2センチ大の脳下垂体腫瘍があります。行く行くは手術になると思うのですが、
経鼻的手術と、ガンマナイフ手術の両者の

1、リスク
2、予想される予後の後遺症(例えば、鼻の調子が悪くなるとか、放射線との併用で、毛髪がなくなるとか )          
3、安全性(特に、ガンマナイフは、病巣への微妙な照射ミスとかないのでしょうか?!)
を教えて下さい。
質問が漠然としていてすみません。

また、「検査~予後を含め、より心身に負担がかからない方」
という観点でアドバイスも頂けると幸いです。
(個人的には、ガンマナイフを希望しているのですが)
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

基本的には、まず経蝶形骨洞法による手術で腫瘍を摘出し、組織型を確定診断してから必要があれば放射線を照射するというのが従来からの一般的な方法です。

これは、下垂体腺腫と思っていても頭蓋咽頭腫であったり髄膜腫であったりその他であったりする可能性がゼロではないこと、また下垂体腺腫であってもどのようなタイプのものかを確定しておくことがその後の後療法に必要であるからです。
しかし、手術はどうしてもいやでということであれば、γナイフではじめから治療するのもやむなしでしょうね。
経鼻的手術のリスクには、術後の髄液鼻漏及び感染(髄膜炎など)があります。従って、術後しばらくは強く鼻をかむことは厳禁です。しかし、頻度は極めて低いでしょう。次に、まず必ず起こるのは術後一過性の尿崩症です。これは、下垂体後葉からの抗利尿ホルモンが一時的にでなくなるからです。通常数日で問題なくなりますが、その間は尿量・尿比重を細かくチェックして尿崩症の基準を満たせば抗利尿ホルモンの皮下注射をすることになります。また、術前術後に副腎皮質ホルモンを補充しておく必要もあります。しかし、これらのことははじめから予測できていることなので、あまり問題にはなりません。手術手技そのものによる安全性という意味では、ほとんど心配はないと思います。あ、それから、術後数日間は鼻の穴の中に抗生剤などの軟膏を付けたガーゼをキッチリと詰め込んでおくことになりますので、口呼吸を余儀なくされます。手術方法の実際についてはすでにご存じのことと思いますが、経鼻といっても、実際にメスを入れて入っていくのは上唇と歯茎の間の所からです。従って、外から見える傷は残りません。
γナイフの安全性に関してはほとんど問題ないと思います。しかし、組織型や腫瘍の種類により照射線量を決める(腫瘍の放射線感受性の違い)のが筋かと思いますので、組織型がわからないままで照射するのはどうなんでしょうか。こちらは専門ではないので、γナイフを専門にやっている方のご意見をお伺いしたいところですね。もう一つの問題点は、腫瘍が縮小あるいは消失するまでに時間がかかる(数ヶ月から数年?)という点でしょうね。
>「検査~予後を含め、より心身に負担がかからない方」
という観点では、一時的な身体への負担という意味ではもちろん手術の方がγナイフよりはるかに負担がかかります。γナイフの直接的な負担といえば頭部にピンを打ち込む(意識下で)くらいですから、比較にならないくらいの差があります。

いずれにせよ、ここでの回答は、あくまでも写真もホルモン検査の結果も症状も何もわからない状態でのものですので、ご参考程度にしておかれるのがよいと思います。詳しくは、やはりご担当の先生にお聞きするのがよろしいかと存じます。
お大事にどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもいつも、本当にありがとうございます。
このようなお医者様が存在するというだけで、とても嬉しくなります。
また、その患者さんは幸せだなあ~と(^^)
本当に感謝致します。

お礼日時:2001/02/20 23:22

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「下垂体腫瘍」
「下垂体腺腫」
更に、以下のサイトも如何でしょうか?
http://www.ktx.or.jp/~kenkou/link/linkcan.html
(『がん克服』総合リンク集)

