TOEFLの勉強でつまづきました。
Speaker A :I just heard that there are going to be showers on and off all weekend.
Speaker B :There goes the picnic!
という英文についてですが、Speaker B は:The picnic will probably be canceled. と考えているらしいのですが、どうしてそうなるのか、いくら辞書等で調べてもわかりません。
どなたか教えていただけますでしょうか?よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

研究社のカレッジライトハウス英和辞典には、


there の見出しの中で、成句としてThere go(goes)...というのが出てます。

意味は「(ああ残念ながら)(チャンスなどが)なくなった」とあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。本当に助かりました。
辞書も1冊では十分ではないですね。あらためて思い知らされました。
今後もお世話になることがあるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/02/21 08:29

回答しようと思ったのですがもなさんが完璧な回答をしているので…。



経験者ですがこういうのは慣れです。普段ネイティブの方と話す機会がありますか?TOEFLはネイティブに教わるのがベストです。

あとは英英辞典を使うといいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ有難うございます。ぜひ参考にさせて頂きます。また別の機会に色々と教えて下さい。では、そのときまでさようなら。

お礼日時:2001/02/21 20:41

口語の言い回しでthereには意味がなく、the picnicが主語です。


でこの場合のgoは消える・なくなるの意味なので
『ピクニックがダメになった!』というふうになるようです。
Easy come,easy go(得やすいものは失いやすい)のgoも同じ意味みたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。本当に助かりました。
今後もお世話になることがあるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/02/21 08:25

そうですね、簡単に日本語のニュアンスで書くと



A 「週末は雨が降ったりやんだりの天気になるらしいね」
B 「でたよ、そこでピクニックだ!」

ん、文章にすると難しいかな(笑)。「えーホントに?ちょっとウソでしょ、
でたよー」っていう意味の「でたよ、そこでピクニックがあるんだよね」っていう
感覚・・・・つまり「ピクニックがあったのに、雨が降るんじゃたぶん
ダメじゃん!」っていうことを意味していることになります。

わかりにくいかもしれませんが、いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。本当に助かりました。
こういったニュアンスの問題は本当に難しいです。
今後もお世話になることがあるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/02/21 08:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QI just got out of the shower myself.

2つ質問があります。

I just got out of the shower myself.という言い方がどうしてもよくわかりません。
どうしてmyselfという目的語を取ってget out of the shower myselfという言い方をするのでしょうか?
日本ならさしずめ「お風呂から出たばかりだ」になるのでしょうけれど。
ただの習慣でしょうか?
また、こんな言い方が他にあれば教えてください。

もう一つは”女の子とはそうしたものよ”とはどう言いますか?
It's funny because ○○ calls me both miryokuteki na hito, and saitei na yatsu.
への返事です。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Myselfはこの使い方だと「私も」という意味です。

例えば
I was just thinking of that myself.
といえば私もそれを今考えていたところだ、という事です。

I just got out of the shower myself.
は恐らくこんな感じの前後で使われていたのではないでしょうか。
I know we were supposed to meet at 9:00, but I just woke up now.
Don't worry about it, I just got out of the shower myself.
9時に待ち合わせる約束だったけど、今起きたばかり。
べつにいいよ、私もシャワーからでたばかりだから。

もう一つの質問の方は簡単に言えば
Girls are just like that.
Girls just say/do that sort of thing.
でどうでしょうか?

QI heard Nancy ( ) in the shower.

( ) の中に 3たくですが

sing
to sing
sang

私は to sing を選びましたが 答えは sing
なぜでしょうか。
よろしく

Aベストアンサー

hearにかかわらずsee、feelのような知覚動詞はSVOC文型のとき、Cにdoの形、doingの形、doneの形しかとりません。その時点でto singは選択肢から消えます。
その次にSVOCのときOとC、つまりNancyと()の間に主語と述語の関係が成り立ちます。Nancyは歌われるのでなく歌う側なのでsingが答えになります。

Q( ),the baseball game was called cancelled. ①be

( ),the baseball game was called cancelled.

①being rainy weather
②as being rainy weather
③the weather being rainy
④because thr weather being rainy

( )に入るのは①~④どれが
正しいですか?

