・go firewood gathering
・go apartment hunting
以上は最近では分詞とするようですが、
分詞なのになぜfirewoodやapartment(目的語)が前にきているのでしょうか?
それとも動名詞でfirewoodやapartmentは名詞の形容詞用法と
解釈すればいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。



おっしゃるように go ~ing の動詞のing形はもともと歴史的には動名詞でした。つまり、go on hunting が go a hunting, go a-hunting と弱まり、ついには a が消失した形です。go on a picnic, go on a trip, go on a hunt という言い方があるように、この前置詞 on は(もともと接触を表し)ここでは従事や目的を表していますね。

さて、go ~ing の表現ですが、~ing には通例スポーツや行楽など移動を伴う動詞が来ます。ですから、go studying というのはちょっと普通ではない感じがしますね。考えてみれば、go shopping, go hunting, go mountain-climbing, go skating などは移動の行為を伴った動詞ですね。

それから、このing形の動詞の後には場所を表す表現は可能ですが、目的語をつけるのは大変不自然のようです。go shopping at the department store, go fishing in the river は自然ですが、go shopping shoes とか go fishing salmon というのは不自然ということになります。私も試しに、ネットで go salmon fishing と go fishing salmon を検索してみましたが、go salmon fishing の方が約10倍の使用頻度でした。ですから、go fishing salmon も間違いというわけではないと思います。ちなみに go gathering firewood も調べてみましたが、こちらのほうは用例は少ないですが go firewood gathering と同じくらいの使用例がありました。おそらく、現代では薪を集めるという行為はあまり一般的ではなくなったからではないでしょうか。アパート探しというのはいかにも現代的ですから、けっこうヒットしますね。ですが、やはり go hunting (an) apartment(s) という表現はないと言ってもいいようでした。

次に、~ing の動詞の前に名詞を置く表現を、例を挙げながら考えてみたいと思います。

They hunt foxes. という表現は、他動詞の後に目的語の名詞が来ていますが、目的語を動詞の前に置くと、fox huntという動詞が出来ます。これは特定の動物をhuntするという限定された意味の動詞になりますね。現在では fox hunt と記述する動詞はネット検索してみますとごく少数しか見あたりませんが、最初の頃はそのように綴るのは普通だったかも知れません。今は、fox-hunt, foxhunt のように一語で表現しています。fox hunt は名詞句として用いています。(ご存知のように、ふつう2つの単語をくっつけて1つの単語にする時は、最初は2語の並列、それからハイフンで繋ぐ、それから1語で綴る経過をたどりますね)

「キツネ狩りに出かける」という英語の表現は、辞書などでは次のようなものが見つかります。
go on a fox hunt
go on a foxhunt
go fox-hunting
go foxhunting

ご参考までに、「~を狩る、探す」という他の表現をあげてみます。なかなか面白いですね。
head-hunt
headhunt
bargain-hunt
job-hunt
house-hunt

ネットでは、go head hunting, go head-hunting, go headhunting の使用頻度はあまり違わないようでした。専門家はいずれかを間違った表現だと言うかも知れませんが。apartment の場合は、やはり go apartment hunting が圧倒的でしたが、なかに go apartment-huntingというのもありました。が、さすがにまだ go apartmenthunting はありませんでした。(笑) 最後に余談ですが、個人的には go hunting foxes と go foxhunting の差は、「キツネを狩りに行く」と「キツネ狩りに行く」の違いだと感じます。日常の決まり切ったような行為は後者の方が日本語でも普通ですよね。go apartment hunting の感じも「アパート探しに行く」に似ていますよね。 

以上、まとまらなかったかも知れませんが、お役に立てば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現在に至るまでの経緯は非常に参考になりました。
また、辞書やネットで調べていただいてありがとうございます。
半年間モヤモヤしてたので、スッキリしました。(笑)

昨日会員になったばかりで、これからも質問するつもりなので
その時はよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/23 17:55

