親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

他にも同様の質問はありましたが回答範囲が志望と違うので新規に質問させていただきます。

マーチや成成明学くらいのレベルの大学で日本文学に強い大学を教えてください。東京近郊か関西への進学を希望しており、古典(特に古代)を中心に学びたいと思っています。

教授やテーマから決めることも検討していますが、史料などのことを考えると大学の環境も大事だと思ったので質問しました。ご回答宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

すでに出ているように、私立で日本文学なら国学院です。


多くの有名私大は外国文学がメインだからです。
国学院の日本文学科は歴史が古く、資料も多いです。この学科は国学院ではトップの看板学科で、この分野での知名度は高いです。

この回答への補足

やはり国学院という回答が多いですね……前々から国学院に行きたいとは思っているのですが、偏差値と見合わない、就職に不利ということで家族に反対されて質問させていただいたので、マーチの回答がほしいです。

ちなみに一応、上代の研究を希望しています。

補足日時:2008/10/12 04:57
    • good
    • 2
この回答へのお礼

補足の通りです……ご回答ありがとうございました。しかしまさかこんなに国学院を薦められるとは。やっぱりすごいんですね。

お礼日時:2008/10/12 05:24

ズバリ龍谷大学を勧めます



関西では関関同立の次に難易度が高いことで就職がいいらしいよ
ちなみに自分は龍谷の関係者でも、学生でもないけど、なんか光るものを持ってる大学だなぁ~って思ってました
関東ならば國學院だね、やはり。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お返事が遅くなってしまいました。回答ありがとうございます。
國學院への進学に決まりそうです。9割近く取れているのでセンター利用入試で合格していると思います。今後他校への編入学を利用するかも知れませんが、両親はなんとか説得してとにかく一度國學院に進学できることになりました。
emette-78さんへのお礼ではなくなってしまい申し訳ないのですがこの場を借りて、皆さん本当にありがとうございました!

お礼日時:2009/02/06 19:19

え!!!



大東亜帝国の国は、国士舘じゃなかったのですか?

国学院と国士舘はよく間違える人多いんですが。

この回答への補足

大東亜帝国なら国士館、國なら国学院ではないでしょうか。私が見かけたところでは国学院にされている場合が多かったのと、学校では国学院と言われるのでそう思っていたんですがよく調べてみると国士舘のほうが正しいのかも。こんな造語に正しいも何もないと思いますが(笑)

補足日時:2008/10/19 18:46
    • good
    • 1
この回答へのお礼

重ね重ねご回答ありがとうございます。今のところ明治、法政(近世が強いとのこと)、学習院(教授がよいと薦められました)、国学院の受験を考えています。同志社・立命館は相談中(関東在住なので)。あとは早稲田の教育学部を教えていただきましたので、調べてみようと思っています。

お礼日時:2008/10/19 19:13

国学院が成成明学より落ちるとは思わないのですが。

。。
マーチレベルなら、もう少しがんばって、早稲田の教育学部の国語国文学科というのもありますが。
なお、下にあるように、教員なら、国学院が断然有利です。

この回答への補足

国学院の評価は一番最初に回答いただいた方が書かれている通りですね。文学部はマーチに近い(明学と同じ、成蹊・成城よりは上)ですが、他学部で評価を落としていると思います。大東亜帝國に組み込まれてしまっているのがまた……。

補足日時:2008/10/12 14:12
    • good
    • 1
この回答へのお礼

教育学部は綿矢りさが行ってましたね、そういえば。教育へ進むことは考えていないんですが、何かメリットあるのでしょうか。ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/10/19 18:44

追記:私は都立の高校卒ですが、現代文、古文、漢文全て国学院出身の先生方でした。

チョと昔ですが。身内で、経済出がおりますが、一流会社で海外員勤務ばかりです。地味が大学ですが、評判は悪くないと思います。中世、古代の日本文学や日本史を学ぶのなら好いと思います。二松学舎は確かに漢文、中国文学では好いと思います。夏目漱石も一時期学んでいるようですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまいました。申し訳ないです。逆に私の学校(私立)の先生は国公立や早慶から聞いたこともないような女子大まで出身大学は様々ですが、国学院は聞いたことがありません。なんでだろう?

お礼日時:2009/02/06 19:46

国文学をやるのなら、国学院、二松学舎、この二校


は古典文学では歴史もあるし、教授陣も揃っていると
思います。いわゆるマーチなどの同系統の学科とは
比較にならない学問的歴史がありますよ。しかし、
どこの学校へ行っても、あなた次第ですが。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。他の方の質問につけさせていただいた補足の通りなのです。二松学舎って漢文が強いのではないですか?

お礼日時:2008/10/12 05:21

日本文学なら東京より京都でしょうね


同志社か立命館、特に同志社は歴史の分野でも優れた
業績をあげていますから

東京だったら、明治かな
    • good
    • 1
この回答へのお礼

同志社ですか!検討してみます。ありがとうございます。関東在住では関西の学校の情報があまりないので助かりました。

お礼日時:2008/10/12 05:17

>古典(特に古代)を中心に学びたい…


#1のお答え通り「國學院」が飛び抜けて優れています。
就職については知りません。
研究者になるならそのまま國學院に残るか帝大の院を捜せば良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。他の方の質問につけさせていただいた補足の通りの状況なのです。研究者になることは考えておりません。

お礼日時:2008/10/12 05:14

日本文学を学びたいとお考えならば國學院ではないでしょうか?