Aベストアンサー

(The weather being rainy), the baseball game was called cancelled.

Qwill/be going to/be going

「未来進行形の使い方を教えてください」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2637592.html を読んでも、「フィーリング」がつかめないので質問させてください。

例えば、BBC Learning English Q&A* によると、
決定的 "be going" >> "be going to + 原形不定詞" >> "will" 思いつき的
になるようですが、
* http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/radio/specials/1535_questionanswer/page9.shtml

ビジネス上の約束(ちょっと冷たい)では、「予定通り行います」を示唆する "be going (to)" がふさわしいのではないかと思うのです。上司や取引先への連絡なら、I'll be waiting ではなく、I'm going to be waiting for you at the station. がふさわしいように感じるのです。
ただ、これが個人間で使われると、相手を安心させる効果、思いやりとして、「(ちゃんと予定通り)待っていますよ。」という雰囲気がでるようにも感じます。

個人間のやり取りでは、あまり「予定通り」を前面に出す必要がないので、I'll be back by 7 pm. 的な言い方が普通の気がします。I'll be waiting for you at the station. のほうが何か親しげな熱意みたいなものを感じるのは私だけ?

どう使い分けますか、will/be going to/be going?

「未来進行形の使い方を教えてください」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2637592.html を読んでも、「フィーリング」がつかめないので質問させてください。

例えば、BBC Learning English Q&A* によると、
決定的 "be going" >> "be going to + 原形不定詞" >> "will" 思いつき的
になるようですが、
* http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/radio/specials/1535_questionanswer/page9.shtml

ビジネス上の約束(ちょっと冷たい)では、「予定通り行います」を示唆する "be going (to)" ...続きを読む

Aベストアンサー

Gです。 And it is my personal New Year greeting to you, Taroandjiro-san!!

説明がはっきりされていなくて申し訳ありません。

am goingとwillは文法で言う時制が大きな影響をフィーリングにさせていると言ったら理解しやすいでしょうか。

現在進行形の持つ「今」やっている、と言うフィーリングとあとでやることになる、と言うフィーリングとWillの持つ「未来」だけど「やる意思」が大いにある、と言うフィーリングの違いなのです。

ですから、am goingの場合には「もうすでにそのやる段階は始まっている」と言うフィーリングなわけです。

だからこそ上司に「やります」と言う返事にI will do it (right) NOW.にはその「今」と「意志」がはっきりでてくる為にI am going to do it nowだとその意思の部分が抜けていると感じる上司も出てくるわけです。 

しかし、言葉と言うものには「社交辞令」「その場限りの表現」というものがありますね。 ですから、I will do it right now.よりもI'm gonna do it right nowと言う返事の方が「今すぐ始めてくれるだろう」と言う期待が持てるわけです。

車の修理で、We will be working on your car in a few minutes.とWe are going to be working on your car in a few munitesの方が安心感を感じさせるものがある、ともいえるわけです。 つまり、始める準備を「すでに」している、と言うフィーリングですね。

この「意思」と「すでに始まっている」と言うフィーリングの違いが、I'll be back.と言うせりふを使いI am coming back.では出せない「凄み」というものがでてくるわけです。

帰ってくるかどうかは問題ではないのです。 「また来るぜ」の「ぜ」のフィーリングがwillによって出てくる、と言う事なのです。

I will be loving you forever.とI am going to love you foreverでは「他の男だったらもしかしたら何年か経ったらも愛さないかもしれないだろうけど俺は違う、そんな時にでも俺は愛しているよ、それもいつまでもね」と言うフィーリングと「いつまでも愛し続けるよ」と言うフィーリングとやっぱり違うところがありますね。 いつまでも、は同じでも、am goingの今から永遠に、というのと、決して衰えない愛を持つ、というのとの違いと言うことですね。 どうですか? 永遠に人を愛すことの難しさを知っている人であれば、I will beの持つ未来での継続と進行(これをつなげると続行になりますね)の方を選ぶのではないかと思います。 (年の差もあるかな<g>)

と言う事で、am going toの持つ、もう始まっている、と言うのと、will beの持つ、未来のことだけど意志が強い、というのとどちらをとるか、どちらを相手は重要視するか、でこれらを使う人は「使いこなす」事になるのですね。

その二つをつなげることで作り上げるフィーリングにはそれなりに人間性というものが出てくると感じる人は多いと思います。

多い、と書いたのは、日本語でも同じように、ある表現から得られる自分が持っているフィーリング解読が違う時もあるわけです。

「でめぇ、やリてえのかよ」と言う文字からの凄みと「仕方ないですから、お手合わせ願いますか」と物静かに言うのとどちらが「本当の凄みを感じさせるか」と言う質問とよく似たものだと思います。

フィーリング、フィーリングと私は言いますが、フィーリングを測る尺度の違いが今回の表現に出てこないとは私はいえないと思うのです。

やる気があるなら良い、いつやってくれるのですか、この二つの尺度で相手は「満足のいける」かどうかが変わってくるわけですね。

相手の反応に敏感であればあるほど、We are happy to work with you. (もう少し変える必要があるかな)We will be happy to work with you at any time. と表現を変えていくような話し方もするわけです。

I will wait for you. Yes, I am going to wait for you. I want you to know that I am going to be waiting for you. I sure will be waiting for you.と言う4つの表現を持ってくる必要を感じる人もでてきても決しておかしくないわけです。 これで、言いたいフィーリングのすべてを「細かく」伝えようとしているのが分かりますね。 つまり、表現には直接出さなかった、I want to make sure he knows my intension as well as feeling toward him.と言うフィーリングをトータルで出しているわけですね。

そしてそれはすなわち人それぞれに違う解釈をしがちな表現だと言う事を知っていると言うことにもなりますね。 (I love you but、、、、でなぜbutが使われるか、それは、loveの解釈に幅がある、と言う事実が理由だと言うのと似ていますね)

言葉・表現とフィーリングとのつながりに難しいものがある、と言う事にもなるかもしれません。 しかし、この難しさがある、と言う事実を知ることで、英語の表現力がついていく、と言う事でもあるわけですし、また、誤解を防ぐ姿勢も作りあがっていくわけです。

なぜ私が日本語の表現を英語の表現に変えて欲しいという質問に、この日本語の表現には一種類以上のフィーリングが出せるので、この日本語の表現をこのフィーリングで使っているとしたらこういう英語の表現になるし、また、このフィーリングで使われる時にはこういう英文になります、というような回答が多いわけです。

日本語を外から見ているので結局「突っ込みやすい」のかもしれません。 しかしそれを自分の日本語表現に使えない焦りを私が感じていることも否定できません。<g>

余談です。 先日ある個人的なBBSで「謹んで新年のお喜びを」まではかけたのですが、その後が出てきませんでした!! それをあからさまに書いたものだから、お二人の方から「それは申し上げますです!!」と言われてしまいました。 今年最初の日本語勉強でした。 (これが最後にならないことを誓います。 I will be learning more Japanese for next 362 days!!ですね。 そして、習ったことはすぐ使う、で、taroandjiroさんも他の質問者・回答者の皆さんに、「謹んで新年のお喜びを申し上げます」を社交辞令のフィーリング無しで贈らせてください!!!

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

Gです。 And it is my personal New Year greeting to you, Taroandjiro-san!!

説明がはっきりされていなくて申し訳ありません。

am goingとwillは文法で言う時制が大きな影響をフィーリングにさせていると言ったら理解しやすいでしょうか。

現在進行形の持つ「今」やっている、と言うフィーリングとあとでやることになる、と言うフィーリングとWillの持つ「未来」だけど「やる意思」が大いにある、と言うフィーリングの違いなのです。

ですから、am goingの場合には「もうすでにそのやる段階は始ま...続きを読む

QThe don't-just-stand- there crowd f

The don't-just-stand- there crowd feels we have to do something about these imbalances,

上記はウォール・ストリート・ジャーナルの一節です。
適切な邦訳を御願致します。

Aベストアンサー

just-stand-there crowd で「ただそこに居合わせただけの有象無象」という意味でしょう。これは合成された形容詞です。これが don't で否定されていますから,「意識ある群衆」。後ろを続けて訳すと「は,この不均衡に対して,われわれは何かしないといけないと感じている」といった文意だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報