お大事に。

参考URL:http://www.city.naze.kagoshima.jp/imcs/encyc/123 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも早々にご解答ありがとうございます。
また、ご縁がありましたら、どうぞよろしくお願い致します。

お礼日時:2001/02/20 23:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガンマナイフのフレーム装着時の痛みについて

ガンマナイフ治療を受けることになりました。局所麻酔をしてからフレームを装着するので、痛みはないといいますが、実際に体験した人の話では、局所麻酔をしても、ほとんど効かず、かなり痛かったということでした。ホームページの体験談などでも、装着時の痛みが強かったという書き込みがありました。痛みは個人によって感じ方が異なるとは思いますが、ある程度の痛みはがまんしなくてはならないのでしょうか。実際のところ、どの程度の痛みなのか、ご存知のかた、また体験されたかた、教えてください。

Aベストアンサー

rotkaepchenさんはじめまして
ご質問の件ですが、実際に私が経験したことでなく申し訳ありません、ご参考になるかわかりませんがアドバイスさせてください。ガンマナイフの治療は、私の同居の義父が平成11年12月と翌12年1月の2回、藤枝市の平成記念病院で行いました。私たちにしても初めてのことでしたので、義父もかなり心配していました。当日ガンマナイフの治療には各地から5~6人の方々が見えていて、順番に治療をしていました。私の義父は一番最後の予定で、午後5時から開始ということでした。治療の1時間前からフレームを装着したのですが、義父曰く、装着自体は思ったより痛くなかったそうです。ただ、前の方の治療が思ったほど長引いてしまい、義父の治療が始まったのが2時間ほど遅れてしまい、その間フレームをはずすこともできず、ずっとそのままで待機していました。その間が一番つらかったと言っておりました。入念に照射する場所を特定して、色々と角度を変えてするものですから、時間が掛かるといえば仕方ないのですが、待っている間ずっとブツブツ言ってました。2度目の時は少しは慣れも有って、順番を早くしてもらったりして少しでも装着時間を短くするようにしていました。おそらく装着時の痛みはrotkaepchenさんもおっしゃっているように個人差があると思うのですが、義父のように装着したまま待たされるほうが辛いみたいです。もし病院のほうで相談に乗ってもらえるようでしたら、待ち時間が少なくて済むように、順番を交渉してみるのも手だと思います。こんな内容で申し訳ありませんが参考になればと思い書かせていただきました。rotkaepchenさんの治療の成功をお祈りしております。

rotkaepchenさんはじめまして
ご質問の件ですが、実際に私が経験したことでなく申し訳ありません、ご参考になるかわかりませんがアドバイスさせてください。ガンマナイフの治療は、私の同居の義父が平成11年12月と翌12年1月の2回、藤枝市の平成記念病院で行いました。私たちにしても初めてのことでしたので、義父もかなり心配していました。当日ガンマナイフの治療には各地から5~6人の方々が見えていて、順番に治療をしていました。私の義父は一番最後の予定で、午後5時から開始ということでした。治...続きを読む

Q開頭手術予後

65才女性の左前頭葉(素人なので部位の正式名じゃないかもしれません)に、出来た3センチ程度の髄膜腫を開頭手術で摘出後、腫瘍があった場所に髄液が流れ込んで脳を圧迫し、開頭手術2日後の朝に話してる内容がわからない、言葉が出ないという症状になり、再び開頭手術を行い、髄液を抜きそこに髄液が溜まらないように管を通して通路を作ったらしいです。
1回目の術後は、すぐに家族と話せたのに2回目の術後は患者は言葉が発せられませんでした。
しかも、全身麻酔の副作用とかで、興奮状態になってるらしく、体を拘束しました。
2回目の手術から3日後、また同じ所に髄液が溜まり始めているらしいです。
そして、2回目の術前の発作はてんかん発作でした。との事。
いままでの脳の所見で、てんかんかどうかは判断出来ないのでしょうか?(1回目、2回目共、術前はCT、要所でMRIは撮ってるらしいです)
術後てんかん発作抑制にホスフェニトインを投与しなかった理由は何だったのか?
この処置は正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