私は國學院出身者ではないのですが、高校3年のときに國學院も選択の中に入っていました。

古代文学を学びたいとお考えならば、中国文学にも触れていかなければならないので日本文学・中国文学の教授陣の揃いがいいと思います。

時代錯誤な程、国文学に力を入れている大学ですから。

因みに、私が國學院に進学しなかった理由も付け足しておきます。

文学部の偏差値はマーチほどですが、その他の学部が日東駒専レベルなので、就職する際の会社側の評価はイマイチです。

卒業後、院などには進まず就職をお考えならば、その辺も視野に入れて大学をお選びになられた方がいいかもそれません。

私はマーチの中の大学を卒業していますが、國學院の古典文学と中国文学の授業に何度かもぐりこませてもらったのですが、やはり先生方のレベルが違いました。

民俗学や民族学、宗教性など様々な角度からアプローチしていく講義に感動したのを覚えています。

いろいろと話を聞き、いろんな大学の先輩などに授業にもぐりこませてもらってみてはいかがですか??

meso009さんがよい大学にめぐり逢えることをお祈りしています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうなんです、就職なんですよね……国学院、行きたいんですが。授業もぐり込もうと思います。入れ知恵ありがとうございました(笑)

お礼日時:2008/10/12 05:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本文学で有名な国立大学は??

初めまして。私は韓国人で、日本の国立大学を目指して勉強している者です。
日本の国立大学で、日本文学(主に近代、現代時代)について学びたいですが、
日本文学で有名な国立大学は、どこでしょうか?
(私立は、留学生の私に取っては経済的に困ります)




私が知り合いの日本人から薦められたのは筑波大学です。
東京外国語大学の場合、奨学金の制度が日本語学科に限ってよくできていないし
療もないので、経済的に困りますし。。
慶応・早稲田大学などは、私立でできないし。。




なんか国立・公立大学で、日本文学で有名で権威のある大学、
お勧め頂けますでしょうか?
日本文学を深く学びたいです。
どうぞよいアドバイス、お願い致します。

Aベストアンサー

日本文学は、「金にならない」学問ですので、こういう学問を大切にしている大学となると、やはり名門大学になります。あと、有名な先生がいるかどうかよりも、その大学が留学生を受け入れるのに慣れているということも重要でしょう。

こういうことを考えますと、国立大学では、筑波大学はとてもよい大学だと思います。その他に、東北大学と北海道大学の文学部も非常にしっかりしていると言われています。この3校は、非常に学術中心の風土がありますから。

ちなみに、私立大学の名門校は、あまりよい文学部はありませんね。國學院大学や二松学舎大学などは、偉い先生がたくさんいますが、権威は弱いです。学生のレベルが少し低いからです。早稲田や慶應は、学生のレベルは高いのですが、彼らは金儲けしか考えていないので、文学はやりません。

Q文学を学ぶのに良い大学

高3の受験生です。
小説家になるために、日本の文学について学びたいと思い、その道の最高峰ということで早稲田大学の文学部を志望しています。
でも、早稲田は今の成績だと少し難しいと言われているのと、浪人ができない事情のため、滑り止めはできるだけ多く受けようと思っています。
総合的なレベルや知名度でいくと、早大の下といえばMARCHや関関同立となるでしょうが、僕はさほど知名度やレベルにこだわらず、純粋に、日本文学を勉強する上で環境の整ったところに行きたいと思っています。
どこを受けるのが賢明でしょうか? 穴場を教えてください。
(一応自分で調べたところ、国学院は日本文では環境はかなり良いということらしく、検討しているのですが)

Aベストアンサー

小説家になるという前提だと学部は関係ないかも。
早稲田に入って文学関係のサークルにはいるというのが手かも。
文学部は小説家を育てることが目的でなくて、小説を始めとした文学を解釈するための教育ですので。
学部にかまわないというのであれば、日大の芸術学部などはどうでしょう?人間観察という意味では、雑多な人種が徘徊しているようです。
明治大学のマンガ研究会も最近小説家を輩出している。

んで、國學院はその分野ではよろしいかとも思います、で、西日本ですと天理大学も穴場かも。

Q文学部で現代日本文学作品だけを学ぶのは無理?

文学部進学を選択肢の一つに考えている高校生です。

文学部に進学したら現代日本文学作品を学びたいと思っています。昔から小説を読むのが好きで、古典作品よりも、明治以降の作品(さらに言えば、例えば村上春樹さんのように今リアルタイムで執筆活動をされているような作家さんの作品)の方にに学問的な興味も寄っています。大衆文学でも純文学でも。自分が読んで育ってきた時代のものを研究したいという気持ちが強いです。
ちなみに志望校については、京都大学の学風に大変惹かれており、今のところそれ以外を考えたことがありません。

しかし、その文学部について調べていて引っかかる点が少しありました。
他の大学もそうだと思うのですが、国文学は文学部の中でも「東洋文化系」という大きなくくりの中に属していますよね。
その東洋文化系の必修科目や専門科目は、
・中国・韓国語・サンスクリット語などの外国語
・中国古典文学・漢文・国語古典文学・インド古典文学
がほとんどという印象でした。
国語学や国文学もありますが、それ以上に外国語や他国の古典文学の授業がかなりを占めていると思います。
さらに国文学の授業でも、古典文学だけを扱うのが文学部の一般的常識だと聞きました。これは本当なのでしょうか。
教授の研究テーマを見ていても、現代日本文学を専門にしていらっしゃる方がいらっしゃいませんでした。
京大以外の国立大も軽く見てみましたが同じような印象を持ちました。

これは、大学の文学部に進学しても現代日本文学を本格的に学ぶことはあまりできず(卒論を除く)、他国のものを含む古典文学・外国語ばかりということになるのでしょうか?

