ボーナス前の月に残業を多くすると、税金でボーナスが減る?という噂を聞きました。本当でしょうか?

もし本当でしたら、具体的にいくら稼いだら、どのくらい減るか?その分岐点を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

賞与の前の月の給与から社会保険料等を控除した金額を、下記の表に当てはめて、賞与から仮徴収する金額の率(%)を求め、賞与×率(%)が仮徴収の源泉金額になります


http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

賞与、毎月の源泉もそうですが、あくまで仮徴収なので、年末調整時に調整されますから、仮徴収額が多ければ、最終的には年末調整時の還付金額が増えるだけです
    • good
    • 2

他の方も書かれていますが、「ボーナス支給の前月の給与支給額」で、ボーナスの源泉徴収額(天引きされる税金の額)が決まります。

だから正確に言うと、「ボーナス前の月に残業を多くする」というより、「ボーナス前の月に支給される給与に、残業代が反映される月」に残業代を多くすると、税金が高くなることがある……手取りが減ります。

ただ、これも他の方も書かれていますが、天引きされる税金は、仮払いのようなもの。最終的には、1月から12月まで所得額や控除額で計算しますので、税金を多く引かれすぎていれば、その分は戻ってきます。
逆に少なすぎると、さらに払うことになります。
    • good
    • 1

確かに源泉徴収税額表による賞与の源泉徴収税額の計算では、ボーナス月の前の月の支給額が基準となりボーナスでの源泉徴収税額が決まります。



その意味では確かにボーナスの手取りは減ります。

ただそもそも所得税は1/1から12/31の年間の支給された総所得額て決まり、過不足があればそれは年末調整で精算されますので、結果としては特に前月に残業が多いから年間の納税額が増えたということにはなりません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平均額と同じ位のボーナスもらってる人はどんな年齢でどんな職業についているのかおしえてください

本日読売新聞に今夏のボーナスの平均値がでてました。平均額が72万8119円(2,36ヶ月)分だという事です。私の会社も一応ボーナスは出たのですが平均の半分以下です。もちろん「出るだけまし」という思いもありますし、ボーナスが出ない人というのも世の中にはたくさんいると思います。
しかし気になったのですがボーナスってだいたい基本給の何ヶ月分という計算方法で支給される事が多いと思うのですが、これで計算すると平均の基本給が30万以上という事になります。基本給が30万というのはかなり高いような気がします。実際私の基本給は30を超えてますが20万もありません。残業代などで
やっと20を少し超えるかどうかという位です。
平均額というのは毎回発表される物ですが、毎回この
平均額と同じ位かそれ以上をもらっている人は、いったいどれくらいの年齢でどんな職業についているのか
知りたいと思いました。よろしければ教えてください。

Aベストアンサー

下に↓きっとこの記事だと思われるものを書いておきますね。この記事どおり東証1部上場企業165社の組合員ということは、いろんな年齢の人がいるはずです。
ということは、「30代」でこれだけもらっているということではなく、
下は18~上は60まで(年齢は適当ですが)の平均なので、年齢を重ねた人の高額な賞与も含まれていると思います。
なので30歳なら72万円もなくて普通なのではないでしょうか?

********************************
今夏のボーナスは平均72万2892円で、前年同期より5.2%増え、夏のボーナスとしては90年以降2番目に高い伸び率になることが、民間調査機関の労務行政研究所の調べで分かった。輸出が好調な製造業を中心に大半の業種で増額になっている。

 調査は、今春闘で夏のボーナス額を決めた東証1部上場企業165社の組合員の妥結額を集計。1人当たりの平均を出し、前年同期と比べた。

Q本当の税金対策は税金を払うこと?

本当の税金対策は税金を払うこと?

よく税金対策で車を買ったとか家を買ったとか、経費として落とすのか要はお金を使って節税という方法がありますよね。
ただ、確かに払う税金は少なくなりますけど、これって手元に残るお金は結局少なくなりませんか?
購入した物が本当に欲しいものなら良いんですけど、たいして欲しくもない物を買って支払う税金を減らしても、これじゃ本末転倒のような気もします。
節税については詳しくありませんが、もしかして「手元に自由にできるお金を残す」という目的からすると、実は普通に税金を払ってしまった方が良いんじゃないでしょうか?

関係ないものを領収書を切って経費に回すみたいな脱税行為は別として、正攻法で払う税金も減らして手元に残るお金も増やせるなんて節税方法があったりするんでしょうか?