こちらのサイトが参考になるかもしれません。
http://plaza.umin.ac.jp/sawamura/braintumors/epilepsy/
サイトは脳腫瘍が原因でてんかんを起こしたものの説明で、質問は手術によりてんかんを起こしたものなので少し内容は変わります。


以下、サイトからの引用は先頭を1マス下げてあります。

 周術期てんかん発作はてんかんとして扱わない
 •開頭手術をすると,術後にけいれん発作を生じることがあります
 •手術合併症としての脳脊髄膜炎,低ナトリウム血症,術後高熱,水頭症になってもけいれん発作を生じることがあります
 •これらはてんかん発作と呼ばないほうがいいでしょう
 •その後に継続して発作を生じることがほとんどないからです
 •多くは,退院後に抗てんかん薬を服用する必要はありません

質問の65歳女性の場合
髄液が流れ込んで脳を圧迫=水頭症を起こしています。これが原因でけいれんを起こしたものと考えられます。
なので水頭症の改善がまずするべきことです。
管を通して通路を作りました。→これは当然の処置です。
同じ所に髄液が溜まり始めているらしいです。→これは困りました。うまく流れないものか、ルートを変えるかなどDrも次の手を考えていると思います。

いままでの脳の所見で、てんかんかどうかは判断出来ないのでしょうか?(1回目、2回目共、術前はCT、要所でMRIは撮ってるらしいです)
→てんかんは脳内の電気信号の異変なので脳波を取らなければわかりません。画像の見た目ではてんかんは診断できません。
すごく圧迫されて脳が歪んでいてもてんかんを起こさない人はいるし、問題がなさそうに見えてもてんかんを起こす人はいます。

術後てんかん発作抑制にフェニトインを投与しなかった理由は何だったのか?
 →•てんかん発作のない患者さんに対する脳腫瘍開頭手術前の予防的な抗てんかん薬投与は利点がないとされています

上記は引用のため術前術後とちょっと内容は違いますが、予防的な抗てんかん薬投与は利点がないとされているので普通は投与を行いません。
実際問題として術後にてんかんを起こす人は0.1%程度です。99.9%の人には必要ないものだからです。
現在広く受け入れられている考え方としては今までてんかんが起きたことない人は、予防的に抗けいれん薬を投与しなくてもいいのです。

しかし最近、その0.1%の人のためにすべての脳手術を受ける患者に抗けいれん薬を投与すべきではないかという考え方も発信されました。
そのとき使う薬がホスフェニトイン(注射薬)という薬のためその名前が出てきたのだとおもいます。フェニトインは内服薬。
そして術後も数ヶ月~1年は薬を続けるべきだと。

これって例えば風邪をひくと困るのでこれから1年毎日抗生剤を飲んでください。と言っているような感じです。
確かに飲めば風邪を引かないかもしれません。でもウイルス性なら引いてしまいます。
しかしほとんどの人は飲まなくても風邪をひきません。本当に必要なのでしょうか。お金も手間もかかります。

それと同じで抗けいれん薬を使った時、けいれんが起きない場合もありますが、使っていても起きるときは起きてしまいます。

今現在、どちらがいいのかという結果ははっきりしていません。病院の医者の考えによるところが大きいです。
いらないと考えている医者は当然要らないというし、いると考えている医者は絶対いると言うでしょう。

ここでした質問を同様に医師にしてもいいのですよ。その質問に対してどのように返答してくれるかで信頼に値する医師かどうか判断してはいかがでしょうか?