古典文学も外国語も嫌いではありませんが、現代日本文学をあまり学べず、そちらにウェイトがかなり寄っているなら、他学部に進学して独学で文学を学ぶ方が幸せなのかなぁという気がして迷っています。
文学部で現代日本文学作品だけを、とまでは言いませんが、少なくともそれを専攻にしていると言えるようにはなりたいのです。
それが無理ならば、現代日本文学を学びたいという人が、古典文学や外国語をやる意味って何でしょうか?

文学部に在籍経験のある方や、その辺の事情に詳しい方の回答を頂けたらと思います。些細な情報でもかまいません。よろしくお願いします。

文学部進学を選択肢の一つに考えている高校生です。

文学部に進学したら現代日本文学作品を学びたいと思っています。昔から小説を読むのが好きで、古典作品よりも、明治以降の作品(さらに言えば、例えば村上春樹さんのように今リアルタイムで執筆活動をされているような作家さんの作品)の方にに学問的な興味も寄っています。大衆文学でも純文学でも。自分が読んで育ってきた時代のものを研究したいという気持ちが強いです。
ちなみに志望校については、京都大学の学風に大変惹かれており、今のところそれ以外を...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。「文学が好き」と「文学を学ぶ」では「文学」というもののスタンスが異なることにお気付きでしょうか。そして「文学が接している領域」がどこまで及ぶか、をお考えになったことがあるでしょうか。高校生を含めての受験生にとってはいささか失礼かと存じますが、敢えてこのような問いを返させていただきます。
 口幅ったい言い方かもしれませんが、「文学」を人間の精神的な営みと理解するのであるなら、それが関わる範囲は「人間が関わる全ての領域」と規定することも可能で、それは社会学や法律学、政治学などの社会科学はもとより心理学や哲学といった思想系、時には人間が対象として観察している自然科学分野にまで及びます。そしてそうした全てをひっくるめた歴史にも脚を踏み入れねばならないことも普通です。
 「小説を読むのが好き」と仰る質問者からすれば、近代以前の作品は「小説」ではないのかもしれません。けれど『蜻蛉日記』や『更級日記』も解釈次第では「小説」でもあるとの事実を忘れてはならないでしょう。両者は共に「私小説」です。それは「私に降りかかった事象」を私の目線で見たこととして「自己対象化」の要件を完璧にクリアしていることによります。
 この要件を近代以後の作品に適用してみるならば、漱石、竜之介、そして公房や由紀夫、健三郎といった作家全てにあてはまることにもなります。
 こうしたことを考えてみると、最初の質問である「文学を学ぶ」とはどの様な意味を持ってくるといえるでしょう。そして具体的な内容はどの様な言葉として説明することになるでしょう。ここまで来た時、一先ずの定義を示すこともできます。少なくとも「文学なるもの」を研究対象とする時にしか、この言葉を使うことが出来なくなるとの話です。
 恐らく今後もノミネートされることはあっても村上春樹さんがノーベル賞を受賞することもないでしょう。それは文学が時空を越えて数多くの人と感動や認識を共有することで認められているからとの「文学の存在理由」との間でかなりの隔たりがあることも作用しています。
 『青が消える』が普遍の問題を扱っているといえるでしょうか。この作品をどの様な視点からターゲットとして観察することができるでしょうか。少なくとも僕には公房と類似するテーマを扱いながら彼の一連の作品を凌駕するとも考えられません。春樹が書いているのは「僕にとっては大切なもの」が他から見れば「さほどの意味はないもの」であるとの描写に留まっている点で、公房の足下にすら及ばない。だからどうしたの?で終わってしまうほどの作品ともいえます。
 質問者は「同時代の作家を対象とした」と肩に力を入れて力説していますが、戦後そして1945年以前の作家が同時代の空気を採り上げていないとの考えならば、それは大間違いともいえます。彼らは全員「自分の目線」とのフィルターを通じて社会そして世界を観察し、それを「言葉」として再び世界に放ち、読者(研究者も評論家も)に投げ返してきた、「社会とは…」「世界とは…」「私とは…」そして「これら私を取り巻くものと私の関係は…」との形で。
 少し厳しい言い方になりますが、質問者は「文学」を全く知らないといっても過言ではありません。公房が海外でF.カフカやS.ベケットさらにはA.カミュ、健三郎がG.グラスなどとの同時代の観察者として考察の対象になっていることをご存知でしょうか。またなぜ和歌や俳句に関する研究で外国の研究者の方がより本質的な部分にまで切り込むことができるのか考えたことがあるでしょうか。
 芭蕉の旅は西行の旅と重なる部分が数多くあります。清少納言や兼好の言葉には李・杜、白居易をはじめ多くの言葉がちりばめられてもいます。これはなぜでしょう。それを読む人からすれば、まさに現代の言葉でもあるからです。雪降る朝の光景が「香炉峰の雪」を想起させると清少納言が感じたから、それを言葉にしたのであり、そうした姿をペダンティックと評するのも一つの解釈です。けれどもそれは「清少納言という人物像に対する評価」であり「『枕草子』に対する評価」とは異質なものといえます。
 どうやら質問者は「大学で学ぶ」ことを勘違いしている可能性も多分にあります。専門の教員がいないから学ぶことができないとなれば、質問者の文学に対する姿勢は常に受け身といえ、そこから何を引っ張り出すかとの最も大切な作業を放棄することになります。このような生半可な姿勢では理論構築のない分野とはいえ、何を求めるかとの自らが立てた問いに対する答えを見つけることは到底叶わないともいえます。
 「京都大学の学風に惹かれる」とはあっても、文学部に学風は無関係です。京大文学で「学風」と呼ばれるのは歴史学での「内藤史学」や哲学での「西田哲学」といった「研究スタイル」や「アプローチ視角」での特色です。老婆心ながら誤解されませんように。
 なお「日本文学科」や「国文科」が対象領域として扱うのは必ずしも古典だけではありません。近代以後、「第三の新人」と呼ばれる作家までは対象範囲に含まれます。志望選択をする以前に少なくとも、近代文学史の概要程度は頭に叩き込んでおいていただきたいですね。それが常識ですよ。

