こんにちは。ネットで検索したらこちらのサイトにヒットし、似た様な質問に対する回答があったので、私も思い切って投稿しました。
私はつい先日、主治医から診療拒否を言い渡されました。
手術日が決まって入院まで1ヶ月程あったので、他の医師の意見も伺いたいと思い、主治医に紹介状をお願いし、セカンドオピニオンを受けました。すると、画像診断に関しての見解が主治医の見立てとは違う内容を告げられたのです。私は主治医と同じ事を告げられるのだろう、と思っていましたし、それで納得して手術を受けられる、主治医に画像の内容で質問で聞けなかった事を確認する、位のつもりでいたので、驚きでした。
その事を主治医に告げると診察拒否となりました。
『ではこれからはセカンドオピニオンの医師に責任を持ってもらえばいいだろう』『手術日が決まっているのになぜこんなことを』『がんの専門医である私が10歳以上年下の専門医でもない医師に意見を仰がねばならんのだ』『私は傷ついた。自分のしたことをよく考えろ』主治医から言われた言葉です。主治医以外の医師に意見を求めるセカンドオピニオンの現状とはこんなものなのでしょうか?主治医で手術を受けると日にちを決めながら、セカンドオピニオンを取った私が悪いのでしょうか?
診察拒否の正当事由に当たるのでしょうか。セカンドオピニオン・診療拒否について広く意見を伺いたいと思います。現在、がん患者として治療中でしたが、この事で手術を含め、今後の治療の予定が全て白紙になり、途方にくれています。どうか良いご意見を伺いたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

セカンドを専門性の劣る医師に確認するのは別に構わないのですが、で、貴方はファースト・セカンドの医者の意見を聞いた立場として、どちらの診断・治療方針に賛同し、治療をお願いするのかと言う事では無いのでしょうか。

「なぜこんなに違うのか?」は確かに疑問では有りますが、両医師にとって整合性を取る問題ではありませんので、残念ながらそれを踏まえて貴方が答えを出す立場かと思います。それをファーストに投げかけても他人の診断に言及する立場では有りませんし、他人の勧める治療を自分の診断を曲げてまで行うものでは有りません。
例えば医者が化学治療が適切と考える患者に対して、他の医者(セカンド)が手術適応が有ると診断した場合、貴方が手術を希望すれば、セカンドにお世話になるしか仕方有りません。ファーストとしては「セカンドの治療を選ぶならセカンドに診療してもらってください」が返事になります。どちらを選ぶにしてもジャッジは貴方です。医者では有りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
“専門性の劣る医師”とは私の書いた主治医の台詞を元にあなたが解釈したことではないですか?
別の方の返事にも書いたと思いますが、SO病院では科の複数チーム医師のほかに放射線科の医師との意見を踏まえた上で出した結論だそうです。今日SO病院に予約を入れた際、カルテに放射線科の医師の記録もあったと伝えられました。
『そこまで違う根拠を納得するまで掘り下げて尋ねなかったのか?』
という人もいれば、
『整合性をとる問題ではない』とおっしゃる方、
いろんな人がいらしゃるんですね。
最初の回答を下さった際、お返事が遅れてすみませんでした。

お礼日時:2009/05/21 20:03

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4966215.html
マルチポストになってしまったようですね。前にも書いたように診療拒否とはならないでしょう。他の回答者さんたちと同様の意見です。

こうなっては、第三の医師にサードオピニオンをもらい、どちらの判断が妥当かを示してもらい、最初の主治医かセカンドオピニオンの医師かのもとで治療することしかないと思います。あるいは、第3の医師の下で治療を受けることも選択肢の一つでしょう。この主治医の下での治療は非常に難しいでしょうね。信頼関係が崩れてしまったわけですから。

ついでに、質問者さんについて気になったことを書いておきます。
 #3にあるように文章に客観性がなく、独りよがり、独善的になっていますよね。「診療拒否」というセンセーショナルな言葉を使っているのもそれに当てはまりますね。
 セカンドオピニオンをとる時期もなぜ手術日を決めてからにしたのか。「セカンドオピニオンの現状」などと書くならば、それがどういうものかを勉強することも必要ですね。本来ならば主治医が診断をし、治療方法を示した時点で、セカンドオピニオンをとり、診断や治療方針を吟味すべきでした。
 マルチポストの件もそうです。このサイトのルール違反であることもそうですが、回答についてのレスポンスがないことも、今回の主治医とセカンドオピニオン医師とのコミュニケーション不足にダブってしまう印象です。あくまで私の勝手な印象ですが、そういう印象を持たせてしまうことも事実ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。
再びの回答ありがとうございます。返事が遅れてごめんなさい。
自身ではネット環境を所有していないので、ネットに触れる機会や時間が無いと、きちんとした文面での返事がしにくいのが現状です。でも回答を頂いた方にお返事をしたいという気持ちはあります。ご理解ください。
“マルチポスト”そうですね。ごめんなさい。最初このサイトに書き込みをするのに“医療”欄を探せなくてライフ欄に書き込んだんですが、
後から発見してこちらに移しました。ライフ欄を消せば良かったのかな?書き込み自体始めてなので失礼しました。
『診療拒否』はこの医療欄で特に多く使われている表記だったので、ライフ欄からこちらに移すときに表記を変えました。

お礼日時:2009/05/20 23:47

追加


 モノなら修繕してみたら壊れてた所が違ってた、他の部分を直そう 最後は 治らないや 新品にしなさい ですみます。
所が病気の場合はやりなおし はききません。
みたて(診断)ー>治療や手術 となります。
みたて が間違ってる と言われた専門医はどうすればよいのでしょう。キレル とか へそをまげる と言う次元では無いのです。
専門家と称する方にお伺いしますが 自分の専門分野であなたが専門医として診断を下し、治療を企てた時、他の医師が 異なる診断をしたら あなたは専門医として怒らないのですか? ごもっとも と付和雷同されるのですか?
私は医療は信頼関係が無いと成立しない と考えています。
ましてや肺癌の様な病気は転移もするし、何よりも 他の病気を併発しやすいですね。こういうケースは必ず 他病併発で又医師と患者・家族とぎくしゃくします。 最初から肺癌の診断(みたて)にギクシャクする場合 一日でも早く 転院して見解の違う医師の治療を受け無いと肺癌はどんどん進行しますよ。長文失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。
回答ありがとうございます。
???私は病名について触れたことは無いし、肺がんではありません。
『診療拒否』について書かれている誰か他の方への回答とこちらを間違えたとか?

お礼日時:2009/05/20 23:53

私は専門外ですが、肺癌の手術は術後の5年のフォロウアップで肺癌を手術して良かった と言う人は本当に少ないのが事実です。

それくらい手術しても転移の多い リスクの多い手術なのです。だから見えない転移も考えてペットなどの検査にも頼る訳です。
術者は手術して数ヶ月とか1-2年位先の状態を推察しているのでは無く5年以上生きてくれないな~ と術者も転移しない自信も無く手術に踏み切ります。当然 手術以前 あるいは手術以後にも抗癌剤 照射 等も考えます。術式や術後使用する薬剤とか手術しなくてもこういうのはどうか などと言う意見(オピニオン)ならきちんと聞きます。
然し 他の医師が 画像診断に関しての見解があなたの見立てとは違う
と言った場合 これはもうお話になりません。 今までの医師の見解を覆す事ですから その先生は絶対にあなたのお父さんの診療も治療も行わない と言うか みたて が違うと言われたら もう何も出来ません。 セカンドオピニオンだと思ってお伺いした先生に その みたて による治療を受けるしか方法は有りません。
私は整形外科医ですが 例えば大腿骨骨折で人工骨頭を入れましょう と説明して入院し、さて 手術するか と言う時 家族が 実は他の先生に相談したら 骨折は有りませんよと言われましたが と もしも言うなら 手術中止 即退院→その先生へ紹介
普通の医師なら みんなこうすると思います。
医師にとって みたてちがい は命取りくらい辛い事なのです。
   一寸の虫にも5分のタマシイ(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
熟考の上、参考にさせて頂きます。

お礼日時:2009/05/21 00:14

まずこれが違法な診療拒否になるかという件ですが、ならないと思います。


医師の応召義務(患者を診る義務)は常に発生するのではありません。救急で訪れてその医師以外に診るものがいないのに診ないのは応召義務に違反しますが、このような1ヶ月時間があり、他の医師の診察を受けられるという緊急性のない条件下においては正当な理由があれば診療をする必要はありません。医師・患者関係の信頼関係の崩壊は正当な理由に当たるというのが多くの見解です。
ただセカンドオピニオンを求めたからすぐへそを曲げるこの医者の態度や人間性に問題が無いわけでは無いですが、それと応召義務が発生するかというのはまた別次元の問題です。
文面で判りかねるのは、セカンドオピニオンをした医師になぜ主治医と見解が違うのかその根拠がいかなるものかはしっかり聞かれて、あなたは納得されたのでしょうか?主治医にセカンドオピニオンの意見を言ったということなのであなたはセカンドオピニオンの医師の意見のほうが信頼がおけると思ったのでしょうか?
またセカンドオピニオンは一般的にはより専門性の高い医師の意見を仰ぐのが普通なのですがなぜ10年以上も経験の浅い外科医にセカンドオピニオンを求めたのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。
回答ありがとうございます。返事が遅れてごめんなさい。
自身ではネット環境を所有していないので、ネットに触れる機会や時間が無いと、きちんとした文面での返事がしにくいのが現状です。でも回答を頂いた方にお返事をしたいという気持ちはあります。ご理解ください。
なぜこんなに違うのか?という根拠についてはSO医師には確認してなかった様に思います。SO病院の方では複数のチーム医師による協議と、放射線科の医師の意見も加味した結果だとの事だったので。
“より専門性の高い医師の意見を仰ぐのが普通”そうですか、別の方からもご指摘がありましたが、セカンドオピニオンに対しての知識が未熟だったのかも知れません。なぜその医師に、という質問に対しては、そのSO医師は抗がん剤治療の際、主治医が紹介状を書き、私の抗がん剤治療の担当医だった方です。あえていうなら、私の地域には他に専門医のいるがんの拠点病院が他になく、SO医師のあてが無かったといった所でしょうか?

お礼日時:2009/05/21 00:42

医療どうのというより、コミュニケーションの問題かと思います。


こういう場合は第三者にはいってもらうのがよいと思います。

病院であれば医療相談窓口がありますし、小さな診療所であれば医師会や保健所などで相談にのってくれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
すぐにお返事を返せなくてごめんなさい。言い訳になりますが、自身ではネット環境を持っていないので、ネット環境に触れる機会や時間がないと、すぐにお返事が返せないのが現状です。

ご指摘の通り、医療連携室の仲介でセカンドオピニオンの内容を書面化したものを先方から送って頂き、再度主治医と面談しました。
主治医の口から、自分は前勤務地であるセカンドオピニオンの病院を追われる形で現在の総合病院に赴任したのだ、と知りました。

私によって、自分を追い出した病院に意見のお伺いを立てさせられ、年下の医師から自分の診断を全否定された、
『面子を潰された、その怒りの矛先が全部あなたに行っちゃったのね』とは間に入ってくれた看護士さんの言葉でした。
“自分のしたことを考えてみろ”主治医の台詞の意味がようやく理解できた気がしました。

もちろん患者がそんな経緯を知るはずもなく、臓器の摘出に関して少しでもたくさんの納得できる情報が欲しかった。抗がん剤治療時の担当医師という事で聞きやすかったし、他にあても無かった、それだけでした。

私は、主治医の前勤務地(セカンドオピニオンの病院)から主治医での治療が受けたくて、主治医を追って今の病院に通っていたので、主治医との治療の思い出や感謝の気持ちを看護婦に伝えて、主治医が書いたセカンドオピニオンの病院への紹介状を携え、その総合病院を後にしました。
貴重なアドバイス、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 20:59

言葉の行き来は当事者でないと分かりませんが(もちろんこの状況では主治医が悪役で書かれていますが、客観性に欠けますので言及しません)、ファースト・セカンドのオピニオンを聞いて、どちらに治療をお願いするのかは患者さんです。

で、ファーストの治療に同意して依頼をしたら断る理由が見あたりませんが。それでも断られたのでしょうか。またファーストはセカンドの意見を参考には出来ますが、曲げる必要も相談する必要も有りません。診断に対する責任を持つ限りにおいて。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
“主治医が悪役”確かに気持ちの落ち着いてないこの時点では、他から見て、感情的な文章に見えるのかも知れません。
“客観性に欠ける”とは?
事の流れに沿って、説明するつもりで経過を書いたつもりですし、
自分の想像、考えを述べる時は~と思う、と入れています。
事実なども医師の言った台詞等をそのまま書いています。
NETPCさんはここに書かれている事が嘘だと、
私が悪意によって医師の言葉を捻じ曲げて書いていると思っているのでしょうか?(行き過ぎた発言かもしれませんが)
あなたの回答の内容とは違う返礼になりましたが。

お礼日時:2009/05/21 20:49

その位でヘソを曲げてしまう医者も医者ですが


ご質問者もかなりセカンドオピニオンの意味を取り違えておられるのでは?
と思いますけど。

主治医の見立てを疑うのなら、セカンドオピニオンのお医者様とは違う、もうひとつ別のお医者様に診て貰うべきだったと思いますよ。

これまでの経過をずっと診てきた経験豊富な主治医を信用せず、
主治医より経験の少ない今までの経過を診ていない医者の見立てを鵜呑みに信じて
主治医に言う、しかもお医者が立腹するような
軽率な言い回しだったのではありませんか?
信頼関係を自分で崩しておられるのでは?


主治医に診て貰いたいのなら、お医者を信頼していることを伝え、治療継続をお願いすればいいだけでは?

もし、主治医を信頼出来ないのなら、主治医のいう通り別のお医者様にかかれば良いだけではないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
セカンドオピニオンの意味を取り違えられているとはどういう事でしょうか?
“もうひとつ別の医師”とはサードオピニオンの事でしょうか?
これまでの経過を見てきた主治医であっても、手術の際の臓器の摘出において『だからわからないんだって!!』キレ気味に説明を拒まれ、他の医師に説明を求めたいと、知りたい、と行動した事です。

SO医師はこれまでの経過を全然知らない訳ではなく、抗がん剤治療の担当医師だった分、話しやすいとも思いました。科のチーム医師全員で協議して頂き、さらに放射線科の医師の診断も加味して頂いたと聞いています。

主治医に話した事に関しては、入室するなり、医師から
『で、どうだった?』と話す事を求められたので、最初に口にしたのが
その内容だったという事です。

後日主治医の口から原因を聞かされ、信頼関係を崩した要因が私ではない(確かに紹介状を依頼したのは私ですが)事が認識できました。
辛い事実でしたが。

お礼日時:2009/05/21 20:32

お医者サイドの考え方はわかりませんけど...



セカンドオピニオンをしたからとそれだけキレる理由がわかりかねますね。
患者としてはいろんな意見を聞きたいからそうしただけのことなのに、
「他の医者の意見を聞けと強制された」かのような解釈とは。

まず診察に自信があるなら他の意見があろうとも左右されなければいいのだし、
意見を聞く姿勢があるならキレる必要はないし。

なんというか「テキトウにこなせばいいやんか」みたいな無責任さがあって
突っ込まれたからキレてごまかした」ような印象を受けますね。

確かに、患者側の姿勢によってお医者の心証に影響あるとは思いますけど、
本件は「そこまで何で?」と、正直思いました。

手術の日程をキャンセルしたのはその医師なのですからそこで費用が発生しても患者さん(=質問者さん)が負担する必要はないと思いますので、
もし請求されたとしても拒否していいと思います。

> 今後の治療の予定が全て白紙になり、途方にくれています。

主治医?が心療拒否してるので他のお医者にかかりたいのでカルテの全てを
受け取り、他のお医者に診てもらえばよろしいかと。
患者としては文字通り命に関わる事ですから遠慮は無用です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
本当にそうですね。キレる必要なんかどこにあるのでしょうか?
主治医に説明を求めてキレ気味になられたれら、患者は怖くて、
もう質問できなくなります。患者本人の体の臓器が取られるかどうかの話なのに。患者としては、その説明を他の医師に求めただけでした。
貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 21:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセカンドオピニオンと紹介状の料金について

セカンドオピニオンを受けたいので、紹介状を書いてもらいたいと思っています
病院によって違うのかもしれませんが、紹介状を受け取れるまでの日数と料金はどのくらいでしょうか?(MRI・診察・手術の記録などのデータも欲しいです)

病院の受付に直接行って「セカンドオピニオンの予約を~」と言えば大丈夫ですか?事前に電話で問い合わせたほうが良いのでしょうか?
紹介状を1つ書いてもらえば納得行くまで別の病院の意見を聞けますか?紹介状1つで1つの病院でしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

セカンドオピニオンを扱っている病院だけになります、レントゲンやMRI、CT等の資料はCDでわたされますが、貴方が開封する事は出来ません、セカンドオピニオンが受けられなくなります。
主治医が紹介状を書いてくれると言えば、紹介状と資料を持って、セカンドオピニオンの病院に行き手渡します、またセカンドオピニオンを受ける病院名は事前に現在かかっている病院に告げなくてはいけません、手紙の宛先などの記入があるので、伝えた病院と別と言う訳にはいきません。
またセカンドオピニオンは一切保険が効かないので実費となりますから、私の場合元の公立病院側が5千円ぐらい、大学病院側が3万、日赤でも2,3万はかかるのではないでしょうか。
無論紹介状には相手の病院名が書かれてますから1通で1病院です、まさか別病院当ての紹介状を出す訳にはいかないでしょう。
納得いくかどうかは、貴方次第ですから、判りませんし、セカンドオピニオンの病院を選ぶのは貴方ですから、納得いかなくても何処にも文句は言えません。
申し込みに言った時点で予約がされて、指定の日時にセカンドオピニオンの病院で診察を受けます、前もって電話してもあまり意味が無いです。
紹介状の日数は病院によって違います、普通は1、2週間だと思います。

セカンドオピニオンを扱っている病院だけになります、レントゲンやMRI、CT等の資料はCDでわたされますが、貴方が開封する事は出来ません、セカンドオピニオンが受けられなくなります。
主治医が紹介状を書いてくれると言えば、紹介状と資料を持って、セカンドオピニオンの病院に行き手渡します、またセカンドオピニオンを受ける病院名は事前に現在かかっている病院に告げなくてはいけません、手紙の宛先などの記入があるので、伝えた病院と別と言う訳にはいきません。
またセカンドオピニオンは一切保険が効かない...続きを読む

Qセカンド・オピニオンは医師を信用していない??

3歳の息子が自重3.5tのフォークリフトの後輪で、右足背をひかれたため、個人の整形外科に連れて行ったときのことです。レントゲンの結果、問題ないと石は診断しました。
しかし、レントゲンを持って来る際に、看護師?検査士?どおしがレントゲンのある一部分を指差してここの辺り怪しいかな・・?みたいなやり取りをしているのを聞いていました。医師ではないものの診断なので、確かなものではないかとも思います。しかし、医師からは何も説明がなく、大丈夫ですのひとことで、これ以上説明する事は無いという雰囲気でした。そこで、医師にレントゲンのコピーを頂けないかと申し出たところ、いきなり不機嫌な顔をして、「私の診断が信用できないならもうこなくていい、帰っていい」と言い放たれました。「先生の診断を信用していないのではないですが、セカンドオピニオンという患者の権利があるではないのですか?頂く事は出来ないのですか?」「先生は、セカンドオピニオンに反対なのですか?」というと「私は、あなたが嫌いだから渡しません」という返答でした。この理由はどういうことなのでしょうか?患者を、個人的感情で判断して対応しているという事なのでしょうか?社会では、患者の権利が尊重されようとする動きの中、この医師の対応はいかがなものかと思います。今回と同様の対応は、新聞などでも投書があります。このような医師の横暴な態度に精神的苦痛や不信感を抱いたという患者は多いのです。父権主義の医師が存在する限り、患者のための医療は程遠いと思います。このような、医師による被害を相談できる窓口はどこかないのでしょうか?

3歳の息子が自重3.5tのフォークリフトの後輪で、右足背をひかれたため、個人の整形外科に連れて行ったときのことです。レントゲンの結果、問題ないと石は診断しました。
しかし、レントゲンを持って来る際に、看護師?検査士?どおしがレントゲンのある一部分を指差してここの辺り怪しいかな・・?みたいなやり取りをしているのを聞いていました。医師ではないものの診断なので、確かなものではないかとも思います。しかし、医師からは何も説明がなく、大丈夫ですのひとことで、これ以上説明する事は無いとい...続きを読む

Aベストアンサー

お気持ち察します、あまりに酷い医者ですね(^_^;;)

レントゲン写真を渡さないのは、自分の診断に自信が無いからでしょう(たぶん)

もうその医師(病院)には罹らない方がよいかと思います。

んで、苦情相談ですが、ネットからの相談なら
「市民のための医療事故相談室」
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~Nakajima/
などがいかがでしょう(個人です)


あと、電話等で相談なされるなら以下のURLの「医療ミス・苦情相談」の項目の「医療消費者ネットワークMECON」や「医療事故市民オンブズマン・メデイオ」なんかがよろしいんじゃないかと思います。

ではでは。

参考URL:http://www3.justnet.ne.jp/~zaboon/iryou/iryou005.htm

Qセカンドオピニオン

わたしはセカンドオピニオンはしたことがないのですが
ちょっと気になったことがあったので、質問します。

以前精神科に入院していたときに、同じ病棟だった女性で、
セカンドオピニオンに来ただけなのに、入院させられて
挙句の果てに、隔離(拘束)させられた。と言っていました。

こういうことは日常茶飯事なのでしょうか?


あと、わたしが専門病院(神経内科)に転院するために
当時の神経内科の主治医に紹介状とMRIのコピーを作成してもらったら
「セカンドオピニオンじゃないの?」と聞かれました。
それで、正直に「転院したい。」と答えました。
紹介状⇒セカンドオピニオンという流れ(?)みたいなものもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

背景、状況がわかりませんのでコメントがしにくいのですが

他の女性のケースでは、前に通院していた施設も精神科だったのでしょうか?
また、その前施設へは次回定期的通院の予定があったのでしょうか?

セカンドオピニオンは
現在、診療を受けている状態は維持したまま、他の医師の意見を求めるものです
よって、多くの場合は同じ科の医師になります

診療は元の医師ですから、セカンドオピニオン先では診察ではなく相談となり
健康保険による診察とは違い保険外自由診療で行われるものです

このあたりをご確認ください


あなたのケースでは診察での主治医との話の中で転院なのかセカンドオピニオンなのか
をはっきりとしておくべきものです
それによって紹介状(診療情報提供書)の内容や料金が異なりますので、
作成後の変更は不適当です

Qセカンドオピニオン?

最近、病院等で「セカンドオピニオン」のことをよく耳にします。
今、鼻炎があって耳鼻科通いをしているのですが、
1:距離的な問題(市外にあって、車で片道30分くらいの場所に、かかりつけの病院がある)
2:医師そのものの問題(医師自身が、外来の患者さんに怒鳴りつけるところが多く、また治療に関する患者からの質問に対しても横柄な態度が目立ち、嫌な思いをしてきた)
3:妊娠希望をしているのですが、2の理由上、質問を医師にしづらい

といった理由で、転院を考えたいと思っています。

病院の転院となると、「セカンドオピニオン」になって、今までの医師からは紹介状のようなものを書かれるのだとは思いますし、重症の病気の患者さんに・・・というイメージがあるのですが、セカンドオピニオンは、軽症の病気では対象外で、それこそ、1~3の理由では出来ないものなのでしょうか?

何か知っている人がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

一応、セカンドオピニオンは、手術等の際に行うのが一般的ですね。
本当に手術しなければならないのか、
それとも切り開かずに直す方法があるのか・・・。

しかも、ミソとなるのは、
セカンドオピニオンをしてみて、
転院予定先の意志が、「診療行為自体」が適当と判断すれば、
もとどおり、嫌な医師の元にもどることになります。

セカンドオピニオンとは、転院するための制度ではなく、
本当にその治療が適当なのかを第三者に判断してもらうという制度です。
少し、その辺りを誤解しているのかな、と思いました。


さて、質問からは、そこまで重症のようではないですね。
その場合は、何も言わずに、その病院ではない
別の病院に、「初診(初めて意志にかかること)」として行けば良いのではないかと思います。

そのときに、前は別の病院にいってこういう治療を受けていた、
ということを言う程度で大丈夫です。
(もしかしたら、検査しなおしましょうとかいう流れになるかも知れません)

この場合は紹介状を書いてもらうわけではないので、
次の病院で初診料(初めて行った時の料金)をとられますが、
そんな大した額じゃないです。
金額にすると、初回だけ1990円割り増しになります。
ただし、保険に加入していれば3割負担なので実質597円増ですね。

一回だけかかる600円を高いとみるか、
病院が変わることでのメリットを思って払うか…。

個人的には、そんな医師にかかる必要はないと思います。
自分の判断のみで病院を変えてしまって良いと思います。

一応、セカンドオピニオンは、手術等の際に行うのが一般的ですね。
本当に手術しなければならないのか、
それとも切り開かずに直す方法があるのか・・・。

しかも、ミソとなるのは、
セカンドオピニオンをしてみて、
転院予定先の意志が、「診療行為自体」が適当と判断すれば、
もとどおり、嫌な医師の元にもどることになります。

セカンドオピニオンとは、転院するための制度ではなく、
本当にその治療が適当なのかを第三者に判断してもらうという制度です。
少し、その辺りを誤解しているのかな、...続きを読む

Qセカンドオピニオン

セカンドオピニオンを求めたいのですが、現または前主治医の紹介状(病状報告書)が必要と、診察を希望しているある病院のサイトに書いてありました。

この場合、現主治医に正直に、セカンドオピニオンを求めたいので紹介状を書いて欲しいと正直言って、スムーズに出してくれるものでしょうか??

医者との関係が悪化するだけような気がするのですが、現在の医者にどうも不信感を覚えていまして・・・

Aベストアンサー

セカンドオピニオンは専門医の意見を聞いてご自身が納得できる道を探す一つの手段です。兵庫県も昨年度から、徐々に開設されていっております。どうしても自分で納得したいということを伝えられてはどうでしょう。私の場合、セカンドオピニオンという制度を知ったので、と伝えるとレントゲンフィイルムなども貸し出ししてくれました。
医者との関係が悪くなると言うのはないと思います。もし、そのことを伝えて紹介状を書かないと言うのであれば、その医師は患者のことを考えていないことになり、治療にも疑問が生じるでしょう。中には、何かと理由を付けて、治っているのに理由を付けて患者を話さない開業医も存在する事実がありますので、病院・医師は選ばないといけません。
本当に患者のことを考えているのかセカンドオピニオンの紹介状を依頼して、判断されればよろしいかと思います。参考まで。

Qセカンドオピニオンとは何ですか?

セカンドオピニオンとは何ですか?

Aベストアンサー

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A5%BB%A5%AB%A5%F3%A5%C9%A5%AA%A5%D4%A5%CB%A5%AA%A5%F3&kind=jn&mode=0

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A5%BB%A5%AB%A5%F3%A5%C9%A5%AA%A5%D4%A5%CB%A5%AA%A5%F3&kind=jn&mode=0

Q紹介状の内容について

病院の紹介状にはいったいどのような内容が書かれているんでしょうか?
また、セカンドオピニオン希望の場合は普通の紹介状とは書いてある内容が違うのですか?

Aベストアンサー

>実際転院したいと考えているのですが、このようにもらった紹介状では問題ありますでしょうか。

 問題は無いと考えます。
紹介状を持って相談をしたところの判断、治療の方針などを充分に検討した上で転院して治療を受けたいのであれば、転院は可能だと考えます。最終的には、どの病院でどのような治療を受けるかは『患者の権利』なんですよ。
 たしかに、病院や医師間には患者を取った取られたという方たちはいらっしゃいます。医師間の学閥(どの医科大卒か)もあります。
 だけど、そんなことに気を使って希望する治療が受けられなかったとしたら、後で悔やまれませんか?
 セカンドオピニオンで借りた医学的資料をコピーしておくとかもあるかもしれませんが(エックス線写真なども複製できますし、セカンドオピニオン先が電子カルテを導入していたらスキャナで画像を取り込むことも出来ます。)、私は何よりも一番納得の出来る治療を受けられることばベストだと思いますよ。

Qセカンドオピニオンの受け方(整形外科)

セカンドオピニオンを受けるのに、1件目の病院で撮ったレントゲン写真を借りて、2件目に持っていくというのは可能なんでしょうか?
レントゲン写真を撮ると数千円かかるので、できれば、抑えたくて。

Aベストアンサー

興味があったので、ちょっとググって調べてきました。その結果、レント
ゲン写真の情報は患者のものであるようです。しかし、法律で病院は5年
間の保存義務があるので、貸し出しはできないとのことです。
ただし、貸し出しの手続きを踏めば、貸し出してもらうことは可能のよう
です。
主治医の先生か病院に相談すれば、貸し出してもらえると思います。

Qセカンドオピニオンの利用

主治医以外の医師の見解を聞く手段として、セカンドオピニオンがあると理解してますが、他の医療機関の医師の見解を聞く場合どうすれば良いのでしょうか。
希望する医療機関へ行きセカンドオピニオンを受けたいと申し込めば良いですか。
それに必要な書類等はあるのでしょうか。例えば主治医から貰うとか・・・
紹介状なしでセカンドオピニオンと言わず新たな医療機関で診察を受ける場合とどう違いますか。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

セカンドオピニオンとは、主治医から診療データをもらって、
それを別の医師に見てもらう書類上の診察です。
従って、新たな検査などはしないので、即日、結果が出ます。
自由診療となるので、数万円の費用がかかります。
結果は、患者だけでなく、主治医にも伝えられます。
患者は、主治医のところに戻って、セカンドオピニオンの結果も
踏まえて、治療方法について、再度、相談をします。

その結果、別の医師のもとで治療を受けることになれば、
その時点で、改めて紹介状が発行されます。
主治医のもとので治療を受けるならば、そのままです。

セカンドオピニオンが優れている点は、主治医とは別の視点で
意見が聞けることで、より良い治療を受けられる可能性が
増すことです。
医者はスーパーマンではありません。
得意、不得意があります。
不得意な部分を別の医師が補ってくれれば、
良い治療に繋がります。

主治医に黙って別の医師の診察を受けることを
セカンドオピニオンとは言いません。
そのような行為を、ドクターショッピングと言います。

さて、方法ですが、
セカンドオピニオンを受けたい医師が決まっている場合には、
主治医に、○○病院のセカンドオピニオンを受けたいと
申し出て、書類を整えてもらってください。
時間がかかるので、遅くとも1週間前には、申し出ることです。
今日言って、今日は、無理です。
診療データをもらえる日を確認して、病院の予約を取る。
または、病院の予約を取ってから、主治医に言う場合もある。

セカンドオピニオンを受けたい医師が決まっていない場合には、
主治医に相談することもできます。
推薦を受けることもできます。

セカンドオピニオンの予約を取る時には、
必ず、費用も確かめてください。
数万円かかります。

セカンドオピニオンとは、主治医から診療データをもらって、
それを別の医師に見てもらう書類上の診察です。
従って、新たな検査などはしないので、即日、結果が出ます。
自由診療となるので、数万円の費用がかかります。
結果は、患者だけでなく、主治医にも伝えられます。
患者は、主治医のところに戻って、セカンドオピニオンの結果も
踏まえて、治療方法について、再度、相談をします。

その結果、別の医師のもとで治療を受けることになれば、
その時点で、改めて紹介状が発行されます。
主治医のもとので治...続きを読む

Qセカンドオピニオンを選択したのですが・・・(やや長文)

子供(女の子)がちびりが治らず、大学病院で検査をしました。その結果、尿管異所開口という診断をいただきました。さらに詳しく検査をしたところ、左の腎臓が右の腎臓と比べるととても小さくほぼ機能しておらず、左の腎臓から膣の方へ開口しているため、尿失禁を治すには、摘出手術を勧められました。ドクターを信用していないわけではないですが、このまま摘出手術をした方がよいのか、摘出せずに済む別の方法がないのか、と夫婦で悩んでいます。そこで、セカンドオピニオンを選択したのですが、関東圏でお勧めの病院はありませんか?

Aベストアンサー

お子様が尿管異所開口と診断され、手術を勧められたとのこと、さぞご心配のことと存じます。
私は泌尿器の専門ではないので詳しいことは存じませんが、泌尿器科の中でも小児泌尿器といって子供さんの治療を専門にする分野があるようです。このような専門細分化は都市部のほうが多いと思いますので、一度インターネットで「異所性開口」「小児泌尿器」などのキーワードで検索されるとお近くでも見つかるかもしれませんよ。

私はドクターショッピングはあまりお勧めしませんが、今回の場合は、ありふれた病気でもなく、おそらく専門知識が必要な疾患でしょうから、セカンドオピニオンだけでなく、サードオピニオン、フォースオピニオンなども参考にされ、十分に信頼と納得のできる医療機関に治療をお願いすればよいと思います。最初に受診した病院にも、他の病院の意見も聞きたいとはっきりと告げ、検査結果や情報を借りて持参されたほうが話は早いと思います。
どうぞ、お大事にしてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報