斑魚:ネズミハタの蒸し物など、予算的には良心的なほうであった。

 料理を仕切ったのは、翠園酒家集団(英名:マキシムグループ)で同席した中国人の話しでは、清朝時代の料理人は
仮に居たとしても下働きの小僧が、80歳過ぎの老人な筈で・・・料理の再現なんて元々無理なのだそうだ。

 その頃、流行には敏い香港の各中華料理店でも、一卓20万~30万のバブル価格で宣伝していたが、日本人以外は頼まなかったようで、今はマキシムグループの温沙飯店が申し訳程度にメニューに残すだけなのである。

(メニュー全文は家にありますが10日以後なら、退院するのでご紹介できます。)・・・病院にて記す。
    • good
    • 0

こんにちは。

JIMIさんに続いて・・・こんなのもありました。よければ参考にしてください。

参考URL:http://www.biwa.ne.jp/~yikai/cookmed.htm
    • good
    • 0

下記URLに満漢全席についての詳しい記述がありました。


これによると、満漢全席は祀宴、尊宴、燕宴、囲宴の4つに分かれていて、延々と2日間にわたって食べ続け、その品数は少なくても30品目以上、多ければ160品もあるそうです。
メニューのなかの珍味中の中には熊の手、蛙の舌、鶴の首、冬虫夏草(地中の昆虫に寄生したキノコ)など、滅多に味わえないものも含まれているそうです。
詳細はURLを見てください。

参考URL:http://www.tabicom.com/contents/forum/arakawa/ma …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい御回答ありがとうございます。
あつかましいようですが更に詳細なメニューとか
ご存知無いですか?

お礼日時:2001/02/06 19:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報