 こんにちは。「文学が好き」と「文学を学ぶ」では「文学」というもののスタンスが異なることにお気付きでしょうか。そして「文学が接している領域」がどこまで及ぶか、をお考えになったことがあるでしょうか。高校生を含めての受験生にとってはいささか失礼かと存じますが、敢えてこのような問いを返させていただきます。
 口幅ったい言い方かもしれませんが、「文学」を人間の精神的な営みと理解するのであるなら、それが関わる範囲は「人間が関わる全ての領域」と規定することも可能で、それは社会学や法律学...続きを読む

Q文学部志望なのですが・・・

私は文学部志望の高校3年生です。

大学、進路としては文学部に進んで、古典をやりたいと思っているんですが、
「ここは古典やるのに持ってこいだ!」
という大学ってどこですか?

私自身の偏見から言って、どうしても京都にある大学がベストかな、と思うのです。
ちなみに、学校も周りも何かと「国公立」と言うので、私自身もそれが全てだと錯覚しがちですが、私立にも素晴らしい大学はいっぱいあると思うんです。

で、第一志望、一応今のところ同志社大学の文学部、と思ってます。
同志社で古典はみっちりやれるでしょうか?
それとももっと良い大学はありませんか?
偏差値のことも考慮には入れますが、やはり大学では自分のやりたいことをしたいと思ってます。

私は石川県に住んでいるので、地元の国公立大学となると金沢大学が一番に挙げられます。
けれど、私は金沢大学では“本物の古典”には触れられないような気がします。
だからこそ、京都にある大学で・・・と思っているんですが、実際どうでしょうか?

回答お待ちしております。

Aベストアンサー

国立大文学部、国文学を専攻で卒業したものです。国文学で古典を専門にされるのでしたら、特に「この大学でないとだめ」ということは少ないと思います。

もし、いま「源氏物語」などの研究書を読んでおられて感銘する研究をした先生がいらっしゃれば、その先生のいる大学を選択するのも手だと思います。(私はそれに近かったです。)そういった先生のいらっしゃる大学でしたら、研究書もそろっていると思いますし、同じような興味を持った学生も多いと予想されますしね。

金沢大学、同志社大学の仕組みがわからないのですが、一部の大学には入学時には「文学部」として募集して、教養部から学部に進むときに、改めて専攻を決める方針のところもあります。(今は少ないはずですが)入学してから改めて専攻を考え直せるメリットはありますが、人気の分野が取れないなんてことも考えられますから、調べられることをお勧めします。(私の時は、国文学は倍の競争率にでした。)

私は経済的な事情から、国立にしましたが、似たような環境の友人が多くて、みんな熱心でそして楽しかったです。学部全体で1学年百数十人、その中で国文学専攻は十数名でしたから、和気あいあいでした。
自分と同じテーマで卒論を書いた友人こそいませんでしたが、人数が少ない分、教授、助教授、院の先輩などとの関係が密接だったのが、よかったです。

調査で京都には行きました。
「古典は自分の中にある」というのが、私の実感なんですが。

国立大文学部、国文学を専攻で卒業したものです。国文学で古典を専門にされるのでしたら、特に「この大学でないとだめ」ということは少ないと思います。

もし、いま「源氏物語」などの研究書を読んでおられて感銘する研究をした先生がいらっしゃれば、その先生のいる大学を選択するのも手だと思います。(私はそれに近かったです。)そういった先生のいらっしゃる大学でしたら、研究書もそろっていると思いますし、同じような興味を持った学生も多いと予想されますしね。

金沢大学、同志社大学の仕組みがわ...続きを読む

Q文学部が有名な大学は?

