イケメンダンスボーカルグループのオススメ13選

20日締め、当月25日払いのケースについての話です。
例えば「3月21日~4月20日で働いた分は4月25日にて払う」ということですが、その期間に欠勤があった場合、20日に締めた後で、日割り計算をして25日に支払っている余裕がなく、とりあえず満額を支払い、翌月の25日に日割り計算をして支払っています。
このようなやり方だと、様々な場面(離職票、算定など)で書類を書くのに、支払基礎日数などで、不都合が生じます。
そもそも、このやり方では実質的に、20締めの翌月25日払いとなってしまっているのでしょうか?
そうすると、新卒を採用した時は、5月25日が初任給になるなんて
ことが可能なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

一応給与計算してたものです。

今まで私が経験した、いくつかの実例をお話しますね。参考まで。
(1)末〆の翌25日払い ← ありました。ご推察の通り、新入社員は4月は給与がありません。5月25日払いが最初のお給料です。
(2)20日〆の25日払い ← パターン1:全額計算する。パターン2:残業代は基本翌月支給。欠勤は日割りで〆に間に合わせてました。
(3)末〆の15日払い ← 欠勤も残業もすべて含んだ正確な数字が出ました。

(3)は問題ないのですが、確かにご心配の通り離職票や算定の時に数字が変わりますよね。でもそれでやってました。等級が変わるほどの差はあまりなかったです。
厳密に言うと支払基礎日数は計算しなくちゃいけないです。雇用保険(ハローワーク)ではそのように指導してました。
算定は結局年末調整が入るので、まいっかって感じで。私が行った会社だけの参考なので、正式にはどうか分かりませんが。

でも20日〆25日払いって一番多いですよね。1000人分くらい計算してましたけど、大抵は有給でまかなえていたので日割り計算する必要のある人が少なかったです。〆の2日間は朝9時~23時まで計算してましたネ。きついですね、やっぱり。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いくつかのパターンを提示してくださり、ありがとうございます。
私の会社は(2)のパターン2で、しかも欠勤も翌月に越すという
方法だから、おかしくなるのですね。
再度社内で検討させて頂きます。

お礼日時:2006/08/02 22:12

toshikun7さんは考え方が間違っていますよ。


あくまでも締めというのは欠勤や残業の締め
ですよ。

うちの会社は15日締めの月末払いです。
じゃあ4/1入社の人は15分しか4月末に
給料がもらえないの!ってお考えかも知れま
せんが給料は満額もらえます。ただ4月に残
業していれば15日分までは計算して月末の
給料に加算しますっていうだけです。

4月16日以降は残業した分は5月末に振り
込まれます。

いまって締めから5日間しかない!ってそう
そう多くないと思いますよ。せめて20日締
めの末払いくらにしないと従業員が多い会社
は大変ですよ。締め日の変更を願い出てはど
うですか。

なんどもいいますが締め日というのはあくま
でも残業遅刻欠勤などの締め日です。

この残業分が1ヶ月遅れで払われようが全然
問題はありません。ひどいと末締めの翌月
末払いの会社がありますから。
残業で考えればもらうまでに1ヶ月かかりま
すが欠勤で考えれば引かれるのが一ヶ月後な
ので社員はそうそう問題にしていません。
    • good
    • 0

15日〆の25日支払でも祝日とかが入ると、


5営業日(銀行)前の支払明細持込はきついです。

>このやり方では実質的に、20締めの翌月25日払いとなってしまっているのでしょうか?

たてまえは20日〆25日支払なので、新卒者の初任給は4月25日になりますけれど、
ずれ込む人の分に関しては、頻繁にあることでも例外的措置になってしまい、ややこしいですよね。

長年、それでやってこられたのでしたら、社会保険事務、雇用保険事務に関して支障はないと判断されて(あるいは取り決め当時何らかの理由あって)のことでしょう。

質問者様が任されていて、変更出来る立場なのでしたら、一度〆日に関して、上司とご相談されたらいいでしょうね。
    • good
    • 0

どの位の規模の会社かわかりませんが、通常は出勤簿を当月締めて給与は翌月払いが普通だと思います。

事務処理に3日まして土日が入ったら事務処理が大変だと思います。
従業員の方に話されて皆さんの合意のもと変更されるのが望ましいと思います。
困る様な方が居る場合には、一時立替等を提案して見て下さい。
事務が楽になります。
出勤簿をチェックして各人の給与計算が出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても早い回答をありがとうございます。
再度社内で変更を検討してみます。

お礼日時:2006/08/02 22:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事業所得と給与所得の違いは?

こんにちは、みなさん!!

事業所得と給与所得の違いについてうかがいます。

 フリーで歯科技工士をやっていて、いくつかの
会社と契約して、収入をもらっているんですが、

もともと、源泉10%をとられているものは事業所得
であると思うんですが、そうではなくて、請負先の
会社からこれは給与所得であると言われた物もあります。

源泉も10%ではない感じです。

確定申告の際に給与と事業の所得は明確に分けて書く
ので、迷ってしまいます。

正式には何をもって、事業所得で給与所得で区別する
のでしょうか?

ご存知の方いらっしゃったらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

雇用契約に基づいて支払われる場合が「給与所得」で、雇用契約に基づかない場合は「事業所得」となります。
又、給与所得か事業所得かについては、就業の実態により、概ね下記のような場合は、給与所得と判断されます。

1.会社の指揮監督のもとに置かれている。
2.仕事の結果の責任は会社が負う。
3.その会社だけの仕事をしている。
4.仕事で使う機械器具類は会社が支給する。
5.仕事に要する経費は会社が負担する。
6. 業務請負契約書、業務委託契約書、注文書、請求書がない。

詳細は、下記のページと参考urlをご覧ください。
http://sr-office.com/syokuba09.html

http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1175297

参考URL:http://www.yokosuka.jp/yfn/yf-00316.htm

Q給与が毎月末締めの当月24日払いなのですが・・・

こんばんは。
今回2月28日を持って職場を退職するものです。
現在は有給消化中で明日で正式に退職となります。
給与明細と退職に関する書類が送られてきたので読んでおりました。

給与が毎月末締めの当月の24日と明記されています。ということは、今月を持って給与の支払いが
最後ということなんでしょうか。有給消化した分は頂けないのでしょうか。

明細には、何日~何日分という記載がないんですが、残業時間や有給残数を見ても明らかに1月のもの(2月はまるまる有給のため、残業をしていない。)なので疑問です。

どなたかわかれば教えてください。生活費分は余裕を持たせて退職はしましたが、転職活動期間を短縮する必要もあるかと思い質問させて頂きました。

Aベストアンサー

給与が毎月末締めの当月の24日と明記されています。
と言うことは2/1~2/28分を2月24日に支払うということです。
1月の残業分は1/24の支給後1/25~31分でしょう。
もしくは残業は締め日よりも支給日が早いので1か月遅れなのかもしれません。
なので、2月24日の給与は2月分ですから有給も加味されての支給と思います。
そうでなければ2月は出勤されていないので支給は0だったはずです。

Q毎月の給与の所得税の計算方法

こんばんは!
毎月の給与の所得税の計算の仕方を教えて欲しいのですが、詳しい方回答お願いします。

例)7月度の給与
総支給額=222070円
所得税=4400円

この4400円は、どうしたら出ますか?

Aベストアンサー

総所得から社会保険料(健康・厚生・雇用)を差引いた額を下記税額表で

www.jfast1.net/~nzeiri

Q給与の支払いについて 末締め当月25日

給与の支払いについてなのですが、
「支給日は末締め当月25日・勤怠に関する支払いは翌月25日支給」とあります。
この場合給与の支払いは、

2月1日~2月29日に働いた給与 → 2月25日
2月1日~2月29日に働いた給与(残業) → 3月25日
と、なるのでしょうか?

また、月の途中から働いた場合はどうなるのでしょうか?
2月13日から働いた場合なども、2月25日の支払いで、日割りなどになるのでしょうか?
2月13日~2月29日に働いた給与 → 2月25日(日割り?)
と、なるのでしょうか?

年俸制じゃなくても、こういった支払いは可能なのでしょうか?
分かりません、どなたか教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私の勤める会社もご質問者さんと同じ支給で、
質問文にある通りで間違いないですよ。

基本給は当月25日に支給されますし、
月の半ばで入社したらその日からの日割り計算をします。

基本給は会社にとって固定費なので、
予算を立てて計画的に支給できるのです。

万が一、25日を過ぎて出社しなくなっても、
精算して当月の残業代と相殺したり、
払い過ぎたら返金の請求するだけです。

一方、残業代は残業時間が確定してから、支払います。

Q給与手当について

売上連動手当・業績連動手当・という名目ありですか?

営業手当だとイマイチ条件が一致しないような気がして
賞与ではなく手当として毎月頑張って働いてくれた人に手当を払いたいのですが
給与明細の名目は何手当にしたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

名目は何でも構いませんが、長いのは面倒な気が・・・

普通はもっと単純でいきます。
歩合給、売上手当、業績手当、
ただ、問題は出す基準がきちんとしているかどうかです。
適当に気分で出すのはだめですよ。

Qなんで給料は、20日締め、25日払いの所が多いのですか?

なんで給料は、20日締め、25日払いの所が多いのですか?

多くの会社はどこかの月(例えば12月や3月)の末日が決算日でしょうから、例えば、月末締め、翌月5日払いとかの方が、未払給与などが計上されなくて、経理上の計算がしやすくないですか?

実務上、20日締め、25日払いのメリット等があるのでしょうか?

素人の素朴な疑問なのですが、お詳しい方、ぜひ教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

結論から先に言いますと入金と出金の業務を一時に集中させないためです。
社内給与を二十日締めで二十五日に支払います。
外部取引先の支払いを二十日締めで翌日十日に支払います
得意先からの集金は二十日締めで十日に集金しますと社内の支払いを済ませてから社外の支払準備を行い、こちらの支払業務が大体終わる時間帯に入金作業が始まります。
業種業態によって若干の日は異なりますが作業が一時に重なると煩雑になり間違いも多くなります。混乱を避けるために日程をずらして設定します。また、支払いが全て先で入金が後になるとその間社内の手持ち現金が一時的に大きく減少します。そのギャップをなくすために支払日と入金日をお互いに同日になるように取り決める場合もあります。

Q給与と報酬の違いを教えてください。

先日、在宅で翻訳の仕事をしました。
その支払いについて連絡があり、請負契約であるので給与ではなく「報酬」という形を取りたい。なので請求書を出してください、とのことでした。

私は他に常勤で仕事をしているのですが、副業をしても構わない職場なので、支払い形態にはこだわりがないのですが
そもそも給与と報酬の違いってなんだろう?と思い質問させてもらいました。

1.給与か報酬かというのは何を元に決めているのでしょうか?
こちらから報酬ではなく、給与にしてほしいと言えば変えられるものですか?
なんとなく報酬だと、その後の税金や申告等の処理が面倒くさそうなので、給与の方がよいのではないかと思うのですが。

2.給与だと、源泉徴収票がもらえるので、それを会社に提出すれば確定申告の必要がないですよね?報酬の場合、確定申告をする時、源泉徴収票のような所得証明書はどれになるのでしょうか?
(20万円以下なので確定申告は必要ないかも知れませんが。。)

3.税金の引かれ方等で、給与と報酬は大きく違いがありますか?

自分で調べてみても混乱してきたので、どうか知識のある方教えて頂けると助かります。
宜しくお願いいたします。

先日、在宅で翻訳の仕事をしました。
その支払いについて連絡があり、請負契約であるので給与ではなく「報酬」という形を取りたい。なので請求書を出してください、とのことでした。

私は他に常勤で仕事をしているのですが、副業をしても構わない職場なので、支払い形態にはこだわりがないのですが
そもそも給与と報酬の違いってなんだろう?と思い質問させてもらいました。

1.給与か報酬かというのは何を元に決めているのでしょうか?
こちらから報酬ではなく、給与にしてほしいと言えば変えられるも...続きを読む

Aベストアンサー

1.給与か報酬かというのは何を元に決めているのでしょうか?
雇用関係があるかないかで決まります。
今、お勤めのところは勤務時間が決められていると思います。
超過すれば残業手当が付くでしょうし、勤務時間中は、事業主の指示のもとで働かなければならないはずです。事故を起こせば労災も適用できます。
雇用関係がなければ、こんなことは関係ありません。
請負契約では原則、納期と成果物(または、役務の提供)を守れば良い筈です。

こちらから給与にしてくれと頼んでも雇用関係がない以上、無理です。
2.給与だと、源泉徴収票がもらえるので、それを会社に提出すれば確定申告の必要がないですよね?報酬の場合、確定申告をする時、源泉徴収票のような所得証明書はどれになるのでしょうか?
給与所得の場合でも2ヶ所以上から受給を受けている人は、確定申告が必要です。(20万円以上)従って、今、お勤めの会社ではそこの会社分だけで年末調整がされます。
報酬の場合は、支払調書という調書が発行されますので給与と併せて確定申告します。

3.税金の引かれ方等で、給与と報酬は大きく違いがありますか?
報酬の場合は、報酬源泉(10%又は20%)を差し引かれる職種がきめられていますので、これに該当しない場合は、何も引かれません。
給与の場合は、2ヶ所目からは乙欄適用で源泉徴収になります。
金額によって税率が変わりますが最低でも3%引かれます。

結論としては給与であれ報酬であれ20万円を超えれば確定申告が必要なり、申告を行えば税額も同じになるということです。

1.給与か報酬かというのは何を元に決めているのでしょうか?
雇用関係があるかないかで決まります。
今、お勤めのところは勤務時間が決められていると思います。
超過すれば残業手当が付くでしょうし、勤務時間中は、事業主の指示のもとで働かなければならないはずです。事故を起こせば労災も適用できます。
雇用関係がなければ、こんなことは関係ありません。
請負契約では原則、納期と成果物(または、役務の提供)を守れば良い筈です。

こちらから給与にしてくれと頼んでも雇用関係がない以上、無理...続きを読む

Q給料の支払日が、当月払いから翌月払いに変わるのですが・・・

先週末に、給料の支払日が当月払いではなく、翌月払いになります。
といった、メールが届きました。

そのメールには、翌月支払われる分の給料が数万円、その次の月に支払われるのがその数万円を引いた残りの分だということが書かれていました。

確かに、金額的にはおかしくないとは思いますが、実際、引かれる税金などのことを考えると、来月+再来月で支払われる分がいつもの1ヶ月分より少なくなることは確かです。(会社的には支払う金額は同じでしょうが・・・)
来月から、というのが急すぎて、何の対応もできておらず、途方にくれています・・・。自分だけでなく、周りの社員も動揺しているようでした。

社内役員だけで決めてしまったようで、労働者代表の意見はどうなっていたの??と思いましたが、いつのまにか労働者代表のポジションに誰も立たせていない状態になっていました。(当社は労働組合は無いです)

「変更になります」のメールだけで、労働者の自分たちは、それを受け入れるしかないのでしょうか?モチベーションも下がってしまい、辛いです。
しかし、会社側にそれをストレートに言ったら、クビになりそうです。(簡単に社員を切り捨てる会社です)

一見、不利益な変更でもないようにも思えてしまいます。違法性や落とし穴など無いのでしょうか・・・?ご意見を伺いたいです。

先週末に、給料の支払日が当月払いではなく、翌月払いになります。
といった、メールが届きました。

そのメールには、翌月支払われる分の給料が数万円、その次の月に支払われるのがその数万円を引いた残りの分だということが書かれていました。

確かに、金額的にはおかしくないとは思いますが、実際、引かれる税金などのことを考えると、来月+再来月で支払われる分がいつもの1ヶ月分より少なくなることは確かです。(会社的には支払う金額は同じでしょうが・・・)
来月から、というのが急すぎて、何の対...続きを読む

Aベストアンサー

些細な不利益なのでしょうがそう言った場合、会社はもう少し従業員の事を考えても良いでしょうね

・切り替え時期は賞与支給直後にする
・次の賞与まで10万円位までは仮払いを認める

そんな配慮を匿名でお願いしては?

Q給与明細を見ると雇用保険料、健康保険料、厚生年金保が引かれていますがど

給与明細を見ると雇用保険料、健康保険料、厚生年金保が引かれていますがどういうことでしょうか?
自分はフリーターですが社会保険に入れてもらっています。
給与明細を見ると雇用保険料、健康保険料、厚生年金保が引かれていますがこれは
雇用保険料→失業保険が貰える
健康保険料→保険証
厚生年金保→年金がもらえる
という認識で宜しいでしょうか?ネットで調べてみたところこのように認識しましたが
間違っているかもしれないので確認のため質問しました。よろしくお願いします

一番気になるのはアルバイトですがこのアルバイトを辞めた時に失業保険が貰えるかということが一番気になります。6か月以上働いています

Aベストアンサー

>雇用保険料→失業保険が貰える
 健康保険料→保険証
 厚生年金保→年金がもらえる
 という認識で宜しいでしょうか?
 ・基本的にはそうです
 ・雇用保険・・失業給付が受給出来る・・条件あり
 ・厚生年金・・老齢基礎年金(国民年金)+老齢厚生年金(厚生年金)が受給出来る・・条件あり(国民年金+厚生年金で25年以上の加入期間、保険料の納付が必要:免除期間等を含む)
>一番気になるのはアルバイトですがこのアルバイトを辞めた時に失業保険が貰えるかということが一番気になります。6か月以上働いています
 ・自己都合退職の場合は、12ヶ月以上の加入期間が必要
 ・会社都合の場合は、6ヶ月以上の加入期間が必要
 ・上記に加入期間が足りないと、失業給付の支給はされません

Q零細企業で給与を当月で締め当月に払うのはよくあるのですか?

親の会社を引き継ぎ、経理をやっているものですが、従業員5名程度で給与を25日で締め
末日に現金で支払っています。
 締日から数日しかないため、現金の引き出しや計算に時間がかかり、また現金を数日手元に置くため
管理が面倒です。
 また当然ですが、資金繰り困難極めています。
このようなことをやっている会社はよくあるんでしょうか。
 また給与をの支払いを翌月払いに変更する際はどのような手順を踏むことになるのでしょうか。
従業員の同意など必要なのでしょうか?

経理素人のものですが、すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

給与の支払いについては以下に定められています。ご参考に。
『労働基準法第二十四条 ○2  賃金は、毎月一回以上、一定の期日を定めて支払わなければならない。ただし、臨時に支払われる賃金、賞与その他これに準ずるもので厚生労働省令で定める賃金(第八十九条において「臨時の賃金等」という。)については、この限りでない。 』

締切日を繰り上げてはどうですか? 支払日の繰り下げは従業員の方々への影響が大きいでしょう。
但し、締切日から支払日までは通常勤務の給与を含む事が必要でしょう、それ以外の発生分(残業代、出張費等)は次月清算として。
従業員の同意は必要。従業員あっての企業です。法律以前と思います。

詳しくは、お近くの労基署にご相談されるのが良いと思います。


人気Q&Aランキング