長い回答ですみません。

こちらのサイトが参考になるかもしれません。
http://plaza.umin.ac.jp/sawamura/braintumors/epilepsy/
サイトは脳腫瘍が原因でてんかんを起こしたものの説明で、質問は手術によりてんかんを起こしたものなので少し内容は変わります。


以下、サイトからの引用は先頭を1マス下げてあります。

 周術期てんかん発作はてんかんとして扱わない
 •開頭手術をすると,術後にけいれん発作を生じることがあります
 •手術合併症としての脳脊髄膜炎,低ナトリウム血症,術後高熱,水頭症になってもけいれん発作を生じ...続きを読む

Q脳下垂体腫瘍とホルモンの関係について

今年の6月に、ハーディ法で脳下垂体腫瘍を摘出しました。
腫瘍はホルモン非産生でしたが、2センチ大で視床下部を圧迫しており、それによりプロラクチン値が高く(70NG/ML)生理不順でした。

術後約5ヶ月を過ぎ、プロラクチン値は20NG/ML前後に下がって来て一安心なのですが、コルチゾール(3MCG/DL前後)が戻らず、いまだにコートリル(20mg/day)を服用しています。主治医(脳外科医)の話ですと、大体術後2ヶ月以内くらいで、正常値に戻るとのことで、私は「戻りが遅い」と言われました。ちなみに、術前は、15MCG/DL前後あり、正常範囲内でした。

そこで、お伺いしたいのですが、
1、コルチゾールの戻りが遅い理由としては、例えばどんな原因があるのでしょうか?(「個人差」という以外の理由で、考えられること)

2、術後合併症がなくても、正常下垂体が傷ついたということはありえるのでしょうか?(「医療ミス」という意味合いではなく)

3、コートリル服用により、腫瘍が繊維化するのでしょうか?(するとしたら、どれくらいの期間で?!)

4、コルチゾール値を、自力で上げるには、どんな方法があるでしょうか?

以上の点について、教えて頂きたいのです。

主治医に尋ねても、「どうなんでしょうねえ」という答えしか返って来ないので、
困っています。自分としては、早く薬を無くしたい(コートリル以外は処方されていません)のと、「何故、術前正常だったものが、未だ低いままなのか」知りたいのです。どうか、よきアドヴァイスをお願いいたします。

今年の6月に、ハーディ法で脳下垂体腫瘍を摘出しました。
腫瘍はホルモン非産生でしたが、2センチ大で視床下部を圧迫しており、それによりプロラクチン値が高く(70NG/ML)生理不順でした。

術後約5ヶ月を過ぎ、プロラクチン値は20NG/ML前後に下がって来て一安心なのですが、コルチゾール(3MCG/DL前後)が戻らず、いまだにコートリル(20mg/day)を服用しています。主治医(脳外科医)の話ですと、大体術後2ヶ月以内くらいで、正常値に戻るとのことで、私は「戻りが遅い」と言われました。ちなみに、術前...続きを読む

Aベストアンサー

脳神経外科の専門の方がアドヴァイスをされるのがよろしいかと思いますが、回答がないようですので考えられる範囲でお答えをいたします。

1、コルチゾールの戻りが遅い理由としては、例えばどんな原因があるのでしょうか?
2、術後合併症がなくても、正常下垂体が傷ついたということはありえるのでしょうか?
1,2の質問は関連しているのでまとめて回答をします。
視床下部又は下垂体が障害されている為に血清コルチゾール値が低下していると考えられます。その原因としては
(1)腫瘍そのものによる視床下部又は下垂体への障害があり、手術時点では元に戻らないような状態になっていた可能性です。それがコルチゾールが正常であった時点から手術までの時点のどこかで出現した場合です。
(2)手術そのものによる正常下垂体への影響。これは下垂体腫瘍の性質によると思います。くりっと取れるような腫瘍ならばあまり影響はないと考えられますが、正常下垂体と腫瘍の境界がせはっきりしないような腫瘍ですと、少しずつつまんで腫瘍を摘出しますので、取り残せば再発、取りすぎれば下垂体機能低下になる可能性があります。

3、コートリル服用により、腫瘍が繊維化するのでしょうか?
ないと思います。プロラクチン産生腫瘍においてはパーロデルの術前投与で腫瘍の線維化が言われています。

4、コルチゾール値を、自力で上げるには、どんな方法があるでしょうか?
申し訳ありませんが、残念ながら私は知りません。

要点だけを書きましたので、わかりにくくてまだまだ疑問点も多いと思います。内分泌内科を受診されるとの事ですのでたぶん詳しい説明をしてくれると思います。その場合でも現在の主治医の先生とよくコンタクトをとって、内分泌の先生を受診される事が大切だと思います。
お大事になさってください。

脳神経外科の専門の方がアドヴァイスをされるのがよろしいかと思いますが、回答がないようですので考えられる範囲でお答えをいたします。

1、コルチゾールの戻りが遅い理由としては、例えばどんな原因があるのでしょうか?
2、術後合併症がなくても、正常下垂体が傷ついたということはありえるのでしょうか?
1,2の質問は関連しているのでまとめて回答をします。
視床下部又は下垂体が障害されている為に血清コルチゾール値が低下していると考えられます。その原因としては
(1)腫瘍そのものによる視床下...続きを読む

Q自分は鼻の骨が生まれつき曲がっており、すぐに鼻が詰まるためいつも「コー

自分は鼻の骨が生まれつき曲がっており、すぐに鼻が詰まるためいつも「コールタイジン」というスプレーを処方してもらっています。
しかし、それを使い始めてもう10年以上になり(最初は市販のスプレーでしたが)、最近では数十分おきぐらいにひどいときは使用しております。
昨日あたりから左胸の心臓か肺付近が呼吸をしたり寝転がって寝返りを打とうとしたら痛くなりました。
これはスプレーの副作用と関係ありますかね?
あとスプレーを使わずに呼吸改善したいのですがやはり手術でしょうか?
お医者さんはスプレーを使い続けていたらいいと昔おっしゃったのですがいつまでも手放せないので
どうしたものかと思っております。
手術の場合どういう手術になるんでしょう?
あと何週間くらいかかるんですかね?
全身麻酔なのかどうかとかいろいろわからないこともあります。
もし、詳しい方がいらっしゃればぜひ教えてください。
お待ちしております。

Aベストアンサー

鼻中隔湾曲症でしょうか?
それならば入院手術で1週間ほどの入院で治ります。
結構多くの人が成長期に曲がるようです。
まずは耳鼻咽喉科で診断してもらっては?

ただ、スプレーを処方しつづけるだけの医者はおかしいと思います。
地域の小さな診療所ではなく、大きな病院での診断をお薦めします。
早く治るといいですね。

Qファロー四徴症の長期予後について

友人が出産しました。ファロー四徴症と診断され、保育器に入っています。チアノーゼは比較的軽く、側副血行がありそうで緊急の手術は回避できているようです。いずれ手術になると聞いています。
長期的な予後についてご存じの方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

子供がファロー四徴症でした。根治手術も終わり、今は経過観察で年に二回通院しています。手術の後には「風邪をひいたら大変なので、半年ぐらいの間は外に連れ出さないように」と言われましたが、それを過ぎてからは生活に何も制限はありません。このまま何も無ければ次からは年に一回になりそうです。病院で知り合ったお子さん達(手術済み)の話でも、みなさん特に運動制限などは無いようです。
医師の話では一昔前には赤ちゃんの心臓手術は非常に難しかったそうなので、もしこの子が私と同じ世代だったら生きていられなかったんだなぁと思うと余計に「大切に育てなきゃ」って気持ちになります。
手術の前には循環器科・心臓外科・麻酔科の医師が入れ替わりでやって来て、色々とリスクの説明をしていきます。100%失敗するような気分になりますので、ぜひご友人を励ましてあげてくださいね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報