「何々しに行く」の意味での、go doing の用法ですよね。



go shopping at the supermarketとかgo skiing in Hokkaido のように使い、
go shopping to the supermarketとかgo skiing to Hokkaido のようには言いませんから、goの次に来ているものは、This milk has gone bad.:「このミルク腐ってるね」 のbadと同じで、動作と言うよりも状態を表しているのです。別の言い方で言うと、動名詞として考えて、動作を名詞化したものというよりは、状態を表す形容詞、つまり、分詞と考えるのです。

つまり、
go (shopping at the supermarketの状態)になる
とか
go (skiing in Hokkaidoの状態)になる
と言う意味で使われているのです。

分詞は、形容詞と見ることが出来ます。
He is swimming. He is busy.から a swimming man, a busy manができるように、分詞は形容詞としての役割を果たします。

では、なぜ、
>分詞なのになぜfirewoodやapartment(目的語)が前にきているのでしょうか?
と言うことですが、これは、No.2の回答でduosonicさんが言われているように、「二語を分離することのできない決まり文句」だと考えるのが一番簡単でしょう。

より詳しく言うと、概念の独立化が進んでいるのです。日本語で「通学用のカバン」が「学生カバン」となるように、一定のものや動作・状況などがある程度よく見られるものになると、それを説明的言うのではなくて、一言で表現する方が簡単です。そう言った一言化が進んだ結果、本来動詞の後ろに来る目的語が前置されるようになったということです。
1.a boy playing the guitar :「ギターを弾いている少年」
2.a guitar-playing boy:「ギターを弾いている少年」
と同じような現象です。
1では、説明的に、「ギターを弾いている」と後置しているわけですが、これは、a boy playing my guitar:「僕のギターを弾いている少年」のように、ギターは現実に存在する個別のギターのことを指すことが出来ます。
2では、概念化が進んだ結果、個別のギターを指すことが出来ず、単にギターと言うものと言う意味でしか使えません。つまり、a my-guitar-playing boy のような表現はできないと言うことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、一つの句として理解すればいいのですね。
概念の独立化が進みこのような句が生まれた。納得です。
ありがとうございました。

昨日、会員になったばかりなので、
これからもよろしくお願いします。

お礼日時:2008/10/23 17:35

こんにちは。


・go firewood gathering
・go apartment hunting

1.
分詞として分別がされている?ことを僕は知りませんでしたが、やはり:
・leave engine running
、、、のように「名詞 が ~ingしている、~ingしたまま ⇒ 現在分詞」として考えられないですから、「形容詞的に使われている名詞」が「~すること」という動名詞に組み合わさっていると解析するのでしょうね。

2.
むしろ:
・firewood gathering ⇒ まき集め
・apartment hunting ⇒ アパート探し
・job hunting ⇒ 職探し
・horseback riding ⇒ 乗馬
・(これもそうかな?)Christmas shopping ⇒ クリスマスショッピング
、、、それぞれ「二語を分離することのできない決まり文句」として、それ自体が一つの名詞(句)と考えると簡単かと考えます。


ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり一つの句として使われるようですね。
そのように理解しないと説明できないですよね。
目的語が前にくるとは....

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/23 17:23

後者(名詞の形容詞的用法+動名詞)でOKだと思います。

 目的語の場合は動詞の後に来るのが普通ですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
これからはそのように解釈してします。
また、何かあればよろしくお願いいたします。

お礼日時:2008/10/23 16:42

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分詞の形容詞用法と分詞構文

Seen from the sky, the building looks like a doll's house.
は分詞構文で、
The building seen from the sky looks like a doll's house.
は分詞の形容詞用法
になると思いますが、一般的に、分詞構文は、その主語の後においたら、分詞の形容詞用法になると言えますか?

Aベストアンサー

学校文法で習う分詞構文は文頭に来て、
かつ、理由や時を表わすもの、というのが圧倒的ですが、
現実の分詞構文はそうではありません。

分詞構文でも後の方にくるのが普通です。

とはいえ、逆に分詞の形容詞用法についてはおっしゃるように、名詞の後にきます。

しかし、The building, seen from the sky, looks like a doll's house.
とすれば分詞構文が挿入された形になります。

そもそも、分詞句による後置修飾というのは、英語としてはあくまでも前から流れていきます。

だから、英語としては形容詞用法も分詞構文も、そんなに違いがあるわけではありません。
形容詞用法は名詞を修飾、分詞構文はよく副詞的と言われますが、
そもそも、分詞部分がかかる動詞には主語など、名詞が絡んでくるはずで、
そちらにも関連していて、実際にはそういう形容詞的、副詞的、という区別で済むものではありません。

Q分詞の形容詞的用法

a book written by him
a book lying on the table
のように、「もの」にかかる分詞は現在分詞でも過去分詞でもこの場合いけますが、同じ動詞では可能でしょうか?もしあれば、教えてください。
つまり、以下のような感じです。文は間違っています。
a book written by him
× a book writing in his room
このように同じ動詞のそれぞれの形を「もの」に書けることはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

理屈でいくと
store opening at ten 自動詞 open
store opened at ten 他動詞 open
というのは可能です。

ただ、こういう自動詞・他動詞両方可能な動詞は
過去分詞になると、ただ受身というだけでなく、
完了的な意味合いが含まれてきます。

Q分詞の形容詞的用法で

図書館で勉強している学生
the students studying in the library
となりますが、
図書館で勉強してない学生
という場合、
the students not studying in the library
とすることはできますか?
もちろん、関係代名詞を使えばいいことなのですが、分詞でも言えますか?
また、一般にこのような not Ving / not 過去分詞を使うことはあまりないとおもうのですが、そうでしょうか?

Aベストアンサー

以下のとおりお答えします。

>図書館で勉強してない学生
>という場合、
>the students not studying in the library
>とすることはできますか?
⇒はい、どちらも全然問題なく使えます。

さらには、to不定詞の場合でも、例えば、
He stopped not to catch up with her.
「彼は、彼女に追いつかないようにするために立ち止まった。」
のように言うことができます。

Q不定詞(名詞的用法)の目的語の区切り方について

中学英文法の参考書をやっています。

不定詞の名詞的用法を学習しているのですが、目的語として使う場合の区切り方がわかりません。

I want to visit many countries.
(わたしはたくさんの国を訪れたいです)

I    ⇒ 主語
want ⇒ 動詞

私は/欲しい/訪れること/たくさんの国を。
私は/欲しい/たくさんの国を訪れること。

目的語は、(to visit)なのでしょうか?それとも、(to visit many countries)なのでしょうか?


I want to be a teacher in the future.
(私は将来、教師になりたいです)

I    ⇒ 主語
want ⇒ 動詞

私は/欲しい/状態を/先生
私は/欲しい/先生状態を

目的語は、(to be)なのでしょうか?それとも、(to be a teacher)なのでしょうか?


もしよければ教えてください。

Aベストアンサー

 以下、主語:S、述語動詞:V、目的語:O、補語:Cと略記します。SVOC文型と言ったりしますね。

>I want to visit many countries.
>(わたしはたくさんの国を訪れたいです)

 to不定詞は主語:Sがない「句」を作ります。句は文の形にはなっていないけれど、文に準じた格好をしています(他に、現在分詞句、過去分詞句、動名詞句などがあり、同様)。

 目的語はto不定詞句だと考えてみましょう。すると、to不定詞句の中にも、S以外のVOCがあることになります。

 そういうややこしさがあるわけですが、まず大きく分けてしまうのがいいのではないかと思います。カッコを使って、ちょっとやってみます。

S(I) V(want) O(to visit many countries).

 こういうSVOの構造の文型です。そして、Oの中に、また構造ががあるわけです。Oの部分の中を、SVOCで分類してみます。

O{to V'(visit) O'(many countries)}

 toは不定詞句を作る記号のようなものですので、どれにも分類せず、カッコで括らないようにしました。

 元の文で全部分類すると、以下のようになります。

S(I) V(want) O{to V'(visit) O'(many countries)}.

 文をSVOCで大きくパーツに分けてみると、そのパーツそれぞれの中にまたSVOCがあるという、一種の入れ子構造と言ってもいいかと思います。

>目的語は、(to visit)なのでしょうか?それとも、(to visit many countries)なのでしょうか?

 上記のように整理するやり方なら、(to visit many countries)が目的語と考えることになります。その目的語の中に、また動詞や目的語がある、というわけです。

 目的語を(to visit)とすることにした場合、(many countries)がどういう分類のパーツになるか、ちょっと難しそうな気がします。

>I want to be a teacher in the future.
>(私は将来、教師になりたいです)
>目的語は、(to be)なのでしょうか?それとも、(to be a teacher)なのでしょうか?

 上記と同様にやってみます。前置詞+名詞はSVOCの付属物みたいなものですが(副詞も同様)、矢印で修飾関係を表すようにしてみます。

S(I) V(want) O(to be a teacher in the future).
→S(I) V(want) O{to V'(be) C'(a teacher) ←(in the future)}.

P.S.

 上記は、「こうするものだ」といった類のものではありません。こうしてみて分かりやすくなるのであれば、便宜的に使ってみてもいいかも、といった程度のものです。

 副詞は文の要素ですし、前置詞は前置詞句で文の要素ですが、SVOC以外に、文型分類で独立した要素と考えて、A(付加詞:Adjunct)として、文の要素をSVOCAとすることがあります。それも加えて文をパーツに分解するほうがやりやすければ、Aも使ってみてもいいかと思います。

 以下、主語:S、述語動詞:V、目的語:O、補語:Cと略記します。SVOC文型と言ったりしますね。

>I want to visit many countries.
>(わたしはたくさんの国を訪れたいです)

 to不定詞は主語:Sがない「句」を作ります。句は文の形にはなっていないけれど、文に準じた格好をしています(他に、現在分詞句、過去分詞句、動名詞句などがあり、同様)。

 目的語はto不定詞句だと考えてみましょう。すると、to不定詞句の中にも、S以外のVOCがあることになります。

 そういうややこしさがあるわけですが、まず大...続きを読む

Q不定詞の形容詞的用法と副詞的用法の区別

通りはパレードの見物客でいっぱいだった。
The street was crowded with people to see the parade.


テキストでこれは誤りとあるのですが、なぜ誤りなのかわかりません。理由を説明していただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

不定詞の形容詞的用法で、修飾される名詞が、後の不定詞の動詞の意味上の主語になるのは一部の場合です。
普通は「~すべき」という意味合いですが、意味上の主語になる場合は「~した」のような感じ。

ただ、今回の場合、「~した」にしても、「~すべき」にしてもおかしいです。

people who came to see the parade
のようにすれば副詞的用法ということになりますが、
came のような動詞が必要です。

形容詞的用法と副詞的用法の区別という疑問はおかしく、
形容詞的用法は使いにくく、
関係代名詞を使えば素直に書けます。

その中で副詞的用法を使う手はある、というだけのことで、
同じく形容詞的に名詞を修飾しますが、
不定詞よりは関係代名詞や分詞を使うべき場面です。

Q名詞用法のある副詞の名詞副詞の見分けかた

there here など副詞であるが代名詞としての用法がある副詞はまこれは、名詞だなとか見分ける明確な定義はあるのですか?

go there などは慣用表現のような気がしますが代名詞用法で go to there と、とることはできないのですか?

Aベストアンサー

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/3502435.html
こちらがその質問ですが、折衷的な?方がベストアンサーになったのはまだまし?
でも、like here というのはかなりブロークンです。
とにかく、leave here と同じようにはいきません。

前置詞の後だから名詞と言いましたが、
じゃあ go to there でいいか、というとそうではありません。
there では from の意味が出ないから from there とは言い、
日本ではやはり、名詞用法とします。

普通に there で to の意味が含まれるので、
go to there とは普通は言いません。

ちなみに It's cold in here. などと言いますが、
これは副詞 in +副詞 here です。

Now is ~なんかもそうですが、
主語だから名詞、という発想です。

Qgo to get / go and get / go get

例えば「ちょっと飲み物を取って来る」という場合、前者2つは学校でも教えてくれますが、最後は答案に書いたらバツ。洋楽歴40年程ですが、少なくとも歌詞の中でも見かけた事がありません。

この go get 、会話の中でしか成立しない、いわゆる「話し言葉」なのでしょうか?

Aベストアンサー

"a drink" を付けて google 検索しますと

go to get a drink (20.5M), go and get a drink (322k)
go out for a drink (354k), go out and have a drink (350k)
go get a drink (337k), go have a drink (235k)

のように文法的に正しくしかも聞き取りやすい "go to get" の使用例が最も多いことが分かります。

その他の言い回しの中で "go get" "go have" は文法破りですが、冗長と考えられる and, to などを省きたいという英語の特性から市民権を得つつある表現と理解出来ます。

"go get" が "go have" よりやや優勢なのは聞き取りやすさ (hよりもgの発音の方が歯切れが良い) や動作の能動性 (get は have より能動的) の違いかと考えられます。

Q形容詞的用法?

Two years is a long time (to have to wait for a visa.)

カッコの内容はtimeに修飾するトゥー不定詞の形容詞的用法ですよね。

http://www.eibunpou.net/08/chapter18/18_1.html
における「不定詞が修飾される語の内容を補足的に説明する場合」にあてはまるものですか?
I would welcome the opportunity to explain
(=of explaining)what I can offer to your company.
 ( 貴社のために私がどのようにお役に立てるか説明できる機会を与えてくだされば幸いです)


Two years is a long time to have to wait for a visa.
Two years is a long time of having to wait for a visa.

違う気がします。。

Aベストアンサー

不定詞の形容詞的用法の場合にリンク先にあるような分類を確かにします。
(意味上の)主語や目的語にならない場合があって、
I have no time to study. のような time
I have no money to buy the car. のような money
そして、opportunity とか chance もです。

実はこれらのうち、いくつかは「同格」なのです。
接続詞の that による that 節や、of +名詞、of +ing で「~という...」
の形ではおなじみです。

不定詞でもこのパターンがあって、一部の参考書では前の名詞と同格であることから、
名詞的用法として説明しています。

that であれば、関係代名詞なら形容詞節、同格なら名詞節、と区別するのと同じく、
不定詞でも同格なら名詞的用法、と区別されるべきものですが、
あまり一般的ではありません。

chance/opportunity はこの同格になるでしょうね。
だから、of ~ing で書き換えられます。

でも、time の場合は同格ではないので、of ~ing では書き換えられません。

不定詞の形容詞的用法の場合にリンク先にあるような分類を確かにします。
(意味上の)主語や目的語にならない場合があって、
I have no time to study. のような time
I have no money to buy the car. のような money
そして、opportunity とか chance もです。

実はこれらのうち、いくつかは「同格」なのです。
接続詞の that による that 節や、of +名詞、of +ing で「~という...」
の形ではおなじみです。

不定詞でもこのパターンがあって、一部の参考書では前の名詞と同格であることから、
名詞的用法...続きを読む

Q可算名詞にも不可算名詞にもなる名詞について

fruit,fish,foodなど,可算にも不可算にもなる単語はどちらなのか迷うことがあります。
種類のことを話題にする場合は可算名詞になるのですよね?ただ、種類の定義が何なのか
いまいちピンときません。
例えば次の場合はどちらでしょうか。

I like some Indian (food, foods).

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>ありがとうございます。私もそう思いましたが、例えば肉料理,野菜料理、煮込み料理,タンドリーの料理、小麦粉を使った料理…などなどの種類を連想した場合は複数になるのではと思い質問させてもらっています。(#2のお礼文)

その通りです。

>例えば次の場合はどちらでしょうか。
I like some Indian (food, foods).

I like some indian foods と書かれていれば、肉料理か、野菜料理か、はたまた、カシミール地方の料理か、アッサム地方の料理か、はっきりとはわかりませんが、「種類」が意識されていると考えて差し支えないです。「種類」だったら数えられるので複数形になるわけです。
で、 some indian foods ですから、そのインド料理の「種類」のうちのどれかが好き、という意味になります。

I like indian food なら、この indian food は、カレーなり、ジャガイモなり、インドの食材をひっくるめた概念です。ひっくるめた概念なのでこれは不可算名詞で単数形という扱いです。
また、この場合「いくらかの」という意味でのsome はつけません。単数形の food の意味を考えればお分かり頂けると思います。
food に some をつけるのは、 some food products/ things のように food の後に可算名詞を持ってきて、「food」をいわば可算化している場合です。

* ちなみに、 「具体的に目の前にあるものや、自分の経験の中で食べたものなら、foods は可能ですね。」(#3) とのことですが、これはやはり文法的にはおかしいはずです。 food が複数形になるの a paticular type of food (「特定の"種類"の食材/料理」--引用 LONGMAN) というように 「種類」を表す場合だけだからです。

>ありがとうございます。私もそう思いましたが、例えば肉料理,野菜料理、煮込み料理,タンドリーの料理、小麦粉を使った料理…などなどの種類を連想した場合は複数になるのではと思い質問させてもらっています。(#2のお礼文)

その通りです。

>例えば次の場合はどちらでしょうか。
I like some Indian (food, foods).

I like some indian foods と書かれていれば、肉料理か、野菜料理か、はたまた、カシミール地方の料理か、アッサム地方の料理か、はっきりとはわかりませんが、「種類」が意識されていると考え...続きを読む

Q分詞形容詞についての質問です。

When I told Kumi the news, she semed surprised.
久美にそのニュースを伝えると、彼女は驚いたようだった。
→これは、久美がそのニュースによって驚かされた、という意味なので、suprised。

次の2つの文に関して質問です。

As soon as the star player came in, the game became exciting
スター選手が登場した途端、試合は活気づいた。

Although my trip to Hokkaido was very tiring, I enjoyed it.
北海道への旅行は非常に疲れたが楽しかった。

なぜ、上の文はexcitingで、下はtiringなのでしょうか?


下の文は、(北海道への旅行はわたしを疲れさせた)となるとおもったのですが、ing形で、あれ?となりました。


詳しく知っている方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>When I told Kumi the news, she semed surprised.
>久美にそのニュースを伝えると、彼女は驚いたようだった。
>→これは、久美がそのニュースによって驚かされた、という意味なので、suprised。

 ここは仰る通りですね。多少補足するなら、she seemd surprisedは受動態she was surprisedを弱めた言い方で、意味上の主語を補えばshe was surprised by the news、これを能動態にすれば、the news surprised herです。

 過去形なので同じsurprisedになりますが、文法上の主語は異なっています。そのため、the news surprised herから出発すれば、the news seemed surprising(for her)となります。

>As soon as the star player came in, the game became exciting
>スター選手が登場した途端、試合は活気づいた。

 the game became excitingのexcitingは形容詞なのですが、動詞excite由来です。そのため、同じ動詞由来のexcitedとは使い方が異なります。became excitingはis excitingを弱めた言い方で、動詞exciteで言うとすれば、the game excited (the audience)といったものになります。

 形容詞を元となる動詞で考えた場合、能動態でになるならexcitingになります。もし受動態なら、the audience was excited by the gameとなりますので、the audience became excitedとなります。

 どちらも動詞として考えた場合の主語に対応している点も、どちらを使うかの目安になります。もし前から形容するなら、the exciting game(面白い試合)、the excited audience(興奮した観客)となります。

>Although my trip to Hokkaido was very tiring, I enjoyed it.
>北海道への旅行は非常に疲れたが楽しかった。

 考え方は上記のexciting/excitedと同じです。my trip tired meからtiringになります(進行形ではなく、tiringは形容詞と解すべき)。tripを前から形容すればtiring trip「疲れを招く旅行」となります。

 受動態にすれば、I was tired(by my trip)です。代名詞I/meではなく名詞manを使えば、tired man(by the trip)となります(もしtired tripと言ってしまうと、旅行自身が疲れてしまうという変な意味になってしまう)。

 -edのタイプの動詞由来の形容詞はよく分かっておいでですので、-ingのタイプをお示しの文例で理解すれば、どんな動詞由来の形容詞でも迷うことはなくなります。

>When I told Kumi the news, she semed surprised.
>久美にそのニュースを伝えると、彼女は驚いたようだった。
>→これは、久美がそのニュースによって驚かされた、という意味なので、suprised。

 ここは仰る通りですね。多少補足するなら、she seemd surprisedは受動態she was surprisedを弱めた言い方で、意味上の主語を補えばshe was surprised by the news、これを能動態にすれば、the news surprised herです。

 過去形なので同じsurprisedになりますが、文法上の主語は異なっています。そのため、the ne...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報