人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

減価償却の未償却残高の間違いに気がついたものの、H9年度分からで大分経ってしまっています。
訂正方法はありますでしょうか?あればどのようにすればいいのか教えていただけますか?

取得価額から本年度分の必要経費算入額を引かずに、償却の基礎になる金額から引いてしまっていたため、未償却残高が残りません。

償却最後の年の処理でやっと気が付いたのです。
必要経費は合っています。

税務署で教えてもらった通りに今までやってきたのに、間違ってただなんて。
本当に困ってます。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#3への補足に対する回答



考え方、計算方法は合っています。

あと記入している用紙ですが、手元に税務当局の推奨する『減価償却資産の一覧』? などというべき資料がないものでよく分かりませんが、

一覧には次の項目がないと、後で見たときに何をいくらで買って、どのようにしたかが分からなくなりますね。
[取得価格](事業専有割合の比率計算後の金額)、[残存価格(10%)]、[未償却残高]
*記入方法も一定のルールが必要でしょう。
償却限度額まで償却した場合、未償却残高が0となるように書くのか、残存価格(10%)を未償却残高に書いておくのかという点です。

あと余計なことかもしれませんが
キチンとした計算をされている様子なので、お奨めしますが、
振替伝票の記入方法をどなたかに教えてもらって(通常、1ヶ月分を教えてもらえば、あとは随時聞くというくらいで書けるようになります)、財務会計のパソコンソフトを利用されると、
将来にわたって、とても楽になります。

ちなみに私は、某会計ソフトのインストラクターの資格をメーカーからいただいております(最近はそのメーカーの商品が気に入らないので、あまり教えませんが)。

それでは確定申告頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度重なるご回答、ありがとうございました。
お返事がおそくなってすみません。
計算方法は合っているとの事で少し安心しました。

用紙には残存価格の欄が無いので、税務署に行った時に未償却残高が0になる記入の仕方で合っているか聞いてみます。

それと、財務会計のパソコンソフトの使用も考えてみます。
もう、おろおろするのは嫌ですしね(笑)。
貴重なアドバイスを、どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/01/20 11:58

#1の続きです。



個人商店ということであれば、定額法による償却が原則論ですね。
定額法による償却方法は、
まず取得価格の10%を残存価格として設定します。
つまり減価償却する金額は、取得価格の90%と言うことです。

30万円で購入したものであれば、原則として27万円が償却対象金額となります。
5年償却であれば、27万円を60ヶ月で減価償却費として計上するわけです。
この場合毎月の減価償却費(経費計上金額)は 4500円ですね。
60ヶ月経った段階で、償却限度額として最初に設定している残存価格の3万円が残ります。

というところで

>取得価額と償却の基礎になる金額がありますよね?
償却の基礎となる金額は取得価格の90%です。

>取得価額から必要経費を引かずに、
この場合、必要経費とは何のことでしょうか?

>償却の基礎になる金額(取得価額の90%)から引いてしまっていたと言う事です。
取得価格の90%から引くのが正解です。最終的に0になります。

>当然残存価格は残りませんよね?
取得価格の10%が残っています。


複式簿記でしたら
減価償却費/工具器具備品 という仕訳を起こします(科目名の工具器具備品は買ったものによって変わります)。
この場合、30万円で買ったものでしたら、減価償却費は最終的に27万円計上されます。
当然残りの3万円は、工具器具備品の残高として、売却するか、除却(捨てるか)まで残ったままになります。

この回答への補足

ご回答、本当にありがとうございます。助かります。
私はどうも説明が下手みたいで申し訳ないです。

必要経費とは、本年分の必要経費算入額です。
未償却残高(期末残高)の欄は、0になるので正しいのですか?

例えば、
平成12年12月に27万で取得、耐用年数2年、償却率0.5、
事業専用割合100%の場合、
償却の基礎になる金額が¥243、000で
1年目は¥243、000×0.5÷12×1(ヶ月分)=¥10,125
これが必要経費算入額となって、
¥243,000から引いて¥232,875を未償却残高の欄に
記入するので合っているのですか?

2年目も同様に計算して
¥232,875(1年目の未償却残高)から¥121、500(12か月分)
を引いて¥111,375(未償却残高へ記入)

最後の年は、
¥243,000×0.5÷12×11(か月分)=¥111、375
これを2年目の未償却残高からひいて¥0(未償却残高へ記入)
でいいのでしょうか?

度々ですが、よろしくお願いします。

補足日時:2003/01/19 00:14
    • good
    • 0

#1さんのおっしゃるとおり、今ひとつ状況がつかめません。


必要経費算入額が合っていて、帳簿上の未償却残高の数値が書き間違えているだけならば、別に問題は無いと思うのですが、いかんせん情報不足だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。私も、ついパニクッてしまい説明不足になったことをお詫びします。

お礼日時:2003/01/20 11:46

すいません、内容がよく把握できないのですが、



個人商店と推察します。

「必要経費が合っている」ということと残存価格が残らないように償却してしまっていたということに矛盾を感じます。

償却最後の年の処理で未償却残高が残らない ということは最終年で残存価格がなくなってしまうと気づいたと推察します。

単純な方法は、最終年の償却額を残存価格まででとどめることです。
例えば6年償却で、最初の5年に多く償却して6年目にそれに気づいたとして、6年目の償却を少なくすれば、丸く収まります。

税務当局も大きな金額でなければ、「ごめんなさい」で済むと思います。

大きな金額の場合は、実際の償却額と計上償却額に大きな誤差があり、その差額に対する利益が発生します。
そしてその利益に対しての延滞金(税)が徴収できるわけです。
償却金額そのものは最終的に同じですから問題にはなりません。
金額が小さければ、微々たる延滞金の徴収よりも手間が大きいということです。

すいません、やはり質問内容が今ひとつ把握できません。

この回答への補足

皆様、ご回答ありがとうございます。説明不足ですみません。
お察しの通り、個人事業です。

取得価額と償却の基礎になる金額がありますよね?
取得価額から必要経費を引かずに、償却の基礎になる金額(取得価額の90%)から引いてしまっていたと言う事です。
当然残存価格は残りませんよね?
これはたいした問題にはならないのでしょうか?

よろしくお願いします。

補足日時:2003/01/18 13:04
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q減価償却間違えたら

不動産投資をしていて、個人で確定申告しています。

建物価格を間違えて減価償却していることに気が付きました。
遡及して直さず、今年分から正しい方法で行うことは可能でしょうか?
例えば、単純に「償却の基礎になる金額」を調整する等の方法で。

税理士に確認すべき事項だとは思いますが、よろしくお願いたします

Aベストアンサー

減価償却については、法人と個人では取り扱いが違います。

法人の場合は任意償却ですから、法人が損金経理をした金額の内、償却限度額に達するまでの金額が損金に算入されます。ですから、償却不足があっても、その不足額は将来の期間で徐々に取り戻すことも可能です。

これに対して個人の場合は強制償却ですから、償却「限度」額とう考え方はありません。帳簿上の償却費は定額法などで算出された償却額と一致しなければなりません。つまり、毎年キチンとした金額の償却額を計上するしかないのです。

したがって、過去に償却額の過不足があれば、それぞれ間違った年分の所得計算をやり直す必要があります。
その場合、所得が過少であれば修正申告をしなければなりません。(過去5年分)
所得が過大の場合は更生の請求を行います。(平成24年3月申告以降分-平成23年12月2日、更生の請求をできる期間が1年から5年に改正されました。)

法人の場合は、過年度に遡及しないで、将来の期間で調整することが可能です。
しかし、ご質問のケースは個人ですからそれが許されておりません。必ず間違いが生じた年分に遡って処理する必要があるのです。

そして、過去の間違いを将来の年分に影響させてはいけません。今年の申告は、前年まで正しく償却されたという前提で行う必要があります。

減価償却については、法人と個人では取り扱いが違います。

法人の場合は任意償却ですから、法人が損金経理をした金額の内、償却限度額に達するまでの金額が損金に算入されます。ですから、償却不足があっても、その不足額は将来の期間で徐々に取り戻すことも可能です。

これに対して個人の場合は強制償却ですから、償却「限度」額とう考え方はありません。帳簿上の償却費は定額法などで算出された償却額と一致しなければなりません。つまり、毎年キチンとした金額の償却額を計上するしかないのです。

したがっ...続きを読む

Q減価償却費 計上額誤りの修正方法

前年度、一部の資産(一括償却資産)で減価償却費を過小に計上していたことが判りました。

計上すべき金額   :48,333円
誤って計上した金額 :32,222円
(差額)       :16,111円

今年度、この誤りをどのように修正したらよいかご教示いただきたくお願い致します。

今年度は、64,444円(48,333+16,111)の償却費を計上しても良いのでしょうか。

また、税務申告上、何らかの調整が必要なのでしょうか。

Aベストアンサー

既に他の方がお書きになられている通りですが、法人の場合は、確定した決算において減価償却費として損金経理した金額の内、償却限度額に達するまでの金額が、損金に算入されるものですので、償却限度額の範囲内であれば、償却額が少なくても、0であっても、税務上は何も問題ない事となりますし、償却費の計上自体、あくまでも確定した決算での損金経理が要求されているため、申告書上で修正は不可能ですので、何もする必要はありません。

ですから、今期について、前期分をプラスする訳ではなく、あくまでも今期の償却限度額までしか償却できない事となります。
(一括償却資産であれば、定額でしょうから、48,333円までしか損金計上できない事となります。)
仮に会計上で、64,444円計上したとしても、申告書上で、16,111円について償却超過額として所得に加算しなければならない事となります。

それと、ご参考まで、となりますが、個人事業の場合は、減価償却は強制償却ですので、損金経理は要求されていませんので、当初の申告で不足があれば、更正の請求は可能となります。
(ただ、そもそも一括償却資産として認識されるかどうか、という問題はありますが)

既に他の方がお書きになられている通りですが、法人の場合は、確定した決算において減価償却費として損金経理した金額の内、償却限度額に達するまでの金額が、損金に算入されるものですので、償却限度額の範囲内であれば、償却額が少なくても、0であっても、税務上は何も問題ない事となりますし、償却費の計上自体、あくまでも確定した決算での損金経理が要求されているため、申告書上で修正は不可能ですので、何もする必要はありません。

ですから、今期について、前期分をプラスする訳ではなく、あくまでも...続きを読む

Q減価償却:最後の年の未償却残高について

個人事業主です。

平成19年3月以降の原価償却資産(一括償却資産)で、今年が最後の償却年度(?)になります。

未償却残高「1円」は残さないといけないのでしょうか?

残した場合、この未償却残高はどうなるんでしょうか?
ずっとそのまま?
なんらかの処理が必要なのでしょうか?

確定申告も近づき、あせってます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一括償却資産は、一種の繰延資産(一時の経費にすることが許されない消耗品費)であり、減価償却資産(固定資産)ではありません。ですから一括償却資産については1円を残さなければいけないという制度にはなっていません。
なお、減価償却資産の最終残価の1円は、その資産が残っていることを帳簿上でもわかるようにする目的で計上するものですから、その資産を除却する際に除却損として落とします。あくまでも現実の資産の有無が先にあり、記帳はそれを書類に記録するために行う行為に過ぎません。

Q耐用年数誤り時の会計処理について

当期の9月末まで耐用年数38年で会計処理していたものが耐用年数が18年であることが判明しました。9月末時点の簿価が実際の簿価より多くなっているのですが、この差額はどのように仕訳処理すればよいのでしょうか?

臨時償却費/固定資産

という会計処理でよいでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(平成21年12月4日付 企業会計基準第24号 )の適用により、「臨時償却費」勘定も「過年度損益修正損(益)」勘定も使用することがなくなり、かつてそれらの勘定科目を用いていた会計処理は、上記会計基準により処理方法が変わりました。

ご質問の件は、かつては「過年度損益修正損」勘定を用いて処理していたものであり、「臨時償却費」勘定で処理していたものではありません。過去の減価償却費計上が間違っているからです。本件は、上記記載の会計基準に規定する会計上の「誤謬」(上記基準4(8))に該当します。当期首までの減価償却費過少計上額については、過去の損益計算書を通じて繰越利益剰余金の過大計上へと繋がっており、会計処理としては、

繰越利益剰余金(期首)/固定資産

と処理します(同基準21.)。こうすることで過年度の誤計上による訂正額が当期の損益計算書に経由されることなく、株主資本等変動計算書や貸借対照表へと反映されます。尚、当期首から9月末までの分については、当期中にすでに外部報告している(半期や四半期など)のでなければ単なる内部処理ですので、

減価償却費/固定資産

とすれば済むことです。


会計上の「誤謬」の訂正は注記等が必要になりますので、上記基準及び、「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準の適用指針(平成21年12月4日 企業会計基準適用指針第24)巻末の設例などを参考ください。

https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/documents/docs/kakosyusei/


また、税務上の処理については、国税庁が「法人が「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」を適用した場合の税務処理について」という参考資料を提示しています。この中の問6・7辺りが参考になると思います。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/hojin/111020/

こんにちは。

「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(平成21年12月4日付 企業会計基準第24号 )の適用により、「臨時償却費」勘定も「過年度損益修正損(益)」勘定も使用することがなくなり、かつてそれらの勘定科目を用いていた会計処理は、上記会計基準により処理方法が変わりました。

ご質問の件は、かつては「過年度損益修正損」勘定を用いて処理していたものであり、「臨時償却費」勘定で処理していたものではありません。過去の減価償却費計上が間違っているからです。本件は、上記記載の会計基...続きを読む

Q減価償却で1円残る

個人事業をしています。
中古車を購入して耐用年数2年で減価償却が去年の年末に終わりました。
会計ソフトで打ち込んでいると「未償却残高」というところに
1円が残ってしまうのですが、これはそのまま置いておいていいのでしょうか?
それとも何か消すためにやらないといけないことを、私が忘れてしまっているのでしょうか?

Aベストアンサー

1円というのは備忘価格です。
その固定資産を保有している限り、残るものです。
処分時には除却損として計上することになります。
売却となれば、譲渡所得として計算し事業所得と合算の上申告が必要になるかもしれません。

Q減価償却 残存価額1円の『意味』と『取扱』

減価償却 残存価額1円の『意味』と『取扱』

意味は、備忘価額だと思っていたのですが、あってますでしょうか?
また、『取扱』ですが、1円はいつ償却するのでしょうか?
除売却や廃棄時のみなのでしょうか?

おぼろげな記憶で申し訳ないのですが、
以前、小額減価償却資産の年割りの時
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5403.htm
>  また、取得価額が20万円未満の減価償却資産については、各事業年度ごとに、その全部又は一部の合計額を一括し、これを3年間で償却する一括償却資産の損金算入の規定を選択することができます。

最終年度では、差額で1円も償却したような記憶があります。
この規定と、減価償却では、1円の最終的な取扱が違うのでしょうか??

すこし混同しております。。
お詳しい方に、背景なども合わせて教えて頂けると非常に助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

会計上(貸借対照表上)も税務上も償却性資産の残存価額 1円は、企業内にその資産が存在している限り、償却しません。
すなわち、備忘価額です。
除却や廃棄のように資産が存在しなくなったときに、オフバランスします。


一方、税務上の少額減価償却資産の一括償却資産の損金算入の規定では、残存価額 1円を残さず、全額を3年で償却します。


これは、3年後に必ず除却されるという仮定があるのでしょう。

過年度に一括償却を選択している場合には、その後の事業年度にも継続して一括償却の計算が実施されます。
このとき、3年を経過する前に譲渡もしくは除却等をし、資産が企業から存在しなくなった場合でも、一括償却計算を続けます。

ここに、一括償却を選択した段階で、3年で必ず除却することを仮定しており、必ず除却するという仮定の下での計算であるのだから、備忘価額は残さないのでしょう。

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q「償却の基礎になる金額」の計算方法

今年初めて減価償却費の計算をしている者です。
そこで2点分かりません。

1.「償却の基礎になる金額」の計算方法
  取得価額から何を引けばいいのですか?
  (過去の償却費の累計と書かれていたのですが
  手元に前年の「減価償却費の計算(青色申告)」あるのですが
  どこを見れば累計が分かるのですか?)

2.「未償却残高」の計算方法

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.は一年目は(1)取得価格に耐用年数ごとの償却率を乗じた数字が(2)減価償却費です。(3)は(1)-(2)=(3)←これが簿価=残存価額です。
二年目からは簿価=残存価額が(1)となります。に償却率を乗じて一年目の分を合計します。つまり減価償却費は(2)を計算してその累計を過去の減価償却費の累計といいます。何処を見るじゃなく自分で計算するのです。

2.の未償却残高は簿価=残存価額の事を言います。つまり(1)と(2)の計算をすれば必然的に(3)未償却残高がはじき出せれます。

※耐用年数ごとの償却率は税務署か本屋等にないだろうか?探してね。

Q前年度の記入間違いに気付きました

前年度より、青色申告をしています。

今年度の準備を始めるにあたり、前年度の仕訳帳を確認していたら、計上金額が間違っていたり、開業日前の計上すべきでない金額が計上されていたり・・・に気付いてしまいました。(金額は一万円ほどです。)
年度途中からの開業・記帳でして、記帳を初めてから開業日の変更があったり、初めての記帳で不慣れでのチェック漏れが原因で、悪意があっての事ではありません。

勘定科目は<未払金>です。
期首残高に計上したいのですが、前年度が間違っているために今年度末も合わなくなってしまいます。
このような場合、処理はどのようにしたらよいのでしょうか?
一応、簿記の資格はありますが、何十年も前に取得したものですのでハッキリと覚えていません。

どなたか、お教え下さいませ。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

実務上と理論上で違います。

先に実務上の処理をお答えします。
「当期に逆仕訳をきる」
です。
(消耗品費)/(未払金)
であれば
(未払金)/(消耗品費)
*もちろん、消耗品費勘定がマイナスにならないことが前提。
*勘定科目は正確には「前期損益修正損」です。

過失による修正で1万円くらいなら、税務署も恐らく何も言いません。


次に、理論上です。
個人事業者なら「修正申告」です。
前年度分を正しく修正して申告しなおします。この場合、差引税額と延滞税と過少申告加算税が掛かります。(1万円くらいなら、差引税額だけだと思いますが)
また、法人の場合、税務申告が「"確定した"決算」が前提であるため、修正ができません。もし、仕訳を修正するのであれば、申告は「修正申告」ではなく「確定申告」の出し直しです。つまり期限後申告になります。

Q期をまたがった売掛金を取り消したい時

前年度から繰り越していた売掛金が、
実際はなかったものだと気付きました。
今年度のものならばその分の仕訳を削除すれば
いいのですが、
前年度のものなのでいじれません。
これを取り消すためには、
どのように記帳すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

私は、商業高校の教師をしております。
 前期分は、締め切っておりますので、触れません。
 帳簿には、期首に前期繰越×××(借方)
が記載されていると思います。
 前期に仕訳したもの
 売掛金/売上

 今回は、売上/売掛金
に反対仕訳をして打ち消す方法をしたらどうですか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報