こんにちは。
世の中いろんな大学がありますが、文学部が有名な大学というのはどこだと思いますか?例えば、著名な作家さんが在籍していたとか、どこそこの教授はなんとかの権威で・・・とか、どんな評価でもよいので、みなさんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

明治時代は森鴎外、夏目漱石などのように東京帝国大学出の方も小説を書かれましたが森鴎外は軍医総監が本業だし、

漱石の方も英語教師の身分で英国留学ですから初めは必ずしも「ペン一筋」という訳には行かなかったようです。

今の若い方には判らないと思いますが、文筆業とか役者、芸人(タレント)達は、乞食呼ばわりされていた時代が続いたのです。

戦後の混乱期は織田作之助(?)、坂口安吾(東洋大)、太宰治(東大中退)、石川淳(東外語)、檀一雄(東大)などは破滅派といわれる

人には東大が意外に多く、肌合いは違いますがノーベル賞作家の川端康成も東大出身、また昭和27年頃には三島由紀夫(東大)は

卒業後、何のつもりか大蔵省官吏を3年?ほど勤めていますが、学生時代に既に物書きを始めていました。


一橋大では昭和30年の石原慎太郎氏の「太陽の季節」が出て、後に田中長野県知事が「何となくクリスタル」でデビューしました。

昔は大学の数も少なく、「三田文学」「早稲田文学」で代表されるように早稲田と慶應で競っていたように見えますが実際には

これは大正以降~せいぜい昭和40年頃の話で、いろいろな大学の方が出て来られていることが判ります。

文学や、文芸作品自体は書き方を大学で学ぶ訳でもなく才能が書かせるものですから、別に大学なんか出ている必要もないし

これからはもっと幅広い分野から出て来るのが当然かと思います。。。


>どこそこの教授はなんとかの権威で・・・とか

文学論・文芸評論の類は教授にも出来るとは思いますが、作家的な創造分野の仕事は大学のセンセイにはとても無理でしょう。

明治時代は森鴎外、夏目漱石などのように東京帝国大学出の方も小説を書かれましたが森鴎外は軍医総監が本業だし、

漱石の方も英語教師の身分で英国留学ですから初めは必ずしも「ペン一筋」という訳には行かなかったようです。

今の若い方には判らないと思いますが、文筆業とか役者、芸人(タレント)達は、乞食呼ばわりされていた時代が続いたのです。

戦後の混乱期は織田作之助(?)、坂口安吾(東洋大)、太宰治(東大中退)、石川淳(東外語)、檀一雄(東大)などは破滅派といわれる

人には東大が意外に多く...続きを読む

Q国文科に進みたいのですが…

こんにちは。
高校1年生の者です。最近、大学の進路が気になりだしています。

文学が好きな私は、大学は国文科と決め込んでいました。将来どんな仕事に就きたいというよりは、ただ単に国語を勉強することが好きだから。小説家・詩人・国語の教師・新聞記者・出版社…将来文学と触れ合っていけるなら何でもいいんです。

でも、このまま「好きだから」という理由のみで国文科を選んでしまうことに少し不安も感じています。
現在の小説家や詩人などは、大学で国文科以外を選んでいた方ばかり。また国文科を卒業したところで必ずしも文学系の職業に就職できると限りません。第一、国文科からの就職率はかなり悪いと聞いています。

好きなのは国語ですが、理数系の方がテストの結果は得られています。またとんでもなく多趣味な人間で、ブログ作りやサッカー観戦、現代美術、裁縫など、犠牲になるものは少なくないんです。
「後悔しない自信がある」とは言い切れない自分がいます。

でも大学で勉強したいほどのことと言ったら文学しかないし…非常に困っています。

誰でも構いません。こんな風な大学での専攻の仕方や将来の進む道もあるのでは、という方がいらっしゃいましたら、是非教えてください!!

こんにちは。
高校1年生の者です。最近、大学の進路が気になりだしています。

文学が好きな私は、大学は国文科と決め込んでいました。将来どんな仕事に就きたいというよりは、ただ単に国語を勉強することが好きだから。小説家・詩人・国語の教師・新聞記者・出版社…将来文学と触れ合っていけるなら何でもいいんです。

でも、このまま「好きだから」という理由のみで国文科を選んでしまうことに少し不安も感じています。
現在の小説家や詩人などは、大学で国文科以外を選んでいた方ばかり。また国文科を卒...続きを読む

Aベストアンサー

日本文学科(うちの大学ではいわゆる国文科にあたります)所属の大学3年生女子です。

同じキャンパス内でいろいろな学部学科が講義を行っている大学への進学をオススメします。
大学では、必修科目の他に、好きな講義を自ら選び受講することが可能です。
医学部など、忙しい学部へ入ってしまうと難しいとは思いますが、卒業要件単位のうち、自由選択科目が多い学部学科に入ってしまえばこちらのものです。(笑)
必要なものはきちんと自分の本業(?)として単位をとり、残りは好きな学科の好きな講義をとればいいわけです。
たとえば私は、受験のとき迷いに迷って、結局日本文学科に入りましたが、うちの日文は、卒業要件単位のうち、自由に科目を選択していい単位数が非常に多いため、興味のあった児童学科の授業によくおじゃましています。

