正社員一人を雇うのに給料の3倍の経費がかかる、あるいは利益が必要等と言われるのはなぜでしょうか?
社会保険や福利厚生費、使っている設備の費用等なんとなく分かるのですが、うまく後輩のスタッフや部下に説明できません。
分かり易い説明があれば教えていただければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは☆



月給20万円と仮定します。

まずは
社会保険やら、厚生年金やらで、給料の132.62/1000の会社負担分があります。
およそ26000円

そして、会社に来る通勤代
およそ10000円(人によりけり)

賞与を払う為に、積み立てがあるとします。年間4ヶ月であるなら、
およそ66000円

退職金の積み立てとし、40年勤続 2000万円であるなら
およそ40000円

ここまでで、142000円です。すでに給与の3/4ですね。


ここからは金額では表しづらい・且つ部署によりけりな所です…

仕事をするにあたり、オフィスが必要です。会社が借り上げ、又は所有している土地・建物の机スペースを借りて仕事をしています。レンタルオフィスを借りれば、机分のスペースであっても、月1万円程かかります。

当然、電気・水道は使います。

営業するにあたり、車が必要です。軽自動車1台あたりの維持費は、年間15万円程かかります。又、電車移動であるなら電車代がかかります。一日千円使用したとすれば、出勤日22日で22000円です。

パソコン・電話等は会社が購入、又はレンタルしている品です。当然費用がかかります。インターネットにつなぐ為に…電話をかける為に…小さな金額ですが積もり積もれば大きな額となります。

全員が全員、売り上げを上げるポストにいるわけではありません。総務・経理・人事・等の非営利ポストの人たちの分の利益を稼いでこなければなりません。あなたが営業するためには、裏方で支える人がいるのです。税金を納めるためには、税理士に委託する必要があります。法律問題を抱えた時のために、顧問弁護士を抱えます。営業以外にかかる費用も、多分にあります。


福利厚生施設を抱えていたら維持費がかかります。また、施設の会員などになっていれば、費用がかかります。


こんなところだと思います☆
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
大変分かりやすく、今後の参考となりました。

お礼日時:2010/01/23 20:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q派遣社員と正社員の雇用コストの違いについて

派遣社員と正社員の雇用コストの違いについて詳しい方が
いらっしゃいましたら教えて下さい。
当方、IT系の企業で派遣社員で働いております。
たまたま別部署の社員の方と呑みに行く機会があり、
話を聞いたのですが、別部署の派遣社員雇用コストとして、70万円/月とのことでした。(派遣会社に支払う額)
年に換算すると840万円。この額は随分と高いと感じます。
仕事内容は平社員と同じ内容から責任を引いた内容です。
ちなみに正社員の係長クラスでも年収600万ぐらいです。
この数字から判断するに、正社員を雇用するには倍以上のコストが
かかると推測できますが、一般的に正社員と派遣社員の雇用コストは
どのぐらい違うのでしょうか。
また、このケースだと自給はどの程度が想定されるのでしょうか?
詳しい方がいらっしゃいましたら、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

人事のおっさんです。
派遣
840万のうち、ざっと100万は社会保険ですね。
社会保険(労災保険 雇用保険 厚生年金保険 健康保険料) 
そして有給休暇20日×1万に交通費(2万)に人材派遣会社へのマージンが3.5割くらい。
1年で20万+24万とマージンひいて派遣が手元にいく年収は【450万/年】くらいです。

正社員
【年収600万】ならばそのコストは・・・
保険80万+44万が有給と交通費。+124万として年間724万
住宅手当・家族手当て(うちは6万くらい)×12で72万=796万
財形貯蓄制度、持株制度、寮、育児・介護休業制度、団体生命保険等など
いろーんなものがくっつくと年収600万でも経費は【900万越/年】えです。
更に福利厚生とかね。

派遣と正社員の大きな差は雇用期間ですよね?
社員は原則期限を設けない。
派遣は期限を設けている。
必要なときに必要なだけ、不要のときは雇用してなくていいというのは会社にとってどれだけメリットかわかりません。
金額だけ見ると大きく見えますが実は派遣さんの料金はそれでもなお正社員よりお得なので払っています。
特にIT(僕もだけど)は定年説が早かったり、仕事自体が時代との競争です。

ついていけない人間をぽい捨てできるほうがコストがかかりません。
正社員で雇用するということは、使えなくなってもずっと雇用しなくてはなりません。
そんなに首にできないし、日本には年功序列や勤続年数なども給与アップにつながるため、最初からある程度金額の高いIT技術者は採用に困るというのが現状です。

総コスト840万の派遣→年収450万
総コスト900万の社員→年収600万

時給・・・は計算してね♪

とにかくね、保険代がたかいわけですよね。
それと終身雇用という考えがどうしても社員の壁を高くしています。

人事のおっさんです。
派遣
840万のうち、ざっと100万は社会保険ですね。
社会保険(労災保険 雇用保険 厚生年金保険 健康保険料) 
そして有給休暇20日×1万に交通費(2万)に人材派遣会社へのマージンが3.5割くらい。
1年で20万+24万とマージンひいて派遣が手元にいく年収は【450万/年】くらいです。

正社員
【年収600万】ならばそのコストは・・・
保険80万+44万が有給と交通費。+124万として年間724万
住宅手当・家族手当て(うちは6万くらい)×12で72万=796万
財形貯蓄制度、持株制度、寮、...続きを読む

Q総人件費

起業を考えています。
福利厚生費を含めた場合の人件費は給料の・・倍(あるいは・・割増)などとよく言いますが、どれくらい見ておけばいいものでしょうか?
また、事務所における一人あたりのスペースはどれくらいなんでしょうか?資料保管キャビネや会議室も含めた一人当りスペースです。一人当り10m2だとか。

上記2点につき教えて下さい。
お願いいたします。

Aベストアンサー

人件費について。

最低限として社会保険料(厚生年金/健康保険/介護保険/労災保険/雇用保険)だけを計算しても、人件費総額は手取り給与の約1.3倍かかります。
それに賞与、退職金、各種保険などの積み立て分をプラスする。手取り給与と比較するなら、通勤交通費もプラスされますね。
更には営業活動に必要なもの(デスク/名刺/PC/携帯電話/営業車など)の購入費、それに係る維持費などが必要です。
また、人員が増えれば事務所のスペースも広くしなければならないでしょう。給与計算や各種事務手続きが煩雑になってくれば、事務作業に掛かる人件費(税理士・社労士に委託している場合には顧問料)が増えるでしょう。

待遇や企業規模・営業内容によりけりなので一概には言えませんが、切り詰めれば給料の1.5~2倍程度でもいけると思います。

Q社員一人の経費

私の給料は社会保険、交通費,
住宅手当等全て含め約275000円を支給され、手取り約22万円受け取っております。
よく総務の方から私の売上は赤字だと言われますが意味がよくわかりません。
私の業種は開発専門で客先に出向する体制となっており、私の月単価が60万会社に支給されています。
社員個々の経費って実際どれくらいかかっているのでしょうか?私は会社にとって赤字なのでしょうか?
ちなみに会社の事務所貸借費は月80万です。
社員は全員で8人です。

Aベストアンサー

 類似業種とお見受けしましたので参考までに。

 社員は全員で8人と書かれていますが、「実働」者は何人ですか?
 8人とも同じような形態で仕事をされていて売上を上げているのであれば、余程仕事に空きが出来ない限り、赤字は有り得ません。

 社員個々の経費ですが、賞与や退職金の金額によって様々ですが、概ね手取りの2倍程度と考えています。まぁ手取りの3倍稼いでいれば、会社に対して利益貢献しているハズです。

 事務所代も出向主体の8人の会社にしては大目な気がしますが、会社にとって最も高いコストは「稼がない人」の維持費です。
 人件費ほど怖いものはありません。
 その最たる者は、いわゆる中間管理職です。8人の会社であれば、管理職は社長1人で十分なハズです。 

 無駄な管理職が居なくて仕事もコンスタントに入っているのであれば、社長(や名前だけの役員)が法外な報酬を得ている可能性はあります。
 会社的には赤字にしておいた方が節税効果が高いので、わざと赤字になるような役員報酬を設定している可能性もあります。
 親族経営の会社で多いです。「ヒト」が資本の会社ではやってはいけない手法だと思いますが・・・

 類似業種とお見受けしましたので参考までに。

 社員は全員で8人と書かれていますが、「実働」者は何人ですか?
 8人とも同じような形態で仕事をされていて売上を上げているのであれば、余程仕事に空きが出来ない限り、赤字は有り得ません。

 社員個々の経費ですが、賞与や退職金の金額によって様々ですが、概ね手取りの2倍程度と考えています。まぁ手取りの3倍稼いでいれば、会社に対して利益貢献しているハズです。

 事務所代も出向主体の8人の会社にしては大目な気がしますが、会社にとって最...続きを読む

Q従業員が給料の3倍働いて元が取れる?

 よく会社(経営者)からみて、従業員は給料の3倍の利益をあげて
やっともとがとれるといいますが、それはどういう計算なのでしょうか?
 自分の手もとに入る給料の他に社会保険料や交通費またその人が働くうえでのもろもろの備品・事務員など必要なのは理解できますがいくらなんでも給料の3倍は多すぎの気がします。
 具体的な数値などを出して頂いた上で教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

 ごく一般的には、会社は従業員に払う給料の2倍の費用をその人のために使っている、と言われています。それは給料以外の見えにくいところで、福利厚生費、各種の手当、社会保険その他の各種保険料、有給休暇にかかる費用、交通費、事務経費などの様々な費用がかかっているためです。これらが恵まれた大企業では2倍よりも多いかも知れませんし、節約気味の中小企業では2倍よりも少ないかも知れません。
 したがって一般的に言えば、従業員はその働きによって自分の給料の2倍の「利益」を稼ぎ出してこそ、会社は収支トントンの状態になります。3倍も利益を稼ぎ出せれば会社は成長でき、そのような従業員にはボーナスを弾めることになるでしょう。

Q前株 後ろ株の違い

「株式会社××」という表記を前株、
「××株式会社」という表記を後ろ株、
と言いますよね。

法的に根拠はないらしいのですが、
営業の人がよく「前株ですか?後ろ株ですか?」
というやり取りを商談でしていたり、
「就職の場合、前株の方が良い」などと(噂ですが)
聞いたりします。

やはり何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の記憶との照合までには至らないことが多い」「また、これが聴き慣れない言葉だと、意味は勿論のこと語音の弁別さえもできない。つまり初めの部分を聞き漏らしてしまう」いきなり言われても最初の部分は聞いてないということですね。だから誰でも知っている「株式会社」という言葉を先に出して「反応開始の刺激信号」として利用できるという見解もあるようです。
4上場会社の正式名称を並べてみると1部上場に比してマザーズ等新規上場会社には前株、カタカナが多いがそうでない場合もある。「ご勝手に!どうぞ」状態です。
5なお、職務上関連会社を十数社設立登記しましたが、オーナーの鶴の一声で全て「前」です。

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の...続きを読む

Q退職金は給与から積み立てられているのですか?

1.会社を辞めた時に受け取る退職金は毎月の給与から引いて積み立てられているのでしょうか?(給与明細を見ても載っていません。)
 退職金の基本は給与で、それに会社がプラスしているのでしょうか?
2.確定拠出年金で企業が拠出する掛け金は、従業員の給与から引いて積み立てているものから拠出するのでしょうか?
 退職金と企業が支払う確定拠出年金のお金の出所がわかりません。企業が全て負担するとは考えにくいのですが、そういう企業もひょっとしたらありますか?
 退職金についてよくわからないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には、従業員が退職する時に、会社は、会社が貯めて持っている預金の中からお金を引き出して、その従業員に「退職金」を支払います。ただ、それだけのことです。

しかし、「退職金」は、巨額な場合が多いので、一時にそれを払うとすると、会社としては、資金繰りの予定が立てにくいです。
そこで、会社は「退職金」の分を、前もって、それなりに計算して、普段から少しずつ、別のところに貯めていきます。
この別のところこそが、「確定拠出年金への積み立て」であったり、「中退共への積み立て」、「特退金への積み立て」であったり、「銀行での積み立て」であったり、「生命保険会社での積み立て」であったりするわけです。
いつから、どこに、いくら預けて貯めるかは、会社(等)が決めます。

「退職金」は会社が払うべきものなので、これらの積み立て準備金も会社が全て負担します。

ということで、「給与」とは直接関係ありません。

Q社会保険は会社が半額負担?

教えて下さい。
社会保険は会社が半額負担ではないのでしょか?
最近気づいたのですが、社会保険が全額給与から引かれていました。(何人も)
会社は半額社会保険事務所に支払ってはいるみたいですが、全額引いて半額払うのであれば、本人は全額負担してるのではないでしょうか?
法律的には、どうなのですか?
会社は罰せられないのでしょくか?
もし、半額負担が妥当なら今まで支払った分はどういうふうにとりもどせるのでしょうか?
教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

>>社会保険は会社が半額負担ではないのでしょか?

原則的にYESです。ただし労災保険は会社が全額負担です。

 標準報酬月額表でみて、全額を従業員が払っているとすれば違法です。
 健保と年金の両方を全額負担とすれば、35万円くらいの給与の場合でも、健康保険が2.7万円、厚生年金が4.8万円くらいになってしまい、これだけで7万円以上になり、手取りはかなり少なくなりますね。

>>半額負担が妥当なら今まで支払った分はどういうふうにとりもどせるのでしょうか?

会社の経理担当者にいって、今までの分を返してもらいましょう。返してくれなかったら、社会保険事務所あるいは労働基準監督署、弁護士などに相談か。

 

参考URL:http://www.sia.go.jp/seido/iryo/iryo13.htm

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Q住民税は、およそでいいのでいくらなのか教えて下さい

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払...続きを読む

Aベストアンサー

年収210万円とした場合の住民税
住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。

Qエクセル 表を大きく、紙いっぱいに印刷したい

エクセルで表を作りました。
印刷プレビューで確認したところ
用紙に対して表が小さく見栄えがしません。

一つ一ついじればできると思いますが、
簡単に、
用紙いっぱいにフォントも大きくし、表も大きくし、
印刷するやり方はありますか。
教えてください。

Aベストアンサー

CtrlキーとPのキーを同時に押すと「印刷」ダイアログが呼び出せます。その状態でAltキーとWのキーを同時に押すと「印刷プレビュー」が表示されますので、印刷のイメージがつかめます(必ずしもプレビュー通りには印刷されませんが)
印刷プレビュー画面の上にある、設定のボタンを押してあげれば、余白を少なくしたり、拡大縮小印刷をパーセンテージを指定しておこなえたりします。いずれにせよ、プレビューで確認しながら拡大率を決めていけばいいと思います。なお、「拡大縮小印刷」のところに「次のページ数に合わせて印刷をする」というチェックをいれて横1×縦1にしてあげれば自動で拡大縮小印刷ができる場合がありますが、やってみればわかりますが、特に縮小印刷の場合小さくなりすぎたりする場合もあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング