こんにちは!

仕事についての悩み相談です。
現在、私は医薬品の営業の仕事をしています。
配属先の支社には9名の営業マンいるのですが、営業エリアの関係上、私のみ自宅からの直行直帰型です。
みんなは直行直帰のスタイルを口をそろえて羨ましがるのですが、私としては、もっと会社の人たちと会ってコミュニケーションを取ったり、ランチや飲みに行ったりしたいのですが、私のような考えの人のほうが少数派なのでしょうか?? どちらが正しいという問題ではないと思うのですが、意見をお願いします。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>みんなは直行直帰のスタイルを口をそろえて羨ましがるのですが




たまにだから羨ましいのです。
大半が直行直帰なら仕事が煮詰まってしまいます。
週2,3回など適度に直行直帰があるのが理想です。
同僚の話などスキルアップのためにもコムニケーションはとても大事です。
くだらない会話の中にも息抜きやヒントがあります。
食事も飲み会もとても大事な事です。
また、会社に行く回数が少ないと提出書類など不便だと思います。
    • good
    • 0

直行直帰の問題点ですね。


みんなとコミュニケーションが取りにくいのは。
まして一人だけなら、なおさらのことです。

う~ん、すぐできることからやっていこうよ。
1.みんなと電話で連絡しあう。
2.みんなとメール交換しあう。
3.飲み会などの幹事は自ら率先して「お任せください」。
少しでもみんなと接触できる仕組みを作ってください。
これは、他にも生きてくる。
後々勉強になるからね。
頑張れファイト!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q直行直帰の営業スタイルの自己管理について

直行直帰の営業スタイルの自己管理について

営業職の方にお聞きします。

この度、営業職として転職しました。
会社はオフィスを持たない、全て直行直帰の営業スタイルです。
先輩からは、自己管理能力が大事だと言われますが、みなさんはどうお考えでしょうか?

私は、
・自分を律する力(極端に言えば、早起きしてジョギングするなど)
・モチベーション維持
・スケジュール管理
・販売計画(効率的な訪問方法)
・プライベートとの切り分け

なんでも結構ですので、何かアドバイスがあれば、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろお考えのようですね。
それらは全て有効ですので、私からはごくごく簡単なことを。

「早起き」する事です。
これに尽きます。

予定が有っても無くても、起きる時間は一定にしましょう。
必要なら、昼間に仮眠します。

これを実践し続ければ、今後発生する問題の解決にさえ、いずれ繋がります。
どうぞご記憶ください。

互いに頑張りましょう。

Qいつまで経っても面接の結果が来ない。

先週の金曜日に、最終面接を受けました。
『結果は、月曜日までに連絡します」と言われたのですが、
未だに連絡が来ず、明日で面接から1週間が経ちます。

「日にちを聞き間違えたのかな?」っと思ったり、
「不採用の場合は連絡しないと言う事?」と考えたり。
その点を、ちゃんと確認しなかった私にも非があるのですが。

面接でも緊張のあまり、自分の意見は、支離滅裂みたいな。。。
やる気ぐらいしか伝えられませんでした。接客販売業なのに。

「結果が出るまでの間に、何かありましたら連絡して下さい」
と名刺も頂きまして、
合否について、問い合わせすべきか悩んでいます。

ちなみに会社は、少々有名な企業です。(CMでも見掛ける)
今年卒業ですが、中途採用での就職活動中の身です。
指定期日に連絡が来なかった場合、不採用なのでしょうか?
どのぐらいまで待つ見込みがあるものなのでしょうか?
教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

 その場合,思い切って採用会社に「電話で」問い合わせてみてはいかがでしょうか?

 ちなみに当社では,(最終)採用の可否は「早急にお伝えします」と各応募者に伝えましたが,実際には電話でその採用について問い合わせた人のみを内定致しました.(人材レベルはほぼ同一)

(注:これはわが社が意図的に行った場合なので,他社に当てはまるとは限りません)

Q外資系企業の直行直帰型営業について

現在、転職活動(営業職希望)をしている者です。
先日、ある外資系企業に面接に行き最終面接を受けることになったのですが、
営業スタイルが直行直帰型営業らしいのでですが、今までのスタイルと違う
ため、直行直帰型営業の長所短所(例えば残業)が見えません。
また外資系というのも少し不安な所もあるのですが、一般的な意見でいいの
で、どうか直行直帰型営業、外資系企業の短所と長所を教えてください。

Aベストアンサー

majide_he_gaderuさんこんにちは。

私も以前に直行直帰営業をやっておりました。もう時効なのでお話しちゃいます。
長所 会社の上司の目がないので気楽!
   まわりに社員さんがいないのでイジメがない。
   プライベートな用をしてもバレナイ。茶店やバーゲンにも

短所 スケジュールが自己管理なので出勤タイプの仕事と違ってルーズになりがちで
   朝が遅いスタートになりがちだ。
   ノルマがあると夜だろうが動かなくてはならず24時間体制になってしまう。
   仕事上解らない事があると携帯で会社に連絡するのだが担当も他の営業と電話中
   の事が多くなかなか連絡が取れず思うように仕事がはかどらない。
  

 外資ですが外国語を話さねばならない職場でなければなんら、
国内と手法が変らない事が多いのですが。
たまに一般ユーザーに外資はうまくいかないと日本を撤退するだろうから
信用できないよと言われますがね。
そんなとこですが。

(E)営業さんになってくださいね 
   

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

Q不動産営業または生命保険営業か

こんにちは、34歳の女性です。

この年齢になって転職をしたいと思い、転職サイトに登録したところ不動産業界、生命保険業界からスカウトメールがよく届きます。
私は家庭のライフプランの生計に興味があり、どちらの業界興味があります。
今は簿記やFPを勉強中です。

どちらも「未経験者歓迎、社内で研修を行います」とか給与面や待遇面でもいい事ばかり書いています。
しかし、不動産業界はブラックだとか、生命保険営業は身内から契約を獲得していく・・などいい事は聞きません。インターネットで検索しても離職率が高いので誰でも入れるような印象です。
これからの時代、家計のサポートや保険の知識、資産運用など大変役立ってニーズが高まるのではないかと、いいお仕事だと思っていましたが、現実は違うようです。

実際、不動産・生命保険営業は離職率が高いのでしょうか、またなぜ高いのか、セクハラはあるのか、そしてなぜ女性営業マンを募集しているのか。
(スカウトメールが届く会社は賃貸ではなく、収益営業や売買営業で、殆ど女性営業マンが主流なように謳ってます。ワーキングマザーもいますとか、女性が活躍中!など写真も殆ど女性です)
生命保険営業の求人も、実際はよくわかりません。営業と書かれていますが、具体的にどのように営業するのかも不透明です。
カスタマーサービスとか、店舗来客型営業とか書かれて様々あるようです。

どちらの営業も印象としては良くないでしょうか?
ご経験者の方いらっしゃいましたら、内部の実態を教えて頂けませんか?

こんにちは、34歳の女性です。

この年齢になって転職をしたいと思い、転職サイトに登録したところ不動産業界、生命保険業界からスカウトメールがよく届きます。
私は家庭のライフプランの生計に興味があり、どちらの業界興味があります。
今は簿記やFPを勉強中です。

どちらも「未経験者歓迎、社内で研修を行います」とか給与面や待遇面でもいい事ばかり書いています。
しかし、不動産業界はブラックだとか、生命保険営業は身内から契約を獲得していく・・などいい事は聞きません。インターネットで検索しても...続きを読む

Aベストアンサー

現在も個人宅の訪問営業マンの募集をしている代表的な業種として「葬儀互助会」「電話回線」「不動産、資産運用」「生保」といったところでしょうか。
ひと昔にはテレフォンアポインターが訪問アポを取ってテスト品を実際に触らせて売るというハードの商法もすっかりスタれた感じがあります。
基本的には大量に採用し飛び込み営業の百分の一でも商談に繋がったら「クローザー」という上司が同行して契約するという流れ。質問者さまのような崇高な意識で業界に入っても何件も門前払いをされて退職していくパターンはかなり多いです。

さて生保ですが昔からの「とんでもない」契約の確認作業が一段落したところへ規制の緩和があって金融商品の扱い開始、介護業界との提携など窓口としての生保レディーも従来の知人親戚の契約したら使い捨てでは対応しきれなくなり勤続年数は長くなる傾向のようです。
銀行なども競争相手となり法人は圧倒的に銀行が強く、個人は生保会社という縄張りの食い合いで生保レディの教育に力を入れだしたというところ。

一方で不動産は地域によって賃貸、物件、土地活用と営業内容が異なるようですがやはり「一般的な」女性は住宅、設備など「ハード」の知識が劣る方が多いので従来の「突撃営業員」の募集が多いと感じます。

FP更に中小企業診断士まで視野に入れて継続されるなら生保でしょうか。但し生活費を他から得る必要はあります。当面は。

現在も個人宅の訪問営業マンの募集をしている代表的な業種として「葬儀互助会」「電話回線」「不動産、資産運用」「生保」といったところでしょうか。
ひと昔にはテレフォンアポインターが訪問アポを取ってテスト品を実際に触らせて売るというハードの商法もすっかりスタれた感じがあります。
基本的には大量に採用し飛び込み営業の百分の一でも商談に繋がったら「クローザー」という上司が同行して契約するという流れ。質問者さまのような崇高な意識で業界に入っても何件も門前払いをされて退職していくパターン...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報