就職のために専門性を持っておきたい、国語のほかにもこんな勉強をしてみたい、というのが見えてきたら、そのときはそれを大学でメインに専攻すればいいんじゃないかしら。国語系の授業なんて、いくらでも潜り込めると思います。(笑)
あと2年くらい高校生活してみて、「やっぱり国語が好きだなぁ、他をメインに据えて4年間なんて、やりたくないなぁ…」と思うのでしたら、そのときは迷わず国語を選べばいい。他の教科は「一般教養」という名の下に行われる概論とか、他学科の授業に潜り込めば、いつでもつまみ食いできますから。(^^

そんなに深く悩みこまなくても、案外なんとかなっちゃいますよ♪
一年くらい大学に在籍してみて、「あ、私が専攻したいのはあっちだったんだ!」って気付いたら、転学科というのも出来るハズですし。(転学科のための試験やお金は必要かもしれませんが。)

職業の面で言うなら、少なくとも、国語の先生になりたいなら国文科。小説家になりたいなら絶対他学科をオススメします。
なにはともあれ、まずは高校生活楽しんでくださいね(^^

日本文学科(うちの大学ではいわゆる国文科にあたります)所属の大学3年生女子です。

同じキャンパス内でいろいろな学部学科が講義を行っている大学への進学をオススメします。
大学では、必修科目の他に、好きな講義を自ら選び受講することが可能です。
医学部など、忙しい学部へ入ってしまうと難しいとは思いますが、卒業要件単位のうち、自由選択科目が多い学部学科に入ってしまえばこちらのものです。(笑)
必要なものはきちんと自分の本業(?)として単位をとり、残りは好きな学科の好きな講義をとればい...続きを読む

Q関西・関東付近で、文学部といえば何大学ですか?

関西もしくは関東付近で文学部(日本文学)といえば何大学ですか?
高校2年生で、進路について悩んでいます。
将来、就ける就けないは別として司書になりたいと思っています。

最終的には資料請求などで検討したいと思っているのですが、
量が多すぎて悩んでしまっていて、絞るための参考にしたいので、
文学部(日本文学)で連想する大学を教えていただけると嬉しいです。
国公立、私立、どちらでもいいです。

教員になりたいわけではなく、あくまで文学や日本語の研究がしたいので、
そういった研究が有名な大学の情報があると嬉しいです。

あいまいな文章で伝わりにくいとは思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんはNo.3.6です。僕の考え方はどちらかと言えばNo.10の方に近くNo.8の方の様に「現実べったり」とは対極の考えです。
 No.8の方は「でも現実には偏差値60以下の中堅大学の非実学部に行ってなんだかんだ行って院に行かずに就職と言う人が全体の80%ぐらいなわけです。で、就職先が無いからどうの、って言い出すんですよ。悪いけど自業自得です」と「商学や経営学系こそが学問」と言わんばかりに他の学問を存在意義がないかの様に侮っていますが、近代経済学の創始者的存在でもあるアダム・スミスが『国富論』に先立って『道徳情操論(または『道徳感情論』とも呼ばれる)』を著したのはなぜだとお考えですか?。また経済学者のカール・マルクスが『経済学・哲学草稿』を遺したのはなぜだとお考えでしょうか?。
 本日の朝日新聞朝刊にこんな記事が掲載されていました、アメリカ大統領選挙を巡り「アメリカの国民がアメリカの実情をどれ位“正確に”把握しているか」との疑問をアメリカ国内の経済学者が問うていた文章です。
80年代の後半には既にアメリカン・ドリームなどの夢物語は実態を失い、その現実に気が付かないままにここまで来てしまったとの指摘です。
 「理念」などとの言葉を使えばNo.8の方からは「甘っちょろい、現実を理解出来ていない」と鼻先で笑われるかもしれませんが、「実学」だけが人間にとっての渇きに潤いを与える本質的な手段でないことも一方の事実であることには間違いないでしょう。「人はなぜ生きるのか、どの様に生きるのか」を問うことが学問の根源であることにも鑑みて、余り「即物的な物の見方」を学問にそのまま当てはめる事に僕は同意しかねます。
 少なくとも「問題意識の高い学生」であるならば「学部の4年間はその後のための準備期間として力を蓄える時間」となっています。No.8の方はそうした学生に出会ったことがないために態(わざ)と嘯(うそぶ)いているのかもしれませんね。
 学問に対する評価は「研究者が示す研究成果」によってのみ判断される。これは歴とした事実です。大学の名前やネームバリューで評価が決まるわけではありません。
 幸いなことに質問者様は現在、高校二年生であり「漠然と“文学や日本語に関する研究がしたい”」レベルです。今後「どの様な視点から、どの様な方法で、どの様な対象に『アプローチ』していくか」を大学の1・2年次に深めそれを3年次以後に突き詰めていく、こうしたロングスパンで取り組んでみては如何ですか?。全てを「これは役に立たないからダメ」「これは役に立つ」との二分法で括ってしまうならば、実学としての経済学で学ぶ「経済原論」などは「役に立たないモノ」に分類されてしまいます。けれども「経済学」を学ぶ上では「経済原論」は避けて通ることの出来ない科目であり、法律としての「憲法」が同時に「基本法」としての地位を占めるのに対し、その他の行政法やら経済法やら社会法そして刑法や民法などはその「憲法の内容を個別領域的に具体化する法」である違いと関係がそこにはあります。「文学」そして「言語」を学ぶ事は表面的には「実学のイメージ」はないと思われるかもしれませんが、そこで対象とするのは「人間の意識や思索」そして「それを表現する手法」であり「総体として人間を取り巻く全て」「人間が遺してきた全て」をひっくるめて扱う領域であり、この意味では「実学ではないとのイメージ」も怪しくなってきます。
 蛇足ですが、僕の友人にも国文科に在籍しながら職業として社会保険労務士の資格を取得して企業の総務で働いている者や税理士の仕事に従事している者もいます。僕自身も企業でSEとして勤務する一方で大学教育と研究に携わる身分です。「二足草鞋」もなかなかイイものですよ。「生活の食糧(かて)を得るための仕事」と「自分の専門領域に対しての様々な視点からのアプローチによる仕事」の切り分けさえも可能です。こうしたチャレンジができるのも若い間だけですから。

 こんばんはNo.3.6です。僕の考え方はどちらかと言えばNo.10の方に近くNo.8の方の様に「現実べったり」とは対極の考えです。
 No.8の方は「でも現実には偏差値60以下の中堅大学の非実学部に行ってなんだかんだ行って院に行かずに就職と言う人が全体の80%ぐらいなわけです。で、就職先が無いからどうの、って言い出すんですよ。悪いけど自業自得です」と「商学や経営学系こそが学問」と言わんばかりに他の学問を存在意義がないかの様に侮っていますが、近代経済学の創始者的存在でもあるアダム・スミスが...続きを読む

Q國學院大學の評判

今年の春から國學院大學に行くものです。

受験生時代には慶応大学法学部を現役合格目指して勉強していました。
それが・・・落ちて滑り止めの國學院に入学することになりました。

べつに・・・國學院大學が嫌なわけではありません。
滑り止めであっても、自分で選んだ学校ですので、校風、立地、(僕は公務員や法律専門職志望なので)進路など
僕にピッタリな部分がたくさんある学校なのです。

しかし・・・。
世間の評価というものが気になってしまうのです。
自分で結果や大學に関して納得しているにもかかわらず、そこを気にしてしまう自分が愚かであると実感しています。

けど・・・。
塾の私大文系偏差値表や入試レベル表としては
早慶上智>MARCHG>國學院≧成成明>日東駒専

という感じだったので
レベルとしては明学と同じくらいかなと思ってました。
それがネットの評価をみたら
日大や駒沢などよりは圧倒的に下であると表記されていて
すごくショックを受けました。

本当のところはどうなんですか?
知っているお方いたら教えてください。

Aベストアンサー

國學院大學の評判  というよりも印象になるのですが、

国文や史学は一定の評価があるようですが、それ以外の社会科学系は、

普通というか、普通の「その他大勢」でしょうね。

位置づけとしては、そんなに偏差値の数字どおり見てませんから、日大よりも上なの?程度でしょう。

「早慶上智>MARCHG>國學院≧成成明>日東駒専」

これでいくと、成成明と同格ということらしいですが、つまり、好みということですかね。
成成明が華やかで女子大の雰囲気、国学院が硬派で男っぽいイメージ。


というか、慶応を考えていたなら、せめて学習院で止まらないとお話にならないじゃないですか。
それ以下ならどこでも一緒と。今更気にしてもしょうがないでしょう。

どうしても気になるなら、浪人しなさいよ。せめて、マーチには受からないとカッコつきませんよ。

Q国語科教員になるための大学

高校生です。
将来は教員(国語科)になることを目標としています。進路は4年制大学に行き、日本文学を専攻しようと考えています。
しかし、大学については、どういう大学が教員になる環境が整っているのか、ということなどは詳しく知りません。予備校などには通っていませんし、先生方とは事情があってコミュニケーションが取れていないため、誰にも進路の相談に乗ってもらえずに困っています。「国語の先生」という目標はあるにもかかわらず、正直、足踏み状態です。
国語科教員になるには國學院大學などが良いとよく言われるそうですが、その他の学校については、まったく話を聞いたことがありません。

そこで教えてください。
・関東圏の学校
・私立で文学部がある
・教員になる環境が整っている
という条件がそろっている、具体的な大学名を教えてください。
また、教員の方がいらっしゃるのであれば、周りの国語科教員の出身校統計などを教えてくださると幸いです。
何卒、ご協力よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下の方が答えられているように、文学部国文科のある大学ならどこでもいいと思います。
教員以外の就職のつぶしも聞かせるためには、早慶上智の文学部(早稲田なら二文ではなくて一文の国文学専修のほう)が望ましいでしょうが、そこまでの学力が無ければ国文学なら「國學院大学」と「二松学舎大学」がいいと思います。国語科OBも多いですからね。尤も、二松学舎大学の場合、国文学の中でも漢文学のイメージが強いですが。つまり古典の教員という色彩が濃いですね。

*以下は個人的希望。
私の個人的希望を書かせてください。私の高校時代の経験からして、高校の国語科教員に求められるのは、日本文学の才能などではなくて、論理的に緻密に書かれた評論文などをしっかり読みこなし、学生に教授する力だと思います。悲しいかな、高校教員にはやはり、生徒を大学受験で合格させる任務があると思います。そうすると、常に高校の現場教育は大学入試問題によって制約を受けざるを得ません。と考えると、大学入試の国語の主流は現代文です。しかも、現代文は圧倒的に「評論文」がメインです。そして、その評論文の扱う内容に「文学」は殆ど扱われません。ほとんどが社会科学的・哲学的な内容です。国民国家とか市場経済、物心二元論、人間中心主義、環境破壊とヒューマニズム、情報化社会、技術革新・・・といった、しごく社会科学的(政治・経済学的)なテーマが扱われます。予備校の現代文教師のほとんどが文学部卒ではなくて法学部とか経済学部卒なことからも分かるように、相当の社会科学的素養が無いと現代文をといたり教えたりする事は出来ないと思います。

どうか、「日本文学」という文学ばかりに耽溺することなく、現実的な社会問題、あるいはその社会問題を根幹で支える近代的社会思想などについても学ばれる事を強く希望します。それができない現代文の高校教師があまりにも多くて嘆かわしいのです。

以上、おせっかいでした。

下の方が答えられているように、文学部国文科のある大学ならどこでもいいと思います。
教員以外の就職のつぶしも聞かせるためには、早慶上智の文学部(早稲田なら二文ではなくて一文の国文学専修のほう)が望ましいでしょうが、そこまでの学力が無ければ国文学なら「國學院大学」と「二松学舎大学」がいいと思います。国語科OBも多いですからね。尤も、二松学舎大学の場合、国文学の中でも漢文学のイメージが強いですが。つまり古典の教員という色彩が濃いですね。

*以下は個人的希望。
私の個人的希望を書...続きを読む

Q庶民が学習院大学に入学するとつらい?

娘の大学進学ことで相談です。私自身が大学についての知識が乏しいため娘任せで大学受験を終えました。なんとか私立大学3校合格しました。合格した3校の中では学習院が一番ランクは高いです。娘も(私と同じで知識不足のため?深く考えず?に)学習院(英文学科)に行きたいと行っています。情けないことに、この場になって初めて気がついたのですが、田舎(静岡県)の庶民サラリーマン(年収800万程度)の娘が学習院に進学して、肩身の狭い思いをするのではないか?と非常に心配になってきました。他校の入学手続き期限が2/23なのでもうすぐに決心しないといけません。実際、学習院大学には、一般庶民の学生は少ないのでしょうか?一般庶民の学生は肩身の狭い思いをするのでしょうか?どうか助けて教えて(助けて)ください。

Aベストアンサー

私の従姉妹(叔父の娘2人)が学習院に通っています。
1人はすでに卒業しましたが、1人は在学中です。

最近ではお金持ちだけ、という様子ではないようですが、
やはりお嬢様が多い事は多いようです。

寄付金などを求められることもあるようですが、そういったものには
無理なく応じれる分だけ応じれば良いでしょう。強制ではありません。

部活やサークル活動などでは、他の大学よりも親御さんの負担が
大きいようです。が、これは部活にもよるでしょう。
合宿などがある部活だと、お金よりも応援に行ったりご飯を作ったり、
そういうことに熱心な親御さんが多いようです。


叔父は零細企業とはいえ役員を務めており、また奥さんも
成金のお嬢様(帝国ホテルで結婚式を挙げられないなら
結婚させない、と言われたそうな・・・)ですが、まぁ
学習院ともなると「うちみたいな中途半端な金持ちでは
相手にならないほどすごいところのお嬢様がゴロゴロ
してるから、張り合う気も失せた」というのが当の従姉妹達の
言葉です。

彼女らに感想を聞いて見ると、「親が金を持っているかどうか」
よりも「しつけがちゃんとされているか」「物怖じしない性格か」
のほうが重要なようです。

つまり、「どうせ私なんか・・・」と萎縮してしまうタイプの
人にはつまらない大学だけれど、「人は人、自分は自分」と
思えて、「へー、そんな世界あるんだー」と素直に感心できる
人には、面白い人脈が広がる楽しい大学だそうです。
言い方を変えれば、見栄っ張りな人にはしんどい大学なんでしょうね。

思うに、本当のお嬢様は、お父さんがサラリーマンだからといって
馬鹿にしたりしません。むしろ中途半端なお嬢様ほど自分を高く
見せようとして他人を蔑みます。

そういう人たちを相手にせず、自分に敬意を払ってくれる人にだけ
こちらも敬意を払うようにしていれば、自然と居心地よい友人関係が
作れるのではないでしょうか。

あとは、娘さんがそういうことができる性格かどうかですね・・・。
苦労もあるでしょうが、就職してからでは得られない人脈が
広がると思います。納得行く結論が出るといいですね!

私の従姉妹(叔父の娘2人)が学習院に通っています。
1人はすでに卒業しましたが、1人は在学中です。

最近ではお金持ちだけ、という様子ではないようですが、
やはりお嬢様が多い事は多いようです。

寄付金などを求められることもあるようですが、そういったものには
無理なく応じれる分だけ応じれば良いでしょう。強制ではありません。

部活やサークル活動などでは、他の大学よりも親御さんの負担が
大きいようです。が、これは部活にもよるでしょう。
合宿などがある部活だと、お金よりも応援...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング