50%償却とは何でしょうか?
償却の方法なんでしょうが、どのような方法でやるのか、またどのような物に対して使われる償却なのか。その他何か特徴があったら教えてください。
よろしくおねがいします。

A 回答 (1件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

50%償却って敷金なんかに使用される償却方法だったのですね…!ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/05/20 20:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q減価償却の間接法について

減価償却費が定額法で1年あたり1000とした時、
1年目の決算整理では、
借方 減価償却費 1000 貸方 減価償却費累計 1000

2年目は、
借方 減価償却費 1000 貸方 減価償却費累計 2000

以上はあっているでしょうか?

Aベストアンサー

間接法とは。
直接法に対立する減価償却費の処理方法で,当期の減価償却費を減価償却引当金勘定に記入し,当該固定資産勘定の簿価は購入簿価のままに据え置く方法で,当該資産の利用期間終りに至るまで,常にその購入原価と過去の償却累計額とを知ることができるから直接法より優れている。また固定資産の現在価値は,減価償却引当金と固定資産の価格の対比により示されます。

間接法の仕訳例は下記のようになります。
(借方)減価償却費*****/(貸方)減価償却引当金*****

貸借の異なる仕訳は無いので注意して,慎重に行ってください。

Qマクロ経済についてです。 問3の問題の答えは50%なのですが、どのような計算式でそれが出るのかわかり

マクロ経済についてです。
問3の問題の答えは50%なのですが、どのような計算式でそれが出るのかわかりません。
途中式が書いてないタイプテキストなのでわからないままです。
よろしければ助けてください。

Aベストアンサー

あなたはラスパイレス指数というのを勉強しませんでした?日本の消費者物価指数はラスパイレス指数で、ラスパイレス指数とは、基準時点の数量を固定した上で、その数量を購入するコストが基準時点にくらべて何パーセント上昇しているか示すものです。たとえば、対象となる財がこの問題のようにリンゴとミカンだけで、2010年が基準年で2011年の指数が113.5(基準年の指数はつねに100.0)なら、リンゴとミカンを2010年時点と同じだけ買うコストが13.5%余分にかかることを示している。
リンゴを1000個、ミカンを500個買うのに、2010年は60×1000+80×500=100,000(円)かかるのに対して、2011年にはリンゴとミカンを同じ個数買うのに、100×1000 + 100×500=150,000(円)だけかかる。よって、答えは150,000/100,000 = 1.50(倍)かかる、つまり、消費者物価は50パーセント上昇した、ということです。消費者物価指数は2010年が100.0、2011年が150.0となる。

Q減価償却について

14年1月1日に8000000円で取得した備品(耐用年数5年、残存価額10%、定額法で減価償却)16年3月31日に4000000で現金売却した場合の仕分けですが・・・
減価償却累計額2880000(2年分?)、減価償却費360000(3ヶ月分?)となっているのですが、なぜ2年3ヶ月分を減価償却累計額と減価償却で分けるのでしょうか?

Aベストアンサー

16/3/31の売却時点でその備品の使用期間は2年と3ヶ月になります。この間に使用して価値が減少した分だけ減価償却をしなくてはいけないのですが、2年分はすでに決算日が過ぎてるので(おそらく12/31が決算日)すでに減価償却の処理が行われているはずです。それが減価償却累計額2880000です。
残りの3ヶ月分を償却しなくてはいけないのですが、~累計額はあくまで決算日に計上するものですので、売却日である16/3/31に計上することはありません。ですから減価償却費として360000を計上しますが減価償却累計額は計上しないのです。

違う表現で説明しますと、2880000は前期以前に発生した費用ですので当期では費用として認識しません。一方360000は当期に発生した費用ですので減価償却費として費用処理をする。ということです。

減価償却は単に固定資産の価値の減少を表すだけの手続きではなく、費用を期間配分するための手続きでもあります。こういったことを念頭におくと理解しやすいかもしれません。

Q減価償却費(減価償却累計額)の手元に残る資金の運用、管理の規定を教えて

減価償却費(減価償却累計額)の手元に残る資金の運用、管理の規定を教えてください。

減価償却費はキャッシュフローの社外流失を伴わない費用ですが。手元に残った減価償却累計額は、企業会計原則、商法、会社法、証取法、税法などでどのように管理するか規定があるのですか?
例えば、当座預金で保管しなくてはいけない等。

1000億円のビル(建物)が90%減価償却すると、企業の手元に900億円が残ることになりますが。一般的にはどう扱うのでしょうか?現金預金で保管しなくてはいけないのですか?企業実務の観点からご教授お願い致します。

Aベストアンサー

> 手元に残った減価償却累計額は、企業会計原則、商法、会社法、証取法、税法などでどのように管理するか規定があるのですか?

そのような規定はありません。
現金及び預金で持っていることはほとんどなく、大抵は借入資本の返済などを行うか再投下されています。

Q決算時の減価償却費、減価償却累計額の計上

決算時の減価償却費、減価償却累計額の計上

減価償却費は期中に売却した固定資産についても計上しますか?

減価償却累計額についても期中に売却や除却しても計上しますか?

質問が間違っていたらすみません。

Aベストアンサー

減価償却費とは、固定資産を用いて獲得した収益たる成果に対する、企業の努力たる費用を表します。

つまり、固定資産の利用が企業の収益獲得に結びつけば、必ず、固定資産の価値が減価した、として、「減価償却費」が計上されます。

よって、減価償却費は期中に売却した固定資産についても計上します。

さらに、減価償却累計額は減価償却費の対照勘定ですので、減価償却費が計上されているのであれば、計上されています。

Q貸金業者の金利上限が2010年から29%→20%に

下げられた理由を教えてください

Aベストアンサー

2010年に金利は下がってないです。

 利息制限法の規定
まず、利息制限法では、「金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約」(利息契約)は、その利息が下記の利率により計算した金額を超えるとき、その超過部分につき無効と定める(利息制限法1条1項)。
元本が10万円未満の場合:年20%
元本が10万円以上100万円未満の場合:年18%
元本が100万円以上の場合:年15%

 の規定は変更されてません


 該当と思われるの話は

 2010年(平成22年)6月18日施行の貸金業法及び出資法改正前に存在した利息制限 .... 最高裁判所判例. 事件名, 貸金請求事件. 事件番号, 平成16(受)1518. 2006年(平成18年)01月13日. 判例集


 2010年(平成22年)6月18日施行の貸金業法及び出資法改正前に存在した利息制限法に定める上限金利は超えるものの出資法に定める上限金利には満たない金利のこと。利息制限法によると、利息の契約は、同法で定められた利率を超える超過部分は無効とされている。


 最高裁での判決があってグレー金利が違法とされてた 判決が出た

2010年に金利は下がってないです。

 利息制限法の規定
まず、利息制限法では、「金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約」(利息契約)は、その利息が下記の利率により計算した金額を超えるとき、その超過部分につき無効と定める(利息制限法1条1項)。
元本が10万円未満の場合:年20%
元本が10万円以上100万円未満の場合:年18%
元本が100万円以上の場合:年15%

 の規定は変更されてません


 該当と思われるの話は

 2010年(平成22年)6月18日施行の貸金業法及び出資法改正前に存在した利息制限 ......続きを読む

Q減価償却計算について

初歩的なことなのかもしれませんが・・・
例えば、ある資産(1,000,000円)を3年(償却率0.333)/取得価格の95%までという条件で減価償却しようとした場合、次のどちらが正しい(間違い)なのでしょうか。

【その1】95%償却まで一直線
1年目 減価償却 299,700円 残存価額 700,300円
2年目 減価償却 299,700円 残存価額 400,600円
3年目 減価償却 299,700円 残存価額 100,900円
4年目 減価償却 50,900円 残存価額 50,000円

【その2】耐用年数到達時に90%に合わせてから95%へ
1年目 減価償却 299,700円 残存価額 700,300円
2年目 減価償却 299,700円 残存価額 400,600円
3年目 減価償却 300,600円 残存価額 100,000円
4年目 減価償却 50,000円 残存価額 50,000円

【その3】償却率を超えないようにしながら90%に合わせて、その後95%へ
1年目 減価償却 299,700円 残存価額 700,300円
2年目 減価償却 299,700円 残存価額 400,600円
3年目 減価償却 299,700円 残存価額 100,900円
4年目 減価償却 900円 残存価額 100,000円
5年目 減価償却 50,000円 残存価額 50,000円

また、【その2】【その3】が正しい場合に、90%から95%までの償却は必ず1年で
行わなければならないのでしょうか。また、償却率に見合った年間償却額を超えない範囲で数年で償却しなければならないのでしょうか。(耐用年数が長い場合に疑問となるのですが・・・)

初歩的なことなのかもしれませんが・・・
例えば、ある資産(1,000,000円)を3年(償却率0.333)/取得価格の95%までという条件で減価償却しようとした場合、次のどちらが正しい(間違い)なのでしょうか。

【その1】95%償却まで一直線
1年目 減価償却 299,700円 残存価額 700,300円
2年目 減価償却 299,700円 残存価額 400,600円
3年目 減価償却 299,700円 残存価額 100,900円
4年目 減価償却 50,900円 残存価額 50,000円

【その2】耐用年数到達時に90%に合わせてから95%へ
1年目 減価償...続きを読む

Aベストアンサー

1が正しく、また3も間違いとは言えません。
法人の減価償却は法人が損金処理をして初めて経費となります。そのため、極端な話、減価償却をずっとせずに簿価のままにしておいても、正しくはないですが違法ではありません。

また、2においては、3年目に償却超過額900円が発生しますが、この額を法人税確定申告のときに、別表四で償却限度超過額として加算すればOKです。

以上のことから、ちゃんと適法に申告をするのであれば、
会社の会計処理としては、全てOKです。

Q 経済系の大学に入学して、金融系に進める人は %ぐらいなのでしょうか?

 経済系の大学に入学して、金融系に進める人は %ぐらいなのでしょうか?
また、あぶれた人は どのような職種に就職していくものなのでしょうか?

 統計データがあれば、助かります。

Aベストアンサー

人数は知りませんが歴史で活躍するのは
ほぼ【進まなかった連中】から現れます

【エジソン】【ホリエモン】【ビルゲイツ】

授業サボって己を磨くのさ商ルーキーは

Q少額減価償却資産の特例を使った経理処理の流れ

個人事業主が少額減価償却資産の特例を使った経理処理の流れを教えてください
①仕分けの流れ
例)25万円のPCを購入した
●購入時
工具器具備品 250,000/ 現金 250,000 摘要パソコン
●決算時
12月31日の日付で下記の帳簿づけ
減価償却費 250,000/  工具器具備品 250,000 摘要パソコン 少額減価償却資産特例により減価償却
②青色申告決算書
青色申告決算書の「減価償却費の計算」欄に減価償却資産の合計額を書いて提出してかつ、この減価償却資産の明細を保管

この流れで処理していけば問題はないでしょうか?別途必要な処理があればご教授ください

Aベストアンサー

>>>………それ以外の処理は不要だという認識で間違いないでしょうか?

年間に費用化できる少額減価償却資産の取得価額の合計額は300万円以下、という制限がありますから、期末に費用化した少額減価償却資産のリストとそれぞれの取得価額とそれらの合計額を記録に残す方が良いでしょう。

Q減価償却

有形固定資産についてのみ減価償却という表現を使うのでしょうか?
無形固定資産についても減価償却という表現は使ってもよいのでしょうか?

Aベストアンサー

無形でも減価償却資産であれば減価償却を行いますから、その表現で特に問題はないと思います。

参考URL:http://www.zeiri4.com/intro2/004/002.html


人気Q&Aランキング