会社から個人の方に対談費用として、謝礼を支払うことになりました。
この場合の処理方法を教えて下さい。

代理店を通して、下記のようなメールで支払依頼がきました。

●●様
お世話になっております。代理店●●です。
下記あてに振込みをお願いいたします。
金額は下記で振り込まれますと伝えております。
55,555円(源泉徴収含む)
●●銀行
●●支店
普通 ●●・・・
口座名義 ●● ●●

質問内容です。
(1)請求書はもらわなくてもいいのでしょうか?
(2)源泉を預って、50,000円の振込でいいのでしょうか?
(3)外注費として扱うべきか、交際費として扱うべきか?

ご回答お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(1)請求書はもらわなくてもいいのでしょうか?



→他に取引の存在を証明するものがあれば不要です。

(2)源泉を預って、50,000円の振込でいいのでしょうか?

→そのとおりです。
金額が55,555円(源泉徴収含む)となっていることから、代理店としてはこれを報酬・料金として認識していることになります。報酬・料金は10%の源泉徴収が必要です。(これは給与としての源泉徴収ではありません。)

(3)外注費として扱うべきか、交際費として扱うべきか?

→交際費ではありません。

なお、#1のご回答にある「見なし法人」課税制度は廃止されて10数年経過しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分りやすくて助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 14:18

会社から個人の方に対談費用…というのは、会社の業務の一環として行ったのであれば、雑給として処理するのが妥当だろうと思います。

その場合は、源泉を差し引いた金額を送金します。年度末に源泉徴収帳票を送ることを忘れないで下さい。支払いを行う以外にその対談に使用した費用は、全て経費となります。

請求書は、別段必要有りません。当該メールが有れば十分です。領収書は振り込み証書で代用できます。

外注費として、扱う場合は、明らかな法人か相手が個人で見なし法人の申告を行っている場合だけで、明らかに個人は、給与として源泉税の天引きが必要となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 14:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいるかのイラストのフリー素材を探しています

いるかのイラストまたは写真のフリー素材を探しています。マイクロソフトのクリップアートは見ましたがいいのがありませんでした。そういうイラストサイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

http://emu.main.jp/

http://www3.to/doldol

上の二つは、いかがですか?
duckcallさんの、好みの素材が、見つかるといいですね☆

Q源泉徴収票の支払金額が、請求金額と実際の支払金額と異なる場合は?

お世話になります。
源泉徴収票の支払金額(30,000円)が、
領収書の請求金額(31,500円税込)と実際の支払金額(28,500円)と異なっていますが、
そのようなことはあるのでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.まずご質問にないことから。「源泉徴収票」と書かれていますが、「支払調書」ではありませんか。源泉徴収票は給与所得、退職所得又は公的年金の場合ですから消費税がかかることはありません。31,500円税込ということは、消費税の課税される取引ですから、報酬や請負代金のはずです。この場合は支払調書になります。

2.取引関係を整理すると
税抜金額 30,000円
税込金額 31,500円
源泉徴収税額 3,000円(30,000円×10%)
差引支払額 28,500円(31,500円-3,000円) という流れですね。

この場合、支払調書に記載する支払金額は、原則として税込みの31,500円です。ただし、消費税額が明確に区分されている場合は30,000円でも構わないことになっています。ご質問のケースはこの30,000円が記載されたものと思われます。ただし、この場合は摘要欄にその消費税額(1,500円)を記載することになっていますが、記載されているでしょうか。

Qイラスト用フリー素材のサイト知りません?

今日の午前中にパワーポイントでプレゼン資料を作る羽目になってしまいました。(泣)

できるんだろうか・・・・・・
<他人事みたい

もし、フリー素材のサイトをご存知でしたら、教えて下さい。
特に人のイラスト(ちょっとマンガ風)なら、うれしいです。
たとえば、歩いている姿とか、バンザイしている姿勢etc...

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フリー素材のサイトをちょっと検索してみました。
下記に何点かURLを紹介します。
検索サイトで紹介されているフリー素材をあたってみてはどうでしょうか。

○使える!!イラスト・素材集
 http://www.unyuroren.or.jp/home/menu/otoku/illst/cut.htm
○イラスト・写真のリンクです。(検索サイトより)
http://dir.lycos.co.jp/computer_internet/internet/authoring/image_collection/photo_illustration/

http://search.goo.ne.jp/computers/00665/00770/00784/00787/

Q外国の方への謝礼の源泉税

今度、外国の方へ謝礼として20万円支払うことになりました。
この方は、日本在住ではなく海外在住ですので
非居住者となります。
こいう場合も、源泉をひかなければならないのでしょうか?
引くとしたら20%でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

外国人の方への報酬等の支払いに関しては2種類の手続きができます.

1.ご指摘のように20%課税する.
2.租税条約に基づき免税手続きをする.

1はその通りであるからいいとして,2について簡単に説明します.
2は参考URLにある書類の作成が必要になります.
このとき,「謝礼」と書かれているものが,どのような内容のものであるかによって書類や適用条項が違いますので注意が必要です.

また,租税条約の対象国であるか否かについても確認が必要です.
来年から英国が対象外となるなど,これは変動があるものであすから,届出先の税務署(源泉税の支払先として登録してある税務署)に問い合わせてみるといいでしょう.
このとき確認しておくべきことは,受け取られる方の課税国はどこかということです.パスポートに書いてある国籍や現住所としてあるところと課税国が違うこともありますので本人に確認し,課税国が対象か否かを税務署に問い合わせます.

この書類は,支払日以前に受理されていることが必要です.
郵送等で届いただけではダメです.
しかも,本人のサインが必要なので少々やっかいです(通常は当日しかもらえない).
勝手に日付をずらしたりすると,何かのときにパスポートの国内在留期間を確かめられたときに問題になります.

実際のところは,FAXなどで本人の租税条約の書類を受け取り,事前に提出し,後日関係書類原本を出すことで了解してくれる場合もありますので,対象国の確認とともに税務署に確認してみるのがいいでしょう.
もちろん,郵送などで事前に記入済み書類が入手できることがベストです.

なお,20%課税する際には,領収書の入手できない交通費,宿泊費についても一律に課税するようになっていますので注意が必要です(在来線等は除く).

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/yousiki/gensen/mokuji2.htm

外国人の方への報酬等の支払いに関しては2種類の手続きができます.

1.ご指摘のように20%課税する.
2.租税条約に基づき免税手続きをする.

1はその通りであるからいいとして,2について簡単に説明します.
2は参考URLにある書類の作成が必要になります.
このとき,「謝礼」と書かれているものが,どのような内容のものであるかによって書類や適用条項が違いますので注意が必要です.

また,租税条約の対象国であるか否かについても確認が必要です.
来年から英国が対象外となるなど...続きを読む

Q官公庁HPにWord等フリー素材のイラスト掲載は?

官公庁に勤めています。


担当部署のホームページを修正する役割を任ぜられたのですが、上司にイラスト等を挿入し、見やすくしてくれと言われました。

そこで、著作権等に抵触することなく、利用者が見て楽しく、わかりやすいホームページにするには、何を利用すればよいかを教えていただきたく思います。


自分なりに調べると、Wordの「クリップアート」か、ネット上の「著作権フリー素材」ならば著作権等の問題なく掲載できるのではないか、と思いました。

広告代理店勤務をしていた友人に相談すると、「Wordの方はまぁ問題ない、著作権フリーの方はなんか微妙かなぁ。」とのこと。「自分の会社のHPならどちらも使っていたが、役所はどうかなぁ。」とも言っていました・・・。


どなたか、このような役所と著作権等の兼ね合いにお詳しい方、どうぞお知恵をお貸しください。
私としては、Wordのクリップアートだけでも使えれば問題ありませんが、著作権フリーのものが使えれば、なお良いなとは思います。

また、イラストの加工は全くするつもりはありません。
そのほか、もっと違った切り口でイラスト掲載できるような方法があれば、そちらもお教え願います。

どうぞよろしくお願い致します。

官公庁に勤めています。


担当部署のホームページを修正する役割を任ぜられたのですが、上司にイラスト等を挿入し、見やすくしてくれと言われました。

そこで、著作権等に抵触することなく、利用者が見て楽しく、わかりやすいホームページにするには、何を利用すればよいかを教えていただきたく思います。


自分なりに調べると、Wordの「クリップアート」か、ネット上の「著作権フリー素材」ならば著作権等の問題なく掲載できるのではないか、と思いました。

広告代理店勤務をしていた友人に相談すると、「Wor...続きを読む

Aベストアンサー

官公庁HPでも企業HPでも、「著作権フリー素材」ならば著作権等の問題ないと思われますが、
心配でしたら、「著作権フリー素材」を製作者に、メールでの承諾確認をしたほうが良いですね。

「著作権フリー素材」の使用目的は原則個人を対称にしていると思われますので、政府(役所)や企業で使う場合は、「著作権フリー素材」が收入等に繋がる使い方と判断されますので、「著作権フリー素材」の使い道に承諾しているかどうかは、「著作権フリー素材」製作者に確認して下さい。

そう言った事から、友人は「自分の会社のHPならどちらも使っていたが、役所はどうかなぁ。」っと言われた物と考えられます。

正直に申告すれば、「著作権フリー素材」製作者さんは丁寧に返事してくれると思います。
「著作権フリー素材」製作者さんのメールアドレスが全然分からない場合は、オールOKでしょう。
「著作権フリー素材」は個人使用に限るとか、收入目的に使う事は禁止とか、フリーでも使い道に条件をつけていないかよくご確認下さい。
 
 
P.S.
ANo.1さんの回答は悲しい回答ですね。
 
 
 

Q講師の謝礼・交通費の源泉税について

今まで講師へ謝礼金と交通費の支払をする際、
謝礼金のみ源泉をしていましたが、
上司が税務署へ行った際、交通費の分も源泉しなければ
ならないと言われてきました。
過去にさかのぼっても、交通費で源泉した事も無く
税務監査・国税の監査でも指摘を受けた事が無いので
源泉しなければいけないのでしょうか?

するとした場合の例として
謝礼50,000×10%=45,000
交通費28,600(税込)×10%=25,740
上記の支払をしなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

>上司が税務署へ行った際、交通費の分も源泉しなければ…

それはたぶん支払調書の書き方が悪かったのでしょう。

意地の悪い係員が見たとき、交通費とは名ばかりで、報酬の一部であると取られると、確かに源泉徴収しなければならなくなります。

単に「交通費 28,600円」と書くのでなく、
「JR乗車券○○-△△ 15,000円」
「特急券○○-△△ 13,600円」
のように具体的に書けば、源泉徴収から省いてかまいません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

誰が見ても重箱の隅をつつかれないような書き方をすることが肝要です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Qフリー素材こんな風なイラスト。

こういうイラストの画像が置いているサイト知りませんか?

Aベストアンサー

こんなの?
https://www.google.co.jp/search?tbs=simg:CAES2AEa1QELEKjU2AQaAggBDAsQsIynCBpgCl4IAxIo_1A6iHKccoRzjG7sOnAX6BNwb-g7JI_1Ej8yPXLO8j7COzI7Yg1Cy0IxowEiXIBl4SBO_1txL3oIofw3PTv7bEMENUo5pj5cBnnwFWBtYQokfuLV2yaqFlzVYKSDAsQjq7-CBoKCggIARIEy7R6UwwLEJ3twQkaRQoFCgNhcnQKFwoVc3VwZXJuYXR1cmFsIGNyZWF0dXJlCgcKBWFuZ2VsChEKD3BlcmZvcm1pbmcgYXJ0cwoHCgVkYW5jZQw&q=angel+wallpaper+hd&tbm=isch&sa=X&ei=LlsCVZnbAYOxmAWeyoLQAg&ved=0CCgQsw4&biw=1920&bih=956#imgdii=_

画像をクリックすると、更に他の画像も見る事が出来ますよ。

Q外注費を支払い手数料で処理していますが

個人事業主としてweb制作を請け負っています。
複雑な知識が必要な部分は外注(先方も個人事業主)でまかなっています。

知人より、外注の科目は“支払い手数料”でよいと教えてもらい、
単純に帳簿にそのようにつけておけばいいと思っていたのですが、
国税庁のHPを見ていますと「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」の提出
などという記述を見つけ。帳簿につけるだけではいけない?と不安になりました。

いろいろ検索してみたのですが、わたしのケースにマッチするものがなく
こちらで質問させていただきました。

外注として仕事を出す場合、
支払いの科目を“支払い手数料”にするのは間違っている?
「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」の提出が必要?

の2点教えていただけると助かります。
「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」の提出について金額によって
提出しなくてもいい旨の記述も見かけましたので、追加の情報を記入いたします。

仕事の依頼は、ほぼ毎月あり、年間の総支払額は60万(月額5万)ほどです。
源泉などは引かずにそのままお支払いしています。
先方も私も共に職種はグラフィックデザイナーとして開業しています。

ご教示いただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。

個人事業主としてweb制作を請け負っています。
複雑な知識が必要な部分は外注(先方も個人事業主)でまかなっています。

知人より、外注の科目は“支払い手数料”でよいと教えてもらい、
単純に帳簿にそのようにつけておけばいいと思っていたのですが、
国税庁のHPを見ていますと「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」の提出
などという記述を見つけ。帳簿につけるだけではいけない?と不安になりました。

いろいろ検索してみたのですが、わたしのケースにマッチするものがなく
こちらで質問させていただきま...続きを読む

Aベストアンサー

支払手数料は顧問料やコンサルタント料などにも使いますから、そういう意味での外注ならそれでも良いと思いますよ。

ただ、外注先に仕事まる投げしてるのならそれは外注費でしかないでしょうね。

あと別回答に源泉徴収しないとだめとか書いてますが、一人事業主なら源泉徴収義務者じゃないので気にしなくていいです。
誰か雇っている(給与支払者)なら源泉徴収義務者になりますが。

支払調書は提出範囲(デザイン料で5万円を超えてる)ですね。
でもたいした問題じゃないので放置しても特に何も無いですよ。
そんな事で文句言うほど税務署はヒマではないです。

Qフリー素材について

代理質問ですがよろしくおねがいします。

社内の文章をWORDで作ることになり、WORD内に画像やイラストを挿入したりしたいのですが、インターネット上にあるフリー素材となっているものをWORDに挿入したりブログにアップしてしまうと著作権にひっかかってしまうのでしょうか?

それとおすすめのフリー素材を置いてあるホームページを教えてもらえないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フリー素材のサイトを管理されている人によると思います。
サイト内の規約や、ご利用上のご注意、等を熟読ください。

フリーでも、いろいろです。
 加工も、再配布も、個人の趣味ならOK
 個人の趣味ならOK。加工はダメ。
 個人の趣味ならOK。ただし、リンクを貼ることが条件
 個人の趣味で、アフリエイトまでならOK。
 ダウンロードした本人が使う時はOK。代理はダメ。
 商用もOK。
 商用はリンク。
 商用や、ある分野のサイトは使用不可。
 商用は、不可。
 メールはリンクをはればOK
商用とは
 サイト作成業者の作成代行
 金銭のやりとりが1円でもあれば、商用
 アフリエィト程度なら非商用
 お店の名前が1箇所でもあれば、商用
 郵送・料金支払い方などのページがあるサイト
 その素材をキャラクター商品にする。

ざっとあげるとこんな感じです。管理人さんによってまちまちなので、使いたいページの規約やよくある質問などを熟読して、わからなければ、メールなどで問い合わせしてください。管理人さん(=著作権者)の意に反していれば、著作権にひっかかる(?)可能性が高いです。

「社内の文章」はたぶん想定外だと思います。フリー素材はホームページ用の画質の荒いものなので、印刷というと嫌がられるかもしれません。確認された方が確実でしょうね。

フリー素材のサイトを管理されている人によると思います。
サイト内の規約や、ご利用上のご注意、等を熟読ください。

フリーでも、いろいろです。
 加工も、再配布も、個人の趣味ならOK
 個人の趣味ならOK。加工はダメ。
 個人の趣味ならOK。ただし、リンクを貼ることが条件
 個人の趣味で、アフリエイトまでならOK。
 ダウンロードした本人が使う時はOK。代理はダメ。
 商用もOK。
 商用はリンク。
 商用や、ある分野のサイトは使用不可。
 商用は、不可。
 メールはリンク...続きを読む

Q営業代理と製作外注業者に源泉は必要?

弊社に営業代理をしてもらってる方とデザイン製作をしている方、2名に外注で依頼をしております。相手は個人になり、報酬は月15万程です。
常識的には、外注も源泉徴収をする必要があると思っておりますが、必要がないと記載してある資料も多く迷っております。

弊社の場合、源泉を徴収する必要はありますでしょうか?ご教授くださいませ。

Aベストアンサー

>外注も源泉徴収をする必要があると思っております

必ずしもそうではありません。

ご存知のように、雇用契約に基づく支払は「給料」であり、給料は源泉徴収を要します。しかし、個人との委託契約(外注)に基づく支払には源泉徴収を要するものと要しないものとがあります。

源泉徴収を要する委託契約(外注)業務は、所得税法第二〇四条、所得税法施行令第三百二十条、所得税基本通達において具体的に定められております。ここには、デザイン業務のうちの多くのものは源泉徴収を要すると書いてありますが、営業業務は源泉徴収を要するとは書いてありません。

(蛇足ですが、法人との委託契約(外注)に基づく支払には源泉徴収を要しません。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報