Aベストアンサー

不必要なものを買っての税金対策は意味がありません。

必要なものだが、購入予定などが先であった、しかし税金対策で前倒しする、などということでしょう。

中には悪質で、購入して転売します。購入の処理だけをするということです。
資金繰りが悪いなかでの税金対策で資金も残すために行われる可能性がありますね。
しかし、税務調査などでは実態調査ですから、問題となることがほとんどでしょうね。

法人の店舗や事務所の建物・土地を経営者個人で購入などを行う。
そうすることで、経営者は役員報酬のほかに賃貸収入が得られます。いわゆる経費の細分化と支出先を身内とすることでの資金の外部流出しない経費の計上です。

法人側は経営者に対する役員報酬や賃貸料は経費となります。
経営者個人の税金の計算では、役員報酬からは概算経費としての給与所得控除が受けられます。また、不動産所得が生じることで、青色申告などとすることで、不動産の維持に必要な経費は個人での経費として認められ、さらに青色申告特別控除が受けられることでしょう。

法人が経費となれば、法人の支出先は収入として課税されます。しかし、上記のような形をとることで、全額に税金がかかることはないということで、トータル的な税金対策となります。個人に対して支出することで法人側の資金繰りが悪化するのであれば、経営者個人が法人へ貸付・増資などをすることで回避できます。

税金対策での資産購入には、税金の計算後の購入であれば、購入できる資金が少ないが、税金の対策として計算期間中などに購入することで、税金の支出を減らすことで購入する資金をより大きく確保するという考えにもつながるでしょう。

不必要なものを買っての税金対策は意味がありません。

必要なものだが、購入予定などが先であった、しかし税金対策で前倒しする、などということでしょう。

中には悪質で、購入して転売します。購入の処理だけをするということです。
資金繰りが悪いなかでの税金対策で資金も残すために行われる可能性がありますね。
しかし、税務調査などでは実態調査ですから、問題となることがほとんどでしょうね。

法人の店舗や事務所の建物・土地を経営者個人で購入などを行う。
そうすることで、経営者は役員報酬のほかに...続きを読む

Qボーナスの平均支給額について

今年の夏のボーナス支給平均額は税込みで83万7036円とありますが、
これはもらった人だけを計算した値なのでしょうか?
しかも、上場企業と有力非上場企業の平均とあるので多分もらった人だけだと思うのですが。
ちなみに、中小企業の平均ボーナスはいくらなのでしょうか?
もらっている人だけの平均と、もらっている人ともらっていない人を合わせた平均が分かれば知りたいです。
ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

この数字をどうこう言うのは、残念なのですが意味を成しません。
83万7035円と単に数字だけにしかならない為です。

簡単に言うと。
335万のボーナスをもらってる管理職2人と、20万円のボーナスを貰ってる従業員8人が居たとすると、この平均は、83万円になる訳です。

中小企業のボーナスなどは統計を取る事はまず無いので判らないでしょう。
しかし、中小企業の方が上記の様な差は上場企業より大きくなるのが一般的で、さらに中小は親族企業などが多く親族が役職になってることが多いですので、差は開き易いのが現実です。

Q年収が130万円を超えると税金が凄い高くなると聞いたのですが本当ですか?

年収が130万円を超えたら税金がそんなに極端に高くなるのでしょうか?

Aベストアンサー

 o24hiです。税金の質問がありますと吸い寄せられるように回答してしまいます(~o~)

>103万円を超えたら所得税は給料から天引きされるのですか?

・簡単に言いますとそういうことになります。
 もう少し詳しく書きますと…

・給与支払い者は,ごく一部を除いて,給与を支払う際に所得税を天引きする義務があります。こういう給与支払い者を源泉徴収義務者といいます。
 
・給与を支払う際は,支払額に応じて所得税が天引きされます。ただし,勤務先に「給与所得者の扶養控除申告書」を提出されている方については,月収88,000円未満ですと源泉徴収額は0円です。逆に言いますと月収が88,000円を超えた月については所得税が天引きされます。
 つまり,月収が88,000円を越える月は源泉徴収(給与天引き)がされますので,年収が103万円を越えた時点から天引きが始まるわけではないです。

・ただし,毎月の源泉徴収額は所得税の仮払いですから,月収が100,000万円あった月があって所得税が源泉徴収されても,年収が103万円以内ですと,所得税は課税されませんので,年末調整の時に,すでに源泉徴収されている所得税は還付されます。

>あと、130万円を超えたら、というところの内容は理解できました。
家族から離れ、個人的に自分のみで国民健康保険に加入している場合は130万円のラインは気にする必要はないですか?

・そういうことになります。

>それとも個人で国民健康保険に加入してても130万円のラインは関係ありますかね?

・130万円は,ご家族の社会保険の被扶養者として,ご家族の健康保険に加入できる上限の金額です(健康保険によって多少違う場合があります)。
 ですから,ご自分で健康保険に加入されている場合は,130万円は気にされる必要はないです。

 o24hiです。税金の質問がありますと吸い寄せられるように回答してしまいます(~o~)

>103万円を超えたら所得税は給料から天引きされるのですか?

・簡単に言いますとそういうことになります。
 もう少し詳しく書きますと…

・給与支払い者は,ごく一部を除いて,給与を支払う際に所得税を天引きする義務があります。こういう給与支払い者を源泉徴収義務者といいます。
 
・給与を支払う際は,支払額に応じて所得税が天引きされます。ただし,勤務先に「給与所得者の扶養控除申告書」を提出されている...続きを読む

Q【今年の夏のボーナスは平均80万円強だそうです】これは上場企業での話です。 日本の上場企業の社会全

【今年の夏のボーナスは平均80万円強だそうです】これは上場企業での話です。

日本の上場企業の社会全体の割合は1割で、9割は上場していない中小企業です。

では社会全体の夏のボーナスの平均は幾らなのでしょう?

なぜ9割の人の夏のボーナスの平均を言わずに少数派の1割の話をニュースで伝えているのでしょう?

9割の人は関係がない話ですよね?

Aベストアンサー

単に情報として提示できる統計が無いだけでしょ。

別にトラップでもなんでもないし、
上場企業に連なる中小企業ならば、
その「親会社」の賞与数値が自分達の数値の参考になる。

質問者さんはこういう記事を見てイラつくからの質問なんでしょうけど、
その9割を含む社会全体から税金として搾取して
それを賞与にしている「公務員様」の感覚についてこそ
モノ言うべきじゃないの?
景気なんか全然関係なく「自分達が世の模範になる」とか言って
じゃぶじゃぶもらっているんだよ。

公務員の右肩上がりONLYの感覚こそ
「公務員以外のどれい」には関係ない話しだよ。

(自治体によっては景気反映しているところもあるけどね)

Q4月、5月、6月分のお給料で決まる税金

4月、5月、6月分のお給料で決まる税金はなんでしたっけ?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

社会保険料や健康保険料

Q【アンケート】あなたの今季冬季ボーナス賞与は幾らでしたか? 新聞の平均ボーナス額(多分、上場企業の

【アンケート】あなたの今季冬季ボーナス賞与は幾らでしたか?

新聞の平均ボーナス額(多分、上場企業の平均と思う)と世間の開きはどれくらいなのか興味があります。

Aベストアンサー

123万円でした。今までで、最高額で嬉しかったです。
厳しい上司達に、頑張りが認められたのだと思うと、感激でした。
一部上場企業の平均が73万との事ですから、私は恵まれているのだと思い、感謝しています。

Qボーナスの税金

こんにちは。
ボーナスから引かれる税金についてなのですが。
額面50万で、税金を引かれた後、手取りは
38万とちょっとでした。。
これが初めてのボーナスだったのですが、
あまりに税金が引かれているのでびっくりやら、
がっくりやらで。。。経理が間違っているはずは
ないのですよね。そんなものです!とどなたか
お返事ください。。。。

Aベストアンサー

気休め程度かもしれませんが、

税金->とりあえず引かれただけ(源泉徴収)だから年末(年末調整時)には少し戻るかも

厚生年金->その分将来の年金の受け取りが多くなり、また障害年金・遺族年金の金額が増えるのでまあよしとする。年金制度が不安だったら今度の参議院選挙で意思表示してください。

健康保険->。。。。。保険料にかかわらずサービスは同じだから取られ損。。。。。

Qボーナス支給日 (公務員&民間大手)

民間企業大手と公務員のボーナス支給日がいつになるのか、慣行をお教えください。
民間大手企業のボーナスは、夏は7月の第一金曜日、冬は12月の第一金曜日が普通ではないかと思います。それぞれ「10日」としている大企業もあるみたいです。公務員は上記より少し早く支給されると記憶しています。

Aベストアンサー

国家公務員は、人事院規則で6月30日、12月10日と規定されています。
土日の場合は繰り上がります。

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%8a%fa%96%96%8e%e8%93%96&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S38F04509040&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1

Q海外からのボーナスの税金は?

全くもってチンプンカンプンなので宜しくお願いします。

海外よりボーナスをもらいましたが、
収める税金額が正しいのかわかりません。

日本での収入の4~5分の1程度なのに
源泉徴収額の2倍近い税金です。

これは正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

具体的な金額もわからなければどこの国なのかも不明ですし、日本と租税条約がある国なのかもわかりません
ボーナスというのは給与扱いのボーナスなんですか?
支払いは外国法人?支払い場所は国外?それとも外国法人の日本国内支店?そもそもの雇用契約携帯は?
あまりにも情報が足りません。その内容では誰も答えられませんよ


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング