新しく入った会社では、通勤手当の勘定科目を
「福利厚生費」で計上しています。
顧問税理士に「旅費交通費、もしくは給与手当てではないでしょうか」
と質問したところ
「福利厚生費のほうがわかりやすいので、これでいいのです」
との返事でした。

私としてはなんだか気持ち悪い仕訳なのですが、
福利厚生費にしても会計上は何も問題はないのでしょうか。

教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>顧問税理士に「旅費交通費、もしくは給与手当てではないでしょうか」


>と質問したところ
>「福利厚生費のほうがわかりやすいので、これでいいのです」
>との返事でした。

顧問税理士(関与税理士)のアドバイスに従って下さい。
顧問税理士は、申告・納税に対して責任をもっており、中小企業においては
会計帳簿にまで関与します。
 ※関与して欲しいので顧問契約を結んだと思われます
 ※税理士は回答が誤って、御社に損害を与えれば損害賠償の責を負います

よって、基本姿勢は顧問税理士の意見に従う。しかし納得がいかない場合には
当該税理士に質問し、納得できたのであればそれで良し。納得がいかないので
あれば顧問税理士を変更して下さい。
(信頼関係ですから、不信感があっては顧問関係を維持できません)

本件の場合は、勘定科目ですから、基本的に御社の自由に決定できる事項です。
よって基本的にはどの勘定科目でも問題は発生しません。
税理士は過去の御社の状況と御社の会計方針を元に当該アドバイスを行っている
と思われます。
私の個人的な見解では、福利厚生費は”なんだかな”と思いますが、これは当社
の過去の経緯と会計方針から思うだけであった、御社の状況を無視した感想です。

つまり、本サイトでは回答者は一般的な回答はできても、御社固有の状況を勘案
でき無い事を念頭において、今後の対応をされる事をお奨めします。
    • good
    • 2

問題はありませんよ。



手当なので、他の交通費や日当と区別するために、
そう言っているのだと思います。
給料手当勘定に入れると、たいてい通勤費は非課税なのに、
年末調整するときに含まれた金額になってしまいわかりにくいので
この勘定を使わない方がいいです。
    • good
    • 4

>通勤手当の勘定科目



通勤交通費が最適です。

(1)社員が取引先や役所へ仕事で出かけたりする時の旅費交通費と区別できます。

(2)福利厚生費は、例えば「忘年会の費用」とか「お茶の葉の代金」のような、社員がうれしくなる費用です。通勤の定期券代をもらってもうれしいとは思いません。社員の福祉に役立っていないのです。(給料はうれしいです^^;)
    • good
    • 3

> 福利厚生費にしても会計上は何も問題はないのでしょうか。


問題は有りません。
「一般に」と書くとクレームが付きそうですが、次の様な考えから、通勤手当は「給料」または「福利厚生費」で処理する事が多いです。
・賃金として支給するのだから「給料」
・元々、通勤費用の支給は任意。従業員等に対する福利厚生の一つとして通勤費用を支給するのだから「福利厚生費」
・「旅費交通費」は、会社の営業活動で生じた交通費や日当(宿泊費)を計上したほうが、人件費と営業費用の区別がつく
    • good
    • 6

手当として賃金台帳に記載するので、


「福利厚生費」の方がベターです。
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q福利厚生費?旅費交通費??

先日、社員旅行へ行ってまいりました。貧乏会社なので海外ではなく伊豆の孤島初島というところです。船酔いしました。

それはさておき、その伊豆までの交通費を処理せねばならないのですが福利厚生費と旅費交通費どちらになるのでしょうか・・・

私的には福利厚生費でいいんじゃないの??と思ってはいるのですが・・・

皆さんのご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

社員旅行の場合は、一般的に、福利厚生費で処理される会社が多いと思います。

それと、他の方が書かれている半分以上参加等の要件については、その要件を満たさないと経費として認められない訳ではなく、現物給与扱いとなり参加した従業員に対する給与として源泉徴収の対象となり所得税を徴収する必要が出てくる、という事です。

要件等については、下記サイトをご参考にされて下さい。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2603.htm

Q固定的法定福利費、固定的厚生費、変動的法定福利費、

固定的法定福利費、固定的厚生費、変動的法定福利費、変動的厚生費、変動的人件費とはなんでしょうか?

Aベストアンサー

例えば,原価要素の区分として固定費と変動費があります。これには配賦基準があります。
A           B
固定費には     変動費には
法定福利費     変動賃金(残業手当等)
厚生費        雑給「人件費」(臨時者の諸手当)
固定賃金

上記を参考にした下さい。

Q法定福利費と福利厚生費の違い

経理初心者です。
法定福利費と福利厚生費の違いを教えてください。
社会保険料はどちらでもいいのですか?

Aベストアンサー

どちらも従業員の為に会社が支出する福利費なのですが、そのうち、法令で会社が負担しなければならないと決められているものを会計処理する時の勘定科目が「法定福利費」、そうでないものを会計処理する時の勘定科目が「福利厚生費」です。

(1)法定福利費の例:
労働保険の保険料の徴収等に関する法律第三十条では会社が国に納める労働保険料のうち被保険者(従業員)が負担する部分を定め、残額は会社が負担しなければならないとしています。この会社負担の労働保険料をのうち「法定福利費」として計上します。健康保険料や厚生年金保険料も同様です。

(2)社員忘年会の費用や、社員旅行の費用は、法令で決まっている訳ではないが、会社が支出するときは「福利厚生費」で計上します。

Q福利厚生費と法定福利費

福利厚生費と法定福利費
ネットでいろいろ調べたんですが、定期健康診断料だけがグレーゾーンなんです。
法定福利費説は、「労安法」で実施が義務付けられているから、を論拠としています。それなりの説得力がありそうです。
一方、福利厚生費説は、特段の論拠の記述がありませんでした。
はて、会社が従業員に対して実施する定期健康診断料は、どっちなんじゃろか?。

Aベストアンサー

>福利厚生費説は、特段の論拠の記述がありませんでした。

本件のご質問は、
  会計論(学問として)
  会計基準(御社の会計基準)
  税務会計(税法上の問題がないように)
のどの観点からの質問かによって、多少回答が代わります。

会計原則
<1>
 定期健康診断の「法定部分」は法定福利
 定期健康診断の御社独自の診断部分(法定外部分)は福利厚生費
  ※定期健康診断であっても、法律で定められていない部分を会社独自の基準
   で診断内容に入れる場合の費用は福利厚生費。
<2>
 労働保険(雇用・労災)、社会保険(健康・年金・介護)、労働基準法上の
 休業補償(休業補償給付)、児童手当拠出金 等
 これだけが、法定福利費との考え方もあります。
 この考え方を取れば、健康診断は福利厚生費となります。 
http://www.weblio.jp/content/%E6%B3%95%E5%AE%9A%E7%A6%8F%E5%88%A9%E8%B2%BB
 言ってしまえば、”等”に健康診断が入るか否かです。
 どちらの解釈でも誤りでないと思われます(私見)

会計基準
 原則的には会計原則に準拠して会計基準を作成します。
 但し、会計基準は御社が独自に管理し易いように決めれば良い事です。
 (会計基準とは、明確に分類し、理由無く基準の変更が行われないのであれば
  どのような会計基準を設けても問題有りません)
 つまり、御社が過去から健康診断の費用を福利厚生費で計上しており、福利厚
 生費として管理した方が管理し易いのであれば福利厚生費にします。
 会計基準がない場合には、会計原則に従がうのが正しい姿です。

税務会計
 法人税の場合、損金か損金と認められないかを重要な要点として会計します。
 この場合、法定福利費であっても、福利厚生費であっても、どちらも損金
 ですから大きな違いがありません。
 過去からの慣行に従って勘定を決める事が多くなります。

>「BestAns=正解」という公式はありませんよねぇ。

企業会計は会計基準に従いますから、会社によって正解が異なります。
一般論であれば、結局どちらも正解だと・・・・

>福利厚生費説は、特段の論拠の記述がありませんでした。

本件のご質問は、
  会計論(学問として)
  会計基準(御社の会計基準)
  税務会計(税法上の問題がないように)
のどの観点からの質問かによって、多少回答が代わります。

会計原則
<1>
 定期健康診断の「法定部分」は法定福利
 定期健康診断の御社独自の診断部分(法定外部分)は福利厚生費
  ※定期健康診断であっても、法律で定められていない部分を会社独自の基準
   で診断内容に入れる場合の費用は福利厚生費。
...続きを読む

Q旅費を福利厚生費として処理する、とは

無知な学生です。

ある本に、幹事に耳寄りな情報という小見出しで、海外への社員旅行が~~という条件をクリアしてたら「旅費を福利厚生費として処理できる」と書いてありました。

旅費を福利厚生費として処理できるというのは、何故良いこと(耳寄りな情報)なのでしょうか。どのようなメリットが会社にあるのでしょうか。

回答の程よろしくお願いします。

Aベストアンサー

福利厚生で処理できないならば交際費となってしまう事になります。交際費の場合、大会社は損金となりません。福利厚生費での処理が認められるとその文節税が可能になります。

参考URL:http://www.e-kosaka.com/zeimu/rep02003.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報